5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

医療の発達が人間をダメにする

1 : ◆45OMIXER/w :05/01/25 23:23:09 ID:qbRY3KVH ?#
医療が発達したせいで、家で死んでいたじーちゃんばーちゃんが
病院で死ぬようになった。
ここでひとつの 家族のドラマが減ることになる。
昔は、誕生→死別までが家庭内で起こっていたが
それが今は病院でおこっている。

昔は誕生→死別を体験することによって
生命の大切さに気づかされていたが
今はその体験をする場がなくなっており
命に関する教育ができなくなっている。

医療の発達は手放しで喜べない。

2 :黄泉からの囁き:05/01/25 23:30:01 ID:DpJI2NWQ ?#
義務教育で情緒教育するべきだ、、、った。。。が・・・




ゆとり教育∩( ・ω・)∩ ばんじゃーい

3 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/01/25 23:31:30 ID:unKmd44H ?#
おいらは誕生→死別を経験した事がないけど、
生命の大切さに関しては充分に認識していますよ。

4 : ◆uRW6KoTaRo :05/01/25 23:34:16 ID:Y35BLzgK ?
核家族化の方が先でしょ

5 :oll ◆Hbcmdmj4dM :05/01/25 23:35:33 ID:C7U6Vcxd ?#
一回、大怪我をすると[生きてるだけで幸せ]ってなりますよ。。

たぶん。。

6 : ◆45OMIXER/w :05/01/25 23:42:43 ID:qbRY3KVH ?#
>5
そうそう
そういう感覚が育たないんですよ。
こういうのって本来は家庭で行われるものだと思うんですが
医療の発達&核家族化のせいで
学校教育に押しつけられていると思うのです。
で、学校の方は、といえば
答えがない問題を考える、という機能がなくなっているので
生命に関する教育を行えないでいる。

7 :oll ◆Hbcmdmj4dM :05/01/25 23:45:28 ID:C7U6Vcxd ?#
学校での生命の授業なんて保健体育くらいですからね。。。
もっと生命について学校で学ぶ場を作ってほしいと思います。。。

8 :黄泉からの囁き:05/01/25 23:58:15 ID:??? ?#
自然にふれる課外授業とか、がんばっているところはあるらしいのだが

どっかの日教組やら団体やらが、地域格差ができるとか言ってきて
Uzeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee!!!

9 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/01/26 00:02:18 ID:CMYJVHbi ?#
つまり、1はこういう状況に危機意識を抱いているんだと思うんだな。

「死んだ人、生き返る」小中学生の15%…長崎県調査
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050124it16.htm

10 : ◆45OMIXER/w :05/01/26 00:10:03 ID:C3IN+iQH ?#
生命に関する教育として、
自然に触れる授業ってのがあげられてますが
結局、教師が教える、という形になってるので
答えのない問題を考える力を育てることには
あんまり役立たないと思うのです。
教師も一緒に考える、という形をとらなければ
真に生命について考えることはできないと思います。
>9
そーッス。
そういう風に思う児童が増えているってのは、
明らかに生命に関する教育ができていないと思うのです。
そういう風に考えるのって、本来は就学前までだったはずなのに。

11 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/01/26 00:27:05 ID:CMYJVHbi ?#
医療が未熟だった頃の人間が
「生命は大切」と認識していたとは思えないけどな。
それこそ、世界中で戦争が勃発しまくっていたわけだし、
「人権」や「生存権」が声高に主張されるようになったのも
18世紀以降ですよ。

>>9で挙げたような事例も、理由は医療の発達にあるのではなく、
情報過多時代ゆえの産物のような気がする。
道徳や倫理を身につける前に、圧倒的な量の情報にさらされるわけだから、
生死感が希薄になるのも当然の事ですよ。

結論:ガキにネットを使わせてはいけない。

12 : ◆45OMIXER/w :05/01/26 00:44:38 ID:C3IN+iQH ?#
>11
生命は大切、ということはどうでもよくて
生命について考える、ということが重要だと思うのです。
武士は、自らの信念をもとにして
死ぬことに意味を見出していましたが
現代人は、自らの信念を考える暇がなく
死ぬことに意味を見出せていないのです。
結果、現代人は病院のベッドの上で、哀しみながら死にます。

ネットによる情報の氾濫が、考えさせる時間を削っている
という部分に関して、これは人間をダメにする要因であると思います。
医療の発達については、生死の擬似体験をする機会が減り
結果、ネットとは逆に、得られる情報が少ないです。

ネットでどうでもいい情報はいっぱい入ってくるが
必要な情報は、得られることができない。
これが人間をダメにすると思うのです。

13 :プラ仏:05/01/26 01:17:46 ID:eGrfDgRv ?#
武士が死ぬことに意味を見出していたのは、
戦国時代などいわゆる死と隣り合わせの環境にあり、
かつ自分の命よりも大切なものがあると信じられていた特殊なケースでは?
太平洋戦争中の日本軍とかね。
要は生命が軽視されていた時代です。
少なくとも、死の危険が大幅に減った江戸後期の武士は
そんなこと微塵も考えていなかったはず。
現代人が死の意味を考えないのも同じこと。

確かに>>9のような事態は憂慮すべきだけど、
これって家庭内教育や学校教育の不備に起因しているのであって、
医療の発達に原因を求めるのは、「風が吹けば桶屋が儲かる」的な
理不尽さを感じます。

家庭で誕生→死別が感じられないのは、
「じーさんばーさんが病院で死ぬから」じゃなくて、
「まだ生きてるから」なのでは?
ま、寿命が延びたのは悪いというなら
医療の進歩がいけないのだろうけど。

14 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/01/26 01:46:32 ID:CMYJVHbi ?#
>>1の言いたいこととは若干外れるかもしれないが、
最初にこのスレタイを見たとき、次のような「医療の進歩に対する疑問」が閃いたんですよ。

医療が進歩した故に、かえって人間は不幸に陥っているような気がするんだな。

例えば、現在、ガンは不治の病ということになっている。
進行の程度にもよるけども、現段階においては
金持ちも貧乏人もガンの驚異に恐れおののくという状況。
そういう意味で「格差」は無い。

将来、がんの特効薬が発明されたとする。
その特効薬の価格が数千万円だったとしたら、
金持ちは助かるかもしれない。金さえあればガンの驚異を払拭できる。
しかし貧乏人はどうだろう。自らの境遇を今以上に恨めしく思うのではないか。
医療の進歩が貧富の格差を強調してしまうのではないだろうか。

子供に心臓移植手術を受けさせるべく、街頭で募金に励んでいる両親を見たことがある。
ああいう光景を見るたびに、いっそ移植手術なんてものが無かった方が、
子供の死を不可抗力として受け入れた方が両親も楽になるのではないだろうか、
という気がしてならないんですよ。

15 :黄泉からの囁き:05/01/26 02:08:26 ID:??? ?#
>>14
なんかのドキュメンタリーでそういった問題を見たぞ
たしか取り扱った国は中国だったと思うけど
一言で言って 悲惨だったな
死にそうになっている年長者に「死ね」とは、誰だって言えないし
しかし、所得は低い・・・まさに悲劇だったね
いったいどうやってこの問題と向き合ったらいいかわからん
ほとんどの人間の存在は、誰かの心の支えになっているわけだし・・・

16 :prime:05/01/26 02:11:20 ID:eGrfDgRv ?#
確かに考えさせられるテーマですね。
医療側がどういう仕組みで価格設定しているか知らないけど、
相応の透明性が確保できるのなら、
そういったケースには、国が超低利で融資くらいすべきだと思う。
(すでにそういう制度があったらごめんなさい)
国が負担してもいいと思うくらい。
じーさんばーさんの井戸端会議費用として医療費を負担するより、
絶対こっちのほうが建設的でしょう。

要は医療の進歩に社会保障制度がついてこれていないと。
それにしても汚職がらみの金で何件のケースがすくわれることか・・・。

あれ?スレタイから外れてきちゃったかな?

17 : ◆V0IMIXERKQ :05/01/26 02:42:39 ID:C3IN+iQH ?#
金持ちがガンで死ななくなっても
いずれ老衰で死ぬんだから、
死の前にはみなが平等である。
金で生き長らえようとする金持ちは
多分、普通の人よりも苦しんで死ぬと思う。


18 :東京kitty ◆a1GNWHiwwM :05/01/26 02:54:02 ID:XQU2t0K0 ?##
クローン技術を初め生命技術やロボット技術が発達すれば
人はそもそも病気で死ぬことはなくなるし、
また死体からでもクローンができる。

量子コンピュータや量子テレポーテーションの研究が
進めば脳の微細管の量子活動パターンも記録でき、
人格もコピーできるよ(@wぷ

やがて死は存在しなくなり、
人は不老不死になるだろう。

子供は性的欲望の対象以外の何ものでも
なくなるよ(@wぷ

19 :黄泉からの囁き:05/01/26 03:15:29 ID:??? ?#
>>18 :東京kitty ◆a1GNWHiwwM
おれもいずれはそうなると思っているが
実際死ななくなったら、桜を美しいと思えるだろうか?
人を愛せるだろうか?
無限の快楽を得られるだろうが、一片の切なさもない
そんな未来は人間にとって幸せなのか?
それとも、擬似的に「死」という演出がある世の中を
マトリックスみたいに展開するのかな、、、

しかし、そうすると今現在がフェイクの世界でないという保証もないな

20 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/01/26 07:59:50 ID:GCfDw+TM ?
未来の話なんていいよ。人の生死に立ち会う機会が少ない今の環境について。

21 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/01/26 16:56:13 ID:??? ?#
>>1
お隣の国ではちょっと前まで寿命が25歳位でしたが....


そのレベルになっても大丈夫?

22 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/01/26 22:00:03 ID:InGmDjGz ?
「有り難み」は、モノであふれてる現代では薄れて当然。
医療の発達だけのせいではないでしょ。

23 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/02/05 02:03:29 ID:??? ?
>>1
うちのじいちゃんは末期で助からないとわかってから
退院して家にもどって数週間後、静かに息をひきとった
よっぽど特殊な事情じゃない限り、自分の意思で死に場所を
選ぶことはできる。
命に関する教育は医療の発達うんぬんにかかわらず
することはできる。
科学的な医療の発展だけではだめだってことで、遅まきながら
医学部では医療倫理学とか診断学とかを学生に教え始めた。
すこしずつだけど患者を全人的な視野でみようっていう機運が
医療をほどこす側からも高まってきてる。
人類の英知によって発達してきた医学は、ようやくヒトのココロの
ケアにも目を向けられるようになった。

重篤な病はときにヒトを狂わす。
おなかに激痛が走るだけで
ヒトはいらいらしたり、悲しくなったりする。

医療の発達がよろこべないってヒトは
健康で暮らせる毎日に
退屈してるんだろう







24 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/03/07 15:14:54
面白newsの方にスレ立てようかと思ったけどメンドクサイのでここに。
スレ違いだろうなあ。
しかし、医療と言うか科学が進んでくればこういうのが判ってくるのだろうか?
こわい気もするな。

人さし指、短い男性は暴力的? カナダの研究チーム発表
ttp://www.asahi.com/science/update/0307/002.html

しかし、本当かいな・・・

25 :ちょっと待て名無しが今何か言った:05/03/07 15:18:08
あれ? IDが出ないな?
認証コ−ドを送らなくても書ける??

26 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/04/17(日) 17:22:35 ID:V1afmblE ?
なんちゅーか、死に直面することで、
生死に対する想像力が養われている側面はあったと思う。

んで、最近はそれが少ないから、生死に対する想像力が欠けてきているというか。

27 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/07/18(月) 23:01:01 ID:kfgYFrdp ?#
養老孟司かぶれ。乙。

28 :ちょっと待て名無しが今何か言った:2005/07/23(土) 08:22:58 ID:HE8nIjCx ?#
そうか?養老さん以前からよく書かれてるベタな事じゃないかね。
そういや一時期チベットの死者の書だとかいうのとか流行ったね。

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)