5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【三国志大戦】武将の質疑応答【運命の第三章】

1 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/11(火) 00:01:22
前作もまた規定容量の超過ゆえに1000行かずして終わってしまった。
なので今回も心機一転して新たに立てることにしたぞ!!!

まずは規則を作ったのでここを見てもらいたい。

1・ここの出典は「三国志大戦」である。ゆえにそれとは関係ないキャラ(人物)の場合は質問としての
来訪は認めるが、常駐は厳禁とする。これは当然。

2・武将として参加する時はトリップを付ける事。但し、単発で来るのは堅く厳禁いたす。
質問だけの場合はトリップ抜きで来る事。

3・質問でもお門違いな内容、または「荒らし」になるものも固くお断りする。もし、破った場合は………、
おっと、これは秘密だ。

4・我々の詳しい事は此処を参照して頂きたい。
http://www.sangokushi-taisen.com/(三国志大戦2)
http://www.wikihouse.com/sangokushi/(三国志大戦wikiミラー)

あと、これが前作の地である。

三国志キャラになりきろう!!
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1166243696/

【三国志大戦】武将の質疑応答【第二期】
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1183746369/

では、張り切っていこう!!!

2 :以上、自作自演でした。:2007/09/11(火) 00:03:14
にやにや

3 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/11(火) 00:06:06
少しやるべき事があったゆえ、建設が遅れてしまったのだ、皆の衆、真に済まなかった!!!!!

では、前回に残っている応答に答えるとしよう!!!

(前回)>>513-514
またお主か!!! 意味無く騒ぐのは御法度だと申したのに、何度言ったらわかるのだ!!!
まあ良い、此処では厳罰は滅多にせぬと決めているのだ。

罰金として50000金支払ってもらうぞ。

4 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/11(火) 00:10:43
>>2
おっ、久しぶりに見るにやけ顔だな。まあ、これからも頑張るゆえ、
応援宜しく頼み申す!!!!

これを贈るぞ!!! つ【肉まん、あんまん、宇治茶、重慶飯店 紅開花酥
(ソフトクッキー入りパイ)】【北杜夫『どくとるマンボウ漂流記』】

5 :以上、自作自演でした。:2007/09/11(火) 00:27:23
ウンコは食いますか?

6 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/11(火) 00:43:49
>>5
何だと、私を愚弄するのか!!!?? ……まあ、昔、何処かで「人中黄」という
冬期に竹筒に人糞と甘草を交ぜ地中に埋め、夏期に取り出し乾燥させて粉末に
して作ったという漢方薬があると聞いた事はあるが……。効能としては解熱、解毒に
効くそうだ。まあ、私は服用した事は無いけどな。

因みにだが、董卓の部下である李イ隺は宴で沢山の酒を呑み、酔い覚ましとして糞汁を
服用したと聞くが、それが「人中黄」かどうかは不明だ。

だからといってそんな「糞を食す」なぞという事は我が中原では絶対に無いぞ。
斯様に疑問を持たせる質問は以後控えていただきたい。

まあ、一応来てくれたゆえ、これを贈るが……。
つ【肉まん、あんまん、八女茶、『重慶飯店』のピーナッツクッキー】【国木田独歩『初孫』】

7 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/11(火) 01:12:29
さて、今日は此処までかな? 来てくれた方々、本当にありがとう!!!!!
これからもこの淳于仲簡、皆の為に頑張るゆえ、これからも応援宜しく頼み申す。

では親愛なる皆の衆、さらばだ!!!

8 :以上、自作自演でした。:2007/09/11(火) 01:46:04
お礼にウンコあげるつ●

9 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/11(火) 22:05:12
監軍将軍・淳于仲簡、推参!!!!! 今日はかなり激務であったゆえ、家に帰るやいなや、2刻ほど眠ってしまったぞ。
まあ、今はそれで元気になったから良いものの……、これからは年を取れば身体がついていけるかどうか不安だからな、皆は
ちゃんと健康管理をして体調を崩さぬようにするのだぞ。

さて、と。今日も来ておるな。よし、皆の為にも行くぞ!!!!!

>>8
何を変な物を贈っているのだ、全く。近くに肥溜めがあるから、そこの放り込んでおきなさい。

10 :梵天:2007/09/11(火) 22:06:46
全くうっとうしいな

11 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/11(火) 22:32:28
>>10
何に鬱陶しく思っているのだ? 私か?
まあ、一応きてくれたゆえ、これを贈るが……。
つ【肉まん、あんまん、宇治茶、龍蝦片(えびせん)】【井上ひさし『十一ぴきのネコ』】

斯様な発言は誤解を招くゆえ、以後控えていただきたく思うぞ。

12 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/11(火) 22:41:02
まあ、私も度重ねて砦を上げているゆえ、それが鬱陶しく思うのであろうが、
周泰殿に龐徳殿、周瑜殿に太史慈殿、成公英殿、甄洛様、劉禅殿、呂布殿に新たに「建てた」と
知らせく思うゆえ、こういった行動を起こしているのだ。誠、済まぬ。

周泰殿、龐徳殿、周瑜殿、太史慈殿、成公英殿、甄洛様、劉禅殿、呂布殿。もしこれを見ていたら
御一報下され。

13 :以上、自作自演でした。:2007/09/11(火) 23:07:26
チンポ

14 :以上、自作自演でした。:2007/09/11(火) 23:10:56
石橋釣り ボス! パンパースまだー? どこー!!
まんまんフェラ イスラエルでとっととスピィィン!
ローズ!
スタートから声変わったスピン! スパイウェアー!? What's!!?
スペルorゾネスofプギャー! ハァハァハァハァハァハァ アハァ
Is作成したホイマフ、 ローズ?
シャークセンベーイ!!ゴルァァ!!
忘れてたッゼー!!
おまんこ恥ずかしいー!!

15 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/11(火) 23:15:18
>>13-14
お主等、自分が何を言っているのか分かっているのか? 此処は
「荒らし」となるような質問(?)はお断りと申した筈だぞ!!!!!

張遼殿では無いが、自重せよ!!!!!

16 :以上、自作自演でした。:2007/09/11(火) 23:17:26
事情があるからあげているのはわかるが
そうなる、ああいう輩はついきてしまうな

よしよし

17 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/11(火) 23:33:04
>>16
御慰め頂き、感謝致す。まあ、斯様な輩が来るのは覚悟していたが、こうも多く
来るとはな……。

しかし、これでめげていたら武将として名が廃(すた)るからな。斯様な輩には
負けず、これからも頑張るとするぞ!!!!!

お主にはこれを贈ろう。つ【肉まん、あんまん、宇治茶、豆沙大月餅】【三島由紀夫『わが友ヒットラー』】

18 :以上、自作自演でした。:2007/09/11(火) 23:49:12
糞尿を顔にぶっかける!

19 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/11(火) 23:53:03
>>18
この馬鹿者が、やめぬか!!!!!

ドバッ!!!!!(←>>18を象鼻刀で斬り捨てた音)



そういえば、昔はこういった連中は「賊」と見なして斬り捨てていたな……。
一層の事、再びこれらの連中は斬り捨てておくとするかな……?

20 :以上、自作自演でした。:2007/09/11(火) 23:56:04
よしよし

21 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/11(火) 23:57:35
>>20
その「よしよし」というのも分からぬな。どういう意味か教えてくれぬか?

22 :以上、自作自演でした。:2007/09/12(水) 00:00:01
この調子だと1000は行くにしても、不本意な結果として終わりそうだな。
淳于将軍。一層の事、ああいう糞な輩は放っておいてはいかが?

23 :以上、自作自演でした。:2007/09/12(水) 00:02:47
>>19
賛成。遠慮なくやってちょーだい!!!

24 :以上、自作自演でした。:2007/09/12(水) 16:30:57
アナルにネギ入れなあかん!

25 :以上、自作自演でした。:2007/09/12(水) 19:05:03
>>24
死ね。

26 :以上、自作自演でした。:2007/09/12(水) 20:00:21
アナルにネギ入れなあかん!

27 :以上、自作自演でした。:2007/09/12(水) 20:10:32
まさに…ここ!

28 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/09/12(水) 20:55:47
2代目「飛将軍」・呂奉先、只今参上だ!!!!! 最近、忙しかったが故に、来る事が出来なかったのだ。皆、御承知願いたく思う。
おおっ、どうやら淳于瓊が新たな砦を建てる事に成功したようだな!!!!! よし、こうなると我輩も負けてはおれぬわ。

いざ、皆の期待を背負い、出陣いたす!!!!!

(前の砦)>>507
フハハハハハ!!!!! お主にそう言ってもらえると、我輩も光栄に思うぞ!!!!! まあ、奥義「飛将の神弓」を使う時、
華雄には申し訳なく思うが、彼からこうして兵を拝借せねば、勝てぬ戦があるからな。致し方が無いのだ。

あと「赤兎咆哮」は確かに槍兵が居ると一撃でやられる事はあるが、乱戦だと例え「大車輪」が来ようと御構い無しに撃破する
自信はあるぞ。

>>508
ほう、10代の者同士が天下統一を争うとは、見事だな。歴史的に考えると、時として若者が経験豊富な世代を凌ぐ事もあるからな、
今回の大会はその範疇に入るのかも知れぬな。

あと、風帝、雨帝、水帝は聞き慣れぬゆえ、無いと思うが………。あるとすれば……、氷帝か?

>>509
何と、淳于瓊もあの決戦に出ていたというのか!!! しかも前述の「ザビ〜」とやらと善戦を繰り広げていたとは……。流石だな。
それで、陳琳の妨害がなければ天下統一の美酒を味わえたということか……。惜しかったな、それしか言葉があるまい。

>>淳于瓊
おおっ!!!!! 砦の新設、御苦労であった!!!!! しかし……、いきなり不埒な輩共が此処を荒らし始めているのは頂けぬな。
全く、何を考えているのやら……。よし、我輩も砦の進行を促しつつ、こやつ等の討伐に加勢するぞ!!!!!

29 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/09/12(水) 20:57:18
(今の砦)>>2
何をニヤニヤしておるのだ? 何か面白い事があったのか?

>>5>>8>>13>>14
おい、誰かこの者共を精神科の方の病院に連れて行け。

>>10
何に鬱陶しく思っているのだ? まあ、我輩は斯様に卑猥な事を言う輩に鬱陶しく思っているのだがな。

>>16>>20
お主の言動も何だか怪しいな。もしかしてああいう輩が増えている事に満足しているのか?

>>18
なら我輩は貴様を方天画戟で一寸刻みの膾にするとしようかな? と思ったらもう淳于瓊に討伐されたか。

>>22
確かにな。斯様な事で1000行くのは不本意ゆえ、何とかしてもらいたいものだ。

30 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/09/12(水) 20:58:09
>>23
我輩も賛成だ。それに昔は「賊」として討伐していたようだからな、致し方があるまい。

>>24>>27
風邪の時だけだろうが、葱を尻の穴に入れるのは。何も無い時に入れるのは却って毒ゆえ、心得えよ。

>>28
何が「まさにここ」なのだ? 卑猥な事を書き込む事がか? 斯様な事をすると我輩が方天画戟を一撃
お見舞いさせるからな、覚悟しておくがいい。

31 :梵天:2007/09/12(水) 21:07:44
高みの見識から『見』だ

32 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/09/12(水) 21:09:39
>>25
憤る気持ちは分かるが、こういった事は我輩達が対処するゆえ、ここは
抑えてくれぬか?

さて、今日はここまでのようだな。しかし、ここは主に「三国志大戦」の事に
ついて語る場所ゆえ、卑猥な事などはご遠慮願いたく思うぞ。そんなに卑猥な
事を書きたくば、別の場所でやるか、または自重してもらうぞ。

では、さらばだ。フハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!! ノシ

33 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/09/12(水) 21:11:42
少々戻ってきたぞ。

>>31
何を言っておるのだ? もう少し、赤子でもキチンと分かるように説明して
もらいたく思うぞ。

34 :以上、自作自演でした。:2007/09/12(水) 21:27:20
しにたわ!

35 :以上、自作自演でした。:2007/09/12(水) 22:35:56
遅くなったが乙かれ!!! これからもあんたらの健闘、祈ってるぞ!!!

36 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/09/12(水) 22:53:05
>>34
意味が分からぬな。此処を紹介するから、また完治した時、来るがよろしい。

つ『http://www.kansana.jp/ (関西サナトリウム)』

>>35
おおっ、そう言っていただくと非常に嬉しく思うぞ!!!!! まあ、今は
動乱の時期だが、またかつての賑わいを取り戻すよう、努力するゆえ、応援
宜しくお願いいたす!!!!!

では、今度こそ本当にさらばだ。
フハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!! ノシ

37 :周瑜 ◆8xLu3o3MHU :2007/09/13(木) 12:40:20
お久しぶりです。
新しい砦をやっとのことで発見できました。

・・・しかし随分荒れていますね。
答えようと思う質問がほぼ皆無なのですが・・・

(前の砦)
>>507
呂布殿は多芸で素晴らしいですね。
私は炎以外に能がない扱いなので羨ましいです。

>>508
10代ですか・・・すごいですね。若さは活力、すなわち力なのやも知れません・・・。
次の称号・・・日帝、月帝、地帝、冥帝なんてのもありそうですね。
因みに上であげたものは雷帝と同じく実際に東洋神話に出てきます。

>>509
大きな大会となると、特殊なルールでもない限り私の出番は少なそうです。
淳于瓊殿が羨ましい・・・いやいや、実力からいって順当やもw

>>淳于瓊殿
群雄伝第1章のイベントが埋まったら第2章を考えてみましょうか・・・?
敵軍候補は董卓軍、南蛮軍、袁術軍、劉ショウ軍ぐらいでしょうか?

38 :周瑜 ◆8xLu3o3MHU :2007/09/13(木) 12:42:20
(今の砦)
>>35
現在のところ貴方がここの良心です。

他はとりあえずスルーの方向で。

>>淳于瓊殿A、呂布殿
お久しぶりです、今後ともよろしくお願いいたす。

それではまた ノシ。

39 :呂蒙:2007/09/13(木) 12:59:53
もう駄目ぽ

40 :以上、自作自演でした。:2007/09/13(木) 19:49:41
暑いな…

41 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/13(木) 23:28:45
監軍将軍・淳于仲簡、推参!!!!! 先日は別れの挨拶無しに去り、申し訳無かった。これからは気を付けるゆえ、
もし過ち等を見つけたら即、御一報願いたく思うぞ。

さて、と。今日も来ておるな。まあ、ひょっとしたら、また誹謗中傷の様なものだろうがな……。

>>22
まあ、そうした方が良いと思うのは思うのだがな……。これまでどの様な応答にも応じてきた私ゆえ、放って置くのは出来ぬのだよ。

これを贈るぞ。つ【肉まん、あんまん、大和茶、椰子酥(バターココナッツ餡入り中華パイ)】【西村京太郎『太陽と砂』】

>>23
ハハハハ、嘘だ、嘘。あの頃の私はまだ血の気が多かったが故に、斯様な暴挙に出たのだ。今は滅多にそういった事はするまいて。
これを贈るぞ。

つ【肉まん、あんまん、大和茶、栗子月餅】【安土敏『償却済社員、頑張る』】

>>24>>26
尻穴に葱を入れるのは風邪を引いた時だけだ。健康な時に入れたら却って身体を悪くするゆえ、止めておいた方が良かろう。

>>25
まあ、誹謗中傷には変わりが無いと思うが、斯様な暴言は控えた方が良いぞ。却って図に乗って荒らす可能性が高いからな。
これを贈るぞ。 つ【肉まん、あんまん、宇治茶、アイヌの涙(薄荷油の入浴剤)】【竹田晃『三国志の英傑』】

>>27
何が「正に此処」だ? 分からぬな。悪い意味ではない事を祈っているが……、う〜む……。
これを贈ろう。 つ【肉まん、あんまん、八女茶、蝗の佃煮】【荒俣宏『帝都大戦』】

>>31
意味が分からぬ。出直してまいれ。

42 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/13(木) 23:30:11
>>28-30>>32-33>>36
おおっ、呂布殿!!!!! よく来て下さいました!!!!! まあ、今はこの様に荒れていますが、「待てば海路に日和あり」と
いう言葉があります。この砦はまだ産声をあげたばかり。またかつての様に賑わいを取り戻す事は十分に出来ますぞ。

あと、貴公の助けがある事により、より再興は近くなりましょう。そして、貴公のその言葉、非常にありがたく思いますぞ。

>>34
何、分からぬ事を叫んでおるのだ。「北斗の拳」の悪役ではあるまいし。

>>35
……久しぶりにこんな良心的な言葉を聞いて、些か誇張気味だが、私は感動しているぞ。お主のその言葉通り、決して何事にも
屈したりせず、頑張るぞ!!!!!

そんなお主にはこれを贈ろう。 つ【肉まん、あんまん、大和茶、湯圓(黒胡麻餡の入った団子の汁粉)】【梶井基次郎『のんきな患者』】

>>37-38
周瑜殿、遙々この新たな砦にお越し下さり、感謝致しますぞ!!!!!

今荒れているのは私の力不足ゆえ、真に申し訳なく思っております。ですが、「待てば海路に日和あり」。建ったばかりの砦ですから、
巻き返す猶予は沢山ありますゆえ、これからも共に頑張っていきましょう!!!!!

少々遅れましたが、此方からも宜しく御願い致しますぞ!!!!!

これを贈っておきますゆえ、どうか御賞味あれ。 つ【『池利』の三輪素麺、『たなか』の柿の葉寿司】

それと……、こう申すのは大変申し訳ないのですが……。私は孟獲殿と孟優殿、金環三結殿とは親交があり、また殿の弟君である
袁太守を敵に回してまで戦いたくはありませぬゆえ、御勘弁願いたく思います。

43 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/13(木) 23:31:21
>>39
おおっ、これはこれは。魯粛殿が「呉下の阿蒙に非ず」と言ったところ「士別れて三日、即ち刮目して見るべし」と返した事で有名な
呂蒙殿ではないか。来て下さり、感謝致しますぞ!!!!!

だが、来ていきなり「もう駄目だ」と言うのはどうかと思いますぞ。まだ此処は新設したばかり。私が良い方向に向けますゆえ、
そんな落胆するような事は言わないで下され。

これを贈りますぞ。 つ【肉まん、あんまん、宇治茶、若鮎(赤味噌の餅が入った和菓子)】【河岡潮風『快男児快挙録』】

>>40
まあ、確かにな。だが、夜になるとかなりの涼風が吹いているゆえ、もう少しの我慢だ。もう少し我慢すれば、かなり快適になるからな。
それまでの辛抱だ。

あと、これを贈るぞ。 つ【肉まん、あんまん、宇治茶、椰汁果凍(ナタデココ)】【北村薫『冬のオペラ』】

44 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/13(木) 23:34:27
さて、今日は此処までかな? 来てくれた方々、本当にありがとう!!!!! 今日は久しぶりに最後の群雄伝の「いべんと」を公表
するぞ!!!

群雄伝なりきり伝 第1章 戦闘勝利

張角 「何故だ……。我が天の怒りは届かなかったというのか……?」

淳于瓊 「狼藉、略奪といった無道なる行為を働いてまで教えを広めようとする宗教にどうして天は味方に付こうか? お主はそれを
行い、人道を外した時から既に敗北が決まっていたのだ。」

張角 「なるほど、確かにな……。だがこれを機に、漢王朝はもう立ち直る事はあるまい。滅びの一途を辿るであろう。」

淳于瓊 「な、何を言うか!!! 今は確かに漢王朝は乱れているが、我々が立て直してみせるわ!!!」

張角 「ふっふっふ……、ならその復興という天命、お主等が果たしてみると良い。ただ、これから先、幾多もの困難が待ち受けて
いる事を覚悟してだが、な。 ……我が人生に悔いは無し。太平道よ、永遠なれ。」

淳于瓊 「幾多もの困難、か……。」

呂布(西涼SR) 「……どうやら片が付いた様だな。だが、張角の言うとおり、今の漢王朝の実情からして、此処から本格的に
乱世になる事は必定であろうな。」

淳于瓊 「その様ですな。まあ、一時は民に笑顔が戻るのもまた、事実ですが……。」

呂布(西涼SR)「フハハハハ、そうだな。まあ、また何か起これば我々がその火元を消すまで!!! そして、この腐りきった
世界をまた清め直すぞ!!!!!」

淳于瓊 「呂布殿……。ええ、そうですな!!! 我々の手で、この漢王朝を再興させましょうぞ!!!!!」

45 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/13(木) 23:35:39
さて、これで「なりきり群雄伝」第1章はお終いだ。次の第2章、未定ではあるが皆からの提案も取り入れるゆえ、是非群雄伝の
序章を此方に送ってきていただきたい。

では親愛なる皆の衆、さらばだ!!!

46 :以上、自作自演でした。:2007/09/14(金) 22:40:15
昨日、セガが幕張メッセで行われているアミューズメントマシンショーで、
「三国志大戦3」の製作を発表したそうです。もし「三国志大戦3」が
完成したならば、果たして淳于将軍は出るのでしょうか? 「烏巣の
断末魔」を使う私にとって非常に楽しみです!!!

47 :以上、自作自演でした。:2007/09/15(土) 01:52:00
一体、次はどういった武将が出てくるのか、楽しみだな。

48 :以上、自作自演でした。:2007/09/15(土) 02:14:19
なりきり群雄伝・第1章 終わり

再起を図った黄巾賊が起こした反乱は淳于瓊、呂布達の群雄の活躍によって鎮圧され、一気に
終息に向かった。

これにより、民達の笑顔が戻りつつあったかに見えた。

だがそれも束の間、これを機にまた新たなる動乱が生まれようとしていた……。

49 :以上、自作自演でした。:2007/09/15(土) 02:19:34
>>37
周瑜殿。敵は董卓でも劉璋でもなく、ここを乱す連中ではあるまいか!?

50 :以上、自作自演でした。:2007/09/15(土) 02:21:53
50はいただくぜ、ひゃっは〜!!!(by 梁興)

51 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/09/17(月) 01:13:20
2代目「飛将軍」・呂奉先、只今参上だ!!!!! まだまだ残暑が厳しいが、朝の陽光が綺麗に輝いているところを見て、
秋が来たと思ったぞ。まあ、昼頃に俄雨が降ったようだが……。

それはさておき、うむ、来ておるな!!!!! では、皆の期待を背負い、出陣だ!!!!!

>>周瑜
おおっ、周瑜!!!!! よく来たな!!! まあ今は荒れ模様だが、共に頑張ろうではないか!!!!!
あと群雄伝だが、我輩は袁術と友好関係にあるからな。対峙するのはお断りいたすぞ。

まあ、他は別に良いと思うが……。

>>呂蒙
お主が孫呉の名都督である呂蒙か!!! 何っ、もう駄目だと!? 何を弱気な事を言っておる、まだ始まったばかりではないか!!! 
来てくれたのは嬉しいが、斯様な事を滅多に言うでないわ!!!

>>40
まあ、確かに。だが、秋の気配は確実に来ているのが分かるからな、もうすぐ涼しくなるぞ。それまで辛抱だ!!!

>>淳于瓊
うむ、確かに。この砦が巧く軌道に乗るよう、我輩も頑張るぞ!!!!! あと群雄伝だが、お主が張角に悪行を諭す場面が分かり
やすく、なかなかの完成度で良かったと思うぞ。

我輩もお主みたいに書きたく思うのだが、なかなか考えが浮かばなくてな……。

>>46
何と、それは本当か!!? 「三国志大戦3」か……。何処まで「せが」はこの電影遊戯を進化させるのか、楽しみだな。

ふむ、淳于瓊がその「三国志大戦3」に出るかどうかとな? 我輩としては出ると思うぞ。まあ、史実ではあの官渡の一戦のみだが、
その一戦を語るには彼を避ける事は出来ぬからな。それに、「烏巣の断末魔」は強力だが発動中に撤退すると士気が全て消去という
のがこの「げえむ」の生き残りを意味しているのかも知れないな。

52 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/09/17(月) 01:14:21
>>47
それは我輩も同じだ。まあ予想としてはだが、魏では孔子の末裔である孔融、「鶏肋」で有名な楊修、華歆、司馬一族の打倒を企んだ
夏侯玄、司馬一族の頭脳として名高い賈充、ケ艾を誅殺した事で名高く、また鮮卑の討伐にも活躍、晋王朝の重臣としても手腕を
振るった衛瓘、晋の初代皇帝・司馬炎の同母弟であり、人徳がある事で名高い司馬攸、胡奮、王戎、蜀だと黄権、夷陵の戦いで劉備を
最後まで庇い、壮絶な最期を遂げた馮習、関羽を裏切り、呉に降伏した糜芳、士仁(三国志『関羽伝』では『傅士仁』)、呉では関羽を
捕らえた馬忠、西涼では我が呂布軍の配下武将であり、「Koei」の「三國志」で人気の高い曹豹に馬超、韓遂と共に曹操と戦った
楊秋、袁紹軍では戦死したものの、馬超に矢傷を負わせた郭援、袁紹の甥で武に優れている高幹、沮授の息子で父親同様に智略に優れた
沮鵠、他勢力だと我輩を匿ってくれた事がある張邈、曹豹同様、判官贔屓で愛されている長沙太守の金旋、孟獲の兄で蜀軍を助けた
「万安隠者」の名で知られている孟節、孔明と手を組み、孟獲を捕らえた事がある楊鋒etc……。

まあ、大体この者達が出てきそうな気がすると思うぞ、我輩としては。

>>48
なるほど、そう締めくくってきたか。文章的には未熟さがあるが、謎めいた終わり方は向こうでも出てきそうな気がするぞ。

>>49
それはそうかも知れぬな。
今、見返しても腹立たしい書き込みゆえ、群雄伝で彼奴等を敵役にしてやりたいものだと思ってしまうな。

>>50
そうか。幾らでもとってくれ。まだ先が長いからな、まだまだキリ番を取れる機会は沢山あるぞ。

さて、今日は此処までかな? まあ見たところ停滞気味ではあるが、また賑わいを取り戻すべく頑張るので宜しく頼み申すぞ!!!!!
では、さらばだ。フハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!! ノシ

53 :以上、自作自演でした。:2007/09/17(月) 08:15:38
はじめまして、おはようございます。

現代には三国志大戦と呼ばれるカードゲーム機があり、
な、なぜか偶然にも淳于瓊将軍や呂布将軍、周瑜将軍といった同名の武将が登場します!

最近になって、携帯型電脳遊戯機の三国志大戦を購入したのですが、
どのような組み方をし、どのような戦略で戦えば「激難」の10面が攻略できるのか分かりません。
あっ、すいません…こんなコト書いても、意味わかんないですよね、すいません。

魏や呉、蜀、そして他勢力…さまざまなのですが、
みなさまがたの「勘」で、自分がいつも思い浮かぶ組み方と戦略を教えていただきたいです。
(劉備将軍などは様々な種類があるので、どの出撃値のものか想像してアドバイスしてくださいね)

54 :以上、自作自演でした。:2007/09/17(月) 10:06:16
将軍!ここでありましたか!
前の砦で何の予告もなく移動されたので探すのに一苦労しましたぞ!
ですが皆の者変わりなく安心しました。

早速ですが将軍、容量のことで策がございます。
将軍殿が質問を返す時に「>>番号(半角)」と返しますが
これが容量を使う要因になります。これを使えばすぐにその者の質問を
表示することができますが複数の武将が使えばそれだけ多く容量を使うことになります。
そこで将軍が回答を行う際、比較的番号が新しいものについては
「>(半角)」と一つにして文字と同じように扱うのです。
これだけでも容量を節約することができるでしょう。
甄洛殿も質問を返す際はこのような手法で返しておりました。
前の砦を見れるのであればご確認ください。

私からは以上です。では、任務に戻ります!

55 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/18(火) 02:28:13
監軍将軍・淳于仲簡、推参!!!!! 今日は特に何も無かったが、忙しくて疲れたよ。まあでも、清々しくてきれいな秋の青空は
それを忘れさせてくれたから良いのだがね。

さて、私の独り言は此処までにしてと……。 おおっ、来ておるな。よし、皆の期待に応えるべく、出陣するぞ!!!!!

>>46
「三国志大戦3」か……。それほどの人気があるゆえ、「せが」は此処までやってこれたのであろうな。私としてはそれを知った瞬間、
非常に嬉しく思ったな。だが、人気というのはそうそう続く事は無いからな、いずれは下火になる事も心得ておかねばなるまい。まあ、
そういう自分は「三国志大戦」の人気が末永く続くように願っているのだが……。

何? 私がその「三国志大戦3」に出るかどうかだと? そうだな……、私は初代「三国志大戦」の半ばからの参戦であり、初登場時
から儁乂(張郃の字)の陰に隠れ、目立たぬ存在であったな。だが、「三国志大戦2」になると私に特技「寡兵」が付き、更に奥義
「烏巣の断末魔」の強化と計略時間が延長されるという、「せが」からの優遇(?)があった為か、未だに出陣率が低けれど先日の全国
大会で私の実力を見せる事が出来たからね。これによって皆が私の存在を見直してくれたら良いのだが……。まあ、出てくるかどうかは
未だに分からぬが、自分としては「3」になってもお主のように私を慕う者と共に皆と共に戦いたい、と思っているぞ。

非常に重要なる情報を報告して下さり、感謝致す。これを贈るので受け取って頂きたい。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、みむろもなか】【火坂雅志『戦国武将勝利の実学』】

56 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/18(火) 02:30:14
>>47
うむ、そうだな……。新たに装いを施すのであればそれなりに新たな武将も登場するであろうからな。まあ、私の予想だと、魏では儒教の
開祖である孔子の末裔として名高い孔融、漢中での攻防戦の中で曹操が食事中に漏らした「鶏肋」という言葉の本意を見抜いた事で有名な
楊修、龐徳の息子で、父を殺した関羽の一族を40年かけて根絶やしにしたといわれる龐会が出てきそうだな。呉では関羽を捕らえた馬忠
ぐらいか? 蜀だと諸葛瞻の息子であり、綿竹城の攻防戦でケ艾に「素直に降伏したら朝廷にお主を列侯に封じるよう上奏する」と勧誘
されて意思をぐらつかされた諸葛瞻に「斯様な言葉に惑わされ、祖父の名を汚してはなりませぬ!!!」と諫言して諸葛瞻を立ち直らせ、
父と共に壮絶な最期を遂げた諸葛尚が出てきそうな気がするな。他に西涼だと羌族で俄何焼戈殿の主君である迷当大王や、同じく羌族の
王である徹里吉、丞相の雅丹、徹里吉の部将である越吉であろう。あと、我が袁紹軍だと馬超との一戦で馬超に矢傷を負わせた郭援、
殿の甥である高幹殿、荀ケの実の兄である荀ェ殿が候補に上がり、そして最後に他勢力だと……。高句麗の山川王や孟獲殿の兄である
孟節殿、孟獲殿と共に蜀に反乱を起こした高定、雍闓ぐらいではないだろうかな?

一応出てくるかどうかは分からぬが、私の予想ではこの者達が出て来ると面白くなりそうな気がすると思うぞ。

何っ!? では卑弥呼は出てこないのか、だと? ま、まあ、卑弥呼は魏に朝貢したゆえ、「三国志」に関わりはあるにはあるが……。
出てくるとすれば他勢力の方であろうな。

これを贈るぞ。つ【肉まん、あんまん、大和茶、『重慶飯店』の華夏月餅(白餡)】【上野哲也『ニライカナイの空で』】

>>48
なるほど。質素ながら分かり易く、次に繋がり易い締め括りだな。こうなると私も更に気を引き締めて続編を書かねばなるまいな、
はははは。

これを贈るぞ。つ【肉まん、あんまん、大和茶、『南陽軒』の栗きんとん】【岩下俊作『青春の流域』】

57 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/18(火) 02:31:29
>>49
確かに。正直言うと私もあれには参ったからな。群雄伝で成敗する対象にしてやろうかと思ってしもうたぞ。
これを贈ろう。つ【肉まん、あんまん、宇治茶、宇治抹茶大福】【アントン・チェーホフ『かもめ』】

>>50
おめでとう。これを贈っておくぞ。つ【肉まん、あんまん、宇治茶、『東屋』の草加煎餅】【内田百間『阿房列車』】
しかし、キリ番を取るだけでそんな声を上げるとは、余程の目立ちたがり屋なのだな、お主は。

>>51-52
呂布殿。そこまで言うのは少々誇張が過ぎておりますぞ。私としてはまだまだ未熟ゆえ、完成度は低く思っております。あと、無理に
考えると却って発想は出てこないものですからな。ゆっくりと考える事が宜しいでしょう。

>>53
まあ、落ち着きなされ。私や呂布殿、周瑜殿が出ている事に興奮を覚えるのは無理もないと思うが、少し慌てすぎだ。

ふむ、携帯型電脳遊戯機の方の「三国志大戦」をのう……。確かに「激難」の第10戦は「こすと」を遥かに超過した武将の軍団ゆえ、
撃破するのは難しいな。作戦としてはだが、相手に騎兵がいたら槍兵で迎撃を与えて怯ませ、その後わざと攻め立てずに攻城させる。
そうなると相手側は攻守に無防備になるからな。槍撃や突撃、弓矢などを与えて撤退させ、号令系の計略があればその分の士気が貯まる
まで待機し、機が満ちたら攻撃に回るのが良いと思うぞ。

あと私は合戦になれば儁乂、紀霊殿、顔将軍(『先陣の誉れ』の方)、そして殿(『栄光の大号令』の方)と共に出陣するぞ。まあ勝率は
然程高くは無いのだが、それで開幕落城を幾度か決めた事はあるゆえ、今後もこの編成を変える事は無いと思う。

これを贈るぞ。つ【肉まん、あんまん、宇治茶、南瓜饅頭】【江戸川乱歩『白髪鬼』】

58 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/18(火) 02:32:46
>>54
おおっ、済まぬ、済まぬ。実は私も知らせようとしたのだが、急な都合がはいり、それっきり野放図にしてしまったのだ。誠に申し訳無い。
なるほど、「>>」を「>」にすれば、容量はかなり抑える事が出来るのか。それは良い事を聞いたぞ。…むっ!? という事は甄洛様はこの
砦を維持させる為にそれを行っていた事になるのではあるまいか? ………流石は甄洛様、また戻って来てもらいたいものだが、最早叶わぬ
のであろうな。グスン……。

重要なる報告をして下さり、感謝致す。以後、番号を入れる時は「>>」では無く「>」にするぞ!!!

御礼としてこれを贈るので受け取って頂きたい。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、茶香蜜棗(お茶の香りの蜜なつめ)】【大岡昇平『レイテ戦記』】

さて、今日は此処までかな? 来てくれた方々、本当にありがとう!!!!! どうやら軌道修正に乗りつつあるようだが、まだまだ
油断はならぬゆえ、これからも気を付けてこの砦を続けていくぞ!!!!!

では親愛なる皆の衆、さらばだ!!!

59 :以上、自作自演でした。:2007/09/18(火) 18:59:55
うむ、がんばれよ。
おれは三国志大戦の激難をアドバイスどうりにがんばってくる。

60 :流浪の人:2007/09/19(水) 00:55:30
よその場所で国民を「賤民」呼ばわりしている者が、人民を救うような事を発言しているそうだが、
どう思う?

因みにそいつは大規模なクーデターを起こし、一般人の命を奪っていたそうだ。自ら編み出した
「科学技術」とやらを駆使してな……。

61 :以上、自作自演でした。:2007/09/20(木) 00:06:55
倭国を代表する職業野球の選手であり、監督を兼任していた古田敦也氏が
監督辞任及び現役を引退するという事が正式に発表されましたが、諸将の
方々はどう思われまするか? 板違いで申し訳ございませぬが……。

62 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/09/20(木) 01:30:53
2代目「飛将軍」・呂奉先、只今参上だ!!!!! 倭国では次期首相を賭けた自由民主党の総裁選が盛り上がっているそうだが、皆は
誰が首相になれば良いと思う? まあ、我輩は経験を考慮に入れるとすれば、福田康夫氏が妥当ではないかと思うのだが……。

うむ、今日も来ておるな。よし、皆の期待を背負い、出陣だ!!!!!

>>53
まあまあ、落ち着け。その遊戯で我輩達が出ているのは既に分かっているぞ。それで、用件は何かな?

ふむ、携帯遊戯での「三国志大戦」で出てくる「激難」の第10戦目を攻略するのが非常に難しいから何とかしてもらいたい、と……。
確かにあの一戦は相手側の「コスト」とやらが超過しているゆえ、直ぐにやられる事があるな。まあ、そんな時は我輩にお任せあれ。

態(わざ)と敵部隊を自陣の手前まで引き付け、相手を攻城に移らせてから16カウントぐらい防戦に励むのだ。そして巧くそこまで
粘れば、後は我輩が奥義「赤兎咆哮」を以て、全ての敵部隊を撤退に追い込ませてやるぞ!!!!!

あと、戦略か。そうだな……、我輩だと馬騰や臧覇、侯成に閻行と手を組んで出陣しておるぞ。頼りになるのは馬騰で敵が陣営に迫って
来たら奥義「西方の乱」で防衛する事が出来るからな。そのあと余儀無く撤退するのは痛いが、彼の奥義の威力はお墨付きゆえ、防衛には
間違い無く打って付けだ。

>>54
何と、「>>」が容量を増やしていたのか!!! 今まで大した事が無いと思い、使い続けてたのだが、これからは気を付けねばなるまいな。
斯様な報告をしていただき、感謝するぞ!!! 以後、番号表示は「>」を用いて進行致す!!!

>>淳于瓊
おおっ淳于瓊、お主も来ていたか!!! まあ、そう謙遜するな、間違いなくあの群雄伝は良かったぞ。そうか、ゆっくりと考えた方が良い、
と……。分かった、そうするぞ。

それはさておき、最近ここに来ているのはどうも我輩とお主だけになってしまったようだな。あの頃の賑わい、今何処(いずこ)と言い
たい所だが、向こうも事情があって来れぬみたいだからな。ここは大人しく待つべきなのだろうか……?

63 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/09/20(木) 01:33:20
>59
ほう、淳于瓊からの助言を元に「激難」に挑むのか。巧くいくといいな。まあ、我輩も出陣させ、「赤兎咆哮」で蹴散らしてみて
くれぬか?

>60
それは可笑しな話だな。民を蔑む人間がどうして民を救うというのだ? しかも過去に大々的な革命を起こし、民の命を奪っていた
とはな……。余計話にならぬし、董卓よりも性質が悪いな、そ奴は。

只、「『科学技術』を用いて」という所が気になるな。そ奴、何者か分かるか? 出来たら教えていただきたい。

>61
うむ……。実はつい今し方、その時の記者会見を見ていたが、かなり悔しさというか、球団を去ることに名残惜しさが目立っていたな。
名捕手、名打者、野球界を救うべく革命(ストライキ)を起こし、「2りーぐ制度」の維持を果たした選手会長、そして選手兼任監督……。
間違いなく成績だけではなく、球界に様々な功績を残した選手だからな。引退は確かに惜しいが、古田殿は将来、球界の重鎮として身を
置きそうな気がするぞ。

まあ、最後に我輩からは一言、「長い間御苦労様でした」としか言い様があるまい。

さて、今日は此処までの様だな。いよいよここも調子を取り戻してきたようだが、代わりに停滞気味なのが気になるな。まあ、これも
運命ゆえ、仕方の無い事であろうか? まあ、そうなればまた活気を取り戻せばよいからな、これからも頑張るとするぞ!!!!!

では、さらばだ。フハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!! ノシ

64 :以上、自作自演でした。:2007/09/20(木) 22:14:47
淳于瓊殿、群雄伝の件ですが2章以降は思いついた者が書き込んでいけばよいのですか?
それとも淳于瓊殿以下武将たちが作っていくのですか?

65 :以上、自作自演でした。:2007/09/20(木) 22:18:46
袁単に当たると、甄洛殿がほとんどの確率で入って活躍しております。
この活躍をどう思っているのか本人に聞きたかったのですが・・・むむむ。

66 :周瑜 ◆8xLu3o3MHU :2007/09/22(土) 12:10:15
しまった、随分と長い間空けてしまっておりました

>39
おお、子明君ではないか・・・と思ったらトリがないですね
しかもいきなり諦めセリフ・・・偽者とみました

>40
残暑厳しい今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

>淳于瓊殿
暑い時期に素麺を送ってくださり感謝いたします
長い期間砦を空けてしまって申し訳ない
袁術軍や南蛮軍は候補から外しましょうか・・・
というか私トンデモなシナリオ考えちゃいました あとで書きますね
それと第一話簡潔おめでとうございます

>46
情報が早いですね
この砦の武将はまず間違いなく残るのではないかと思われます

おや、用事が出来たようですね
一旦筆をおかせていただきます

67 :周瑜 ◆8xLu3o3MHU :2007/09/22(土) 13:40:42
>47
私の予想としましては
魏:楊修殿、孔融殿、王朗殿
呉:糜芳、傅士仁、子喩殿(復帰)
蜀:馬雲リョク殿、高定殿、趙雲殿の息子二人
涼:馬雲リョク殿、曹豹殿、丁原殿、ハンチュウ殿、
袁:高幹殿
他:趙雲殿、黄忠殿、魏延殿、子義殿、仲翔(=グホン)殿、興覇(=甘寧)殿、劉グ殿、ヨウガイ殿、朱シュン殿
ぐらいでしょうか?他軍のはちょっとムチャですかそうですかw

>48
これにて第一章は本当に終わり、第二章へ続くわけですね

>49
じつは先ほどのシナリオというのは、貴方のこのコメントがヒントになっています

>50
もう50ですか、動き出すとさすがに勢いがありますね

>呂布殿
袁術軍は既に除外してあります、ご安心を

>53
もちついてくださいw
私なら攻城兵を数隊組み込んで左から端攻めでしょうか
そうすると相手は引き返してくるはずなので、中央付近で連環の法を使用
相手は何も出来ずに落城勝ちというのが大筋ですね、ただし私には要注意ですw
このデッキはあくまで激の第10戦のためのものであり、私の本来はやはり呉です
R大殿、重鎮のお三方、君理殿、SR奥方様の5枚デッキですね

68 :周瑜 ◆8xLu3o3MHU :2007/09/22(土) 13:48:49
>54
貴重な情報感謝いたします
私も早速利用させていただいておりますれば

>淳于瓊殿A
おお、卑弥呼殿のことを忘れておりました
さすが着眼点が鋭いw

>59
ご健闘をお祈り申し上げます
もし制圧成功したらまたご報告いただけると嬉しいです

>60
大体どこの国の最高責任者の振る舞いであるか予想できました
その人物でしたら私も全く信用しておりません
好意を持つことさえ不可能でしょう

>61
かの御仁は間違いなく倭国の野球界に多大な貢献をされた方
栄枯盛衰は世の常なれど、やはり物悲しいです

>呂布殿A
呂布殿と私はむしろその戦いでは「立ち塞がる側」ですねw
なんだか不思議な感じです

>64
基本的にどちらが出してもおkかと
判断および採用するのは淳于瓊殿でありましょう

69 :周瑜 ◆8xLu3o3MHU :2007/09/22(土) 14:07:00
>64
彼女の最近の頻出ぶりはUCの若殿の台頭による影響が特に大きそうですね
そうでなくても袁には貴重な弓兵、さらに唯一の女性であることを考えても存在感は抜群ですね
しかし同じ計略でも曹植殿の出番はあまり見受けられないのは何故でしょうね?

以上でしょうか
では最後に私が考えた群雄伝のシナリオアイデアをば

黄巾族を退けた淳于瓊達。
その功績により、漢王朝より新しい砦の統治を任されることとなった。
赴任早々、砦に多くの者が訪れていた。
しかし・・・彼らは淳于瓊殿を慕って集まったものではなかった。
デイコウの差し金によって、砦の治安を乱そうと暗躍する『荒らし』だったのだ。
そしてデイコウは遂にその『荒らし』達とともに砦へと攻めあがってきた。
新たなる砦を守るため、淳于瓊達の戦いが再び始まろうとしていた・・・
デイコウ「ハッ、こんな砦にいる馬鹿共、残らず踏み潰してやんな!!」

敵軍:UCデイコウ、荒らし(騎兵)、荒らし(槍兵)、荒らし(弓兵)、荒らし(歩兵)×2
荒らしの能力:一般兵と同じ、ただし全員『連計』の特技を所有、歩兵の片方は『伏兵』もあり
計略:歩兵は『落雷』、他は『強化戦法』
難なら荒らし(騎兵)と荒らし(槍兵)を1部隊ずつ追加、歩兵が両方『伏兵』になる
勝利条件:通常勝利

いかがでしょうか?ご意見を伺いたいです
それではまた ノシ

70 :周瑜 ◆8xLu3o3MHU :2007/09/22(土) 14:07:57
>69
間違い発見・・・
>64ではなく>65です 失礼いたしました

71 :周瑜 ◆8xLu3o3MHU :2007/09/22(土) 15:49:09
もうひとつ発見
>53への返答について どーみても6枚デッキです本当に(ry

72 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/23(日) 00:50:30
監軍将軍・淳于仲簡、推参!!!!! 九月半ばに入ってから、非常に多忙になったゆえ、来る頻度が落ちてきておるぞ。まあ、
それでも尚、私は一度たりとも皆に逢いたいという気持ちを忘れてはいないのだがな。

よし、来ておるな!!! では皆の期待を裏切らぬ為にも、出陣致す!!!!!

>59
おおっ、応援の掛け言葉、非常に感謝致す!!! その応援を糧とし、無事完走を果たすから、お主も私の助言に沿って、頑張るの
だぞ!!! まあ、敵軍の武力が高いゆえ、多少攻城を許す事はあるが、慎重に攻撃すれば、勝機は見出せるぞ。

お主の健闘を祈り、これを贈るぞ。つ【肉まん、あんまん、大和茶、緑豆湯(緑豆スープ)】【池宮彰一郎『天下騒乱 鍵屋の辻』】

>60
なるほど、民を「賤民」呼ばわりしているにもかかわらず、民を救うと公言している輩が此処にいるのか……。絶対にそれは無理だな。
民を救いたいのであれば、その様な蔑んだ気持ちを無くさねばならぬ。それがある内は単に民を支配しようとする独裁者だ。

そう、現代の高句麗(=北朝鮮)の君主(=金正日総書記の事)の様にな。

しかし……、「科学技術」というのが引っ掛かるな。何やら過去にそういったものを使い、我々に襲撃してきたような……。

ともあれ、これを贈るぞ。つ【肉まん、あんまん、大和茶、花椿ビスケット】【柴田錬三郎『徳川三国志』】

>61
その御仁の事は存じている。倭国の職業野球界を代表するほど、攻守の要として活躍した選手だけに留まらず、選手会長として、「ぷろ
野球すとらいき」を決行し、近鉄の消滅及びぷろ野球の「2りーぐ制度」の維持に貢献したのだったな。まあ、結局近鉄の消滅は避けられ
なかったものの、「2りーぐ制度」の維持に成功したというのは、永く「古田敦也」という名を遺すほどの貢献をしたと思うぞ。

その者が選手兼任監督をし、成績不振に喘いだのは、指揮官としての経験が浅かっただけであろうな。まあ、栄えるものは自然に、また
何らかの理由で衰える、これは必然。だが、また再び栄える事もあるから、そう悲しむ事は無い、と古田殿に励ましたく思うぞ。

非常に興味深い報告をして下さり、感謝致す。これを贈るぞ。つ【肉まん、あんまん、大和茶、香酥麻花】【吉屋信子『ときのこえ』】

73 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/23(日) 00:51:40
>62-63
おおっ、これは呂布殿、お久しぶりでございます。まあ、来訪者が少なくなったのは時代の流れですからな、また此方が賑わいを見せる
事が出来る様にすれば宜しいでしょう。それに、「待てば海路に日和あり」ですぞ。

群雄伝ですが、以前はああ言ったものの、矢張り貴公にそう言っていただけると嬉しいですな。また何か思いついたら作成しますゆえ、
楽しみにしていて下され。

>64
うむ。初めて群雄伝を送ってくれたのは見知らぬ方であるからな。我々武将のみならず、誰が発案し、公表しても一向に構わぬよ。
採用する。

まあ、余程ひどいものであれば却下する事もあるがね。

これを贈るぞ。つ【肉まん、あんまん、大和茶、『緑茶西施千層餅』】【吉屋信子『あの道この道』】

>65
そうだな……。我々袁紹軍は他と比べても負けず劣らずの猛将はいるのはいるのだが、反面私を含めて、その多くの猛将は妨害系の
計略に弱くてな。特に「虚脱の連計」や「連環のススメ」、「守成の名君」をまともに被り、敗北を喫した事がどれ位あった事か……。

そこでその「地獄」というべき状況を解除して兵を整え、攻勢に回る為に甄洛様の「浄化の計」が必要なのだ。
それに、袁紹軍は弓兵が少ない事もまた事実であるからね。例え武力が低くても、彼女は貴重な戦力として起用されるのであろうな。

何? なら何故甄洛様と同じ「浄化の計」を使う曹植は出て来ない、と? それは魏には高知力の武将が多いうえ、「浄化の計」
以上に優秀な妨害系の計略もまた存在するからね、例え相手側から妨害形の計略をかけられたとしても、報復としてそれらの計略を
かけて敵軍の戦闘能力の水準を自軍と合わせる様に仕向けるであろうな。

これを贈るぞ。 つ【肉まん、あんまん、大和茶、『脆梅(カリカリ梅)』】【徳田秋声『夜航船』】

74 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/23(日) 00:53:31
>66-71
おおおおっ、周瑜殿!!!!! よく来て下さりました!!!!! いやいや、貴公が考えてくれた群雄伝、なかなか読み応えがあって
面白かったですぞ。なるほど、禰衡ですか……。確かに彼なら斯様な連中を引き連れて来そうな気が致しますな。あと、袁術軍と南蛮軍を
省いてほしいという、私の身勝手な頼みを聞いて下さり、真申し訳なく思っております。

感謝の気持ちとして、これを御贈り致しますゆえ、どうか御賞味あれ。つ【るみ子の酒】
まあ、炭酸系統の日本酒ゆえ、開封時には気を付けて下され。

しかし、実の所申しますと、この砦は私と呂布殿だけになってしまったのかと思い、少々落ち込んでいた所なのですが、貴公がこうして
再び来て下さった事に対し、非常に感激致しましたぞ!!!!! また暇が出来たならば、来て下され。大歓迎いたしますぞ!!!!!

さて、今日は此処までかな? 来てくれた方々、本当にありがとう!!!!! これからもこの淳于仲簡、どの様な困難があれど、決して
諦めずこの砦を進行させるので、応援宜しく頼み申す!!!!!

では最後に群雄伝 第2章『荒らしの反乱』(因みに第1章の題名は『黄巾の再興』)の「いべんと」を公表するぞ!!!

75 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/23(日) 00:54:22
群雄伝なりきり伝 第2章 (1)

淳于瓊 「むむっ……、一難去ってまた一難か。全く、甘く見られたものだな。せっかく整えた治安を乱されてたまるものか!!!
我等の団結力をあやつらに見せ付けようぞ!!!!!」

呂布(西涼SR) 「ああ、誠その通りだ。我々に刃向かった事を大いに後悔させてやらぬとな!!!!! ……しかし扇動している
のは禰衡か。あ奴は無礼ながら智に長けていると聞く。どうしたものか?」

淳于瓊 「そうですな……。ただ、智に長けてるとはいえ、彼は人を批判する事を好む狭量な性格の持ち主と聞きますからな。様子を
見て彼が馬脚を現すところを見極めた方が良いでしょう。」

呂布(西涼SR) 「なるほど。ではここは無理をして出ず、主にどう出るかを窺い、その後に攻撃をかける、と……。」

淳于瓊 「その通りです。なので呂布殿。くれぐれも無闇に討って出ず、今は防戦に務めて下され。」

呂布(西涼SR) 「よし、分かった!!! 任せてくれ!!!」


……さて、こんなものかな? 少し表現が抽象的だが、これから具体的にどう進行するか考案中なので、勘弁頂きたい。
では、親愛なる皆の衆、さらばだ!!!

76 :以上、自作自演でした。:2007/09/25(火) 18:52:22
太公望について

77 :以上、自作自演でした。:2007/09/25(火) 21:52:22
淳于瓊 仲簡◆AdovgbyWeU

三国志大戦なりきりスレの主人公。
初めは三国志総合としてスレを立てたが後に三国志大戦に統一した。
慣れない当初は他スレに越境を行い住民から批判を受けたが
それにも負けずに根気よくスレを盛り上げた。
三国志大戦のみならず三国志にまつわる知識も豊富。
また書物を好み住人におすすめの書籍を分け与えている。
「監軍将軍・淳于仲簡、推参!!!!!」

コスト=2 兵種=槍兵 武力=7 知力=6 特=「魅力」
計略=「揺ぎ無き信頼(士気5)」
説明:武力と兵力が上がる。その効果は戦場にいる味方の数が多いほど大きい。



・・・と、自分が思う淳于瓊殿のイメージを元にカード裏面の説明を作りました。

78 :以上、自作自演でした。:2007/09/25(火) 21:57:17
そしてイラストレーターは夢路キリコ氏で決まりだな。

79 :以上、自作自演でした。:2007/09/25(火) 22:18:16
過去、色々ななりきりを見てきたけど、俺はこの淳于瓊が一番いい奴だと
思っている。まあ、越境したのは悪い事だが、そこを悔い改めて越境を
やめ、このスレを発展させた点は素晴らしいと思うぞ。

ちなみにあの淳于瓊のイラストはかなり凶悪な感じがするが、ここでの
彼のやりとりを見ると、意外な感じが出ていていいよな。

80 :以上、自作自演でした。:2007/09/25(火) 23:38:58
計略の説明を見ると、兵力の増加を除き、何だか「多勢の攻め」と変わりが
無い様に見えるよ。

どうせなら武力は「味方の数×2(または3)」にしてみてはどうだろうか?

81 :太史慈 ◆PeXa0oJbDo :2007/09/25(火) 23:50:40
皆様、お久しぶりで御座候。
最近忙しくなってきて、気力が持たなくなっていた。
長い間来なかったことは非常に申し訳ないと思っている。
さて、こんな拙者だが、それぞれに返答を返すとしましょう。

>>1
こと淳于瓊殿
板立て、御苦労様です!!感謝いたします!!!
ところで、こんな拙者が提案するのだが・・・
何度注意しても荒らしは一向に減らぬ。
一層、三十杖の計を行ってはどうだろうか?

>>2
お主・・・一体何に対してにやけておるのだ・・・?

>>5
じゃあ、お主は喰らうと云うのか?
不潔な野郎だ。

>>8
捨ててこい!!!

>>10
こと梵天殿
それは誰に対してその言葉を吐いた?
長たる淳于瓊殿に云うた。とは言わせぬ。

>>13,14
汚らわしい発言はするな!!

82 :太史慈 ◆PeXa0oJbDo :2007/09/26(水) 00:02:34
>>16
おお。心優しきお方よ・・・
まこと、感謝いたすぞ・・・

これはほんの礼だ。受け取ってくだされい。
【焼き肉ジョジョエン10000円分無料券、自家製烏龍茶】

>>18
死体に様はない・・・

>>19
こと淳于瓊殿
淳于瓊殿が直接手を下さずとも、今後このような輩は拙者が成敗致す。

>>20
何も出ないぞ・・・

>>24>>27
貴様等は・・・本当に意味がわからない・・・。
特に葱の二人!貴様等には人間としての尊厳はないのか!!!

>>28
こと呂布殿!
おお!何時見ても頼もしいぞ!!
拙者も負けてられぬな・・・遅れた分は取り返しますぞ!



むぅ、久しぶりなモノで少々戸惑っているが・・・
はて、こんな返答でいいのか

83 :太史慈 ◆PeXa0oJbDo :2007/09/26(水) 00:19:45
>>30
こと呂布殿。
葱はたしか、風邪のときに焼いて首に巻く物ではなかったか?

>>31
こと梵天殿
・・・お主は何を伝えたいのだ?

>>34
お主も、何を云いたいのか・・・

>>35
おお、有難い!!
ご期待にこたえられる様、奮闘して行き申す!

>>37
こと周瑜殿
お久しぶりでござる!
拙者もこの荒れ具合には、正直悲観した・・・
もうスルーしてしまっていいのか・・・

>>39
こと呂蒙殿
おお!呂蒙殿!!お待ちしておりましたぞ!!
しかし、いきなり弱音を吐きなさるな!
どうです?奥で一杯やりませぬか?


気がつけばもうこんな時間になっていた・・・
非常に申し訳ないのだが、明日は定期考査2日目である故、もうそろそろ就寝につこうと思う。
それと、前の砦に行くための金(モリタポ)が足りない故、御許し願いたい。
非常に、申し訳ない・・・

84 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/09/26(水) 02:37:48
2代目「飛将軍」・呂奉先、只今参上だ!!!!! 今日は録画で埃及の謎に関する番組を見ていたが、結構面白くて釘付けになって
いたぞ。

ピラミッド、ツタンカーメン王、男性になりすまして王に君臨し、平和政策に力を注いで埃及の繁栄に貢献した女性のファラオ(大王)
・ハトシェプスト、そして世界三大美女にして、埃及最後の女王であるクレオパトラの謎etc……。中には三国志「正史」と「三国志
演義」の様に、史実の相違点がハッキリしているものもあったぞ。ツタンカーメン王の死因は暗殺ではなく、大腿部からの怪我から
生じた破傷風であり、またハトシェプスト女王の場合は義理の息子・トトメス3世との争いの末に殺されたのではなく、糖尿病との
併発で起こった癌で亡くなった、という風にな。いつの世でも主役となる人物の最期が物語の様に改竄され、そのまま伝わるとは、
当人にとっては迷惑であろうな、と思ったわ。

あと、今日は確か中秋の名月であったな。今外に出てみてみたが、月が煌々と輝いていてきれいだぞ。皆も一度外に出て御覧あれ。

まあ、我輩の独り言は此処までにして、と……。よし、来ておるな。では、皆の期待を背負い、いざ出陣だ!!!!!

>64
どうもそうみたいだな。まあ、我々だけが考えても面白味が無いゆえ、お主等来訪者もその群雄伝の作成に参加させ、この砦に未来永劫、
残せる様にするのであろうな。我輩としてはこのやり方は画期的であり、他ではあまり見られぬと思うぞ。

>65
そうだな、袁紹軍の特徴は武力はあるが反面知力が低く、妨害系の計略にかかりやすい事であるからな。それを防ぐ為にも彼女が
必要なのであろうな。まあ、我輩の場合は蔡邕の「封印の計」に頼っているから、一応妨害系から免れる事が多いのだが……。

>周瑜
久しぶりだな、周瑜!!!!! 元気にしていたか!!? おおっ、袁術軍を省いてくれたのか、ありがたい。何せ以前、彼とは娘の
婚約破棄の件で決裂していたのだが、この間仲直りしたばかりゆえ、再び決裂を招きたくなかったのだ。本当に済まぬな。

なるほど、これが第2章の序章か。確かに荒らしを扇動するには禰衡が適役であろうな。それに、今の砦の象徴ともとれるからな。
こうなると我輩も何か一つ考えぬといかんな。

85 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/09/26(水) 02:39:21
>淳于瓊
まあ、傍観者のまま終わる訳には行かぬからな、此方も群雄伝を考えておくのでお主も期待していてくれぬか? あとお主の
「いべんと」だが、

>呂布(西涼SR) 「なるほど。ではここは無理をして出ず、主にどう出るかを窺い、その後に攻撃をかける、と……。」

という部分を、

>呂布(西涼SR) 「なるほど。ではここは無理をして出ず、どう出るかを窺い、禰衡にぼろが出た所に攻撃をかける、と……。」

にした方が良いと思うぞ。まあ、碌に「いべんと」を作成していない我輩がこう言うのはお門違いなのだが……。

86 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/09/26(水) 02:41:21
>76
何、太公望だと? あの周王朝の建国に貢献した軍師であろう? まあ、我輩の知っている限りだと……、

1つ目は名は正確に申すと姓は姜、氏は呂、名は尚或いは望で字は子牙という事。

2つ目は大の釣り好きであり、また釣りをしている所、周の文王に「この男こそ私の祖父が待ち焦がれていた男であるに違いない」と
言わしめ、大臣として仕える事になった事。

3つ目は「覆水盆に返らず」の故事を作った事。

4つ目は羌族の出という説がある事。

5つ目は武経七書の一つである兵法書「六韜」の著者(但しこれは伝承であり、実際は他の戦略家が書いたもの)である事。

6つ目は太公望という名は「周の大公が望んだ者」という意味を持つ事。

7つ目は周の武王に釣りで学んだ「我慢の真理」を説き、民の心が殷王朝最後の王である紂王から完全に離れた時が攻勢に出る時、
と助言して見事に殷を滅ぼし、斉の地に封じられた事。

まあ、それぐらいかな? 倭国では宮城谷昌光という小説家がその太公望を取り上げ、彼を若々しく聡明に描き、中原の各地を廻って
多くの領主と議論を交わし、殷王朝を倒す基を築いた、と記したそうだ。ゆえに倭国では宮城谷氏のこの小説をはじめ、安能務という
小説家が記した「封神演義」の影響により、太公望に憧れを持つ者が多くなったそうだ。果ては安能氏の物語を基にして描かれた、
小説と同名の漫画の主人公にもなったり……。

まあ、分かりづらくて済まぬが、これが我輩の知っている太公望の全てだ。

87 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/09/26(水) 02:43:28
>77
おおっ、正に理に適った説明文であるな!!! もし実際にあったならば、迷わず使ってみたくなるぞ!!!!!
それに、彼もさぞ大喜びすると思うな。

あと、出来たら我輩の説明文も作成してくれぬか? まあ、無理ならばそれはそれで良いのだが……。

>78
うむ、あの画家の描く人物画は確かに群を抜いて奇抜的だが、我輩は好きな方だな。だが、あの衣服や刺青に描かれている唐草文様に
似た柄もまた、非常に気になるな。まあ、我輩からすると、その柄は人物の逞しさを強調しているのではないかと思うのだが……。

>79
まあ、確かに彼の越境は度が過ぎていたが、温厚で人の意見を尊重するのを身上としていたからな。それに、これは我輩の憶測だが、
彼が他の地に訪れたのは、「荒らす」というよりかは単に「違う世界を実感してみたかった」だけだと思うぞ。違っていたら済まぬが。

それに、斯く言う我輩も越境した事があるゆえ、余り大きな事が言えぬな。

>80
なるほど。確かに組めるとしても彼を含めて7部隊が最高ゆえ、それでいいかも知れぬ。む!? 待てよ、となると7部隊になると
武力上昇値が+14で21か……。まあ、士気全開時の「烏巣の断末魔」程ではないが、それでも十分脅威になるな。

それと兵力の回復が合わさると、かなり強力ゆえ、止める事は難しいであろうな。

まあ、この奥義は現実では在り得ぬのは承知しているのだが、ついつい予想してしまうな。これも人の性なのか……。

88 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/09/26(水) 02:44:53
>太史慈
おおおおっ、何と太史慈!!!!! よく来てくれた!!!!! そうか、お主も多忙で来れなかったのか。まあ、お互い多忙な
者同士、これからも頑張ろうではないか!!!!!

むっ!? 風邪の時は葱は焼いて首に巻くと? 確かにそういうやり方はあるが、焼くのでは無く、茹でたのを巻くのではなかった
かな? まあ、良いわ。あと尻に葱を入れるのは実際、民間療法であるそうだ。まあ、やりたいとは思えぬがね。

まあ、お主はお主なりの調子を維持して頑張れば良いと思うぞ。何、質問は逃げはせぬ。それに、他所の砦を覗いたところ、お主
以上に溜まった質問に答えていたものもおったからな、まだまだ巻き返しは図れるぞ。

では、これからの健闘を祈り、これを贈ろうぞ。 つ【九条葱100本】


さて、今日は此処までかな? 何だか進行が緩やかになっているようだが、また活気を取り戻すべく頑張るので皆、此処を宜しく
頼むぞ!!!!!

では、さらばだ。フハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!! ノシ

89 :以上、自作自演でした。:2007/09/26(水) 03:52:23
>>88
いやいや呂将軍、ここに来て随分ペースが上がりましたぞ。これからも
この調子でいけば、ひょっとしたら完走は間違い無いのではございま
せぬか?

90 :以上、自作自演でした。:2007/09/26(水) 06:53:22
昨日は15夜でしたよ
これをお分けします
つ【月餅】

淳于瓊 様はいつも差し入れをしてくださいますが
甘い物がお好きなのでしょうか?

91 :以上、自作自演でした。:2007/09/26(水) 21:18:17
おうおう、のんびりした感じがいいと思うよ!
がんばれよ!

>79の書き込みとかされると嬉しいよな。
なりきりしていた時にいちばん嬉しかったのは、何気ない励ましの言葉だった覚えがあるぜ。

92 :太史慈 ◆PeXa0oJbDo :2007/09/27(木) 20:41:52
むぅ・・・昨日は疲れで一晩を眠って過ごしてしまった・・・。
全く・・・これだから英語は嫌いなのじゃ・・・。
まぁどうでもいい愚痴は是以上止そう。
さて、返答を行うとするか。

>>40
今は大分涼しくなってきたが・・・それでも油断は出来ぬ。
今後も用心するに越したことはないな。

>>44>>45
こと淳于瓊殿
おお!!中々に良いではないか!!!
話の中程を見られないのは真残念だが・・・
次回では拙者も制作に携わりたい。
いい案が浮かんだら書き込むが宜しいでござろうか?
これでも前に、小説を書いたことがある。多少だが自身は有り申すぞ。

>>46
むぅ、淳于瓊殿の新しい技、か。
・・・正直思い浮かばんのう・・・・・・。
だが、次回こそは一層強くなってくるであろう。
拙者はそこを期待しよう。

>>47
個人的には、韓玄、丁原、劉ヨウなどが出てきて欲しいのう。
その他既出では、金(SR)周泰が出てきても良いのではないかと思う。
あとは、黄蓋殿の苦肉の計、なんとかして出ぬものかのう。

>>50
こと梁興殿。
キリ番、おめでとうございます!
次も頑張ってくだされ!!

93 :太史慈 ◆PeXa0oJbDo :2007/09/27(木) 20:56:24
>>53
拙者も、朋友である(愛称)諸葛亮殿から借りて遊戯したことはあるが・・・
確かに、最後は知勇兼備の将、あるいは武に於いて名だたる猛将達が多くでる箇所。
正直生き残る事さえも儘成らないな・・・・
やはり、周瑜殿の業炎を使うのが最上であろうか・・・
ちなみに拙者は、6枚か5枚の屍手腕を使っておる。
拙者は、相手がどんなでも己を信じてこの軍を使う。
己の軍を愛し続けるからこそ、腕があがるのではないか?

・・・・・・拙者は何を言っておるのだ。
何か、・・・根本的な答えになってないような気が・・・・・・


済まぬが、今日はここまでにしておく。ちょっとした都合があってな・・・
もしかしたら、後でまた来るかもしれん。
取り敢えず、ゆっくりと、確実に片づけていくとします。
それでは おさらばです!!

94 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/28(金) 00:08:22
監軍将軍・淳于仲簡、推参!!!!! 先日は中秋の名月で、かなり月明かりが綺麗であった。暗闇から見る月というのは、本当に
趣があって良いものだと感じたな。それに、今夜は曇りがちではあったものの、月の輝きは未だ衰えてはおらぬし、また雲の間から
見える月もまた趣があって良いものだ、と思うたぞ。

さて、独り言は此処までにして、と……。おっ、今日も来ておるな。よし、では皆の期待に応えるべく、この淳于仲簡、出陣致す!!!!!

95 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/28(金) 00:09:36
>76
何と、太公望とな? ううむ、彼は周王朝建国の立役者として名高い軍師であるが、様々な書では聖人として扱われる傾向があるゆえ、
謎が多い人物としても知られているぞ。お主はその太公望のどういった事を知りたいのか、此方としては分からぬが一つ、彼が作り
上げた故事である「覆水盆に返らず」についてを取り上げようと思う。


太公望は後世、「釣り人」の代名詞として名を残すほど、非常に釣り好きであるのだが、もう一つ、毎日働かず、食事や彼の妻である
馬氏の事をそっちのけにするほど、読書に耽っていた事もあったそうだ。馬氏はそういった彼の読書好きに嫌気を差し、ある日三行半を
彼に突きつけた。それに驚いた彼は「必ず立派に出世して、楽しい生活にしてみせる。だから別れないでくれぬか?」と説得したのだが、
馬氏の意思は堅く、結局彼は渋々承諾し、彼女と別れてしまったのである。

その後、太公望は周の文王にその並ならぬ才智を認められて召し抱えられ、雌伏の時と攻勢に出る時期を見計らい、見事殷王朝の討滅に
貢献し、文王の子である武王から斉の地を封じられ、諸侯として大きな出世を遂げたのだ。

その直後、馬氏がそれを聞きつけ、再び縒りを戻そうと彼の元に来たのだが、彼は水の入った盆(食器を乗せる平たいものではなく、
鉢の様な器の事を差す)を持って来ると、彼女の前でその水を零(こぼ)し、こう言ったのだ。

「今、零したこの水を見事、全て盆に戻せたら復縁しよう。」

彼女はそれを聞くと直ぐにその零れた水を掬おうとしたが、自然の摂理に則り、掬ったのは泥のみで、水だけを掬う事は出来なかった
のである。それを見た太公望は「盆から零れた水というのは、再び元に戻る事は出来ないのだ。お前は私と復縁しようと此処に来たが、
最早この水の様に、再び一緒になれないのだよ。」と言い、復縁を断った。

そこから「一度実行した事はもう元に戻ったり、やめる事は出来ない」という意味の言葉として後世に受け継がれる様になったのである。


以上、これが私の知っている太公望についての知識だ。
これを贈ろう。つ【肉まん、あんまん、大和茶、松子鶏丁(鶏肉と松の実炒め)】【安能務『封神演義』】

96 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/28(金) 00:12:03
>77
何と……!!!!! こんなに素晴らしい私の説明文を送っていただくとは、感謝の言葉がござらん。史実では余り功績が残せ
なかったが、お主の様に私を高く評価してくれる者の為にも、此処だけは必ず最後まで頑張ろうと思うぞ!!!!! 

武力7の知力6か。郝昭殿や夏侯覇殿、孫堅殿(「天啓の幻」の方)、丁奉殿(「徒弓の大号令」の方)、夏侯惇殿や夏侯淵殿
(冠名に「覇道の誓い」が入っている方)と同格とは、嬉しいな。

改めて斯様な説明文を送って下さり、誠、感謝致す!!!!! これを贈るので受け取って頂きたい。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、金華火腿(金華ハムの事)50斤(約10kg)】【天城一『盗まれた手紙』】

>78
ああ、私の肖像画を描いてくれた絵師(=イラストレーター)の事か。過去、此処で何度か漫画の「BLEACH」の更木剣八に
似ていると言われた事があってね。どれほど似ているのかが知りたくて、書店に赴いて見てみたのだが、自分でも似ていると思ったぞ。

まあ、服や刺青に入っているあの妙な模様が些か気になるが、私としてはあの絵は好きだな。

これを贈るぞ。つ【肉まん、あんまん、大和茶、りんご羊羹】【稲垣史生『考証風流大名事典』】

>79
そう言ってくれると私としては非常にありがたいが、私はまだまだ未熟者だ。今でもこうして皆からの質問に対応しているが、皆に
対して失礼な事を発言したり、重複して答えた事があるからね。一歩外に出れば私よりもっと優れた人物は確実にいるぞ。それに……、
武士たる者は常に何かを求め、己の身を磨き、かつ慎みを覚えていなければ堕落し、傲慢になる事もある。それを日々怠らず、皆と
対応している事がお主らにとって、私の魅力と見えたのではないだろうか? まあ、私としては何も感じないのだが……。

あと、過去に越境を繰り返したのは、他の世界が一体、どういったものなのかを実感したいと思ったうえで行ったのだ。まあ、今と
しては他人の家を土足で上がりこむようなものゆえ、決して越境はせぬのだがね。

これを贈るぞ。つ【肉まん、あんまん、大和茶、台南揚げパイ】【岡田誠三『ニューギニア山岳戦』】

97 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/28(金) 00:15:08
>80
ふむ、確かに「多勢の攻め」に似ているが、戦場にいる味方の数に応じて兵力も回復するというのはなかなかの考えだと思うぞ。

お主のその「部隊数×2」で武力が上がるという考えもまたいい考えなのだが、それだと強すぎるから「烏巣の断末魔」と同様に
撤退すると士気が全て無くなるか、あるいは顔(良)将軍の「先陣の誉れ」の様に、士気は5で自身の部隊だけだと武力上昇値が5、
以降1部隊増えるごとに武力が1増える、というのにしてみては如何だろうか? 口を挟んで申し訳無いが……。

これを贈るぞ。 つ【肉まん、あんまん、大和茶、マーライコー(マレー風蒸しカステラ)】【井伏鱒二『荻窪風土記』】

>81-83
呂布殿、「いべんと」の助言を頂き、感謝致しますぞ。なるほど、確かにそうすれば内容としては明確になり、より面白くなりますな。

あと、かなり応答に力が入っておりますな。これは民に対しての思いやりが大変詰まっていると見ましたぞ。今の貴公の様な人間が
多くおりますれば、国はよりしっかりとしたものになっていたでしょうな。こんな私が申すのは差し出がましくて申し訳ないのですが、
これからもその思いやる気持ちを維持し、頑張るようにして下され。

>84-88
おおおおっ、太史慈殿!!!!! お久しぶりでございますな!!!!! なるほど、貴公も多忙ゆえに来訪がままならなかったの
ですか。貴公ほどではありませぬが、私も一時期そういった事がありましたからな。その気持ち、痛いほどよく分かりますぞ。

なるほど、まあ確かに荒らしているとはいえ、処刑は少々度が過ぎておりますからな、貴公の申すとおり、三十杖の刑に致しましょう。
あと、荒らした度合いによって、罰金制度も設けようと思いますが、如何でしょうか? まあ、既に一度、実行しておりますが……。

おお、何と!! 定期考査でもう此処を去らねばならぬとは、私としては正直、残念であると思いますが、貴公の健康を考えるとすぐ
就寝に入った方がいいでしょうな。あと、質問は逃げませぬゆえ、貴公は無理をせず、貴公の速度で進行してくだされ。

そして最後に、貴公の御健闘、祈っておりますぞ!!! では景気づけとして、此方をどうぞ。つ【南高梅の梅酒】

98 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/28(金) 00:35:40
>89
これは呂布殿に対しての応答だが……、私も答えよう。

うむ、確かに此処に来て賑やかさが増してきているからな、いけるかも知れぬ。只、余り速度が速かったらついて行けぬ事もあるゆえ、
今の状態が最高であろうな。

これを贈ろう。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、金香梅(烏龍茶、蜂蜜、食塩でじっくり煮込んだ後、漬けたもの)】【青野聰『永遠のジブラルタル』】

>90
おおっ、何と!!! これは自家製の月餅か。感謝致す!!!!!

(一口食して)うむ、生地がサックリとしていて美味であるな。美味い!!!

そうだな……。昔はよく酒を飲んでいた、れっきとした辛党だったのだが、激務が多くなってきたゆえ、いつの間にか身体が酒より甘い
ものを欲するようになったみたいなのだ。まあ、それでも一応酒は飲むが、嗜(たしな)む程度で、昔ほど飲まぬな。

手作り月餅の御返しとしてこれを贈るゆえ、受け取ってくれぬか?
つ【肉まん、あんまん、大和茶、龍眼干(竜眼〔ライチの仲間〕を干したもの)】【安部公房『永遠のジブラルタル』】

99 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/28(金) 00:37:31
>91
うむ!!! お主の言うとおり、確かに>79殿の様な励ましの言葉があると、どんなに挫けた心であっても立ち直る事が出来るな。
この世界でやっていくには応援や励ましの言葉は一番の「薬」だよ。

そうか、お主もなりきりをしていたのか。正直申すと、お主がどんな人物のなりきりをしていたのかが知りたく思うのだが、お主の名誉
及び「夢」を壊しかねぬゆえ、此処は控えるぞ。

これを贈るぞ!!! つ【肉まん、あんまん、大和茶、東坡扣肉(豚バラ肉のやわらか角煮=杭州出身の宋の詩人・蘇軾が考えた料理と
いわれている)】【武者小路実篤『友情』】

>92-93
おおっ、太史慈殿!!!!! 無事、任務が終わりましたか!!! また来て下さるとは、非常に嬉しく思いますぞ!!!!!

群雄伝ですが、そう言って頂けると非常に嬉しく思いますな。これからも面白き「いべんと」を作成しますゆえ、楽しみにしていて
下され。

おおっ、貴公も「いべんと」の作成に参加して下さるか!!!!! しかも小説を書いた事があるとは、此方としては非常に期待を
抱かざるを得ませぬな。是非、良き「いべんと」を案じて下されば、遠慮無く公表して下され!!!!! 期日は無制限ですが、
待ってますぞ!!!!!

100 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/09/28(金) 00:38:54
では最後に群雄伝第2章の「いべんと」を公表するぞ!!!!!

群雄伝なりきり伝 第2章 (2) 戦闘開始

禰衡 「お前らの時代はここまでだ!! これからは俺達が仕切ってやるから、さっさと消えな!!!」

淳于瓊 「何、戯言を言っておる!!! 人を批判するしか能の無い人間がどうしてこの砦を守っていけるというのだ!?
消えるのはお主等の方であろうが!!!」

禰衡 「うるせえ!!! テメエらみたいな堅物がいるからつまんねえという連中が増えるんだよ!! 分かったらとっとと
ここを明け渡せ!!! このバカタレが!!!」

淳于瓊 「むむっ、何を言っても無駄か……。 ならば我等の絆の強さがどういうものなのか、身を以て知るが良い!!!!!
皆の者、こやつ等に我が軍の力を思い知らせてやれ!!!!!」(『おおおおおお――――――っ!!!!!』と喊声が上がる)

(敵・味方の士気が3上昇する)


さて、今日は此処までであろうか? 来てくれた方々、本当にありがとう!!!!!

私としては今までこの砦を進行してきたのだが、初めてこれほどまで、こんな至らぬ自分を慕ってくれる人が居てくれたという事に、
非常に感謝しております。しかし現段階では激務に次ぐ激務ゆえ、この砦に来訪する頻度が減少している事に私は誠、遺憾に感じて
いるのもまた、事実であります。

ですが、決してこの地を見放す事はせず、かつこれからも、皆の期待を裏切らぬ為にも、末永く続けていくので、これからも応援
宜しく御願い致しますぞ!!!!!

では、親愛なる皆の衆、さらばだ!!!!!

101 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/09/28(金) 23:11:56
2代目「飛将軍」・呂奉先、只今参上だ!!!!! 今日は久方ぶりの休みゆえ、家族で徐州の祝其に行き、海で泳いだぞ。まあ、
残暑とはいえ、海水の冷たさが増してきたから、流石に気持ち良く泳げなかったわ!!! まあそれでも、久しぶりに家族団欒と
なって楽しかったぞ。

まあ、それはさておき。うむ、今日も来ておるな。では皆の期待を背負い、いざ出陣だ!!!!!

>89
うむ? そうか。まあ、ここに来て漸く3桁に達したからな。お主の言うとおり、完走の可能性はあるかも知れぬな。もっとも、容量
にも気をつけねばな。

>90
おおっ、これは忝い!! 見たところ手作りのようだが、お主が作ったのか? 何、作った? そうか。では頂くとするぞ。
(一口食べて)おおっ、これは美味い!! これは店に出しても可笑しくない味だ、改めて感謝いたすぞ!!!!!

>91
そうか、お主も何かしていたのか。些か気になるが、ここではそれを追求するのは禁忌ゆえ、ここは突っ込まぬ様にするぞ。

うむ、確かに励ましの言葉等を頂くとどんなに気分が落ち込んでいても元気になるな。まあ、我輩はここに居候としている様な者だが、
より皆から好意を持てる所にするよう、頑張るぞ。

>太史慈
お主も大変だな。任務とここの応答の板挟みゆえ、身体に堪えるであろう? なのでこれを贈っておくぞ。
つ【松寿仙(赤松、熊笹、高麗人参を配合した濃縮液の製剤)】

疲労回復にかなり効くそうだ。まあ、1日1本が限度だが、是非受け取ってくれぬか?

102 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/09/28(金) 23:13:49
>淳于瓊
いやいや、我輩は此処にしっくりいかぬなと思って助言をしたまでだからな。出過ぎた真似をして済まなかった。

お主の応答を見てみたが、お主の方が我輩以上にかなり力が入っているではないか。流石に此処までは出来ぬな。
あと、新しい群雄伝見させてもらった。短いがなかなか読み甲斐があって良かったぞ。

こうなると我輩も頑張らねばならぬな。よし、後で一丁書くとするか!!!

さて、今日は此処までかな? では我輩も群雄伝のイベントを一つ、出すとするぞ!!!!!


なりきり群雄伝 第2章 (呂布《西涼SRの方》と陳宮が接触)

陳宮 「呂布殿、私も及ばずながら救援に馳せ参じました!!」

呂布(西涼SR) 「おお陳宮、よくぞ来てくれた!!! お主がいれば百人力、大いに智略を奮ってくれ!!! と言いたい
ところだが……、禰衡もお主に負けず劣らず、相当の智の持ち主と聞く。勝算はあるのか?」

陳宮 「何を仰います!!! 確かに禰衡の、人の素質を見抜く能力はこの広い中華の地でも彼と比肩出来る者はそう居ませぬでしょう。
ですが彼は戦の経験は丸っきりありませぬぞ。これでは例え斯様に大群の兵を集めたとしても、扇動する人間に戦の経験が無ければ只の
烏合の衆です。なので我が智謀で早々に敵軍を片付けてやりますぞ!!!」

呂布(西涼SR) 「そうか、それを聞いて安心したぞ!! ではこの砦を守る為にも、大いに智謀を発揮してくれ!!!」

陳宮 「はっ!!!」 (呂布の武力が4、陳宮の知力が4、自軍の士気が4上昇する)


まあ、文章経験が余り無く、回りくどい台詞になってしまったが、知力が2の我輩ゆえ、これで勘弁してくれぬか?

あと、どうやら安定してきたみたいだな。この状態がいつまでも続くよう、これからも頑張るぞ!!!!!
では、さらばだ。フハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!! ノシ

103 :以上、自作自演でした。:2007/09/29(土) 22:34:07
保守だ、保守!! こんなに面白いスレ、埋もれるのは似合わんからな!!

104 :以上、自作自演でした。:2007/09/30(日) 08:56:03
淳于瓊殿、9/29に流れた頂上対決の活躍はごらんになりましたか?
これを機に注目が集まればよいのですが・・・

つ【報奨金50】

105 :以上、自作自演でした。:2007/09/30(日) 09:47:21
( <ミ|ミ>)<・・・・・我が名は陳到。その肉まん、頂きに参った。

106 :以上、自作自演でした。:2007/10/01(月) 01:17:18
淳于瓊殿、面白い場所を発見いたしました。是非御覧下さい!!

http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1188597834/

ここに貴方と同じ三国志大戦の陳泰殿がおられますぞ!!

107 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/01(月) 02:48:17
監軍将軍・淳于仲簡、推参!!!!! 中秋の名月から一転、今日はしとしとと雨が降り、空気が肌寒くなったぞ!!! まあ、
涼しくなったのは嬉しいが……、今まで暑かった日からいきなり気温が下がったゆえ、これでは体調を崩しかねぬよ。皆も急激な気温に
負けず、しっかりと体調管理をして、風邪などを拗らせぬよう、気を付けるのだぞ!!!!!

さて、私の呼びかけは此処までにして、と……。うむ、来ておるな!!!!! よし、皆の期待を背負い、いざ出陣いたす!!!!!

>101-102
おおっ呂布殿、久しぶりに群雄伝を作成いたしましたか!!!!! ふむ、ふむ……。いやいや、これはとても知力2という様な内容
ではありませんぞ。寧ろ7か8ぐらいでしょう。内容としては、貴公の軍師である陳宮殿がかなり頼もしい人物として描かれ、かつ読み
応えがあって良かったですぞ!!!!!

なので次回の群雄伝、楽しみにしてますぞ!!!!!

>103
おおっ、そこまで高く評価をし、かつ砦の保全に務めて下さるとは、この淳于仲簡、感謝の言葉がござらぬ!!!!! 貴公の努力を
無駄にせぬよう、これからも頑張る所存だ!!!!!

感謝の気持ちとしてこれを贈るゆえ、どうか受け取って頂きたく候!!!!!
つ【肉まん、あんまん、大和茶、牛[女乃]蛋糊包子(カスタード饅頭)】【立原正秋『冬の旅』】

>104
ああ……、誠に申し訳ござらぬが実はその日、かなり多忙であったがゆえ、見る事が出来なかったのだ。とはいえ、名将・(大将軍)
紀霊殿は我が袁紹軍を主に出陣させており、かつ私を盛んに登用させている事は広く知られているぞ。私自身も過去に何度か全国
大戦で私が前線で奮闘したり、決定的な攻城を与えたりしている場面は見た事がある(中の人談)。それで私の出陣する回数が増えるか
どうかといえば、微妙なところだが……。当然、私としては自分自身の事ゆえ、増えてほしいと願っておるぞ!!!!!

おおっ、報奨金を贈って下さるとは、誠忝く思う!!!!! では御返しとしてこれを贈るゆえ、どうか受け取って頂きたい!!!!!
つ【肉まん、あんまん、大和茶、椰蓉大月餅(バターココナッツ餡入り中華まんじゅう)】【佐々木譲『エトロフ発緊急電』】

108 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/01(月) 02:51:19
>105
何と、お主は劉備軍古参の将である陳到殿ではないか!!!!! よく来て下さった!!!!!

肉まんですか、勿論差し上げますぞ!!!!! あと、此方もどうぞ!!!!!
つ【肉まん、あんまん、大和茶、龜苓膏(グィレィコウ:亀ゼリー)】【『新・歴史群像シリーズF 三国志英雄録』】

ところで貴公は初代「三国志大戦」では能力的に良く、活躍されていたのに何故途中で一戦を退いたのですかな? まあ、これは
「せが」に問題があるゆえ、貴公に尋ねるべき質問ではないのですが、些か気になりましてな……。

ともあれ、「三国志大戦3」で再び合間見える事を祈っておりますゆえ、戦場で共に駆けましょうぞ!!!!!

109 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/01(月) 02:52:36
>106
むむっ、何だ其処は!? (少し覗き見て)何と、魏の名将である陳泰殿の砦であったか!!!!! む、待てよ。題名が今一、内容的に
不可解なものであるが、これは一体……?

何だと!!? この砦の建設者が建設した直後に失踪しただと!? なるほど、つまり「建て逃げ」か……。全く、御触書には板の秩序が
乱れるゆえ、止める様に誡告が出ていた筈なのだが……、怪しからんな。それで無駄に建てたという事が無い様に、陳泰殿が代わりに砦の
主を務めている、という訳か……。なるほど、無駄を省く為に尽力するとは、とても立派な事だ。しかも向こうで来訪者が此処の砦の事を
紹介してくれた事に対し、大いに賞賛して下さるとは、此方としては非常に嬉しい限りだ。

改めて、陳泰殿は誠の賢者、と言うべきかも知れぬ。よし、ではそんな陳泰殿にはこれを贈るゆえ、誰か渡してはくれぬか?
つ【酒蒸活鮑(生鮑の酒蒸し)】

そしてこれで完走したならば、更にお祝いせねばならぬな。

あと因みにだが、更に見てみたら似たような砦がもう一つあったそうだが、そちらは閑散としているではないか。改めて無駄に建てる
のは止めてほしい、と感じたぞ。

つ【肉まん、あんまん、大和茶、茶香爪子(お茶の香りが入った南瓜の種)】【重松清『エイジ』】

さて、今日は此処までかな? 来てくれた方々、本当にありがとう!!!!! 今日はもう宵の口ゆえ、群雄伝の公表は無しであるが、
また思いついたら掲載するゆえ、待っていてくれぬか!?

では親愛なる皆の衆、さらばだ!!!

110 :周瑜 ◆8xLu3o3MHU :2007/10/01(月) 12:45:10
皆様お久しぶりでございます。
朝夕涼しくなり、気候がようやく変わりつつある今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

>淳于瓊殿
いやいや、こちらの砦に参る機会が少なくなっているのは、ひとえに私自身の未熟たるゆえ。
斯様に仰っていただくは恐縮です。
そればかりか、私の考えた群雄伝を採用してくださり、恐悦至極にございます。
「るみ子の酒」はご忠告に従い屋外にて開封いたしました。それでも自分は頭からかぶる結果となりましたがw

>76
太公望ですか・・・詳しくは呂布殿達が語っておりますので、そちらをどうぞ。
私から特に追加して申し上げることもございますまい。

>77、>78
これはまた斬新な発想ですな。ただ淳于瓊殿には「勇猛」もあって良いかと。
是非とも他の武将についてもお教えいただきたいです。

昼休みが終わったので一旦筆をおかせていただきます。
続きは本日の職務が終わった後ということで。ノシ

111 :周瑜 ◆8xLu3o3MHU :2007/10/01(月) 20:08:17
職務を終えたので戻って参りました

>79
他のなりきり板にお邪魔することは今のところ殆ど無かったので比較は出来ませんが、こちらの砦の方々は皆良い心をお持ちだと思います。
だからこそ居心地がよくてついついお邪魔してしまうのですがw

>80
確かに仰るとおりですが、その案だとちょっと強すぎませんか?
何らかのリスクがつきそうですね・・・

>子義殿
おお、子義殿もこちらにお越し下さいましたか。この公謹、歓迎いたします。
民への返答ですが、ご自身の苦にならぬ範囲でこなされるがよろしかろう。
かくいう私も人のことは言えませぬがw

>呂布殿
お久しぶりです。長い間砦を空けてしまい申し訳ござらぬ。
この度考案いたしました群雄伝ですが、受け入れてくださり感謝いたします。
キーパーソンは甄洛殿ではないかと思っておりますが、いかがでしょうか?

>89
呂布殿に対するコメントですが、私も同感です。
初の完走に向け、今後とも力をあわせていきたいものです。

>90
そういえば9月25日は「中秋の名月」でしたね。
月餅、ありがたく頂戴いたします。
私は甘いものは大好きですが、おそらく淳于瓊殿もそうでありましょう。

112 :周瑜 ◆8xLu3o3MHU :2007/10/01(月) 20:19:16
>91
斯様な励ましのお言葉、砦の者一同お礼を申し上げたい。
私もここの雰囲気が大好きです。

>子義殿A
群雄伝第2章が既に始まっておりあすぞ(私が勝手に始めさせたようなものですがw)
是非ともイベントにご参加くだされ。

>淳于瓊殿A
日々の激務に追われるは皆同じ、各々には各々の生活がございますからな。
何卒お体にはお気をつけ下され、決してご無理などなされませぬよう。
こちらをどうぞ。

つ【にんにく卵黄】

>呂布殿A
いやいや、貴殿の知識の深さ、とても知力2のものではございませぬ。
むしろ私の方が数値のわりに知に疎い感が否めませぬw

>103
おお、ここにも当砦を守らんと動いてくださる方が!!
まこと有難いことでございます。
これもひとえに淳于瓊殿達の人徳の成せる業というものでありましょうな。

>104
実は私もその映像は拝見しておりませぬ・・・
どのような戦いであったのか、是非とも知りたいものですな・・・

113 :周瑜 ◆8xLu3o3MHU :2007/10/01(月) 20:26:26
>105
おお、陳到殿でございますか。それがし周公謹と申す。以後お見知りおきを。
淳于瓊殿の肉まんは大変美味ですぞ。私も以前いただいて以来お気に入りです。

>106
その砦であれば私が先ほどご挨拶に伺ったところです。
陳泰殿も淳于瓊殿に負けず劣らず、砦の民から大層慕われていらっしゃるようですね。

>淳于瓊殿B
【酒蒸活鮑(生鮑の酒蒸し)】は私が先ほど陳泰殿の元へお届けいたしました。
その際に、こちらの砦にもお越し下さる様お願い申し上げておきましたが、よろしかったでしょうか?

さて、今宵はこれまでですね。
明日からまた暑い日が戻ってくるという情報が入りました。
気候の変わり目は体調を崩しやすいゆえ、皆様もどうぞご自愛くだされ。
それではまた。ノシ

114 :以上、自作自演でした。:2007/10/01(月) 23:29:32
今、「笑っていいとも」の特別番組でアーチェリーをやっているのですが、
呂将軍や周将軍でしたら、こういった的に弓矢を射るのは簡単ですよね?

115 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/10/02(火) 00:21:57
2代目「飛将軍」・呂奉先、只今参上だ!!!!! 今日は曇り空で涼しい一日であったが、また明日から暑くなるそうだな。全く、
いつになったら本格的に涼しくなるのやら……。

まあ、愚痴は其処までにして、と……。うむ、今日も来ておるな。よし、皆の期待を背負い、出陣だ!!!!!

>103
おおっ、これは済まぬ!!!!! そうしていただくとよりこの地が健在になるからな、ありがたく思うぞ!!!!!

>104
うむ……、実を言うと我輩も忙しかったゆえ、その日は見る事が出来なかったのだ。それで次の日、前日の戦いの記録が残っている
場合があるゆえ、遊戯場に行って見てみようとしたら……、既に違う一戦に変わっていたのだ。お蔭で淳于瓊はどういう戦いを繰り
広げているのかが分からず仕舞いになってしまったわ!!!

>105
おおっ、陳到か!!!!! お主と会うのは当時曹操と手を組み、豫州牧を務めていた劉備との一戦以来だな。趙雲に次ぐ勇猛振りと
聞くが、その西洋の甲冑がそれを物語っているぞ。

ほう、淳于瓊が皆に渡す肉まんが欲しいとな? 確かにあの肉まん、大変美味であるからな。欲しいという気持ちはよく分かるぞ。

ただ、当初は孔明殿から貰ったものだったのだが、いつの間にか彼の部下が作ったものになっておるのだ。まあ、それでも味はその
孔明殿から貰った肉まんに負けてはおらぬぞ。

116 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/10/02(火) 00:24:15
>106
おおっ、何と!!!!! この砦に似た地があったとは、驚いたな!!!!!

なるほど、其処は元々建て逃げの地であり、代わりに魏の名将である陳泰が主を務めているのか。それで、どの様なものかを見て
みたが、淳于瓊に負けず劣らずの応答だな。まあ、題名が斯様なもので品位は多少劣るかも知れぬが、彼なら完走を果たしてくれるで
あろうな。

此方からも陳泰に「頑張れ」と応援を贈っておくぞ!!!!! それに、同じ「三国志大戦」準拠であるらしいからな、近いうち
訪れるとしようかな?

>淳于瓊
そこまで誉めて頂けると、何だか恥ずかしいな。まあ、また思いついたら幾らでも公表するゆえ、楽しみにしていてくれ!!!!!

あと、これは風の噂なのだが……、まあ、いいか。済まぬ、聞き流してくれぬか?

>周瑜
おおっ、周瑜!!!!! 仕事の合間に来てくれるとは、この呂奉先、恐れ入ったぞ!!!!! 我輩だと斯様な事をすると陳宮が
うるさいからな、控えているのだ。

(群雄伝について)
なるほど。確かに彼女は物腰は豊かであるが、斯様な者を決して許しはせぬところがあるからな、鍵となる人物としては的を射ている
のかも知れぬ。

それと、かなり気が早いのだが、もし群雄伝第2章が終わると次、誰を敵軍として出すのであろうか?

117 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/10/02(火) 00:25:48
>114
むっ……、アーチェリーだと? 何だそれは?

(電影画像を見せてもらい、)……なるほど、こういうものか。確かに我輩は余興として弓矢で戟の小枝を射た事があるからな、
斯様な的だとそれよりも簡単だ、一撃で真ん中を仕留められるぞ。まあ最も、あの真ん中の穴にある撮影の機巧に命中したら
弁償というのは嫌だけどね。

さて、今日は此処までかな? まだまだ暑気は続くが、それに負けじと、我輩も此処で頑張るゆえ、皆も応援宜しく御頼み申す!!!!!

では、さらばだ。フハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!ノシ

118 :以上、自作自演でした。:2007/10/02(火) 01:01:15
                    .・。゚・.・。゚゜。゚・。.
              。・゚・゚          ・゚.
             。・             。・。
             。・               ゚・゚
           。・               。・。・゚・
          。・                。・ 。・゚・
         。・               。・゚・ ゚・。・゚・
         。・            。・゚・。・゚・。・゚・・゚・。・゚・
         。・        。・゚・。・゚・ 。・゚・。・゚・ 。・゚。・゚・
   ∧,,∧   。・   。・゚・。。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・゚ ・。・゚・。・゚。
  (;`・ω・) 。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・ 。・゚・。・。・
  /   o━ヽニニニニニニニニニニニニニニニニニニフ
  しー-J
         みんなのためにチャーハン作るよ!!!!!


         ドドドドドドドドドドドド!!!!!!!
。・゚・
 。・゚・。・゚・ 。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・
。・゚・ 。・゚・・。・゚・。・゚・。・゚・。・・゚・。・゚・。・゚・。・
・。・・。・゚・ 。・゚・。・゚・・゚・。・゚・。・゚・。・゚・ 。・゚・。・゚・
。・゚・。・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・ 。・゚・・゚・。・。・゚・ 。・゚・。・゚・
 ・。・。・゚・。・゚・ 。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・ 。。・゚・。・゚・ 。・゚・ 。・゚・
。・゚・。・゚・ 。・゚・。・゚・゚・。・゚・・゚・・゚・。・゚・。・゚・。・゚・゚ ・。・゚・。・゚。・゚・
 (;`・。・゚・。・゚・ 。・゚・。・゚。・゚・。・゚・。・゚・。・゚゚・。・゚・。・゚・ 。・゚・。・゚・。・
 / ・。・・。・ヽニニニニニニニニニニニニニニニニニニフ))   ぐおおおお!!!!!
 し・。・・。・


119 :周瑜 ◆8xLu3o3MHU :2007/10/03(水) 00:13:31
夜分遅くに失礼いたす
どーしても申し上げたいことがありますので・・・
でもその前に

>114
アーチェリーですか。確か弓を用いた競技ですね。
私も弓の扱いには多少なりとも自信がありますが、呂布殿には遠く及びませぬな。

>呂布殿
ええ、甄洛殿のお人柄もさることながら、計略の「浄化の計」が「指鹿為馬の連計」に対抗する手段としては上策かと思われましたので。

>118
その心意気は素晴らしいものですが、ご無理はなさいませぬよう。

さて、申し上げたいことというのはお詫びでございます。
先日陳泰殿の砦へ淳于瓊殿からの贈答品をお届けした際、こちらの砦にもお越しいただくよう申し上げてきました。
しかし、その際に貼ったリンクが全然別のスレのものだったのです。
幸いというか、それよりも前に陳泰殿はこちらの砦の場所をご存知だったようですが・・・
何とも間の抜けた大失態を犯してしまい、深くお詫び申し上げる。
面目次第もござらぬ。申し訳ありませんでした。

120 :周瑜 ◆8xLu3o3MHU :2007/10/03(水) 00:17:16
お詫びついでに私が間違って貼ったリンクをこちらにも掲載させていただきます

http://game11.2ch.net/test/read.cgi/arc/1188137562/

「三国志大戦」の武将達の社交場とも呼ぶべき場のようです。
もし差し支えなければ一度ご覧になってみては?

121 :「なのはの敵は決して許さんぞ同盟」会員:2007/10/03(水) 00:35:41
>それと、かなり気が早いのだが、もし群雄伝第2章が終わると次、誰を敵軍として出すのであろうか?

呂布殿、此処に董卓よりも性質の悪い男がおりますぞ。↓

http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1186032841/

こやつを次の敵としては如何ですかな?
まあ、これは私の戯言でございますが。

122 :以上、自作自演でした。:2007/10/03(水) 00:48:34
なりきり群雄伝第2章 敵軍カットイン(禰衡が「指馬為鹿の連計」使用した時)

禰衡「所詮、テメエ等は俺の前では無力なんだよ!! ひれ伏しな!!!」


突然で申し訳ないのですが、これで良いのでしょうか?

123 :以上、自作自演でした。:2007/10/03(水) 02:40:09
>121
スレさらすなよデブ

124 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/04(木) 00:40:15
監軍将軍・淳于仲簡、推参!!!!! 今日は雨は降らなかったものの、どんよりとした曇り空が一日中漂い、余り気が晴れぬものと
なってしまったな。このまま行くと、明日は雨かな……? まあ、別にどうこう言ったところで、天気を変える事は出来ぬけどな……。

さて、独り言は此処までにしておいて、と……。うむ、沢山来ておるな!!!!! よし、皆の期待を背負い、いざ出陣だ!!!!!

>110-113、>119-120
おおっ、周瑜殿!!!!! いつも来て下さり、誠に感謝致しますぞ!!!!! はははは、矢張りあの「るみ子の酒」にやられ
ましたか。聞くところによると、あの酒は開封する時はかなり力強く栓を抑えて開けねばならないようですからな、美味ですけど
ある意味厄介なお酒ですぞ。

あと、「にんにく卵黄」贈って下さった事、及び陳泰殿に贈り物を贈って下さり、ありがとうございます。お蔭で助かりましたぞ。
にんにく卵黄は一日一粒必ず服用しておりますゆえ、最近、身体の調子が良いですぞ。

おおっ、何と陳泰殿に此処に訪れるように返事も送ってくれるとは、願っても無い事。是非、来ていただきたいものですな。

感謝の気持ちとして貴公にこれを贈りますゆえ、どうかお受け取り下され!!!!! つ【加哩鶏丁(鶏肉カレー味さいころ炒め)】

>114
ほう、倭国の番組で斯様な事が行われているのか。まあ、あの二人なら弓矢の腕前は確かゆえ、簡単に射止めるであろうな。
あと、私の親友である儁乂(張郃の字)も馬上から弓矢を放ち、百歩先の的を射る事が出来ると評判であるぞ。

因みに、私も実をいうと、一時期弓兵を率いていた事があるのだが……。

これを贈ろう。つ【肉まん、あんまん、大和茶、抹茶あん中月餅】【栗良平『一杯のかけそば』】

125 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/04(木) 00:41:25
>115-117
頼みますぞ呂布殿。貴公の群雄伝、楽しみにしていますぞ。あと、その「風の噂」というのが気になりますな。
一体どういう事なのか、教えていただけませぬか?

>118
おおっ、これは忝い!!!!! ……って、ちょっと!!!!! そんなに大きな鍋を振るって大丈夫なのか!!?

(ドドドドドドド―――――!!!!!!)

ああ……、やっぱり!!!!! おい、早く炒飯に埋まっている男を助け出して華佗殿を呼ぶのだ!!!!! 
早くせねば火傷は免れぬぞ!!!!!

>121
これは……、呂布殿宛ての質問だが、私も答えよう。

むっ、董卓よりも性質が悪い男だと!? それは一体誰だ?

(覗いて見て)!!? 何と、スカリエッティだったのか!!!!! あれ? しかし彼は捕まっているようだな。まあ、こうなっては
最早以前の様に此処に攻め込む事はなさそうだ。

ただ……、群雄伝で他の世界の者を引き込むのもまた越境を呼び込む原因となり、禁忌ゆえ、控えてもらいたく思うぞ。
まあ、来てくれたからこれを贈るが……。

つ【肉まん、あんまん、宇治茶、芒果布丁(マンゴープリン)】【山本周五郎『赤ひげ診療譚』】

>122
おお、群雄伝には矢張り敵軍のみの「いべんと」もまた必要であるからな、感謝致す!!!

ふむ、なかなか禰衡の性格が出ていて面白いではないか。

これを贈っておくぞ!!!!!
つ【肉まん、あんまん、大和茶、芝麻礼餅(バター五目ナッツパイ)】【泉鏡花『歌行灯』】

126 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/04(木) 00:43:12
>123
まあ、お主が此処を守る為にこう発言しているのは分かるが、それは少しきつくないか?

何? 「こういう輩には此処まで言わないといかんのです!!!」とな? まあ、気持ちは分かるが、矢張り斯様な発言は却って
反発を招く恐れがあるからな、お主も自重して頂きたく思う。

あと、これを贈るぞ。
つ【肉まん、あんまん、宇治茶、黒麻明酥(黒胡麻とピーナッツを飴で固めた菓子)】【森鷗外『うたかたの記』】

127 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/04(木) 00:44:03
さて、今日は此処までかな? では最後に群雄伝を公表するぞ!!!!!

なりきり群雄伝第2章 (3) (一定時間)

淳于瓊 「まさか赴任早々に斯様な事が起こるとは、予想もしなかったな。どうしたものか……。」

張郃(袁紹軍) 「どうした仲簡、いつも気丈なお主が弱気など、似合わぬぞ。」

淳于瓊 「しゅ、儁乂!!? どうしてお主が此処に!? お主は殿と共に用事で幽州にいたはずではないのか?」

張郃(袁紹軍) 「殿から危機に瀕しているお主を救う様にと言われてな、こうして急遽、救援に馳せ参じたのだ。何、この
張儁乂がきたからにはこの砦は死守するからな、安心してくれ。賊共!!! この張儁乂の目が黒いうちは、この砦には一歩
たりとも入れはせぬぞ!!!!!」

淳于瓊 「儁乂、お主という男は……。よし、此方も負けてはおれぬわ。皆の者、踏ん張れ!!! 踏ん張れば勝機は我々に
あるぞ!!!!!」

(味方の士気が3上昇する)

う〜む、親友の儁乂を出したものの、今一抽象的だな。精進せねばなるまい。

さて、皆の衆。秋は深まり、いよいよ本格的に涼しくなろうとしているが、くれぐれも油断して体調を崩さぬよう、気を付けるのだぞ。

では親愛なる皆の衆、さらばだ!!!

128 :袁術 ◆ZBg5JS5l7. :2007/10/04(木) 09:51:33
ヒヒヒ・・
皇帝のワシを呼んだか?

レスが欲しくばハチミツを持ってくるがよい
これは「勅命」である・・・ヒヒヒ・・・
ワシは皇帝、皇帝なのだ・・・

129 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/10/05(金) 03:07:30
2代目「飛将軍」・呂奉先、只今参上だ!!!!! 今日は農業の現況を調べるべく、つい今し方まで徐州各地を廻り、帰宅の途次に
ついていたのだが、急に大雨に降られたわ!!!!! 幸いにも以前貰った大きな葉っぱの傘(前スレの>103を参照)があったゆえ、
余り濡れずに済んだのだが、な。

まあ、激しい雨というのは長期的に降らない事が多い故、明日になればカラッと晴れているであろう。

さて、我輩の独り言は此処までにしておいて、と……。うむ、今日も来ておるな。よし、では皆の期待を背負い、いざ出陣だ!!!!!

>118
うおっ!!? そんなに大きな鍋を振るって、大丈夫なのか!?

(ドドドドドドドド―――――――!!!!!) うおおおおおっ!!!!! やはりこうなったか!!!!!
おい、皆の者!!! 早く料理人を助けてやるのだ!!!!! 窒息しかねぬぞ!!!!!

全く……、皆の為に料理の腕を振るってくれるのはありがたいが、己の限度を知ってからやってもらいたかったな。斯様な大鍋を
振るって料理を作るのは、流石の我輩でも無理だぞ。

>周瑜
なるほど。確かにあの男の計略は凄まじいものがあるからな、対抗するとすれば甄洛殿しかおらぬわ。
あと、その武将の社交場を覗いてみたが、なかなか面白そうなところではないか。しかも砦を建てたのが我輩とは……。

只、お返しにこの砦と陳泰の居る砦の住所を公表したものの、誰一人として反応を見せぬとはどういう事だ?
少しそこの所が気になるぞ。

130 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/10/05(金) 03:08:33
>121
何、董卓よりも性質が悪い男とは、どういう事だ? ほう、そこを覗いてみれば分かるだと? どれどれ……。

なっ!!!!! こやつか、以前、我輩達に刺客を送り込んだスカリエッティというのは!!!!! ……なるほど、確かに
性質が悪いな。

だが、群雄伝で異世界の人間を引き込むのは矢張り掟破りだからな……。まあ、正直言うと倒したいのは山々ではあるぞ。
それに、我輩の気持ちを察して提供してくれた事には感謝する。感謝はするのだけれども、斯様な行為は周りから大きな反発が
来るゆえ、控えてもらいたい。我輩からは以上だ。

>122
なるほど、敵軍のみの「いべんと」か。短文ながら禰衡の性格がよく出ておるな。

む? そう言えば前の章で、黄巾賊のみの「いべんと」が一つも出ていなかったな。味方のみの「いべんと」だけでは面白く
ないゆえ、ここは考えておかねばなるまい。

>123
まあまあ、我輩も忠告しておいたから、此処では斯様な暴言は控えてくれぬか?

>淳于瓊
おおっ淳于瓊!!! いつも御苦労だな。群雄伝の方、拝見させてもらったが、張郃を出してきたか。まあ、あの男なら親友である
お主と相性が良いからな、何とかなるような気がすると思ったぞ。

むっ……、前に呟いた件、矢張り聞きたいか?

まあ、小さな事であり、今に始まった事ではないのだが……。最近、この砦の住所が「リリカルなのは」とやらに関わる地に頻繁に
公表されているのだ。まあ偶然だとは思うのだが……、一応、何か心当たりがあるのか聞きたくてお主に尋ねようとしたのだが、何か
知ってるのか? まあ、知らないのであればそれで良いのだ。

済まぬ。邪魔したな、では。

131 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/10/05(金) 03:09:24
>袁術
おおっ、何と袁術では無いか!!! お主も来てくれるとは、感激だ!!!!!

むっ!? レスを返してほしければ蜂蜜を持って来い、だと? 此処では温厚かつ慎ましやかであったお主がどうして斯様な事を
申す? しかも薄気味悪い笑いを見せて……。

(ふ〜む……、まだ断定は出来ぬが、どうやらこの袁術は偽者らしいな。此処は様子を見るとしよう。)

しかし、来てくれた事には感謝致すゆえ、此処では誠心誠意を以て返してもらいたく思うぞ。


さて、今日はどうやら此処までのようだな。秋も本格的に中盤に差し掛かり、残暑はいよいよ消え去ろうとしているが、皆の者は
くれぐれも体調崩さぬよう、過ごすのだぞ!!!!!

では、さらばだ。フハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!! ノシ

132 :烈火の将:2007/10/06(土) 00:34:30
えーと…私の常駐している所に案内状が届いたので来てみたのだが…
……やはり私は場違いだろうか?

133 :以上、自作自演でした。:2007/10/06(土) 01:42:23
>132
あ、あの方はもしや・・・!
こうしてはおられぬ!淳于瓊殿に一刻も早くこのことを伝えねば!

134 :周瑜 ◆8xLu3o3MHU :2007/10/06(土) 20:49:54
皆様こんばんわ。
先日「なると金時」なる甘藷(サツマイモ)が大量に手に入ったので焼き芋にして皆様に差し上げたいと思います。
それと親戚より「温州蜜柑」も沢山いただきましたのでどうぞ。

つ【なると金時の焼き芋、温州蜜柑】

>121
これは・・・明らかにこちらとは別世界のお話ですね。
流石にこれを相手に戦うのは不自然が過ぎるというもの。

>122
こういうイベントも必要ですよね。妙案に感謝いたします。
効果は「禰衡の知力+3、士気+3」ぐらいでしょうか?

>123
まあ落ち着いてください。
幸い甘いものがここに沢山ありますのでお気を沈めていただければ。

>淳于瓊殿
加哩鶏丁(鶏肉カレー味さいころ炒め)美味しく頂戴いたしました。
張コウ殿を絡めたイベントとは、淳于瓊殿らしいですね。
私も伯符か妻を呼んでイベント作ろうかな?


135 :周瑜 ◆8xLu3o3MHU :2007/10/06(土) 21:04:14
>袁術殿
おお、これは袁術殿。ようこそお越し下さった。
それがし、孫伯符の義弟で周公謹と申します。以後お見知りおきを。
その節は伯符が大変お世話になったそうで。
ところで、蜂蜜をご所望ですか?丁度数日前に倭国の知人より珍しい蜂蜜をいただいたのでおすそ分けを。

つ【「幻の蜂蜜」千年蜜】

日本ミツバチから採取した、不純物が一切入っていない天然の蜂蜜だそうで、この1ビン(約2.5s)で倭国のお金にして2万円は下らないそうです。
蜂蜜にこだわりを持つ袁術殿にもきっとお気に召していただけるものと思います。

>呂布殿
あの砦(社交場の方)で反応があったようです。
曹皇后どのが様子見にいらっしゃるとか。ただカキコされるかどうか(名乗られるかどうか)は定かではありませんが。
それと群雄伝ですが、他に案が無ければ次は董卓軍ぐらいが妥当かな、とは思っております。

>132
おお!!あなたは!!!
陳泰殿の砦によくいらっしゃる「烈火の将」殿ではないですか!!
ようこそおいで下さいました!!

場違い?滅相も無い!歓迎いたしますぞ!!
それに貴殿は来られたタイミングが良いですね。丁度焼き芋を作っていたところなのですよ。
どうぞお召し上がりくだされ。温州蜜柑もありますぞ。
よろしければ陳泰殿にも「お土産」としてお持ちいただければ。

>133
ええ、早急にお願いいたします。
やはり来客には砦の主たる淳于瓊殿に会っていただくのがよろしかろう。

では今宵はこれにて。さて、芋をドンドン焼いていきましょうか・・・

136 :烈火の将:2007/10/06(土) 21:55:57
>135
一応無関係の作品の上に、武将でないということなので…
焼き芋……いいですね。頂きます。

137 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/06(土) 23:43:09
監軍将軍・淳于仲簡、推参!!!!! 今日は雲が見当たらぬ絶好の晴れ日、少々汗ばんでしまったが、我が軍の部下が戦術をメキメキと
上達しつつあるのを見ると嬉しくて暑さを忘れてしまったぞ!!!

さて、独り言はここまでにして、と……。おっ、今日も良く来ておるな。よし、皆の期待を背負い、淳于仲簡、いざ出陣だ!!!!!

>128
おおっ、これは袁太守!!!! ようこそ御出で下さいました!!!! なるほど、蜂蜜をくれ、と……。分かりました、
では此方をどうぞ。つ【天然たらし蜜(宴の森)】

椎葉の原生林から取れた蜂蜜で、倭国では約15,750円で売られているそうですぞ。

あと、皇帝を名乗るのは些か気になりますが、以前、袁太守はここでは「皇帝を名乗るのは控えているぞ」と申した筈ではなかったの
ですかな?

ともあれ、来てくれた事に感謝しておりますゆえ、此方もどうぞ。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、香港チリプラウンロール】【ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』】

>129-131
呂布殿、それは確かに妙でございますが、私としては単に、この砦に好意を持っている御方がもっと知ってもらおうと砦の住所を
公表しただけである、と思いますぞ。まあ、些か私も其処の所には気がかりに思っておりましたが、偶然である事と信じましょうぞ。

まあ、群雄伝の方は私としてはあれは失敗でしたな。会話の所々が抽象的であり、もう少し深く展開するべきでした。

138 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/06(土) 23:44:21
>133
むっ、どうしたというのだ!? そんなに慌てて。何? かなりの猛者らしき人物がやってきただと? ふむ、面白い。
もしその者が来たら、此方に御通しせよ。良いな?

あと、報告料としてこれを贈っておくので、受け取ってくれ。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、 豆乳布甸(豆乳プリン)】【チャールズ・ディケンズ『二都物語』】

>132、>136
むっ、誰だお主は!? (どうやら、守衛が報告した『猛者らしき人物』であるようだな。しかし、正体が女性とは……!!!)

ほう、「烈火の将」と申すのか。かなり強そうな名だが、正体が容姿端麗の女性というのがまた、一段と
驚かされたものだな。まあ、そう言うと呂布殿の娘君である呂玲綺(三国志大戦では『呂姫』の名で知られている。『呂玲綺』は
『三國志』、『三國無双』での名)殿や関銀屏殿、孫尚香殿、南蛮王・孟獲殿の奥方である祝融殿もまた、そうであるのだが……。

ともあれ、ようこそ我が砦へ。ところで、何の用があって此方へ参られたのですかな?

何と、何者かにここの砦を紹介されたから参上した、と? なるほど……。 

(どうやら呂布殿が言っていた、砦の住所を公表する者の仕業のようだな……。)

まあ、記念としてこれを贈りますゆえ、どうかお受け取り下され。どうぞ。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、豆沙夾餅(西瓜の種入り中華黒餡をしっとりとした皮で挟んだお菓子)】【吉川英治『宮本武蔵』】

あと最後に、貴公の名で些か気になったのですが、是非宜しければ、特技は何か御教え頂けませぬかな?
まあ、無理であるのならば、それはそれで宜しいのですが……。

139 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/06(土) 23:45:36
>134-135
おお、周瑜殿。加哩鶏丁(鶏肉カレー味さいころ炒め)をお気に召しましたか。斯様に喜んで頂き、此方も嬉しく思いますぞ。あと
そうですな、今回の群雄伝は……、私としては抽象的な色が強かったゆえ、自分としては余り上手く書けなかったと思いますぞ。
次回はしっかりとした「いべんと」を作成しますゆえ、お待ち下され。

ほほう、親友の孫策殿か奥方の小喬殿を「いべんと」に登場させる、と……。それは良いですな、是非私としては見てみたく思いますぞ。
あと、焼き芋と温州蜜柑、贈って下さり、感謝致しますぞ。

さて、今日は此処までかな? 来てくれた方々、本当にありがとう!!!!! では最後に、群雄伝を2つ公表するぞ!!!!!


なりきり群雄伝第2章 (6) (甄洛が計略発動)

甄洛 「皆、斯様な敵の謀略に陥り、己を見失ってはいけませぬ。心をしかと持ち、己を信じ、ただひたすらに前進するのです!!」

(士気が4増加)

140 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/06(土) 23:46:43
なりきり群雄伝第2章 (7) (淳于瓊と袁術が接触)

袁術(攻城兵の方。但し、顔は『Koei』の初代『三國志』バージョン) 「淳于瓊よ、私も援軍に参った!!! 是非何なりと
申してくれ!!!」

淳于瓊 「おお、袁太守!!! 遙々応援に参上して下さり、誠感謝致しますぞ!!! しかし南陽の方は太守が不在となった事に
より、手薄になると思いますが、大丈夫なのですか?」

袁術 「何、心配するでない。向こうには紀霊、張勲、雷薄に陳蘭、そして楊弘や閻象といった、私の頼れる部下がいるからな、滅多
な事が無い限り、南陽は陥落せぬよ。お主は私の事を心配するより、今、自分がどういった状況に置かれているのかを考え、防衛に
励みなさい。」

淳于瓊 「おおっ、斯様に申して下さるとは……。この淳于仲簡、太守の気持ちを無駄にせぬよう、この砦を死守致します!!!」

袁術 「うむ、その意気だ!!!」(士気が3上昇、淳于瓊、袁術の武力が4上昇)


まあ、自分としては前よりかは巧く書けたと思うが……、まだ至らぬ点があったら是非御意見の程、述べて頂きたく思う。

あと最後に一言。皆は移りゆく季節に翻弄されぬよう、健康に気を付けて一日一日を過ごしてくれ!!!!!
では親愛なる皆の衆、さらばだ!!!

141 :以上、自作自演でした。:2007/10/07(日) 02:05:47
淳于将軍!! 向こうの地(http://game11.2ch.net/test/read.cgi/arc/1188137562/521-)では
此処の事を馬鹿にしておりますぞ!!!!! 如何なさいますか!!?

142 :以上、自作自演でした。:2007/10/07(日) 02:12:05
>>141
と言うか、向こうでは既に淳于瓊殿が怒鳴り込みに来ていたそうだぞ。

まあ、俺もあんな侮辱発言する奴らの気心なんざ知れんがな。

143 :以上、自作自演でした。:2007/10/07(日) 18:19:46

          ;‐'''"~~"'''‐-
         r        .ヾ
        |  i'`il`ヘlヽ|1ヽ|
         |  lヽ\===// |
        .|∩||「 ̄;|=「 ̄|
        |ヽ|| ヽ- 、.」ヽ-
        .| ∧ / ─一 .l      お前のドリルで天を突け
     _/ |\\,_,_,_,_,_,.! ヽ_
 ,,..-‐'''": | ::|  .\ / /::|:: "'''‐-


144 :以上、自作自演でした。:2007/10/07(日) 18:21:47
ごめん誤爆したw

145 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/10/07(日) 21:45:36
今晩は、皆様ご機嫌いかがですか?

あまりにも長くに此方へとお邪魔する事叶わず、今更に姿を晒す醜は承知しておりますれど
如何にても皆様への思い断ち切れず、重ねて恥を晒しに参りました。
この後に及びまして此処に至れぬ理由を並べ立てるは不実ゆえ、ただ頭を下げるのみにございます。

もしも赦されるのでありましたら、改めて皆様と言を交わすべくに在りたいと願いますが……
今において詫びも無くに泰然と居れぬ心持ゆえ、今は只管に地に伏すのみとさせて頂きます。

本来なれば御赦しを戴けるまで厚顔にも言葉を発するに相応しからざるとは思います。
されど、差し出がましきを知りつつも敢えて、一言申し上げさせて下さいませ。

>141
人は全てが似たりとも非なるものにて、如何とも受け入れ難き事もございましょう。
好まぬを受け入れるも寛容、そして好まぬを非難する事を受け入れるもまた寛容にございます。
異なるものを拒むのもまた人の心持にございます故、どうか然様に心に棘を生ませられませぬ様お願い致します。
何れ天命が定められておりますれば認め合う事もございましょう。怒ってはなりません。

146 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/08(月) 00:00:47
監軍将軍・淳于仲簡、推参!!!!! 今日は少し体調が悪かった為、一日中家で休養を取ったぞ!!! そのお蔭か、今は十分に
回復し、また明日から頑張る所存だ!!!!!

おっと、今日も来ておるな。よし、皆の期待を背負い、淳于仲簡、いざ出陣だ!!!!!

>141
ああ、知ってるぞ。折角、献帝陛下、曹皇后両陛下が案内して下さったものを鼻で笑って黙殺したのだからな。あの態度には
本当にカチンと来るぞ。まあ、こんな憤りが籠った事を発言しても、伝わらぬのかも知れぬが……。

これを贈るぞ。つ【肉まん、あんまん、大和茶、チャーシューパイ】【子母沢寛『父子鷹』】

>142
まあ、私とした事が熱くなってしまったな。それは私がまだまだ修行が足りぬという事をも意味しているのだが……。
ともあれ、済まぬな。御心配をかけて。

これを贈るぞ。つ【肉まん、あんまん、大和茶、マンゴーあんまん】【大江健三郎『新しい人よ眼ざめよ』】

>143-144
「お前のドリルで天を突け」、と……? 其れはこの地を侮辱され、憤っている私に対して言っているのか? ふむ、意味としては
「怒髪天を突け!!」と申しているそうだが……。私はもう怒ってはおらぬゆえ、大丈夫だ。お主にも御心配かけてしまったな。

む、誤爆であったのか? いやいや、私は気にしておらぬよ、はははは。

これを贈ろう。つ【肉まん、あんまん、大和茶、花生酥(ピーナッツケーキ)】【江戸川乱歩『黄金仮面』】

147 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/08(月) 00:02:55
>145
おおおおっ、甄洛様!!!!!! よくぞ戻って下さいました。あれから2月の間、何事も無くこの砦は進行いたしましたが……、
矢張り、貴方が居らねば何処か淋しかったですぞ。

一体、何故あの時無言のまま去られてしまったのか、非常に知りたく存じます。ですが、貴女には貴女なりの事情がおありであった
そうなので、此処は別に申さなくても構いませぬぞ。

ともあれ、今はこうして無事、貴女が此処に戻って来られた事についての喜びに満ち溢れております。記念としてこれを御贈り
致しますゆえ、受け取って頂きたく存じます。どうぞ。

つつ【京都産・朝掘り竹の子、賀茂茄子、洛南松茸、千枚漬】

あと、勝手で申し訳ございませぬが、短文ながら群雄伝第2章に貴女を入れておきました。是非、御拝見の程御願い致します。

148 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/08(月) 00:34:31
……勝手ながら失礼致す。

淳于瓊殿、お初にお目にかかる。私の名は陳泰、字は玄伯と申し、魏の雍州刺史及び尚書左僕射(皇帝側近の秘書官の一つ)を
務めている者である。

私が今、統治している所と似ていると此処の砦にいる周瑜殿から聞き、参上したのであるが……、
なかなかの盛況振りであるな。非常に羨ましく思うぞ。

まあ、此処まで登り詰める事が出来たというのは貴公の人徳の賜物、といったところなのかな?

私も貴公に負けぬよう、これからも頑張る所存ですぞ!!! ですから貴公も、御身体に気を付けてこれからも頑張って続けて
下され。

これを贈っておきますぞ。つ【雀鯛の昆布締め×この地に居る者全員分】

最後に、淳于瓊殿、周瑜殿、呂布殿、甄洛殿、太史慈殿に成公英殿。改めて申しますが、これからも頑張って下され!!!!!
では、さらば。

149 :烈火の将:2007/10/08(月) 00:58:37
>138
……こ、こんなに頂いて…いや、少し来ただけなのに申し訳ない。
(……戻ったら主にも…♪)
私の特技…?
……剣術を少々、とでも言ったところか。他には取り立てて目立つような特技はありません。

…遅れてしまって申し訳なく思う。
途中で親切な人に会ったが、その方に会わなければもう少し遅れていた。この場を借りて礼を言わせていただく。

150 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/08(月) 01:29:11
>148
おおおおっ、陳泰殿!!!!! 本当に来て下さり、光栄ですぞ!!!!!

何と、雀鯛の昆布締めですか!!!!! 鯛は歯応えが良く、美味ですが、こうして頂くのもまた、良いですな。分かりました、
ありがたく頂戴いたしますぞ。ええ、今日は情けない事に少々体調を崩してしまいましたが、今は休養をよく取ったゆえ、回復致し
ました。以後は貴公の申した通り、体調に気を付けながらもこれからもこの砦を進行いたしますので、貴公も御身体に気を付けて、
共に皆から好かれるような所として頑張りましょう!!!!!

では御返しとしてこれを贈っておきますゆえ、御受け取り下され。どうぞ!!!
つ【肉まん、あんまん、大和茶、菊花酥(パイ皮ナツメあん)】【下村湖人『次郎物語』】

あと、また暇が出来たらいつでも此処に遊びに来て下され、大歓迎致しますぞ!!!!!

>149
おおっ、烈火の将殿!!!!! よく来て下さいました!!!!! なるほど、この前のお礼を申しに参った、と。
分かりました。わざわざ済みませぬ、本当に。

なるほど、剣術ですか。確かに見たところ、剣を振るうのに適しているほど身体が引き締まっていますな。
まあ、此方も戦場で象鼻刀を振るっておりますゆえ、負けてはおりませぬが。

貴公も暇があれば、是非此処に遊びに来て下され。大歓迎致しますぞ!!!!!

151 :烈火の将:2007/10/08(月) 01:32:38
>150
お誘いありがとうございます。
では、今宵はこれで失礼致す。またの機会に会いましょう。

152 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/08(月) 01:51:33
>>150
そう言って頂けるとありがたい。機会があればまた参りますぞ。
あと沢山の贈り物を贈って頂き、感謝致しますぞ。

では、今宵はこれにて失礼致します、さらば。

153 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/08(月) 02:56:20
>150-151
御二方、そう申して頂けると此方としても非常に嬉しい限りですぞ。
分かりました、是非お越し下され。

さて、今日は此処までかな? 来てくれた方々、本当にありがとう!!!!!

では最後に、なりきり群雄伝を公表して締め括るとするぞ!!!!!


なりきり群雄伝第2章 (8) (皇甫嵩が計略発動)

皇甫嵩 「賊め、まだ暴れ足りぬというのか!!! この皇甫嵩が漢王朝の地を荒らした罪を償わせてくれる!!!」

(皇甫嵩の武力が4上昇する)

ハハハハ、まさかここでこの御方が出て来るとは思っていなかったであろう? まあ、短文ながらで申し訳ないが、皇甫嵩殿なら
こう言いかねないなと思って作成したのだよ。これを見て、「まだ何か足りないな」とか「此処はこうするべきでは?」と思ったら
遠慮なく申してくれぬか? お主達の意見を参考に、これからもこの「群雄伝」を続けていくからね。

そして最後に、毎度口酸っぱく申すが、皆は体調を崩さず、1日1日を大事に過ごしてもらいたい。さもなくば、今日の私の様に
なってしまうからな、気をつけるのだぞ。

では親愛なる皆の衆、さらばだ!!!

154 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/08(月) 02:58:46
おっと間違えた。「>150-151」ではなく、「>151-152」であったぞ。
私とした事が、何たる失敗!!!

では親愛なる皆の衆。今度こそ本当に、さらばだ!!!

155 :朶思大王 ◆1/CFRhxZCE :2007/10/08(月) 04:31:55
>>141-142
あの発言?
ここじゃなくて別の場所の話に決まってるでしょ
厨は断末魔じゃなくて神速号令の方よ

それから淳于瓊!
例のスレはコテ行動は嫌われるから覚えておきなさい!
それこそ厨呼ばわりされるわよ!

156 :以上、自作自演でした。:2007/10/09(火) 00:50:03
越境厨かい?

157 :以上、自作自演でした。:2007/10/09(火) 01:17:14
>156
とは違うようだ。別の事だろう。

158 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/10/10(水) 00:54:12
2代目「飛将軍」・呂奉先、只今参上だ!!!!! 今日からいよいよ秋口が深まり、肌寒くなってきたぞ!!! なので皆、
そろそろ衣替えをせねば、体調を崩しかねぬぞ。気を付けよ。

さて、我輩の独り言は此処までにしておいて、と……。うむ、今日も来ている様だな。よし、皆の期待を背負い、いざ出陣だ!!!!!

>133
むっ、どうした!? そんなに慌てふためいて? 何、「烈火の将」という騎士が来るだと? ふむ、名前からして相当の強者の
ようだな。面白い。来たらば、一度御手合わせ願いたいものだ。

>烈火の将
お主が烈火の将か!!!!! いざ、尋常に勝負!!!!! ……って、お主、女性であったのか!!? ううむ……、以前孫策の
名を語る女が居たが、斯様な者がまた現れるとは……。調子が狂うな。

む、案内状が届いたから来たとな? そうかそうか、ではゆっくりしていくが良いぞ。

ああ、申し遅れた。我が名は呂布、字は奉先だ。以後宜しくお願いいたす。

>周瑜
おおっ、そうか!!!!! 曹皇后が此処に様子を見に来ているのか。まあ、もし暇が出来たら此処で一服していくと良いと伝え
たいのだが……、彼女も忙しいみたいだからな。会う機会が少ないのかも知れぬ。まあでも、此処を見ている可能性があるから、一応
此処で呼びかけるとするぞ。

曹皇后、もしも暇が出来たら此処に遊びに来てくれぬか? 皆、歓迎致すぞ。

あと群雄伝だが、矢張り董卓が妥当か。もしそうならば、もう一人の我輩が出てきたら面白くなりそうだが、どうかな?

>淳于瓊
フハハハ、抽象的か。我輩としてはそうは見えなかったがな。

そうか、偶然か。まあ、現段階では此処は進行が緩やかだが、斯様な事をする者がいる程の人気もまたある、という事か。よし分かった。
ではこの件は偶然の産物として片付けるとするぞ。

159 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/10/10(水) 00:56:53
>141-142
何と、冷静な淳于瓊が向こうに怒鳴り込みに行くとは……。一方では此処を嫌う連中もまた存在するという訳か。
まあ、人にはそれぞれ好き嫌いというのがあるからな、我輩はそんな批評は聞き流すぞ。

>143-144
どういう訳だ、ドリルで天を突けというのは? よく分からぬ言葉は控えてもらうぞ。

>甄洛
うおおおおっ、甄洛殿!!!!! 戻って来たのか!!!!! ここ2ヶ月間、全く音沙汰が無かったが、一体何があったというのだ?
まあ、言いたくないのならば、それでも良し。ともあれ、本当によく戻って来てくれた!!!!! まあ、前みたいにとはいかずとも、
これからも此処に居てくれぬか? 頼む!!!!!

>淳于瓊A
まあ、怒ってはならぬ。怒れば向こうの思う壺であるからな、穏便に済ました方が良いぞ。

>陳泰
おおっ陳泰、よく来てくれた!!!!! どうだ、向こうの方は? 色々と非難を受けてはおらぬか? まあ、我輩も機会があれば、
お主の元に訪れるゆえ、待っていてくれ。

>朶思大王
おおっ、久しぶりだな!!!!! 何と、此処の批判ではなかったのか、なるほど。ではこの件はしかと淳于瓊に伝えておくぞ。

まあ、今回の件は彼の早とちりゆえ、見逃してはくれまいか? 頼む。

あと因みに、お主、識別符(トリップ)が付いているそうだが、これは此処で皆の質問に答えるという事かな? もしそうならば
大歓迎だ、共に頑張ろうではないか!!!!!

>156-157
いやいや、言い方が悪くて彼に怒られるかも知れぬが、越境ではなく恐らくは場の空気を読めぬ者として映りかねないのでは
なかろうか? まあ、その点は我輩も時としてあるゆえ、言える立場では無いのだが……。

160 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/10/10(水) 01:00:11
さて、今日は此処までかな? では最後は久しぶりに群雄伝を発表するぞ!!!!!

なりきり群雄伝 第2章 (淳于瓊が一番乗り) (淳于瓊、陳宮、呂布《西涼SRの方》)

淳于瓊 「よし、敵は算を乱し始めたぞ!!! これを機に一気に勝負を決めるのだ!!!」
(おおおおおおお―――――っ!!!!! ←兵の歓声)

陳宮 「何と、これが漢王朝を守らんとする男の意地か!!! なんとも猛々しく、頼もしき事よ……。」

呂布《西涼SR》 「どうだ? これがその淳于瓊という男の力だ。あ奴無しでは、この砦は持たぬからな。」

陳宮 「呂布殿が淳于瓊殿に何故、斯様に好意を持つのかがよく分かりましたぞ。よし、こうなれば彼の支援をせねば
なりませぬな!!!」

呂布《西涼SR》 「ああ。我輩は我輩なりに敵を退かせるゆえ、陳宮は淳于瓊を支えてやってくれ。」

陳宮 「はっ!!!」(士気が3上昇、呂布、淳于瓊の武力が3上昇、陳宮の知力が3上昇)


さて、こんなものかな? また思いついたら公表するゆえ、待っていてくれ。
最後に、皆。何度も言っているが、体調を崩さずに過ごすのだぞ!!!!!

では、さらばだ。フハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!! ノシ

161 :以上、自作自演でした。:2007/10/10(水) 18:13:25
春秋戦国時代、斉の威王に仕え、諸侯との外交策で多く手柄を立てた
淳于髠という人物がおりますが、私はこの人は淳于将軍の祖先ではない
だろうか、と時々思うのですが、どうでしょうか?

162 :以上、自作自演でした。:2007/10/10(水) 22:33:05
(伏兵で偵察中)
ふ〜む・・・魏軍の砦まで来たはいいが人の気配がないな。
おっと、これ以上ここにいるのは危険だ。すぐに戻らなければ。

163 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/10/11(木) 00:13:09
今晩は、皆様ご機嫌いかがですか?

さても長く不在で居りました故、皆様の御言葉は戴いて時を経た物も多うございます。
されど遅れ出たるに延と語るもまた御迷惑と思います故、
この砦の始めより参りますが、旧き御言葉、乃至今にあって答えるのが難しき問いには
お答え出来ませぬ事を御赦し下さいませ。

>46
貴方様は淳于将軍と共に戦っておいでの君主様なのですね。
その節目にありましては私が舞いを忘れました如く、様々な将の皆様が変貌を遂げられるやもしれません。
されど、私も淳于将軍には今の如く、高き士気を力として敵を撃つ強さを携えて頂きたく思います。

>47
今期にても義父上様が正に王者の風格を携えて御出ででございましたし、
義叔父様の下で政務を司る御方等もいらっしゃいましたね。
また新たな御方々に御目にかかれますのが楽しみではありますが、
反面、旦那様の如くに新たな力を頂けぬ侭となります御方がいらっしゃる事を思えば複雑な心持もございます。

>50
全ての物事には区切りがございますし、その節目を司るのは一つの喜びではございますね。
されど、他の御方と連なりまして毒を放たれれば兵が損なわれてしまいます故、浄めさせていただきます。

>53
何とも不思議な御言葉にございますね……しかも「勘」で戦略を図るとは正に軍師に求められる業にございましょう。
あまりに困難な道なれば、敵軍も恐らくは一騎当千の強者ばかりと想定致します。
故に戦場に広く散っては個別に撃破されてしまいます故、まずは兵を寄せ散らばらぬのが上策と思います。
また、斯様な場合には素早く移動し敵を撹乱するもまた有効と存じます。
武にのみ逸り、知に長けぬ将の足元を掬い、素早く兵を展開させて本陣を狙うのが宜しいかも知れません。

164 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/10/11(木) 00:36:05
>54
常ながらの任、真に有難うございます。貴方様のような一人一人の働きにおいて世の和は保たれると思っております。
そしてその所作におきましては日頃より心がけるべしとは仰せられておりましたものの、
この砦にて語るはおこがましきかと言い出せずにございました。
貴重な進言をして戴けました事、この洛、心より御礼を申し上げたく思います。

>60
人の上に立つ者が己が土台を侮るが如くの心根ではその治世は悪しき物となりますは明白でございましょう。
されど、私を含め斯様な立場に在る者は往々にして自らの地位を天賦の其と思い違え驕る事も考えられます。
けして然様な卑しき思いにとらわれぬ様、心せねばなりませんね。

>61
人は年を経て育ち、また年を経て衰えるものにございます。
されど、一つの道に幕を引くは非常に侘しく、また御本人も内心に寂寞とした思いを抱えておいででしょう。
愛すればこそ、それまでの功績を称え、笑顔で送るのが宜しいかと思います。哀しみはその場には似合いませぬ。

>64
史は一人のみで紡ぐに非ず、それを心に望む全ての人に拠って為されるべきと思います。
是非にも御言葉を紡いで頂き、皆様で思案すればきっと素晴らしい形となりましょうね。

>65
今更にございますが、仰られます通り昨今は戦に同行させて頂く事が多うございます。
何でも、城を攻める手を塞ぎ己が城を堅く守る策が其処彼処にて用いられておりますようで、
皆様のお力と為れます事は純粋に嬉しく思いますが、矢張り、戦は哀しい物でもございます。
……人が皆笑い合い過ごせる世の為に戦わねばならぬのは、承知してはおりますけれども。

>76
既に他の皆様がかの大軍師様については語っておられます故、私が重ねて申し上げる事はございませんでしょうが・・・・・・
されど零れ話が如く、一つだけ語らせていただきます。
渭水にて文王と見える際、かの姜太公は釣りをしていたとは有名なる話にございますが、
その手にした竿に掛かる針は曲がって居らず、またその先は水に浸かっておらず、との謂われもあるそうです。
彼は魚を釣るを望まず、王才の来るを只待っていた……とも。

165 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/10/11(木) 00:53:47
>77
これは此方にいらっしゃる淳于将軍の解説、という事でございましょうか。
何とも的確な評と拝見致します。
その計略の効果を増す為に、私も微力ながらに御力添えが出来ればと願っておりますし、
皆様も等しく望まれて此方へ御出でになっていらっしゃると思います。

>78
今の淳于将軍の肖像を描いていらっしゃる御方にございますね。
何と申しましょうか、人の「情」「念」なる物を如実に刻む美しき筆の辿りと拝見しております。
正に将軍の御姿を表すに最たると思わしき御方と存じます。

>79
人は過ちを犯す物であり、またそれを正す事に非常なる精神の力を要する物にございます。
誰しも己が所業を顧みて善しと為らねば、逃避を以って心を安んじ過ちを認め正す事を疎かにする事もありましょう。
故に淳于将軍はお強く在らせられますし、また民の皆様に慕われて御出でなのだと思います。

>80
この砦に在っての御姿を拝見するに、斯様に強くあっても宜しいかとも思われますが、
あまりに突出しましては如何とも戦とならぬ事がありましょう。
されど思い願うは人の心に許されし事でございます故、願う事くらいはしたくもございますね。


未だに不在の責を負えず、務めを果たせぬ身ではございますが
長々と語るもまた御迷惑となります故、今宵は此処迄とさせて頂きたく思います。
淳于将軍、呂将軍、周将軍、太史将軍、他全ての皆様にも必ずと説明の責を果たします故、
今暫く猶予を戴ければ幸いにございます。

皆様にも良い事がありますように。

166 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/11(木) 01:20:53
監軍将軍・淳于仲簡、推参!!!!! 今日は夕方なりかけに任務を終え、城壁に上って夕陽を見たが、秋の夕陽と言うのは綺麗な
ものだな。街や村、河が黄金色に輝いていたぞ。斯様な景色をいつまでも見ておきたいと思ったな、本当に。

さて、今日はどうかな……? おっと、沢山来ておるな。よし、皆の期待や希望を乗せ、淳于仲簡、いざ出陣だ!!!!!

>155
おおっ、朶思大王殿!!!!! よくぞ来てくれました!!!!! む、なるほど。あの時の発言はここの事ではない、と……。
分かりました。いやいや、私は一度失敗すれば、二度と厨呼ばわりされるようなことはしませぬよ。忠告には感謝いたしますが、
心得ましたから、御安心下され。

では、改めてこれを贈りましょう。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、神戸南京町『朋栄』の小龍包】【アーネスト・ヘミングウェイ『誰がために鐘は鳴る』】

>156-157
いやいや、私は越境はしないと誓っている。恐らく朶思大王殿は、「向こうの趣旨を読めぬならず者と見なされるぞ」と云う事を
警告しているのだろう。

来てくれたゆえ、御二方にはこれを贈ろう。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、栗大福】【水上勉『飢餓海峡』】
つ【肉まん、あんまん、大和茶、八宝粥】【村上龍『コインロッカー・ベイビーズ』】

167 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/11(木) 01:23:22
>158-160
うむ、その通りですな呂布殿。斯様な事で一々気にして怒鳴り込んでは、却って此処の評判が大いに落ちるというもの。これからは
何を言われようとも、笑って聞き流す様に致しますぞ。

あと、他所での「住所公表」の件ですが、そうですぞ。偶然と思って済ませば、皆も気にしてくれませぬ。これこそいつまでも気に
していたら皆は此処を怪しまれてしまいますからな。

最後に、群雄伝で私を攻城一番乗りで出していただき、ありがとうございます。しかし、何だか恥ずかしいですな、私が一番乗り
して皆の士気を上げるとは……。それほど私には人徳を積んでおりませぬゆえ、この大役は余り似合いませぬぞ。寧ろこれは劉備に
決めさせたら相応しく思います。

ともあれ、斯様に私を出して頂いた事は光栄の極みゆえ、改めて感謝致しますぞ。

>161
うむ、私の時代から逆算すると今から約600年前の人物であろう? 彼は確か斉の威王に仕え、身の丈は6尺5寸(中国の尺貫法で
約150cm)にも満たぬ小柄な体躯ながら、多弁で、どの様な難問でもスラスラと解く事が出来る知識を備え、その知識を生かして
幾度も斉を存亡の危機から救い、かつ幾度も外交で功を成したと聞く。

まあ、私が彼の末裔であるのかどうかは調べたくても資料が無いから分からぬよ。だが、自分としては姓が同じ「淳于」であるからな、
そうでありたいと思っておるぞ。

興味深い事を教えていただき、感謝致す。これを贈ろう。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、紅薯椰子(紅芋の団子をココナッツで塗(まぶ)した菓子)】【劉向『戦国策』】

168 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/11(木) 01:24:27
>162
(戻ってきた偵察兵を見かけ)おおっ、成伯(>162の名前)!!! どうだった、魏軍に動きはあったのか?

(偵察兵・成伯 「はっ。今のところ全く動向は見られず、ひっそりと静まり返っております。」)

そうか。まあ、ここで奇襲を仕掛けるのは一つの手かも知れぬが、返り討ちに逢って逆にやられる事もあるからな……。よし、此処は
向こうに動きが見えるまで様子を見るとするか。

成伯、御苦労であった。労いとしてこれを贈る。受け取ってくれぬか?
つ【肉まん、あんまん、大和茶、こーこーぐぁ(沖縄の揚げ菓子)】【大佛次郎『鞍馬天狗』】

>165
おおおおっ、甄洛様!!!!! 何と休まれていた分、溜まった応答に応えようとは……。この淳于仲簡、貴女の何者にも敵わぬ
健気さに感動いたしましたぞ!!!!! ですが、応答というのは逃げませぬゆえ、無理を押して返さず、少しずつ少しずつ返して
下され。改めて貴女がこの地に完全に帰ってきて下さった事に感激致しました。

あと、この前、我が袁紹軍が全国大会で天下統一した時の風刺画が掲載されておりますゆえ、一度御覧下され。

つつ【http://kyochoko.blog70.fc2.com/blog-entry-412.html#commentt

そしてこれを機に、改めて天下統一を果たされた事を祝福致します。おめでとうございます!!!!!

さて、今日は此処までかな? 来てくれた方々、本当にありがとう!!!!! 今日は群雄伝は休載するが、また近々発表するゆえ、
待っていて頂きたい!!!!!

最後に皆の者、体調を崩さず、1日1日大事に過ごすのだぞ!!!!!
では親愛なる皆の衆、さらばだ!!!

169 :以上、自作自演でした。:2007/10/12(金) 22:19:27
突然で失礼致します!!!

淳于将軍、今、倭国では300年もの歴史を持つ、伝統の銘菓である
「赤福もち」が製造日改竄(かいざん)で叩かれておりますぞ!!!

ああ、紹介が遅れましたな。私は以前からこの砦を拝見させていただいて
いる者です。

いつも来訪者に肉まんやあんまん、書籍、そして倭国や中国の銘菓を贈っている
淳于将軍ですが、そういや以前、淳于将軍がとある来訪者にその「赤福もち」を
贈ったそうですが、もしやそれは……?

いやいや、違っていたらすみません。では、私からは以上です。
これからも頑張ってくださいね、さようなら。

170 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/10/12(金) 22:31:08
今晩は、皆様ご機嫌いかがですか?

今宵も風冷たき折にございますので、どうぞ重々に御自愛下さいませね。

未だに数多の皆様の御言葉を頂いて居ります身故、
本日も全てとは能わぬまでも御返事をさせて頂きたく思います。

>89
真、以前の地は数を満たす前にそれ以上言葉を収める事が叶わずにあったと拝見しております。
この場におきましてそれが成りましたらば非常に喜ばしき事でございましょう。
叶わずとも、民の皆様と交わした言葉に貴賎が有る訳ではございませんけれども。

>90
月は巡りの度に必ず一度天空に鮮やかに輝きますのに、何故にかの時の鮮やかさは稀たる物なのでしょう。
人の目にも等しく変わり無きとありますのに、如何にも不思議な物と思います。
甘味は人の心を和ませ、強張る意識を和らげる物にございますから、
淳于将軍が皆様へと甘味を差し出されますのは然様な御心があっての事やもしれません。

>91
人の言葉は心を抉る刃となり、また傷つきし心を癒す妙薬とも為り得るものにございます。
意識せずと人を癒す言葉を紡げる御方は心の根に愛を携えし優しき御方と思います。
そしてそれを語れる貴方様も、また等しく優しき御方に相違無きとも思います。

>92-93
太史将軍にも長らくに御目にかかれず、大変に失礼をば致しました。
如何とも、疲れにて目を伏せてしまう程に日々の激務にお疲れの様子とお見受け致します。
昼夜に厳しき時にございます故、御無理をなさいませぬ様にお願い致します。

171 :以上、自作自演でした。:2007/10/12(金) 22:35:45
ひょっとしてこれか?

203 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/07/31(火) 00:02:41
>>183
むむっ……、これは何かの文章であるな。内容的に見ると、生命の神秘や淘汰、そして輪廻転生を表しているみたいだが……。
読む内に何とも不思議な気持ちになる文章だな。

だが、真の自分が何者なのか、其れを決めるのは自分自身にある。役職や身分は他人が決める事があれど、「個」の存在としての
「自分」は他人には決められぬ。これは天地開闢の頃からの掟だ。何があったのかは知らぬが、人生は楽しく生きよ。然すれば、
どんなに重い悩みでも何処へ飛んでしまうぞ。

これを贈ろう。 つ【肉まん、あんまん、宇治茶、三ッ森の炭酸煎餅】【荒俣宏『帝都物語異録』】

>>184>>195
むっ、どうしたお主? 何と、この>>183の文章は別の地では西洋の言語で公表されていただと? 其れで解釈に困っている上、
別の者に解釈をされたがゆえに、ここで嘆きを入れたというのか。なるほど、それは気の毒だな。

まあ、その後キッチリと謝罪してくれたうえ、此方としてもお主の無念さは良くわかるからな、今回の件は不問にする。

あと、これを贈るゆえ、気を持ち直しなされ。 つ【肉まん、あんまん、宇治茶、赤福餅】【井伏鱒二『わびすけ』】

>>186
仮面を被った武将だと? う〜む……、仮面を被った武将のう……。知っている限り、そういう者は何人か居るのは知って
いるのだがのう……。何? 「命を狙われているのには、慣れているのでな」と言って魏の領土に入っていっただと!?

なるほど。それは若しや、夏侯淵の息子であり、夏侯月姫の従兄弟でもある夏侯覇かも知れぬな。
まあ、彼なら武勇は人並み外れて優れているゆえ、また蜀に戻って来るであろう。故に心配の必要は無用だ。

これを贈るぞ。 つ【肉まん、あんまん、大和茶、バッテラ】【大岡昇平『ゴルフ酒旅』】

(『【三国志大戦】武将の質疑応答【第二期】』より抜粋)

172 :171:2007/10/12(金) 22:37:54
何と、甄洛様が来ていてのか。これは失礼した。

ああ、俺の発言は>>169に対しての発言なのであしからず。
では、失礼。

173 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/10/12(金) 22:54:35
>103
築いた城も守り薄ければ敵の手に落ち奪われ、栄えし街も衛士の居らねば賊の蓄えと成り果てます。
一人一人は微力なれども、共に助け合い手を取りますれば守りは堅く地は喜びに満ちましょう。
その一と為って下さいました事を心より感謝致します。

>104
淳于将軍は時折にその頂上対決の方へと御姿をお見せになりますが、
仰られます日の御活躍は非常な物にて、正に一騎当千とも思しき強さにて敵軍を薙ぎ倒して御出ででした。
以前よりも将軍の御強さを理解して下さる御方はいらっしゃいましたが、
斯様に大きく取り上げられますれば恐らくは将軍と戦に赴かんとされる方が増えると思います。

>105
貴方様は……劉豫州殿に長くお仕えの陳将軍であらせられますね。
常ながらに粛々と職務を果たされます様に信望も篤いと及び聞きます。
肉包は生憎と私は持ち合わせてございませぬが、御所望でしたら用立てさせます故暫し御待ち下さいませ。

>106
此方は潁川陳氏の司空殿の御子息が御出での砦でございますね。
直にかの御方の場へ赴き土足にて進みますは無礼にて、この場に伏してかの地の繁栄を天へと願うのみにございます。

>114
あーちぇりー、とは……西方におけます弓術の事でございますね。
私は弓を携えども得手と申し上げるには無力でございますが、勇名轟きます将の皆様は武の一として弓を取るもの故
恐らくは両将軍におかれましては見事に的を射抜かれる事と思います。

174 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/10/12(金) 23:26:03
>118
民の皆様の為に食事を振舞われるとは如何とも剛毅な……とは言え、如何とも大き過ぎる鍋は手に余るのでは?
と思いましたら矢張り。急ぎ、水で身を冷やし火傷の手当てをせねばなりませんね。
一時に片付けようとせず、段を踏んでおりましたらば斯様に怪我もせずに済みましたでしょうに……。

>119-120
周将軍も御多忙の中に斯様に御出で頂きますのは、私含め皆様の喜びとなる事とも思っております。
仰られました『群雄伝』の件につきましてですが、
かの禰衡氏は人の知を危うくさせ、一時なれど思慮を奪い取る策を御使いになるとの事。
私の携え居ります慰撫の術が少しでもお役に立てますれば此れ程に喜ばしき事はございません。

優れたる知恵も余りに尖りますれば驕りを呼び心を乱す。人の業とは切なき物と思わずに居られませぬ。

>122
『群雄伝』には自軍のみならず、敵軍にも各々に士気を高め、また力を増す出来事がありましょう。
恐らくはかの氏がその策を用い私共の知を貶めんとされますれば、敵軍は士気を高める事と思います。
然様な出来事もまた大事な物語の欠片にございます故、何かございましたら是非お知恵を下さいませ。

>128
義叔父様、御無沙汰しておりました。以前は如何とも良くして頂き感謝の念が尽きませぬ。
されど、貴方様の如くに漢を愛し帝を尊されていらっしゃる御方が勅命、とは。
お考えがあっての事とは思いますのと、言葉を申し上げる立場にございませぬけれども。
季の折に在ります百花蜜がございますので、宜しければお持ち下さいませ。

175 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/10/12(金) 23:40:17
>132
今晩は、お初に御目にかかります。陳将軍の砦に御出での御方だと御伺い致しました。
失礼ながらに御威名を拝聴する事叶わず、詳しきを知る身にはございませぬが
今後共に懇意にしていただければ嬉しく思います。宜しくお願い致します。

>142
人を侮るもまた人の心、人を褒めるもまた人の心にございます故、理解の及ばぬ事もございましょう。
哀しき事にございますが、全ての人と和を為すは天仙ならぬ身には果たせませんが、
如何とも相容れねば互いに触れずに在る、それが最良の策なのやも知れません。

>143-144
過ちはどのような人でも犯し得るものにございます。認めるは更に難しき事ともなりましょう。
正す御心がございますれば、酷くに咎められる事もございませぬ。どうぞ御心安くいらして下さいませ。

>147
淳于将軍には一方ならぬ御迷惑と御心労を御掛けしてしまい、大変申し訳ございません。
幾度重ねて詫びようとも詫び足りませんが、御赦しを頂けました事に只涙を以って謝意を示すのみにございます。
理由を延と述べませども、私が此方へ参らずにおりました事実のみが存する故に言葉を紡がずおりましたが
一言重ねて申しますれば己が身を正しく監督する事を怠っておりました、とのみ語らせていただきます。

『群雄伝』にてもこの洛の出づる場を頂きまして感謝しております。
馨しき秋の幸を戴きました故、明日にでも餉と仕立てて持たせていただきますね。
お口に合います物が作れます様、調理に励もうと思っております。

176 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/10/12(金) 23:51:38
>148
陳将軍、ようこそ御出で下さいました。秋の夜風の中に御出座し頂けた事、望外の喜びにございます。
砦を一つ督するは言葉では容易くとも、実際に為すは非常に困難も多き事にございましょうが
陳将軍なればきっとかの砦の栄えをいや増される事と信じております。
秋の夜風は身を蝕みます故、どうぞ御身をお厭い下さいませ。

>155
南蛮の智謀に長けられます御方が態々御出で下さいますとは。
お言葉にて民の皆様の惑いも解けました事と思います。本当に有難うございます。
仰られます通り、各々が砦にはその場にて守るべき法がございます故、赴きますればそれに従うは必然とも思います。

>159
呂将軍もお変わりなくいらっしゃいましたようで何よりにございます。長くの無沙汰、申し訳ございません。
またこうして将軍に御目にかかれました事、この洛、非常に喜ばしく心に幸いの満ちる思いにございます。
皆様と斯様に言葉を交わし、心を通わせる喜びに勝る事の世に少なきを思いますれば
この身の存します限りには少しでも長く、共に語り合えます事を望みます故、懇意の程をお願い致したく思います。


まだ僅か、民の皆様の御言葉が残ってございますが、少々長く語り過ぎてしまいました。
後に必ずお答えさせて頂きますので、もう暫しの時間を下さいませ。
それでは今宵はこの辺で失礼致します。皆様にも良い事がありますように。

177 :以上、自作自演でした。:2007/10/13(土) 22:14:04
諸将の方々、倭国で行われたWBCフライ級ボクシングで、亀田大毅に
勝利した内藤大助選手に対し、一言お願いします!!!!!

178 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/10/14(日) 01:18:38
2代目「飛将軍」・呂奉先、只今参上だ!!!!! 最早薄着だと体調崩しかねない所まで秋風が冷たくなって来たが、皆は如何
お過ごしかな? 我輩は相変わらず元気で過ごしているぞ。

ただ、部下の臧覇が風邪を引いてしまった事があり、心配でな。こうして皆に呼びかけているのだ。

さて、前置きは此処までにして、と……。おっ、来ておるな。よし、では皆の期待を背負い、いざ出陣だ!!!!!

>161
ふむ、知識が欠乏している我輩ではあるが、淳于髠については聞いた事はあるぞ。ただ、彼についての資料が余り無いゆえ、淳于瓊が
その淳于髠の末裔かどうかは分からぬ。せめて出身地だけでも分かれば……。まあもし、その淳于髠が潁川の出身なら、かなり可能性
としては高くなると思うぞ。

>162
(>162と共に偵察に出て)なるほど、確かに不気味だな。よし、一旦此処は退こう。

(>162 「将軍、貴方が此処にいると報告する意味が無いような気が……。」)

何っ、部下の気持ちになり、行動を共にするのが上の人間の役目であると思ったのだが、いかぬか?

>甄洛殿
おおっ、此処まで多く返答すると我輩も脱帽だ!!!!! 此方からは完全復活祝いとしてこれを贈っておくので、どうか御賞味あれ。
つつ【芋棒(海老芋と棒鱈を薄味で煮込んだ京都の郷土料理)】

しかし……、我輩も此処に初めて来た時、今思うとかなり返したと思ったが、斯様に聡明なお主と比べると、何と小さなものよ。
まだまだ修行が足りぬ事を自覚したぞ。ともあれ、これからも頑張ってくれ!!!!!

>淳于瓊
いやいや、今のお主だとその劉備に匹敵するほどの徳の持ち主だと思うぞ。だから我輩は皆に「こういった者が居るぞ」という事を
知らせるべく、斯様に群雄伝でお主を出したのだ。これは本当だ。

また、何か群雄伝の「いべんと」を思いついたらこれからも書くゆえ、楽しみに待っていてくれ。

179 :以上、自作自演でした。:2007/10/14(日) 01:45:08
呂将軍、いつもここに来る時、2代目「飛将軍」と自ら申されているそうですが、
初代「飛将軍」は一体誰なのですか?

180 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/10/14(日) 02:34:13
>169
何っ、斯様に伝統ある和菓子の店がそんな事をしたのか!!! それはいかんな。 

……しかし聞いたところによると、その「赤福もち」は売れ残りで、廃棄せずに冷凍保存し、解凍して再び包装して店頭に出したり
したそうだな。まあ、食べ物を無駄にしたくない気持ちは分からんでもないが……、賞味期限を偽って出したというのは確かに悪かったな。

只でさえ今の倭国では「牛肉のころっけ」や「白い恋人」、「偽の名古屋コーチン」等、あらゆる食品の問題で騒がれているというのに、
この一件で更に倭国の食品の信頼性の失墜に拍車をかけてしまったみたいだな。当分、その和菓子の店はその信頼を取り戻すのに時間を
費やすゆえ、品を出せないであろう。

これは食品のみならずだが、「信頼」というのは壊すのは容易だが、取り戻したり作ったりするのはかなり困難だ。今回、この和菓子の
店は自ら犯した違反によってその信頼をかなり破損させ、利益よりも信頼回復という任務に強いられる羽目になった。いつ、完全に立ち
直るのかは分からぬが、此方としては過去にこの和菓子を買った事があるゆえ、早く立ち直る事を願っているぞ(中の人談)。

……それと、淳于瓊がその「赤福もち」を贈っただと? まあ、彼は来てくれた者に対して、敬意を持って贈ったのみであるからな。
当然ながら悪意なぞあるまいて、其処のところを理解していただきたい。

>171-172
むむっ? それが>169が言っていた、淳于瓊が来訪者に「赤福もち」を贈呈した時の現場(?)か。確かに「赤福もち」が出ているな。
だからと言って、それが製造年月日を改竄したものである、と決め付ける事は出来ぬぞ。

181 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/10/14(日) 02:42:08
>177
ふむ、我輩は実際に見た事は無いが、高順がその時の一戦を見たらしくてな。内藤殿が勝ったと言う事を彼から知った時は「やった!!!」と
思ったぞ。何せ、あの亀田という拳闘士、どうも日頃から態度が悪かったそうではないか。しかも試合で不利になると、目潰しや投げ技
等の反則行為を幾度か繰り出していたそうで……。我輩としては斯様な者が我が軍にいたら思いっきり根性を叩き直している所だぞ、全く。
まあ、だからといって倭国にある何処ぞの相撲部屋の親方の様に、力士を死亡させる様な手荒い真似まではせぬがね。

ともあれ、前評判では獣の如き強さの亀田から勝ったのだ、我輩からは「よく頑張った、おめでとう」と祝福の言葉を内藤殿に贈って
おくぞ!!!!!

>179
ふむ。初代の「飛将軍」は文帝・景帝・そして最盛期を迎えさせた武帝の頃の漢王朝に仕えし猛将・李広の事だ。彼は若い頃から猛獣を
至近距離で殺すほど力が強く、当時強大だった匈奴と幾度となく勇敢に戦い、その匈奴から「飛将軍」と呼ばれ、恐れられたそうだ。

ただ、晩年は匈奴との戦いの成果が芳しくなく、一時は戦いに敗れて捕虜になり、赦されて長安に戻ったものの、罪に問われて平民に
落とされたり、果ては道案内が居なかったが為に道に迷って匈奴討伐に遅参し、それを当時の討伐軍の総大将であった衛青に問われると
「私は成人してからこのかた匈奴と大小七十数回戦った。今回幸運にも衛青大将軍に従って単于の兵と戦える機会に恵まれながら、
大将軍の衛青がわしを後方の部隊に回したため道に迷って遠回りをする羽目になった。これが天命でなくて何であろうか!」と叫び、
そのまま自刎した「悲運の猛将」としても知られているのだ。

あと彼は、ある日狩りをしていた時、居合わせた虎を目掛けて弓矢を放ったものの、それは虎ではなく大きな石であって、矢がその石に
突き刺さったという逸話の持ち主でもあるぞ。また更に、後に「飛将軍」というのは我輩のみならず、武勇に優れた者が李広に准(なぞら)
えて付けられる「称号」みたいなものだからな、我輩以外にも付けられた者がいるのかも知れぬ。

我輩からは以上だ。何か不足している点があればまた尋ねてくれぬか? 待っているぞ。

182 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/10/14(日) 02:43:19
さて、今日は此処までかな? 久しぶりの応対ゆえ、少々拙い文章になってしまったわ!!! まあ、読めぬ事は無いが。
最後に皆の衆、秋は本格的に深まってきているからな、体調崩さず過ごすのだぞ。

では、さらばだ。フハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!! ノシ

183 :以上、自作自演でした。:2007/10/14(日) 09:27:29
呂布 ◆ioNvig/ly6

三国志スレ初期から淳于瓊と共に活躍する。
淳于瓊を支え、自らもスレを盛り上げるために力を注いだ。
過去の失敗を繰り返さぬよう、己の武を過信せず
部下や軍師の意見を尊重するようになった。
その武勇はなりきり板でも健在で、
謎の力を使う正体不明の敵の襲撃を受けた際も
臆することなく立ち向かい、撃退することに成功した。
「淳于瓊!共にこの地を守り抜こうではないか!」

コスト=2.5 兵種=騎兵 武力=9 知力=4 特=「勇猛」
計略=「飛翔降臨(士気5)」


お待たせしました呂布殿。>87の発言から間ができてしまい申し訳ありません。
能力についてはお分かりでしょうが初期に登場したレアの能力を
そのまま使わせてもらいました。弓も悪くないですがあの馬の能力も好きだったもので。

184 :以上、自作自演でした。:2007/10/15(月) 00:10:09
>>183
このテキストフレーバーを見る限り、イラストは「せがわまさき」氏みたいだが、
ここに出ている呂布は台詞や計略は西涼のSRだからな。

ここは…、イラストは原友和氏で行った方が良いだろうな。

185 :以上、自作自演でした。:2007/10/15(月) 02:29:25
動物で一番好きなのは何ですか?

186 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/15(月) 23:09:37
監軍将軍・淳于仲簡、推参!!!!! 今日は用事があって遼東に赴き、遼東太守の公孫康殿に会ったぞ。まあ、用事と言っても
「高句麗に動機はあったかどうか」の程度だったけどね。

聞けば、高句麗からは動機は無く、寧ろ友好関係を保っているうえ、公孫康殿から聞けば高句麗の山上王は「今『三国志大戦』という
遊戯が流行り、また新たに出るそうだが、朕も是非入れてはくれぬのだろうか?」と羨ましげに申したという事だそうだ。まあ、私と
しての予想だが、出る可能性としては山上王より、彼の息子であり、魏と対立し、魏の猛将である毋丘倹殿と大いに戦った史実がある
東川王の方が高いだろうと思うぞ。

さて、私の独り言はここまでにして、と……。うむ、今日も来ているな。よし、では皆の期待と希望を乗せ、淳于仲簡、
いざ出陣だ!!!!!

187 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/15(月) 23:10:30
>169
おお、いつも見てくれているのか。それはありがたい。それで、用件は……?

何っ、赤福餅の店が出荷で余った餅を冷凍保存し、再包装したうえ、賞味期限を改竄していただと!!? ううむ……、あそこの店の
赤福餅は甘さが控えめの餡と餅が美味であったゆえ、いつも倭国の伊勢に参る時は必ず買って帰ったのだが……、何という事だ。

……更に聞けばあの「赤福」という名前、「赤心慶福」という、「真心(赤心)を尽くす事で素直に他人の幸せを喜ぶことが出来る
(慶福)」という意味の四文字熟語が由来と聞く。斯様に立派な言葉を掲げ、300年も続けてきたのに、果てが斯様な事になると
言うのは、私としてはとても残念としか言い様が無いな。

まあ、動機としては食べ物を無駄にせぬ様にする心がけで行ったという噂もあるそうだが、それでも矢張り悪い事には代わりが無い
ゆえ、ここはキチンと懲罰を受け、再びあの赤福餅をまた店に出してくれる事を願うぞ。

……何? 私が昔、来訪者に贈った赤福餅がその問題となったものではないか、と? いやいや、それは無い。何故ならあれは伊勢の
本店で購入した、作りたての物だ。あれでは冷凍保存なぞ出来ぬよ。まあ、別の場所で購入したものならば、疑われても仕方は無いの
だが……。

まあ色々と問題が多い情報の為、複雑な心境に苛まれているが、お主は真剣に此処に来てくれたゆえ、これを贈ろう。

つ【肉まん、あんまん、大和茶、朝倉商店の『伊賀福(作りが赤福餅と瓜二つの和菓子)』】
【アンドレ・ジッド(『ジード』、『ジイド』とも呼ぶ)『贋金つくり』】

>170、>173-176
甄洛様、ここまで皆からの返事に深く応えられるとは、誠、貴女は「賢女の鑑」でありますぞ。ですが余り根を詰めて応えられると、
この空気が冷えてきた秋の気候ですからな、却って体調に悪影響を及ぼしかねませぬ。お気をつけ下され。

あと、我々は貴女が此処に戻って来られた事に対しての喜びが如何なる星よりも大きいゆえ、別に怒ってはおりませぬよ。
花は明るく咲くのが最も綺麗ですからね、なので斯様に悲しまないで下され。

それと、秋の京野菜を気に入って下さった模様で、此方も嬉しく思います。また旬のものが入りましたらば、御贈り致しますゆえ、
待っていて下され。

188 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/15(月) 23:13:00
>177
ああ、残念ながら見ていなかったのだが、内藤殿は少年時代、かなりの「苛められっ子」だったそうだな。それを克服すべく、拳闘の
道を歩んだと聞く。実に立派ではないか。大体、苛められた人間というのは、信頼できる人から力を借りて克服するのが大抵なのだが、
内藤殿は敢えてそれをせずに自ら生まれ変わろうとしたのだ。いや、生まれ変わったのだ。
ゆえに今回の試合では、内藤殿のような立派な人間に勝利の女神が微笑み、「悪魔」を打ち負かせるようにした。そうとしか考えようが
あるまい。此方からは「本当におめでとう!!!!!!」と内藤殿に祝福の言葉を贈っておくぞ!!!!!

それに比べ、あの亀田とやら、今回の試合では頭突きや投げ技、果ては選手生命を奪いかねない「目潰し」など、どうも危険な反則を
繰り返していたと聞く。しかもそれは、実の父である指導員(コーチ)の促しだそうで。全く以て怪しからんな。指導員というのは正々
堂々と勝負を制するためにどう戦うのかを教える存在なのだ。それを汚い手で勝たせるように仕向けるというのは、あれは単なる「輩」の
手口にしか思えぬわ。本当、「恥を知れ!!!!!」と言いたいものだ。
まあ、今日はそれ相当の懲罰が下ったからそうなのだが……、「目潰し」の事を考えると、「もう少し厳しい懲罰でも良いのでは
ないか?」と思ったな。まあ、これは自分としては「考えすぎだ」、とも思うのだが……。再び出てくるのならば、「二度と反則行為を
しない」ということを誓い、十分反省してから出てきてもらいたいものだな。

それと、日頃の態度が悪いゆえ今回の敗北はかなり無様に映ったからな。今回の処分を切欠に、自らの荒っぽい部分を全て削り落とし、
崔洪万(チェ・ホンマン)の様に真剣に、「戦いとは何か」についてを考える「拳闘士」として生まれ変わってもらいたいと思うぞ。

長々と喋ったが、私からは以上だ。非常に興味深い話題を送って下さり、感謝致す。
これを贈るぞ。つ【肉まん、あんまん、大和茶、麻花児】【子母澤寛『父子鷹』】

189 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/15(月) 23:14:08
>179
その初代「飛将軍」というのは、高祖劉邦が建国した、漢王朝の半ばに匈奴との戦いで活躍した李広だな。彼は余りの勇猛ゆえ、
匈奴からそう呼ばれたそうだ。あと弓の技術も卓越しており、彼の逸話で、狩りで虎を射ようとしたら大きな石を射抜いた話は
あまりに有名だぞ。まあ、「飛将軍」というのは彼のように力と武勇が備わった者にのみ贈られる異名であり、呂布殿以外にも
「飛将軍」と呼ばれたものは居ると思うが、私としては、矢張り弓術が優れた呂布殿が最も李広の『域』に近いゆえ、「飛将軍」に
相応しいと思うぞ。

因みだが、その李広の「石を射抜いた」話と似た様なものとして、倭国で剣術の流派の一つである「柳生新陰流」の創始者である
柳生宗厳が、柳生の里で天狗と戦い、一刀で天狗を斬り捨てたと思いきや、大きな石を真っ二つに斬ったという話があるそうだ。

これを贈るぞ。つ【肉まん、あんまん、大和茶、甘露酥(ココナッツケーキ)】【五木寛之『さらばモスクワ愚連隊』】

>178、>180-182
呂布殿、そう言って頂けると改めて非常に嬉しく思います。ですが今の呂布殿もまた、かなり徳を積み、人から愛される存在として
頑張っておられるではないですか。なので、此方からも呂布殿に相応しい、群雄伝を御返しとして発表致しますゆえ、待っていて
下され!!!!!

>183
おおっ、それがこの砦での呂布殿の人物像か!!!!! なるほど、確かに的を射ているな。それと、この「謎の力を使う正体不明の
敵の襲撃を受けた際も臆することなく立ち向かい、撃退することに成功した」というのは、前の砦で襲撃に来た「ナンバーズ」の事の
ようだな。まあ、この件は私も加わり、呂布殿と共に戦ったのだが。

>184
原友和か……。それは「赤兎咆哮」を奥義とする呂布殿の肖像を描いた絵師の事だな。この絵師の肖像画は他と比べ、鬼気迫る様な
表現が強いのが特徴だな。特に張飛殿をはじめ、呂蒙殿、閻行殿や朱桓殿、俄何焼戈殿に陳武殿、牛輔殿、そして孟獲殿に張角殿……。

私としてはああいった絵は好みゆえ、お主と同じ気持ちだ。

これを贈ろう。つ【肉まん、あんまん、大和茶、『吉鳳園』の杏仁豆腐】【池波正太郎『真田太平記』】

190 :以上、自作自演でした。:2007/10/15(月) 23:24:40
つっぱることが男の
たったひとつの純情だって
この胸に信じて生きてきた

191 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/16(火) 00:16:15
>185
そうだな……。前までは猫であったのだが、最近では兎が好きだな。特に、あの真正面から見る顔が何とも愛らしくてたまらぬのだ。

そういや久方ぶりに張遼殿の砦を拝見したのだが、狐や猫が居るではないか。一度お目にかかりたいゆえ、近々訪れたく思うぞ。
まあ、それは越境となる事を覚悟してだが……。

これを贈ろう。つ【肉まん、あんまん、大和茶、『惣兵衛』の十三夜兎饅頭(月見饅頭)】【村上春樹『1973年のピンボール』】

>190
ほう、これはいい詩だな。「男の生き様」としては様々な種類があるが、今回のこの詩は、短文ながら格好の良い、「男の生き様」が
よく表現されているぞ。

斯様な詩を贈って頂き、感謝致す。これを贈ろう。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、薩摩芋入り銅鑼焼き】【北杜夫『夜と霧の隅で』】

ああ、忘れていた。あと>183殿にも贈ろうぞ。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、御所柿×10個】【三島由紀夫『豊饒の海』】

192 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/16(火) 00:17:45
さて、今日は此処までかな? 来てくれた方々、本当にありがとう!!!!! では最後に、なりきり群雄伝を公表するぞ!!!!!

なりきり群雄伝第2章 (8) (呂布〔西涼SRの方〕が敵を6部隊撃破 及び 皇甫嵩が敵を3部隊撃破)

呂布(西涼SRの方) 「どうだ!!! これが自らの武勇だけではなく、信頼と友情を兼ね備えた、漢(おとこ)の意地だ!!!!!
貴様らの様な歪んだ心の連中に負けはせぬわ!!!!!」

皇甫嵩 「呂布殿!!! 今まで『虎狼』と忌み嫌われていた貴公がどうして斯様に民の為に戦おうと思ったのだ!!?」

呂布(西涼SRの方) 「……一度、己の欲望に溺れ、耐え難い地獄に苛まれた事や、淳于瓊が一生懸命に民に善を施している姿を見て
心を打たれた事。この要素が今の我輩に生まれ変わらせ、民の為に戦おうと思った、と言っておこうか。」

皇甫嵩 「では、淳于瓊殿に出会わなければ、貴公はどうなっていたのだ?」

呂布(西涼SRの方) 「……多分、何も出来ず、路頭に迷っていたであろうな。」

皇甫嵩 「……なるほど。だが今の貴公は民にとって、太陽みたいに輝いている存在だ。私としては、この砦のみならず、漢王朝の
建て直す為にも貴公の力が必要だと思うのだが……、どうだ?」

呂布(西涼SRの方)「良かろう!!! 真の平和を作れるのであれば、喜んでお主に協力するぞ!!!!!」

皇甫嵩 「そうか、ありがたい!!!!! ではこの一戦を機に、再び漢の再興に力を入れようぞ!!!!!」

(呂布、皇甫嵩の武力が8上昇、移動速度が上昇)

さて、今回は非常に型破りな群雄伝になってしまったが、許してはくれぬか?

最後に、秋の空気がかなり冷えてきたゆえ、皆は体調を崩さず1日1日を大事に過ごすのだぞ。
では親愛なる皆の衆、さらばだ!!!

193 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/10/16(火) 22:40:10
今晩は、皆様ご機嫌いかがですか?

夜風が如何とも秋の深まりを感じる程にまでなって参りました。
私の館でも時折に咳をする者が出てきております故、皆様も感冒にはご留意下さいませ。

>161
今の漢におきましては二字姓は大変に珍しい物でございますね。
淳于姓は伝え聞く所に拠りますと貴方様の仰られます斉国の臣であった御方の他にも
地を異として幾つかの発祥があるとも存じます。
系譜を辿るには難やも知れませぬが、智に優れる御方の裔なればこそと願います。

>162
敵陣深くへと潜るは非常に危険な任、それをたゆまず果たして下さいます事を感謝致します。
しかし、人の気配が無いとは如何にも面妖な。兵を退きましたのか、それとも計の一でありますのか……。
恐らくは軍師の皆様が判断して下さいましょうが、気にかかります。

>168
仰られます通り、各地にいらっしゃいます君主様が互いに腕を競い、極めた先の頂点に私もお連れ頂きました。
義父上様や琅邪将軍、皆様には顔良殿と申し上げるべきでございましたが。等の皆様のお力あっての事と思います。
しかし、不思議なものにございますね。この洛は旦那様の元にこそ居りますのに、「帰ってきた」とは。
されども悟り得ぬ事を思案するも無粋故、只楽しみと見させて頂きます。

>169
人は食せずに永らえる事は叶いません。しかし、己が食する物を全て自らで賄う事は困難となります。
それが故、人は相助ける意味も含めて食の諸々を担う農、職、商の方々がいらっしゃいます。
されど、己が利の為に互助の心を押し隠して改竄を為すとは、如何とも許し難き所業と思います。
食を司るは人の命を司ると同義と考え、意を緩める事なく勤めねばなりません。

淳于将軍の御手にもその品があったとの由、それが食の保証を捏造された物かまでは知り得ませぬが、
食にまつわる心が善くとも、基を為すものが悪しければ……という哀しい例になっていたやも知れませんね。

194 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/10/16(火) 23:31:18
>171-172
以前の砦から持って来てくださったのですね。
確かに仰られた物を差し出していらっしゃいますが、この時にはまだ製作者の悪意が知れる前と思います。
故に淳于将軍に何かしら落ち度の有る事ではないと思うのですが……。
『赤心慶福』、即ち真心を以って他者の幸せを慶ぶ、と言う言葉から名付けられたにしては、切なき所業にございますね。

事情については理解しております故、どうぞお気に病まれませぬ様お願い致します。

>177
生身にて拳を使い戦う競技なのでございますね。しかもこの度勝利されました御方は壮年の域にかかるとか。
何事にありましても数多に競い合う人の中で頂点を掴めるのは只一人にございますし、
名すら知られず極める事を辞めてしまう方々もいらっしゃる事でしょう。
その中で諦めず、己が身と心を信じて進まれた結果と思います。届きはせずとも、心より祝辞を捧げさせて頂きます。

>178
呂将軍にまで重ねての御気遣いを頂き有難うございます。
それでも既に時を経て答える事が叶わぬ物もございましたし、申し訳無さが先に立つ心持でもあります。
まだ未熟極まり無き身にあります故、砦の繁栄の為に等しく心を尽くしていければと思う次第でございます。

此方の料理は大変に優美と申しますか、素朴さの中に品を感じる美味にございますね。
風の厳しき秋の夜に心の温まる物と思います。
呂将軍は風流を愛される事甚だしく、この洛も学ばせて頂く所多々と感じております。

>179
既に呂将軍に淳于将軍がお答えになっていらっしゃる由、重ねて申し上げる事はございませぬが……。
かの李将軍は武勇のみで無く、戦において策を巡らせる事軍師の如く、窮地に有りて猶その才は極まったとの事。
武のみを誇るは蛮勇にて褒むるにはそぐわず、ただ智と勇を備えてこその飛将軍の称であると思います。
故、真に呂将軍に相応しき尊称であるともなりましょう。

195 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/10/16(火) 23:52:56
>183
これは……呂将軍を簡潔かつ的確に表現されました素晴らしい紹介文であると思います。
文字を紐解き目を閉じれば勇猛にて聡明たる将軍の御姿が浮かぶかの如くにございます。
矢張り呂将軍は人中の一なれば、傍らには馬中の一である赤兎馬が居らねばとも思いますし
騎兵であると言うのもまた仰られます如く好ましきものでございますね。

斯様に戦場へと降り立たれますれば、その進撃を止めるは容易くはございませんでしょう。

>184
今の呂将軍の姿絵も、宛ら敵を蹴散らさんと力満ちる如くでございますし
かの武の結晶の様な御姿の侭に智を備えた立ち姿は正に威風堂々との言が相応しきものと思います。
叶うならば斯様な言葉にそぐう絵姿をこの目で拝見したい物と願います。

>185
生命を抱き地に在る物は全て愛しむべきと思っておりますし、存在に貴賎のあるとは思いませぬが……。
ただ己が好悪の心のみにて語る事が許されますれば、私は鳥の類を愛でるのを好んでおります。
小さき身にて恐ろしき天敵の目に怯えながらも、日々を健気に生き、翼に空気を孕む様を見ては
かの如くに天空を舞えればと羨望すら覚える心にございます。

>187
淳于将軍も御多忙のご様子、間もなくに晩秋へと為ります故御身をお厭い下さいませ。
この砦にては先ず何よりも愛すべきは民の皆様にございます故、我が身の労などささやかな物にございます。
されどこの洛をお気遣い頂けますその御言葉に喜び甚だしき事にございます。

やがては冬になりますれば、色鮮やかなる景色も今一度の楽しみ事となりますが
竜胆の株を携え参りましたのでお持ち下さいませ。丁度今、鮮やかなる花の開く時期にございます。

>190
殿方は矢張り人の目多き場にて諸々を為される事があります故、弱き心を易々と晒すも叶わぬ事でございましょう。
故に常に気を漲らせ、心身を張り詰めて世に御出でなのだと思っております。
されど、どうぞ気を張り過ぎて苦しまれる事のございませんよう、心よりお願い申し上げます。

196 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/10/17(水) 00:01:05
長々と言葉を重ねて参りましたが、凡そに民の皆様からの御言葉に返せましたでしょうか。
つとめて留意は致しましたが、もしも相応しからぬ見落とし、失礼などございましたら申し訳ございません。
皆様の御厚情に再びに御礼を申し上げます。


それでは今宵はこの辺で失礼致します。皆様にも良い事がありますように。

197 :以上、自作自演でした。:2007/10/17(水) 09:06:56
今日も元気にドカンを決めたらヨウラン背負ってリーゼント

198 :呂布 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/17(水) 22:55:39
2代目「飛将軍」・呂奉先、只今参上だ!!!!! 今日は久しぶりに休みを貰い、海に行ったぞ。まあ、もう寒気が強く
なっているから流石に泳がなかったが……。それでも浜辺に座り込んで果てしなく続く海原を見、波音を聞くだけでも心が
落ち着くな。つい日々の喧騒を忘れてしまったわ。

さて、我輩の独り言はここまでにして、と……。おっと、今日も来ておるな。では、皆の期待を背負い、いざ出陣だ!!!!!

>183
フハハハハハハ!!!!! こんなに素晴らしい我輩の説明文を作成してくれるとは、この呂奉先、ただただ感謝致す
ばかりだ!!!!! なるほど、初期の「れあ」の能力が気に入っているから、計略は「飛将降臨」と……。相分かった。
だが、この計略は一定の武力が上がると騎兵の速度も上がり、「天下無双」並か、或いはそれ以上になる事があり、他勢力に
居る我輩の出番が減少する為に、兵種が弓兵に変わり、奥義も「飛将の神弓」に変わったそうだな。

ただ一言申しておくが、我輩は「赤兎咆哮」を奥義とする呂奉先だ。其処を覚えてもらいたい。

>184
ああ、「れあ」の方の絵師の事だな。確かにあの絵師の絵は格好良いと思うが、我輩としては原友和の絵が好きだぞ。何せ、
あの鬼気迫るような表現が堪らぬからな。

>185
うむ、我輩は虎だな。あの猛々しい雄姿が王者の証という感じがあるからな。まあ、我輩は以前、裏切りを繰り返し、
「虎狼」という渾名を付けられた、暗い過去があるのだが……。

まあ、それはさておき。そういや淳于瓊が以前、ここに訪れた孫権からアムール虎を譲り受けたそうだな。
一度見てみたいと思うぞ。なので淳于瓊、近々お主の所に訪れると思うが、良いか?

199 :呂布 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/17(水) 22:57:10
>淳于瓊
フハハハハハ!!!!! 嬉しい事を言ってくれるな。だが我輩はまだまだ未熟者だからな。未熟者は未熟者なりに日々努力を
しているのだ。其れに……、確かお主が過去に言っていたはずだが、武士は常に高い目標を掲げ、その目標をただ只管(ひたすら)に
追いかける。それを怠れば己の身は破滅に向かう、とな。

お主のその言葉を我輩は心の中で掲げ、皆から愛されるべき人間として努力しているから、今もこうした自分がいるのだよ。

あと、群雄伝拝見したぞ。確かに「いべんと」の条件は無茶苦茶だが、我輩をここまで高く評価してくれているという事が良く
分かったぞ。本当、大いに感謝致す。だが、敵を6部隊も撃破するというのは、流石の我輩でも少々難しいと思うのだが……。

>190
ほう、己を強く見せるのが男の純情とは、面白い詩だな。確かに、男があからさまに弱々しかったら魅力も何も無い。せめて力が
弱くてもそれを隠す為に突っ張って見せるのも男にとって必要かも知れぬな。まあ、だからと言って常にそういう気持ちを無理に
維持する必要は無いが。

>甄洛殿
いやいや、そう申し無く思う必要はあるまい。現にこうして一生懸命、皆からの疑問や応答に答えているではないか。
我輩だとこうはいかぬと思うな。十分、この砦の為に力を尽くしている事がヒシヒシと伝わるぞ。

それと、贈り物の芋棒を気に入ってくれたようで、我輩も嬉しく思うぞ。また旬なるものがあれば、是非贈るゆえ、
待っていてくれぬか?

200 :呂布 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/17(水) 22:58:36
>197
ふむ、これは>190の時と同様の内容が含まれた詩だな。確かその後は「つっぱりHigh school Rock'n Roll」だったかな?
確かにこれも面白い詩だが、何故この砦に斯様な詩を贈るのだ?

何、「将軍の御姿を見ていると、威厳を見せてつっぱっている男の姿を思い浮かびます」と? なるほどな。只、出すので
あれば、理由か何かを付け加えてくれぬか? そうせぬと、却って怪しく思われるぞ。

まあ折角、こうして来てくれたからな。「ツッパリ」好きのお主にこれを贈るぞ。
つ『プロジェクトX 挑戦者たち そして、風が吹いた ツッパリ生徒と泣き虫先生 〜伏見工業ラグビー部・日本一への挑戦〜』

まあ何だか、淳于瓊みたいになってしまったが、これが我輩なりの誠意だ。受け取ってくれぬか?


さて、今日は此処までかな? 我輩はこれにて失礼させていただくが、最後に一言。

秋が深まり、冷え込んできたが、くれぐれも体調崩さず、1日1日を大事に過ごしてくれ!!!!!
では、さらばだ。フハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!! ノシ

201 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/10/17(水) 23:00:40
おっと、識別符が変わっていたぞ。失敬。
では改めて、さらばだ。フハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!

202 :以上、自作自演でした。:2007/10/17(水) 23:14:19
皆、ここまで書き綴るとは……。
恐れ入った。

203 :以上、自作自演でした。:2007/10/19(金) 01:04:38
淳于将軍、貴方が守っていた烏巣の兵糧庫ですが、資料で調べた所、どうも
「囷」という、簡易の倉庫に兵糧を収納していたそうですね。

しかも更に調べた所、その「囷」というのは、火気や鼠害に滅法弱いと書かれて
いましたが、もし「囷」ではなくまた別の倉庫に兵糧を収納していたら、官渡での
勝機はあったのでしょうか?

204 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/19(金) 22:43:48
監軍将軍・淳于仲簡、推参!!!!! 今日は一日中雨が降り、肌寒かったが、皆は如何お過ごしであろうか?
まあ、毎度言っているが、風邪にはくれぐれも気を付ける様にするのだぞ。

それと、どうやらこの砦は三つ目に差し掛かったものの、少々皆がウンザリしている所為か、余り延びが良くないようだ。
これは主の私の不徳ゆえ、この場を借りてお詫びを申す。誠に済まなかった。だが、三つ目とはいえ、まだまだこれからなので、
これからはどういう風にしたら面白くなるか、皆からの意見も改めて取り入れ、続けていく所存なのでこれからも宜しく御願い
致す!!!!!

では、気を取り直して。うむ、今日も来ておるな。では皆の期待を裏切らぬ為にも、この淳于仲簡、いざ出陣致す!!!!!

>193-196
甄洛様、そう申して頂けますとこの淳于仲簡、非常に有難く存じます。ですが、最近だとこの砦は進行が余り芳しくありませぬ
ゆえ、何処かまだ民に対しての情が少ないと思います。これは私の力不足ゆえ、非常に無念と思うと同時に、貴女を含む、諸将の
方々に申し訳なくも思い、只々恥じるばかりでございます。

しかし、決してこの砦を手放す事は決してありませぬし、寧ろ貴女が贈って下さったこの竜胆の花の開花と共に、この砦を
これからは再び賑やかな所に致す所存ですぞ。なのでこれからも、この砦をどうか宜しく御願い致します。

改めてこんなに立派な竜胆の下部を贈って下さり、感謝致します。

>197
ふむ、これは前の>190の詩とほぼ似た内容の詩のようだな。しかし、「ヨウラン」というのは……? (>197から現物を見せてもらい)
なるほど、これが「ヨウラン」か。丈が非常に長く、学生が着る服の様だな。あと「りーぜんと」とやらが分からぬが……。

(>197から現物を見せてもらい)そ、そんな髪型の事を「りーぜんと」というのか。なるほど、確かにこれは近寄りがたいな……。

お主等の世界ではヨウランを纏い、髪型を「りーぜんと」にするというのが、男としての威厳の象徴であるのだな。
よし、次から戦場に出る時は、この格好でドカンと決め、曹操軍に度肝を抜かせるとするか!!!!!

これを贈るぞ!!!!! つ【肉まん、あんまん、大和茶、『森嘉』の嵯峨豆腐10丁】【アルベール・カミュ『異邦人』】

205 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/19(金) 22:45:31
>198-201
確かに呂布殿、その言葉は私が言ったものです。よく覚えていましたな。此方としては今の呂布殿がこの言葉を胸に秘めていた
のを知り、非常に嬉しく思いますし、これからもその心を維持し、共に頑張りたく存じますぞ。

あと斯様な群雄伝を作成した理由というのは、呂布殿の武勇は海内無双である事と、一度、皇甫嵩殿と接触したならば、どう
いったやり取りをするのかを知りたく思い、作成したまでなのです。少し誇大評価気味に作成した事は謝ります。ですが、私は
呂布殿がこの「三国志」で最強である事を信じ、作成した事もまた事実なので、どうかその部分を受け入れていただく思いますが、
どうでしょうか? 御返事下され。

>202
ハハハハ、そうか。でも私としては、自分の文章は抽象的な色が強い等、まだまだ至らぬ点が多く、未熟だ。
ゆえに、それほど恐れ入られるようなものではあるまいし、実力的に言えば、5割も満たないと思うぞ。

だがそれでも、より上手く応答に励もうという気持ちは強い。
いつかは文を上達し、お主に今よりも上達した応答を披露するゆえ、待っていてくれ。

これを贈るぞ。 つ【肉まん、あんまん、大和茶、】【五木寛之『風に吹かれて』】

206 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/19(金) 22:47:14
>203
うむ、あの官渡での一戦は短期で曹操との決着を付けたかったがゆえに、殿(袁紹)は10万もの軍を編成したのだ。それ故に、
兵糧を厳重に収納する事が出来ず、故に斯様な簡易式の倉庫である囷(きん)に収納するしかなかったのだ。

その上、その囷を守るべく、要塞を築いたとしても外壁が壁一枚である、これまた簡易なものであったゆえ、容易に焼き払いに遭い、
我が軍は撤退に追い込まれた。まあ、焼き払いをやられたら、史実に反して援軍を多く送り、曹操の挟撃に成功したとしても、兵糧の
被害は甚大なものとなり、完全な決着は付けられなかった、と私は思う。

―――――もし、沮授殿が言った「兵員の数は我が軍の方が多いが質は敵の方が上です。食糧は此方が多く敵の方は少ない。
遵(したが)って敵は短期決戦の方が有利であり、我が軍は持久戦が有利であります。なので此処は戦闘を仕掛けず持久戦に
持ち込むのが宜しいかと思います」という言葉を殿が受け入れてくれたならば、此方としては兵糧を鼠害に強く、かつ長期
保存が効き、収納範囲が大きい地下倉庫の「窖(こう)」にして戦いに臨んでいたと思う。そうすれば、斯様な襲撃があっても
敵は兵糧を焼き払ったり略奪するのに手間が掛かり、その間に援軍を送り込んで追い払う事が出来たのかも知れなかったからな。

……最も守りきれなかった私に非はあるが、持久戦という、斯様な手段で戦ったら上手く事は運べたのかも知れぬ。

おっと、何だか湿っぽくなってしまったな、済まない。
これを贈ろう。つつ【肉まん、あんまん、大和茶、K芝麻包子(黒胡麻の饅頭)】【井上靖『天平の甍』】


……さて、今日は此処までかな? 来てくれた方々、本当にありがとう!!!!! ただ、群雄伝は申し訳ないが考案中ゆえ、
今回はお休みだ。だが近々、再び公表するゆえ、待っていてくれ。

まあ、現在のところ、進行は緩やかであれど、まだまだこれからもめげずに頑張るゆえ、これからも宜しく御頼み申す!!!!!

では親愛なる皆の衆、さらばだ!!!

207 :以上、自作自演でした。:2007/10/20(土) 23:43:12
保守だ!!!!!

あと、ROMしてる者!!!
何でも良いから書け!!!!

……但し、下ネタ以外、な。

208 :以上、自作自演でした。:2007/10/20(土) 23:49:54
>>207
書くと思うか? こんな面白味があまり無いスレに。

……あ、俺書いてたわ。

209 :斥候A:2007/10/20(土) 23:55:15
将軍の皆様、新たにこの様な砦を発見致しました。

それはここです。↓
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1191987181/

但し、場所が南蛮の奥地ゆえ、毒蛇や蠍、毒泉に瘴気に要注意
との事です。

では、失礼致しました!!!

210 :以上、自作自演でした。:2007/10/21(日) 01:37:21
ここは平和ですねぇ………。

211 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/10/21(日) 22:21:06
2代目「飛将軍」・呂奉先、只今参上だ!!!!! 今日は付近で盗賊団が暴れていたゆえ、鎮圧に向かったぞ。結構規模は
大きかったが、盗むだけの能しか無い連中だった模様で、手応えは然程なかったな。まあ、これが黒山賊などであったら、少々
危うかったが。

さて、鎮圧を果たし、こうして此処に来てみたが……。うむ、来ておるな!!!!! よし、皆の期待を背負い、いざ出陣だ!!!!!

>202
フハハハハ、まあ我輩も昔は一言二言だけだったのだが、淳于瓊に釣られていつの間にか此処まで応答に答える様になってしまったのだ。
大体此処まで書き綴るのは我輩と甄洛殿、そして淳于瓊ぐらいかな? まあ、他方面だとどうも陳泰もその範疇に入るそうだが……。

ともあれ、これからも皆の為にキッチリ返すゆえ、これからも宜しく頼むぞ!!!!!

>203
なるほど、淳于瓊は斯様な兵糧庫を守っていたのか。確かにこんな兵糧庫だと、いくら我輩でも火攻めなどの奇襲をされたとしたら、
混乱状態に陥り、敵に勝てぬかも知れぬ。ここは短期決戦を避け、兵糧を頑丈に守る為にも、施す時間を作るべきであった。そう
すれば斯様な悲惨な結末にはならなかったろうに……。まあ、過ぎた事をこう言っても仕方が無いのは承知しているのだが、な。

>淳于瓊
フハハハハ、そうか!!! 其処まで我輩の事を評価してくれるのは、此方としては本当に嬉しいが、反面、少し恥ずかしいぞ。
だが、謝る必要は全く無いぞ。我輩はお主の作ってくれる群雄伝を気に入っているからな。寧ろ次はどの様な「いべんと」が出て
来るのかな? と期待しておるぞ。まあ、我輩も「いべんと」作成に励むが。

ともあれ、そういう事だ。これからも我輩も頑張るから、お主も頑張ってくれ。

212 :以上、自作自演でした。:2007/10/21(日) 22:36:50
火星人の間者を捉えましたぞ!
如何いたしましょう?焼いて食べてしまいますか?

213 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/10/21(日) 23:44:30
>207
フハハハ、これはありがたい!!!!! お主の心遣い、決して無駄にはせぬぞ!!!!!

只、「何でも書け」というのは少し気になるな。斯様に呼びかけると、場合によっては荒らしてくる者がいるかも知れぬ
ゆえ、これからは思っていても余り言葉に出さぬ方が良いかも知れぬぞ。

>208
何、つまらぬ? まあ、ここは他の所と比べると、余り色気等が無いからな……。お主の様にそう思っている者も少な
からずいるのは確かだな。

まあ、続けていくうちに次第に内容が面白くなる可能性もまたあるからな、済まぬが此処は長い目で見てくれぬか? 必ず、
「面白い」と思える様なものにしてみせるからな。

>209
何っ、新たな砦が見つかっただと? それで其処は一体……?

(砦の住所を調べる)何と、南蛮の将が建てた砦か!!! しかし、その砦の名(スレッドタイトル)がどうもそれと関係が
無さそうだな。となると、此処も陳泰同様、建て逃げの砦、という訳なのだろうか……?

ともあれ、見たところ順調だからな、近々応援に行くとしよう。
まあ、毒蛇、蠍、毒泉に瘴気というのは少々怖いが……。

214 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/10/21(日) 23:46:43
>210
まあそうだな。平和なのは誠、良い事なのだが、反面、少々退屈である事も確かだ。故に時折、「此処で何か一つ、面白い事が
起こればいいな」と思ってしまう自分がいるぞ。

>212
な、何ぃっ、火星人の間者だと!!? この地球以外にも斯様な者が居たとは、驚き以外、何も無いぞ!!!!!

それで、その間者をどうするか、とな?

>焼いて食べてしまいますか?

おい!!! 何でそうなる!!? 食うなんてとんでもない。仮にも間者であろう!!? 丁重にもてなすのだ!!!!!
まあ、何を目的に火星から此処に来たのかが非常に気になるが……。

あと、万が一妙な行動を取る事もあるかも知れんからな。守衛として、高順と臧覇を呼んでくれぬか?

215 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/10/22(月) 02:05:47
さて、今日は此処までかな? では最後は、久方ぶりに群雄伝を公表するぞ!!!!!


なりきり群雄伝 第2章 (一定時間) (呂布《西涼SR》、淳于瓊)

呂布《西涼SR》 「……禰衡の兵よ、なかなかやるではないか。統率者が戦と関係無いゆえ、単なる雑兵かと思ったが、
死をも恐れぬ勇猛さが良く分かる。これは見直す必要があるようだな。」

淳于瓊 「ではこの戦が終わった時、如何なさいますかな?」

呂布《西涼SR》 「ふむ、是非説得して我が軍勢の一員として再び戦う機会を与えたいと思うぞ。お主はどうだ?」

淳于瓊 「そうですな……。仮に裏切ったとしても処罰を下せば良いとの事。基本的には呂布殿と同じ考えですぞ。それに、
この砦をより強く守る為にも、更なる『力』が必要ですからな。」

呂布 「そうか、そうだな。よし、では一刻も早くこの戦いを終わらせるぞ!!!!!」

(呂布、淳于瓊の武力が5上昇する)


……少々単純だが、群雄伝の数を数えてみれば沢山ゆえ、終わりが近い内容に仕立て上げたぞ。まあ、あとは仕上げを、
誰かにやってもらいたく思うのだが、良いかな?

あと最後に、更に寒くなってきたからな。体調を崩さず、1日1日を大事に過ごすのだぞ!!!!!

では、さらばだ。フハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!! ノシ

216 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/10/22(月) 22:37:18
今晩は、皆様ご機嫌いかがですか?

昨日より空にて星の流るる様が散見されておりますね。
如何なる天の思し召しかは存じませぬが、かの儚さ、美しさは晩秋に相応しきものとも思います。
皆様もお気が向かれましたら一たびは夜の天空を眺めてみては如何でしょうか。

>197
朝晩の風は肌に厳しく、具合を悪くする者も多々に見受けられます折でございますから
日々に健康を保ち元気であれるのは非常に喜ばしき事と思います。
生憎と不勉強の故、仰られます言に私の理解及ばぬところがございます。
可笑しな事を申し上げていなければ良いのですが。

>199
呂将軍は如何にも、私めを過大に評価しておいでな気が致します……。
この砦に参ります限りは心より努めますが定めの故、当然とはあれ特別とは思わぬ様に心したく思います。

海風は時を選ばず、何処か郷愁めいた気配を運ぶと聞いた事がございます。
河のみを目にして生きた身でございます故、命ある内に一度は見事なる大海原を確かめてみたいと願う次第です。

先立っての折、山より通草の実を持ち帰りましたのでよろしければご賞味下さいませ。
つ【アケビ】

>202
人の思いは只募りゆくものにて、文字のみにてそれを伝えるは至難と申します。
叶うなれば全ての民、将軍の皆様に直にお目にかかり、心を以って思いを伝えられれば良いのですが。
願っても詮無き事でございますが故、せめて少しでも多く気持ちを伝えんと言葉を綴っております。
冗長にありますは力が足らぬが為でございますので、御寛恕の程を頂きたくも思います。

217 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/10/22(月) 22:57:19
>203
良く御存知でいらっしゃいますね。
かの戦は初期には我が殿の軍が力満ちて戦場を圧していたが故、主戦場は徐々に南下する事となりまして
大兵団である事も含めまして兵站の維持が中々に困難でございました。
それが故、戦勝に伴う兵站路の確保の為、各兵糧庫において厳なる作りを施す事をなさらずに進まれた由。
また、烏巣は官渡より三の河を越えた地にあり、別働にて攻めるも容易ならずと判断されたやも知れません。

戦において己に甘い見通しはならず、常に悲嘆的猜疑的であればこそ最悪の様は防げるとも申します。
全ては断の堅固たる事に幸があり、天は最後には心の堅き者に恵みを授けるのでは、と思います。

>204
人の流れは全て河と等しく、水を増し潤沢に流れる事もあらば魚が落涙するが如くに細めらるる事もありましょう。
一時のみに目を奪われる事なく、大局を見つめ己が為すべき事を専心しておりますれば何れ水も満ちるかと。
淳于将軍の咎に非ず、まして誰の責でもございませぬ。将軍が憂いの様であれば民も将も喜びませぬでしょう。

将軍を愛し慕う民の皆様も斯様にいらっしゃいます。どうぞ、気落ちなどなさいませぬ様。

>207
今宵も砦を守っていただき、有難うございます。
言葉を紡ぐは心が導きます事でございますから、強要するのは宜しくはないとは思いますが。
民の皆様に楽しんで御出でいただけます様、私も力を尽くさねばならないと思います。

>208
皆様に喜んで頂けませぬのはひとえに我が身の力不足にございます。申し訳ございません。
あまりにも型通りの言葉しか紡げぬ身ではありますが、一時でもお時間を共に戴けましたらとも思います。

218 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/10/22(月) 23:04:30
>209
何と……南蛮の勇でいらっしゃる御方が御出でなのですね。
されど、南方は暑気が酷く、また中原には見られぬ異なる獣や蟲などが居るとも及び聞いております。
迂闊に深き森へと足を踏み入れますれば、私のような粗忽者では即に然様な物に害されてしまうでしょうね。

>210
平和であると云う事は只何も為されておらぬからではなく、平和を愛し願う者の不断の努力にあって成る物と思っております。
故に、この砦の平穏は民の皆様、将軍の皆様の御心と御力に拠ってあると申し上げても過言にございません。

乱世の只中故、其処彼処にて戦は起こり、憎しみと哀しみは生み出されてはおりますが
何時の日かはこの心苦しき負の鎖が断ち切られ、此処に限らず遍く天下に平和がありますようにと願わずにおれません。

>212
異国に非ず、異なる星の者、と……?
そも、この大地が天空に在る星と似し物であるとも俄かに理解し難くありますが。
ともかくもその捕らえし者がその異なる者であると仰られますのですね。
異なる地にあれど人なれば、その身を焼き食らうなどとは人道に反するが故、してはなりません。
先ずは理由を聞き、和を為せるか語り合い、処断を考えるはその後でもよろしいかと思います。


それでは今宵はこの辺にて失礼致します。皆様にも良い事がありますように。

219 :以上、自作自演でした。:2007/10/25(木) 02:43:17
止まってますね……、諸将の方々。

220 :以上、自作自演でした。:2007/10/26(金) 02:52:53
保守。まあ、時には止まる事もあるのだ。

(少し丁奉の真似をしてみますた)

221 :諸葛誕 ◆lhM/6zi8TA :2007/10/27(土) 02:57:47
淳于瓊殿、久しぶりですな!!!!! 覚えておられますか? 諸葛誕です!!!!!

ああ、他の方々には初めまして。私の名は諸葛誕、字は公休と申します。史実では魏の
鎮東大将軍という官職に就いている者でございます。以後お見知りおきを。

あれから「なりきり板避難所」で待っていたのですが、なかなか誰も来ないようなので、
こうして馳せ参じたのです。

なるほど、ここが淳于瓊殿が建てた砦ですか。なかなかの賑わい振りですな。
私も参加したく思いますが、どうも調べた所、他にも我が同僚の陳泰殿も向こうで
活躍している様子ゆえ、申し訳ございませぬが向こうにて頑張ろうと思います。

ですがこうして識別符を付けて参上した事は、時折ここに訪れ、淳于瓊殿達と共に
来訪者の質問に応じるという証ですゆえ、どうかその時は宜しく御願い致しますぞ。

では、私はこれにて失礼致します。これからの御健闘の程、祈ってますぞ!!!

追伸として、この砦を皆に知ってもらうべく、上げておきますので、御了承下され。
では、改めて失礼致しました。

222 :以上、自作自演でした。:2007/10/28(日) 00:30:35
>212
馬鹿の模範質疑。何が火星人の間者だ、焼いて食べましょうかだ。
いい加減しろ。なめてんのか、ここを?

223 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/28(日) 01:57:03
監軍将軍・淳于仲簡、久方ぶりに推参!!!!! 色々と事情があったゆえ、此処に来る事が叶わなかったのだが、漸く来る事が
出来たぞ。

まあ、それはさておき。どうも季節外れの野分が倭国に襲来するそうだな。もし、住んでいる所が危険区域だった場合、其処に
住んでいる人々は早めに避難する様、気を付けるのだぞ。

よし、暫く離れていたのだが、来ているな。では皆の期待を裏切らぬ為にも、この淳于仲簡、いざ出陣だ!!!!!

>207
おおっ、砦の保全に務めていただき、誠に感謝致す。

しかし、別に「書け」と強要しなくても良いぞ。好きな時に此処に訪れ、我々がその者達を歓待する。それが此処の醍醐味と
いうものだからな。

これを贈ろう。つ【肉まん、あんまん、大和茶、白麻酥 (白ごま餡入り中華パイ)】【エミール・ゾラ『居酒屋』】

>208
むっ……、矢張りそう思う者も居たか。まあ、お主にとって面白くないと思うようなところにしたのは私の不徳が生んだ「負の
産物」だ。誠に申し訳無い。

その面白くない所を取り除く為にも、何処が面白くないのか、是非教えてくれぬか? 頼む。

これを贈ろう。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、神戸南京町の百果大月餅(ミックスフルーツ餡大月餅)】【稲垣足穂『一千一秒物語』】

224 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/28(日) 02:02:54
>209
おおっ、斥候が戻って来たのか。して、如何した?

何と、新たなる「三国志大戦」関連の砦が見つかったのか!!!!! よし、これがその住所なのだな、一度見てるとしよう。

(拝見して)なるほど、どうやら此処も陳泰殿の所と同様に、余計に建てられた所のようだな。それをあの阿会喃という、南蛮の
将が再び建て直し、利用している、と……。

なるほど、毒蛇や蠍、毒泉に瘴気がある場所にその砦があるのか。まあ、それならば事前にそれなりの対処を立て、訪れる必要が
あるな。例えば、蛇は煙草を嫌うから煙草を持って行くなど……。

御苦労であった。労いを評してこれを贈るぞ。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、桃饅頭】【森鷗外『雁』】

>210
うむ、まあそうだな。他の所と比べると、ここは進行が緩やかだ。ゆえに荒れる事は殆どあるまい。
しかし、私としてはもう少し速くても良い、と思うのだが、どうしたら良いのか……。

これを贈るぞ。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、仙草果凍(仙草ゼリー)】【尾崎紅葉『金色夜叉』】

>211、>213-215
呂布殿、御久しぶりでございます。貴公もどうやら御変わりなく御過ごしの様で、此方としては非常に嬉しく思いますぞ。
そうですか。ではこれからも呂布殿の人物像を尊重し、これからも群雄伝を作成する様に致しますゆえ、期待していて下され。

あと貴公の群雄伝、拝見致しましたが、なかなか面白い内容となっていますな。まるで青州にいた黄巾賊の残党を曹操が自軍に
編成し、青州兵にするというようなもののようで……。私としても敵軍を自軍に吸収し、編成するのは良策だと思いますな。

では私も後ほど作成しておきますぞ。待っていてくだされ。

225 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/28(日) 02:34:19
>212
何と、「異国」の間者ではなく、「異星」の間者を捕らえただと!!? 今まで、この広い中原で幾多もの間者を捕らえた事は
あったが、これは……。

何だと? 焼いて食すだと!!?? 何を考えているのだ、お主は!!!!! 仮にも人と同じ智と能力を携えた者だぞ。
向こうの応接間に通しておきなさい!!!

まあ、労いとしてこれを贈っておくぞ。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、黒麻明酥(黒胡麻とピーナッツを飴で固めたお菓子)】【大江健三郎『死者の奢り』】

>216-218
おおっ、甄洛様!!!!! 貴女も御変わりなく斯様に応答に励まれ、この淳于仲簡大変感激致しましたぞ!!!

なるほど、「一時のみに目を奪われる事なく、大局を見つめ己が為すべき事を専心」すれば、再びこの地は嘗ての繁栄を極める、
と……。分かりました。

まあ、今の時点ではどうすればここにその栄華が戻るのかは不明ですが、決して諦めず続けて行き、その答えを見つける所存。
そしてこれからも民を慈しみ、己の力が続く限り健闘致します故、どうか御見守り下され。

>219
まあ、そういう事もある。それが続けばあとは再び活気が戻るのみ。その日を共に待とうではないか。

これを贈っておくぞ。つ【肉まん、あんまん、大和茶、『小倉屋』の天然とろろ昆布】【中里介山『大菩薩峠』】

226 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/28(日) 03:05:27
>220
おおっ、お主も>207殿と同様に砦の保全に務めて下さるか!!!!! ありがたい!!!!!

ほう、丁奉殿の口真似をしてみた、と……。まあ、もう少し口調を強めたら似ていたのかも知れぬな。彼は孫呉という国を思う
気持ちが強いあまり、ああいった気魄が籠っているのだ。

これを贈ろう。つ【肉まん、あんまん、大和茶、『少林寺』の花生小甜餅干(ピーナッツ入りクッキー)】【太宰治『惜別』】

>221
うおおおおっ!!!!?? しょ、諸葛誕殿!!!!! なりきり板の避難所以外では会わなかったのですが、御久しぶりで
ございますな!!!!!! あれから如何なさいましたか!!?

そうですか、あれからあの避難所では誰も来ないゆえ、自ら此処に赴き、会いに来られた、と……。申し訳ございませぬ、
此方も色々と多忙な事があったがゆえに向こうに赴く事が間々ならず、いつしか訪れる事が出来ずにおりました。

なるほど、陳泰殿の砦に赴き、そこで頑張る、と……。了解致しました。まあ、貴公は確かに陳泰殿とは同じ魏の将であり、
盟友ですからな。是非彼を支えてあげて下され。(時折此処に訪れる件を聞き、)む? それは本当ですか!? では貴公が
此処に訪れた時は大いに歓迎いたしますゆえ、是非ご期待下され!!!!!

では粗品でありますが、改めてこれをお贈り致しますゆえ、どうか御賞味下され。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、抹茶椰子(抹茶ココナッツ=抹茶餡が入った薩摩芋の団子を抹茶とココナッツパウダーで
塗した菓子)】【志賀直哉『和解』】

227 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/10/28(日) 03:07:30
>222
ちょっと待った!!!!! 斯様な言い方は失礼だぞ!!!! まあ、此処を思う気持ちは良く分かるのだが、彼(>212)の
質問はよくよく考えた末に思いついたもの、とも考えられるからな。其処の所を考慮して、大目に見てやってくれ、頼むよ。

これを贈ろう。つ【肉まん、あんまん、宇治茶、千本松小甜餅干(千本松クッキー)】【半村良『妖星伝』】

さて、今日は此処までかな? 久しぶりゆえ、皆に会えて非常に嬉しかったぞ。来てくれた方々、本当にありがとう!!!!!

では最後に……、これも久しぶりだな。群雄伝を発表するぞ!!!!!


なりきり群雄伝第2章(9) (太史慈《『天衣無縫』の方》が計略発動)

太史慈 「愚かなる雑兵どもよ、この太史慈の底力をとくと眼に焼き付け、冥途の語り草にするが良い!!!」


(10) (淳于瓊が計略発動《ただし士気が12ある状態でないとイベント発生は無い》)

淳于瓊 「賊共よ、お主等を討つのは誠に惜しい。悪いが、この淳于仲簡の意地を以て少し眠ってもらうぞ!!!」


まあ、簡略であるが何れもれっきとした「いべんと」ゆえ、御了承願いたく思う。

最後に初めも申したが、倭国に野分が接近しているので、自らの身が危険だと思ったら逸早く避難する様、心がけて置いて
頂きたく思う。私からは以上だ。

では親愛なる皆の衆、さらばだ!!!

228 :食堂の男:2007/10/28(日) 22:39:04
・・・・・俺だ・・・

・・・アレキサンダー大王はどうやら・・・・俺たちとやる気らしい

ああ・・分かってる・・・・アイツなりの考えだな・・・・・・・

・・・・・・それがギリシャの選択か・・・


………ラ・ヨダソウ・スティアーナ

229 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/10/29(月) 00:41:19
2代目「飛将軍」・呂奉先、只今参上だ!!!!! およそ一週間ぶりに来たが、この間、以前捕らえた盗賊の連中をを更正させたりと、
色々と多忙な日々を送っていたからな、来れなかったのだ。そこの所を御勘弁願いたく思う。

さて、と。ちゃんと来ているのかな?うむ、どうやら来ているな!!!!! よし、皆の期待を背負い、いざ出陣だ!!!!!

>甄洛殿
おおっ、甄洛殿!!!!! 久方ぶりだな。あれから大分会わずじまいであったが、元気そうで何よりだ。

そうか、過大評価である、と……。まあお主からすれば当然と思っていても、無学である我輩からすればお主のように務めを
果たしているのは立派である以外、言葉が見当たらぬからな。フハハハハ!!!!!

まあ、お主はお主なりにこれからも身体の健康を損なわぬ様に頑張ってくれ、と応援するぞ。

後、木通(アケビ)を贈って頂き、感謝致す。久しぶりに秋の自然の味を堪能できたうえ、懐かしくて美味かったぞ。
このお返しは近いうちに果たすゆえ、待っていてくれぬか?

>219
止まっているのか? まあ、そういう事は初めてではないからな。止まればまた進むぞ。
だから斯様に落ち込む事はあるまい。

>220
うむ、その通り。ついさっき言ったがその後は進むのみだからな。
丁奉の真似をしたのか。真似するのであれば、もう少し気迫を出すのだ。そうすれば似ているぞ。

230 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/10/29(月) 00:42:26
>諸葛誕
おおおっ、何と!!!!! お主はいつぞや「なりきり板」の避難所で会った諸葛誕殿ではないか!!!!! 久しぶりだな!!!!!
あれから大分会わずじまいであったが、お主も元気そうで何よりだ。それで、今日は何の用があって此処へ?

ほう、淳于瓊への挨拶と向こうで奮闘している陳泰の手伝いに赴く旨を伝えに来たのか。承知した。
しかし正直言うと、お主のような実直な者が此処に居てくれたならば、より此処も面白くなりそうな気がするのだが……。

何、時折此処に訪れて応対すると? おお、それは嬉しいな!! ではその時になったら歓迎するからな、楽しみにしていてくれ。

>222
そこまで言うでない!!!!! お主からして見ればつまらぬ質問であろうが、此方からしてみればこの質問は、彼が苦心して
考えた末に出した質問なのだ。まあ、余程酷い質問で無い限り、どの様なものでも大丈夫だ。だからお主も一度出してみてはどうだ?

我々がキチンと答えるぞ。

231 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/10/29(月) 00:43:52
>淳于瓊
お主も久しぶりだな!!!!! しかも相変わらずの応答振りで健在である事が判り、嬉しいぞ!!!!!

群雄伝見てくれたか。その通り、今回の群雄伝の「いべんと」は曹操が青州の黄巾賊を降伏させ、吸収して自軍に編成したのを元に
したものだ。まあ、禰衡は口は悪いが、あれ程の「知」の持ち主をそのまま果てさせるのは惜しいと思ったゆえ、斯様なものになったの
だが……、武勇一辺倒であり、弱者に容赦が無かった我輩がそう考えるのは可笑しいかな?

ともあれ、そういう事だ。

お主のも見させていただいたが、太史慈とお主が奥義を使った時に「いべんと」が出るのか。まあ、太史慈は良しとして、お主の
場合は条件的に見て、発生させるのは少々難しそうだな。士気というのは例え中途半端であってもいざという時に使い、危機を乗り
越えるものだからな。それを考えると機会は少ないのかも知れぬ。

それとあと……、その後の特典らしきものが書かれていないのだが、これは発生したとしても何も無いのか? まあ実際だと、お主の
ところの軍師である田豊殿が群雄伝(袁紹伝 第4章「北部統一」)で「隙無き攻勢」を使った時、「いべんと」は発生したものの、
何も無しだった事があったからな。それはそれで良いのだが、逆に(群雄伝 呉後伝第3章「洞口の戦い」で)李異が「死亡的遊戯」を
使った時、武力が余分に5も上がったという場合もあるそうだからな。

まあ、お主がどう出るのかは此方としては関係無いのだが、少し気になるゆえ、教えてくれぬか?

>228
むむっ……、何だ? お主、何の話をしているのだ?

……何、アレキサンダー大王と戦うというのか? 無学である我輩でもその名は聞いた事があるぞ。何でも、身毒(インドの古称)の
西部から大秦国(=古代ローマ帝国の漢名)の東部に当たる地域(=ギリシャ、シリア、エジプト、イスラエル)までを支配下に治めた、
あの古代史上最強の男である、と。

まあ、世界の大部分を手中に収めたような男だからな、確かに他の者がその名を聞けば震撼を覚えざるを得ないであろうが、我輩と
しては是非御手合わせを願いたく思うな。

しかし……、その「ラ・ヨダソウ・スティアーナ」というのは一体何だ? 気になるな。
誰か教えてくれぬか?

232 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/10/29(月) 01:42:26
さて、今日は少し待ってみたが、どうやら此処までかな? では我輩はこれにて失礼させていただくとするぞ。群雄伝もそろそろ
第3章の用意が必要みたいだからな、それも考えておくとするぞ。

最後に総評としてだが、久しぶりに訪れると矢張り新鮮だな。心地良く皆の応答を返す事が出来たわ。
これからも我輩は頑張るゆえ、遠慮なくどんどん質問を送ってくれ。頼む!!!!!

では、さらばだ。フハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!! ノシ

233 :以上、自作自演でした。:2007/10/29(月) 02:06:29
質問どうつけたらいいか判らないんです
どうつけたらいいか迷うな

234 :斥候A:2007/10/30(火) 12:10:55
失礼致します!!! 御久しぶりです。諸将の方々!!!!!

御久しぶりですが此処に新たなる事実を持って参りましたので御報告致します!!!

「なりきり板」で「三国志大戦」の新たなる砦を発見致しました。それが此方です。

つつ【http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1193159720/

砦の主は呉の最後の丞相である張悌殿であり、慎重な礼儀を以て来訪者と意見を交わし、
かつ、かなりの速度で進行しているとの事です。

私からは以上です、では失礼致しました!!!!!

235 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/11/01(木) 21:33:39
今晩は、皆様ご機嫌いかがですか?

空に青の色無く、鬱々とした雲の幕が天に重く圧し掛かる日が続いておりますね。
喉を痛め床に伏せるものもちらと姿を見せ始めております故、民の皆様もどうぞ御自愛下さいませ。

>219
私の言が冗長故に民の皆様が逡巡されましたのなら只管にお詫び申し上げるのみですが……
人の流れもまた風の如く水の如く、澱み無き時もあらば滞る時もございましょうね。

存外、西涼の雄たる馬将軍が何処ぞにて場を一喝されたのやもしれませんが。

>220
此度もまた砦を粛々と守って下さいました事を感謝致します。
丁将軍の身真似をなさられた、と。呉の宿将であり大将軍、後には大司馬とまでなられた御方とか。
今はかの御方は、傍らにいらっしゃる諸々の弓手の皆様とで戦場を駆け巡られていると及び聞きます。
弓とは狙いを定めてこそ的を射抜くものでございますが、徒ながらに敵を射るその手腕は素晴らしいものですね。

>221
今晩は、お初にお目にかかります。瑯邪諸葛氏の嫡流であらせられる司空殿でございますね。
兵に心より愛されし御方ともまた聞き及んでおります。これより先は陳将軍の砦に御出でになられるのですね。
私は其方へ御邪魔する事は叶いませぬが、ご活躍とご繁栄をこの地より願っております。

矢張り国を等しく時を共に生きた御方なればこそ、場の喜びもいや増す事でございましょう。

>222
憤りのお気持ちはお察し致しますし、淳于将軍や呂将軍の御言葉に齟齬が出るやもとお考えの故かもしれません。
されど、如何なる論も言葉に棘を持たせてしまっては人の心を互いに抉り合う事となってしまいます。
人なればこそ言葉を互いに持ちます故、また言葉にて互いの意を解り合う事もできましょう。
心のさざめきますれば穏やかに在るもまた厳しき事と思いますが、どうぞ心静かに御出で下さいませ。

236 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/11/01(木) 21:58:23
>225
淳于将軍も御多忙の中、御身に損ない無くいらっしゃいますようで何よりでございます。

風の噂に聞きます所では私共の居ります戦の新たな場が示されたとの由。
その地では何でも、私などが戦へ赴く事が許されぬ、とも聞きました。
旦那様の如く、何れは戦場にて民と地の為に戦う事すら許されぬとも……

されど、この地においては将軍の御心が尽きぬ限り私共の立つ瀬もございます。
諸々に悩み深き時が何れ来るやも知れませんが、少しでも御力になれましたらと心より願う次第です。

>228
もしやすれば以前にお目にかかったのやも知れませぬが、
この洛の記憶定かならずして貴方様の御身分を悟り得ぬ事、どうかお赦し下さいませ。

戦は起こるべくして起こるに非ず、只、人の恣意を以って起こる物と考えております。
故、人一人の意思ではその奔流を如何とも止め難き物でございましょう。真、哀しい事にございます。

>229
本来なれば日に赴かねばならぬ所、折々に間を空けてしまいます事を申し訳なくも思っております。
無学と仰られますがとんでもございませぬ。呂将軍は世々の時事に通じていらっしゃいます上に
学よりも知識よりも大切な思慮と目をお持ちでいらっしゃいます。
謙遜は人の美徳にございますが、天下無双の御方が余りに己を低うされましては御正室様も喜ばれませぬよ?

通草がお口に合いました様で何よりにございます。秋も随分と、駆け足にて過ぎてゆくものでございますね……

237 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/11/01(木) 21:59:28
>233
私などは尊されるには能わず、只の女でございます。ですので、如何に堅くあらんと悩まれる事はございません。
日々の思いやささやかな疑事、また心に掛かる何がしかについて忌憚無く御言葉を頂ければ幸いです。
民の皆様あってこそ、この砦もまた立ち行くものであると私は思っております。

>234
度々の諜報、その手腕の素晴らしさには只々感嘆の思いを為すばかりです。
孫呉の終焉はまた切なくも素晴らしく毅然とした物であったとも及び聞きます。
かの砦もまた、喜びに満ちます事を心より願うばかりにございます。


それでは今宵はこの辺にて失礼致します。皆様にも良い事がありますように。

238 :以上、自作自演でした。:2007/11/02(金) 19:21:21
http://www.youtube.com/watch?v=lv-cUD8-sUE

淳于将軍、甄洛様。こちらを御覧下さい。あなた方が活躍された一戦ですぞ。

239 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/03(土) 01:15:07
監軍将軍・淳于仲簡、推参!!!!! 皆からの応対を始める前に少し申しておく事がある。此処に来るのが日毎に
少なくなってきているが、決して此処を去ろうとしている訳ではないのでそれを覚えておいて欲しい。

ただ此方が非常に忙しいだけなのだ。以上。

まあ、これを読んでくれているかどうかは兎も角として……。よし、来ておるな。では皆の期待と希望を乗せ、
淳于仲簡、いざ出陣だ!!!!!

>228
>・・・アレキサンダー大王はどうやら・・・・俺たちとやる気らしい

なるほど、古代の西洋史最強の男・アレキサンダー大王がお主と戦うのか。聞けば彼は少数の部隊であの強大な
アケメネス朝ペルシア帝国を散々に打ち破り、かつ滅ぼし、ギリシャ・条支国(シリアの漢名)から身毒の西域まで領土を
拡げた勇敢な男だ。生半可な戦い方では絶対に勝てぬからな。其処だけ気を付けるのだぞ。

あとこれを贈っておくぞ。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、愛玉子】【レフ・トルストイ『戦争と平和』】

>229-232
呂布殿、別に可笑しくはありませぬぞ。寧ろ弱き者を保護する事を心掛けるのは立派である事以外何もありませぬよ。
これからもその心掛けで是非、群雄伝や来訪者の応対に励んで下され。

それと、私の群雄伝の「いべんと」ですが、あれは確かに付け加えるのを忘れてしまいました。この「いべんと」の特典は
共に発生した後は、武力が5上昇するという事で御了承下され。

240 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/03(土) 01:16:23
>233
どう質問すればいいのか分からなくて困るとな? まあ、そう堅く考えず、友人に話しかける様に気軽にかければそれで良いぞ。
しかしその質問、どうも他の所でも全く同じ内容で返しているそうだが、何故だ?

ともあれ、これを贈っておくぞ。つ【肉まん、あんまん、大和茶、豆沙蛋黄中秋月餅(アヒルの塩卵入り月餅)】
【エーリッヒ・マリア・レマルク『西武戦線異状なし』】

>234
おおっ、お主はよく「ナンバーズ」についての報告をしてくれた斥候ではないか!!!!! してどうした? 何か発見を
したのか!?

何、此処に「三国志大戦」関連の砦があるというのか? そして、その城主というのが……、呉の丞相である張悌殿か。
覗いてみたが、進行が此処より速く、しかも内容が濃厚。私としては彼の精力的な取り組みに対して、「凄い」としか
言い様が無い反面、こうも同じ出典の砦がまた出来たというのが嬉しかったな。

斯様な報告をしていただき、感謝致す。報酬としてこれを贈っておくので、受け取って頂きたい。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、芒果的蜂蜜腌(マンゴーの蜂蜜漬け)】【ロバート・ルイス・スティーブンソン『宝島』】

241 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/03(土) 01:18:37
>235-237
いやいや、甄洛様こそ何分御変わりなく、元気に過ごされている模様で、こちらとしても嬉しく存じますぞ。
我々の居る戦場が新たに示された……、それは若しかすると、「三国志大戦3」の事でしょうかな?
その噂なら聞いておりますぞ。何でも兵法は軍師に委ねられる事になった他、様々な新たなる条件がついたとか……。

何と、甄洛様及び袁煕様はその戦場に赴く事が許されぬ、と……。それは御気の毒な事でありますな。
幾多もの戦場に於いて、我々袁紹軍は貴女の計を以て修羅場を潜り抜け、勝利を果たしましたのに……。
此方と致しましても、貴女が来られないというのは考えられぬ事ゆえ、是非「せが」に直訴をしたく存じますな。

(されど、この地においては将軍の御心が尽きぬ限り私共の立つ瀬もございます。
諸々に悩み深き時が何れ来るやも知れませんが、少しでも御力になれましたらと心より願う次第です。)

おおっ、そう申されますとこの淳于仲簡、非常に感激致しました!!! 改めてこれからも共にこの砦の保持に
務めましょう!!!!!

>238
おおっ、これは……!!!

公孫瓚殿と孟獲殿が率いる南蛮軍との一戦の時の電影画像ではないか!!!!! 確かあの時は公孫瓚殿の奥義である「白馬陣」と
「連環の法」によって大いに苦しめられたが、殿(袁紹)や顔良殿、劉備殿と私があの時、官渡の一戦の時の曹操の様に死を覚悟
した攻勢に出、甄洛様が陣営の防衛に励まれたお蔭で無事勝利を飾る事が出来たのだったな。

今考えるとあの時勝利したから良かったものの、象兵は非常に防御に優れ、かつ敵を蹴散らして攻め立てるゆえ、厄介な相手で
あったと思うぞ。

斯様な情報を送っていただき、感謝致す。
これをどうぞ。つ【肉まん、あんまん、大和茶、海老雲呑】【室生犀星『杏っ子』】

242 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/03(土) 01:24:54
さて、今日は此処までかな? 来てくれた方々、本当にありがとう!!!!!
まあ、何度も申すが、来る頻度は少なくなれど、こうして来てくれる御主達がいる限り、決して此処を離れぬぞ。

此処を離れる時は私が死ぬ時。ただそれだけだ。

あと、群雄伝の方だが、申し訳無いが案がまだ出ていないのだ。なので今日はお休みさせて頂くが、出たら必ず公表するので
待っていていただきたく思う。

最後に、もうすぐ冬が訪れるゆえ、皆は身体の調子を崩さぬ様、1日1日を大事に過ごすよう、心掛けるのだぞ!!!!!
では、親愛なる皆の衆、さらばだ!!!

243 :以上、自作自演でした。:2007/11/05(月) 22:40:17
甄洛様・・・何卒、真剣なお願いを聞いてくださいませ。
生きる希望がないのでせめて最期は幸福に死にとうございます故、貴方様に
殺されるならば本望と思います。どうか自分を楽に討って下さいませ

244 :以上、自作自演でした。:2007/11/05(月) 23:34:31
淳于将軍!!!! 三国志大戦3でも貴方の勇姿がお目にかかる事を
願っておりますぞ!!!!!

245 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/11/06(火) 23:09:52
今晩は、皆様ご機嫌いかがですか?

様々なる風聞が人の中にて交わされ、諸々の情報が確かならずとも耳に入って参りますね。
新たなる戦場に皆様は如何なる御心持ちにて赴かれるのでございましょうね……

>238
かの戦の模様が斯様な形で目に出来ますとは。天の神の目とも思しき様は何とも不思議にございます。
象はその巨躯にて私共の兵の算を容易く乱し、抗う事叶わずその身を吹き飛ばされてしまいます。
幸い私はかの獣に襲われる事少なくございましたが、
戦線にて相見えし淳于将軍や義父上様などはさぞ大変でございましたでしょう。

義父上様の勲しき号令は、真、兵の心意気を力と化す非常に強きものであるともまた実感致しました。

>241
昨今、とみに風が冷たく夜露の降りる日々にございます。
夜遅くまで務められます淳于将軍におかれましてはそれらの害も御身に厳しかろうと思います。
如何と身を鍛え、武を極められませども疫神の指は逃れられぬと申します。どうぞ御身をお厭い下さいませ。

遠い昔は舞いを好まれずとも弓手の一として御呼び頂き、今は敵の計を打ち消す手を以って望まれております。
そして後に戦へ赴く事を許されざれど、また何れかは時が巡れば皆様と共に戦う事も叶うと信じております。
故、一時の不遇は涙する事なくあるべきと思います。

淳于将軍は義心強き御方故、様々に御身のみにて抱え込まれる事もございましょうが
あまり御一人で悩まれませぬ様にもまたお願い致します。

246 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/11/06(火) 23:41:37
>243
己が生命を保つ事すら諦めてしまう程、今の貴方様の日々には悩みが重く圧し掛かっているのですね。
されど、私の手は貴方様を生へと呼び戻す為に伸ばす事はあれど、命を断つ為に振るう事はございません。

人がその人生の路の最後に幸せを感じられるは、
自らの生きてきた日々を自らで喜べる心持を以って他に授けられる事はないと思います。
無理に努力を求め、励む必要はありません。己の背丈の上を一足飛びに望もうとされる事も無用です。
生は苦しき物でございますが、死の中には喜びは決してございません。
望みは今無くとも明日に芽生えるやも知れませぬ。どうか、今の思いを貴方様の生の全てとなさらないで下さいませ。

命を断たれる事を願う程、苦しみの深き事でありましょうと思います。
それでも、諦めてしまってはそこで後の己が幸せすらも喪ってしまうのです。
どうか然様に寂しい事は仰りませぬ様、伏して請い願うのみにございます。

>244
如何となりますかは、全て天意の定める所にございましょうが……
私も貴方様と同じくに、淳于将軍の猛き御姿が変わらず戦場に在ります事を心より願っております。
噂に拠りますれば『群雄』なる括りができますとの話も及び聞きます。
今は只、義父上様始め、河北袁家の皆様の行く先に栄光のあります事を思うのみにございます。


それでは今宵はこの辺にて失礼致します。皆様にも良い事がありますように。

247 :以上、自作自演でした。:2007/11/07(水) 00:44:16
まだ都が平穏だった頃、
自分は兵士千人分に匹敵する剣豪だと思って
鍬しか持ったことないのに手に木刀を持って、突然腕を押さえて
「っぐわ!・・・くそ!・・・また暴れだしやがった・・・」
なんて言ってた

で、やっぱりそんな目立つ言動だと名家の奴らに
「小うるさいんだよ」と殴られたけど
大きな戦が始まるまでは牙を隠そうと思い、
「坊ちゃま、ここは我慢ですぞ。小物相手に技を使うことはなりませぬ」
という師の指示に従ってたつもりだった…

公道の武装してない文官ならともかく
戦帰りの雑兵に絡まれると悪夢だった・・・・

248 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/11/07(水) 03:04:55
2代目「飛将軍」・呂奉先、只今参上だ!!!!! また久方ぶりの登場だが、皆は如何お過ごしであろうか!!?
我輩は相変わらず元気だが、外はみるみる寒くなってきているようだからな。風邪を引かぬよう、気を付けるのだぞ。
まあ、風邪に限らず、「流感」の季節も近付いているがな。

さて、と……。よし、来ておるな。では皆の期待を背負い、いざ出陣だ!!!!!

>233
何、質問の付け方が分からぬだと? フハハハハ、そんなに迷う事ではあるまい。気軽に友と話しかけるかのように
何でも色々と話しかけてくれ。まあ、極度に受け入れ難い質問は遠慮させてもらうが……。

何でも答えるぞ、フハハハハ!!!!!

>>234
おおっ、お主は「ナンバーズ」の件の時によく来てくれた斥候ではないか!!!!! 久しぶりだな、どうした!!?

何っ、新たなる砦が見つかっただと!!?

……なるほど、砦主は祖国である呉の最期を見届けた丞相の張悌か。彼は確か、「若き獅子の鼓動」の象徴として姜維、ケ艾と共に
取り上げられたそうだな。しかしその二人と比べると能力的に低く、余り出陣する機会が無かったと聞く。それを考えると、その砦で
大いに活躍する様、激励を贈りたく思う。

これを贈るゆえ、後で彼に渡してはくれまいか?
つ【『西之門 よしのや』の善光寺味噌】

では最期に張悌に一言。

張悌、「三国志大戦」では斯様な状態になり、誠無念だと思うが、其処では皆から愛される、良き主として頑張るのだぞ!!!!!

249 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/11/07(水) 03:05:39
>甄洛殿
フハハハハ、そう申してくれると誠嬉しく思うぞ!!! 大丈夫だ。謙遜を忘れぬ将もまた強き将。我が妻の厳も理解して
くれているゆえ、悲しむ事はあるまいて。

>秋も随分と、駆け足にて過ぎてゆくものでございますね……

うむ、秋というのは他の季節と比べ、かなり駆け去るのが早いもの。故に心地よき秋を愛する者が多いのはその所為であろうな。
我輩も四季の中では秋は最も好きな季節だ。もう少し続いて欲しく思うぞ。

>238
ほう、淳于瓊と甄洛殿が活躍した戦いか。

見れば相手は北の勇将である公孫瓚と南蛮の王・孟獲が率いる象兵ではないか。確かに象兵は防御に優れ、倒すのが厄介なのだが、
それをものともせぬあの決死の攻勢は素晴らしいものだった。しかも甄洛殿も一度も撤退する事無く、攻守に徹したのも勝利の
鍵だな。

それと、淳于瓊が地味ながらこつこつと攻勢に徹し、一番乗りの攻城を決めたというのもまた面白味があって良かったと思うぞ。

>淳于瓊
フハハハハ、そうか!!!!! ではこれからもこの「弱きを助け、強きを挫く」調子で続けていくとするぞ!!!!!

ほう、武力が5も上がり、太史慈だと23、お主だと31も武力が上がるのか。それは破格の特典だな。
しかし……、逆にそれだと強くなりすぎて余り面白味が無い様に思うが、どうであろうか?

まあ、これは一個人としての意見だからな。聞き流してくれても構わぬぞ。

250 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/11/07(水) 03:06:23
>243
……何があったのかは分からぬが、斯様に死を望まぬ方が良い。よく「死んで楽になりたい」と言う者がいるが、
自ら命を絶つというのはこれから来る幸せと生きる希望を捨て、自ら地獄に赴く事を意味するのだからな。

それに、甄洛殿は専ら人に生きる意味を説き、人生の素晴らしさを諭させる人格者だ。絶対に了承してくれる筈があるまい。

こんな我輩ゆえ上手くは言えぬが、お主には必ず味方がいる。我輩や淳于瓊、甄洛殿もその範疇だ。だから何か悩み事があるの
ならば、我々に聞いてくれ。力になってやるぞ。約束だ。

>244
「三国志大戦3」か。向こうでは「西涼軍」「袁紹軍」「他勢力」は廃止となり、全て「郡雄」として出る事になるのだったな。
そうなると軒並み今まで出てきた多くの武将が出なくなりそうだが、逆に我輩と淳于瓊、甄洛殿、成公英が1勢力として力を
合わせ、出陣できる機会が生まれるそうだからな、こちらとしても淳于瓊達が出る事を望んでいるぞ。

>247
……我輩は斯様な文章に対しては疎い方なのだが、聞けばお主は相当の手練れという事らしいな。しかし、鍬しか持っていない
者が木刀を持つと妙な衝動に駆られるとは、余程、己の中の「獣」が血に飢えていると見たぞ。

まあ我輩も乱世から一時、平和な世になった時は戦いの時の感触が忘れられず、腕に発作的な疼き等が来たし、抑えるのに
一苦労したし、また、嗾(けしか)けてくる連中を殴りかかり、度々役人のお世話になる事もあったな。

見た所、お主には相当な武の素質があるが、一度道を外せばお主は(史実での)我輩の様になりかねない部分も持っている。
そこの所を気を付け、人生を歩んでもらいたい。


さて、どうやら今日は此処までの様だな。久しぶりゆえ、拙い文章が沢山あり過ぎる。もっと精進せねばなるまい。
最後になるが、暮れの瀬が迫るこの時期、厄介だからな。改めて皆、風邪と流感には気を付けるのだぞ!!!!!
 
では、さらばだ。フハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!! ノシ

251 :以上、自作自演でした。:2007/11/07(水) 13:48:39
>自分は兵士千人分に匹敵する剣豪だと思って
鍬しか持ったことないのに手に木刀を持って、突然腕を押さえて
「っぐわ!・・・くそ!・・・また暴れだしやがった・・・」
なんて言ってた


1、2行目の所だが、どうせ書くなら

自分は兵士千人分に匹敵する剣豪だと思い、
鍬しか持ったことのない手に木刀を持ち、突然腕を押さえて

とした方が良いんじゃないか?

252 :以上、自作自演でした。:2007/11/08(木) 00:36:15
243だけどまさかこんな真面目な返事が来るとは思わなかった・・・・感謝しまつ
代わりに超真面目な質問おいてきますね

貴方方の時代より2000年以上先の倭の国では
なぜか諸氏の戦が大衆娯楽になったり武将がカード化されるほど人気なんですが
ちょっと不安な要素があって、もし現代の貴方方の国の誰かが
「私は○○の子孫アルよ〜著作権料よこすアル」
とか「私の先祖に殺し合いさせて遊ぶのは止めるアルよ」とか言ったら
大衆娯楽に多少なりとも影響が出るのではないか・・・・
と考えてますがどう思いますか?

兵法や武術が専門の諸氏に聞くのもなんですが
お答えくださいませ

253 :以上、自作自演でした。:2007/11/09(金) 19:25:05
http://tamagazou.machinami.net/sakuraishigaichi.htm

254 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/11(日) 00:22:05
監軍将軍・淳于仲簡、推参!!!!! 久方ぶりにこの砦に来たが、最近、張悌殿と陳泰殿の砦が一際賑やかだそうで……。
此方としてはとても羨ましく思う。

と言うのも「なりきり板」自体、非常に活気がこの「キャラネタ板」よりもあるが故に斯様な状況になっているのであろうな。
よし、この砦が終焉を迎えたら次から「なりきり板」に新しく建てるとするぞ!!!!!

まあ、それはさておき。よし、来ているな。では皆の期待を裏切らぬ為にも、淳于仲簡、いざ出陣だ!!!!!

>243
むむむ……、お主に一体何があったのかは分からぬが、まだ年若い者がそう直ぐに生きる事に絶望してどうするんだ!!?
しかも慈愛を尊ぶ甄洛様に介錯を頼むとは……、気が知れぬ。

いいか? 自然に人生の幕を閉じたらそれはそれで仕方が無いが、自ら命を絶つ様な死を遂げたら大抵の場合、この世に
対して未練に思い、成仏せずに彷徨う事が多いそうだ。故に今は苦難の真っ只中であろうと、人生に諦めを付けず、頑張れば
希望の光はお主に差してくれる。だから生きなさい。

そうすればお主には何かと味方が付き、人生は広大な野原の様に変わると思うぞ。

来てくれたゆえ、これを贈ろう。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、林檎酥(林檎入り白あんパイ)】【乙川優三郎『生きる』】

>244
おう、お主から斯様に申してくれると私も是非「三国志大戦3」でも戦場を駆け回りたく思うぞ!!!
但し、「袁紹軍」ではなく、「郡雄」としてとなるが。

まあ、あと我が奥義である「烏巣の断末魔」があるかどうか、また例えあったとしても下降修正されているか。
覚悟は必要だと思うぞ。

これを贈ろう。 つ【肉まん、あんまん、大和茶、花生豆花(ピーナッツプリン)】【ジョン・スタインベック『怒りの葡萄』】

255 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/11(日) 00:26:13
>245-246
甄洛様。確かに風の冷たさは増し、愈々冬の訪れは参っておりますゆえ、此方としましても自らの身は大事に思っております。
ですが、大事に思うばかりですと却って軟弱に拍車がかかるもの。例え冬の厳しさが訪れようと時に己に厳しく鞭を打ち、寒気に
身を晒して鍛える事こそもまた男としてやるべき事の一つである、と思いますぞ。

確かに混乱の渦中に冒された軍を整え、体勢を立て直す貴女の策は誰から見ても間違いなく素晴らしきものです。その縁の下の
力持ちと言うべき貴女の御姿が見られなくなると言うのは悲しき事ですが、もし私が次の戦場に出られるのであれば、貴女の分まで
奮闘し、我が袁紹軍の健在と誇りを掲げる所存ですぞ!!!!!

>247
それは何かの小説の一部分であろうか? 「自分は兵士千人分に匹敵する剣豪だと思って鍬しか持ったことないのに手に木刀を持って、
突然腕を押さえて」というのは何だか響きからしてしっくり来ないと思うのだが……。どうせならもう少し簡略化して書いたらより
響きが良くて読みやすいと思うぞ。

しかし……、この主人公、「鍬しか持った事の無い」、という事は「生まれて一度も戦の経験が全く無い」という事になるではないか。
斯様な者が「自分は兵士千人分に匹敵する剣豪」だと思うのは少々思い上がっている様にしか思えぬぞ。

つ【肉まん、あんまん、宇治茶、『栗子酥』(栗の実あん入り中華パイ)】【川端康成『古都』】

>251
ああ、そうだな。その方が読みやすくて良いぞ。
訂正、御苦労様。

つ【肉まん、あんまん、大和茶、芝麻球(胡麻団子)】【金田一秀穂『金田一先生の厳選大人の漢字講座』】

256 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/11(日) 00:27:33
>248-250
矢張りそう思いますか。まあ、変えるとすれば武力を3にするか、知力を同じく3に上げるか……。そういう所ですね。

ところで呂布殿。この砦の前々身である「三国志キャラになりきろう!!」を建ててからもうすぐ1年が経ちますな。

……思えば初めの頃は、私は砦を建てても尚、他の所に越境して激しく非難を浴びたり、出典がハッキリしていないと
突っ込まれる等、色々な苦難の道を歩みましたが、反面、貴公や甄洛様、成公英殿、劉禅殿、龐徳殿、曹豹殿、蒋欽殿、
そして周瑜殿に太史慈殿といった、多くの同胞と共に戦い、かつ語り合う事により、良く此処までやって来れたものだと
思いましたぞ。

なのでこれからも末永く、私はこの砦で貴公達と頑張りたく存じますぞ!!!!!

257 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/11(日) 00:28:16
>252
ああ、あの時甄洛様の手で自決しようとした者か。
なるほど、感動したのか。まあ、此方としては来た返事を誠心誠意を持って返すのが我々の務めであり、天命だからな。

(三国時代の武将・政治家の末裔に対しての、著作権問題)

むむっ……、それはかなり難しい問題だな。申し訳無いが、私は法律にはあまり詳しくないゆえ、上手くは言えぬ。
だが、折角来てくれた故、出来る限りの考えを絞って答えるとするぞ。

倭国では「著作権法」というものがあるが、「著作権料」の場合はその象徴となった人物のみに発生するものであり、その
子孫には直接関係が無い為、発生はしないと思うぞ。

また、「私の先祖に殺し合いさせて遊ぶのは止めてくれ」という訴えの場合だと、その原告者が本当にその武将の末裔であるという
確証が無い場合、告訴は取り下げられるであろうな。特に今の時代から1800年位前の三国時代だと、その確実な証拠というのは
全くといって良いほど無い。告訴しても九分九厘は確実に却下されるかも知れぬ。

それは「恋姫無双」という、性的な部分を含む如何わしい電影遊戯であったとしても、だ。

因みに私が知っている、三国時代の人物の末裔なる人(?)は関新剛殿(蜀の猛将・関羽殿の62世の子孫)、倭国の実業家である
孫正義殿(呉の初代皇帝である孫権殿の子孫と主張している)、陳舜臣殿(自身の著書で、「梁上の君子」の故事で名高い、後漢末の
清流派である陳寔殿の末裔と語っている。故に、その息子と孫に当たる陳羣殿、陳泰殿もその祖先となる)がそうであり、また
孔明殿の末裔と主張する諸葛八卦村の村民や、劉備殿の孫である劉永殿の子孫もその範疇に入るそうだ。

まあ、倭国の戦国時代を舞台とした電影遊戯である「信長の野望」や「戦国無双」などの場合だと、三国試合と比べると大分時代が
近いゆえ、多くは「武将の末裔である」という確証は出来るが、作品が事実に基づいて作成され、冒涜かつ侮辱的な内容ではないゆえ、
訴えを起こしても却下されるであろうな。

258 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/11(日) 00:29:24
>253
むっ、何だそれは。見た事が無い住所だな。どれ、見てみるとしよう。

……ふむ、これは倭国のとある都市の写真のようだな。何というか、のんびりとして長閑であり、そして懐かしく思い、心が休まるぞ。
今倭国では「続・ALWAYS 三丁目の夕日」という、昔の倭国を舞台とした映画が話題となっているそうだが、正にこの町は
その実物そのものだと思ったな。

斯様な写真を贈って下さり、感謝致す。これをどうぞ。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、みむろもなか】【内田康夫『平城山を越えた女』】


さて、今日は此処までかな? 来てくれた方々、本当にありがとう!!!!!
久しぶりゆえ、所々文章にぎごちなさがあったかも知れぬが、次から修正してくるので御了承願いたく思う。

群雄伝はまだ発案が無いので公表は出来ぬ。だが、出たらば必ず公表するので、どうかもう少し待って頂きたく思う。

あと最後に一言。今年の晩秋は暖かい日が続くそうだが、一気に冷え込む可能性もあるからな、どうかそこの所を油断せず、1日1日を
大事に過ごしていただきたく思う。

では親愛なる皆の衆、さらばだ!!!

259 :以上、自作自演でした。:2007/11/14(水) 01:59:06
腕立てふせが一回もできません。
どうすればいいですか?

260 :以上、自作自演でした。:2007/11/14(水) 02:03:09
以下のアンケートに答えてください

今演じているキャラ数:
キャラハン暦:
いままでに演じたキャラ数:
完走回数:
逃亡回数:
嫌いなジャンル、キャラハン:
尊敬するキャラハン:
荒らしをした事は:
自作自演をした事は:
同性と異性、どっちがやりやすい?:
個スレと総合、どっちがやりやすい?:
キャラハンをやっていて最悪の失敗談:
なりきりの痛さを本当に自覚してる?:
端末、ブラウザは何を使っていますか?:
自スレ以外の巡回スレを教えて:
キャラネタの自治について:

261 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/11/14(水) 21:27:33
今晩は、皆様ご機嫌いかがですか?

風が大層涼やかになって参りまして、陽射し豊かなる昼の時は日向にて暖まりますのも心地良うございますね。
されど、迂闊に長居をしてしまっては夕の冷気で身を痛めます故、中々に弁えるが難しき時期とも思います。

>247
世が平穏なりし時は勇を抱きし者は所を得ず、事に拠っては狼藉者へ身を落とす事もあると言います。
それが故に力を徒にあからさまにすれば疎まれる事もございましょう。
そしてまた、武は己が力を信ずる事により成りますが、己を過大に思いては身の破滅を招く事ともなります。

如何とも、一時の心の内に在る己を認める念が肥大する事もございましょうが
密やかなる思いの中の楽しみと留めておきますが幸いとも思われる出来事にございますね。

>249
こと、お話を伺います度に顕わになります呂将軍と御正室様の間にございます深く強き絆を拝見するにつけ、
一人の女として大変に羨ましく、また素晴らしき比翼の鳥の様であると思わずにおれませぬ。
戦の地変われども御二人の態は変わらずと、部外の身にても思える次第にございます。

世は冷めるに難きと申します。故、夏の名残を延と引く秋は春よりも些か時が短き物と思えてしまうのでしょう。
儚きが故に望む時が長く、だからこそかの時は美しく、また愛でられるのでございましょうね。

>251
言葉には互いに語り合う時の言と、文字に記し文と為して衆目に晒す時の言がございます。
先に語られし文は舌に上り音となる物、そして貴方様が記されしは筆に乗り書となる物と思います。
口語の様が誤りと云う訳ではありませぬが、文字として記すには仰られます調が文意を測り易うございますね。

262 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/11/14(水) 21:42:50
>252
貴方様は……! また斯様に互いに生を保ち御目にかかれました事、この洛、至上の喜びにございます。
人は己の他の生に責は負えずとも、只一時なれど貴方様の憂いを薄くできましたならと願います。

私共の世にありましても、祖の所業を威張り、その行いにて世に広まりし諸々につきまして
血を引くと只それだけの所以において対価や官位を望む者もございました。
されど、あくまでも祖の為した事を裔が誇るは失笑を生むのみにて当人の質が劣れば認められも致しませぬ。
故に貴方様の懸案なされる様な事は、少なくとも英傑名士を祖とする誇りがありますれば
口に出し呼ばわる事も、まして心に思う事もございませんでしょう。御安心下さいませ。

往々にて、然様な事にて声を荒げるは出所も確かならざる自称の類である事もございますし。

>253
如何とも不思議な館や砦……でございましょうか?居並ぶ様は面妖なれど、何処か寂しさを覚えます。
時を止めたが如くな様が散見され、また装いを異とする物が相混じり並ぶ路は愁心を呼び起こす様にございます。

その折の気候の故でございましょうが、建物の合間に見える空が薄白く鈍い色合いでありますのも
青く輝く生気の満つる風景とはまた違う仄かな影を落としている様でございますね。
侘しくも美しい絵を御持ち頂き、ありがとうございました。

263 :以上、自作自演でした。:2007/11/14(水) 21:43:04
>>260
ここの穏やかな空気を潰そうとしているような気がする。
アンタもその質問は自重した方がいいぜ。

264 :甄洛 ◆Pwpzq0udAs :2007/11/14(水) 22:00:54
>255
正に勇と智を保ち、研鑚を為される淳于将軍には大変に差し出がましい物言いと後に自省しておりました。
世を担い国を支える男子たる御方なれば一頃に己を甘やかさずに鍛錬を重ねられるのでございますね。
女は携えし手の小さきが為、家を保ち主の身を私事として憂えるのみとなります故……

全てには始まりあらば終わりがございます故、心に哀しみを多く携え思い悩む事はございませぬが
皆様が後に敵が策に心を惑わせられる事がございました時に御力に為れませぬのが悔しうございます。
また何れは、我らが殿と共に戦場に赴く事ができましたら、と今は天地に願うのみです。

>259
人の体は一度に無数の負担を受けて保たれる様には出来ておりませぬ。
日々研鑚を重ねてあれど、その分を超えてしまえば人の身は非常に脆きものでございます。
故、決して無理をしてはなりませぬ。先ずは身を伏せ、上半身のみを腕で支える。
それが容易くなりましたら膝より上を。それが叶いましたらば全て。斯様に段を踏めば何れは重ねて為す事ができましょう。

>260
箇条にて記されし質問の類でありますとは承知しておりますが、内容が如何にも存じぬ物ばかりにございます。
知らぬ言葉を知ると身の丈に合わぬ事を為して恥を見せますればひいては袁家の恥ともなります故、
此処は只、この洛の無知を以って愚かなりしとされ、質を引いて頂ければ幸いです。

>263
人の知は疑問より生まれ出でると申します。故、此方には諸々の疑義を携えし民の御方が御出でになられます。
されど、私は天仙鬼神ならぬ人の身でございます。知る事より知らぬ事のほうが多うございます。
知るは知る、知らぬは知らぬ。為せるは為す、為せぬは為さぬ。
分を弁えるが人の本分と思っております故為せぬと明言するを恥とは思いませぬ。

只、貴方様の御心遣いに深く感謝致します。


それでは今宵はこの辺にて失礼致します。皆様にも良い事がありますように。

265 :以上、自作自演でした。:2007/11/14(水) 22:23:56
嫌いな人はいらっしゃいますか

266 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/11/15(木) 00:23:02
2代目「飛将軍」・呂奉先、只今参上だ!!!!! 今日は快晴で爽快な一日であった。

まあ、それはさておき。今、世界杯排球(World Cup Volleyball)で倭国が玖馬(キューバ)相手に善き戦いを展開しているそうだ。
聞けば玖馬の選手は背が高く、丸で鳥の様な跳躍力を持ち、それを武器に相手を翻弄する、世界的にも相当な実力を持つ国だそうだ。
斯様に手強い相手をものともせず、果敢に立ち向かう姿は正に融資ゆえ、ぜひとも倭国には勝利を飾り、来る薊(=北京の古称)での
五輪出場を決めて貰いたく思うぞ!!!!!

さて、どうやら来ている様だな。では皆の期待を背負い、いざ出陣だ!!!!!

>251
そうだな。区切りに「〜て」と続くのが何だか、読みにくくしていたそうだからな。お主の様に文章をそうしてくれると
読みやすくてしっくり来ると思うぞ。

267 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/11/15(木) 00:24:15
>252
おおっ、お主はあの時の……。そうか、考え直してくれたのか。それは良かった。

何、我々の時代を象徴とした遊戯が流行り、それに伴って著作権料や先祖の冒瀆として訴訟を起こす恐れがあるというのか?
うむ……、それは確かに難しい問題だな。

元を辿れば我々の物語は史実より華やかさを施した羅貫中の「三国志演義」から始まり、それが後世の者に多大な影響を与え、
お主等の時代になると電影の類や札での遊戯と変化した。しかし中には如何わしいものにまで変化したものもあり、事実それで
現代の中原の民がそれに対して怒ったのだが、具体的に訴訟までは至らなかったそうだ。
…まあ、その武将の末裔なる者が止めろと言われても、我々の時代とお主の時代は遥かに隔てているゆえ、遺物等、殆どの物的
証拠は風化して無くなっているから、例え訴訟を起こしても却下されると思うぞ。これは著作権料請求にしても同じだ。

ただ、淳于瓊が以前取り上げてくれた、「恋姫無双 〜ドキッ★乙女だらけの三国志演義〜」はどうも性的に如何わしく反感を
買いそうな内容だからな、それに対しては中原の文化を冒瀆しているとして、法的措置を取られる可能性はあると思うぞ。

それと、これは個人的な意見だが、我輩もあの武将を女性化にした電影遊戯(のみならず、電影動画や書籍もだが)は男の
「憧れ」と「浪漫」を損なわせるゆえ、やめた方が良いと思うぞ。

>淳于瓊
そう言えばもうそんなに経つのか。ある倭国の書の冒頭では

「月日は百代の過客にして、行きかふ年も又旅人也。」(松尾芭蕉「奥の細道」)

とあるが、正にその通りだと思ったな。何事も無く、慎ましく事を進めると穏やかに時は流れるが、それは我々が気付かぬ
ほど緩やかであるがゆえ、気が付けば「ああ、もうこんなに経ったのか」と勘違いを起こさせる。だが、その「勘違い」こそが
この砦をこんなに長く友と一緒に守り抜いてきたのだな、としみじみ思わせ、気持ちを穏やかにさせるのだからな。

我輩としてもお主と同様にこれからも皆と一緒に此処で末永く頑張り、来訪者の期待に応えようと思うぞ。

268 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/11/15(木) 00:27:06
>259
腕立て伏せが一回も出来ぬとは……。それは大変だな。まあ行き成りやるのは却って健康を損ないかねぬからな。まず腕の力や
脚力を徐々に鍛え上げて基礎をしっかりとさせ、その後前身を鍛え上げて盤石にするのが必定であろうな。まあ、それは無理せぬ
程度にだが。腕立て伏せをするのはそれからだ。

>260
何だ、それは? 見る限り、この「キャラネタ板」や「なりきり板」などで不正をした事があるのか? と言いたげな感じだな。
まあ、良い。お主の意見、受けて立とうではないか。

今演じているキャラ数:我輩は我輩。それ以外は無い。
キャラハン歴:此処に来て大体10ヶ月になるであろうな。
いままでに演じたキャラ数:我輩は我輩。それ以外何者にも化けてはおらん!!!
完走回数:何せ居候の身だから無いぞ。
逃亡回数:無い。来るものにはそれ相当のお返しはしている。
嫌いなジャンル、キャラハン:「キャラハン」とやらではないが曹操。あ奴とは不倶戴天の敵だからな。
尊敬するキャラハン:此処にいる者全てだ!!!!!
荒らしをした事は:過去に越境を2、3度はある。
自作自演をした事は:我輩は我輩。故に無い。

同性と異性、どっちがやりやすい?:「もしも」ではあるが、やるとすれば同性だな。武人が女性に成りすますというのは
男が廃る行為であり、気持ちが良いものではないからな。

個スレと総合、どっちがやりやすい?:どちらでも良いぞ。
キャラハンをやっていて最悪の失敗談:識別符を間違えた事かな?
なりきりの痛さを本当に自覚してる?:一つ道を踏み外せば修羅場と化す所だからな。そこの所は覚悟しておるわ。
端末、ブラウザは何を使っていますか?:そんな専門用語は知らぬ!!!
自スレ以外の巡回スレを教えて:秘密だ。向こうの人権にも関わるからな。
キャラネタの自治について:しっかりこの板を取り締まってくれていると思うぞ。

まあ、こんなものかな? まだ何か不足しているのであればどんどん言ってくれ。余程の事でない限り答えるぞ!!

269 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/11/15(木) 00:30:18
>甄洛殿
全くその通りだ。四季其々、明確な趣をきちんと持ってはいるが、秋はその中でも夏の淡い儚さと来る冬の訪れを持ち、
また人の心を豊かに、優しくしてくれる季節だからな。だから斯様に人は望む事を長くある事を欲する。まあ、だからと
いってそれが期待通り長く続けば、次第に飽きてくるのもまた事実。やはり適度に短く終えるのが最も良いのであろうな。

……我が妻の厳は反面気丈であれど内面は繊細であるからな。我輩は彼女のその様な所に惚れ、一緒になったのだ。故に、
斯様に武勇を振るっているのは民を守る為である反面、妻子を守る為でもあるのかも知れぬ。もしも我輩が厳と玲gを守り
きれなかったのであれば、我輩に非があるゆえ、生きる力を一気に失うであろうな。

愛人に唆(そそのか)されて髪を切り、怪力を失った西域の地イスラエルの英雄・サムソンのように、な。
まあ、そんな事は絶対にあり得ぬが、な。フハハハハ!!!!!

袁煕、お主も甄洛殿の事が本当に好きであれば、命を賭して守ってやるのだぞ。分かったな!!!

>263
そういきり立つな。我輩は単に淳于瓊の真似をして来訪者に答えているがゆえ、怪しく思ったのであろう。
だが我輩は我輩。斯様に怪しく思われようが、直ぐに潔白である事を証明してみせる故、気にする事はあるまいぞ。

フハハハハ!!!!!

>265
矢張り曹操だな。徐州では父の仇という名目を掲げ、何の罪も無い大勢の民を殺め、また自身の独裁体制を敷くべく
献帝陛下を祀り上げ、「漢王朝の為の反乱軍の討伐」と偽って次々と群雄を打ち破ったのだからな。

やる事なす事が狭量に思えて仕方が無いわ!!!!!

270 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/11/15(木) 00:52:11
さて、今日は此処までかな? 来る頻度が少なく、進行が緩やかではあるが、まだまだ健在ゆえ、これからもどうか
宜しく御願い致すぞ!!!!!

最後に、実は他の砦を巡察してみたのだが、どうも我が軍の高順が新たに砦を建てたそうだ。此方としては張遼と共に
頑張る様で嬉しい限りであり、繁栄を願うばかりであるぞ!!!!!

それと、寒気が強くなるばかりゆえ、皆は体調を十分整え、これから迎える冬を無事乗り切るよう頑張ってくれ!!!!!

では、さらばだ。フハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!! ノシ

271 :以上、自作自演でした。:2007/11/15(木) 01:39:59
名月を見てどう感じますか?

272 :以上、自作自演でした。:2007/11/15(木) 02:09:06
曹操ガ憎イ…
奴サエ居ナケレバ……

273 :以上、自作自演でした。:2007/11/17(土) 00:58:51
呂布って知力1なのにしゃべれるんだね

274 :以上、自作自演でした。:2007/11/18(日) 01:38:26
陳宮が代筆してるんだろ。きっと

275 :以上、自作自演でした。:2007/11/18(日) 01:52:20
>>273
ワロタw

276 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/18(日) 22:07:21
監軍将軍・淳于仲簡、推参!!!!! 今日は温暖な気候ゆえ、少々外に出かけたが、汗ばんだぞ。

まあ、それはさておき。最近、「なりきり板」の動向が非常に気になり、時折覗いてみたものの、矢張り活気が
凄いな。まあ、此方としても負けてはおれぬがな。

よし、今日も来ておるな。では皆の希望と期待を背負い、淳于仲簡、いざ出陣だ!!!!!

>259
腕立てが一回も出来ないだと!!? ううむ、お主、余り運動等しなかったのか? 

そうだな……、まず腕と足を其々独立させた運動を施して徐々に筋肉をつけ、それから全身を鍛えるようにするのだ。
例えば手を開いたり閉じたり、腹筋、鉄亜鈴など重い物を少ない回数から始め、繰り返し持ち上げたり……、そういう
運動をすれば少なからず筋肉はつくと思うぞ。

然すれば腕立て伏せが出来る体になろう。

これを贈るぞ。つ【肉まん、あんまん、大和茶、油淋鶏(揚げ鶏のたれ掛け)】
【湯浅景元 ・青木純一郎 ・福永哲夫 編『体力づくりのためのスポーツ科学』】

鶏は脂肪分が少ない部位を使っているゆえ、筋肉を付けるのに最適だぞ。

277 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/18(日) 22:17:03
>260
何だそれは? これに答えた方が良いのか?
よし、良かろう。答えるとしようぞ。

今演じているキャラ数:私は私だ。それ以外なりすましてはおらんよ。
キャラハン暦:大体11ヶ月ぐらいになるな。
いままでに演じたキャラ数:無いな。
完走回数:完走かどうかはわからぬが、容量超過が2度ある。
逃亡回数:無い。途中で尻尾を巻いて逃げるのは来てくれた方々に失礼だからな。決して逃げぬように決めている。
嫌いなジャンル、キャラハン:「きゃらはん」ではないが曹操だな。
尊敬するキャラハン:特定は出来ぬが、来訪者を大事にする者は尊敬の念を払うに値するぞ。
荒らしをした事は:越境が幾度かある。まあ、悪い事なのは重々承知だがどう進行させるのかが勉強になった。
自作自演をした事は:無い。
同性と異性、どっちがやりやすい?:もし、するとすれば同性だな。
個スレと総合、どっちがやりやすい?:どちらでも良い。
キャラハンをやっていて最悪の失敗談:無い。
なりきりの痛さを本当に自覚してる?:無論だ。分からずしてどうして此処に来る?
端末、ブラウザは何を使っていますか?:分からぬ。
自スレ以外の巡回スレを教えて:「三国志大戦」あるいは「三国志」に関連する所だな。
キャラネタの自治について:まあ、これからも厳しく取り締まるよう頑張って頂きたく思うぞ。

さてこんなものかな? まあ、答え方に素っ気無さが所々見受けられるが、質問事項が詰問じみているゆえ、
少々それに合わしてしまった様だ。済まぬ。

これを贈ろう。つ【肉まん、あんまん、宇治茶、白油鶏(蒸し鶏)】【瀬川拓郎『アイヌの歴史』】

278 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/18(日) 22:17:52
>261-262、264
甄洛様、毎度御多忙の最中に来て下さり、感謝致します。

いやいや、斯様に暑い日であろうが寒い日であろうが、日々鍛錬を積んでいる我々を斯様に心配をして下さる事は
我々にとって非常にありがたき事です。なので斯様に自重なさらぬよう、御願い致します。

あと、今日まで私は次の戦場に移っても戦場で駆け回りたいと思っておりましたが、「三国志大戦3情報」というものが
ありましたので拝見いたしました所、私は一応出られるものの、新たなる札が出ておりませぬゆえ、どうも「排出停止」
扱いであり、どうも私もどうやら此処までの模様であります。
…ですが此方と致しましてはまだまだ戦場を駆け回れる可能性があると思い、これからも頑張ろうという気持ちで一杯ゆえ、
諦めてはおりません。

おっと、もうこの時間か。では甄洛様、私はこれにて失礼致しますが、これからも共にこの砦で皆の期待に応えるべく、
頑張りましょう。

>263
まあまあ、そう申すでない。此処はよほどの事が無い限り、どの様な質問でも許可しているのだ。
気持ちは分かるが此処は穏便に済ますよう御願い致すぞ。

これを贈ろう。つ【肉まん、あんまん、宇治茶、雪菜豆腐(高菜と豆腐の旨煮)】【赤川次郎『落葉同盟』】

>265
嫌いな人か……。私としては曹操だな。漢王朝の実権を掌握し、刃向かう者は民であろうと誰であろうと悉く抹殺。
しかもそれが自らの部下であっても、その者が少しでも抗うのであれば、容赦なく粛清していたからな。
……あの赤壁の戦でもし曹操が勝利していたらば、献帝陛下は確実に強制的に禅譲を迫られ、命を奪われる可能性まで
出ていたのかも知れぬ。

まあ、多少過大に発言してしまったが、それほど狭量な男なのだよ、曹操という男は。

これを贈ろう。 つ【肉まん、あんまん、大和茶、林檎羊羹】【アーネスト・ヘミングウェイ『武器よさらば』】

279 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/18(日) 23:04:14
>266-270
ええ、その心意気ですぞ呂布殿。改めて此方からもこれからも何事も無く、続けていき、何年、何十年も頑張って
いきましょうぞ!!!

あと、「三国志大戦3」の話になりますが、どうも貴公は余りにも強いという事ゆえ、「使用禁止」となっておるようですぞ。
此方としては貴公が出られぬことは甄洛様と同様、淋しく思います。ですが、まだ出られる様にする可能性は少なからずある
かも知れませんからな。貴公が「三国志大戦3」になっても出られるよう願っておりますぞ。

>271
何、名月だと? そうだな……、神秘的な輝きを放ち、闇夜を照らしていると思うのだが……。
西域の国では月は国の繁栄を象徴する反面、人を狂気にさせるものと言われているそうだが、
私としてはあの優しく、かつ美しい輝きを見るとそのようには思えぬ。それに、雲の切れ間から
見える名月というのは更に神秘的に見え、より趣が出て良いぞ。

これを贈ろう。つ【肉まん、あんまん、大和茶、萩の月】【森鷗外『阿部一族』】

>272
どうしたお主? 曹操に何かされたのか? 斯様に憎く思うのは此方とて気持ちは
同じだが、思い過ぎて回りが見えなくのも却って危険だからな。冷静に保つように
務めるのも大事だぞ。

これを贈るぞ。つ【肉まん、あんまん、大和茶、栃の実ゆべし】【大江健三郎『新しい人よ眼ざめよ』】

280 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/18(日) 23:04:55
>273
貴様、「呂布のくせに喋れる」とはどういう事だ!? 確かに呂布殿は智に関しては疎いかも知れぬが、
其処まで疎くは無い。それに知力1というが、それは「天下無双」の方の様だな。残念ながら此方の呂布殿は
「赤兎咆哮」の呂布殿だ。よくこの砦を見返した方が良いぞ。さもなくば……。

おっと、此処までにしておこう。

>274
代筆なぞしておらぬ。キチンと自分で喋っておるわ!!!!!

>275
笑うでない!!!! (バシッ!!!!! ←>275に平手打ちをした音)

>273-275
お主等にはこれを贈るゆえ、人を見る眼を鍛えなおせ!!!!!

つ【和田迪子『人間関係を見直す心理学―家庭と職場の中で上手に“自己実現”を果たすために』】
つ【中上健次『軽蔑』】

281 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/18(日) 23:05:55
……さて、最後のあたりは色々とあったが、来てくれた方々、本当にありがとう!!!!!
では最後に、久しぶりに群雄伝を発表するぞ!!!

なりきり群雄伝 第2章 (12) 戦闘勝利

禰衡 「畜生!!! 単なる馬鹿共の集まりだと思っていたが、なかなかやるじゃねえか!!!」

淳于瓊 「戦というのは単に智略で勝てるというわけではない。戦の経験の有無によって勝利を掴む事も出来るのだ。」

禰衡 「俺はその経験とやらに敗れたって言うのか……。悔しいが、その通りかも知れねえな。」

淳于瓊 「だがお主はその経験が無いにもかかわらず、我々を苦戦させた。そこで御願いがあるのだが、どうか我が軍の参謀として
共に戦ってはくれぬか!?」

禰衡 「ハッ、何を馬鹿な事を言ってやがる!!!!! テメエの事を散々詰った俺だぜ!? そんな寝言を言う暇がありゃあ、
さっさと俺の首を刎ねたらどうだ!!?」

淳于瓊 「だが断る。例え口が悪かろうが何であろうがお主の智謀を葬るのは余りにも惜しい。 我々はお主のような人物をよく
見ているゆえ、こういう事を言われるのは慣れている。改めて言うが、どうか我が参謀としてその智謀を大いに奮ってはくれぬか?」

禰衡 「……本気か? 場合によっちゃあテメエの事を裏切るかも知れねえんだぞ。それでも良いのか?」

淳于瓊 「その時はその時だ。覚悟は出来ている。」

禰衡 「……勝手にしろ!!!」

こんなものかな? まあ、余り彼を見る事が無いゆえ、こういう風に言うかどうかわからぬが……。

最後に、いよいよ冷え込みが強くなるからな、身体を十分暖めて休むのだぞ!!!!!
では親愛なる皆の衆、さらばだ!!!

282 :以上、自作自演でした。:2007/11/18(日) 23:15:50
自炊とかできます?

283 :以上、自作自演でした。:2007/11/18(日) 23:28:35
何か低レベルな質問吹っかけてる馬鹿がいるなー。

284 :以上、自作自演でした。:2007/11/19(月) 01:53:39
低レベルだろうと全く書き込みがないよりマシじゃろ
ただでさえ人がいないんだし…

285 :以上、自作自演でした。:2007/11/19(月) 03:32:40
中絶代払えば中出ししてもいいという考えについて
どう思いますか?

286 :以上、自作自演でした。:2007/11/21(水) 01:10:23
なんか不穏な空気だな……
みんなで陳泰か張悌の所へ亡命しようぜ

287 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/11/21(水) 23:33:11
2代目「飛将軍」・呂奉先、只今参上!!!!! ここ数日の間で一気に冷え込んだな。こりゃ風邪には要注意だぞ。
我が軍では急遽、多くのオンドルや焜炉を設置しておるわ。

皆もそろそろ冬に向けての準備をするように。

さて、どうやら来ている様だな。では皆の期待を背負い、いざ出陣だ!!!!!

>271
名月か。少々妙な話になるが、綺麗に月光が輝き、景色を神秘的に彩るのは見ていて心が踊り、外にでてはしゃぎたく思うぞ。
何せ日中とは違い、違う世界に来ている様な感じだからな。

多少雲が浮かび、その間から月光が照らし込めば、もう文句無しだな。月に杯を掲げ、酒を飲みたく思うわ。フハハハハハ!!!!!

>272
どうしたお主、曹操の奴に何かされたのか!!?

(>272 「我ハ徐州ニ住ム民。我ガ妻子、曹操ニ殺メラレタ……。奴サエ居ナケレバ、我々ハ平穏ニ暮ラセタノニ……。」)

徐州の民だと!!? そう云えば曹操の奴、自分の父親(=曹嵩)が徐州牧の陶謙の部下に殺されたと聞くが……、一体何が
あったというのだ!?

(呂布の配下兵 「斥侯の情報によりますと、その怒りの余り、曹操は凡そ10万もの徐州の民を殺めたそうです。」)

何だと!!!??? 何の罪も無い民に敵討ちの為の矛先を向けるとは、全く以て言語道断!!!!! 我が武を以て曹操の奴に
一泡吹かせるぞ!!!!!

288 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/11/21(水) 23:33:53
>273
知力1の我だと……? フハハハハ、それはどうやら「天下無双」を使う我の事のようだな。
残念ながら我は「赤兎咆哮」の我ゆえ、そう云われても別に痛くも痒くもあるまい。

>274
いいや、陳宮は我が軍の軍師だ。只でさえ彼は多忙だと言うのに斯様な事をすると余計に忙しくなり、
身を休める暇が無かろうに!!!

>275
笑いたくば笑え。斯様な冷やかし如きに参る我輩ではあるまいて。

>淳于瓊
何だと!!!?? 我輩が「三国志大戦3」に出られぬだと!!? むむむ……、此方としては誠に不本意であるが、
これも天命か……。

まあ、今のうちに暴れる分だけ暴れ、赤兎と共に去ると致そうか!!!!!

というわけで皆、我輩の勇士を見られるのはあと僅かではあるが、どうか嘗て、この呂奉先が居た事を覚えていただきたく
思う!!!!! 短き間ではあるが、改めてどうか宜しく頼むぞ!!!!!

あと、お主の群雄伝を久しぶりに見たが、禰衡とお主のやり取りが面白く、相変わらず読み甲斐があって良かったぞ。
我輩も御返しとして近々書くゆえ、待っていてくれ!!!

>282
自炊か……。一兵卒の頃はよく炊事番をした事があるからな。飯を炊いたり、簡単な焼き物や煮物ぐらいなら出来るぞ。

289 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/11/21(水) 23:34:42
>283
そう言ってやるでない。向こうも何を質問すれば良いのか精一杯考えているのだ。
その気持ちを汲まず、斯様な事を口走るお主のほうが愚かに思うぞ。

>284
まあそうだな。枯れ木も山の賑わいだ。余程過激ではない限り、如何なる質問が来てもキチンと答えるぞ。しかし、この
「ただでさえ人がいない」というのは、この砦の実状なのか、はたまた「キャラネタ板」の実状なのか気になるな。

>285
何……、斯様に女性を愚弄する様な考えを持つ者がいるというのか!? 当然許せぬな。性交というのは、互いに子供が
欲しいと思い、合意を認めたうえで行うものだ。それを遊び半分で性交を行い、子供が出来た事が分かると中絶する為の
金銭を払って済ませるだと!!? ふざけるな!!!!! 人の命を何だと思っているのだ!!!!! 中絶というのは、
子供の命の灯火を消すだけではなく、女性の身体に、心に、多大な傷を負わせる事もあるのだぞ!!!!! それに
下手すれば二度と子供が産めなくなる恐れもあるというのに……。

馬鹿も休み休み言え!!!!!

現代の人間は斯様なまでに貞操を守らぬとは、全く以て言語道断!!!! もうこれ以上述べる気にもならぬわ、失礼する!!!!!

>286
フハハハハ、不穏か。我輩としては、ここがまだ出典が明確になっていない頃と比べると、まだ平穏そのものだと思うぞ!!!!!
あの頃は色々と賊が横行していたゆえ、平定するのに大変だったと淳于瓊が言っていたからな……。

まあ、別の所に行きたくば其れでも良し。陳泰も張悌も、お主等を快く迎え入れてくれるであろう。

さて、今日はここまでかな? 久方ぶりにここに来たが相変わらずこの砦が健在であった事にこの呂奉先、誠嬉しく思うぞ!!!!!
これからはもう少し多く来る様にするので、皆これからも此処を宜しく御願い致す!!!!!

最後に先にも述べたが、外が急激に冷え込んできたからな、くれぐれも風邪などを拗らせぬ様、十分気を付けるのだぞ!!!

では、さらばだ。フハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!! ノシ

290 :子供:2007/11/22(木) 00:42:01
「ねえ、赤ちゃんってどこからくるの?コウノトリが運んでくるの?」

291 :以上、自作自演でした。:2007/11/22(木) 20:59:54
呂布大好きー
淳于瓊より優しいんだもん

292 :以上、自作自演でした。:2007/11/22(木) 21:28:27
なにおー!!
オイラは淳于瓊が好きだ!!!

293 :以上、自作自演でした。:2007/11/22(木) 21:47:08
>>291
お嬢ちゃん、いつも来てくれる人に対して贈り物する人(淳于瓊)と
気さくに話をしてくれる人(呂布)、どちらが好きなんだい?

294 :以上、自作自演でした。:2007/11/23(金) 01:08:42
礼儀正しい人もいいけど……やっぱり男は多少ワイルドじゃないとね

295 :以上、自作自演でした。:2007/11/23(金) 13:11:04
ボクは甄洛様がいいー!

296 :淳于瓊 ◇AdovgbyWeU:2007/11/23(金) 21:47:49
Nov 9, 2007
夜、キャラネタ板の名無しとキャラハン、なりきりネタ板の名無しとチャットをやった。
なりきり板の奴、やたら顔文字を使ってやがったがきっと煽りにちがいねェ。
俺たちをばかにしやがって。

Nov 10, 2007
今日、巡回スレの古参から新しいキャラハンの援護を頼まれた。
性格を裏返したオリキャラのような奴だ。
リアルのネタ振りでいいってんで、休日の過ごし方を書いたら、奴は、レス番を間違えたり
荒らしに反応した挙句やっと長文レスしやがる。

Nov 11, 2007
今朝5時頃、解析したみてえなトリップを付けたキャラハンに突然レスされて
俺もトリップを貰った。なんでも、総合スレで酉漏れがあったらしい。
総合スレの連中ときたら、夜も寝ないでレスばかり書いてるからこんな事になるんだ。

Nov 12, 2007
昨日からこの真新しいトリップをつけたままなんで、騙りが増えちまって妙に不快だ。
いらいらするんで、腹いせに名無しどもへのレスを抜きにしてやった。
いい気味だ。

Nov 13, 2007
あまりに荒らしが多いんで同僚に相談にいったら、自分宛にでっけえAAを貼られた。
それから、もう自分はNG指定と名無しがいった。
おかげで今夜からよく眠れそうだぜ^^

297 :淳于瓊 ◇AdovgbyWeU:2007/11/23(金) 21:49:14
Nov 14, 2007
朝起きたら、総合スレだけでなくお気に入りのスレにも荒しが沸いてやがった。
自分のスレがやけに下がってるんで、自演をしに行ったら名無しの数が全然足りねえ。
レスを三日抜いたくらいで逃げやがって。
自治厨に見つかったら大変だ。

Nov 16, 2007
昨日、この板でマルチ始めようとしたキャラハンが一人、スレを立て逃げした、て はなしだ。
夜、巡回スレ中 マルチばかり。
自分の立てたスレ 自演し ようとしたら あしきりで落ちやがた
いったいおれ どうすれ ば

Nov 19, 2007
やと コピペさた も 新規のキャラハンまてない
今日 おれもネタかいたの、そこらじゅう に はる

Nov 23, 2007
コピー はりつ キャラハン きた
マルチはるため かたり
のっとってしま た です。

4
しつも
んあ

298 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/23(金) 23:05:09
監軍将軍・淳于仲簡、推参!!!!! いよいよ寒くなり、冬の到来が近づいて来たが皆の衆は如何お過ごしかな?
風邪は今の時期、大敵だから十分注意するのだぞ!!!!!

あと今日は政務からの帰り道、山の稜線が夕陽を浴びて綺麗な彩りになっていたぞ。暫くの間、立ち尽くして眺めていたわ。

さて、私の独り言はここまでにして、と……。よし、今日も来ておるな。では皆の希望と期待を背負い、
淳于仲簡、出陣致す!!!!!

>282
自炊か? そうだな……、よく母親の手伝いで、また一兵卒の頃によく飯などを炊いた事があったぞ。その為か今でも大体の
料理なら作れるぞ。

炊事洗濯等は大抵、女性の仕事という感じではあるが、男子たる者もまた、覚えておけば損は無いと思うぞ。
これを贈ろう。 つ【肉まん、あんまん、大和茶、扣肉豆腐(豚角煮と豆腐の旨煮)】
【ルイーザ・メイ・オルコット『若草物語』】

>283
そう言うでない。ここは余程の過激な質問が無い限り、何でも自由としているのだ。お主は恐らくこの砦に相応しい内容の
質問を欲しているそうだが、此方としては事を荒げようとしているようにしか思えぬゆえ、以後言動を慎むよう頼むぞ。

まあしかし、折角来てくれたのだからな、これを贈ろう。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、財富小餅干(フォーチュンクッキー)】【井川香四郎『ちぎれ雲』】

>284
まあ、お主の言う事は最もだ。ここ最近、来訪者の足音が途絶え気味であるからな。「こういう質問を待っています」云々など
言ってはおれぬわ。

これを贈ろう。 つ【肉まん、あんまん、大和茶、番餅(胡桃と黒あん挟み菓子)】【田中芳樹・幸田露伴『運命 二人の皇帝』】

299 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/23(金) 23:07:58
>285
何っ、そんな事を考える輩が居るというのか!!? それは怪しからんな。生命の誕生というのは、天地開闢の頃からの掟。其れを
最初から阻み、性の交わりを行うというのは神や自然に対しての冒瀆だ。その上、其れを金で済ませ、無かった事にするとは、我々の
時代だと処刑か宮刑に処しても可笑しくないくらいの罪だ!!! 恥を知れと言いたく思う!!!!!

声を少し荒げたが、これを贈るぞ。 つ【肉まん、あんまん、嬉野茶、薩摩芋の芝麻球(胡麻団子)】
【安部公房『カンガルー・ノート』】

>286
不穏か……。まあお主がそう思うのであれば仕方が無いが、此方としてはこの砦を立ち上げた頃と比べれば、何とも思わぬぞ。
あの頃なんぞ賊の往来が激しかったからな……、懐かしくは思うが矢張り敵わんかった事の方が強いぞ。

陳泰殿と張悌殿の所に行くと? まあ別に止め立てはせぬが、また此処に戻りたくなったら、いつでも戻って来てもいいのだぞ。

これを贈ろう。つ【肉まん、あんまん、阿波番茶、芝麻布丁(胡麻プリン)】【志賀直哉『小僧の神様』】

>287-289
おお、面白かった、と……。ありがとうございます。群雄伝を書く頻度は減りましたが、まだまだこれからも続ける意志は
ありますのでこれからも宜しく御願いしますぞ。

……まあ、淋しくなりますが、また「三国志大戦3」で「ばーじょんあっぷ」があれば出られる可能性というのはありますゆえ、
それまで此処は待とうではありませんか。其れまでは、どれほど他の将達が成長を遂げたのか、眺めておくのもまた悪くは
ありませぬぞ。

では短文ながら私はこれにて失礼致します、では。

300 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/23(金) 23:08:51
>290
むむっ……、素朴だが答えるには少々難しいな。いいかい、坊や。コウノトリが運んでくるというのは御伽噺の世界だけなのだよ。

この写真を見なさい。つ【http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn002/sizensei/sizens20.jpg

こうする事によって赤ちゃんは生まれるのだよ。分かったかい?

あとこれを贈ろう。つ【肉まん、あんまん、橘子果汁(オレンジジュース)、杏仁豆腐】
【アントワーヌ・ド・サン・テグジュペリ『星の王子様』】

>291
ハハハハ、そなたの気持ち、良く分かるぞ。確かに呂布殿は優しくて力が強く、悪い者は必ず倒す皆の英雄だからね。
だがこの私も子供は大好きだからな、呂布殿に負けぬよう強くなってそなたを見返すよう頑張るぞ!!!!!

これを贈ろう。 つ【肉まん、あんまん、苺果汁、完熟香蕉布丁(完熟バナナプリン)】
【福永令三・著 三木由記子・絵『クレヨン王国の十二か月』】

>292
おおっ、それは嬉しいな!!!!! 斯様な私を慕ってくれる子供がいてくれるとは……、天に、皆に感謝せねばなるまい。
よし、では坊やの為にもこの淳于仲簡、頑張るぞ!!!!!

これを贈ろう つ【肉まん、あんまん、葡萄果汁、芒果布丁(マンゴープリン)】【川内彩友美『まんが日本昔ばなし〈第1巻〉』】

>293
私が来てくれる者に対して贈り物をおくるのは私なりに考えた礼儀だ。また、呂布殿の様に奇策に話をして皆の相談に乗ったりして
くれるのもまた、呂布殿なりに考えた礼儀だからな。どちらが好きであっても、決して恨み言などを言ったり、奢り高ぶったりは
するまいて。

これを贈ろう。つ【肉まん、あんまん、八女茶、山査子巻】【川島省吾(=劇団ひとり)『陰日向に咲く』】

301 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/23(金) 23:10:12
>294
まあ、そうだな。多少、野性味があるのもまた、男としての魅力を引き立たせ、憧れの的になるからな。私の中では……、
呂布殿はその野性味溢れる人物の中でもその象徴であると思うぞ。

>295
そうか、坊やは甄洛様が好きか。確かにあのお方は慈愛が溢れているからな……。む? 「慈愛とは何か」だって?
慈愛というのは、人や動物に対して可愛がったり優しくする事だよ。坊やも甄洛様が好きならば、人や動物に対して
優しくするのだぞ、分かったかい?

これを贈ろう。 つ【肉まん、あんまん、林檎果汁、菠夢蛋糕(パイナップルケーキ)】【太宰治『走れメロス』】

>296
私に対しての反抗なのか、私の名を使って斯様な文章を送り付けるとは……。何を主張したいのかよく分からぬ。

それに……、この文章の筆跡を見ると、何処かで見たような感じがあるのだが……。

ああ、思い出した。ダニエル・キイス氏の「アルジャーノンに花束を」と同じだ。

生まれつき知的障害を抱えた主人公が脳の手術を行い、それによって拙い文章が次第に陳琳殿の様に知的な文章に変わるが、
手術の副作用により、次第に知的能力がまた下降を辿り、元の拙い文章に戻るという、文章で主人公の経緯を語った、万人に
涙を誘ったものなのだが……。

今この文章を見てそれを思い出し、目頭が熱くなってしまったぞ。

これを贈ろう。 つ【肉まん、あんまん、宇治茶、ひよこ饅頭】【ダニエル・キイス『アルジャーノンに花束を』】
あとこれも贈ろう。 つ【島田洋七『佐賀のがばいばあちゃん』】

302 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/23(金) 23:44:29
さて、今日は此処までかな? 来てくれた方々、本当にありがとう!!!!! 久しぶりであるからな、また拙い文章に
なり、申し訳無く思うが次は修正してくるので今後ともこの砦の事を宜しく御願い致す!!!!!

最後に、群雄伝を公表するぞ!!!

なりきり群雄伝 第2章 (13) 

呂布(西涼SR)「フハハハ!!! 此度の戦、なかなか手強い相手であったがこれで漸く平定できたわ。」

淳于瓊「ですが呂布殿、今の漢王朝の実状からすると今回のような反乱分子はまだまだ出現する恐れはあると思いますぞ。」

呂布(西涼SR)「それは我輩も予知しておる。まあ、来ればまた鎮め、反乱を起こさぬ気にさせるまでだが。」

淳于瓊 「ただ鎮めるだけではいけませぬよ。勝てば、情けを以て戦の虚しさを説き、更正させる。それが誠の平和を呼ぶ
方法であると私は思いますが……。」

呂布(西涼SR)「それはお主の言うとおりだ。だがその役目は我輩よりお主の方が適役であろう。現に、お主があの禰衡を
我が軍に迎え入れたのだからな。我輩はただ鎮圧するまでだ。」

淳于瓊 「そうですか。では更正役は私が担い、鎮圧の役目は呂布殿で、ということで宜しいですかな?」

呂布(西涼SR)「うむ、無論だ!! ただ、お主一人が全てを担おうとするでないぞ。此処には我輩や甄洛殿、周瑜、太史慈に
成公英といった仲間がいるからな。困った時は遠慮なく頼ってくれ、良いな?」

淳于瓊 「呂布殿……。ええ、分かりました。ではこれからも共に頑張りましょう!!!」

う〜む、何だか妙な文章になってしまったが……、仕方無い。
皆、この群雄伝に何か違和感があらば是非この淳于仲簡に一報をくれぬか? 頼む。

303 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/23(金) 23:45:09
では最後に一言。かなり寒気が増しているからな、よく暖を取って休むように。また風邪などを引いたらば、無理して動かず、
安静にして栄養を十分に摂るのだぞ!!!!!

では親愛なる皆の衆、さらばだ!!!

304 :郭嘉 ◆2GoFr2QJSw :2007/11/24(土) 23:06:31
淳于瓊将軍、重複防止や貴方への激励等を兼ねて武将一覧表を作成して参りました。
もとい張遼殿の砦の一覧表を見ていて興味を持っただけですが…
長いので分割していきますね。
@于吉 ◆U6f0aRYSz2(1スレ目>278)
@袁術 ◆0oVzRTD6no(1スレ目>121)
@袁紹 ◆UJTvxlI1hQ(1スレ目>202)
@袁尚 ◆nogM3/kmgg(1スレ目>238)
@袁譚 ◆nogM3/kmgg(1スレ目>239)
@俄何焼戈 ◆jnvIkFqYWA(1スレ目>537)
@何進 ◆5YeWyfwaw6(1スレ目>102)
@華雄 ◆9uaKSZvv6o(1スレ目>171)
★甘寧 ◆YUFE1wc8y2(1スレ目>284)
@韓猛 ◆qAdwks3cu2(1スレ目>606)
★顔良 ◆dqA.LgQArU(1スレ目>108)
@牛輔 ◆RXCMI6vwYI(1スレ目>417)
@紀霊 ◆orPOCPqcSw(1スレ目>126)
@姜維 ◆./U2N0IJ/Q(1スレ目>122)
@虞翻 ◆TxL3K.rF.o(1スレ目>155)
@献帝 ◆QRt.m.1.I.(1スレ目>467)
@高順 ◆W0jF6dB4YU(1スレ目>139)
@黄祖 ◆8hSuC8Y8HI(1スレ目>561)
@黄月英 ◆miLsENNzi2(1スレ目>855)
★公孫讃 ◆bBwyFIH8ys(1スレ目>153)
@皇甫嵩 ◆DSHLSc456. (1スレ目>207)
@兀突骨 ◆IDE7diJ0T.(1スレ目>170)
@司馬懿 ◆WZnUOGGzDQ(1スレ目>183)
★司馬師 ◆7EiiZz5C1.(1スレ目>135)
@士燮 ◆XZa/CEBOgc(1スレ目>435)

305 :郭嘉 ◆2GoFr2QJSw :2007/11/24(土) 23:07:15
★周瑜 ◆8xLu3o3MHU(2スレ目>335)
★淳于瓊 ◆AdovgbyWeU(1スレ目>1)
@荀攸 ◆yim/BeMBB.(1スレ目>112)
@蒋義渠 ◆fYah5/P3hM(1スレ目>233)
★蒋欽 ◆saiO1DEBQc(1スレ目>180)
@諸葛亮 ◆cbDJaRqcfs(1スレ目>544)
★徐晃 ◆HtwhwA4kPI(1スレ目>201)
@辛ピ◆g.GP3Ij6Ac(1スレ目>403)
@辛評 ◆x9ARu85oPc(1スレ目>870)
★甄洛 ◆Pwpzq0udAs(1スレ目>660)
★成公英 ◆W5aEVymhVg(2スレ目>9)
★赤兎馬 ◆6Nrl0vHYvM(1スレ目>356)
@曹仁 ◆pi3fxHkGTg(1スレ目>250)
@曹爽 ◆jlAUlIGe6s(1スレ目>162)
@臧覇 ◆OqMtgpiV/w(1スレ目>144)
@曹豹 ◆zXk46jAKcE(1スレ目>411)
@沮授 ◆CcATf3Z2Bw(1スレ目>236)
@孫策 ◆wi59/et1LM(1スレ目>637)
★孫堅 ◆KTaeijbRxk(1スレ目>163)
@孫権 ◆YV8el/ZP2o(1スレ目>635)
★太史慈 ◆PeXa0oJbDo(1スレ目>342)
@拓跋力微 ◆Jv35PHssZ.(1スレ目>352)
★朶思大王 ◆qSaGuXllTg(1スレ目>646)
@趙叡 ◆12IAfrdoec(1スレ目>611)
★周瑜 ◆8xLu3o3MHU(2スレ目>335)
★淳于瓊 ◆AdovgbyWeU(1スレ目>1)
@荀攸 ◆yim/BeMBB.(1スレ目>112)
@蒋義渠 ◆fYah5/P3hM(1スレ目>233)
★蒋欽 ◆saiO1DEBQc(1スレ目>180)
@諸葛亮 ◆cbDJaRqcfs(1スレ目>544)
★徐晃 ◆HtwhwA4kPI(1スレ目>201)

306 :郭嘉 ◆2GoFr2QJSw :2007/11/24(土) 23:07:49
@辛ピ◆g.GP3Ij6Ac(1スレ目>403)
@辛評 ◆x9ARu85oPc(1スレ目>870)
★甄洛 ◆Pwpzq0udAs(1スレ目>660)
★成公英 ◆W5aEVymhVg(2スレ目>9)
★赤兎馬 ◆6Nrl0vHYvM(1スレ目>356)
@曹仁 ◆pi3fxHkGTg(1スレ目>250)
@曹爽 ◆jlAUlIGe6s(1スレ目>162)
@臧覇 ◆OqMtgpiV/w(1スレ目>144)
@曹豹 ◆zXk46jAKcE(1スレ目>411)
@沮授 ◆CcATf3Z2Bw(1スレ目>236)
@孫策 ◆wi59/et1LM(1スレ目>637)
★孫堅 ◆KTaeijbRxk(1スレ目>163)
@孫権 ◆YV8el/ZP2o(1スレ目>635)
★太史慈 ◆PeXa0oJbDo(1スレ目>342)
@拓跋力微 ◆Jv35PHssZ.(1スレ目>352)
★朶思大王 ◆qSaGuXllTg(1スレ目>646)
@趙叡 ◆12IAfrdoec(1スレ目>611)
@張虎 ◆LyKV4QTtJw(1スレ目>168)
★張儁乂 ◆ReV0GDWFJA(1スレ目>111)
@張飛 翼徳 ◆GWx8tQAAjo(1スレ目>410)
@張梁 ◆NqkXQCCpMY(1スレ目>259)
★張翼 ◆6StG/2JbJ6(1スレ目>124)
@張魯 ◆2.vkso/iEU(1スレ目>418)
@陳泰 ◆NpXZMB1EEA(3スレ目>152)
@程c ◆HXmO8gxWWk(1スレ目>428)
@ケ芝 ◆74/1tA/5iY(1スレ目>399)
@董卓 ◆wT1lR7Pglw(1スレ目>550)
@トウ頓 ◆XAzdGikk86(1スレ目>241)
@馬岱 ◆bQ3DbstbSE(2スレ目>352)
@糜竺 ◆RN0vUlRtuE(1スレ目>630)
@文淑 ◆Wfhj11iG12(1スレ目>628)

307 :郭嘉 ◆2GoFr2QJSw :2007/11/24(土) 23:09:23
★逢紀 ◆xym.z4m8kw(1スレ目>133)
★ホウ徳 ◆EwwvM5AKdE(2スレ目>149)
★孟獲 ◆g8Hl9816Z6(1スレ目>355)
@呂威曠 ◆d94cknfWUk(1スレ目>4)
@陸凱 ◆QX1./kISm.(1スレ目>273)
@李儒 ◆jZCAbJ2vwk(1スレ目>551)
@劉安 ◆rhXDsbre36(1スレ目>425)
★劉禅 ◆v6R6H0Riy2(2スレ目>180)
@劉表 ◆GjoyHnbZDE(1スレ目>522)
★呂布 ◆aYQGge0yf.(1スレ目>136)

308 :以上、自作自演でした。:2007/11/25(日) 18:41:56
>アルジャーノンに花束を
ちゃうねんバイオハザードやねん

309 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/11/25(日) 23:18:21
2代目「飛将軍」・呂奉先、只今参上だ!!!!! 今日は徐州の下邳に赴き、動向を窺っていたが、何事も無くてよかったわ。

まあ、あそこは黄河と淮河の沖積平野であり、水陸両用の交通の要所であるうえ、古くは戦国時代から今日まで激しい戦の舞台と
なった所ゆえ、油断がならんのだ。まあ、此処に攻めてきたとしてもこの呂奉先率いる軍勢が持つ武と陳宮の智を以て追い払うがな、
フハハハハハハハ!!!!!

さて、前置きは此処までにして、と……。うむ、今日も来ているな!!!!! よし、では皆の期待を背負い、いざ出陣だ!!!!!

>290
むむっ……、それは難しい質問だな。まあ、コウノトリが赤ん坊を運んで来ると思うのであればそう思っておきなさい。何れ、
お主が成長すれば分かるのだからな、フハハハハハハハ!!!!!

……だが、我が娘(=呂玲綺、つまり呂姫)が生まれた時は、天から授かったと思ったり、また正にそのコウノトリが運んで
来た、という感じに捉われたな。

>291
フハハハハハハハ!!!!! そう言っていただくと我輩としても非常に嬉しく思うぞ!!!!! ではお嬢さんの為にも、
この呂奉先これからも頑張るぞ!!!!!

>292
そうか、まあ彼は来てくれる者に対して最大限のおもてなしをするのだからな。坊やが淳于瓊の事が好きである気持ちは
良く分かるぞ!!!!!

310 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/11/25(日) 23:23:26
>293
まあ、我輩が子供の気持ちになるとすれば、恐らくは淳于瓊の方に心が傾くのかも知れぬな。これは一般的な見解だが、
子供の物欲の強さというのは大人の比ではないからな。気さくに話をするだけでは腹はふくれぬと思うが……。

>294
「わいるど」……? 何だ、それは?

……何、野性的な事だと? なるほど。まあ確かに、男が斯様な部分を持てば、それは格好の良さに繋がる事もあるからな。
まあ女性でも、それを持てばそれはそれで格好が良いのかも知れぬが……。南蛮王・孟獲の夫人である祝融の様に。

>295
甄洛殿か。彼女は言わずもがな天女の如く慈愛に満ちた者だからな、良く分かるわ。それに絶世の美女で……。

何!!? 「じゃあ呂布の奥さんはどうなの?」だと? あのな、我輩は他人の観点から見て甄洛殿をこうして評価して
いるのだ。厳は我輩にとって架け替えの無い、生涯共に付き沿う女性であると思っておるし、この世で最も愛した女性だ!!!

>296-297
おっ、淳于瓊!!!! 久しぶりだな……、と思ったら偽者ではないか!!!!!

むむっ……、一体何を言いたいのか良く分からぬわ。見たところ、荒らしや立て逃げに逢った事が記されている上、徐々に
ぎこちない文章になっておるし……。何だ、これは?

311 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/11/25(日) 23:24:27
>淳于瓊
むむっ、淳于瓊!!!?? 今度こそ本物であろうな!!? (文面を見て)うむ!!! どうやら本物のようだな、
良かった、良かった!!!

そうだな……。「三国志大戦3」に出られぬとなると……、お主のいうとおり、他の武将の成長を見届けるしかないのか……。
我輩としてはそれは物足りぬが、仕方ないのであろうな……。「ばーじょんあっぷ」が非常に待ち遠しく思うぞ。

まあ最も、廖立や李厳といった、嘗て蜀の有能な武将や幕僚が平民に落とされ、諸葛孔明が亡くなった事によって復職出来
なくなったような結末、つまり「三国志大戦」自体が消え去る事が無い様に祈るばかりでもあるが。

あと群雄伝、見させてもらったが平穏にまとまって良かったぞ。

>郭嘉
おおっ、お主は曹操軍の名軍師として名高い郭嘉ではないか!!!!!
遠路遙々来ていただき、感謝致す!!!!!

何と、この人物表は……、張遼の砦で公表されていたものと同じではないか!!!!! まあしかし、初めの頃は出典が明確に
なっておらぬゆえ、「三国志大戦」には出ていない将もいたりと、これを作成するのは困難を極めたと思うが……、御苦労で
あったな。

ただ、一応「呂布」という名は出ているようだが、この「◆ioNvig/ly6」という識別符(トリップ)が付いている我輩の名が
出ておらぬようだが……、どうした? 付け忘れたのか?

もし付け忘れならば、入れてくれぬか? 因みに我輩の初登場は(1スレ目の>138)だ。頼む。

312 :呂布 ◆ioNvig/ly6 :2007/11/25(日) 23:25:43
>308
「バイオハザード」だと? あの倭国で映画にもなるほど有名な、人間と死人との戦いが主な内容の電影遊戯であろう?
斯様な文章を書き綴る場面がその電影遊戯にあるというのか?

……まあ、良い。実は我輩もあの淳于瓊の偽者の文章を見た時、(本物の)淳于瓊と同様に「アルジャーノンに花束を」の方を
思い出したのだ。何せ、そちらの方が印象が強いうえ、見ていて何だか切なくなってきたからな。


さて、今日は此処までかな? では我輩はこれにて失礼させていただくとするが、最後に一言。
今の季節、寒さが厳しいゆえ、体調管理は徹底して過ごすように!!!!!

では、さらばだ。フハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!! ノシ

313 :以上、自作自演でした。:2007/11/26(月) 17:34:47
ゆーきやこんこんあられやこんこん♪

314 :以上、自作自演でした。:2007/11/26(月) 21:14:45
やらないか

315 :314:2007/11/26(月) 21:35:39
「やらないか」というのは雪合戦の事だ。どうだ?

因みに倭国で中国地方を支配下に治めた戦国武将・毛利元就は部下に
雪合戦を屋内でわざとやらせ、屋外でやらせるように仕向け、武将の
性根を叩きなおさせたり、また息子の吉川元春と小早川隆景が雪合戦を
している所を見て、其々息子に何処の領土を統治させるのかを決めた
そうだ。

316 :以上、自作自演でした。:2007/11/28(水) 01:12:02
淳于将軍、張将軍が居られる砦では兵糧が底をついている模様でございます。
如何なさいましょう?

317 :以上、自作自演でした。:2007/11/28(水) 01:28:24
敵に塩を贈るほど我らが将軍は愚かではないわ

318 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/30(金) 23:11:35
監軍将軍・淳于仲簡、推参!!!!! 今日は日中、真っ青な空で清々しく感じたわ。故に、罰当たりであるが今日の軍の
鍛錬を午前中で切り上げ、兵達にゆとりの日を与えたぞ。まあ、これは私のみならず、実は殿も何人かの将を率いて政務を
一時切り上げて散歩に出かけていたそうだが……、あの後田豊殿に怒られはしなかったのか、今一気になったぞ。

まあ、私の独り言は此処までにしておいて、と……。よし、来ておるな!!! では皆の希望と期待を背負い、
淳于仲簡、出陣致す!!!!!

>304-307
おおっ、貴公は嘗て我が軍に所属し、後に曹操軍で軍師として手腕を振るった郭嘉殿ではありませぬか!!!!!
よく来て下さいましたな!!!!!

こ、これは……!!!!! 張遼殿の砦で公表されていた人物一覧表ですな!!! なるほど、これは凄い!!!!!
……ですが張遼殿と比べますと数は多けれど、長期に亘って来られた方々というのはほんの一握り。これからはより多く
滞在をして下さる将を招くべく、これからも頑張る所存でありますぞ!!!!!

では来て下さったので記念としてこれをお贈り致しますぞ。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、サムゲタン】【宮本輝『避暑地の猫』】

また何かありましたらば、遠慮なく此処に御出で下され、大歓迎致しますぞ!!!!!

319 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/30(金) 23:12:48
>308
何、「ばいおはざーど」だと!? 何だそれは?

(話を聞いて)何と、悪の製薬商が作り出した病原体(T−ウイルス)に感染し、動く「屍」と化した人間や突然変異した
動植物等を倒しながら黒幕を討つという、倭国の電影遊戯であったか。少し調べたが、しかもその病原体に感染した者は
初めは激しい痒みを訴えだし、今度は次第に思考力、知力の低下、異常な食欲の増加が生じ、最終的には大脳新皮質及び
前頭葉の壊死によって人を襲うそうだな。

まあ、以前私の名を使って書いた文章を見ると、その知能の低下が窺えたが、矢張り私としては「ばいおはざーど」よりも
同様の文章形式を使って万人の涙を誘った「アルジャーノンに花束を」の方が印象が強いゆえ、そう言ったのだよ。

これを贈ろう。 つ【肉まん、あんまん、宇治茶、いぶりがっこ(大根を燻製にした後、糠や塩で漬けた秋田の漬物)】
【ジョン・ロナルド・ローウェル・トールキン『指輪物語』《映画『ロード・オブ・ザ・リング』の元となった小説》】

尚、「いぶりがっこ」は私の知り合いで粛慎(しゅくしん、または『みしはせ』『あしはせ』とも読む:中国・周の代に現れた、
満州《中国東北地方及びロシア・沿海地方地方》に住んでいたとされるツングース系民族。日本には544年、欽明天皇朝の頃に
佐渡島に来着したというのが『日本書紀』に記載されている。のちの挹婁・勿吉・靺鞨・女真(満州)族、蝦夷《=アイヌ》は
この粛慎が分かれて形成された諸民族と考えられている)の出である者が居てね、その者からお裾分けしてもらったのだ。
結構コクがあって美味だぞ。

>309-312
そうですぞ呂布殿。斯く言う私も最終結論としては出られぬ事が判明致しましたゆえ、、私もその「ばーじょんあっぷ」を
待つしかありませぬ。とは言え、盟友の諸葛誕殿に陳泰殿、張遼殿、周瑜殿、太史慈殿、そして張悌殿は出られますからな。
出られない分、彼らの健闘を祈りつつ、どう戦うのかを窺う事に致しますぞ。

群雄伝の評価をしていただき、毎度感謝致します。まだまだこれは続きますゆえ、次回をどうかお待ち下され。

320 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/30(金) 23:14:08
>313
む、それは倭国の童謡である「雪やこんこ」の一小節であったな。確か続きは……、

降っても 降っても まだ降り止まぬ
犬は喜び 庭駆け回り 猫は炬燵で丸くなる♪

だったな。

何故斯様な歌詞を送ってきたのかは分からぬが、これからの冬に向けて相応しい歌であるのもまた確か。感謝致す。
これを贈ろう。つ【肉まん、あんまん、大和茶、萩の月】【堀辰雄『大和路・信濃路』】

>314-315
何、雪合戦をか? よし、いいぞ。

(雪合戦をしながら)おっ、このっ!!! お主、なかなかやるな!!!
……ほう、かの名高い倭国の武将である毛利元就公は雪合戦で子息の素質を見抜き、何処の領地を治めるのが相応しいかを
決めたと言うのか……。確かに雪合戦のみならず、斯様な類の遊びというのは其々の個性が出る。遮二無二に、積極的に
攻める者がいれば、冷静に攻防の時を見計らい、攻める者もいる。また大勢の軍団であれば数でモノを言わせて攻め、寡兵など
少数の軍団であれば極力相手の攻撃を巧みに避けながら攻めに入る。こうして見ると、こういった遊びというのは正に戦の規模を
縮小させたものだとつくづく思ってしまうな。

故に毛利公は雪合戦と戦に共通するその原理を認め、領土の統治を子息に任せたのであろう。

(パシッ!!! ←雪玉が顔に当たった音)いてっ!!! う〜む、久しぶりに童心に戻った気分だ。

楽しかったので感謝の証としてこれを贈ろう。つ【肉まん、あんまん、大和茶、御汁粉】【曽野綾子『雪あかり』】

321 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/30(金) 23:14:55
>316
何っ、張遼殿の砦が再び兵糧不足に陥っていると!!? よし、分かった。直ぐに調達致そう!!!!!

……と思ったら、諸葛誕殿と陳泰殿が既に送っているではないか。しかも大量に。斯様にされると送る必要が無いゆえ、
今回は見送るとしよう。

とは言え、折角こうして斥候が来てくれたのだからな、矢張りささやかながら何か贈り、再び親交を深めていきたいものだな。
なので此方からはこれを贈っておこうぞ。

つ【絹100反、木綿100反】

あと、お主にはこれを贈ろう。
つ【肉まん、あんまん、大和茶、地瓜干(干し芋)】【池澤夏樹『静かな大地』】

>317
ハハハハ……、まあ確かに、張遼殿と私は史実では完全に敵対関係にある。だが此処では御互いに来る人々に対しての礼儀を
最大限に弁え、共に皆から慕われる砦にするという志を持つ仲であるからね、斯様に警戒する必要はあるまい。

これを贈るぞ。つ【肉まん、あんまん、大和茶、井筒屋生八つ橋『夕子』】【松下一世『いじめをなくし、心をつなぐ』】

322 :淳于瓊 ◆AdovgbyWeU :2007/11/30(金) 23:15:47
さて、今日は此処までかな? 来てくれた方々、本当にありがとう!!!!!
久しぶりではあったが、嬉しくて文を綴る手が躍ったぞ!!!

最後に群雄伝だが、今回は締め括りのみを公表するので御了承願いたく思う。


なりきり群雄伝 第2章 (エンディング)

語り手 「淳于瓊の砦を狙った禰衡とその『荒らし』軍団は、砦主の淳于瓊たちの奮闘によって撃破され、淳于瓊の説得によって
禰衡は軍門に降り、淳于瓊の軍師として迎え入れられた。

だが、これはまだまだこれからの戦いの序章にしか過ぎなかった。腐敗した漢王朝が招いた混乱は、更に淳于瓊達に襲い掛かって
くるのである……!!!」


……さて、こんなものかな? 次回はまだ未定であるので、皆、何か良き案があれば是非掲載していただきたく思う。何でも
良いので宜しく御願い致す!!!!!

最後に、また冷え込みが強くなるゆえ、皆はキチンと身体を暖めてから休むように。
では親愛なる皆の衆、さらばだ!!!

323 :以上、自作自演でした。:2007/12/03(月) 00:07:11
……今日、久しぶりに近くのゲームセンターに通い、「三国志大戦2」をやった。
自分としては、日々、上司や後輩に詰られつつ、かつ汗水を流して働いた後の御褒美である。

まず、自らのお決まりとして「群雄伝」をやった後、いよいよ「全国大戦」を始め、この「三国志
大戦」をやり始めた頃から随分御世話になっている「栄光の大号令」の袁紹、「先陣の誉れ」の顔良、
「一番槍」の張郃、「多勢の攻め」の紀霊、そして最も俺がこよなく愛している「烏巣の断末魔」を
使う淳于瓊といった、力任せで相手を捻じ伏せるデッキを組んだのだった。

このデッキは小さい頃、ファミコンで袁紹の事を初めて知り、それ以来から袁紹のファンである俺の
理想的なデッキであり、決して変えないようにしているのである。

普段、「全国大戦」で当たる相手というのは大抵は魏・呉・蜀の軍勢であり、それに次いで「人馬
デッキ」や「全軍突撃デッキ」を主体とした西涼や「呂布ワラ」デッキを主体とした他勢力などで
あり、「栄光デッキ」や「大驀進デッキ」を主体とした袁紹軍は確かに強いものの、当たる回数は
他と比べて少なかったのであるが、この日ばかりは何かが違った。

それは俺が全体的に当たった軍勢の殆どが袁紹軍であり、また全国大戦のモニターにも映し出されたのが
袁紹軍、或いはそれに関連した複数の軍勢だったのである。

俺はその軍勢に当たり、ほとんど完膚なきまでにやられたのだが、その敵軍勢の中には「全国大戦」で
計略のリスクが仇となり、殆ど登用されぬ武将として知られている、俺が最も好きな淳于瓊が入った
デッキもあった為、負けたものの反面、非常に嬉しかった。

324 :以上、自作自演でした。:2007/12/03(月) 00:07:45
しかし、俺としては反面、「何故こんなに袁紹軍が急に流行り出したのか?」という疑問が生じたのである。
まだ時間をかけてジワジワと次第に流行るのはわかるが、そのいきなりな流行りようがあまりにも不自然で
あったのだから仕方が無い。

暫く疑問に悩む俺の前で、モニターが近々新たに稼動する「三国志大戦3」の情報を公表しだした。それを
見た直後、俺の中の疑問は何かが弾けたかの様に、直ぐに解けた。

「三国志大戦3」では袁紹軍は西涼軍と他勢力とが混合一体となり、「群雄」として生まれ変わるのであるが、
袁術やそれに従った将達(紀霊、張勲、楊弘)以外、つまり純粋な袁紹軍は「使用禁止」となり、出られなく
なるのだ。

つまり、皆はそれを偲び、袁紹軍の将達に対しての最後の檜舞台を用意した、という事になるのである。

新たに生まれ変わるものは何かを犠牲にして誕生するのであるが、袁紹軍(のみならず、殆どの西涼軍や南蛮軍も
そうなのだが)は正にその犠牲の対象であったのか……。そう考えると俺は非常に悲しくなり、直ぐにでもセガに
「考えを改めて欲しい」と訴えたい気分にもなった。それは俺にとって数少なく、かつ何事にも代え難い心の拠り
所が消えることを意味し、また袁紹軍にとって風前の灯となる事も意味するからだ。

だが同じゲーム友達から「またバージョンアップすれば袁紹軍は出る」と諭され、俺は渋々納得した。まあ確かに、
この「三国志大戦3」が稼動してもそれはまだ「試験段階」であり、様々な調整を施してこそ「本当の戦い」が
始まるのだ。そう、それは袁紹軍をはじめ、様々な軍勢が再び戦場を駆け抜ける日が来るという事を意味する、
「本当の戦い」が……。

俺はそう心に刻み、袁紹軍が再び戦場を駆け抜ける日が来るのを待つ事にした。


最後に、俺は袁紹軍にこのメッセージを残しておく。


「   袁   家   に   栄   光   あ   れ   」というメッセージを――――――――――。

282 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★