5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ここはよろず屋だよ。何か用かい?

1 :よろず屋店主LV1 ◆yYd9Z6eRjk :2007/02/19(月) 22:52:30 O
色々あるよ。

952 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 01:18:13 O
産め

953 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 02:15:20 O
埋め

954 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 02:16:04 O
埋め

955 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 02:16:57 O
埋めようぜ

956 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 02:17:42 O
埋め

957 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 02:19:51 O
埋め

958 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 02:21:18 O
埋めるな

959 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 02:22:12 O
荒らすな。

960 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 02:23:03 O
埋め

961 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 02:24:40 O
埋め立て

962 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 02:26:51 O
埋め立て厨氏ね

963 :よろず屋店主LV26 ◆yYd9Z6eRjk :2007/05/07(月) 07:31:34 O
>>951
いや…あの…何でも出来るわけじゃなくて……その……何でも売ってますよってことですから………あの…脳ミソに…シロアリかなんか…その…住んでるんじゃないでしょうか?
>>952
男ですので無理ですね。
>>953>>957>>960
俺がダメなら潰しちまえよ。アイツがイイなら潰しなよ。若いバカ野郎が引き金を引いて「手を上げろ!」という時は注意しな。
だかお前が泣いてるところは見られるな。
>>958>>959>>962
今夜、オレのパーティーに来ないか?えっ何?面倒くさい?じゃあギャングの手下共がお前の家の前までベンツ転がして来てやらせるよ。
そしたらすかさずベンツに乗りな。後ろからマッポが迫って来るはずだからな。アイツらヤンチャだから来るまで何人ヤってるか分からねぇからな。

964 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 07:35:49 O
厨二病乙

965 :よろず屋店主LV26 ◆yYd9Z6eRjk :2007/05/07(月) 07:55:40 O
>>964
高3です。

966 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 09:42:45 O
暇人だなw

967 :よろず屋店主LV26 ◆yYd9Z6eRjk :2007/05/07(月) 10:25:32 O
>>966
そうだな。キミも暇人ならこれから私と共に猛烈な勢いで1000目指さないか?

968 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 11:31:52 0
muryaaa

969 :よろず屋店主LV26 ◆yYd9Z6eRjk :2007/05/07(月) 12:27:10 O
>>968
SOOKA

970 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 12:36:24 0
うおっしゃ!!

971 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 12:38:11 0
ウルトラ!!

972 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 12:39:29 0
マンコ!!

973 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 12:40:08 0
スモス!!

974 :よろず屋店主LV26 ◆yYd9Z6eRjk :2007/05/07(月) 12:41:05 O
あと少し。
サマンオサ親衛隊

975 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 12:41:52 0
syuwatti

976 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 12:43:21 0
サターン!!

977 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 12:44:47 0
だえもん

978 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 12:46:01 0
もみあげの秘密!!

979 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 12:46:39 0
梅干の謎!!

980 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 12:47:22 0
謎は深まりぬるぽと化す

981 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 12:50:19 O
>>980
助太刀の為にガッ!致す

982 :よろず屋店主LV26 ◆yYd9Z6eRjk :2007/05/07(月) 13:22:37 O
ガマンジル・バレンタイン

983 :よろず屋店主LV26 ◆yYd9Z6eRjk :2007/05/07(月) 13:23:54 O
スミス&ウェスタン


984 :よろず屋店主LV26 ◆yYd9Z6eRjk :2007/05/07(月) 13:24:55 O
ウホウホDonDokoDon妹ゴリラでした。

985 :よろず屋店主LV26 ◆yYd9Z6eRjk :2007/05/07(月) 13:30:09 O
1192年スネ夫とのび太のしずかちゃん争奪戦争
オアフ島、ビーチランドの海戦にてスネ夫艦隊、のび太陸軍の完熟の計により敗走。

986 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 13:34:22 O
自演乙

987 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 13:34:56 0
これは連投だろ厨

988 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 13:37:37 0
988・・・クバ?

989 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 13:37:50 O
厨房ですよ!
いただきました!



990 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 13:39:11 0
半部

991 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 13:42:00 0
1000取りレースAmazon.co.jp: 耽美小説・ゲイ文学ブックガイド: 本: 柿沼 瑛子,栗原 知代

992 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 13:42:59 0
http://www7.atwiki.jp/vipshota2/
【ショタ】ダメ…僕……男の子だよぉ…あ…んっ…【まとめサイト】

993 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 13:44:22 O
ぬい針を器用に使い
ルンルンと歌いながら
ポルンガのぬいぐるみを作る彼女に萌え

994 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 13:45:53 0
数年前に整地されたニュータウン。
この時期になると広葉樹の緑色が眩しく輝く並木道を、
まっすぐ駅の方へ向かい、小さなパン屋「ぐりむ」脇の細い路地へ進むと、
すぐ左に現代的なデザイン文字で描かれた看板が見えてくる。
『小林小児科院』



「天野、オイ、大丈夫か?」
駅前の大きな緑地公園は家族連れで賑わっている。
昼の特異な熱射は梅雨が明けた直後の高い湿度と重なり、
外にいる人達に、薄い粘膜で熱と共に覆われたような、
そんな不快感を与えてくれている。
「うぅ…ダメかも……」
公園にあるプールのような噴水の近くで、天野は熱にやられた。
水着になって、噴水に飛び込んで、熱い体を冷やそうとしたのに、
噴水に入って間もなくダウン。天野はつくづく弱い体だ。
それにしても熱中症か熱射病か、一緒に暇を持て余していた
隆斗(りゅうと)には分からない。
「ダメか…うーん、近くに病院あったっけ?」
隆斗が仰向けに倒れた天野を見下ろして聞くと、
天野は弱々しく呟いた。
「病院、行くの?」
「しょうがないだろ、親仕事でいないんだろ?」
「分かったよ…」
腕で顔を覆い隠して、天野は渋々答えた。
「駅前に新しくできたよな病院。確か…」
「小林?」
「そこだ、あそこで診てもらお」
「…うん…」
「…大丈夫?」
「…ダメ…」



ビーチサンダルを履いて、スクール水着のまま、
駅前の並木道を、同じくスクール水着を着たままの天野を背負って歩いていく。
普通なら恥ずかしくてできる訳ないが、今はそんなこと
考えている場合じゃない。友達のため。その一心で隆斗は歩いた。




995 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 13:46:41 0
静かな室内。かけた眼鏡がずり落ちそうなほど
痩せこけた30代の男が、コーヒー片手に丸窓を覗いている。
「ウホッ、いい少年」



「はぁ…着いた…」
息を切らしながら、天野に着いたことを知らせる。
「ん…」
天野には思考力がなくなってきている様子だ。
炎天下の中、天野を背負ってきた隆斗も少し危なくなってきた。
あと少し、あのドアを開けば何とかなる。天野の腕を
肩にかつがせ、階段を上がり、ドアを開く。
涼しい空気が隆斗たちに流れてきてぶつかった。



「あのぉ…すみません…」
新しい病院は、無機質なほど何もない。
白を基調とした配色と、独特の匂いとで隆斗は
必要ない緊張に駆られた。



「もうすぐだぞ、頑張れ。」
すぐ横にある萎びたような天野の顔に励ましの
言葉をかけながら、人が来るのを待った。
それにしてもおかしい。何で電気が点いていないんだろう、受付にも人がいないし、
待合室のテレビだけが不気味に映っている。
誰もいないのに点いてるテレビって、何か怖いな…。
隆斗は辺りを観察するように見た、病院というよりは、
少し凝ったお化け屋敷に見える。
「ちょっと寝てなよ」
スリッパを履いて、待合室のソファに天野を寝かせた、
もう一度声をかけようと息を意識的に吸ったが、
タイミングがズレてしまいその後が続かない。
「どうしよう…」
倒れた天野のお腹をさすって、
薄暗い部屋の中一人呟いた。水着だけではこの部屋は肌寒い。


996 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 13:47:54 0
「何か、用かい?」
受付の脇の薄暗い方向から、掠れた声が聞こえた。
俯きかけた隆斗の頭がびくんと上がり、瞬時に声のする方を向いた。
「何度も言ったのだけどね…すまない、僕は声が小さいからね…あれで精一杯なんだ…」
ぼそぼそ呟く声の主は、病気じゃないかと
思われるほど痩せこけている。
眼鏡が大きくズレるのか、何度も左手人差し指でかけ直し、
壁にもたれ掛かって、右手に持ったコーヒーカップを
小刻みに揺らしている姿はかなり怪しい。
もしかしたら、テレビも彼が「見ていた」から点いていたのかもしれない。
「あ、あの…この子が熱で倒れちゃったんです、けど…」
「ほう…」
隆斗が話している間、彼は隆斗に見向きもしなかった。
彼はまん丸に目を見開いて、脆弱しきって、
虚ろながら自分を見つめる天野の潤んだ瞳と、
水着によってふっくらと象られた下部を交互に見続けた。
その時の彼の存在感は、凄みが滲み出るほど大きかったが、
隆斗の不安そうな説明を聞き終えると同時に、彼はまた薄くなった。
「そうか…外は暑いからね、いや、熱いね……ぅふっ、
活字にしないと違いが分からないか。ぅふっ、ぅふっ…」
笑っているのか咳き込んでいるか分からない不気味な声、
病院の中は完全に彼の世界だ。
「ところで、何で水着なんだい…?あぁ、別に構わないよ…
ぅふっ…むしろ…あぁ、いや、気にしないでくれ…ぅふっ」

997 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 13:49:21 0
997
げえ!!

998 :名無しになりきれ:2007/05/07(月) 13:49:56 0
998
後2つだぜド畜生目が

999 :うんこ:2007/05/07(月) 13:50:36 O
う ん こ

1000 :うんこ:2007/05/07(月) 13:51:28 O
う ん こ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

172 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)