5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆【オリキャラ】ネアキール魔法学校 3【専用】◆

1 :ヘルモニゲルツ学長:2007/06/24(日) 23:52:34 0
ここは魔法を学ぶ学び舎だ。

君も楽しい学校生活を送ってみないか?

新入生も大歓迎だ。

前スレ
◆【オリキャラ】ネアキール魔法学校【専用】◆
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1157158804/
前々スレ
●  オリキャラ専用魔法学園スレ!  ●
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1152094676/

避難所
http://yy44.60.kg/nairkiir/


214 :名無しになりきれ:2007/11/06(火) 12:05:35 0
ホールでの発言か

215 :ケイン ◆UfWlVwoE1. :2007/11/07(水) 07:10:47 0
>207 >208 >209
「いやこれは避難訓練だから本物じゃねえだろ」

黒狐「でも揺れてるコン」

「気のせいだ・・・・多分」
それにしてもリアルだ・・・ここまでしなくてもいいのに
土属性の魔法使いが協力しているのか?
>210
生徒A「バニー喫茶」
文化祭の出し物についてみんな話し合っているようだ
黒狐「僕は狐耳喫茶が良いと思うコン」
「ブラックフォックス・・・お前は生徒じゃないだろう・・・で誰がバニーをやるんだ?」
そう聞いた俺を生徒Aは指差した
「だが断る!今まではなぜか平気だったがもう女装はこりごりだ!!」
>211>212 
???「はにゃ〜ん」
「ん?なんだこの声?」
ふと窓から廊下を見ると
「猫?」
いつぞやの小動物がいた
「・・・・・小動物自分の教室にもどれ」
ミーシャ「にゃ!?何でばれたニャ?」
どうやらミーシャは尻尾がついた男の子が見れるかもしれないと
バニー喫茶という言葉に食いついてきたようだ
>213>214
生徒B「ホールでダンブルドアとかいう他所の学校の校長がアイ アム ゲイとかいったらしいぜ」
「・・・あれ?あそこの学園って女子高じゃ?」
黒狐「だったら問題無いコン」

216 :名無しになりきれ:2007/11/07(水) 10:18:02 O
メイド喫茶

217 :名無しになりきれ:2007/11/07(水) 21:52:23 0
自分の思い通りにならないからこそ面白い

218 :名無しになりきれ:2007/11/08(木) 15:19:43 O
やはり女装

219 :名無しになりきれ:2007/11/09(金) 19:24:41 O
ペドフェリアめ

220 :名無しになりきれ:2007/11/10(土) 18:00:23 0
ぬこぬこな〜す

221 :名無しになりきれ:2007/11/11(日) 01:21:44 O
マジレス
ムシコロリは分かる。虫がコロリと倒れるんだろ
でもアリの巣コロリは分からん。アリの巣はコロリと倒れない
地中から出てきちまうぜ、オイ





このレスを見た人は3日後にあなたの大切な人がいなくなるでしょう・・・・
それが嫌ならこのレスを8つの板にコピペしてください。
信じるか信じないかはあなた次第です。



222 :名無しになりきれ:2007/11/13(火) 10:10:47 O
アッー

223 :ケイン / ミーシャ ◆UfWlVwoE1. :2007/11/13(火) 22:11:45 0
ケインの使い魔ブラックフォックスの日課
朝、主人の靴箱に入っているラブレターを主人が来る前に焼き捨てる
「マスターは僕だけのものコンvマスターに色目使う女は死ねコン!特にあの悪魔!!」

まだ学園祭の出し物の相談が続いているようだ
>216 メイド喫茶
「・・・で誰がメイドの格好をするんだ?」
いっせいに指を指されるケイン
「だが断る!断固として!!」
>217 自分の思い通りにならないからこそ面白い
「思い通りにならないにもほどがあるわい!それに何で女装喫茶なんだよ!!」
>218 やはり女装
「女装はいやだって言ってるだろうが!!」
黒狐「マスター・・・女装似合うのに・・・残念コン」
上目使いでケインを見つめるブラックフォックス
>219 ペドフェリアめ
「そ、そんな目で俺を見るな!俺はペドでもロリでもましてやショタでもない!!」
黒狐「そうだコン!マスターがペドだったら今頃ラブラブコン!!」
「・・・ペドとか以前にお前は小動物だろ」
黒狐「愛は種族を超えるんだコンv」


その頃ミーシャは学園祭運営委員会の手伝いをしていた
>220 ぬこぬこな〜す
ミーシャ「この格好をすればお魚がもらえるってほんとかニャ?」
確実にだまされている・・・が面白いので黙っていよう
>221
ミーシャ「とりあえずこのわけの分からないポスターは処分ニャ」
ミーシャは謎の張り紙をびりびりと破り捨てた
ちなみにいまだにナースルックだ
>222 アッー
ミーシャ「にゃ?なんにゃこの声?」
どっからともなく謎の声が聞こえてきた
まあ世の中には知らないほうがいいこともあるだろうとミーシャは聞かなかったことにした

224 :名無しになりきれ:2007/11/15(木) 13:58:23 0
ほいっと

225 :名無しになりきれ:2007/11/15(木) 19:44:11 O
淫乱

226 :クラーク ◆VAAnT6Wa1U :2007/11/15(木) 20:18:43 0
名前: クラーク=サック
年齢:17歳
性別: 男
身長:181cm
体重:77kg
誕生日:5月11日
血液型:O型
属性: 地、風
瞳の色: 茶色
髪の毛の色、長さ、様子:灰色 短め ストレート
容姿の特徴・風貌: 見た目はおっとりとしている。
職業: 学生
性格: 温厚
利き手:両利き
得意な魔法: 風を使う魔法が得意
得意な技: 風魔法の連発
長所: 魔力が多いので、上級魔法を良く使える。
短所: その分、命中率など何かしら乱れる
服装(装備品): ブレザー
装備品右手: 篭手
装備品左手: 篭手
装備品胴、頭: 特になし
装備品脚: 革の靴
装備品アクセサリー: 十字のネックレス
所持品: 本
趣味: 読書
特技: 雑務
恋人の有無:なし
好きな異性のタイプ: 分からない
苦手なもの: 熱血
苦手な食べ物: 甘いもの
好きな食べ物: 辛いもの
最近気になること: 義兄は大丈夫かなぁ
寝泊まりする場所: 寮
印象的な台詞まわし: まぁ…別にいいんだけどさ
将来の夢: 族長
備考:
(恋愛ありの学園スレのルーマンの義弟と言う設定)
田舎の部族の頭目の息子。(貴族とはちょっと違うかな)
ちなみに、頭目は、ルーマンからは小父さんと呼ばれる人。

昔から学校には所属しているものの、故郷に帰っていたり、影が薄かったので
あまり知っている人はいない

227 :名無しになりきれ:2007/11/16(金) 03:19:14 O
熱烈歓迎

228 :名無しになりきれ:2007/11/16(金) 18:39:17 0
バニーメイド喫茶

229 :名無しになりきれ:2007/11/16(金) 22:19:57 O
樽!

230 :クラーク ◆VAAnT6Wa1U :2007/11/18(日) 23:26:31 0
------校長室------
すみません。ええ。校長先生も私の故郷のことは知っていると思いますが…
ええ、人手不足で…なにせ高齢化ですから…
はい。ええ。今日から復帰します。大丈夫です。勉強はしてきましたので。では。

どうも、クラークです。
この学園にいましたが、故郷に帰っていたので知らない人ばかりだと思います。
まぁ、別にどうでもいいんですが、転校生だと思ってくれてもかまいません。
じゃ、よろしくお願いします。

231 :ケイン・ノーズランド ◆UfWlVwoE1. :2007/11/19(月) 05:59:24 0
まだ学園祭の出し物の相談が(ry
>224 ほいっと
「ん?なんだこりゃ?ってこれはまさか去年の!?」
黒狐「去年の学際の時マスターが着たジュリエットの衣装コン」
「あ〜あの時の俺はちょっとおかしかったからなぁ・・・」
>227>228 バニーメイド喫茶
「だから誰がバニー役を・・・」
黒狐「ウサギ耳が生えている人がやればいいコン」
「まあそれだったら熱烈歓迎だぜ」

>230
「よろしく先輩。俺はケイン、ケイン・ノーズランドです」
黒狐「前から思ってたけど・・・なんでマスターは年上相手だと丁寧な態度に変わるんだコン?」
「何言ってるんだ?先輩後輩を大切にするのは当たり前だろ」
黒狐「そういうものなのかコン?」
「そういうもんなんだぜ!俺の好きな仮面騎士物語の主人公もそうだったしな!!
 前作の主人公が近作の主人公を助けに来たときとかすげえ燃えるぜ!!」
黒狐「ま、マスターが燃えているコン!?物理的に・・・まあいつものことだからいいけどコン」
>229 樽
ケインが挨拶をしていると向こうから樽が歩いてきた
「・・・・・最近の樽は足が生えて歩くんだな」
黒狐「んなわけあるかコン!狐火!!」
「行き成り攻撃するなよブラックフォックス・・・・って避けた!?」
樽(不確定名称)「行き成り何するのよ!この雌狐!!」
その声で樽の正体が誰であるか判るケイン
「何でお前がここに? ま、いっか とりあえず今日は休みじゃないんだろ駄目じゃないかちゃんと学校に出なくちゃ」
樽(不確定名称)「お兄ちゃんがそういうなら・・・」
そして樽はとぼとぼと帰っていった
黒狐「油断も好きもあったもんじゃないコン」



232 :クラーク ◆VAAnT6Wa1U :2007/11/19(月) 15:27:52 0
>>227-228
……(赤面)

>>229樽?
…樽?何でこんなところに樽…?

>>231ケイン
うん。よろしく。まぁ、僕は1年くらい学校にいなかったから…
君は…いくつだい?

…あの樽…ケインの妹?お兄ちゃんっていってたけど…
(鳥が飛んできてクラークが腕を出すが、頭に止まる)
フォーマー…(鳥)いきなり飛んできて頭は無いだろう…手紙かい?
「クラーク=サックへ
よっ!元気しているか?故郷の時俺も戻れ無くてゴメンな。学園の修理が…(以下略
でな、お前の学園にケイン・ノーズランドって奴がいると思うんだが、
そいつの周りにいる謎の物体には気をつけたほうがいいぞ狐じゃない奴。
 ま、気をつけて。  ルーマン=サック」

…この樽のことかな…?

233 :フェン:2007/11/19(月) 21:12:48 0
新規参戦

「キャー遅刻遅刻ー・・・・・・遅刻なの?」
どこぞのラブコメよろしくトーストを咥えて疾走する少女が誰かに問いかける
少し離れたところに生徒が数人確認できるが声が聞こえるほど近くはない
ちなみに間違いなく遅刻である
「昨日も遅刻したんだよねぇ〜。えっとなんて理由を言ったんだっけ?
おじゃる○(←伏字)がやってきた?これは一昨日だっけ?まぁいいや・・・
とにかく早く教室に・・・・・む!?」
前方に生徒数名、どうやら先輩のようである。その真上に自分の教室へ至る扉(窓)、そして自慢の脚力
「ヘーイ、そこのお兄さーん!」
先輩A「・・・ん?」
先輩B「なんだ?」
「たぁっ!!」(ジャンプした)
先輩C「何ッ!?」
先輩A「と、飛んブベっ!?」
「ホッパァァァァ!!」
先輩B「馬鹿な!?この俺を踏み台に!?」
先輩D「あ、水玉」
「お前は這え!私は跳ぶ!・・・っと。(着地)
ふぅ、ギリギリセーフ・・・危なかったぁ」
先生「いや全然アウトだぞお前」

234 :フェン ◆mIGwusTSWE :2007/11/19(月) 21:14:48 0
>>233
ゴメン。トリップ忘れた

235 :クラーク ◆VAAnT6Wa1U :2007/11/19(月) 23:17:21 0
>>233フェン
(放課後高等部2学年教室)
なぁ、お前ら遅刻してきた時に足跡ついてたが、どうかしたのか?
生徒A「いや〜…俺らと同じ遅刻組みが俺らを踏み台にしてセーフにしようとしていたんだが…」
生徒B「見事に遅刻だったよな。」
生徒D「パンツ見え…(クラークの拳が飛ぶ)
クラーク「それは聞いてない」
生徒D「ひでぇぜ…」
生徒C「いやはや…元気な女だな。後輩だったけど…」
クラーク「知ってるのか?」
生徒C「一つ学年下のフェンって子だったと思う。」
生徒B「好みだぜ」
ALL「マジで!?」

236 :名無しになりきれ:2007/11/20(火) 12:11:18 O
腹減った

237 :フェン ◆mIGwusTSWE :2007/11/20(火) 15:49:49 0
>>228バニーメイド喫茶
遅刻の罰として水汲んだバケツを持って廊下に立たされているとそんな言葉が聞こえてきた
「バニーメイド?バニーガールがメイドの格好?メイドが露出度の高い服?・・・・・・メイドはエプロンドレス以外は認めない!!」
熱弁に反応して耳がピンと垂直に立つ
先生「うるさいぞ!反省してるのかお前は!!反省してるのか!!」
「何で二回も言うんですか?」
また怒られた

>>229
「はぁ、ま〜た怒られちゃったよ〜。先生ってばあんなにピリピリしてるから生際最前線が後退しているんだと。そう思わない樽さん?」
しかし樽は無視して行ってしまった。
「・・・・・ご機嫌斜めかぁ〜。うあぁ〜それにしても腕が、腕がぁ〜・・・」(耳がへたってきている)

>>236腹減った
放課後になっても先生から帰って良いと許可をもらっていないのでずっと待ってる
「私は何時までこうしてればいいんだろう?」(腕がプルプルしてきている。ついでに耳も)
「お、お腹すいた・・・あ、そうかこうして一夜を過ごせば明日は遅刻しなくもいいんだ!」(耳がパタパタしている)

238 :ケイン ◆UfWlVwoE1. :2007/11/21(水) 11:44:44 0
>232
「俺は15歳高等部1年ですよ先輩」
黒狐「あの樽は間違いなくあの小悪魔だコン!」
「人の従姉妹を悪魔って言うなよ・・・あいつは俺の実の妹じゃないけどまあ似たようなもんですよ」
黒狐「あいつはあの悪魔の転生体に決まってるコン!!」
「アリエルが俺を庇って時空のかなた(過去)に飛ばされたあいつの生まれ変わりだっていうのか?
 ・・・まさかな。それよりブラックフォックスご挨拶は?」
黒狐「僕はブラックフォックスだコン マスターの使い魔やってる妖孤だコン 
   年は・・・・自分でもわからないコン」
「見た目は年齢一桁だけどな」

黒狐「そういえば・・・・いつの間にか樽がいないコン」
「自分の学校に帰ったんだろ」
>236
「そういえば腹減ったなぁ」
黒狐「早く食堂に行ってご飯食べるコン」
「そうだなそうすっか」

食堂の隅では俺の弟(アンディ)と金髪の後輩(ゴールド)が仲良くご飯を食べている
黒狐「・・・・・なんか怪しいコン」
「気のせいだろ、もう俺の魔眼は無いんだから」

>237
廊下に立っているフェンを見て気になって話しかけるブラックフォックス(黒髪おかっぱ幼女形態)
黒狐「何やってるんだコン?」
「聞いてやるなブラックフォックス・・・人には事情ってもんがあるんだぜ」
黒狐「情事?痴情のもつれかコン」
「・・・何でそっち方面に話を持っていこうとするんだお前は?」
黒狐「だってだってなんだコン」
「いやそれじゃわけわかんないから」


239 :クラーク ◆VAAnT6Wa1U :2007/11/21(水) 13:58:37 0
>>236
クラーク「学食って開いてる?」
生徒A「いや、今3時だから…難しいな」
生徒C「飯食ってねぇのか?」
クラーク「校長室によっていたせいでね…」
生徒D「おばちゃんにきいてみるしかないな。とりあえず行くだけいくか?」
生徒B「たしか1年の前とおるよな?」
生徒D「え?あっまぁ…」
生徒B「じゃいこうぜ。俺も小腹すいたし」
ALL「(まさか…)」

>>237フェン
生徒B「いた!」
クラーク「おいぃ…まじかよ…完璧にウサギじゃねえか。」
生徒A「Bがそんな奴が好きだとは…」
生徒C「どっちみち今日の謝罪をしてもらわないとな。」
クラーク「…なぁ、腹いせに殴られた俺って…」
生徒D「殴られたのは俺だ。」
生徒B「……駄目だ!恥ずかしい!(生徒Bは逃げ出した)」
生徒A,C,D「まてよ〜」
クラーク「…へ…(逃げ遅れ)…どうしよう…
(仕方ない)な・なぁ、今日先輩をふんずけたよな?誤っといたほうがいいぜ。
あまり今のうちに調子に乗らないほうがいいぞ。そういう仮装も。(精一杯威厳を保とうとしているが元が元なので説得力が無い)」

>>238ケイン
15ってことは早生まれ?…としか考えられないな。
やっぱりねぇ。義兄が行ってたけど、そうとう代わった子が出没するって言ってたよ。
あっ、ブラックフォックス君…ちゃん?さん?どれで呼んだらいいかな…
クラークです。(頭に止まっている鳥を指し)こいつはフォーマー。
家族間の伝書鳩。
年齢は別にどうでもいいんじゃないかな?

ははは…神出鬼没だね…
怖いね。君のおっかけ?妹かな。

240 :名無しになりきれ:2007/11/21(水) 19:49:34 O
結婚式

241 :ケイン・ノーズランド ◆UfWlVwoE1. :2007/11/22(木) 18:38:43 0
>239
黒狐「僕は女の子だからそれを考慮して好きに呼べばいいコン」
「そういえば何でお前一人称が僕なんだ?」
黒狐「さあ?わかんないコン」
「いや自分のことだろ・・・」
黒狐「まあ多分かわいいからだと思うコン」
「そういうもんか?」
黒狐「そういうもんコン」

「よろしくフォーマー・・・ってブラックフォックスよだれ出てるぞ」
黒狐「はっ!?僕としたことがつい・・」
「ついっておまえなぁ・・・」
黒狐「狐としての本能が出てしまったコン・・・ついおいしそうと」
「しゃあねえ後でキツネうどん食わしてやるよ」
黒狐「わぁいvだからマスター大好きぃ」

「あれは俺の父さんの弟の娘・・・・俺の従兄妹だ」
恥ずかしいそうな顔をするケイン・・・まあ別に嫌ってはいないようだが
黒狐「マスターは僕のものだコン!他の女には渡さないんだコン!!」
>240
黒狐「結婚式・・・僕とマスターの結婚式」
「なんかトリップしてるようだが・・・何を妄想しているか聞くのは止めておこう」

242 :フェン ◆mIGwusTSWE :2007/11/23(金) 00:28:10 0
>>238
「たは〜。それが 『お前は遅刻しすぎだから後ろに立ってろ』 って言われたんだよさー、
『カリカリしすぎですよ?乳酸菌取ってますか?ハゲますよ?』
っていったら水の入ったバケツ持って廊下に立ってろーって言われたからこうしてたってるわけですよ。え〜・・・おかっぱちゃん?
え〜っと、先輩?お子さんを学校に連れてくるのはダメですよ〜。ちゃんと託児所に預けないと。」(悪気はない)

>>239
「はい?踏んづけた?仮装?はて・・・?
(一体この先輩は何を言ってるのだろう?それよりお腹すいたなぁ。晩御飯何にしよう・・・
違った。先輩が何か話しかけてたえっと・・・踏んづけた?・・・踏みつける・・・コシや弾力がでる・・・うどん。
仮想?・・・火葬?火炙り・・・。スイートポテト!)
そうだ。今日はうどんとスイートポテトを作ろう。いいと思いませんか先輩?(耳がピコピコと跳ねる)」
尋ねられた内容は忘却の彼方へ行ってしまったようです

243 :名無しになりきれ:2007/11/23(金) 19:48:04 O
日本語にするとエロい

244 :???:2007/11/23(金) 20:14:23 O
………時は動き出す…!

245 :ユロクスト ◆c/oAfRIvjA :2007/11/23(金) 22:05:45 0
「……っは!…あ、此処何処だ…?今日何日だ?」
ガバリ!という勢いで起き上がると、そこは自分の部屋。
よくわからないが既に午後3時。日付はわからない。
「……えーと、廊下を歩いていて、何処かの学年の教室の前を通っていて…。
猫耳の…ミーシャだったか、あいつに遭遇して…。そこから記憶が無いな。
…まあいい、校舎に行くか」

>240
寮〜校舎間。
(そういえば親戚の結婚式はどうなったんだろうなぁ。)
無駄な事を考え、前髪の鈴を鳴らしながら歩く。

>237-239>241-242
高等部1年教室前廊下。
中等部の方へ行く筈だったが、間違えて高等部にきてしまった俺。
暫く歩いていると、ある今日知るの前に数人の生徒+αがたむろっていた。その中に
「…あれは……うげ、またあの先輩か。」
前にも見た銀髪の先輩がいた。
周りにはウサギの耳をして両手に水入りバケツを持っている人、かなり身長が高い灰色の髪の人、
あと狐耳をした幼女と呼ぶべき容姿をした少女がいる。
「銀髪はどうでもいいとして………なんだろう、この動物耳のオンパレードは。」

246 :ケイン・ノーズランド ◆UfWlVwoE1. :2007/11/25(日) 20:07:26 P
>242>243
黒狐「ブラックフォックスだコン。そこのマスターの使い魔やってるコン
   日本語で言うとご主人様と奴隷の関係だコン」
「なんかニュアンスが違うような気が・・・・まいっか
俺はケイン、ケイン・ノーズランド15歳だ・・・別にあいつの親じゃねぇよ・・・
 それにしても・・・知らなかったな君みたいなかわいい子がこの学校にいるなんて」
黒狐「なんでいきなり口説き始めるんだコン!!」
行き成りぶち切れるおかっぱ幼女
「いや・・・別に口説いてるわけじゃないんだが、ただ思ったことをそのまま言っただけで」
黒狐「それが口説いてるっていうんだコン!!」

>244
「・・・?さっき誰か時空魔法使ったような気が?」
黒狐「気のせいだコン」

>245
黒狐「と、言うわけでマスターも狐耳を付けるといいコン」
「ってどういうわけだよ!!」
黒狐「マスターならきっと似合うコンv」
ブラックフォックスは何かを期待したような目でケインを見つめた
「・・・・う」
ケインは子供に弱い・・・いや性的な意味ではなくて
黒狐「さあ!」
いつの間にか狐耳ウィッグを持ってるブラックフォックス
ユロクストが見ていることに気が付いてないケインは
「やれやれだぜ・・・・・」
仕方が無いなあといった風情でウィッグを着けた
黒狐「・・・・すごく似合ってますコン」

その頃のミーシャ
「男だらけの猫尻尾喫茶がいいと思うにゃ!!」
ミーシャは自分の趣味全開で学園祭の出し物会議に意見を出していた
学級委員「却下!!」
だが即却下された

247 :クラーク ◆VAAnT6Wa1U :2007/11/25(日) 23:46:20 0
>>240
結婚…俺には遠い響きだ。

>>241
じゃあ、ブラックフォックス君で。(あえて)
そういうもんでしょう。
男は私というのに、女だけ僕というのがいけないってのもおかしいでしょ?

(殺気を出して収める)
ははは。あまりうちのフォーマーを狙わないでくれるかな。
これでも先祖代々の14代目なんだから。今年4匹しか生まれてないし…
狐なのに…狐うどん…

あぁ…従妹。義兄が言っているよ。変わった子がいるって。
あの子だね…
って、え?ははは。使い魔が主人に恋しちゃまずいでしょ?(子供に言い聞かせるように)

>>242フェン
思い出せ思いだせ。思い出さないとあいつらにぼこされる。
そうそう、それより今の時期は焼き芋のほうが…
って、ちがーーーーう!!
話の論点ずれているって!ね、じゃあ一つずつ聞こう。そのウサ耳はなんだい?

>>245
?あれ?どうしたんだい?こっちのほうをじろじろ見て?
一瞬悪口を言われたような気がするんだけど…
(血はつながって無くても流石は兄弟。地獄耳である)

>>246
……け・ケイン………(見てた)
お・お前って奴は…なんて…なんて格好を!
目を覚ませ!こっちの世界に返って来い!(すごい勢いで肩をつかむ)

248 :フェン ◆mIGwusTSWE :2007/11/26(月) 18:18:36 0
>>243
生徒A「………時は動き出す…!」
生徒B「…で、時間は止まったのか?」
生徒A「……何故だ!?何故止まらない!?」
生徒C「そりゃお前…事象介入なんてどれだけ高レベルな魔法だと思ってるんだよ…」
生徒A「くそぅ…時を止めたら女生徒にあんな事やこんな事を…」
女生徒「ちょっと誰か!私達にエロいことしようとしてる人がいるわよ!!」
生徒A「しまった!?ぎゃー・・・」

聞き耳立ててた(聞こえた)生徒(フェン)「さすがは上級生。ワイルドな思考を持ってるなぁ〜」


>>246
「名前ちょっと長いなぁ・・・ブラックフォックスだからクロちゃんと呼ぼう。
私は中等部3年、フェン・ラムトスだよ。年は同じだね。
か、かわいいって・・・プックスクスクスあははははははははは!!」(何故か"ツボ"にはいった)


>>245
声が聞こえた方に顔だけ向けると前髪が1房でてる人がいた
「(何であの人あんなにたじろいでるんだろう?)」


>>246
「あ〜焼き芋かぁ〜。今度寮長さんに落ち葉拾いやらせて貰おうかなぁ。
え?ウサ耳?あ〜、これ?(耳を動かして意思表示)
何って言われても…………耳?」

249 :ユロクスト ◆c/oAfRIvjA :2007/11/27(火) 00:50:21 0
>247
傍観していると、遠くから灰色髪の人に話しかけられた。
「え、ああ。ちょっと不思議な4人だなと思ってな。
 悪口?いや、(ある一名を除く)誰の悪口なんて言ってないぞ」
そう言いながら4人に近づく。

>246
ふと銀髪を見ると、狐耳のようj…少女に同じく狐耳を付けられていた。
近くを通る際、軽蔑の視線で見ながら
「………うっわぁ、こいつ……………」
と呟いておく。恐らく精神的ダメージは甚大だろう。

>248
そしてもう一人の方を見る。
…耳が動いていた。
(ミーシャやマーシャと同じ本物か。
 ん、感情に合わせて動いてるのか?面白いな…)
耳の動きを目で追う。ピコピコ、ピョコリ、パタパタ…

250 :名無しになりきれ:2007/11/27(火) 10:12:11 O
リリカル

251 :ケイン・ノーズランド ◆UfWlVwoE1. :2007/11/28(水) 14:28:11 P
>247
黒狐「コ〜ン?そんなもんかコン」

「そうだぜブラックフォックス。人が大切にしている生き物を食べちゃ駄目だぞ」
黒狐「とても残念だコン」
「ぶっちゃけ下手すると殺されるぞ」
黒狐「・・・・マジかコン?」
「昔、ゼンジーって言う人が飼っていた鯉を殺されて神殺しの剣(チェンソー)を持ち出したとかなんとか・・・」
黒狐「それって・・・」
「それに俺だってお前が食われたら悲しいぜ」
黒狐「やっぱりペットだと思われてるコン・・・・」

黒狐「ウグイスパンときつねうどんには名前の動物の肉は入ってないコン
   東方産の大豆で出来た油揚げは最高コン」
ブラックフォックスは熱弁した

黒狐「好きなものは好きなんだからしょうがないコンvそれに忠義心は恋愛感情に似てるコン」
だがもはや忠義心のレベルをぶち破ってるブラックフォックスであった


>249
>「………うっわぁ、こいつ……………」
「お前はいつかの名も知らぬ後輩!ぐはぁ!変か?変なのか?」
「そんなこと無いコン!あっ・・もしかしたら尻尾が無いからかコン?」
ブラックフォックスはケインに付け尻尾(狐)を手渡した
ケインは狐耳狐尻尾になった
>247
……け・ケイン………(見てた)
お・お前って奴は…なんて…なんて格好を!
目を覚ませ!こっちの世界に返って来い!(すごい勢いで肩をつかむ)

黒狐「似合ってるのに・・・駄目かコン」
上目使いでうるうるとした目でこちらを見る幼女

ミーシャ「・・・・にゃ?」
ミーシャは尻尾男子の匂いをかぎつけたようである

>248
黒狐「クロちゃん・・・・犬猫みたいだコン」
「まあ細かいことは気にすんな!」

252 :ケイン・ノーズランド ◆UfWlVwoE1. :2007/11/28(水) 14:30:13 P
(続き)
黒狐「マスターがそういうなら気にしないコン」

「なにかおかしなこといったかなあ?」
黒狐「今の格好のマスターのほうがかわいいコン」
とブラックフォックスは鏡を取り出し見せた
「・・・・・」
ケインは耳と尻尾を取り外した

ミーシャ「・・・・・?」
ミーシャは尻尾男子の気配を見失った
ミーシャ「どっかにいい尻尾を持った男はいないのかニャァ」



253 :名無しになりきれ:2007/12/02(日) 13:17:48 O
融合解除

254 :ユロクスト ◆c/oAfRIvjA :2007/12/02(日) 16:27:17 0
>250
「リリカルリリカル〜♪」
すぐ傍を初等部の少女が通り過ぎた。
恐らく全員気付いていないが。

>251-252
「……そういう問題じゃないんだけどな…。
変というか……変態じゃないか?」
男の動物耳は良いとは言えない。
ましてやそれがクラスで浮いてるような奴なら尚更だ。
あ、外した。

>253
「融合解除というより、寧ろ装備解除の方が……って誰?」
俺の返答と問いはやはりというか、虚空に消える。
(……いつから俺はこんなキャラになったんだ?)

255 :名無しになりきれ:2007/12/02(日) 19:25:40 O
髭ダンディ

256 :名無しになりきれ:2007/12/03(月) 06:57:49 0
猫耳ショタ

257 :名無しになりきれ:2007/12/03(月) 09:17:48 0
・・・俺は人の心の闇から生まれた暗黒の男、「黒 死那朱」。
そう、俺は暗黒心から生まれて来た真っ黒な影の人格・・・
光から溢れ落ちた、人の中の闇の部分が生んだ暗黒滅煽騎士なんだ・・・
あんた達にはわからないだろうが、死那朱というな・・・!
・・・やがて俺の圧倒的過ぎる黒夢煽は世界を覆うだろう・・・
俺に逆らう者は、命を棄てる覚悟で挑むがよい・・・

258 :名無しになりきれ:2007/12/03(月) 09:42:42 0
なんという低俗な邪気眼…

259 :名無しになりきれ:2007/12/03(月) 10:18:29 O
あーにーきー

260 :ノヴァ:2007/12/03(月) 15:38:43 0
…ック…邪気眼が…共鳴している…!?

(ズキン)

まさか…いるのか?
このネアキールの中に…

261 :名無しになりきれ:2007/12/03(月) 23:00:44 0
き、貴様!
その『邪気神眼の服』を着て何故平気で居られる!?
はっ、もしや貴様……『あれ』を所持しているのか…いや!『あの才能』を秘めているのか!!?
ッチィ……共鳴してやがるぜ……俺の邪気眼と……。

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…

262 :ケイン・ノーズランド ◆UfWlVwoE1. :2007/12/04(火) 14:08:25 P
>253
黒狐「ちなみに僕達姉妹が9体融合すると九色の尾を持つ九尾になるコン」
「いや誰も聞いてないから」
黒狐「融合解除すると元の9匹に戻るコン」
「一体誰に説明してるんだか・・・・」
>254
黒狐「失礼な!”まだ”マスターは変態じゃないコン!!」
「ちょっと待てまだって何だ!・・・まあ確かに男の獣耳はアレだと思うが」
黒狐「内緒だコンv(マスターが僕の魅力に負けてペドになるのも時間の問題コン)」
>256
それを偶々聞いていた聞いた猫耳少年は自分のすべてを否定された気がして・・・・鳴いた
>255
ミーシャ「ちなみにミーシャのパパは髭ダンディーニャ。当然猫耳ニャ」
「猫耳の髭ダンディ・・・・・」
黒狐「ど、どっからわいてきたコン!?」
>257
黒狐「誰か!!誰かサニティ使える人いませんかコン!!」
(サニティ:神聖呪文 キ○ガイを正気に戻す)
「いろんな意味でもう駄目だぁ!!」
>258
その言葉を聴いた猫耳の少年は憤慨した
侮辱されたと思ったからである
彼の名はジャッキー・ガンドルフ
通称ジャキガンである
>259
???「あーにーきー」
誰かの弟らしき人物が兄を呼んでいる
「弟といえば最近アンディ見ないな」
黒狐「部室で缶詰になってるコン。ゴールド君と二人っきりで」
「・・・・・!?」
(アンディ:ケインの弟 魔道科学部部長)
(ゴールド:アンディの同級生 魔道科学部副部長 同性にしか興味が無い)
黒狐「大丈夫コン・・・多分」
>260>261
黒狐「誰かぁ!サニティを!こいつらにサニティを掛けてやって下さいコン!!」
「よせブラックフォックス手遅れだ!!」

猫耳の少年は自分のことを呼ぶ声が多くなってきたことに戸惑った
・・・・・が、しょせん一発キャラなので二度と出てこないだろう

263 :名無しになりきれ:2007/12/06(木) 03:10:45 O
俺のターン

138 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)