5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳

1 :陳陳:2007/09/01(土) 07:03:54 O
陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳

2 :名無しになりきれ:2007/09/01(土) 07:16:34 O
2ゲットぐらいさせろや、カス。

3 :名無しになりきれ:2007/09/01(土) 07:25:54 0
>2
おめでとう



てか>1立て逃げだ氏ね
嘘、生きていいかもよ
ま、何のスレなんだろうかね

4 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/09/05(水) 02:05:28 0
「陳」というのを拝見し、来訪したぞ。

お初にお目にかかる。我が名は陳泰。魏の重臣である陳羣が父であり、自身も
魏にこの一身を捧げている者だ。

まあ、来たばかりなのでどういった場所なのかは分からぬが、取り敢えず挨拶
だけしておくとするぞ。

では、これにて失礼。

5 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/09/05(水) 18:28:34 0
今日も来たぞ。ほう、過疎化しておるな。
取り敢えず……、私が>>1の代わりに返すとしようかな?

>>1
設立乙だ。ただ、内容的にどういったものなのかが不透明だから、そこのところを
ハッキリさせてから建てておくべきだったな。

>>2
そんな暴言吐かず、黙って取ればよいではないか。別に誰もお主の事を責めたりせぬよ。

>>3
うむ、私も何をする所なのか分からぬからな。そこの所が明白になるまで、当面、私が
ここを取り仕切るとしようかな?

6 :名無しになりきれ:2007/09/05(水) 21:50:51 0
>>5
頼むわ。ここはなりきり板だからな、このままだったら示しがつかねえし、
無駄に立てたとしか言いようが無いからな。

7 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/09/06(木) 01:04:11 0
>>6
了解。己の力で出来る限り、何処まで通用するのか、やってみるぞ。

8 :名無しになりきれ:2007/09/06(木) 01:17:24 0
作家の陳舜臣はあんたの末裔だと自身の本で公表していたそうだが、これって本当なのか?

9 :陳寿:2007/09/06(木) 01:31:29 O
呼んだ?

10 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/09/06(木) 02:06:10 0
>>8
どうもそうらしいな。私は曾祖父の陳寔、祖父の陳紀、そして父・陳羣に次いで
潁川(現在の河南省)の出だが、その後、子孫達は潁川から南下し、孫呉の地である福建省の泉州、
夷州(現在の台湾)や倭国に移った、と聞いたぞ。

まあ、中国では「陳」という姓は多いからな、本当かどうかは判明出来ぬが、そう言ってくれるだけ
でも嬉しく思うな。

>>9
お主は三国志「正史」の著者で名高い陳寿ではないか。別に呼んではおらぬが、如何なされた?
(因みに陳寿は益州・巴西郡案漢の出である)

11 :名無しになりきれ:2007/09/06(木) 02:08:55 0
貴方の宿敵である蜀の武将・姜維について一言!!

12 :陳寿:2007/09/06(木) 02:19:26 O
>10
いや、なんか呼ばれたような気がしてな。
しかし俺が喋るとネタバレになるからスッ込むよ。
よい夢を…ツァイツェン。

13 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/09/06(木) 02:47:29 0
>>11
姜維か……。初めて魏に仕えていた頃の奴を見た時、「この男、只者ではない。近いうち大物に
なるやも知れぬ。」と思ったのだが……、(諸葛)孔明が用いた離間の策でいざ蜀に仕えると、
内政を省みぬ、単なる戦にしか興味を示さぬ男に変わってしまったよ。あれでは幾ら北伐を実行
したとしても、只国力を疲弊させ、民や蜀の皇室から非難が待っているだけだからな、今思うと
大した男ではなかったわ。

まあそれでも、私や同僚のケ艾があの男の戦略によって大いに苦しめられた事も多々あったから、
強ち「戦馬鹿」とは言えぬのだが……。

それに、かなり姜維の事を悪く言ったが、元から智勇兼備の人間であったからな、あの男がもし
戦のみならず、内政にも力を入れていたならば、魏はかなりの危機に瀕していたであろうな。

私からは以上だ。また何か質問があれば遠慮なく尋ねて頂いても構わぬぞ。

>>12
そうか、分かった。まあ、暇が出来たらまた此処に来てくれぬか?
歓迎するぞ。では、再見!!

斯く言う私ももう宵の口ゆえ、ここらで失礼させていただくとするぞ。
では、さらば。

14 :名無しになりきれ:2007/09/06(木) 07:27:28 O
ちん

15 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/09/06(木) 13:21:00 0
様子を見に来たが、やはり余り来ていない様だな。まあ、平日だから仕方ないか。

>>14
む、「ちん」とはどういう意味だ? 些か気になるな。

16 :陳建民:2007/09/06(木) 13:42:51 O
今日はだるいからカップラーメンね。

17 :ダンディーさん:2007/09/06(木) 13:44:04 0
三国志のだいきょう しょうきょう は 激モエだ

18 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/09/06(木) 19:45:56 0
少し場を離れていたが、どうやら来ているようだな。

>>16
何と、お主は倭国で名高い中華料理人である陳建民殿ではないか。
よく来て下さった。

む? 今日は疲れたからカップラーメンと? 何だそれは?
(教えてもらって)ほう、湯を注ぎ、少々待てば出来るという麺料理か。
私が住んでいる時代より遥かに高度かつ便利な世の中になっているとは……、



見     事     だ     ! ! ! ! !



の一言に尽きるな。

>>17
ほう、ダンディーさんと申すのか。お主もよく来て下さった。
なるほど、喬姉妹か。確かに彼女達は絶世の美女として名高いな。

私も一度お目にかかりたいと思ったが、生まれた時代が少々違う故、
そんな機会が全く無くて残念だと思っているぞ。

19 :名無しになりきれ:2007/09/06(木) 21:13:59 0
これを贈るぞ!!

つ『がんばれ! 盲導犬サーブ』

20 :名無しになりきれ:2007/09/07(金) 19:15:29 0
>見     事     だ     ! ! ! ! !

確か「三国志大戦」で陳泰が撤退した時に言った台詞だが……、もしやお主、
「三国志大戦」の陳泰ではあるまいな!!?

21 : ◆byRohoq81Q :2007/09/07(金) 19:54:05 O
鯖玉置

22 : ◆3hJmFw8QQI :2007/09/07(金) 19:54:49 O
ぁムタイムサムタイム

23 :名無しになりきれ:2007/09/07(金) 21:31:32 0
今日も来たぞ。どうやら返事が来た様だな。

>>19
ほう、これは……。主人を庇って事故に遭い、左の前足を失った勇敢な
盲導犬の話だな。動物は人間と違い、嘘は付かず、本能のままに行動を
起こすと聞くが……、その犬は主人の為に忠義を貫き、犠牲になった。

斯様に考えを巡らすと、人間より遥かに立派だと思ってしまったな。

>>20
ふっ……、ばれたか。その通り、私は「三国志大戦」の陳泰だ。まあ、進行するにつれて
その他にも様々な台詞を言うと思う。只、それを皆が受け入れてくれるのかどうかが心配
なのだが……。

>>21>>22
何、意味の判らぬことを言っておるのだ、お主等は?
まあ、いい。来てくれるだけでも大歓迎だからな。

24 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/09/07(金) 21:33:29 0
しまった、名乗らずに応答してしまったな。
私とした事が不覚であったぞ。

25 :名無しになりきれ:2007/09/07(金) 21:35:11 0
陳泰、あんたの字は何というのだ?

26 :名無しになりきれ:2007/09/08(土) 02:34:22 0
陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳


27 :Nyarl:2007/09/09(日) 15:18:03 0
混沌としたタイトルだと思ったが……。
結局スレ数を無駄に増やす
たて逃げのスレッドらしいな。

28 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/09/15(土) 01:31:22 0
久しぶりに戻って来たが、止まっているな。よし、ここは私が何とかせねばなるまいか。

>>25
私の字か。この私、陳泰の字は玄伯というのだ。まあ、意味としては「誰よりも奥深い
生き方をせよ」という意味を込めて付けたそうだ。私自身としては、奥深い生き方をしているか
どうかは分からぬがな。

>>26
意味が分からぬな。何を主張したいのだ?

>>27
混沌とした題名だと? 私にはそうは思えぬな。まあ、建て逃げと
いう事には同意するが……。

さて、今宵はここまでだ。次は何時になるかは分からぬが、また来るぞ。

29 :名無しになりきれ:2007/09/17(月) 09:08:44 0
活性化チン!

30 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/09/19(水) 22:42:15 0
最近、余りに忙しくて来るのが出来なかったぞ。

ふむ、停滞しているな。まあ、私としては沢山溜まっていて返答に追われずに
済むから、幸いな方だが。

>>29
活性化チン、だと? それは「陳」が付く人物を集め、この地を活性化させると
いう計画なのか? もしそういう意味ならば、大歓迎だ。賑やかになるからな。

「陳」の付く人物よ、年齢、性別問わず、是非ここに来られたし。宴を開いて
おもてなしを致すぞ!!!

31 :謎の生き物:2007/09/19(水) 22:53:14 O
      ハ,,ハ
     ( ゚ω゚ )   大変です!西の方から100万のノンケが攻めてきました!いかがいたしますか?
    /    \
  ((⊂  )   ノ\つ))
     (_⌒ヽ
      ヽ ヘ }
 ε≡Ξ ノノ `J


32 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/09/19(水) 23:13:13 0
>>31
何だと!!? ノンケとは一体何者だ!?

(>31)「同性愛者の事です!!!」

な、何だと!!?? ある意味蜀軍よりも恐ろしそうだな!!!!! 

まあ、良い。東20里の方にある隘路に陣営を張れ。そして無数の落とし穴を
拵え、敵の足を完全に止め、弓矢の雨を降らせ、







鎮        圧        す        る        の        だ        !!!!!

33 :名無しになりきれ:2007/09/21(金) 10:33:30 0
ノンケ=異性愛者

だぞ。陳よ

34 :名無しになりきれ:2007/09/21(金) 11:02:41 O
何万の軍勢を率いるとき、
血気盛んな何万の武者どもの性欲はどうしてたんだ?

35 :名無しになりきれ:2007/09/21(金) 11:49:11 O
男しかいないからアッー!しております

36 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/09/23(日) 01:07:17 0
……来たぞ。ほう、どうやらいつもより来ているな。まあ、答え甲斐があるか
どうかといえば、微妙な感じがするが……。

>>33
何? 異性愛者だと? なるほど。まあ簡単に言えば男女の愛を認知している、
少しはまともな連中という訳なのだな。

>>34
無論、そのような欲望というのは抑えていたぞ。戦というのは生きるか死ぬかを
決めるものなのだからな。色に迷っている暇など微塵もあるまい。

>>35
ふ〜む、倭国では新撰組という、武士の集団に同性愛という事があった、という記録が
存在していたそうだからな、そう言われると我が軍にもあったかも知れぬな。まあ、私は
直に見た事は無いのだが。

37 :名無しになりきれ:2007/09/23(日) 01:45:59 0
はじめこのスレを見た時、単なる悪ふざけで立てたものとしか思えなかったが、
陳泰が来てから結構まともになりつつあるな。

俺はこういったスレを無駄にせず、一生懸命活用させようとしているところを
見るのが好きだから、これからも頑張ってほしいと思うぞ!

38 :名無しになりきれ:2007/09/23(日) 01:57:29 0
「西遊記」で有名な玄奘三蔵は貴方の子孫らしいですが、どう思いますか?

39 :名無しになりきれ:2007/09/24(月) 16:28:41 0
>無論、そのような欲望というのは抑えていたぞ。戦というのは生きるか死ぬかを
>決めるものなのだからな。色に迷っている暇など微塵もあるまい。

支配後のレイプはいつのどこの戦争でもあるんだよな…

40 :通りすがりの真の武人:2007/09/26(水) 18:09:14 O
私が定期購読している『ドラマティック中国の歴史(全50巻予定)』が、販売不振により10巻で刊行休止となってしまいました…。
玄伯殿は、この雑誌を御存知ですかな?
横光三国志の漫画に解説を加えた、非常に解りやすい三国志入門雑誌で、私は気に入っていたのだ。
しかも10巻は呂布が徐州を奪った所で、これからどんどん面白くなる所であったのに…。
もう少し頑張って官渡の戦い、それが無理なら、せめて下ヒの戦いまでは見たかったのだが、復刊は無さそうであった。
今の世は、三国志の人気は無いのであろうか…だとすれば悲しいものですな。
ああ、長々と愚痴をこぼして申し訳ない。
応対は大変でしょうが、無理せず楽しんでくだされ。

41 :烈火の将 ◆YXjiXQkrlw :2007/09/26(水) 22:48:42 0
>>40
私はよくは知らないがそれは残念だったな。
盛り上がる前に打ち切られてさぞショックだったろう。
……私でよければ一緒に飲まないか?

42 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/09/28(金) 02:53:53 0
……来たぞ。まあ、忙しくて来る頻度が少なくなってきているが、決して
ここを見捨てはせぬぞ。

>>37
そう言ってくれるとこちらとしても非常に嬉しい限りだ。
それに、「ふざけた題名」で無事完走、か……。たまにはそういうのも良いかも知れぬな。

よし、お主の為に、かつ己の挑戦として、ここを無事完走させる様に頑張ってみるぞ。

>>38
ああ、調べてみたところ、洛陽近郊の?氏県の陳家の生まれで、本名は「陳?」と云うそうだな。13歳で得度
(仏門に入る事)して 玄奘と名乗り、兄と共に長安を出て中国各地の寺院を廻り、各地の講師の教えを聞いたものの、
聞いた教えの矛盾点が多すぎて真の正しさがどれなのかに悩み、当時国外を出る事を禁じられていたのを破って身毒
(=漢代のインドの古称。唐代では天竺という名で知られている)を目指したのだったな。まあ最も、唐の皇帝である
太宗に何度も説得等をして願い出ていたそうだが。

その後、長安から北西に進路を取り、會州・涼州・甘州・粛州・爪州と進んでから国境である玉門関を越え、天山山脈の
北側を回って高昌国に辿り着き、そこで高昌国の王の歓迎を大いに受け、「この国に是非留まってほしい」と言われたものの
「仏教の原典を持ち帰りたいのです」と言って断り、その決意の堅さに折れた王は「必ずこの国を寄って帰って来て下さい」と
いう約束の下、莫大な旅の資金と従者を彼に提供し、旅を続ける事を許した。だが、余りにも険しい旅路ゆえ、彼に付き従った
従者の大半は斃れ、玄奘自身も一心に般若心経を唱えながら険しい道を越えたそうだ。

その後、玄奘一向はカザフスタンから南下、アフガニスタンのカブールに出たあと、カシミール山地の南側を通って身毒の北方に
入り、ヴァルダナ国の王に歓迎され篤い保護を受けた。このヴァルダナ国の勢力範囲を彼はスタネスワラから東へ向かい、カンヤ
クブジャ、パータリプトラ、そして現バングラデシュ領内のサマタタまで進んだ。(続く)

43 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/09/28(金) 02:55:16 0
(>>42の続き)
その後玄奘は身毒の南方へ向かい、ヴェンギ、そしてカンーチーまで行ってから、インド西岸に沿って北上、ナーシクを経て、再びヴァル
ダナ国に戻った。王はこれから中国に戻るなら、天山を通るよりもヴェトナム方面を経由した方が楽でしょうと勧め、彼が集めた
膨大な経典を持ち帰るための馬や随員たちも用意しましたが、彼は「来る途中、高昌国でお世話になったので、そちらを通らなければ
なりませぬ」と言い、結局今度はカブールからパミール高原を越えて、天山山脈の南側を通るルートで帰国することになったのだ。

しかしその途中で彼を待っていたのは高昌国が他国の侵略により既に滅んでしまったという報せを受け、そこで彼はその方面に寄る
ことなく、そのまま敦煌・爪州から唐に戻っていったという。

玄奘は国境まで来ると禁を犯して国を出たことをお詫びし、自分が多数の経典を持ち帰ったことを報告する手紙を太宗皇帝に出し、
お許しが出るのを待って長安に帰着した。

太宗は彼のような優秀な僧を危険な旅に出したくなかったから国外に出ることを許可しなかっただけであって、成果を上げて帰って
きた今、そしてちゃんとお詫びもしている状況で彼の入国を許可しない理由は無く、彼を寛大に迎え入れたのだ。

帰国後、彼はこの膨大な経典(馬22頭で運んで来たらしい)の翻訳に取りかかり、その後22年の人生のほとんどはこの翻訳作業に
捧げ、664年に没するまで『大般若経』600巻等、76部1,347巻を訳した。また彼はその旅の様子を弟子に口述筆記させ
「大唐西域記」としてまとめたのだ。これは唐にとっても西域の諸国の様子を知るための重要な資料となったのだが、現代人にとって、
当時のその地域のことを知るための貴重な資料である他、後に中国四大奇書の一つである「西遊記」がこの本に着想を得て書かれる
ことになった、という訳だ。

まあ、長々と書籍の説明文の様に語ったが、私としては彼が中国に真の仏教とはどういうものなのかを教え、かつ絶大なる影響を与え、
また彼方の島国である倭国に仏教を伝える基を築いたのだからな。間違いなく、自慢の子孫だと思っているぞ。

ただ、あの「うぃきぺでぃあ」という百科事典では昔、「玄奘の先祖は陳羣」と書かれていたそうだが、何故その部分が消去された
のか、気になるぞ。まあ、そうぼやいても何も始まらぬのだが……。

44 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/09/28(金) 02:57:05 0
>>39
うむ……、我が軍では制圧したとしても民に手を出さぬよう厳しく取り締まっていたから、斯様な婦女暴行は起こらなかったのだが、
「覇 ―LOAD―」(原作:武論尊 作画:池上遼一)という漫画では董卓の軍勢がやっていたのが描かれていたそうだ。

まあ、何故そうなるかといえば、先に申した、戦で抑えていた性欲が「制圧」という一つの目的を果たした事によって一気に弾け、
斯様に淫らな行為に走った、と私は思うのだが……、違うかな? 違っていたら済まないがね。

ともあれ、お主の云うとおり、何処の世界であっても斯様な事が起こっているのは悲しいが確かだ。それを止めさせるには現段階だと
上に立つ者がしっかり取り締まっておく事ぐらいであろう。

>>40
ううむ、残念ながら私はその書物を知らぬ。だが、お主の話を聞いていると何やら面白そうだからな、読んで見たいとは思うぞ。
しかし、販売不振で刊行休止とは、余程販売した時期が悪かったのか、はたまたお主が申した通り、「三国志」の人気がそれ程
無かったからなのか……。

いずれにしても気になるが、倭国の電影遊戯では私が出ている「三國志」シリーズや「三国志大戦」の人気はまだまだ健在で
ある上、特に「三国志大戦」では近いうち第3弾目が稼動するという話題が浮上しているのだ。

だから案ずるな。今は雌伏の時だが、それらの遊戯によって改めて「三国志」自体が見直され、お主が望んでいる書籍もまた復刊
する可能性があるかも知れぬぞ!!!

>>41
ほう、名は「烈火の将」と申すのか。まあ、私としてはお主の本名が知りたいのだが、それは後にしておこう。ともあれ、よく来て
下さった。

む、>>40殿を飲みに誘うところであるのか? それなら、私も同行させてくれぬか? 一人では流石に淋しいゆえ、誰かいないと
困るのだ。まあ、子供染みていて恥ずかしいのだが……。

おっと、今日はここで宵の口を迎えてしまったようだな。では私はこの辺で失礼させてもらうぞ。次回は何時になるのかは分からぬが、
必ず来るゆえ、待っていてくれぬか?

では、さらばだ。

45 :名無しになりきれ:2007/09/28(金) 03:01:19 O
携帯でこの長文はすごい…
恐れ入った!

46 :名無しになりきれ:2007/09/28(金) 03:15:41 0
陳泰殿。貴公は出典が「三国志大戦」と申されたようですが、貴公に打って
付けの場所が見つかりましたぞ。

それは此処です。↓
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1189436482/

まあ、一度お伺い下され。きっと貴公なら大歓迎してくれると思いますぞ。

47 :通りすがりの真の武人:2007/09/28(金) 18:17:16 O
>41 >44 烈火の将殿も玄伯殿も、お優しい心遣い忝ない。
しかし烈火の将殿は、何処の国の武人なのであろうか…。
いや、聞いてはならぬのであろうな、失礼致した。
ところで玄伯殿の言われるように、倭国の電影遊戯には三国志絡みの物が多いですな
(玄伯殿は大戦準拠故御存知無いであろうが、三國無双の新作も出るのですぞ)
諦めずに待っていればまた、面白い三国志の雑誌が出るかもしれませんな。
それに期待して、皆でこちらを呑みながら待つとしましょうか。つ『紹興老酒30年 逸品陶器入り』

48 :犬犬犬犬犬犬犬犬:2007/09/28(金) 20:06:00 O
犬犬犬犬犬犬犬犬犬犬犬犬犬

49 :烈火の将 ◆YXjiXQkrlw :2007/09/28(金) 22:30:35 0
>>44>>47
………私の口から出自は言えませんが、この名前で調べていただければ分かることもあるかと思います。
では私も頂きます。
つ日

50 :名無しになりきれ:2007/09/28(金) 22:44:45 O
>>47
この武人はまさか文e…。
ん?いや何でもない…
ひそかに濃いスレだな。

51 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/09/29(土) 01:13:26 0
……来たぞ。今日は早めに任務を切り上げる事ができたゆえ、こうも早く
此処に来れた事に嬉しく思うぞ。

>>45
いや、私は手机ではなく、个人電脳(中国語でパソコンの事)を用いて応対
しているのだ。手机だと相当時間がかかるからな、方法としては、事前に反故に
しても構わぬ竹簡に書き、その後此処で清書しているのだ。

何? 紙には書かないのか、だと?

紙は我々の住んでいる時代では勅書等に用いる以外、使う事は決して許され
ないほど、相当高価だからな。滅多にそういう事は出来ぬよ。

>>46
ほう、斯様な地があったとは、私も驚いたぞ。

それで、斥候を用いて調べてみたのだが、どうも主は魏王様(曹操の事)の
宿敵であった、袁紹の配下の将である淳于瓊ではないか。

彼は官渡の戦いにおいて、「三国志演義」ではかなり無様な最期を描かれていた
そうだが、実際は主君に忠義を貫いたまま戦場の露となって消えたと聞く。
実際なら私と彼は敵同士であるが、物語の如く続編を綴る、その健気な奮闘振りは
賞賛に値するぞ。

只、更に過去の情報を調べた所、向こうでは「リリカルなのは」という物語に出てくる「ナンバーズ」という、
一風変わった連中を撃破した、と書かれていたそうだが、これは一体何なのだろうか? まあ、此方としては
何も関わりが無いゆえ、これ以上詮索はせぬのだが……。

しかも、同じ「三国志大戦」か。よし、もし暇があればその地に赴き、彼に応援の言葉を
贈るとするぞ!!!!!

お主も斯様な地があるという情報を教えて頂き、感謝致す。

52 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/09/29(土) 01:15:05 0
>>47
おお、斯様に上等な品を贈って下さるとは……。誠に忝く思う!!!

「三国無双」か。実はその事も挙げようとしたのだが、応答に熱が入ってしまい、
入れる事を忘れてしまったのだ、誠申し訳無い。

(しかし……、その電影遊戯に私が出ているのかどうか気になるが、ここは控えておこう。)

まあ、改めて言うが、電影遊戯では人気の高い「三国志」だからな、それに便乗して書籍でも人気が
出る事を私も祈っているぞ。

>>48
(ワォ―――――ン、ワオッ、ワンッ、ガウッ、ガオッ!!!!! ←大群の犬の鳴き声)

(ワ―――――ッ!!!!! キャ―――――ッ!!!!! ひえええええっ!!!!! ←民衆の叫び声)

な、何だ!!? 何が起こっているのだ!!?

(配下兵 「や、野犬です!!!!! 野犬の大群が突如、城内に入ってきました――――っ!!!!!」)  

何だと、野犬だと!!!?? むむっ、これは若しや、姜維の策略か!!? 小癪な!!!
よし、では今からその野犬の掃討に出る!!! 各自武装し、網と鉤縄を用意せよ!!!!!

53 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/09/29(土) 01:20:53 0
>>49
おお、烈火の将殿!!! 今日も来て下さったか。忝い。
それと、お主の申したとおり、調べてみたのだが……。お主、女性であったのか。正直、驚いたぞ。

確かに容貌は美しい女性の様だが、余りに口調が男性じみていたゆえ、女性という概念が無かったのだ、誠申し訳ない。

あと、更に調べた所、どうも出た所が>>46殿が報告した地に居る淳于瓊達が撃破した「ナンバーズ」という連中と同じの
様なのだが……、これは一体? まあ、これは答えたくなければそれはそれで良いのだが、些か気になってな……。

>>50
濃いスレ、か……。私はそう感じぬが、そうなのかな? ともあれ、これからも頑張るので宜しく御願い致すぞ。

(「通りすがりの真の武人」について)ああ……、実は私も薄々気付いていたのだが、彼にはどうしても気付いて欲しく
無い理由が在るみたいだからな。こうして彼に対等な口ぶりで話しているのは「勧進帳」で主君である源義経を庇う弁慶を
倣ってやっている様なものなのだ。

只……、向こうの地を初めて訪れ、その際に頂いた「鳳凰単叢蜜蘭香」という茶の礼を申さずに、かつ励ましの御言葉に
対して答えずに去ってしまったのだ。誠、無礼な事を犯してしまった。

なので今からここで謝るとするぞ。

張将軍、あの時は誠に申し訳ございませんでした。この不遜行為は必ず、将軍が申した「互いに砦の完走を果たす」という
目標を以て償いますゆえ、どうか御勘弁の程、宜しく御願い致します。


さて、明日は早朝に任務があるため、ここで失礼させていただく。次回も今日みたいに来れるよう、
心がけておくので皆も遠慮無く来てくれぬか? 必ず歓迎致す。

では、さらばだ。

54 :名無しになりきれ:2007/09/29(土) 22:27:58 0
ここからケ艾、羊?、王濬、杜預、周旨のいずれかが出て来たら面白く
なりそうだな。

55 :54:2007/09/29(土) 22:29:21 0
おっと、羊[示古]の名が出てなかったな、これは失礼。

56 :名無しになりきれ:2007/09/29(土) 22:34:22 0
重複
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1186234564/l50

57 :謎の生き物:2007/09/29(土) 23:59:25 O
      ハ,,ハ
     ( ゚ω゚ )   大変です!近くの村で飢饉が発生して村人達が飢えております、いかがいたしますか?
    /    \
  ((⊂  )   ノ\つ))
     (_⌒ヽ
      ヽ ヘ }
 ε≡Ξ ノノ `J


58 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/01(月) 00:23:20 0
……来たぞ。今日はかなり野犬の駆逐に成功したものの、丸1日その任務で疲れたわ。
だが、こうも来ていると返さぬわけにはいかぬからな。満を持して行くぞ。

>>54-55
ああ、我が盟友達か。確かに来てくれるとここも賑やかになるな。特にケ艾、羊[示古]や杜預が
来てくれると面白いかも知れぬ。


――――――5人の中で一番来る可能性がある人は誰ですか?

うむ、それはケ艾だな。5人の中でも、年の差を忘れるくらい一番親しみがあるのだ。それに……、
風の噂によると彼は以前、「ネギぽに」という地でよく顔を出していたそうだからな、それなりの
礼儀を弁えているだろう。

>>56
ああ、そこか。この地よりも先に設立されたそうだが、どうも閑散としているではないか。私としては
向こうも活性化させたいと思うのだが……。誠、情けない事に今の忙しい身である自分の状態では少し
無理かも知れぬ。まあ、訪れる程度なら出来るのは出来るのだがね……。

>>57
おおっ、お主はいつぞや「ノンケ」とやらの集団が来襲した事を逸早く報告してくれた兵ではないか。
お蔭で迅速に鎮圧できたゆえ、感謝致す。

何っ、近隣の村の民が飢えているだと!? よし、雍州の各地にある屯倉から緊急時の為に貯めておいた
穀物や野菜類があろう? それを全て村民に分け与えよ!! 然すれば飢えを凌げるはずだ。

59 :名無しになりきれ:2007/10/01(月) 00:26:24 O
トウ艾の「トウ」が俺の携帯ではおばあちゃん
の絵文字になっている件。

60 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/01(月) 01:12:34 0
>>59
何、斯様な事が起こっているのか? 不思議な事があるものだな。まあ、斯く言う
私の方も、手机で見たところ「ケ艾」が「?ケ艾」と記載されているのだ。結論と
しては、手机は个人電脳よりも文字の読み取りが劣っているという事になるの
だろうか? まあこれは、機巧に疎い私の独り言であるが……。

61 :周瑜 ◆8xLu3o3MHU :2007/10/01(月) 12:34:03 0
陳泰殿、お邪魔いたします
それがし、淳于瓊殿の砦(スレ)にて現在居候させていただいております周公謹と申すもの
以後、当砦ともどもお見知りおきを
因みに砦の場所はこちらでございます
もしよろしければ一度遊びにいらして下され

http://game11.2ch.net/test/read.cgi/arc/1188137562/

さて、この度は当砦の主たる淳于瓊殿の使者として参りました
こちらをお受け取りいただきたい

つ【酒蒸活鮑(生鮑の酒蒸し)】

それでは本日はこれにて失礼いたします
越境になってしまいましたがご容赦のほどを

62 :周瑜 ◆8xLu3o3MHU :2007/10/01(月) 12:35:34 0
おっと、既に>46殿がこちらの砦について紹介されておりましたね
重ね重ね失礼いたしました

63 :名無しになりきれ:2007/10/02(火) 00:57:59 0
保守しておきますよ、陳泰殿。

64 :名無しになりきれ:2007/10/02(火) 16:16:29 0
このスレは地味に伸びてる。

65 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/02(火) 23:31:52 0
……来たぞ。昨日は別れの挨拶をせず、勝手に去ってしまい、申し訳ない。
これからは気を付けるゆえ、御許し願いたく思う。

>>61-62
何と、貴公は美周郎で名高い周瑜殿ではないか。斯様に立派な贈り物を贈って下さるとは、
感謝致す!!!!!

おおっ、鮑の酒蒸しか。これは旨そうな。

(紹介してくれた地を拝見して)むっ、ここは「三国志大戦」の武将達の社交場というわけなのかな? 楽しそうだな、
一度機会があれば訪れるとしよう。

(>62の件で)いやいや、貴公が謝る事はござらぬ。>46殿は淳于瓊殿が居る地を教えてくれたのだ。それとは別に楽しそうな
所を紹介してくれた貴公にも感謝をしているゆえ、案ずる事はあるまいて。

ともあれ、貴公も暇があればここに訪れて下され。大歓迎いたしますぞ。では、これにて失礼。

>>63
おおっ、この地を守らんとする者が此処に居たとは……、感謝致す!!! このお主の努力を無駄にしない為にも、頑張るぞ!!!!!

>>64
ああ、確かに地味ではあるが、それでいい。むやみやたらに騒いだりするのは却って皆に迷惑だからな。コツコツと地道に
やるのが一番だ。

さて、明日は早朝から任務があるゆえ、今日はここらで失礼させていただくとするぞ。次回はいつになるか未定であるが、出来る限り
来れる様にするぞ。

では、さらばだ。

66 :周瑜 ◆8xLu3o3MHU :2007/10/02(火) 23:56:36 0
>65
リンクはり間違えましたw
重ね重ね申し訳ない
私はその淳于瓊殿のスレを貼ったつもりだったのですが直前にROMっていたスレのリンクを貼ってしまったようですw

67 :黄巾賊残党:2007/10/03(水) 00:35:30 O
ふ〜、久々の米はうまいな。
毎日とかげや草の根ばかりだったからな。
村があって助かったぜ。
略奪もまた俺達の生きる手段、許せ村人よ。

68 :名無しになりきれ:2007/10/03(水) 13:13:21 0
そしてその残党達は死体で発見される。
何故なら、その村の名前は

雛(ry

69 :黄巾賊残党:2007/10/04(木) 00:22:24 O
ん?
何か聞こえたようだが?
気のせいか。
さて、官軍ぶっつぶしに行くぜ!

70 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/06(土) 01:21:57 0
……来たぞ。ここ3日間、任務や私事で遅くなり、誠に申し訳ない。
だが、こうして来てくれた返事はしっかり返させていただくぞ。

>>66
おお、周瑜殿。今日も来て下さいましたか。

何と、所在地の案内を間違えてしまったと?

いやいや、そんな事、私は気にしてはおりませぬぞ。寧ろ、我々の知らぬ世界を
教えて下さった事に対して感謝しておりますので、貴公は気になさらず、これからも
向こうの地で頑張って下され。

>>67>>69
むっ、何だと!? 潁川の近くの村で黄巾賊の残党が暴れていると!!? よし、私が直に赴き、鎮圧する!!!!!
(と言い、3000の騎兵を率いて出陣する)

(村に辿り着き)なるほど、あれか。……どうやら略奪で油断しているようだな。よし、皆の者、一気に攻め立て、捕らえよ!!!!!

(おおおおおおおおお―――――――っ!!!!!!)

(2時間もの激闘の末)よし、どうやら残党はこれで全員のようだな。皆の者、出かした!!!!!

さて、と……。(黄巾賊の残党兵の一人に目を向け)

お主達は太平道の許で、民を守る正義の味方として戦ったそうだが、その成れの果てがこれか。
聞くが、今お主達がやっている事は単なる「梁上の君子」、つまり盗賊そのものだ。分かっているのか?

(次に続く)

71 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/06(土) 01:23:24 0
(前の続き)

(黄巾賊残党 「ああ、確かにお前らから見れば今の俺達は薄汚い盗賊だろうよ。だがな、『我々の敵は腐ったこの漢王朝であり、
民は慈しまねばならぬ存在なのだ。』という天公将軍(黄巾賊首領・張角の事)の教えの元、民には一切手は出してはいねえ。これは
本当だ!!!!!」)

なるほど、民は慈しむべき、とな……。だが、その民から物を奪うというのは明らかに民に傷を付けている。
民の「心」にな。それでも傷を付けていないと言えるのか?

(黄巾賊残党「ぐっ、そ、それは……。」)

ほれ見よ、言えぬだろう。「傷」というのはな、ただ単に武器で付けるものではなく、皆の期待や望みを裏切り、心に付ける
事もあるのだ。心得よ。まあ、本来ならお主等を厳罰に処すところなのだが……。今、こうして私と話をしていても怖気ず、
堂々と返すその意気込みが気に入った。

そこで今からお主等を我が軍に迎え入れる事とする。そして、我々と共に、真の正義の使者として民の為に戦ってもらうぞ、
よいな!!!!!

>>68
むっ、その村でも黄巾賊の残党が荒らしていたのか。しかし、その残党の多くが変死を遂げたというのは、その村には何か余程強い
祟りか何かが存在しているのか? まあ、村を荒らす事は許されぬ所業ゆえ、天罰として下ったのであろうな……。

只、その村の名には続きがあるそうだが、本当の名は何というのか、教えてくれぬか?

さて、こうして答えてきたが、もう宵の口か。では私はこれにて失礼させていただくとするぞ。毎度ながら次はいつになるかは
分からぬが、必ず皆の質問には応じるゆえ、これからも宜しく御頼み申す!!!!!

では、さらばだ。

72 :名無しになりきれ:2007/10/06(土) 02:43:01 0
週 間 陳 泰 ♪

どうも失礼しました……。

73 :名無しになりきれ:2007/10/06(土) 03:15:29 0
      ___
     /  R /\
    /   /\  \
   |  / /=ヽ \  |
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   \── ゝ── ノ
     \____/


           ___
         /  R /\
      i!i!i!i/   /\  \
   |::|  ;''':' '|  / /=ヽ \  |
   |::|  ノ /.|/ (゚)  (゚) \| 人人人人人人人人人人
   |::| ||  |..\── ゝ── ノ)まんまん キュッ!キュッ!キュッ!
   |::| ||., \...\__∪ /< キュッ!キュッ!キュッ!
   |::| | \  `''"~   ""'' )  キュッ!キュッ!キュッ!
   |::|__.|_.` i           Y  YYYYYYYYYYYYYYY
   |::|―--  `i  人    :  'i ニ二二|:::|
   |::|     |       l|i|! !|il!キュッ  |:::|
-''" ̄~~"" ,-‐‐!      i||!|i|!i|!,,キュッ |:::|
        i, `' i       i'ニ-'" キュッ// ̄~""
       \.i'"' ,、 '''"';  _/  .// _,,..i'"':,
         ヾ_,.i、_   _,;..-'   .//  |\`、: i'、
               ̄     //.  \.\`_',.-i
                   /,/

74 :名無しになりきれ:2007/10/06(土) 19:48:01 O
>>73
ヒノヽヽヽヽ\
ヽ r"" ̄ ̄(⌒ハ
`V リ< ̄ ̄ ̄`i
 VU/ ~ニ=ッ r=|
 (fi   ヽi
 |ヒヽ   ‐/リ
 iヽ \ /≡V
 ̄ハ \ `"川リ゙
ショカツリョウ
諸葛亮 曰く、
他にすることは
ないのですか?

75 :烈火の将 ◆YXjiXQkrlw :2007/10/06(土) 20:58:30 0
>73
……そのような下劣なものを張られてもな。
少し、割ろうか。

76 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/07(日) 00:05:04 0
……来たぞ。今日は雲一つも無い、快晴であったそうだ。まあ、此方としては晴れるのなら綿飴の様な雲を幾つか浮かばせた
方がより趣があって好きなのだが、ね。

さて、今日も来ておるな。よし、返すとするぞ。

>72
私の名で洒落を作ったのか。まあ、巧く出来てはいるが、何もやれぬぞ。

>73
来てくれるのは嬉しいが、斯様な行為は他所でやってもらおうか。此処では下品な行為は控えてもらうぞ。

>74
おおっ、何と貴公は諸葛孔明殿!!!!! 斯様な所に来て下さり、この陳玄伯、光栄でございますぞ。
確かに斯様な行為をするのならば、その力を他に回して頂きたく思いますな。

>75
烈火の将殿!!! 貴公も来て下さったか!!!!! 確かに貴公は女性ゆえ、我々男性より嫌悪感は倍に感じられるであろう。
だが、斬ろうとするのは些か過剰行為だぞ。

なので此処は私が奴を獄中で反省させるゆえ、それで勘弁してくれぬか?

77 :烈火の将 ◆YXjiXQkrlw :2007/10/07(日) 23:24:23 0
>76
…このような輩は切り捨てた方が世のためと思ったが…陳泰殿がそう申されるなら今回はお任せいたそう。
………これに懲りたら二度としないようにな。

78 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/08(月) 00:12:30 0
>>77
うむ、そのとおり。例え斯様に下卑た輩であっても、人には変わりは
無いのだ。

>73
というわけで、お主は獄中にて反省文をこの竹簡1本に書して頂くぞ、
良いな?

79 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 00:38:50 0
烈火の将よ、向こうの地にいる淳于瓊があんたに贈り物を贈ったのに、
あんた、礼せずに去るとは、少し無礼ではないのか?

去るのなら改めて礼を述べて去るのが礼儀というものではないのか?

80 :烈火の将 ◆YXjiXQkrlw :2007/10/08(月) 00:48:49 0
>79
え……
それは失礼した。巡回は不定期なので気がつかなんだ。取り急ぎ見てみる、報告ありがとう。

81 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/08(月) 01:47:15 0
>>79
何と、そういう事があったのか。まあ、多忙な彼女ゆえ、不意に見逃して
しまったのであろう。

此処は私の顔に免じて許してやってはくれぬか?

>>80
まあ、そう云う事もあろう。私も彼から沢山御返しとして贈り物を頂いたゆえ、
後で礼を申しに行かねばな。

さて、こう応答して来たが、もう宵の口か。では今日はこれにて私は失礼させていただくと
するぞ。毎度ながら次はいつになるのかは分からぬが、出来る限り早く来れるようにするゆえ、
これからも応援宜しく頼み申す!!!!

では、さらばだ。

82 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 01:54:35 O
陳泰、これをやろう
っ 『ビームサーベル』
これで思う存分暴れるがよい

83 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 02:01:57 0
               _
              /  \―。
            (    /  \_
             /       /  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ...―/          _)  < ちんちん シュッ!シュッ!シュッ!
        ノ:::へ_ __    /      \_____________
        |/-=o=-     \/_
       /::::::ヽ―ヽ -=o=-_(::::::::.ヽ
      |○/ 。  /:::::::::  (:::::::::::::)
      |::::人__人:::::○    ヽ/
      ヽ   __ \      /
       \  | .::::/.|       /
        \lヽ::::ノ丿      /
          しw/ノ___-イ
           ∪

84 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 02:06:19 O
      ___
     /  R /\
    /   / \  \   ─┼─
   |  / \_/ \  |   ─┼─
   |/ (・)  (・) \|     │
   \── ゝ── ノ      | | /
     \____/        _/

85 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 02:08:51 O
ノ:::へ_ __    \     /    / \ \          /カルト創価  ミ:::|
 |/-=o=-     \/_\    |     (゚) (゚)   |         /≡=、´ `, ≡=_、 |;/
 /::::::ヽ―ヽ -=o=-_(::::: \  |     )●(   |       /||..(゚ )| ̄|. (。) |─/ヽ
|○/ 。  /:::::::::  (:::::::::::::\ \     ▽   ノ      /  |ヽ二/  \二/  ∂
|::::人__人:::::○    ヽ/  \ \__∪ /シュッ!/  /.  ハ - −ハ   |_/
ヽ   __ \      /     ∧∧∧∧∧∧∧      |  ヽ/__\_ノ  / |
 \  | .::::/.|       /     <          >     \、 ヽ| .::::/.|/ヽ  / /
  \lヽ::::ノ丿      /ちんちん<  ち  俺    > シュッ! \lヽ::::ノ丿   / /犬イ乍も
    しw/ノ___-イ   シュッ!<  ん  た    >        しw/ノ _ /
─────────────  <  シ  ち    > ──────────────
     /       /  ヽ    <  ュ  の    >           / ̄ ̄⌒γ⌒ヾ
  ...―/          _)    <           >  石破茂も  / ________人
  ノ:::へ_ __    /       ∨∨∨∨∨∨∨         ノ::/━━     ヽ
  |/\:::: :::: :/::: :::: \/  キッ!    / きれいな\        |/-=・=-  ━━  \/
 /-o-ヽ―ヽ::-o---::::(::::::::.ヽ     /:へ_ __   \     /::::::ヽ―ヽ -=・=-_ ヽ
|:: ̄/  /::::: ̄ ̄: (:::::::::::::)   /|/ニコ ::: :::::iニニ:: \/ \   |○/ 。  /:::::::::
|::::/  :::: :::::::::::::    ヽ/   / /fエ:エiヽ―ヽ:fエエ)-::(::::::::.ヽ \  |::::人__人:::::○
|  \`    \     / / |○/ 。  /:::::::::  (:::::::::::::) \ ヽ   __ \
 \  ------       / /  |::::人__人:::::○    ヽ/   \\  | .::::/.|

86 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 02:09:04 0
               _
              /  \―。
            (    /  \_
             /       /  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ...―/          _)  < ちんちん シュッ!シュッ!シュッ!
        ノ:::へ_ __    /      \_____________
        |/-=o=-     \/_
       /::::::ヽ―ヽ -=o=-_(::::::::.ヽ
      |○/ 。  /:::::::::  (:::::::::::::)
      |::::人__人:::::○    ヽ/
      ヽ   __ \      /
       \  | .::::/.|       /
        \lヽ::::ノ丿      /
          しw/ノ___-イ
           ∪

87 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 02:09:16 0 ?PLT(12000)
               _
              /  \―。
            (    /  \_
             /       /  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ...―/          _)  < ちんちん シュッ!シュッ!シュッ!
        ノ:::へ_ __    /      \_____________
        |/-=o=-     \/_
       /::::::ヽ―ヽ -=o=-_(::::::::.ヽ
      |○/ 。  /:::::::::  (:::::::::::::)
      |::::人__人:::::○    ヽ/
      ヽ   __ \      /
       \  | .::::/.|       /
        \lヽ::::ノ丿      /
          しw/ノ___-イ
           ∪

88 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 02:09:44 0
    _   _
  .__|_|__|_|__
  |_______|
   |  /  =  ヽ  |
   |  ( ゚)  (゚) |      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,-―――●―――-、  <  かまめし パカッ!フワッ!パカッ!フワッ!
  ̄|;;;;;;;;;トェェェィ;;;;;;;;;| ̄     \___________________
   ヽ;;;;;しw/ノ;;;;;/

89 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 02:10:37 O
    _   _
  .__|_|__|_|__
  |_______|
   |  /  =  ヽ  |
   |  ( ゚)  (゚) |      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,-―――●―――-、  <  かまめし パカッ!フワッ!パカッ!フワッ!
  ̄|;;;;;;;;;トェェェィ;;;;;;;;;| ̄     \___________________
   ヽ;;;;;しw/ノ;;;;;/

ワシの顔がロールパンナの使いまわしなのは別に手抜きだからじゃない。
世代交代に拘るわけでもない。
こんなことって、
がさつで無神経な洋食どもには絶対に理解できないだろうし、してほしくもない。

90 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 02:13:09 O
            /       /  ヽ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ...―/          _)  < ちんちんキッ!キッ!キッ!
        ノ:::へ_ __    /      \_____________
        |/\:::: :::: :/::: :::: \/_
       /-o-ヽ―ヽ::-o---::::(::::::::.ヽ
      |:: ̄/  /::::: ̄ ̄: (:::::::::::::)  ─┼─
      |::::/  :::: :::::::::::::    ヽ/    ─┼─
       |  \`    \     /      │
       \  ------      /        | | /
         \  -       /          _/
お前ら勢いを上げろ。繰り返すお前ら勢いを上げろ。
勢いを上げてちんシュスレを上位概念に移行させれば、
より多くの基地外が集まりちんシュスレはさらに肥大する。
ちんシュスレはスタンドアローン・コンプレックス現象だ。
情報統合社会で無数の基地外を誘発的にちんシュさせるためには、勢いは生命線となる。
勢いを上げろ。

91 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 02:13:23 0
               _
              /  \―。
            (    /  \_
             /       /  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ...―/          _)  < ちんちん シュッ!シュッ!シュッ!
        ノ:::へ_ __    /      \_____________
        |/-=o=-     \/_
       /::::::ヽ―ヽ -=o=-_(::::::::.ヽ
      |○/ 。  /:::::::::  (:::::::::::::)
      |::::人__人:::::○    ヽ/
      ヽ   __ \      /
       \  | .::::/.|       /
        \lヽ::::ノ丿      /
          しw/ノ___-イ
           ∪


92 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/08(月) 02:20:05 0
少し忘れ物をしたゆえ、戻ってきたぞ。

>>82
おおっ、何だこの武器は!!? 「ビームサーベル」と申すのか。
確かに何かあった時に役立ちそうだな。

分かった、ではこの剣、我が愛用の戦器である「陳家槍」と共に使わせていただくぞ。

>>84
どうやら獄中で反省した模様だな。宜しい、明後日釈放致そう。

>>83>>85-91
ちょっと待て!!!!! 妙な発言をしている上に、何だそのだらしない
顔の面々は!!!!!

(配下兵 「いや、彼らは身毒から伝わった阿片(アヘン)という、薬の中毒に
冒された者達なのです。」)

何っ、それなら仕方あるまい。では此処にその者達を入院させよ。

つ【http://www.khp.kitasato-u.ac.jp/】(北里大学病院)

では、今度こそ本当にさらばだ。

93 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 02:23:15 0
>92
そいつら麻薬中毒扱いかよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
即入院wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

やるねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww陳泰wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

94 :烈火の将 ◆YXjiXQkrlw :2007/10/08(月) 02:25:42 0
>83 85-91


  \\      >>8385-91
   \\  ,-、,-、 4HIT        )
     .\\('A`;),;'ズバ!   ,'`》'´⌒`彡
      C\\O)*’;::.,   ノ,ィ∝ノノ))))) <直接的なネタは自重推奨だ!
       │\\,:;’.    ( ( ゝ(l!_゚(フノ|l
       │ ;;\\     ノ)  (^!、 yソ
       (    \\   '´  /./|j∽」>二二二二二フ
       ^⌒.    \\    〈/'ノ 〉_〉ノ


95 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 02:26:13 0
そういやこのスレでは「ジャムおじさん」は「シャブおじさん」と呼ばれているそう
だからな、陳泰が病院案内させたのは強ち理に適っているのかも知れんな。

96 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 02:33:22 0
突然ながら、皆さんで奈良の竜田川を見に行きませんか?

沢山のもみじの落葉が彩っていて、奇麗ですよ。

その後当麻寺に談山神社や三輪の鳥居、大神神社、そして牡丹が奇麗な
長谷寺、シャクナゲで有名な室生寺に参りましょう。

97 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 02:42:26 0
>94
ワ――――――ッ!!!!! 麻薬中毒の患者達全員が搬送途中に何者かに
よって斬られたぞ!!!!! 幸い、奇跡的に大事には至っておらぬが、警察は
まだか!!?

しかし、一体誰がそんな事を……?

98 :兵糧庫:2007/10/08(月) 02:43:21 0
    _   _
  .__|_|__|_|__
  |_______|
   |  /  =  ヽ  |
   |  ( ゚)  (゚) |      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,-―――●―――-、  <  兵糧 パカッ!フワッ!パカッ!フワッ!
  ̄|;;;;;;;;;トェェェィ;;;;;;;;;| ̄     \___________________
   ヽ;;;;;しw/ノ;;;;;/

99 :烈火の将 ◆YXjiXQkrlw :2007/10/08(月) 02:46:06 0
>96
それはいいな。乗った。紅葉を見るのも良い保養になるだろう。

>97
……全て峰打ちだ。

100 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/08(月) 03:19:06 0
……度々済まぬ。また忘れ物で戻ってきたぞ。
…また来た様だな。よし、やるか。

>>93
これはどう見ても禁断症状にしか見えぬからな、私の処置は妥当だと思うぞ。

>>94>>99
おおっ、烈火の将殿!!! それは幾らなんでも……、何と、峰打ちと?

ああ、そうであったか。些か驚いたが、それを聞いて安心したぞ。

>>95
「シャブおじさん」だと? 確かあの「ジャムおじさん」という名の御老人は、倭国では有名かつ伝説の
「麺麭(パン)作り」の名人と聞いたが、此処では斯様な呼ばれ方をされているのか……。やりきれぬな。

>>96
何、竜田川? あの紅葉で名高い川を見に行くのかね? ほう、しかも談山神社に
大神神社、長谷寺、室生寺も………。

よし、乗った!!!!! 特に長谷寺の牡丹や室生寺の石楠花(シャクナゲ)は
前々から見たいと思っていたところだからな、御一緒させてもらうぞ!!!

ああ、それならあと、晋公(司馬師の事)やケ艾、杜預、周旨に王濬も
誘いたいのだが、良いかな?

>97
落ち着け、峰打ちだ!!!!! 警察を呼ぶほどではない!!!!!

101 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/08(月) 03:20:30 0
>98
うおおっ!!? 何だこやつは? 何処から入ってきた!!?

(配下兵 「(御釜の形をした面を取って)私ですよ、陳将軍。ビックリしましたか?」)

ああ、吃驚(びっくり)した!!! 何だ、お主だったのか!!!
だが、何故此処に!!?

(配下兵 「敵がこの兵糧庫に侵入した時、威嚇させてやろうと思いましてね、
何人か誘ってその特訓をしておりました。」)

なるほど、そういう事だったのか。何事にも熱心なのは確かに良い事だ。だが、今日はもう遅いゆえ、明日その続きを
しなさい、いいね?

(配下兵 「了解!!!」)


さて、どうやら此処までのようだな。
では今度こそ本当にさらばだ!!!

102 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 05:25:27 0
我が隊の糧秣が不足しております

103 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 11:12:31 0
      ____
     /  R /\
    /   /\  \
   |  / /=ヽ \  |
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   \── ゝ── ノ
     \____/    |||
                ___
      ____    /  R /\
     /  R /\  /   /\  \
    /   /\  \|  / /=ヽ \  |
   |  / /=ヽ \  ||/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほほほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \|\── ゝ── ノ
   \── ゝ── ノ  \____/
     \____/              |||
                          ___
      ____      ___    /  R /\
     /  R /\    /  R /\  /   /\  \
    /   /\  \ /   /\  \ |  / /=ヽ \  |
   |  / /=ヽ \  ||  / /=ヽ \  | |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほほほほほほほほほほほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \||/ (゚)  (゚) \|\── ゝ── ノ
   \── ゝ── ノ\── ゝ── ノ  \____/
     \____/   \____/
      ___      ___       ___
     /  R /\    /  R /\    /  R /\      人人人人人人人人人人人人人人人人
    /   / \  \ /   / \  \ /   / \  \   まんまん キュッ!キュッ!キュッ!キュッ!
   |  / \_/ \  ||  / \_/ \ | |  / \_/ \  |   まんんまんまん キュッ!キュッ!キュッ!
   |/ (・)  (・) \||/ (・)  (・) \| |/ (・)  (・) \| < まんまんまんまんまんまんまんまんまんまん
   \── ゝ── ノ \── ゝ── ノ \── ゝ── ノ    キュッ!キュッ!キュッ!キュッ!キュッ!
     \____/   \____/    \____/    YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY

104 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 14:00:11 O
            /  \―。
           (    /  \_
           /       /  ヽ   / ̄ ̄ ̄
        ...―/          _) < ちんちん キッ!キッ!キッ!
       ノ:::へ_ __    /     \___
       |/\:::: :::: :/::: :::: \/_
      /-o-ヽ―ヽ::-o---::::(::::::::.ヽ
     |:: ̄/  /::::: ̄ ̄: (:::::::::::::) ─┼─
     |::::/  :::: :::::::::::::    ヽ/   ─┼─
      |  \`    \     /     │
      \  ------       /       | | /
        \  -       /         _/
         \____-イ
それらしいスレを見つけたら
ちんシュAAを書き込んで流れを決めてしまえ
どうせクソスレなんだ
ちんシュスレにしてしまえばいいじゃないか

105 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 14:30:38 0
>>104
そういやそのAA始めて見るな。何ていうんだそれ?

106 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 15:30:32 0
   ___                             ___
 /  m  \                          /  R / \
/  ⌒   ⌒ \                        /   /\   \
|  /\ /\ |                       |  / /=ヽ \  |
| <-o-ヽヽ::-o´> | < おねえちゃん!しりとりしよう!  |/ (゚)  (゚) \|
|O \/o\/O |                       \── ゝ── ノ
\   ∀     ノ                         \____/
  \____/
   ___                             ___
 /  m  \                          /  R / \
/  ⌒   ⌒ \                        /   /\   \
|  /\ /\ |                       |  / /=ヽ \  |
| <-o-ヽヽ::-o´> | < それじゃ、わたしからいくよ!   |/ (゚)  (゚) \|
|O \/o\/O |                       \── ゝ── ノ
\   ∀     ノ                         \____/
  \____/
   ___                             ___
 /  m  \                          /  R / \
/  ⌒   ⌒ \                        /   /\   \   人人人人人人人人人人
|  /\ /\ |                       |  / \_/ \  |   まんまん キュッ!キュッ!キュッ!
| <-o-ヽヽ::-o´> | < くま!                 |/ (・)  (・) \| < キュッ!キュッ!キュッ!
|O \/o\/O |                       \── ゝ── ノ    キュッ!キュッ!キュッ!
\   ∀     ノ                         \____/    YYYYYYYYYYYYYYY

107 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 15:31:17 0
            /       /  ヽ
         ...―/珍        _)
        ノ:::へ_ __    /
        |/\:::: :::: :/::: :::: \/_
       /-o-ヽ―ヽ::-o---::::(::::::::.ヽ
      |::) )/  /:) ) ̄ ̄: (:::::::::::::)
      |( (/  ::::( ( :::::::::::::ヽ/
       | ) )\`  ) )\  /
       \  ------      /
         \  -       /
ここ最近のロールパンナの濫用に、私は恐怖さえ感じる。
これが意味するのは、ちんシュスレにおける新たな勢力の発生である。
そもそも、ちんシュとは奇跡のカーニバルであったはずだ。
それが、今や一大勢力となりつつあるロールパンナによって、歪められようとしている。
来るもの拒まず、去るもの追わずの方針ではあるが、私はこの状況に憂慮せざるを得ない。
もう一度考えて欲しい。過去のちんシュスレのことを。そして未来のことを。
つまり私が言いたいのは


「お前らバランスを取れ」


108 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 15:32:23 0
      ___
     /  R /\
    /   / \  \   ─┼─
   |  / \_/ \  |   ─┼─
   |/ (・)  (・) \|     │
   \── ゝ── ノ      | | /
     \____/        _/
わたし思うの。みんな、本当は、ちんシュ、したいんじゃないかなって。
遠慮してたり、躊躇してたり、あると思うの。でも、忘れないで欲しいの。
みんながちんシュしたら、私や、みんなの心も、良い心になることができるの。
悪い心の人も、私の、赤いハートの輝きを見て、そっと、良い心になって欲しいの。


109 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 15:32:55 0
  ____
     /  R /\
    /   /\  \
   |  / /=ヽ \  |
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   \── ゝ── ノ
     \____/    |||
                ___
      ____    /  R /\
     /  R /\  /   /\  \
    /   /\  \|  / /=ヽ \  |
   |  / /=ヽ \  ||/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほほほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \|\── ゝ── ノ
   \── ゝ── ノ  \____/
     \____/              |||
                          ___
      ____      ___    /  R /\
     /  R /\    /  R /\  /   /\  \
    /   /\  \ /   /\  \ |  / /=ヽ \  |
   |  / /=ヽ \  ||  / /=ヽ \  | |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほほほほほほほほほほほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \||/ (゚)  (゚) \|\── ゝ── ノ
   \── ゝ── ノ\── ゝ── ノ  \____/
     \____/   \____/
      ___      ___       ___
     /  R /\    /  R /\    /  R /\      人人人人人人人人人人人人人人人人
    /   / \  \ /   / \  \ /   / \  \   まんまん キュッ!キュッ!キュッ!キュッ!
   |  / \_/ \  ||  / \_/ \ | |  / \_/ \  |   まんんまんまん キュッ!キュッ!キュッ!
   |/ (・)  (・) \||/ (・)  (・) \| |/ (・)  (・) \| < まんまんまんまんまんまんまんまんまんまん
   \── ゝ── ノ \── ゝ── ノ \── ゝ── ノ    キュッ!キュッ!キュッ!キュッ!キュッ!
     \____/   \____/    \____/    YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY


110 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 15:33:30 0
               _
              /  \―。
            (    /  \_
             /       /  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ...―/          _)  < ちんちん シュッ!シュッ!シュッ!
        ノ:::へ_ __    /      \_____
        |/-=o=-     \/_
       /::::::ヽ―ヽ -=o=-_(::::::::.ヽ
      |○/ 。  /:::::::::  (:::::::::::::)
      |::::人__人:::::○    ヽ/
      ヽ   __ \      /
       \  | .::::/.|       /
        \lヽ::::ノ丿      /
          しw/ノ___-イ
           ∪

111 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 15:33:48 0
>>108
いや、いまのお前さんのハートは真っ青だよwww

112 :名無しになりきれ:2007/10/08(月) 15:56:38 O
  _| ̄|                  _| ̄|               
 |  |  |  パカッ            |  |  |      ___      
   ̄|  |                   ̄|  |    /  R / \    
   |  |     ___          |  |   /   /\   \   
  _|  |    /  R /\        _|  |   |  / \_/ \  |  
 |  |  |   /   /\  \     |  |  |   .|/ (・)  (・) \|   人人人人人人人人人人
   ̄|_|  |  / /=ヽ \  |       ̄|_|   .\── ゝ── ノ    まんまん キュッ!キュッ!キュッ!
   ∩   |/ (゚)  (゚) \|        ∩     .\____/   < キュッ!キュッ!キュッ!
   | |  │ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄│       | |   │ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄│   キュッ!キュッ!キュッ!
   | |   |   /  =  ヽ  |       | |    |   \    /  |   YYYYYYYYYYYYYYY
   | |   |   (゚)  (゚)   |       | |    |   (・)  (・)  |   
   | | ,-─―――●――─―-     | |  ,-─―――●――─―-
   | |  ̄| ;;;;;;;;;トェェェィ;;;;;;;;; | ̄      .| |   ̄|          | ̄ 
   | |   ヽ; ;;;;しw/ノ;;;  ;;/       | |    ヽ         /   
   ヽヽ    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ヽヽ    . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

113 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/09(火) 00:42:49 0
……来たぞ。今日はいきなりで申し訳ないが、私の部下が痴話喧嘩で暴力を振るって相手を
負傷させるという、見っとも無く、かつ許せぬ過ちを犯したが為に、晋公(司馬師)から
大目玉を喰らってしまったのだ。

なので今も虫の居所が悪いゆえ、此処にまた碌でもない事を書いたら、その者達はどうなるか
分からぬからな、覚悟しておくのだぞ。

ふむ、今日も来ておるな。よし、返すとするか。

>>102
何だと? 糧秣が不足していると? ふむ、なら予め周辺に備蓄しておいた
穀物や野菜類、乾物などを持って来い。それと、今から我が軍と周辺の民を呼び、
川辺の近くで屯田を始めるのだ。

然すればこれで糧秣の不足に悩まされる事は無かろう。

>>103
何だ!!? まだ更正していなかったのか、こやつは!!!!!

(配下兵 「いや、こやつらは別の集団らしいですぞ。」)

何だと!!? 斯様な集団が増えてきたとは、この地も世の末だな。
急いでひっ捕らえよ!!!!!

>>104
それは困るね。如何にも表向きは、お主が言う「糞スレ」であろうが、実は中身は以外にまともであるという、その相違点
(ギャップ)が魅力となるように仕向け、皆を楽しませるのが我が使命なのだ。

114 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/09(火) 00:45:37 0
>>105
貴様、獄に入りたいのか? 斯様な荒らしを助長するような発言は控えてもらおうか。

>>106
しりとりでその発言は無かろうに。

>>107
知らん。そんなにその「ロールパンナ」とかいう者の席巻を防ぎたくば、自分で何とかしてみるが良い。
私には関係無い。

>>108
意味が分からぬな。何だ、その「ちんシュ」というのは? 宗教の一つかね?

>>109-110>>112
獄中で反省せよ!!!!!

>>111
真っ青以前に、腐っておるのではないのか?


全く、この短期間で斯様な輩が増えるとは、世も末だと思うな。
引き続き、此処に留まって監視するゆえ、覚悟しておけ!!!!!

115 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 01:14:09 0
なりきり群雄伝(陳泰伝) ――序章――

今から1800年前の中国・三国の一つである魏の北部にあった、とある小さな一つの国が
産声をあげた。

その名は「陳」帝国。

建国者である陳陳は魏の勇猛な武将であったが、司馬氏の専横に嫌気を指し、更には独自の考えで
保護していた匈奴の後押しもあり、北部に独立を宣言し、その国を建国したのであった。

―――しかし、建国して間も無く、突然東北部から発祥した、謎の宗教団体・「陳朱道」の奇襲により、
国家は壊滅。皇帝である陳陳は成す術もなく、そのまま何処かへ去ってしまったのである。

その後、「陳朱道」はその「陳」帝国を蹂躙し、教徒は各地で略奪、乱暴、狼藉を繰り返し、国は最早
無法地帯と化し、「陳」帝国は風前の灯となった。

そんな中、一人の男がこの乱世に終止符を打つべく、現れた。



―――――――     陳     泰     玄     伯     ―――――――



清流派の名家・潁川陳氏の血を受け継ぎし男が、この国を平和なる世に正すべく、今立ち上がろうとしていた。

116 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 04:13:06 0
>>114
ちんシュというものには、起源があるそうです。
陳泰様のために探してまいりました

治殷 治殷 主!主!主!・・・ (ちんちんしゅっしゅっしゅっ)
(1) 殷王朝最後の皇帝である紂王は寵愛する妲己にそそのかされ、悪政を重ねた後、
周の武王により打ち倒されたのはあまりにも有名な話である。
紂王は、牧野の戦いで大敗後、都へと逃げ戻り、鹿台に火を放って自刃するのだが、
自刃の直前、紂王の元で贅沢の限りを極めた役人や宦官たちは、
かつての贅沢がもうできないのを悔やみ、紂王に対し、泣きながら
「治殷 治殷 主!主!主!
(※注・治殷=殷を治めて下さい、主=我らが主紂王よ!)」と懇願した。
その懇願ぶりは、悲惨としかいいようがなく、ある者は燃えゆく宮殿の中で
「治殷 治殷 主!主!主!」とヨダレを垂らしながら、
柱に体を激しくこすりつけ、そのこすりつけようは柱の塗装が剥がれ落ち、
血が噴出し肉がずたずたになるほどであったという。
なお、現代日本の匿名掲示板において「ちんちん シュッ! シュッ! シュッ!」
という文言と共にヨダレを垂らした肥えた初老の男性のAAが貼られるのは、
根底にこの逸話が元になっていることはいうまでもない。

民明書房刊 『古代中国王朝滅亡全書』より抜粋


117 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 23:05:54 0
>>114
\                   |
  \      ○         |      ○
   \     ヽ\         |     //      /
     \    ヽ.\ , -───‐-、/ ./       /
      \    ヽ/(⌒)   (⌒) \/    /
        \  /  | |__/ /   ヽ  /
         \/   |.u  ノ=ヽ\   `/   .人从人从人从人从人从人从
          |   /   (・) (・) u\  |    ノ 基地外の巣窟
          |  |u /二二●二 \|  |  < 
          |  |/ /.|  |  |  |\|  |   \ 即刻処断すべき
          |  \|/|\|/|\|/ノ   |     VWVWVWVWVWVWVWVWV
────‐/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     /        //             \───
    /____//           _____\
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
           |             |  \
           |             |   \
         /|             |     \
        /  ( =========)      \
      /        /   |            \
     /         /   │             \
               /    │

118 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 23:40:05 0
>>116
しかしその後、周の時代に入るとその役人や宦官の子孫が紂王を贖う、
「治殷主道」という宗教を確立するものの、周りからの弾圧によって一時は
崩壊、50年後に残存勢力が今度は「陳朱道」と名を変えて再び、密かに
紂王を贖い、「絶対なる欲望を望む」という教えを受け継ぎ、今日に至ったと
いう訳だな?

119 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/10(水) 01:24:01 0
……む、眠ってしまったか。こうも見張ると流石に疲れが出るものだな。
……また来たか。よし、返すとしよう。

>>115
何、「なりきり群雄伝」だと? そういえば淳于瓊の所にもそれらしき伝承が
あったみたいだが……、此処でもそれをやるのか?

よし、面白い。まあ、私だけだとこの伝承は作りきれぬからな、皆もどんどん
参加しても構わぬぞ。

しかし、これを見る限り、どうやら私は「世紀末の救世主」といった感じで描かれて
いるみたいだな。単なる一介の武将なのに……。

>>116
何と、これが「ちんシュ」の原点であったか。

斯様な書物を紹介していただき、感謝致す!!!

なるほど、元々は殷の紂王の事であったか。しかし、私利私欲を肥やす臣がその源とは、何とも言いようが無いな……。

>>117
何だと!!? 私が気違いだというのか!!!!! おのれ、その発言をした事、地獄で後悔させてくれるわ!!!!!
覚悟せい!!!!!

>>118
ふむ、何だかありえそうな気がするな。
まあ、斯様な邪教を信じる者なんぞ生かしてはおけぬけどな。

さて、もう宵の口か。では早く帰って、すぐ休むとするか。
では、さらば。

120 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 13:20:26 0
>119
どうみても陳泰殿に対して
「基地外の巣窟(になりつつあるので、貴殿が彼らを)即刻処断すべき」
と言っている様にしかみえないのですが・・・?

121 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/10(水) 17:33:39 0
……来たぞ。今日は一日中晴れて清々しい天気であった。
まあ、それはさておき。何やら大変な報告が届いたような気がするが……。

よし、見てみよう。

>>120
な、何と!!!!! つまり(>>117)彼は私の味方であったと
いう訳か!!!!!

それで、彼の名は!!? なるほど、「ばいきんマン」か。よし、分かった!!!

ばいきんマン殿、先日の無礼なる発言、誠に申し訳無く思う。
お主の言うとおり、此処は私がその「気違い」とやらを厳しく取り締まるゆえ、
どうか此処は御許し願いたく思う。

ついてはこれを贈るゆえ、未だ無礼発言に怒りを覚えているのならば、どうか
御鎮まり願いたく思う。

つつ【番餅(胡桃と黒あんの挟み菓子)】

では、私は少し業務が残っているゆえ、これにて失礼致す。さらば。

あと、報告してくれた>>120殿にも御礼としてこれをお贈り致す。
つつ【胡桃小甜餅干(胡桃のクッキー)】

122 :ばいきんマン:2007/10/10(水) 18:02:10 0
はっひふへほ―――――!!! 俺様がばいきんマンだ!!!

>>121
おおっ、これはありがたい!!! いや、俺様は悪役でも皆から愛されるべき悪役だ。
だからそんな事ぐらいで怒っていたらやっていけないからな、別に気にする事はないぞ。

では、俺様はこれにて失礼!!! 陳泰、これからも頑張れよ!!!

バイバイキ―――――ン!!!!!

123 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 19:57:51 0
一度で良いから見てみたい

チンク VS 陳泰

124 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/11(木) 01:39:24 0
>>122
おおっ、そう言って頂けると非常にありがたい!!! ではお返しに、
お主もいつまでも、「皆から愛される悪党」として頑張るのだぞ!!!!!

では、さらば。

>>123
むっ!? 誰だその「チンク」というのは? 単なる語呂合わせで言っただけ
なのか? それとも何か意味があるのであろうか?

さて、こう応答して来たが、もう宵の口か。私はこれにて失礼させていただくとするぞ。
毎度ながら次はいつ来れるのかは分からぬが、出来る限り早く来れるように整えておく
ゆえ、待っていてくれぬか!?

では、これにてさらばだ。

125 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 03:13:00 0
ふむ、チンクと言うのは列火の将の元世界の人物のことであろうか。

126 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 19:38:04 0
   ___                             ___
 /  m  \                          /  R / \
/  ⌒   ⌒ \                        /   /\   \
|  /\ /\ |                       |  / /=ヽ \  |
| <-o-ヽヽ::-o´> | < おねえちゃん!しりとりしよう!  |/ (゚)  (゚) \|
|O \/o\/O |                       \── ゝ── ノ
\   ∀     ノ                         \____/
  \____/
   ___                             ___
 /  m  \                          /  R / \
/  ⌒   ⌒ \                        /   /\   \
|  /\ /\ |                       |  / /=ヽ \  |
| <-o-ヽヽ::-o´> | < それじゃ、わたしからいくよ!   |/ (゚)  (゚) \|
|O \/o\/O |                       \── ゝ── ノ
\   ∀     ノ                         \____/
  \____/
   ___                             ___
 /  m  \                          /  R / \
/  ⌒   ⌒ \                        /   /\   \   人人人人人人人人人人
|  /\ /\ |                       |  / \_/ \  |   まんまん キュッ!キュッ!キュッ!
| <-o-ヽヽ::-o´> | < くま!                 |/ (・)  (・) \| < キュッ!キュッ!キュッ!
|O \/o\/O |                       \── ゝ── ノ    キュッ!キュッ!キュッ!
\   ∀     ノ                         \____/    YYYYYYYYYYYYYYY
  \____/

127 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/12(金) 00:40:00 0
……来たぞ。今朝方はどんよりとした曇り空で一時雨も降っていたみたいだが、
昼頃になると見事に晴れたぞ。

まあ、それでもまだ曇り気味だから、明日も曇り空から一日が始まりそうだが。

どうやら来ているな。よし、返すとするぞ。

>>125
なるほど、烈火の将殿がいる世界の人間であったか。一体、どの様な人物なのか、
一度お目にかかりたいものだな。

>>126
少し、頭を冷やそうか? それとも、鎮圧されたいか?
どちらかを選べ。

128 :名無しになりきれ:2007/10/12(金) 00:48:41 0
      ___
     /  R /\
    /   / \  \ 
   |  / \_/ \  | 
   |/ (・)  (・) \|
   \── ゝ── ノ 
     \____/  
私は邪夢叔父の手により、メロンパンナの姉として製造された。
邪夢叔父は良心の根源となる真心草の抽出液を注入したが、
黴菌男がそこに黴菌汚染培液を混入したため、私は解離性同一性障害に陥った。
メロンパンナの声が条件付けとなって私の心臓は激しく脈打ち、邪悪な人格の中に良心が蘇る。

129 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/12(金) 02:44:21 0
>>128
なるほど、ということはお主、元々は正義の味方だったのか。

その正義の味方として誕生する直前で、以前、此処に来てくれたばいきん
マンに妨げられてしまい、善と悪の心を持つ、ある意味「奸雄」と言うべき
存在になってしまった、と言うわけなのだな?

……確かに聞いていると気の毒になってきたな。まあ、治るかどうかはわからぬが、
この地には華佗という名医がいるのだ。彼は医学に関してはあらゆる分野に精通しているゆえ、
如何なる難病でも治す事ができると専ら評判だそうだ。その彼に精神の病を治してもらったら
どうかね?

130 :名無しになりきれ:2007/10/13(土) 01:05:03 0
なりきり群雄伝(陳泰伝) オープニング(1)

語り部 「『陳朱道』の首領・邪夢叔父は陳帝国を征服したあと、次の目標として魏に侵攻する準備に取り掛かった。
その対応策を打つべく、司馬師は陳泰を呼び、陳朱道の討伐を任命した。」


陳泰 「晋公(司馬師)殿、今日は如何なさいましたか?」

司馬師 「うむ。陳泰、魏の北方に陳という国があるのは存じているな?」

陳泰 「ええ、存じております。確か我が国の将であった陳陳が魏に抗い、独立して建てた国である、と……。それが何か?」

司馬師 「今、その陳では『陳朱道』という邪教を信仰している教徒に蹂躙されているのだ。」

陳泰 「なるほど。しかし、陳陳は何人も寄せ付けぬほどかなり武勇に馳せた将であると聞きましたが、敵わなかったのですか?」

司馬師 「ああ。確かに奴は勇猛だが、策略に滅法弱い。それが奇襲だった故、抵抗ままならず逃亡し、そのまま何処かへ消えた
そうだ。しかも自己防衛が確立されていなかったが為に、国民は今でも邪教徒の略奪や狼藉を被り、眠れぬ日々を送っているのだ。」

陳泰 「それは酷い……。それで、私を呼んだのは、その陳についての事ですか?」

司馬師 「うむ、その通り。そこでお主に頼みがあるのだが、その陳に蔓延(はびこ)っている邪教徒の討伐し、国民を救済して
もらいたい。それに、このまま放っておくと、魏の脅威にもなりかねぬからな。」

陳泰 「……なるほど。無論、構いませぬがあの国の民は確か大半が匈奴や鮮卑と言った、我々にとっては脅威となる異民族ですぞ。」

司馬師 「重要なのはそこだ。今回の討伐で無事救う事が出来たら、彼らは我々に並ならぬ恩義を感じるはず。分かるか?」

陳泰 「つまり、その恩義の為、彼らが魏に侵攻する可能性は無くなる、という訳ですな?」

司馬師 「その通りだ。あとお主はこの魏において最も智勇に優れているゆえ、今回の討伐に指名したのだ。これも忘れないでくれ。」

陳泰 「……畏まりました。必ずやこの陳泰、邪教の勢力を粉砕し、民を平和に導いて参ります。」

131 :名無しになりきれ:2007/10/13(土) 02:02:02 0
陳将軍、ここを御覧下され。

http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1186535742/140

チンクの奴、斯様な事を言ってますが、どう致しましょう?

132 :130:2007/10/13(土) 02:36:03 0
語り部 「かくして、陳泰は陳帝国の民を救うべく出陣。更に、盟友である郭淮、張?、鍾会、そして
ケ艾ら諸将も事情を知り、共に戦う事を決意する。」

邪夢叔父軍

邪夢叔父(騎兵/武力6/知力7/魅力 「兵の生産=兵力を90%まで回復させる」)
かまめしどん(弓兵/武力5/知力4/寡兵 「防護戦法」) 一般兵(槍兵/武力4/知力4 「強化戦法」)
一般兵(歩兵/武力2/知力6/伏兵 「強化戦法」) 一般兵(騎兵/武力4/知力4/「強化戦法」)

ここで自分のイベント(撃破・接触等)を1つ考えてください。
なお、今この場にいない武将との会話も認めます。

133 :130:2007/10/13(土) 02:37:09 0
失礼。張?→張合β
でした。

134 :名無しになりきれ:2007/10/13(土) 08:14:21 0
数日前からゲーム板全体で何やら異変が起こっているようです
何でも「言葉を書き残せない」とのこと

こちらは幸いゲーム板ではないので無事なようですが、今後同じようなことが起こりうるやも知れませぬ
情報等お持ちであればお教え願いたい

135 :烈火の将 ◆YXjiXQkrlw :2007/10/13(土) 09:12:49 0
>134
推測だがread.cgiがそろそろ限界なのかもしれないな。
また大規模書き換えがあるかもしれない。

136 :名無しになりきれ:2007/10/13(土) 15:22:03 0
          ____
       |<三`'ヨ′
      _/6|ー廿┤
    /l ̄ KL.三.」 ̄h
.   / |   レ兮y′/ l
  〈  く   ∨ l/ ,イ |
   \_,.>、    /,L..」_
. 0ニニニ)而}ニニニニニ),リリニニ)
.   L| |_____|____| |
    l | |.___/  R /\ ,:
 ,  l \ヽ l /   /\  \
 :, ____l_|_|_;_||  / /=ヽ \  |  ;
  |\゙;三三゙';|/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
  |\\三三゙\── ゝ── ノ ;'  ;'
  |、 \\三゙;三 \____/\ ;
  0ト、\\\;'三三;'三三三;''三三,;'\
    \\\| 炎炎炎炎炎炎炎炎炎 |
      \\| 二I二二I二二I二二I二 |
       \LI二二I二二I二二I二二」
        0」            0」

137 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/14(日) 03:45:20 0
……来たぞ。またしても別れを告げず、勝手に去ってしまい、
申し訳無かった。どうも最近は忘れがちゆえ、気を付けねばならぬな。

ふむ、どうやら来ているな。よし、返すとするぞ。

>>130>>132-133
ほう、これが「なりきり群雄伝」か。なるほど、見る限り壮大な物語となっているが、これを他の者達が考えても良い、という訳か。
面白い、是非私も思いついたら書くとするぞ。

しかし、その討伐軍に鍾会とケ艾が参加するとは、何だか先行きが思いやられそうだな……。

>>131
ほう、こやつがそのチンクとやらか。かなり小柄な少女だな。あと、眼帯を付けている所を見ると、何だか夏侯大将軍(夏侯惇の事)を
思い出すぞ。

ふむ……、自ら制御が出来ぬ武器を持っているとは、「ある意味」かなりの強敵みたいだな。我が奥義、「雲散の睨み」で無効に
出来るかどうかも分からぬし……。それに、まあ此方としても出来る事なら干戈を交えて勝負するよりも、囲碁か何かで勝負を付ける
のが好きだな。

>>134
何と、記録が残せないとは。厄介な事になったみたいだな、其処は。確かにお主の言うとおり、ここはまだ書き綴りを残す事が
出来るものの、対応策は残念ながら一切知らぬ。

それに、情報も持っていないゆえ、どうすることも出来ぬよ。

138 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/14(日) 03:46:39 0
>>135
久しぶりだな、烈火の将殿。あれから如何した? 
……とはいえ、どうも悠長な事は言ってられぬようだな。

なるほど、その「read.cgi」とやらが皆との応対を出来る様にしているという訳か。
更なる詳しい事は分からぬが、再び復旧出来る様になる事を願っているぞ。

>>136
な、何だ!? こやつは>128の者ではないか!!! 何故、そんな熱した鉄板の上にいるのだ?
……何? 出来たての「麺麭」だと? ……ううむ、そういえば調べた所、その者の身体は麺麭で出来ていると聞いた事があるぞ。

……まあ、新しく誕生したこやつが何も悪さをしない事を祈っているぞ。

さて、もう宵の口か。ここもいつまで応対が出来るか分からぬが、皆から来る返事がある限り、頑張って返すゆえ、これからも宜しく
御頼み申す!!!!!

では、さらば。

139 :烈火の将 ◆YXjiXQkrlw :2007/10/14(日) 10:17:55 0
>138
規制がかかったのと、自分の元の場所が忙しくなってな。少々控えていたんだ。

140 :名無しになりきれ:2007/10/15(月) 02:18:46 0
陳泰殿。先日の、あのチンクとかいう者の発言ですが、どう解釈しても「お前みたいな
生身の人間には私には勝てない」という様にしか聞こえないのですが……、どう思い
ますか?

141 :名無しになりきれ:2007/10/15(月) 19:40:03 0
      ___
     /  R /\
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
   |/ (゚)  (゚) \|  < ふぅおほほほっ!
     \____/

142 :名無しになりきれ:2007/10/15(月) 21:24:40 0
   ___                             ___
 /  m  \                          /  R / \
/  ⌒   ⌒ \                        /   /\   \
|  /\ /\ |                       |  / /=ヽ \  |
| <-o-ヽヽ::-o´> | < おねえちゃん!しりとりしよう!  |/ (゚)  (゚) \|
|O \/o\/O |                       \── ゝ── ノ
\   ∀     ノ                         \____/
  \____/
   ___                             ___
 /  m  \                          /  R / \
/  ⌒   ⌒ \                        /   /\   \
|  /\ /\ |                       |  / /=ヽ \  |
| <-o-ヽヽ::-o´> | < それじゃ、わたしからいくよ!   |/ (゚)  (゚) \|
|O \/o\/O |                       \── ゝ── ノ
\   ∀     ノ                         \____/
  \____/
   ___                             ___
 /  m  \                          /  R / \
/  ⌒   ⌒ \                        /   /\   \   人人人人人人人人人人
|  /\ /\ |                       |  / \_/ \  |   まんまん キュッ!キュッ!キュッ!
| <-o-ヽヽ::-o´> | < くま!                 |/ (・)  (・) \| < キュッ!キュッ!キュッ!
|O \/o\/O |                       \── ゝ── ノ    キュッ!キュッ!キュッ!
\   ∀     ノ                         \____/    YYYYYYYYYYYYYYY
  \____/

143 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/16(火) 00:44:19 0
……来たぞ。自分で言うのもなんだが、多忙になり、来る頻度が少なくなってきたみたいだ。とはいえ、疲れた身を癒すには
此処が一番である、というのは確かだからな、これからも返して行くぞ。

ふむ、どうやら来ている様だな。よし、では早速返すとするぞ。

>>139
……そうか。それは大変であったな。まあ、解除された事を祝い、これを贈っておくぞ。

つ『るみ子の酒』

……非常に美味と、専ら評判だが、開封する時に気を付けてくれ。発砲日本酒ゆえ、物凄い勢いで出るぞ。

>>140
それはお主がその者を嫌っている所があるから、そう聞こえたのであろう? 私としては本当に相手を
労(いたわ)って斯様な事を言ったとしか思えぬな。

144 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/16(火) 00:46:09 0
>>141

   <                      >
   <  気持ち悪いわ、鎮圧する!!!!!  >
   <                      >
    ∨∨∨∨∨\ /∨∨∨∨∨∨∨∨∨
             ∨            _,-''  )  。゚・   。 。
         ∧陳∧           , -' (.__,-''   ,   , , 。゜
       , - ´Д`)_         .,-'~ ,- '    /  /  i〜i /, 。
      /   )ヽ(w i      .,-'~  ,-'~    // , /// 〜 //,
     .,/  /   ヽヽヽ   ,-/'~  ,ノ      / ////@ @// '/
     / ^)' 泰 _ l ゝ _)-'~   ,-'~     //, ' ⌒/∨ ̄∨ ⌒ヽ
    / /'  ヽ      ^ ̄   ,-'~       / /          ヽ ゚ ・
   (iiiiリ∫ ヽ      ./    (⌒`〜〜'  /i  ノ     ノ\ ヽ
       ヽ─|〜' ノ/      ゙〜〜〜〜  |       ./  `- '
        || ||l、_  /          ,,,     |     /  ゚ 。
  |.|  _|.|_,,,|   |        __-'',,-~   /    /
  .|.| ニ─、─''''|   |       =-'''     /   、 ヽ   ←>>141
  .|.|    |.|  .|  |              |    l  l
  |.|    |.|  .|  '、      _     _.|   /  ノ
  .|.|  ,,== ==.|   l      .|.|  ,_,,-'',,,-|  / |  /
   |.| ||_ノノ   |  |      i、`''',,-''''  |  /  .| .|
   .|.レ `-- '    |  |        ̄   | .ノ   | )
         ,- |  |     .....     | .|    ||
         `ヽ   );;;::::::::'''''      | |     | .|
           ゙ - '''''''       ,- 、| | ,,,,,;;;;;;;;と__)''
                      \__);;;;;;;''''''



>>142
またこれか……、いい加減にしてくれぬか?

145 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/16(火) 00:49:33 0
さて、もう宵の口か。申し訳ないが、明日は早朝から任務があるゆえ、ここらで失礼させて
いただくとするぞ。

最後に皆、身体を壊さぬように気を付けるのだぞ。
では、さらばだ。

146 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 00:55:40 0
なりきり群雄伝(陳泰伝)第1章「朔北の無法者」 オープニング(2)(ケ艾、陳泰、鍾会、張合β)

ケ艾 「陳泰殿、是非私もその陳朱道の鎮圧に加えてくれぬか?」

陳泰 「ケ艾か。しかし、お主は先の姜維との一戦で戻ったばかりだ。それに、相手はどの様な手を使ってくるのか分からぬのだぞ。
ましてやお主は連戦の身であり、尚更不利であろう。だからここは俺に任せて、休んでいてくれ。」

ケ艾 「そんな悠長な事はしてられぬ。貴方は私とは年が離れているのに、対等に、かつ親しく付き合ってくれたではないか。斯様な
貴方に万が一の事があっては困るゆえ、こうして頼みに参ったのだ。……なので改めてどうか、私も参加させてはいただけぬか?」

陳泰 「……そうか、分かった。だが俺もお主の事を大事に思っているのだ、余り無理をするでないぞ。」

ケ艾 「うむ。」

鍾会 「なら私もその無法者の鎮圧に加わらせてはくれませぬか?」

陳泰 「鍾会か。だがお主、ケ艾とは余り仲が良く無いそうではないか。大丈夫なのか?」

鍾会 「例え日頃、彼とは仲が良くなくとも、戦となればれっきとした戦友です。私事を交えて戦には出ませぬゆえ、どうか御安心
下され。」

ケ艾 「その言葉、本当なら良いのだがな……。」

鍾会 「ふん、私は生まれてこの方、嘘偽りは一度も言った事はあるまい。もし貴様が危機に瀕した場合、全力で助けてやる。
その時は感謝するのだぞ。」

陳泰 「(どうやらまた始まったようだな。全く、大事な時にこうも逆対照の者がいると、私でも苦労するというのに、
どうしたら良いのか……。)」

(次に続く)

147 :146:2007/10/17(水) 00:56:56 0
張合β 「陳泰よ、北伐に出るそうだな。それなら俺も参加させてはくれぬか?」

陳泰 「これは張将軍。長年、戦場を駆け回った歴戦の将である貴方から斯様な御言葉を頂けるとは、この陳玄伯、身に余る程
光栄でございますが、将軍はもう老境に差し掛かっておりますゆえ、ここは我々に任せてはくれませぬか?」

張合β 「何を言うか。この張儁乂、身体は老いれどまだまだ現役そのものだ。心配するでない。それに……、この者等が良からぬ
争いを起こさぬ為にも目付けが必要であろう? ここは俺がその目付けを果たすから、お主等は思う存分無法者を蹴散らすのだ。
お主等も異存は無かろう?」

ケ艾 「……魏の至宝なる将軍と共に戦えるのは願っても無い事。是非お願い致します。」

鍾会 「うむ、同感だ。張将軍、此方からもどうか宜しく御願い致しますぞ。」

陳泰 「ふむ……、では張将軍、此方からもどうか彼らの事をどうか御願い致します。」

張合β 「よし、任せておけ。俺も内政続きで退屈していたからな、ひと暴れしてやろうと思っていたところだ。我が魏の力を存分に
見せ付けてやろうぞ!!!!!」

陳泰・ケ艾・鍾会 「はっ!!!!!」

148 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 23:44:18 0
かなり長いイベントだな。まあ、読み応えがあっていいけど。

149 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 23:46:39 0
今だ!!!!!(by馬超) 保守だ!!!!!

150 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/18(木) 00:11:54 0
……来たぞ。今日は秋風はやや暖かい感じがする、良い天気であった。
なので仕事が終わっても2刻ほど散歩してから家に帰ったぞ。

うむ、今日も来ているな。よし、返すとするか。

>>146-147
かなり長く書いたものだな。恐れ入ったぞ。只、こう申すのは何だが、
最後の方、張将軍が何だか主役という感じがするのが気になったぞ。
この群雄伝は私が主役なのに……。

む? 怒っているのか、と? いやいや、そんな事はあるまい。張将軍は
魏の重鎮だからな、寧ろ妥当と思っているぞ。

>>148
ああ、私も同感だ。ここまで書くというのは、かなりの根気が必要だな。

>>149
感謝致す。此方としてもお主のその気持ちを無駄にせぬ為、これからも
頑張る所存だぞ。

151 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 21:09:45 0
今日、「三国志大戦」してきたが、陳泰、強いな。「雲散の睨み」の範囲が
縮小したとはいえ、ちゃんとかかるうえ、試合を有利に運べるのが嬉しいぞ!!!!!

なのでこれからも俺は陳泰を登用するので、陳泰もこのスレを諦めず続けてくれ!!!

152 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 21:14:06 0
陳泰、張り切るのはいいけどよ、烈火の将が来ねえぞ。
一体、どうしちまったんだろうな?

153 :烈火の将 ◆YXjiXQkrlw :2007/10/18(木) 21:20:07 0
>152
       )    
   ,'`》'´⌒`彡.    ∫ 
  ノ,ィ∝ノノ))))     ∫∫ 
  ( (ゝ(l!゚ ヮ゚ノ|l  。・゜・⌒) 料理中だ。
 ノ)⊂(^!yソつ━ 火火火 ))
'´   /./|_|jl/ 《 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    〈/ し'ノ |    


154 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 21:25:05 0
これを贈りますよ。

                                 、
                              ζ  ,
                               _ ノ
                             ( (   (. )
                            . -‐ ) ‐- .
                          .´,.::::;;:... . . _  `.
                          i ヾ<:;_   _,.ン |
                          l      ̄...:;:彡|
                               }  . . ...::::;:;;;;;彡{
                          i   . . ...:::;;;;;彡|
           ,: ' " `丶        .    }   . .....:::;::;:;;;;彡{
          , :´  .   `、          !,    . .:.::;:;;;彡j:::::::::::::::.......
.         . '  .    ; .丶         ト ,  . ..,:;:;:=:彳:::::::::::::::::::::::::::..
.        ,:´ .    '    ' `、        ヽ、.. ....::::;;;ジ.::::::::::::::::::::::
       ,'    . 簍J鶸鑼  ; `.           ̄ ̄
   ,, -'''" .   .  駲刪櫑躪  . ' ';゛`'丶.、.......
.  '´     !    . 膚順棚斷. ' , ;::::::::::::...`.::::::::....
 i       ヽ、..._,.__魎鬱蹠撫.,,__,.,..ノ.:::::::::   !::::::::::::...
. ヽ、                      ,: '.:::::::::
    `=ー--、....,,,,,______,,,,,... --‐=''´..::::::
      ``" '' 'ー───‐―‐' ''' "´

倭国の魚沼産の「コシヒカリ」と静岡の高級茶である「川根茶」です。
陳泰さん、これからも頑張って!!!

155 :陳羣 ◆z9vzSIHcnk :2007/10/18(木) 22:22:24 0
ちょっと失礼致しますぞ。
皆様初めまして。私の名は陳羣、字は長文と申します。

まあ、魏で尚書令(皇帝直属の秘書官)を務めているものでして、現代の皆さんが一度は
耳にした事がある「九品官人法」という人材登用制度を制定した者でもあります。以後、
お見知りおきを。

それはさておき、ここで我が息子である陳泰が居ると聞き、参上した所存なのですが、
なかなかの賑わいの模様ですな。

よし、私もここは一肌脱いで、頑張るとしましょう。
そういう事で泰!! 私も参加するから、宜しく頼むぞ!!!

では今日は挨拶だけで失礼致します、では。

156 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/18(木) 23:18:04 0
……来たぞ。またしても別れを告げず去ってしまい、申し訳なかった。
今日は倭国・京都の日帰りの旅でこの様な物を買って帰って来たぞ。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭×100箱」

来た者に配るゆえ、待っていてくれ。

……さて、今日も来ているな。よし、返すとするか。

>>151
そうか、そう言ってくれるとこちらとしても嬉しい限りだ。まあ、確かに奥義「雲散の睨み」の範囲は縮まれど、頑張れる範囲
としてはまだまだ広いからな。それに、号令系の奥義があれば十分敵陣を崩す事も出来るので、其処を覚えて貰いたいと思うぞ。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

>>152
まあ、彼女には彼女なりの用事があるのだ。気にする事はあるまい。
つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

>>153
おっ、言っているそばからいらっしゃったようだな。

なるほど、料理中か。分かった。それで、その手料理を誰に……。いやいや、変な言い方になってしまったな。済まない。

まあ、時間が空いたらこれをどうぞ。
つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

157 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/18(木) 23:19:18 0
>>154
おおっ、これはありがたい。では、少々戴きますぞ。

……ふむ、米も甘く、御茶も円(まろ)やかで甘い。
では感謝の証として御返しにこれをどうぞ。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

>>155
ち、父上!!? どうして此処に!? 何と、私がちゃんとしているかどうか気になって仕方が無い、と!? まあ、その御気持ちは
嬉しく思いますが、私はもう40を越えた、れっきとした一人の武将ですぞ。斯様に子供扱いをするのは止めてくだされ。

……何と、此処に参加すると? ……ええ、それは構いませぬよ。では共に
頑張りましょうぞ!!!!!

では旅の御土産を贈っておきますゆえ、どうか御賞味下され。
つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

158 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/19(金) 00:47:41 0
……少々待ってみたが、今日は此処までの様だな。
では最後に、倭国で井上陽水という、名高き歌手の歌を唄っておさらば致すぞ。

(身毒《インドの古称》の楽器『シタール』を持って)
では聞いてもらいたい。井上陽水で「なぜか上海」

(1)
星が見事な夜です 風は何処へも行きます
はじけた様な気分で ゆれていればそこが上海

そのままもそ、もそ、も、もそっとおいで
端から橋のたもと お嬢さん達
友達さそ、さそ、さ、誘っておいで
涼しい顔のお兄さん達

海を越えたら上海 どんな未来も楽しんでおくれ
海の向こうは上海 長い汽笛が途切れないうちに

(2)
流れないのが海なら それを消すのが波です
壊れた様な空から こぼれ落ちたとこが上海

いいからまそ、まそ、ま、まそっとおいで
ころがる程に丸いお月さん見に
ギターをホロ、ホロ、ホ、ホロッと弾いて
素知らぬ顔の船乗りさん

海を越えたら上海 どんな未来も楽しんでおくれ
海を越えたら上海 長い汽笛が途切れないうちに
海を越えたら上海 君の明日が終わらないうちに……

159 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/19(金) 00:51:11 0
(演奏が終わり)
では、宵の口となったので、これにて失礼致す。
最後に皆、身体を壊さぬよう、過ごすのだぞ。

では、さらばだ。

160 :名無しになりきれ:2007/10/19(金) 01:14:16 0
陳泰さん、今度来た時「ちいさい秋みつけた」弾いてよ。

161 :名無しになりきれ:2007/10/19(金) 01:20:46 0
・・・・・・・・・・・


とおりゃんせ とおりゃんせ

ここはどこの細道じゃ

天神様の細道じゃ

ちょっと通してくだしゃんせ

御用の無いもの通しゃせぬ

この子の七つのお祝いに

お札を納めに参ります

行きはよいよい 帰りはこわい

こわいながらも とおりゃんせ とおりゃんせ


・・・・・・・・・・・

162 :名無しになりきれ:2007/10/19(金) 01:26:00 0
>>161
正しくは、

1・
通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの 細通じゃ
天神さまの 細道じゃ
ちょっと通して 下しゃんせ
御用のないもの 通しゃせぬ
この子の七つの お祝いに
お札を納めに まいります
行きはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも
通りゃんせ 通りゃんせ

2・
通りゃんせ 通りゃんせ
ここは冥府の細道じゃ
鬼神様の細道じゃ
ちっと通して下しゃんせ
贄のないもの通しゃせぬ
この子の七つの弔いに 供養を頼みに参ります
生きはよいよい 還りはこわい
こわいながらも
とおりゃんせ とおりゃんせ

だぞ。

163 :名無しになりきれ:2007/10/19(金) 18:11:25 0
陳将軍、他所のスレでこの様な内容の文を発見いたしました。

911 :名無しになりきれ:2007/10/19(金) 01:08:58 0
ええと、シグナムさんに言付けて下さい。

他所のスレで陳泰とかいう者がシグナムさんに「好きだ!!!」と言って
おりましたよ。


これは一体、どういう事ですかな?

164 :160:2007/10/19(金) 23:16:58 0
陳泰さん、「小さい秋見つけた」の歌詞見つかりましたよ。
一度ご覧下さい。

http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/chiisai_aki_mitsuketa.htm

あとここでは演奏も入っておりますので、一度聴いて下さい。

165 :名無しになりきれ:2007/10/19(金) 23:40:39 0
        _
      /O \
       | .°  |
      \_,/
        |          ◯
     / ̄ ̄ ̄ \      ,-┴-、
   /   ::\:::/::::\    r(   n     ◯
 /   <●>::::::<●> \   >   ,/ .   ,-┴-、
 |   ///(__人__)/// |  しー、_)    r(   n)
  \、   ` ⌒´   ,/          `/  <_
   /   .    . ,\           し -一┘◯
   しイ        ト、ノ               ,-┴-、
    |       /                .( ´・ω)
     \  Y ,/           ◯     /  っっ
      `ー' ̄            ,-┴-、  └ー-、ぅ
              ◯     .r、´・ω・))
             ,-┴-、    >  _/´
     ◯.n__n    (´・ω・`)   .し-一┘
    ,-┴-、 ノ    c'   っ
  c('・ω・`)っ    (_,'ー、_)

166 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/19(金) 23:50:26 0
……今日も来たぞ。今日は日中は大雨に降られ、政庁に向かう途中、大分濡れたわ。
まあ、夜にはすっかり上がり、月が半分顔を出していたけどな。

……(夕餉の酒を飲みながら)ふむ、今日も来ておるな。よし、返すとするか。

>>160>>164
それは倭国の歌か? ほう、此処を見れば分かるのか。どれどれ?

……何だか悲しい調べではあるが、心が優しくなる音楽だな。
何だか聴いているうちに、目頭が熱くなってきたぞ……。

よし分かった、後で弾くぞ。お主には此方を贈ろう。 つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

>>161-162
何だ、また聞き慣れぬ歌詞が来たな。「通りゃんせ」か。これも倭国の歌か?
一方は何だか子供の無病息災を願う意味が籠っているが、もう一方は子供を生贄にする様な意味が
籠っているな。

何故、斯様な歌詞を送って来たのかは知らぬが、今度、送る時はもう少し穏やかな意味を持つ歌にしてくれぬか?

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

167 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/19(金) 23:58:46 0
>>163
        ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・




(↑酒を吹いた自分)

 な、何だこれは!!!!??? 誰がこんな出鱈目な事を言ったのだ!!!!! おのれ、とっ捕まえて300発の杖刑にして
くれるわ!!!!!

……取り敢えずお主にはこれを贈るぞ。 つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

>>165
むっ、何だ!!? 途轍もなく大きな男が来たが、あれは?

(配下兵 「恐らく?(昭)将軍の部将である、王(双)将軍かと思われます。」)

何と、王双が来たという事は、また蜀が陳倉に攻め込んできたのか!? 至急、御通しせよ。

168 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 00:09:19 O
粉が瓶の底で沈滞してますが

169 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/20(土) 00:15:47 0
ああ、忘れていた。>>168にこれを贈らねばな。
つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

>>169
何の粉だ? もう少し詳しく述べてくれぬか? あと、沈滞というのは
私の名とかけてはおらぬか?

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

170 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 00:23:40 O
陳泰殿に先程差し上げた哺乳瓶入りの脱脂粉乳の事ですが、
陳泰殿がお飲みにならないので粉が瓶の底で沈滞してしまったわけです。

は?名前と掛ける?
存じ上げ兼ねますが?

饅頭食べました。これで前線行けます、ありがとう御座候。


171 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 00:25:16 0
……陳泰殿、番号ずれておりますぞ。

あと、淳于瓊殿の砦も今は少々停滞期に入っているようです。
いかがなさいましょう? いっその事、酷評覚悟で越境でも……?

いやいや、冗談です。これはやってしまうと大変な事になりますからな。
では、さらばです。

172 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/20(土) 00:30:17 0
>>170
はて、何故私が哺乳瓶で脱脂粉乳を飲まねばならぬのだ?
私は赤ん坊では無いぞ。

まあ、饅頭を喜んだ事には嬉しく思うのだが……。

>>171
そうか……。淳于瓊殿の砦が停滞気味、と……。まあ、近々
応援として訪れるとしよう。

だが越境はせぬぞ。斯様な事をすると此処に居れぬからな。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

173 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 00:32:20 0
陳泰殿を赤ん坊扱いしている>>170を極刑に処してはいかが?

174 :袁紹 ◆2JhImUTcKc :2007/10/20(土) 00:36:09 0
何じゃ、名族に相応しくない卑猥なスレタイであるな。
ま、宦官の一族の国には相応しいかも知れぬの。

175 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/20(土) 00:38:56 0
>>173
斯様な事ぐらいでどうして彼を極刑にせねばならぬのだ? 心配するな、
こういう事には慣れている。

心配してくれている事は分かるが、余り滅多にそういう事を言ってはならぬ。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

176 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/20(土) 00:42:28 0
>>174
袁紹殿か。まあ、建て逃げの砦ゆえ、そう見えるのかも知れぬが、内容は一味
違いますぞ。

貴公も暇あらば、此処に来ると良い。面白い事が待っていますからな。

これをどうぞ。つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

177 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 00:42:42 O
ここは『陳氏』総合スレだ。

178 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/20(土) 00:45:20 0
>>177
「客」としてだ。客としてなら良いだろう。それに、『陳氏』のみの砦とは誰も
言ってはおらぬぞ。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

179 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/20(土) 00:46:39 0
段々、勢いが付いてきたな。まあ、これが良からぬ方向に行かな
ければ良いのだが……。

180 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 00:48:57 O
てか三国時代に哺乳瓶とかあったら今で言うクイックチャージ
できて重宝したかもな。
脱脂粉乳じゃなくて流動食。
馬に乗りながら栄養補給出来るから行軍がかなり早くなる。

181 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 00:49:55 0
快速列車と化した男、それが陳泰……。

182 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/20(土) 00:55:43 0
>>180
まあ確かにな。西洋発祥であり、現代の運動競技である「マラソン」では
栄養補給飲料を用いて走ると聞く。そのマラソンと同じ意味である、と
考えると、強ち妙案かもしれないな。

>>181
ふふふ、今の状況からすればそうかも知れぬな。まあ、もう少ししたら
再び鈍行に戻るが。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

183 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 01:01:05 0
ノリノリだな、陳泰。これからも頑張れよ!!!

184 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 01:04:37 O
目指せ中華一号!

185 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/20(土) 01:10:37 0
>>183
了解!!! この調子だとどうやら良い所まで行ける様な気がするぞ。
なので応援宜しく頼む!!!

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

>>184
うむ!! ではこの調子でこれからも頑張るゆえ、お主も応援宜しく頼むぞ!!!!!

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

……さて、もう宵の口か。ではもう私はここらで失礼致す。
最後に一曲。「ちいさい秋見つけた」を弾いて御別れするぞ。

186 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/20(土) 01:13:46 0
(シタールを持って)
では、聴いていただきたい。「ちいさい秋見つけた」

(1)
だれかさんが だれかさんが
だれかさんが 見つけた
小さい秋 小さい秋
小さい秋 見つけた
目隠し 鬼さん 手の鳴る方へ
澄ました お耳に かすかに沁みた
呼んでる口笛 百舌(もず)の声
小さい秋 小さい秋
小さい秋 見つけた

(2)
だれかさんが だれかさんが
だれかさんが 見つけた
小さい秋 小さい秋
小さい秋 見つけた
お部屋は 北向き 曇りのガラス
うつろな目の色 溶かしたミルク
わずかな 隙から 秋の風
小さい秋 小さい秋
小さい秋 見つけた

187 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/20(土) 01:16:24 0
(3)
だれかさんが だれかさんが
だれかさんが 見つけた
小さい秋 小さい秋
小さい秋 見つけた
昔の 昔の 風見の鳥の
ぼやけた 鶏冠(とさか)に はぜの葉一つ
はぜの葉 赤くて 入日(いりひ)色
小さい秋 小さい秋
小さい秋 見つけた

(シタールを置いて)
さて、と。最後に一言。
皆、体調は絶対に崩さぬように過ごすのだぞ。

では、さらばだ。

188 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 01:19:58 O
(全国のギャルが泣いた)

189 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 01:22:38 0
>>188
何せ、あの伊達男だからな。おかしくはあるまい。

190 :陳陳:2007/10/20(土) 05:12:32 O
陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳

191 :陳陳:2007/10/20(土) 05:13:47 O
陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳

192 :陳陳:2007/10/20(土) 21:08:01 O
陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳

193 :陳陳:2007/10/20(土) 21:16:11 O
陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳

194 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/20(土) 22:21:27 0
……来たぞ。昨日は>>163の様な、身に覚えが無い事を突きつけられ、妻から白い目で見られたが、必死の説得で如何にか信じて
もらえたわ。しかし、あのような虚実を言った者を一刻も早く捕らえないと、また何を仕出かすか分からぬからな。皆も斯様な者を
見つけたら至急此方に連絡していただきたい。頼む。

ふむ、今日も来ておるな。よし、では返すとするか。

>>188
何と、こんなに私を慕ってくれる女性が沢山いたとは……!!! よし、この者達の為にも頑張らねばならぬな。
では、これからもこの陳泰をどうか宜しく頼む!!!!!

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

>>189
(照れながら)いやいや、私はお主にそう言われる程の器ではあるまい。私は一介の武将だ。洒落た事はせぬし、妻以外、女気も
無い。まあ、>>188から斯様な事を聞いた時は、少し心は揺れたが、な……。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

>>190-193
……陳陳か。今更、どの面下げて戻ってきた? 魏に嫌気を差して出て行き、勝手にこの砦を建て、
挙句の果てには直ぐに逃亡しおって……、晋公(司馬師)は大変御立腹だぞ。分かっているのか?

……そしてまた戻ってきたと思ったら、意味無く斯様な事を書きおって……。お主、砦の主としての
自覚が足りぬのではないのか? いや、寧ろ無いのであろうな……。

兎に角、此処にいたら厳罰は免れぬからな、一刻も早く去った方が良いぞ、いいな?

195 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 23:03:44 0
まあまあ、彼も何か理由があってここを離れざるを得なくなったという可能性が
あるから、ここは穏便に済ませたらいかがですかな、陳将軍。

196 :名無しになりきれ:2007/10/21(日) 00:56:09 0
陳将軍………。淋しさに塗れたこの心、どうか取り除いては
くれませんか……?

197 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/21(日) 01:13:49 0
>>195
む? まあ、そうだな……、確かにお主の言う通りなのかも知れぬ。
彼も何とかしてこの砦を盛り上げようとしたのかも、な。

彼がまたここに来たらば、今度は親密に話し合ってみようか。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

>>196
どうした? 何、淋しさを取り除いてほしい、と……。なるほど。

何があったのかは知らぬが、余り思いつめてはならぬぞ。
後々その淋しさを引きずると、人生つまらぬ物になってしまうからな。

歌にもあるだろう、

「昨日なんて 狭い街に置いて出て行け♪」(オフコース『夜明けを告げに』の一小節)」

とな。だから悲しい事や辛い事はもうすっぱりと切り捨てて、また新たに心を入れ替えれば、
人生は素晴らしいものになるうえ、その辛い事や悲しい事は思い出と化し、懐かしいものと
なるのだ。だからクヨクヨするでないぞ。

では気晴らしとして私と一緒に、少し長安の街を散策せぬか? 
(と言い、>>196と長安に行く)

(散策後)どうだ? 少しは気が晴れたか? 済まぬな、これ位しか出来なくて。
ああ、あとこれをあげよう。美味いぞ。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

また何かあったらここに来ると良い。相談に乗るぞ。

198 :名無しになりきれ:2007/10/21(日) 01:18:45 O
しゅうかんちんたい

199 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/21(日) 01:30:07 0
>>198
前もそれ言われたぞ。あと、「三戦板」という所でも何度か……。

一応、どうも流行っているみたいだな、私の名を使った洒落が。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

200 : ◆200getMzok :2007/10/21(日) 01:31:12 O
200

201 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/21(日) 01:36:32 0
>>200
おめでとう。というかそれだけで来たのか?
しかし識別符が「◆200getMzok 」とは……。














見            事            だ           !!!!!


つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

202 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/21(日) 01:55:08 0
さて、もう宵の口か。
ではもうここらで私は失礼致すが、最後に一曲弾くぞ。

(シタールを持って)では聴いて頂きたい。
曲は、先程出てきたオフコースで「夜明けを告げに」。

(1)
空と海が出会う彼方 朝がきらめく
さあ、君の舟を浮かべるんだ 若者よ

昨日なんて せまい街に置いて出て行け
今、世界中に美しい 夜明けを告げに
夜明けを告げに

(2)
古い地図は破り捨てて 波に流そう
その燃える目には何が見える 若者よ

何もかもが君のために ここにあるのさ
今、世界中に美しい 夜明けを告げに
夜明けを告げに

何もかもが君のために ここにあるのさ
今、世界中に美しい 夜明けを告げに
夜明けを告げに

203 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/21(日) 01:58:57 0
(シタールを置いて)
さて、と。最後に一言。

秋が深まり、体調を崩しやすい時期になりつつあるが、皆はそれに
気を付けて過ごすのだぞ。

では、さらばだ。

204 :烈火の将 ◆YXjiXQkrlw :2007/10/21(日) 02:01:36 0
礼を言いに参上しました。
時々こちらで世話になっているが、少し驚いたな…わざわざ来ていただけるとは。
……来訪ありがとうございました。あと土産にこれを…
つ【山廃純米酒:天狗舞】

いい歌を歌いになるのだな。

205 :名無しになりきれ:2007/10/21(日) 22:56:47 0
72 :姓が「陳」の武将:2007/10/20(土) 23:00:19 0
つ【http://www.youtube.com/watch?v=uLS4GACrk8M

105 :名無しになりきれ:2007/10/21(日) 01:27:43 0
>>95
じゃあこれをあげるぞ。
つつ【肉まん、あんまん、大和茶、マーライコー(マレー風蒸しカステラ)】
【岩合光昭『むれねこ』『海ちゃん』】

おっと、お茶は好きかな、お嬢さん? 好きなら良いけど。

ある「勇敢なる武将」から言付けで渡すようにと言われたのだ。
ではこれにて失礼。

「【リリカル】フェイト・T・ハラオウン4【なのは】」より抜粋

206 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/21(日) 23:31:25 0
……来たぞ。今日は特に変わった事は無いが、昼休みに、曹爽殿と談話していたら、彼が私に「もしも司馬(懿)丞相に何かあったら、
俺が何とかせねばならぬな」と呟いたのだ。まあ、私としてはそれ程魏に団結心があるという事で「それは良い事だ」と思ったのだが、
曹爽殿は何晏殿と権力を握ろうとしているという噂もあるゆえ、少々不安も感じたぞ。

ふむ、今日も来ておるな。よし、では返すとするか。

>>204
おおっ、烈火の将殿!!! 良く来て下さった!!!

おおっ、これは倭国の酒ではないか。斯様に立派な贈り物を贈ってくださり、誠に感謝致す。

……む? 私が貴公のところに赴いた、と? いやいや、私は景気付けに、と音楽を部下に言付けて寄贈したのみだ。
大した事はしておらぬよ。

あとお主に麩饅頭も贈ったはずであるが、どうであった?
ともあれ、暇が出来たらまた来てくれぬか? 歓迎するぞ。

>>205
むっ、それが烈火の将殿の砦に来たときの発言というのか?

ふむ、上の方は確かに部下に言付けて贈ったものであるが、下の方は私は知らぬぞ。

……ただ、こんなに沢山渡すうえ、贈り物で肉まんやあんまん、果ては書籍が含まれているとなると……。恐らく
これは淳于瓊殿が贈ったみたいだな。彼は来訪者を大事にするゆえ、斯様に贈り物を多く渡すが、親交を深める為に、他所に
使いを派遣させてまで贈るのか。なるほど。

まあ、贈り物を渡すのは確かに良い事だが、度が過ぎると逆に鬱陶しく思われる事も
あるからな。程々にするよう、一応淳于瓊殿に呼びかけておくぞ。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

207 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/22(月) 02:23:05 0
……さて、待ってみたがもう宵の口か。
では最後に一曲弾いて、今日はここらで失礼させて頂くとするぞ。

(シタールとハーモニカを持って)
曲は長渕剛で「巡恋歌」

208 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/22(月) 02:25:05 0
好きです 好きです
心から愛していますよと
甘い言葉の裏には
一人暮らしの寂しさがあった

寂しさゆえに 愛が芽ばえ
お互いを知って愛が終わる
別れは涙で飾るもの
笑えばなおさらみじめになるでしょう

こんなに好きにさせといで
「勝手に好きになった」はないでしょう
さかうらみするわけじゃないけど
本当にあなたはひどい人だわ

だから私の恋は
いつも巡り巡って ふりだしよ
いつまでたっても恋の矢は
あなたの胸には ささらない
タバコを吸うなとか酒を飲むなとか
私の勝手じゃないの好きでもないくせに
好きな振りをするのはよして欲しいわ

くやしいけれど ほれたのは
どうやら私の方だったみたい
「別れの舞台はどこで?」などと
おどけて見せるのも
これで最後ね

さよなら さよなら
心かよわぬ恋など さよなら
こらえきれない涙よ
出来ることなら笑いとなれ

だから私の恋は
いつも巡り巡って ふりだしよ
いつまでたっても恋の矢は
あなたの胸には ささらない

だから私の恋は
いつも巡り巡って ふりだしよ
いつまでたっても恋の矢は
あなたの胸には ささらない

209 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/22(月) 02:29:04 0
(シタールとハーモニカを置いて)
さて、と。最後に一言。

秋は深まり、寒さが増して来たが、皆は体調を崩さず、大事に過ごすのだぞ!!!
では、さらばだ。

210 :陳羣 ◆z9vzSIHcnk :2007/10/23(火) 21:28:08 0
今晩は、陳泰の父であろう陳羣です。

日々多忙ゆえ、来るのがかなり遅れましたぞ。
では、ここから返せるだけ返していきましょう。

>160
ほう、それは倭国の歌ですか……。なるほど。私も音楽に興じるのは好きな方ですが、
特に倭国の歌というのは郷愁を感じさせるものが多くて良いですな。

>161-162
ふむ、これは子供が無事7歳まで育った事を祝う歌みたいですな。ただ、次の歌詞がどうも生贄を捧げ、
亡くなった子供の弔うという意味になっていて少々怖いですな。

何と、2番はあまり一般的には知られていない、と?
……まあ、斯様に怖い歌詞だと、隠すのも無理はないようですな。

>163
な、何と!!!! 泰、お前は○○という妻が居ながらも、何という不貞を働いたのだ!!!!!

……と言いたいところですが、泰は昔から朴念仁ゆえ、女性との関係は余り縁が無いはず。故に斯様な事は在り得ませぬな。
……恐らく、誰かが泰を陥れる為に斯様な讒言を仕組んだのでしょうな。

>164
これが前述で出てきた、「小さい秋見つけた」という歌ですか。どれどれ?

……ううむ、聞いているうちに何だか悲しくなってきましたぞ。
あと楽しかった子供の頃の事も……。

結論としては、斯様に聞いて純粋な心になる事が出来る歌が後世に残るようにして頂きたく思いましたぞ。

211 :陳羣 ◆z9vzSIHcnk :2007/10/23(火) 21:57:29 0
>165
おお!! 何とも大きな男が迫ってきておるがあれは一体!!?

(魏軍の兵士 「赤β《昭》将軍の部将である王《双》将軍ですぞ。」)

何と、あの勇猛で知られている王双殿が此処に来られるとは、一体何があったのか? 至急、御通ししなさい。

>168
何の粉が沈滞しているのですかな? 詳しく述べてもらわないと困りますよ。

>170
何故、泰に哺乳瓶を与えるのですかな? 40を越えた大人に斯様な物を与えるのは侮辱に等しいゆえ、
止めなさい。

>171
ふむ、まあそういう事もありましょうな。だが、越境してまで進行を促すのは無礼ゆえ、止めておいた方が宜しいでしょう。

>173
其処までしなくて宜しい。つまらぬ事で処罰すると、それこそ処罰した者がつまらぬ者となりますからな。

>174
袁紹殿ですか。よく来て下さいましたな。確かに題名は少々如何わしいものでありますが、泰のお蔭で、内容は
それ以上のものですぞ。暇があれば、貴公も是非此処に遊びに来て下され。

>177
まあ確かに、泰の奮闘の甲斐があったが故にそう思ってしまったのでしょうな。ただ、此処はまだ制度や規則が確立されて
いない所ゆえ、誰でも来訪しても良いみたいですぞ。

212 :陳羣 ◆z9vzSIHcnk :2007/10/23(火) 21:59:43 0
>180
なるほど。確かに斯様な使い方をすれば敵に意表を突く攻撃が可能ですな。炊事するとなれば、その場所の確保や即席の竈
(かまど)を設け、其処から食事を拵えたり……。敵からすれば炊事している間が最も隙を見せる時ですからな。まあ、問題と
しては、偏った栄養補給に気を付ける事だけ。それを解消すれば、上手く敵を攻め落とす事は可能だと思いますぞ。

>181
快速列車、ですか……。まあ勢いがあるのは良い事だが、余り走りすぎて思わぬ失敗を招かぬよう気をつけるのだぞ、泰。

>183、>184、>188、>189
泰が此処まで皆から愛されているとは……。父としては非常に嬉しいものですな。あとで私も彼に応援の言葉を贈っておきましょう。

>190-193
何をしているのですかな? 斯様な場で意味無き事はやめて頂きたく思いますぞ。

>195
まあ、これは私も同意ですな。どの様な事情であれ、理由があるのならば私としても然程責める訳にはいきませぬからな。
此方からも泰にそう言付けておく様にしておきますよ。

>196
何があったのかは知りませぬが、常に顔を上げ、前に進みなさい。然すれば人生は、一面が草原の如く清々しいものとなります。
また、何か好きな事を行い、気分を一変させるのもまた、一つの手でしょう。

>198
私もこういった、泰の名を洒落に使うのは存じております。ですが私としては可愛い息子ですゆえ、人権を無視した過剰な洒落に
進展せぬよう、祈っておきましょう。

>200
おめでとうございます。まあ此処まで来れたのは泰や皆様のお蔭、というべきでしょう。これからもこの地が発展するよう、
祈ってますよ。

213 :陳羣 ◆z9vzSIHcnk :2007/10/23(火) 22:01:04 0
>204
おお、お主が烈火の将殿ですか。いつも息子の御世話になっております。あと、息子から貴公の話を聞いておりますよ。何でも
剣術の達人である、と……。女性でありながら、武術を嗜んでおられるとは、立派なものです。

おお何と、斯様に立派な御酒を贈って下さるとは、とても感謝感激でございます。

……なるほど、他の地で御活動されているのですか。ではこれからも御健闘の程、願っておりますゆえ、どうか息子の事も宜しく
御願い致しますぞ。

>205
ふむ、泰がとある地に贈り物をした時の記録ですか。音楽を贈るとは、かなり洒落ていますね。あと下の方はかなり食べ物や書籍を
贈り、かなり厚遇していますが、これも泰が贈った物なのですかな?

まあ、贈り物を相手に贈るのは礼儀を弁えた行為であり、誠意も表れていますからね。斯様な行為をいつまでも忘れぬよう、心掛けて
頂きたく思いますぞ。

>息子の泰へ
いつも御苦労様。斯様に廃墟になりかねない地を、よく此処まで発展させてきたね。……まあ、今は見たところ停滞気味の様だけど、
此処に来る人々は皆、お前を支えている。これは確かだ。だからお前も、此処に来る人々を助け、愛されるべき一人の人間として
務めるよう、これからも頑張りなさい。私も頑張るから。

追伸
お前は、私がお前の事を子供扱いにしていると言っているみたいだが、私は決してお前を子供として見てはおらぬ。一人の、実の
息子としてどうしているのかを見ているのだよ。


さて、もうこんな時間ですか。では私は残っている政務に取り掛からねば。
次はいつ、此処に来れるのかはわかりませぬが、必ずや再び来れる様にしますゆえ、息子共々これからも宜しく御願い致します。

では、さらばです。

214 :名無しになりきれ:2007/10/23(火) 22:35:46 0
ええと、関係あるかどうか分かりませぬが、一応将軍に報告致します。

【フェイトスレより入電】
フェイト執務官のPCが起動しなくなったそうです。

215 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/24(水) 01:55:32 0
……来たぞ。今日は何晏殿とこれからの魏についてを語り明かしたぞ。まあ、彼が申すには、「今の魏は司馬丞相が居ての魏ゆえ、
我々も丞相の為に何とか補佐せねばならない」だそうだ。まあ、本当にそうであってくれたらよいのだが、な……。

うむ、来ておるな。よし、では返すとするか。

>>210-213
おおっ、父上!!!!! 来て下さいましたか!!!!! こんなに沢山の応答を返されるとは……、流石「法の番人」という
異名を持つ所以でありますな。あと、斯様に申して頂けると……、此方としては非常に感激で、どう申せば良いのか判りませぬ。

分かりました、この陳泰、貴方の息子である事を誇りに思い、これからも頑張る所存ですぞ!!!!!

216 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/24(水) 01:56:25 0
>>214
むむっ……、それは「烈火の将」殿がいる場所で起こったのか? なるほど、个人電脳(中国語でパソコンの事)が起動
しなくなった、と……。

実を言うと私も昔、?記本電脳(ノートパソコン)で、皆との応対をしている最中にいきなり画面表示が出なくなったり、鼠
(マウス)の矢印がビクともしなかった事がある。まあ、こういった事は過去に何度かあり、その都度、反則ながら電池
(バッテリー)を抜き、放電して中の電気を抜いたあと、また再起動させたのだが……、この時ばかりはそうしても駄目だった。
寧ろ画面が真っ黒なうえ、出たとしても妙な西域の文章(英文)が出たり、また「カタカタカタ……」とその?記本電脳から
小さな音が響いていたのだ。

それで只事ではないと思い、近くの電気店を尋ね、見てもらうと……。内存軟盤(メモリーディスク)が壊れている、と店員から
伝えられたのだ。しかも、直るとすればこの个人電脳を取り扱っている公司に問い合わせるのが一番と言われたものの、使っていた
个人電脳がかなり古いものだった為、同系統の部品があるかどうかが分からないという恐れがある為に直せる可能性が低く、そのうえ
今までの記録が消え去る、とも言われた為、仕方無く新しい?記本電脳を購入した、という訳なのだ。

菌(ウイルス)と関係無い話になってしまい、申し訳ない。だがこの時ばかりは私も彼女(フェイト殿)同様に非常に焦りを感じた
のは事実だ、それだけは覚えておいて貰いたい。

まあ今のところ、今使っている个人電脳には菌(ウイルス)や間諜(スパイ=スパイウェアの事)等が入っていないゆえ、安心なの
だが……、今回お主が報告してくれた件は人事とはとても思えず、此方も早急に手を打たねばなるまい、と思ったぞ。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」


……さて、もう宵の口になってしまったな。では最後に一曲弾いて失礼させて頂くとするぞ。
(シタールを持って)曲は「風(『かぐや姫』の伊勢正三と『猫』の大久保一久が組んだフォークデュオ)」で「22歳の別れ」。

217 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/24(水) 02:00:08 0
(1)
あなたに「さようなら」って 言えるのは 今日だけ
明日になって またあなたの 暖かい手に
触れたら きっと 言えなくなってしまう
そんな 気がして
  
私には 鏡に映った
あなたの姿を 見つけられずに
私の 目の前にあった
幸せに すがり付いてしまった

(2)
私の誕生日に 22本のローソクを立て
ひとつひとつが みんな君の人生だねって言って
17本目からは 一緒に火をつけたのが
昨日のことのように
  
今はただ 5年の月日が
永すぎた春と 言えるだけです
あなたの 知らないところへ
嫁いでゆく 私にとって

(Lu Lu Lu………)

(3)
ひとつだけ こんな私の
わがまま 聞いてくれるなら
あなたは あなたのままで 変わらずにいてください
そのままで……

218 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/24(水) 02:01:13 0
(シタールを置いて)
ふう……、では最後に一言。

寒気が強くなってきているので、体調を崩さず、大事に日々を過ごすように。
あと、个人電脳に少しでも異変があれば、近くの電気店等に行き、検査を見て
もらうようにしていただきたい。これは私からの御願いだ。

では、さらばだ。

219 :名無しになりきれ:2007/10/25(木) 02:33:07 0
寒くなってきましたね、陳泰さん……。

220 :名無しになりきれ:2007/10/26(金) 01:48:16 0
保守です!!!!!!

ところで陳泰さん、今度また新たに「三国志大戦」関連の砦が建ったそうですよ。
それはここです。

→ http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1193159720/

ここの主は呉の最後の丞相である張悌さんです。一度御覧下さい。では。

221 :曹昂:2007/10/27(土) 00:55:28 0
>>213
長文殿、ご子息を名でよばれるのはいかがなものでしょうか。
幼いころはともかく、もう立派な大人なのですから、字でよぶべきだと思いま 
すし、そうなさらないことが、ご子息が子供扱いされていると感じる原因にも
なっているのだと思います。


222 :諸葛誕 ◆lhM/6zi8TA :2007/10/27(土) 03:11:52 0
夜中に失礼致します。

初めまして、私の名は諸葛誕、字は公休と申します。史実では魏の鎮東大将軍という、
官職に就いている者ですのでどうかお見知りおきを。

さて陳泰殿。ここがお主の砦なのか? まあ、題名がどうも、何というか………。言い方が
悪くて申し訳無いのだが、「悪ふざけ」で建てた様な所だな、これは。

しかしそれとは裏腹に、随分と盛り上がっている様で、同じ魏の将軍として非常に嬉しく思うぞ。

……そこで相談なのだが、私も此処に参加しても良いか? 何、妙な真似は致さぬ。したら
その時の覚悟は既に決めているからな。私が皆に迷惑をかける様な事をした場合は、遠慮なく
処罰してくれ。何も恨みごとは言わんから。

それに……、もし駄目だとしたならば、それはお主に何らかの事情があるゆえ、仕方が
無いのだと悟り、諦める事にする。

返事はいつ何時でも良いから宜しく頼む。
では、これにて失敬。

223 :名無しになりきれ:2007/10/27(土) 03:22:17 0
>>222
来たな、ムスカ!!!!!

お前にはこれをくれてやる!!!!!



「バルス」!!!!!!!

224 :名無しになりきれ:2007/10/28(日) 02:20:42 0
>>221
名前を呼べるのって親や偉い人だけじゃないの?
字システムはよくわからないな…

225 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/28(日) 02:53:36 0
久方ぶりに来たぞ。……まあ、ここ数日、色々と忙しかったからな、来る事が出来なかったのだ。この場を借りて御許し
いただきたく思う。

ふむ、それでも来ておるな。よし、返すとするぞ。

>>219
うむ、そうだな。そろそろ冬の衣類に衣替えをせねば、風邪を引いてしまうぞ。
特に蒲柳の質(病弱な体質という意味)がある者、其処の所に気を付けるのだぞ。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

>>220
おお……、ありがたい。斯様に支持してくれる人がいるから、此処を止める事は出来んのだ。これからもお主のその心遣いを
無駄にせぬためにも頑張るので応援宜しく頼む!!!!!

……む、新たなる砦だと? どれどれ?

ほう、主は呉の最後の丞相である張悌か。まあ、沈着冷静な彼ならば、上手くやっていけそうな気がするな。よし、後で
激励に参るとするか。

ああ、あと斯様な場所を教えていただき、感謝致す。
つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

226 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/28(日) 02:56:33 0
>>221
おおっ、何と貴方は魏王様の御子息である曹子脩様ではございませぬか。斯様な場所に赴いていただき、感謝致しますぞ。

……ふむ、確かに実の子とは言え、諱で呼ぶというのは子供扱いである、と……。確かにそうですが、司馬(懿)丞相も晋公
(司馬師)と弟君の司馬昭様の事を「師、昭」と呼んでおりますが、あれは如何ですかな? まあ、斯様な私が申すのはお門
違いであるのは承知なのですが……。

ともあれ、来て下さった感謝の印として、これを贈っておきますのでどうか御賞味下され。
つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

>>222
おおっ、貴公は鎮東大将軍の諸葛誕殿!!!!! よく此処が分かりましたな!!!!! 来て下さり、感謝致す!!!!!
しかし、識別符を掲げて此処に来られるとは……、何かおありのようですな。

何と、此処に参加して私と共に砦の進行に励みたい、と!? 無論、構いませぬ。寧ろ一人のみならず、複数でやれば此処は
より賑やかになるというもの。此方としては大歓迎ですぞ!!! 

では此方からも、どうか宜しく御願い致します。

あとこれを贈っておきますのでどうか御賞味下され。
つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

>>223
むっ、諸葛誕殿に対して攻撃を仕掛けるとは、無礼な!!!!! お主の様な反乱分子は








鎮         圧        す        る        !  !  !  !  !









227 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/28(日) 03:09:36 0
>>224
ああ、今思い出したが、その通りだ。

ものの本によると、「諱は親や主君などの特定の目上の人物を除き、名で呼びかける事は極めて無礼な事とされていた」とあり、
字の場合は「普段使う呼び名として字が必要となり、通例成人した時につけられる。ただし、官職に就いた場合は官職名で呼ぶ事が
優先された。この場合、親しい間柄以外は、字で呼ぶことは諱ほどではないが、やはり無礼なこととされていた」とあるからな。

ゆえに、曹子脩様には申し訳無いが、父上が私の諱で呼ぶのが正しい(?)となるのだ。
では逆に目下の者が目上の人にどう呼ぶかというと、矢張り官職名や位の名、また故人で
あると諡等をを付けて呼ぶのが良いそうだ。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

……さて、どうやら宵の口になったようだな。では久しぶりだが最後に、一曲を弾いて失礼させていただくとするぞ。

(シタールを持って)
曲は「ダ・カーポ」で「野に咲く花のように」。

228 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/28(日) 03:11:39 0
(1)
野に咲く花のように 風に吹かれて
野に咲く花のように 人をさわやかにして

そんな風に僕たちも 生きてゆけたら素晴らしい

時には暗い人生も トンネル抜ければ夏の海
そんな時こそ野の花の けなげな心を知るのです

(2)
野に咲く花のように 雨に打たれて
野に咲く花のように 人を和やかにして

そんな風に僕たちも 生きてゆけたら素晴らしい

時には辛い人生も 雨のち曇りでまた晴れる
そんな時こそ野の花の けなげな心を知るのです

ルルルー ルルルルルルー ・・・・・


(シタールを置いて)
ふう……、では最後に一言。

何度も申しているが、寒気が強くなっているので、くれぐれも風邪を引かぬよう1日1日を大事に過ごすのだぞ。

あと野分(=台風)も来ているので、海岸沿いに住んでいる人々は、くれぐれも迂闊に海に近付かず、また危険な
地形の所に住んでいる人々は其処から安全な場所に避難する様、心がけるのだぞ。私からは以上だ。

では、さらばだ。

229 :曹昂:2007/10/28(日) 19:39:31 0
>>227
そうなのですか。
父上は私たち兄弟を字で呼んで下さるので、このような勘違いをしてしまった
のでしょう。
お詫びに私の馬を差し上げます。 つ「白馬」

230 :名無しになりきれ:2007/10/28(日) 19:43:58 0
そろそろシタールじゃなくって中国っぽいものに得物変えませんか

231 :諸葛誕 ◆lhM/6zi8TA :2007/10/29(月) 02:41:54 0
夜分遅くに失礼致します。

約束通りこの諸葛公休、馳せ参じましたぞ!!!!!
まあ、初登場が「なりきり板」の避難所であり、皆との応対をするのは初めてゆえ、どうか宜しく御願い致しますぞ。

>223
ぐあああああああっ、目が、目がああああああああっ!!!!!!


……って、そんなもん効くか、たわけが!!!!!



   ( ・∀・)   | | ガッ
  と    )    | |
    Y /ノ    人
     / )    <  >__Λ∩
   _/し' //. V`Д´)/
  (_フ彡        /  ←>>223



全く、いきなり俺に対しての質問がこれか!!! まあ、面白くて良いが。
しかし、俺の顔はその「ムスカ」とやらにそんなに似ているのであろうか?

>224
うむ、確かに。字というのは親しい間柄のみに使うものであって、諱を使う場合は、自分から見れば子供であり、また部下であり、
位が関係の無い年下の者に、逆に自分から見て年上、或いは位が高い者に対しては名に位を付けるか、または様、殿を付けて呼ぶ
のが常識だそうだ。

232 :諸葛誕 ◆lhM/6zi8TA :2007/10/29(月) 02:44:38 0
>226
おおっ陳泰殿、斯様に快くこの俺を受け入れてくれるとは……!!!!! 分かった、お主の期待にそぐわぬ様、最後まで頑張るぞ!!!!!
しかも斯様に可愛らしい贈り物までして頂けるとは、益々感謝の言葉がござらぬ。

あと調べた所、この砦は元々建て逃げされた廃墟だったのか。以前、斯様に毒づいた事を申してしまい、誠に済まなかった。
では此処に改めて、共に砦の完走を果たさんとしよう!!!!!

>229
何と、貴方は魏王・曹操様の御子息である曹子脩様ではありませぬか!!!!!

なるほど、字と諱の違いについての結論を聞きに参られた、と……。

確かに字と諱の使い分けというのは難しいですな。まあ、私としては今は呉に仕えている息子の諸葛[見]を普通に
「おい、[見]」と呼び、一方だと従兄弟である諸葛亮殿には、「孔明殿」と呼んでいますな。

何と、それは貴方の大事な馬ではありませんか!!!!! 宜しいのですかな!?
むむむっ、本当に宜しいのですな? ……分かりました。では彼にその白馬を渡しておきますぞ。

233 :諸葛誕 ◆lhM/6zi8TA :2007/10/29(月) 02:47:31 0
>230
シタール……、それは陳泰殿が使っている楽器か。何でも身毒(インドの古称)の弦楽器だそうで……。

何、それから中国の楽器に変えた方が良いと?

(「三国志大戦」の肖像画と同じ格好で考え込み)ふ〜む……、しかし彼がこれまで演奏した歌というのは、どうも
「ギター」という、西域が発祥の、多くの弦を張った楽器でないと弾けぬものだそうだな。まあ、故に彼はその「ギター」の
形に近いシタールを用いらざるを得なくなったのであろうな。

まあ、中国でも「ギター」に限りなく近い弦楽器といえば、月琴か琵琶ぐらいか……。

……!!!(何か思い出した様子) ああ、思い出した。「ピーパー」という、琵琶の仲間はその「ギター」と同じ演奏が
可能らしい。その弦楽器なら、これからも「ギター」が必要な曲に対応する事が出来るかも知れぬ。

よし、では一応俺からもそれを使ってみてはどうか? と言付けておくぞ。

さて、今日はこれ位かな? 荒っぽさが目立つゆえ、自分としては出来は高く見積もっても30点ぐらいだな。
まあ、これから慣れれば良いのだが……。

最後に陳泰殿。シタールからピーパーに変えてみては如何かな? それならこれからも「ギター」と同じ演奏が出来るゆえ、
お勧め致すがどうだ?

では、俺はこれにて失礼致す。さらばだ。

234 :名無しになりきれ:2007/10/31(水) 00:30:55 0
では陳将軍にはこの弦楽器を差し上げましょう。

つ「ピーパー」

235 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/31(水) 00:38:10 0
……来たぞ。今日は日中穏やかな天気だったが、夜になるとしとしとと雨が降り始めおったな。ああいう雨というのは
なかなか止まぬうえ、止んだ後は暑くなるそうだ。まあ、寒くなるよりかはましだと思うのだが……。

……さて独り言は此処までにして、と……。来ておるな。よし、返すとしよう。

>>229
なるほど、曹子脩様の所では魏王様は御子息の名を字で呼んでいる、と……。まあ、それは実の息子であり、親しみを込めて
呼んでいるのでしょうな。

ええっ、何と!!!!!  斯様に立派な良馬を私めに譲ると……。いやいや、これは子脩様の愛馬ゆえ、受け取る事は出来
ませぬ。それに、この馬も子脩様を慕っております。なのでここは引き続き子脩様がこの馬の面倒を見るよう、御願い致しますぞ。

>>230
むっ……、シタールから中国の楽器に変えろとな? まあ、それは前々から考えていたのだが、このシタールは友人である身毒の
商人から譲り受けたものであり、また倭国の音楽はこのシタールみたいな弦楽器で無いと演奏が出来ない曲が多い。それに……、
個人的には倭国の音楽を気に入っているのだからな、変えるに変えられぬよ。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

236 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/31(水) 00:42:54 0
>>231
おおっ、諸葛誕殿!!! 早速こんなに返されるとは、流石孔明殿の従兄弟であり、智勇兼備の将でありますな。
まあ、斯様に再利用した砦ゆえ、皆から如何わしく見られるのはもう慣れておりますぞ。

ではこれからも共に頑張りましょうぞ!!!!!

むっ、琵琶の仲間で「ピーパー」という、シタールと同じ弾き方が出来る弦楽器があると? むむむ……、しかし友人のシタールを
手放すのは如何かと思いますが……。

よし、それなら交互に使うと致しましょう。それなら良いでしょう?

とは言ったものの、そのピーパーが手元にありませぬゆえ、これから暫くはシタールで最後の演奏を行いますがね……。

>>234
おおっ、言っているそばからピーパーが来たか!!!! 忝い!!!!!
これで最後の一曲はこのシタールかピーパーで演奏する事が出来るぞ!!!!!

ではお礼にこれを贈るぞ!!!!!
つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

237 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/31(水) 03:10:49 0
……さて、待ってみたが流石にもう来ぬか。
それに、宵の口のようだからな、最後に一曲弾いて失礼するとしよう。

(今回はピーパーを持って)
曲はサザンオールスターズで「夏をあきらめて」。

238 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/31(水) 03:12:56 0
(1)
波音が 響けば 雨雲が 近づく
二人で思い切り 遊ぶはずの On the Beach
きっと誰かが 恋に破れ 噂のタネに 邪魔する
君の身体(からだ)も 濡れたまま 乾く間もなくて
胸元が 揺れたら しずくが 砂に舞い
言葉も無いままに あきらめの夏

Darlin', can't you see?
I'll try to make it shine
Darlin', be with me!
Let's get to be so fine

(2)
潮風が 騒げば やがて雨の合図
悔しげな彼女と かけこむ Pacific Hotel
うらめしげに ガラス越しに 背中で見てる渚よ
腰のあたりまで 切れ込む 水着も見れない
熱めのお茶を飲み 意味シンな シャワーで mm
恋人も泣いてる あきらめの夏
  
Darlin', can't you see?
I'll try to make it shine
Darlin', be with me!
Let's get to be so fine

岩影に まぼろしが 見えりゃ 虹が出る
江ノ島が遠くに ボンヤリ寝てる
このまま君と あきらめの夏

239 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/31(水) 03:15:34 0
(ピーパーを置いて)

まあ、季節外れの歌だが、私としては気に入っているからな。
御了承願いたく思う。

最後に、冷え込みが強くなっているからな、十分に身体を温めて休むのだぞ。

では、さらばだ。

240 :陳志東:2007/10/31(水) 03:34:23 O
陳泰殿、お初にお目にかかりまする。
私は雀雀市場取締役の陳志東と申すものでありまする。
ここは実に勉強になりますな。

ところで陳泰殿は、名前の響きからして、借家住まいでいらっしゃるか?

241 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/10/31(水) 03:43:53 0
少々忘れ物をしたので戻ってきたが、誰かいるようだな。

>>240
ほう、陳志東殿と申すか。よく来て下さった。
なるほど、雀雀市場取締役とは……、相当の重役の方であられるのだな。

しかし……、その市場の名は聞いた事が無いな。後日で良いから一体、
どういう所なのか、教えてはいただけぬか?

あと、まあそうだな。元々此処は建て逃げだった場所ゆえ、私が再び
有効活用させているのだ。つい最近までもう一つあったのだが……、
いつの間にか消えてしまったそうだ。

それでは御近付きの印として、これを贈っておくゆえ、どうか受け取って頂きたい。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

では今度こそ、これにて失礼致す。
さらばだ。

242 :陳志東:2007/10/31(水) 06:39:25 O
やあ、おはよう皆様。

陳泰殿、見事な饅頭を賜り、思わず感涙にございまするぞ。
さて私の会社「雀雀市場」だが、ただの雀荘でござるよ。
(お約束だが、調べたところで何も出ない、というか出たとしても全く無関係なのでご理解の程。)
しかし、当の私は麻雀ができないのだよ。
ましてや、中国語すら(ry

なので、近々転職も検討しているのでござるよ。

243 :陳志東:2007/10/31(水) 18:58:46 O
こんばんは、皆さま方。
携帯ゆえ、トリップとやらの付け方が解らぬ故、偽者が出ぬうちはこのまま名乗らせて頂く。

さてお返しと言ってはなんだが陳泰殿。
これをお納めくだされ。

つ【テルミン】

かの矢井田瞳も使っていた不思議な電子楽器にございます。

ではでは。m(__)m

244 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/01(木) 00:37:12 0
……来たぞ。どうやら倭国ではまた食品の偽装や品質問題で大問題となっている様だが、此方としては
「いい加減にしろ!!」と思ったな。

まあ良く良く考えれば、昔は今より厳重に品質の管理しなかったが故、斯様な事が隠れていただけだったのであろうな。

となると、これからもこの「埃」はまだまだ出そうだな……。

さて、と。独り言は此処までにして……。来ているな。よし、返すとするか。

>>241-242
おお、陳志東殿。今日も来て下さったか。

なるほど、「雀雀市場」というのは麻雀を囲う場であったのか……。しかも麻雀が出来ぬとは、何故其処に勤めているのか
知りたく思うのだが……。

それに、お主の名だが、調べた所一応出るには出るのだが、台湾に住む個人の「ぶろぐさいと」とやらを開いている者や、
「天生遊物」という書籍の作者の名で出たみたいなのだが……。要は出典は何も無いと言うのだな?

……申し訳無いが出典無き者が来るというのは、正直言うと来訪者から煽られたりして荒れる可能性があるゆえ、却って
危険な気がするぞ。

まあ、こうして現代の楽器を贈ってくれる等をして、貴公は根が優しいという事が良く分かるのだが……。

……ところで貴公は私の出展は何か御存知で此処に来ているのかな? 是非返事のほど宜しく御願い致す。

ああ、あと識別符(トリップ)の付け方なのだが、名前の後ろに「♯」を入れ。更にその後ろに自分の好きな
言葉等を入れると良いそうだ。

では、私からはこれにて以上だ。また何かあれば申してくれぬか? 相談に乗るぞ。

245 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/01(木) 00:40:18 0
間違えた。>>241-242ではなく>>242-243だったぞ。

しかし……、烈火の将殿は良いとして、まさか出典無き者が
此処に来るとは思わなかったな……。

246 :名無しになりきれ:2007/11/01(木) 01:24:12 0
好みの女性はどんな人ですか? また、アプローチするとしたらどんな方法でしますか?

247 :烈火の将 ◆YXjiXQkrlw :2007/11/01(木) 20:35:30 0
頑なに 貴女を想う我なれど その想い届くことなく

…なんとなく作ってみた。後悔はしていない。

248 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/01(木) 22:58:46 0
……来たぞ。昨日は急用が出来た為、挨拶を碌にせず去ってしまい、誠に申し訳無く思う。
だが今日はゆっくり出来るゆえ、じっくり返していこうと思う。

>>246
好みの女性か? そうだな……、私は誠実かつ清楚な女性が好きだな。まあ、あと容姿だが、余程受け入れがたい人ではない限り、
誰であっても構わぬぞ。

むっ、「あぷろーち」の方法だと? 何だそれは?

(>246 「女性に接近する事ですよ。」) なるほど、接近する方法を聞きたい、とな?

まあ、私としては斯様に強引に行かず、自然に少しだけでも話をしたりして接し、其処から関係を深めていく方だな。そうすれば
例え駄目であっても、悪い意味ではない関係だけが残るはずだ。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

>>247
おおっ、烈火の将殿!!! 良く来て下さったな!!!!

むっ……、何となく作ってみた詩の割には完成度が高いな。意地でも好きな女性に対して想いを届けようとしても、その女性に
想いは届かず、恋も何もが成就せずに終わるという、無念そうな表現が良く出ているぞ。

ふ〜む……、では此方からも何か返すとしよう。

紅く染め あとは枯れたる 木の葉かな 我が心にも 冬の訪れ

249 :陳志東 ◆F62kOptwjA :2007/11/01(木) 23:15:23 O
こんばんは皆さま方・・・
陳泰殿にまずは謝辞を・・・。
実は陳泰殿の出典はまるで存ぜぬまま、ただ「陳陳陳陳・・・」の題に導かれるようにやって来ただけにございます。
来たからには挨拶無しには帰れぬと思い、記帳した次第でございます。
無知な私をお許し下さい。m(__)m

私の仕事ぶりについては、また後日・・・。

では、これにて。

250 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/01(木) 23:27:12 0
>>249
おおっ、陳志東殿!!! 良く来て下さった。
そうか、題名に惹かれて此処に来たのか。よく分かった。

まあ、斯様な貴公が、停滞期の著しさが明らかなこの砦に来てくれた事は非常にありがたい事だ。 謝る事はあるまい。
寧ろ感謝しているよ。

だから構わぬ、これからは此処で共に頑張ろうではないか。

ああ、あと因みに私の出典は「三国志大戦」という、電影遊戯だ。其処の所を覚えておいて頂きたく思うぞ。

251 :諸葛誕 ◆lhM/6zi8TA :2007/11/02(金) 00:42:41 0
皆様、御久しぶりですな。諸葛公休、只今馳せ参じましたぞ!!!!!

今日は朝からしとしとと雨が降り、少し肌寒さを覚えましたが、如何お過ごしですかな?
今の時期、風邪を引くのはとても厄介ゆえ、よくよく身体を厭(いと)う様、心がけて下され。

では早速返すとしましょう!!!!!

>234
おおっ、何という都合の良さ!!!!! 陳泰殿もこれで喜んでいただけるであろうな。

>240、>242、>243、>249
むむっ、誰だお主は? 陳志東と申すのか。聞いた事が無い名だが、元は何処の者だ?

な、何も無しだと!? では何故此処に参った!? む、勉強になるから此処で様々な事を学びつつ参加したい、と?
なるほど、それは良い事だ。では何時でも此処に来て息抜きをすると良い。

ああ、申し遅れてしまったな。俺の名は諸葛誕、字は公休。魏の鎮東大将軍という、主に呉の侵攻を防衛している者だ。
以後お見知り置きを。

あとこれを贈っておくぞ。つ【『玉乃光』のグムイス(=馬乳酒)】
西洋のヨーグルトの様な味わいの酒だ。美味いぞ。

では、俺からは以上だ。また何かあったら俺か陳泰に申してくれ。

252 :諸葛誕 ◆lhM/6zi8TA :2007/11/02(金) 00:44:22 0
>246
好みの女性だと? そうだな……。まあ、草木や花、動物を愛するほど心優しい女性だな。

あと、アプローチ……、女性との関係を近づける事か? まあそうだな、ガツガツして積極的に関係を縮めようとすると、
却って距離が広がるからな。此処は自然体に関係を持つ事だ。

何、具体的にはどうやればいいのか、だと? それは俺の出る幕じゃあない。お主が考えてくれ。

>247
おおっ、お主が烈火の将殿か!!!!! 噂は陳泰殿から聞いておりますぞ!!!!!

ふむ、なかなかな歌であるな。読めば読むほど、哀しいかな、恋愛に成就しない事が良く分かるぞ。
何故斯様な歌を贈ってくれたのかは分からぬが、これからも頑張ってくれ。応援するぞ。

>陳泰
相変わらず好調のようだな。何っ!? 余り進行が芳しくないだと!? ちょっと待て、斯様に弱気になってどうするんだ!!!!!
此処の主はお主だろうが!!!!! お主がそんな弱気だと誰も来ぬぞ!!!!!

……ああ、少し興奮しすぎたようだ。声を荒げて申し訳無い。

大丈夫だ、お主ならまた賑やかにする事は出来る。だから強気で行け!!!!! 俺も頑張るから、な。

あと、お主、他の所にも赴いているようだが、余りそういう事はせぬ方が良いぞ。最悪の場合、顰蹙を買われるからな。
此処はグッと堪えて見守る程度で行きなさい。

253 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/02(金) 02:12:01 0
>>251-252
諸葛誕殿……。斯様に言って下さるとは……。
……ええ、そうですな。どうも私は卑屈になっていたようだ。

分かりました。ではこの陳玄伯、斯様な心の迷いは捨て、これからは
前向きに頑張ると致します!!!!!

あと、他の所に赴いたのは烈火の将殿に歌のお返しに赴いたのと同時に、
その戦略がどういったものかを調べるべく参ったまで。

今後は一切、貴公の申した通り烈火の将殿の下には赴かず、此処で大いに、
かつガンガンと砦の繁栄を築く所存でございますぞ。

貴公にはかなり御心配をおかけした様で、誠申し訳無い。
では改めて、これからも共に頑張るといたしましょうぞ!!!!!

254 :名無しになりきれ:2007/11/02(金) 02:33:30 O
陳泰の親父さんはまだか?

255 :名無しになりきれ:2007/11/02(金) 02:44:30 O
絵師によると、諸葛誕って「新世紀エヴァンゲリオン」の
碇ゲンドウがモデルらしい。
だけど史実を考えると、国家を裏切って反乱を起こした
という点ではやはりムスカと同じだな。

256 :名無しになりきれ:2007/11/02(金) 03:03:23 0
俺としては諸葛誕は好きなのだが、どうも使い辛いのは否めないよ。

あと弓兵にしたのは、史実で寿春城に立て籠もり、専ら弓等の飛び道具で
応戦したからじゃないか、とも思うのだが。

それと、高武力のわりに何故、一騎討ちが発生しないのか、不思議で仕方が
ない。何故だ?

257 :諸葛誕 ◆lhM/6zi8TA :2007/11/02(金) 03:17:30 0
待たせたな、湯浴みから帰ってきた所だ!!!

>253
うむ、その意気だ!!!!! お主はやはりこうでなくてはならん!!!!! そうすればまた
此処の活気が戻るぞ。

あと陳泰、何か困った時や分からぬ時があれば、迷わず俺に頼ってくれ。力になってやる。
これは約束だ。だから二度とクヨクヨするんじゃないぞ、分かったな?

それと……、他の場所を赴くのは正直言うと俺は止めはせぬ方だ。止めはせぬが、余り行き過ぎると本当に顰蹙を買うゆえ、
適度にするんだぞ、分かったか?

>254
陳司空の事か? あの方は色々と法定を日々考えていて忙しいゆえ、今のところ来れないそうだ。
まあ、来たら一緒に歓迎しようではないか。

>255
ああ、それは何処かで聞いた事はあるぞ。まあ、斯様に疑り深い表情を見せ、手を口元に当てているのがその碇ゲンドウとやらを
意識している様だが……。矢張り人はムスカに似ていると言うな。

しかも戦場に出れば専ら中途半端な武力と知力、かつ弓兵という事で役に立たず、戦犯扱いになる始末とか……。

俺としても「セガ」に直訴して兵種だけでも変えて欲しい、と思ったぞ。

>256
まあ、その史実を元にして弓兵にしたかというのは俺も分からぬ。分からぬが、お主のその推測は強ち間違ってはいないと思うぞ。

あと俺も実を言うと一騎討ちをしたいのは確かだ。だが文官の色が強い諸葛一族の為か、出来ない様になっていると何処かで
聞いた事があるのだ。


さて、今日はこれぐらいかな? 陳泰殿は伸びが足りないと言っていたが、俺としては結構進行が速く感じるのだがな。
まあ、それはさておき。では俺はこれにて失礼致す。皆も早く寝るようにするのだぞ。まあ、「お前もな」と言われかねぬが、な。

ともあれ、さらばだ。

258 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/02(金) 03:35:26 0
>>255
そうだな……。父上は魏の重臣ゆえ、いつも早朝から晩の遅くまで政庁で法の制定を整えたり管理しているのだ。だから
此処に来るのは今のところ余り無い、と思うぞ。

>>256
ああ、それは倭国の物語に出てくる架空の人物であろう? まあ、格好からして碇ゲンドウとして見ればそうに見えるのだが、
矢張り私もムスカとやらに似ていると思うぞ。

>>257
ああ、確かにその史実があって弓兵にしたのかも知れぬな。あと、一騎討ちの未発生だが……、まあ、彼とて最後は城外に
討って出たのだが、出会い頭に胡奮殿から一撃を食らわされて斃れたからな。一騎討ちは不得手として発生させぬように
したのであろう。


さて、どうやら宵の口になったようだな。では最後に、一曲弾いて終わるとするぞ。
(ピーパーを持って)曲は井上陽水で「心もよう」

259 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/02(金) 03:40:12 0
さみしさのつれづれに手紙を
したためています あなたに
黒いインクがきれいでしょう
青い便箋が悲しいでしょう?!

あなたの笑い顔を不思議なことに
今日は覚えていました
19になったお祝いに
作った歌も忘れたのに


さみしさだけを手紙につめて
故郷にすむあなたに送る
あなたにとって見飽きた文字が
季節の中でうもれてしまう

遠くで暮らす事が二人に良くないのは
わかっていました
くもりガラスの外は雨
私の気持ちは書けません


さみしさだけを手紙につめて
故郷にすむあなたに送る
あなたにとって見飽きた文字が
季節の中でうもれてしまう

あざやか色の春はかげろう
まぶしい夏の光は強く秋風の後
雪が追いかけ 季節はめぐり
あなたを変える
Ah Ah....

(ピーパーを置いて)ふう……、では最後に一言。

今回、不遜な行動を取って皆に迷惑をかけてしまい、誠申し訳なく思った。故に、今後はこの砦の繁栄に尽力するため、
どうか今後とも我々一同の事を宜しく御願い致す。

では、また明日。さらばだ。

260 :名無しになりきれ:2007/11/02(金) 10:21:51 O
マジレスですまんが、名前の陳なんて読むのかゆとりの俺に教えてくださいorz

261 :烈火の将 ◆YXjiXQkrlw :2007/11/02(金) 20:56:40 0
先日は邪険に扱ったこと、ここにお詫びする。
…実は最近、他作品のキャラハンをどうするかという先に関わる話があったばかりだったんだ。
……名無しでならいつでも来て欲しい。

…私はずるいな。他人にはそう言っておいて、自分はこうして出てきてしまっている。
…私もここに来ない方がいいのだろうか……

262 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/02(金) 22:20:34 0
……来たぞ。今日は気晴らしに青州に赴き、東海を眺めて来たぞ。

……秋の海というのは、この世界の喧騒を何とも思っておらぬかのように、何とも穏やかな波の音を奏で、人の心を落ち着かせる。
自分も海になりたいと思ってしまったよ、この時は。

さて、独り言は此処までにして、と。来ている様だな。では返すと致そう。

>>260
私の名を知りたい、と? 分かった。私の名は陳泰(ちんたい)、字(あざな)は玄伯(げんはく)と申す。
魏の征西将軍であり、雍州刺史及び尚書左僕射(皇帝側近の秘書官の一つ)をも務めている者だ。以後宜しく御願い致す。

>>261
……そうか、分かった。まあ、私もあの時、貴公の所が賑やかである事に対しての妬みが募り、貴公の盟友に対して声を
荒げて怒鳴ってしまい、誠に申し訳なく思っている。そう考えると、私も修行が足りんな、本当に……。

あと、他の出典の者が入り浸っていたとは、何とも怪しからん話だな。まあ、私もそうなのだが。斯様な者が来た時は
容赦無く一刀両断したらいい、と思うぞ。

いやいや、ずるい事はない。それに、貴公が此処に来てくれるというのは、荒野に花が咲き乱れ、鮮やかに大地を彩る
様なものだ。だからそう卑屈になる事はない。

まあ、以後訪れる時は、名無しか、また覆面して(=通り名)来るように致そう。

263 :烈火の将 ◆YXjiXQkrlw :2007/11/02(金) 22:23:05 0
そう言っていただけてありがたい…。
……これからもよろしく頼みます。
つ(手を差し出す)

264 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/02(金) 22:38:40 0
>>263
ああ、改めて、此方からも宜しく御願い致します。
つ(手を差し出す)

265 :名無しになりきれ:2007/11/02(金) 22:40:15 0
>>263-264
そうして、二人の間で手打ちが済みました。一件落着〜

266 :曹昂:2007/11/02(金) 23:02:07 0
>>244にて玄伯殿が言っておられた識別符のつけ方ですが
曹昂#修のような形で良いのでしょうか。

267 : ◆PqoYp9eziw :2007/11/02(金) 23:06:19 0
TEST

268 : ◆PqoYp9eziw :2007/11/02(金) 23:07:06 0
>>266
大丈夫だよー。

269 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/02(金) 23:29:30 0
>>265
まあ、そうかも知れん。だが、お主は軽々しく一件落着というそうだが、これからもまだ色々と何があるか分からぬ
からな。それに気を付ける所存だ。

>>266
ええ、それで宜しいのですよ、子脩様。ですが、「曹昂#修」はもう使わぬ方が宜しいでしょう。公の場で公表したゆえ、
貴方の名を使った貴方の偽者が現れ、悪事を働くのかもしれませぬからな。

ですから今後来る時は識別符を変えて来られると良いでしょう。

>267-268
ああ、彼の代わりにテストしてくれたのか。まあ、無事識別符が出たから良かったが、次からは別の識別符にした方が
身の為だろうな。

270 :名無しになりきれ:2007/11/03(土) 00:36:05 0
最後に奏でてくれる曲ですが、陳将軍は結構レトロな曲がお好み
なんですね。

271 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/03(土) 01:39:01 0
少々待ってみたが、人通りが少なくなってきたようだな。

>270
そうか? 私としては倭国の曲は趣や風情があるから好きなのだが……、古風なのか、今まで歌った曲というのは?
まあ、人にはそれぞれの好みというのがあるからな。何か選曲してほしいものがあれば、遠慮なく申してくれ。

但し、「弾ける」程度の曲で、だがな。

さて、どうやらもう宵の口となったようだな。では最後に、一曲を弾いて今日は此処までにさせていただくとするぞ。
(今回はシタールを持って)曲は井上陽水で「ジェラシー」

272 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/03(土) 01:40:29 0
ジェラシー
愛の言葉は
愛の裏側
ジェラシー……

窓辺に佇んでいる君を見てると
永い年月に触れたような気がする
夕焼けの空のどこかで
忘れた愛が忍び込む
流れるのは 涙ではなく汗

君によせる愛はジェラシー
春風吹き 秋風が吹き さみしいと言いながら
君によせる愛はジェラシー
ジェラシー……

はまゆりが咲いているところを見ると
どうやら僕等は海に来ているらしい
ハンドバッグの止め金が
はずれて化粧が散らばる
波がそれを 海の底へ引き込む

ジェラシー
愛の言葉は(ジェラシー)
愛の裏側(ジェラシー)
ジェラシー……

ワンピースを重ね着する君の心は
不思議な世界を彷徨い歩いていたんだ
誰にも言えない事がある
泣く泣く僕は空を見る
胸騒ぎで 夏が来るのが怖い

君によせる愛はジェラシー
春風吹き 秋風が吹き 悲しみに暮れながら
君によせる愛はジェラシー
君によせる愛はジェラシー

ジェラシー…… Oh…… ジェラシー

273 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/03(土) 01:53:27 0
(シタールを置いて)ふう、では最後に一言。
冬の訪れが近づき、かなり冷え込んでくると思うが、衣替え等は済ませているか?
まだの者は早くする様に。そうでないと風邪を引くからな、気を付けるのだぞ。

では、また明日。さらばだ。

274 :謎の生き物:2007/11/03(土) 12:35:28 O
      ハ,,ハ
     ( ゚ω゚ )   大変です、陳泰様!今宵の宴に出す予定の酒を勘違いして、養命酒を注文してしまいました。いかがいたしますか?
    /    \
  ((⊂  )   ノ\つ))
     (_⌒ヽ
      ヽ ヘ }
 ε≡Ξ ノノ `J


275 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/03(土) 15:20:01 0
……来たぞ。今日は仕事が休みゆえ、日中に来る事が出来た。
……まあ、また直ぐ何処かに出掛けるがな。

……来ている様だな。では返すと致そう。

>>274
おおっ、お主か!!! 今日はどうした!?
何だと!!? 宴に出す酒を間違えて、養命酒を頼んだだと!!?

う〜〜〜〜〜む……………。 よし、私から皆に伝えておく。其の儘に
しておいてくれぬか?

276 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/03(土) 15:22:20 0
陳泰 「陛下、申し訳ございませぬが、今宵の宴の酒は全て養命酒となって
しまいました。」

曹叡 「何、養命酒だと……?」

司馬師 「な、何だと!!? 幾ら酒は酒でもそれは薬となる酒であろうが!!!!!
直ぐに送り返し、新しく注文をし直せ!!!!!」

曹叡 「……いや、そのままで良い。朕は最近少し疲れ気味なのだ。だから頂くとする。」

司馬師 「へ、陛下……!!!」

陳泰 「……分かりました。ですが陛下、陛下はそれで良いのかも知れませぬが、周りの者が
猛反対いたす事は必定かと……。」

曹叡 「それは朕が自腹を切り、改めて注文するように致そう。(側近に)……周辺の酒屋に
極上の酒を1000本用意する様、言付けておいてくれぬか?」

司馬師 「陛下、それは国庫の費用で賄う事になるのですか?」

曹叡 「いいや、あくまで朕の懐からの金で購入するのだ。然すれば臣下は私の寛大さに
納得し、国を保持する為の団結力が増すであろう。それを考えての購入だ。」

司馬師、陳泰 「なるほど……。」

曹叡 「ところで陳泰、貴殿はどうもある女性と関係を持っていると聞くが、まさか
不倫ではあるまいな?」

陳泰 「な、何ですと!? いや、私は妻子ある身。あの女性とは恋愛関係はありませぬぞ。」

曹叡 「そうか、それなら良い。まあ折角だから、彼女に養命酒を10本贈ってやったら如何だ?」

陳泰 「……何故ですか?」

曹叡 「何となく、だ。まあ、朕の勘だな。」

陳泰 「……分かりました、贈っておきましょう。」

……という訳だ。些か強引だが、陛下の思し召しで解決したぞ。

277 :名無しになりきれ:2007/11/03(土) 17:10:01 O
つ【豪華エレキシタールセット】
(エレキシタール、高級アンプ、高級スピーカー、その他備品付きの完全版)

278 :名無しになりきれ:2007/11/03(土) 17:18:52 O
ちわ、ヤマト便ス
陳、泰さんでよろしいスか?

メーカーさんより毒矢が2000万本届いてまス
ここに印鑑お願いしまス

ありがとございやしたー失礼しまーす

どうも〜



279 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/03(土) 18:57:53 0
よし、戻って来たぞ。では引き続き、返すと致そう。

>>277
な、何だこれは!!? エレキシタールというのか、凄いな!!!!!

(早速組み立て音合わせをする)

(キュィィィィン!!!!! ←試しに弦を弾いた音)うわっ!!!!! 音も半端ではない
くらい響くな!!!!! 下手したら耳が変になりそうだ。

しかし、これでまた新たな曲が弾ける訳だからな、非常に感謝致す!!!!!

>>278
遂に届いたか!!! (手続きを済ませ)御苦労であった。この矢がある
限り、蜀からの侵攻が防げるぞ。

280 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/03(土) 18:59:56 0
おっと、饅頭を贈るのを忘れてしまったぞ!!!!! ええと、何人ぐらい贈っていなかったのだ……!?
……10人か。よし、贈っておくとするぞ。

>>254>>255>>256>>260>>265>>267-268>>270>>274>>277>>278

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」×10

281 :名無しになりきれ:2007/11/03(土) 19:47:23 0
お陳陳気持ちいいお

282 :名無しになりきれ:2007/11/03(土) 19:48:58 0
お陳陳気持ちいいお(´;ω;`)お陳陳気持ちいいお(´;ω;`)

283 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/03(土) 20:02:19 0
>>281-282
貴様は一体何を言っておるのだ!!? 貴様のような輩は迷惑ゆえ、




鎮     圧     す     る     !     !     !     !     !






284 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/04(日) 01:53:00 0
さて、待ってみたがあの「変質者」が今日の最後だったそうだな。
では宵の口となったので、最後に一曲を弾いて此処までとさせていただくぞ。

(ピーパーを持って)曲は、チューリップで「青春の影」

285 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/04(日) 01:55:52 0
君の心へ続く長い一本道は
いつも僕を勇気づけた
とてもとても険しく細い道だったけど
今君を迎えにゆこう

自分の大きな夢を追うことが
今までの僕の仕事だったけど
君を幸せにするそれこそが
これからの僕の生きるしるし

愛を知ったために涙がはこばれて
君のひとみをこぼれた時
恋の喜びは愛の厳しさへの
架け橋にすぎないと

ただ風の中にたたずんで
君はやがて見つけていった
ただ風に涙をあずけて
君は女になっていった

君の家へ続くあの道を
今足もとにたしかめて
今日から君はただの女
今日から僕はただの男

286 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/04(日) 01:59:05 0
(ピーパーを置いて)ふう、では最後に一言。
寒くなるからキチンと身体を温めて休むように。風邪は引くでないぞ。

では、また明日。さらばだ。

287 :名無しになりきれ:2007/11/04(日) 02:09:29 0
宣伝の為、ageておきますね。

288 :名無しになりきれ:2007/11/04(日) 11:08:42 O
風邪つらすぎワロタ

289 :曹昂 ◆hGK2CVb3d2 :2007/11/04(日) 14:28:15 0
>>267殿、>>268殿、そして玄伯殿、あなた方のおかげで無事、識別符をつける
ことができました。

290 :名無しになりきれ:2007/11/04(日) 16:34:10 0
お陳陳気持ちいいお(´;ω;`)お陳陳気持ちいいお(´;ω;`)

291 :文官:2007/11/05(月) 01:04:14 O
司馬家に不穏な動き有り、との噂が民草を中心に広まっております。
いかがいたしましょう?

292 :名無しになりきれ:2007/11/06(火) 12:57:07 0
烈火の将が酔いどれになってましたが。

293 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/07(水) 00:17:19 0
……来たぞ。実は正直申すと「規制」とやらに罹り、なかなか来れず仕舞いになってしまったのだ。この場を借りて
此処に来てくれた方々に対しての謝罪を申し上げる。

誠に、済まなかった。

ではこれから、その者達の為にも返していくとするぞ。

>>287
それはありがたい。まあ、お主のこの行為が更なる活気を生み出す事を祈っておくとしよう。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

>>288
何と、風邪を引いたのか。今のこの時期は引き易くなっておるからな、栄養を十分に付けて身体を温め、静養するのだぞ。
あと、これを贈っておく。つ「葛根湯」「『麩嘉』の桜麩饅頭」

>>289
おおっ、子脩様!!! よくぞ来て下さいました。

そうですか。ではその識別符を大事に取っておき、今後意見等を述べる等、重要である場に来る時はその識別符を携えて下され。
くれぐれも公表してはなりませぬぞ。大変な事になりますからな。

294 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/07(水) 00:23:34 0
>>290
懲りずにまた来たか。何が目的だ? ひょっとして、私が烈火の将殿の所に訪れているのが気に食わぬから斯様な嫌がらせを
しているのではあるまいな?

ともあれ、







鎮          圧          す          る          !          !          !          !          !








295 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/07(水) 00:24:36 0
>>291
何だと、それは晋公が魏の政権を掌握しようとしているという訳か? いや、私には見た所、晋公が
無いのだが……。よし、此処は様子を見て明らかに不穏な行動が見受けた場合、私が直に晋公に
思いとどまらせるよう、説得する。

国は一人が背負うものではなく、皆で背負い、支えるべきものだからな。

報告御苦労であった。これをどうぞ。
つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

>>292
実は斥候を送り込み、向こうの様子を探らせたのだが……、かなりの出来だったようだな。酒はあまり
飲みすぎぬ様、警告を促すと共にこれを贈っておくとしよう。

つ「ハイチオールC」

倭国の薬だ。何でも酒を飲む前、飲んだ後に2錠飲めば効くらしい。
私も酒は飲むには飲むが、嗜む程度にしている。

因みに酒といえば、他の砦にいる淳于瓊殿が官渡の一戦の時、兵糧管理を怠って連日連夜宴を行い、酔っ払って
いる所に曹操軍の奇襲を受けて壊滅され、顔を削がれたうえに両手足の指を切られて袁紹軍に送り返され、
その醜態に大激怒した袁紹殿に斬首された、という「三国志演義」の作り話があるが……、何故羅貫中あんな
作り話を仕立て上げたのかよく分からぬ。

実際は奇襲に怯まずよく守り、よく戦った男なのに……。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

296 :諸葛誕 ◆lhM/6zi8TA :2007/11/07(水) 23:39:56 0
皆の者、御久しぶりです!!! 諸葛公休、只今参上いたしましたぞ!!!!!
まあ、歓迎してくれるかどうかは分からぬが、これから返していくので宜しく。

>260
何、彼の名を知りたいと? 彼の名は陳泰(ちんたい)、字は……。と、もう陳泰が答えたか。ではもう答える必要はなさそうだな。

>261
おおっ、烈火の将殿。来て下さったか。むむっ、陳泰を邪険に扱ったと?
なるほど、理由は他作品の人物がよく往来するが故に鬱に思い、斯様な事をしたというのか。

まあ、彼は温厚な人柄ゆえ、それしきの事を根に持つ者ではあるまいて。
何時でも此処に来なさい。私も大歓迎するぞ。

>265
まあ、そうだな。だがまだまだこれからゆえ、油断はならんのもまた確かだな。

>266、>289
おおっ、子脩様。識別符の付け方が様になっておりますな。
しかし、付けたとなると他の砦で奮闘するという事になるのですかな?

>267-268
ほほう、識別符の実験か。ちゃんとなっているが、誰がそれを付けるのであろうか? 気になるな。

>270
ほう、そんなに陳泰の奏でる曲は趣があるのか。俺はあの時彼より早く帰ったから聴けなかったが、今日は彼が此処に来るのを
待って是非聴いてみようと思うぞ。

>274
何だと!? 宴に養命酒を出す事になっただと!!? まあ、身体には良いのは確かだが、薬酒ゆえ、料理が美味く感じなく
なるのではないのか!!?

……む、明帝陛下が自費で改めて酒を頼んだと? そうか、それなら大丈夫だ。しかしそのあと養命酒をどうするのか、これまた
気になるな。

297 :諸葛誕 ◆lhM/6zi8TA :2007/11/07(水) 23:40:50 0
>277
な、何だそれは!!? かなり凝った造りのシタールだな!!!!! そんな楽器があるというのか!!?

……う〜む、現代の音楽というのは我々の時代と違い、複雑になっているのだな。

>278
む、陳泰が毒矢を頼んだのか。そうか。まあ、この頃蜀の動向が激しくなっているようだからな。致し方がないのかも知れぬな。

>281、>282、>290
……何が言いたいのだ、貴様!? 斯様な事を繰り返すと、今度は承知せぬぞ。

>287
おおっ、ありがたい。斯様にしてもらえると此処も賑やかになると言うものだからな。

>288
何だ、お主風邪を引いたのか? まあ、陳泰が言っていたが十分に栄養をつけ、ゆっくり休むのが一番だ。そうすれば3、4日で治る
だろう。

>291
何だと!!? 司馬一族が、だと!? それは魏の政権を乗っ取るという意味か!? ……ううむ、確かに今の魏の大部分を支えて
いるのは彼らだからな、それ故に司馬一族に妬む者が多いかも知れぬ。まあ、今は何も悪い事は起こってはおらず、平穏そのものだが、
民から噂として流れているというのは前触れの証拠。決して油断はならぬな……。

ここは彼らを牽制し、様子を窺うのが最良策だな。

>292
ほう、烈火の将殿が酔いどれになったとは、珍しい事を聞いたものだ。
普段冷静かつ慎重な性格の者が酒を飲むと180度ガラリと性格が変わるそうだが……、そうなったのか?

まあ、酒というのは嗜む程度に飲むのが一番身体に良く、新陳代謝を促してくれるのだが、飲みすぎると
本当に毒だからな。気を付けねばならんぞ。

298 :諸葛誕 ◆lhM/6zi8TA :2007/11/07(水) 23:42:15 0
>陳泰
久しぶりだな。相変わらずの調子で安心したぞ。まあ、時折変な連中が此処に来るのもまた相変わらずの様だが……。

ところで倭国では今年の年末に「三国志大戦」が生まれ変わるそうだ。まあ、まだどういう戦い方になるかどうかは分からぬゆえ、
詳しくは言えぬのだが……。

まあ、俺は「若き獅子の鼓動」が始まった頃から既に皆から見放されているゆえ、恐らく次から出る事は無いであろうと思うが……、
お主は名門陳氏の一人であるうえ、お主の必殺奥義である「雲散の睨み」は今でも十分通用するようだからな。引き続き出る可能性は
あるそうだぞ。

まあ、まだ俺が去るかどうかは分からぬが、これからも戦場でのお主の活躍を見届けたく思うぞ。


さて、少々しんみりとしてしまったが、俺はこれにて失礼致す。これからもこの砦の繁栄を祈りつつ、此処に時折訪れ、頑張る所存だ。
なのでこれからも此処を宜しく御願い致す。

では、さらばだ。

299 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/08(木) 00:10:33 0
……魏の征西将軍、陳玄伯参上。

昨夜は緊急で都合が入り、無断で去ってしまった。
誠に済まなかった。

では引き続き返していくとしよう。

>>298
諸葛誕殿。久しぶりに此処に来て下さり、感謝致しますぞ。
なるほど、「三国志大戦3」ですか。その噂はよく耳にしていましたが、
まさかそんなに早く新たなる展開が待っていたとは、驚きですな。

何と、諸葛誕殿はその「三国志大戦3」には出られないというのですか!!?
いやいや、まだ出られないと決まった訳ではございませぬぞ!!!!!

まだ向こうでは「実験稼動」ゆえ、大きく状況が変化し、貴公が出る可能性が
見出せると思います。それに貴公はかの諸葛孔明殿とは親戚という間柄。
その点も鑑み、「セガ」は決して貴公を見放したりはしないでしょう。

なので此方としましては、これからも貴公と戦場で大いに駆け回りたく存じます。

300 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/08(木) 00:21:34 0
さて、昨日音楽を奏でる事が出来なかったが、ここで一曲弾くとするぞ。

(シタールを持って)曲は、時期も季節も外れているが、今問題となっている核兵器の廃絶を祈り、唱歌「青い空は」を弾くぞ。

(1)
青い空は 青いままで
子どもらに伝えたい

燃える 八月の朝 影まで燃えつきた
父の(父の) 母の(母の) 兄弟たちの
命の重みを 肩にせおって 胸に抱いて

(2)
青い空は 青いままで
子どもらに伝えたい

あの夜(よ) 星はだまって 連れ去っていった
父の(父の) 母の(母の) 兄弟たちの
命の重みを 今流す灯篭(とうろう)の 光にこめて

(3)
青い空は 青いままで
子どもらに伝えたい

すべての国から 戦(いくさ)の火を消して
平和と(平和と) 愛と(愛と) 友情の
命の輝きを この固い握手と
うたごえにこめて うたごえにこめて

301 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/08(木) 00:42:52 0
(シタールを置いて)

申し訳無いが明日は早朝から会議があるゆえ、私は今日はこれにて失礼致す。
最後に何度も申しているが、くれぐれもこの時期に風邪を引かぬよう、気を付けるのだぞ。

では、さらばだ。

302 :名無しになりきれ:2007/11/08(木) 23:23:42 0
http://kyochoko.blog70.fc2.com/

陳将軍、ここの4コマ漫画では貴方はよくケ将軍と一緒に出ていますね。
これは「忘年の交わり」の賜物なのでしょうか?

303 :名無しになりきれ:2007/11/10(土) 00:53:56 O
>>302
陳将軍の次の行が携帯では
(婆ちゃんの顔の絵文字)将軍
になっててワロタ

304 :陳志東 ◆F62kOptwjA :2007/11/10(土) 16:46:32 O
皆皆様、ご無沙汰でございます。
あまり頻繁には来れぬとは思いますが、皆さま今後ともよろしくお願い致しますぞ!

さて前回の話の続きだが、雀雀市場での私の仕事とは、会計と顧客管理のみ。
麻雀ができんのでは、取締役とはいえこれくらいの仕事しかない。
で、この仕事にやりがいを感じなくなったため、先日転職に踏み切った。
倭国に腐るほどある「コンビニエンスストア」という万屋的な小売店の下働きとして雇ってもらいました。
夜中に店を開いているので、盗賊に狙われる心配はあるが、前の仕事に比べれば、実にいい勉強ができますぞ。

まあ、私の近況はこんなところですかな。
私も違う意味で戦を交えているようなものです。

それでは!

305 :名無しになりきれ:2007/11/10(土) 21:13:12 0
>304
で、陳泰の出典わかったのか? 「三国志大戦」だぞ。

やったことあるんか?

306 :名無しになりきれ:2007/11/11(日) 01:02:59 0
陳泰殿、烈火の将殿がまた酒を飲み、今度は子供になってしまいましたぞ。
いかがなさいますか?

307 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/11(日) 01:25:11 0
……久しぶりに来たぞ。まだ父上は政務で御多忙ゆえ、此処に来るのは大体年末となりそうだ。それまで私と諸葛誕殿が何とか
切り盛りせねばなるまい。

……よし、来ている様だな。では返すとするか。

>>302
ほう、そんな物語があるのか。どれどれ?

ハハハハ、そうだな。確かに彼と一緒に出ているのは正にお主の言う通りかも知れぬ。だが私がケ艾に対して敬語を使い、彼が
私に対して対等な口調で喋っているというのは些か引っ掛かるが、内容としては面白いな。

しかし、孔明殿の好物が西洋の菓子である「ベルギーワッフル」であったとは、意外だな……。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

>>303
そうか、お主の手机(携帯電話)ではそんな事が起こっていたというのか。そうなると彼は老婆の顔をした将軍となってしまうな。
此方としてはその時の現場を是非見てみたく思うが、生憎その顔が映らず、謎の文字が出てくるゆえ、残念に思う。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

308 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/11(日) 01:26:15 0
>>304
おお、お主か。久しぶりだな。

なるほど、前の職場ではその繰り返しで面白味がなかったが故に転職をしたのか。それで次の職が……、夜中でも開いている
万屋のような小売店だと? なるほど。

まあ確かに、夜中だと盗賊など如何わしい連中が彷徨っている可能性があるゆえ、心して店番をせねばなるまいな。
仕事にやり甲斐を感じているのか。それは良かったな。まあ、此方からも頑張れと応援をしておくぞ。私もこれから頑張るから。

>>305
別に知らなくても良い。こんな人間がいると覚えてもらうだけでも此方としては十分だ。
お主の気持ちは分からんでもないが、余り横柄な口出しは混乱を招いてしまうかも知れぬから
これからは控えた方が良いぞ。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

>>306
何、烈火の将殿が子供になっただと!? 馬鹿な、酒如きで何故そんな事になるというのだ?

>>306 「ですが一度御覧下され。本当ですから。」)

分かった、分かった。少し見て行くぞ。

(現場を見て)うっ……、本当だな、これは。
う〜む、こんなものを見たのは初めてゆえ、対処法が分からぬな。
名医である華佗先生でもお手上げになるのではないか、と思ってしまったぞ。

今の段階だと、此処は見守るしかないであろうな……。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

309 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/11(日) 01:27:15 0
さて、もう宵の口となってしまったようだな。

(シタールを持って)では最後に一曲を引いて此処までとさせて頂くが、今回は子供となってしまった
烈火の将殿の為にこの曲を贈るとしよう。

梓みちよで「こんにちは赤ちゃん」

こんにちは 赤ちゃん あなたの笑顔
こんにちは赤ちゃん あなたの泣き声
そのちいさな 手つぶらな瞳
はじめましてわたしがママよ

こんにちは 赤ちゃん あなたの生命(いのち) 
こんにちは 赤ちゃん あなたの未来に
この幸福が パパの希望(のぞみ)よ
はじめましてわたしが ママよ
ふたりだけの 愛のしるし
すこやかに美しく 育くそだてといのる

こんにちは 赤ちゃん お願いがあるの
こんにちは 赤ちゃん 時々はパパと 
ホラ ふたりだけの 静かな夜を
つくってほしいの おやすみなざい
おねがい 赤ちゃん
おやすみ赤ちゃん わたしがママよ

(シタールを置いて)
ふう、では最後に一言。

寒くなるゆえ、風邪、流感には御用心するように。何度も申すが、今の時期に罹ると忙しい暮れゆえ、仕事等に支障を来すからな。
其処を肝に銘じる様にしてもらいたい。

では、さらばだ。

310 :名無しになりきれ:2007/11/11(日) 01:40:55 0
陳泰殿、烈火の将殿が「ありがとう」と申しておられましたよ。
良かったですね。

311 :名無しになりきれ:2007/11/11(日) 01:43:20 0
でもよくよく考えたらこれ、ヴィヴィオに対しての曲でもあるな。

312 :名無しになりきれ:2007/11/11(日) 23:27:20 0
ちーーーーーーーーーーーーんたーーーーーーーーーーーいさーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!!!!!

313 :名無しになりきれ:2007/11/11(日) 23:37:32 0
陳泰殿、烈火の将殿が元に戻られ、また新たに砦を建てられましたよ。

314 :名無しになりきれ:2007/11/11(日) 23:52:17 0
>>313
そんでもって、今度はフェイトが幼女となったぞ。

315 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/12(月) 00:22:04 0
……来たぞ。今日は曇り空ながら穏やかな天気だったな。

まあ、それはさておき。昨日は烈火の将殿が子供になった事を聞いて驚き、気になる余り眠る事が出来なかったぞ。
まあ、いつまでも斯様な姿である訳ではないと思うのだが、大丈夫であろうか……?

……来ている様だな。よし、では返すとしよう。

>>310
そうか、此方としても喜んでくれて非常に嬉しく思うぞ。しかし、いつ、元に戻られるのかが気がかりだな。
まあ、愛らしくて一目見たく思ったのだが……。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

>>311
ヴィヴィオ……? ああ、烈火の将殿の知り合いであり、過去、淳于瓊殿の贈り物に喜んだあの娘君の事か。
まあ、私は烈火の将殿に宛てて「こんにちは赤ちゃん」を唄ったのだが、確かにそう思われるかも知れぬな。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

>>312
は―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――い!!!!!!!!!!!!!


これでいいのか!? 何だか昔、倭国の電影動画(アニメ)で話題となった僧侶みたいになったが………。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

316 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/12(月) 00:24:25 0
>>313
おおっ、戻られたか!!!!! それは良かった!!!!! まあ、何があって斯様な事になったのかは分からぬが、
怪しき事には十分警戒して頂きたく思うぞ。

>>314
フェイト……? ああ、烈火の将殿の朋友か!!! そういえば以前、彼女に怒鳴った事があったゆえ、非常に
申し訳なく思ったのだが……。

何、今度は彼女が子供になっただと!!? あそこは一体どうなっているのだ? まあ、此方には関係が無いのだが……、
一応御見舞い品としてこれを贈るとするぞ。

つつ『孔雀草の花束』

花言葉は「いつも愉快、一目惚れ」だそうだ。誰か彼女にこれを贈ってはいただけぬか? 頼む。

317 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/12(月) 00:45:37 0
さて、もう宵の口となってしまったようだな。
では最後に一曲弾いて、此処までとさせていただくぞ。

(ピーパーを持って)
曲は吉田拓郎で「結婚しようよ」

僕の髪が肩までのびて
君と同じになったら
約束どおり町の教会で
結婚しようよ mmmm……

古いギターをボロンと鳴らそう
白いチャペルが見えたら
仲間を呼んで花をもらおう
結婚しようよ mmmm……

もうすぐ春がペンキを肩に
お花畑の中を散歩にくるよ

そしたら君は窓をあけて
エクボを見せる僕のために
僕は君をさらいにくるよ
結婚しようよ mmmm……


雨が上がって雲のきれ間に
お陽様さんが見えたら
ひざっこぞうをたたいてみるよ
結婚しようよ mmmm……

二人で買った緑のシャツを
僕のおうちのベランダに
並べて干そう
結婚しようよ僕の髪は
もうすぐ肩までとどくよ

http://www.youtube.com/watch?v=Dqp55E4e0c8

318 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/12(月) 00:49:58 0
(ピーパーを置いて)
ふう……。さて、最後に一言。
何度も申しているが、風邪と流感には御用心!!!!!

何せ倭国では早くも流感で休校となっている学舎が出たからな。
気を付ける様に。

では、さらばだ。

319 :烈火の将 ◆YXjiXQkrlw :2007/11/12(月) 20:27:41 0
昨日は大乱あり大変だった……久し振りに疲れたな。

320 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/12(月) 20:46:01 0
……来たぞ。今日は一気に寒くなり、その上晴れたり曇ったり、その上雨が降ったりで
よく分からぬ天気であったわ。

皆、風邪を引かぬよう気を付けているか? もし引いたらば、栄養のある物を食し、
ゆっくりと休むのだぞ。

……よし、来ているな。 では返すとするか。

>>319
おおっ、烈火の将殿!!!! 来て下さったか。

私もその成り行きを見ていたが、元に戻られたそうで此方としては何よりだと思ったぞ。

だが何だかまた向こうでは西洋の菓子で大事件が起こったそうだな。此方としては如何にか
してやりたく思ったのだが……、済まぬ。

321 :烈火の将 ◆YXjiXQkrlw :2007/11/12(月) 20:52:04 0
>320
いや、私は現場にすらいなかった。似たようなものだ、気にすることは無いさ。

322 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/12(月) 21:10:25 0
>>321
……そうか。まあ、何か出来る事があったら名無しとして駆け付けるゆえ、
申してくれ。

323 :烈火の将 ◆YXjiXQkrlw :2007/11/12(月) 21:22:59 0
>322
すまないな。気持ちだけ受け取っておくとしよう。

324 :名無しになりきれ:2007/11/13(火) 00:23:55 0
陳泰さん!!
あなたをお慕いしております!!

325 :文官:2007/11/13(火) 00:54:02 O
諸葛誕殿、そういえば夏候玄殿やカン丘倹殿が粛清され三族皆殺しにされたそうですね

フフフ、いえ特に他意などありませんがね……
ですが少し「用心」が必要かと…

326 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/13(火) 00:54:32 0
少し食事を取っていた為、遅くなってしまったぞ。済まない。

>>323
ああ。だが本当に困ったならばいつでも此処に来てくれぬか?
どの様な事でも相談に乗るぞ。

>>324
おおっ、いきなりだがそう申されると此方も嬉しく思うぞ!!!
しかし、こんな私の何処に惹かれたのか此方としては分からぬゆえ、
教えてはくれまいか?

327 :諸葛誕 ◆lhM/6zi8TA :2007/11/13(火) 01:36:29 0
魏の鎮東大将軍・諸葛誕、只今参上致しましたぞ!!!!!

皆さん御久しぶりですな。いかがお過ごしですかな? 此方は何とか体調を崩さぬよう、気を付けておりますが。
よし、ここから私も返していくので、暫くの間、御付き合い宜しくお願い致しますぞ!!!!!

>302
なるほど、陳泰はケ艾と共にこの物語に出ているというのか。羨ましいな。まあ、俺としても彼らみたいに人気があったならば、
その晴れ舞台に出れたのに……、ううっ……(泣)。

>303
ほほう、ケ艾の姓が老婆の絵になるとは、それは面白い事が起こったものだな。
しかし俺は余り手机を使わぬからな、そうなる事を知らないのだ。

>304
おおっ、陳志東殿。久しぶりであるな。

なるほど、以前務めていた所では斯様な事しか出来なかったのか。確かにその業務は面白味が無く、ウンザリする事は
まず有り得るな。俺でも流石に「他の仕事をさせてくれ!!」と叫びたくなるぞ。

それで次からは小売店で、しかも夜中の方で働く事になったのか。まあ確かに、宵の口というのは如何わしき人物の往来があるゆえ、
危ないのかも知れぬが、反面人間の「顔」というのを多く窺う事が出来、社会で生き抜く為の元にもなるからな。

俺からも「頑張れ!」と応援しておくぞ。

>305
まあまあ、そう言ってやるでない。確かにその電影遊戯は流行っているゆえ、知っている者は多いかも知れぬが、
知らぬ者の方がそれ以上に多いのだ。だから知らなくても仕方あるまい。

328 :諸葛誕 ◆lhM/6zi8TA :2007/11/13(火) 01:48:51 0
>306
ほう、あの質実剛健、武士道という言葉が似合っている女性騎士が斯様な事になったのか。まあ、これは陳泰宛の報告だが、
こういった病などというのは過去に事例がないゆえ、治す術が無いのは必定かも知れん。。此処は様子を見て異変があったら
早めに対処を施すしかあるまいな。

>310
そうか、陳泰が贈った曲に喜んでくれたのか。それはよかったな。

>311
む……、誰だそれは?
ほう、烈火の将殿の知り合いか。お主の言う、陳泰が烈火の将殿に贈った曲から考えると、その者も年端の行かぬ子供らしいな。

>312
ど、どうした!!? 何故斯様な大声で陳泰を呼ぶのだ!!?

>313
何だ、元に戻ったのか。それは良かった。まあ、彼女の居る世界は何が起こるのか分からぬ所ゆえ、これからは今まで以上に気を
付けた方がいいかも知れぬな。しかし……、事例の無い病気ゆえ、一生彼女はこのままなのかと思ったが、どうやって戻ったのか
知りたく思うな。

>314
誰だそれは? どうやら彼女も烈火の将殿の知り合いのようだな。しかし、子供になる病が此処では流行っているとは何とも
摩訶不思議な所だな。まあ、また日にちが経てば、治るかも知れんが。

此方としても、彼女に元気になってもらうべく、何か贈らねばなるまいな。

つ「虎のぬいぐるみ(=孫権の娘・小虎の戦器)」

まあ、これは別の商人から購入したゆえ、本物の「虎のぬいぐるみ」ではないが、
愛らしく出来ているぞ。

329 :諸葛誕 ◆lhM/6zi8TA :2007/11/13(火) 01:50:33 0
>325
ああ、その様だな……。しかしこうも我が朋友達が相次いで世を去るとなると……。
次は……、



俺       の       番       な       の       か       ?



まあ、まだ分からぬがな。ハハハハ。

>烈火の将
今回は非常に大変だったそうだな。幼子になった様で……。まあ治ったから良かったものの、今後は斯様な病にどうしたら
罹らぬようにするのか、考えておかねばならぬぞ。

ああ、あと陳泰が一応酒を飲んだ時、これをお主に渡すようにと贈ったそうだが、忘れたそうだな。
改めて此方からお主に渡すとするぞ。 つ「ハイチオールC」

330 :諸葛誕 ◆lhM/6zi8TA :2007/11/13(火) 01:51:43 0
>陳泰
相変わらず好調だな。此方としても見ているだけで嬉しく思うぞ。ところでお主、最近名を伏せて烈火の将殿が居る所に
赴いているそうだが、向こうは今どうも動乱が激しくなっているそうだからな。行く事に対しては別に止めはせぬが、
用心するのだぞ。

それと……、もうすぐ「三国志大戦3」が本格的に稼動する日が近付いて来ているな。本当の所を言うと、俺もお主と共に
新たなる舞台で駆け抜け、戦いたく思う。だが、何度も言うように、今の状態がこれであるからな……、正直申すと難しいのだ。

まあ、半ばは本当に諦めているものの、反面、お主の申すとおりの事が実現すればいいな、ともまだ思っているからな。
よって、此方としても出られる機会を窺っているぞ!!!


ではもう夜も更けていったゆえ、俺はこれにて失礼させて頂くとするぞ。

最後に今日から本当の冷え込みが始まったようだからな、皆はちゃんと身体を温め、グッスリと休んでくれ。

それとあと、次はいつ此処に来るかは未定だが、必ず此処に参上し、ガンガン皆からの質問に答えるのでこれからもどうか
宜しく御願い致す。

では、さらばだ。

331 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/13(火) 03:20:37 0
>>330
おおっ、諸葛誕殿!!!!! 来て下さいましたか!!!!! そうですか、まだ諦められてはいない、と……。
私もそう思いますぞ。貴公は呉の防衛に励み、かつ孔明殿の親戚という御方。此処で去るというのは私のみならず、皆も
悲しみますゆえ、本当に此方と致しましては「三国志大戦3」で共に戦場を駆け抜ける事を望んでおります。

あと烈火の将殿の所は今は落ち着いておりますゆえ、大丈夫ですよ。まあ、それでも油断はなりませぬが……。貴公が申すほど、
警戒しなくてもよいそうです。


さて、と。もう宵の口になってしまったようだな。では最後に一曲を弾いて、今日は此処までとさせていただくぞ。
(シタールを持って)曲は中村雅俊で「ふれあい」

332 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/13(火) 03:23:37 0
(1)
悲しみに 出会うたび あの人を 思い出す
こんな時 そばにいて 肩を抱いて ほしいと

なぐさめも 涙もいらないさ
ぬくもりが ほしいだけ 

ひとはみな 一人では
生きてゆけない ものだから

(2)
空しさに 悩む日は
あの人を 誘いたい

ひとことも 語らずに
おなじ歌 歌おうと 

何気ない 心のふれあいが 
幸せを 連れてくる 

ひとはみな 一人では 
生きてゆけない ものだから


何気ない 心のふれあいが
幸せを 連れてくる 

ひとはみな 一人では 
生きてゆけない ものだから
生きてゆけない ものだから

(シタールを置いて)
ふう、では最後に一言。

今冷え込んできているゆえ、身体を温め、グッスリ休むように。以上。

では、さらばだ。

333 :名無しになりきれ:2007/11/15(木) 00:53:42 0
陳泰はこのなりきり板の燻し銀です!!!!!

334 :名無しになりきれ:2007/11/15(木) 01:56:15 O
レモンを使った料理とかお菓子とか知らない?
たくさん余っちゃって……

335 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/16(金) 21:34:49 0
……来たぞ。今日は一段と冷え込み、世間は肌寒くなったが、皆は如何お過ごしかな?
此方は流感の予防接種を受け、この冬を乗り切る為の手段を打ってきたぞ。

……来ているな。よし、では返すとするか。

>>333
おいおい、私はまだ此処に来て2ヶ月半しか経たぬ、未熟者だ。
そう言ってくれるのは嬉しいが、その台詞は私が此処に何年もいた時にしてくれぬか?

>>334
レモン……、枸櫞の事か? なるほど、沢山余ってしまって処置に困って
しまった、と……。

それで料理や菓子にして対処しようというのだな?
そうだな……、西洋では檸檬餡餅(レモンパイ)、檸檬果凍(レモンゼリー)等、
他に料理だと

http://www.reishokukyo.or.jp/menu/menu11.html
鶏の唐揚げレモンあんかけ
http://www.nestle.co.jp/vevey/recipe/00800.html
ひらめのカルパッチョレモン風味(レモン以外の白身の魚でもおいしそうですね。)
http://www.nestle.co.jp/vevey/recipe/00052.html
温野菜いろいろサラダレモンドレッシング添え(冷蔵庫のあり合わせの野菜で作れそうです。)
http://www.puppy7.com/diarys/sr_diarys/547hisatomo/
鶏手羽のレモン煮(これはよく作ります。さっぱりしていておいしいです。)
http://www.hbc.co.jp/recipe/recipe/recipe670.html
レモンパスタ

等々あるが、これで良いのかな?

336 :名無しになりきれ:2007/11/16(金) 21:42:41 0
Autumn,1942.
Europe lies crushed beneath the Nazi jackboot.
The German Third Reich is at the height of its power.
Hitler's armies are charging through the heart of the Soviet Union
towards the oil fields of Asia.
One last obstacle remains.
A city on the Volga where the fate of the world is being decided:Stalingrad.

337 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/16(金) 22:15:18 0
>>336
むっ……、それは西洋の文章かな? 文法を見た所、どうやら英語のようだな。

此方としては英文は一応嗜んだ時期があるゆえ、多少理解はしているが……、
訳してみよう。但し、余り自信は無いがな。


1942年、秋。

ヨーロッパはナチスの支配下に置かれていた。

ドイツの第三帝国の権力が最高に達した時である。

ヒットラーの軍はソ連の中枢部を横切ってアジアの油田地帯の方へと侵攻。

世界の運命が決められているボルガ河の都市・スターリングラードという
最後の一つの障害を残して。


まあ、こんなものかな? しかし、何故斯様な文章を送って来たのかが分からぬな……。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

ああ、あと>>333>>334にも贈らねばな。
つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」×2

338 :曹昂 ◆hGK2CVb3d2 :2007/11/16(金) 22:49:29 0
烈火の将殿とは何者なのでしょうか。

339 :名無しになりきれ:2007/11/16(金) 22:58:47 0
>>338
烈火の将 で検索すると出るよ。
三国志とは関係ない。

340 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/16(金) 23:15:25 0
>>338
子脩様、ようこそ御出で下さいました。

彼、もとい彼女はこの様な人物です。ここに写真がありますゆえ、御覧下され。
つ「http://www.nanoha.com/character/signum.html

まあ、ここは元々建て逃げとして建てられた所ゆえ、実際出典は不明確であるため、
興味を持たれてここに来訪したと思われます。

ですが、私と致しましては一人でひっそりと此処を守るより、どの様な人物とも
付き合いつつ守る方が楽しく、かつ気合が入りますゆえ、来訪を許可しております。

まあ、世間の者は「絶対に許さん!!」と思いますが、私には私の信念がありますゆえ、
後悔はしておりませぬ。

341 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/16(金) 23:18:17 0
>>339
そう、その通り。

「三国志」とは関係は無いが、皆から忘れつつある、熱き「武士道」の
魂を持った人間だ。

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

342 :名無しになりきれ:2007/11/16(金) 23:19:22 0
俺は姐さん好きだけどねー。
今は自分とこが忙しくてあんま来れないっぽいが、昔は陳主連中相手に共同戦線張ってたもんな。

343 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/16(金) 23:32:02 0
>>342
ああ、その様だな。一応、私も向こうに激励として贈り物や歌を贈ったり
しているが、激務であるにもかかわらず元気であったぞ。

まあ、朋友のフェイト殿が体調を崩したという報もあったが……。

陳主との共同戦線、か……。そう言えばそういう事もあったな。
挙句の果てには私と陳主の軍勢と対決する「群雄伝」もあったくらいだからな。
まあ、私とケ艾、鍾会に張[合β]将軍の会話を最後に途中で終わったがな。

本当に懐かしく思うぞ。

344 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/17(土) 03:09:28 0
さて、待ってみたがもう宵の口のようだな。
では最後に、1曲を弾いて今日は此処までとさせていただくとするぞ。

(ピーパーを持って)曲は村下孝蔵で「踊り子」

(1)
答えを出さずに いつまでも暮らせない
バス通り裏の路地 行き止まりの恋だから
何処かに行きたい 林檎の花が咲いてる
暖かい所なら 何処へでも行く

つまさきで立ったまま 君を愛してきた
南向きの窓から 見ていた空が
踊り出す くるくると 軽い目眩の後
写真をばら撒いたように 心が乱れる

(2)
表紙のとれてる愛だから 隠し合い
ボロボロの台詞だけ 語り合う日々が続き
坂道を駆ける 子供達のようだった
倒れそうなまま二人 走っていたね

つまさきで立ったまま 僕を愛してきた
狭い舞台の上で ふらつく踊り子
愛してる 愛せない 言葉をかえながら
駆け引きだけの愛は 見えなくなってゆく

つまさきで立ったまま 二人愛してきた
狭い舞台の上で ふらつく踊り子
若すぎた それだけが すべての答えだと
涙をこらえたまま つまさき立ちの恋

LaLaLa……(refrain)

http://www.youtube.com/watch?v=dnfK-jp79IU

345 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/17(土) 03:15:13 0
(ピーパーを置いて)
ふう、では最後に一言。

いよいよ冬の寒気が迫りつつあるからな、キチンと身体を暖めて休むのだぞ。
あともうすぐ「三国志大戦3」が稼動するゆえ、これからもこの「三国志大戦」を
どうか宜しく御願い致す!!!!!

では、さらばだ。

346 :曹昂 ◆hGK2CVb3d2 :2007/11/18(日) 17:16:00 0
>>340
シグナム殿というのですか、凛々しい方ですね。
ところで玄伯殿は彼女に贈り物をしておられるようですが、彼女が砦主を務め
る砦の軍規では越境は禁止。軍規違反にはならないのでしょうか。


347 :名無しになりきれ:2007/11/19(月) 01:56:47 O
ちんシュはまだ滅んでおらぬ!何度でも蘇るさ

348 :名無しになりきれ:2007/11/21(水) 01:28:43 0
最近烈火の将が来ないね。

349 :諸葛誕 ◆lhM/6zi8TA :2007/11/22(木) 00:41:10 0
魏の鎮東大将軍、諸葛誕只今参上致しました!!!!!

皆さん、数日前から木枯らしが来て、すっかり冷え込んだ模様ですが、如何お過ごしですかな? 此方は少し鼻づまりに
悩まされてはおりますが、まだまだ健在ですぞ!!!!! 皆さんはくれぐれも身体を暖めてお過ごし下され!!!!

ではこれから溜まった御返事を返していきますので、暫くの御付き合い、宜しく御願い致しますぞ!!!!!

>333
ああ、そうだな。地道にこつこつと続けているのは正に「賢君」の証であり、蜀の五虎将の一人である趙雲殿に負けず
劣らずの智勇兼備である将であるのがよく分かるぞ。

>334
枸櫞が沢山余ったと? それなら枸櫞果汁露冰激凌(レモンシャーベット)や檸檬[女乃]酪蛋?(レモンチーズケーキ)、
檸檬餡餅(レモンパイ)、檸檬果凍(レモンゼリー)等にすれば良いではないか。あ、檸檬餡餅と檸檬果凍は既に陳泰が
案を出していたか。

あと、料理ならば「檸檬鶏(レモンチキン)」というのがある。作り方は
http://www.geocities.co.jp/Foodpia-Olive/9155/lemon.html」を見れば分かるゆえ、是非御覧あれ。

350 :諸葛誕 ◆lhM/6zi8TA :2007/11/22(木) 00:42:27 0
>336
何だこれは? 西洋の文章か。最近、此処の砦は異文化交流というか、国際化というか、西洋の文化が沢山流入しておるな。

よし、ここは俺も訳すとしよう。

「1942年の秋、ヨーロッパはナチス・ドイツの支配下に置かれている(または『ナチス・ドイツに蹂躙されている』)。

ドイツ第3帝国がその権力の最盛期を迎えたのである。

ヒトラーの軍勢はソ連の心臓部にあたる部分を侵攻し、アジアの油田地帯の方へと侵攻している。

明確に世界の運命がかかっていると示す、ヴォルガ河畔の都市・スターリングラードという最後の障害を残して―――――。」

……まあ、こんなものかな?西洋文を訳す機会というのはあまり無いゆえ、自信は無いが雰囲気としてはこれが妥当だと思うぞ。

>曹子脩様@
おおっ、これは曹子脩様。ようこそ御出で下さいました。
……烈火の将殿ですか。そうですね、私から口で紹介するのは難しく存じます。

>339
おおっ、そう、そう。その手があったな。
でかしたぞ、お主。

(曹子脩様に向かって)あとどうも陳泰殿が彼女についての人物像を手に入れた模様ゆえ、
是非其処も拝見していただければ宜しいかと存じます。

>342
そうだな。此方としても見たところ、実直で忠実な雰囲気があるからな。外見以外だと其処が彼女の魅力であろうな。

なるほど、過去に斯様な事が……。よし、俺も今度その連中が来た時は陳泰と共に奴らと戦うぞ!!!!!

351 :諸葛誕 ◆lhM/6zi8TA :2007/11/22(木) 00:43:19 0
>曹子脩様A
そうです。それが彼女の本名ですぞ。

あと向こうの砦の軍規ですが、名無しとして来訪すれば贈り物等をしても良い、となっているそうですぞ。
遵って軍規違反に問われる事は無い、という事です。

>347
上等だ!!!!! お主等が持つ如何わしい野望なぞ、陳泰とこの諸葛誕が粉砕してくれる!!!!!

>348
ああ。実は下見して来たのだが、ここ数日彼女は出向で砦を離れるそうだ。まあ淋しくなると思うが、
俺と陳泰で此処を賑やかにして見せるから、それで我慢(?)してくれぬか?

352 :諸葛誕 ◆lhM/6zi8TA :2007/11/22(木) 00:44:09 0
>陳泰
拝啓、晩秋も終わりに近付き、いよいよ厳寒が顔を見せ始めていますが、貴公はいかがお過ごしでしょうか?
俺は少々鼻づまりに悩まされ、熱は無いものの少々頭がボーっとする以外、大丈夫だ。

見たところ元気そうで何よりだが、身体の管理には抜かりなく、来る冬を乗り切るよう頑張ってくれ。

ああ、あと一つ気になる事があるのだが……。噂によると袁紹軍の猛将である顔良殿と張〔合β〕将軍が何やら
良く分からぬ所に居るそうなのだ。斥候を遣わして調べさせた所、今のところは大丈夫らしいが、我々にとっては
敵同士とはいえ、同じ志を持った将であるからな、彼らに異変があったら直ぐに助けたく思うので、その時は協力
してくれぬか?

いつでも宜しいので是非返事を送ってくれ、頼む。

ではもう夜が更けていったので俺はこれにて失礼致す。

最後にもし、寒さに負けて風邪を引いたらば、キチンと身体を休め、栄養価が高くて健康な食品を摂取するよう
心掛けるのだぞ。特に春菊、生姜、葱等を摂れば文句無しだ!!!

では、さらばだ。

353 :名無しになりきれ:2007/11/22(木) 14:59:21 O
ちんこ出せペニス

354 :名無しになりきれ:2007/11/24(土) 00:17:36 0
このスレの繁栄を願い、宣伝としてageるぞ!!

355 :烈火の将 ◆YXjiXQkrlw :2007/11/24(土) 20:57:14 0
貰ってばかりでは悪いので、たまには私から贈り物を……

つ【手取川 大吟醸 万華鏡】

それと……

>>353


  \\      >>353
   \\  ,-、,-、 5HIT        )
     .\\('A`;),;'ズバ!   ,'`》'´⌒`彡
      C\\O)*’;::.,   ノ,ィ∝ノノ))))) <……痴れ者が
       │\\,:;’.    ( ( ゝ(l!_゚(フノ|l
       │ ;;\\     ノ)  (^!、 yソ
       (    \\   '´  /./|j∽」>二二二二二フ
       ^⌒.    \\    〈/'ノ 〉_〉ノ

それではまたの機会に。条件をつけて申し訳ないが、時々は顔を見せてくれると嬉しい。

356 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/24(土) 23:44:46 0
……来たぞ。昨日は日々、勤労に励む者達を労う休日だそうで、こちらも日中は出かけたぞ。まあ、出かけたといっても
近場の雑木林だが、陽光を浴びた雑木林は趣があってよかったな。

さて、暫く日を空けていたからな、沢山来ている様だ。では今から返答致すとしよう。

>>346
これは子脩様、ようこそ御出で下さいました。
ええ、そうです。それが彼女の本名ですぞ。

>ところで玄伯殿は彼女に贈り物をしておられるようですが、彼女が砦主を務め
る砦の軍規では越境は禁止。軍規違反にはならないのでしょうか。

そうですな……、向こうでは確かに名乗って来訪するのは越境となるゆえ、禁止になるのですが、名を伏せておけば
来訪の許可は下りるそうですぞ。故に向こうを訪れる時は名の無き者として来訪し、贈り物をおくっております。

>>347
まだ言うか!!! 上等だ、貴様らが何度も蘇るのであれば、此方は何度も鎮圧するまで。覚悟しておけ!!!

>>348
ああ、そうだな。まあ彼女も彼女なりに忙しいのだ、だから此処は待とうではないか。

>>352
これは諸葛誕殿、ようこそ御出で下さいました。何と、鼻づまりに悩まされている、と……? 来て下さるのは嬉しく
存じますが、あまり無理を推しては却って御身体を損なうものですからな、御自重下され。

これを贈っておきますぞ。つ「コンタック」

あと、顔良殿と張(合β)将軍が良く分からぬところにいるとは一体……? まあ、確かに顔良殿は我が魏の軍では
ありませぬが、互いに武将として通ずる所がある者であり、張将軍は言わずもがな魏の重鎮であるお方。分かりました、
何かあれば共に駆けつけるよう致しましょう!!!

357 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/24(土) 23:45:31 0
>>353
何を卑猥な事を言っておるか!!!!! 其処に直れ、私が直に貴様のその捻くれた根性を叩き直してくれるわ!!!!!

>>354
おおっ、それは忝い。此方としては毎度この砦の保持に努めてくれるというのはとても嬉しい事。お主の為にもこれからも
頑張ると致すぞ!!!!!

>>355
おおおっ、烈火の将殿!!!!! 久しぶりに此処に来て下さり、誠感謝致す!!!!!
しかも斯様な酒まで贈って下さるとは、更に嬉しく思いますぞ!!!!!

>>353が斬られて)……斬られたか。せめてもの情けだ、念仏でも唱えてやろう。
南無阿弥陀仏……。(合掌)

そうか、ではまた貴公の元に「御忍び」であるが訪れるゆえ、その時は宜しく御願い致す。

さて、どうやら宵の口になったようだな。では久しぶりに最後は一曲弾いて失礼させてもらうとするぞ。

(シタールを持って)曲は長渕剛で「とんぼ」。

358 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/24(土) 23:46:08 0
Woo------- Woo------
Woo------- Woo------

コツコツとアスファルトに 刻む足音を 踏みしめるたびに
俺は俺で在り続けたい そう願った
裏腹な心たちが見えて やりきれない夜を数え
逃れられない闇の中で 今日も眠ったふりをする

死にたいくらいに憧れた 花の都“大東京”
薄っぺらのボストン・バッグ 北へ北へ向かった
ざらついたにがい砂を噛むと ねじふせられた正直さが
今ごろになってやけに骨身にしみる

ああ しあわせのとんぼよ どこへ
お前はどこへ飛んで行く
ああ しあわせのとんぼが ほら
舌を出して 笑ってらあ

Woo------- Woo------

明日からまた冬の風が 横っつらを吹き抜けて行く
それでもおめおめと生きぬく 俺を恥らう
裸足のまんまじゃ寒くて 凍りつくような夜を数え
だけど俺はこの街を愛し そしてこの街を憎んだ

死にたいくらいに憧れた 東京のバカヤローが
知らん顔して黙ったまま 突っ立ってる
ケツの座りの悪い都会で 憤りの酒をたらせば
半端な俺の 骨身にしみる

ああ しあわせのとんぼよ どこへ
お前はどこへ飛んで行く
ああ しあわせのとんぼが ほら
舌を出して 笑ってらあ

ああ しあわせのとんぼよ どこへ
お前はどこへ飛んで行く
ああ しあわせのとんぼが ほら
舌を出して 笑ってらあ

Woo------- Woo------
Woo------- Woo------ ……

359 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/24(土) 23:48:56 0
(シタールを置いて)
ふう……、では最後に一言。

皆、風邪は絶対に引くでないぞ!!!!! 年の瀬はかなり忙しい時期ゆえ、
此処で身を崩したら己のみならず、皆にも迷惑をかける事になるからな!!!

其処をところを肝に銘じるのだぞ!!!!!

では、さらばだ。

360 :諸葛誕 ◆lhM/6zi8TA :2007/11/27(火) 23:05:00 0
魏の鎮東大将軍・諸葛誕、只今参上致しました!!!!!

今日は曇りながら比較的穏やかな天気で過ごしやすく思いましたが、皆は如何お過ごしですかな?
今日は寒気が緩いとはいえこれからが冬の本番ですからな、体調管理など怠らぬよう気をつけて下され。

では来訪者の期待に応えるべく参りましょう!!!!!

>353
久しぶりに来て、いきなりこれか!!!!! 貴様、此処を何だと思っている!!!!!
其処に直れ、性根を叩き直してやる!!!!!!!

>354
これはありがたい!!!!! お主の気持ちを無駄にせぬよう此処は一肌脱いで頑張らねばならぬな!!!!

>355
おおっ、烈火の将殿!!!!! よく来て下さいました!!!!!
何と、斯様に上等な酒を贈って下さるとは、とてもありがたく思いますぞ。

うおっ、>353が斬られたか!!!!! ……まあ、下卑た発言をしたとはいえ、丁重に葬るのが礼儀と言うものだからな。

(部下に)オイ、向こうの霊場にこの者の遺体を埋めて花を添えておくのだ、良いな?

>陳泰
久方ぶりだな。元気そうで何よりだ。まあ、冬の到来はこれからだからな、油断はならぬが。
ああ、あとお主が贈ってくれた薬(「コンタック」)のお蔭で鼻風邪だけで済んだぞ。この場を借りて礼を申す。

あと、「三国志大戦3」の情報だが、どうも「三国志大戦2」で出陣が出来なくなっているのは西涼軍と袁紹軍、そして他勢力の
将達らしい。まあ、斯く言う俺も「排出停止」になっているとはいえ、出陣は出来る模様ゆえ、一応お主とまた再び戦場を駆ける
事は可能だそうだ。

なのでこれからもどうか、共に戦ってはくれまいか? 頼む。

361 :諸葛誕 ◆lhM/6zi8TA :2007/11/28(水) 00:52:41 0
>361
何っ、張将軍の糧秣が不足しているだと!!!? どうするも何も、兵糧を送らねばならぬだろう!!!!!
よし、今年の寿春は米等が豊作ゆえ、これらを送っておくとするぞ!!!!!

つ【米×17万石、諸葛菜(花大根)×3万本、葱×3万本、味噌×2万樽】

さて、夜が更けていったので俺はこれにて失礼致す。

最後に、前にも述べたが冬の到来が間近であるからな、くれぐれも身体はキチンと暖めて休むように。
あと、公式発表かどうかは分からぬが「三国志大戦3」が本格的に稼動するのは今年の12月13日だそうだ。まあ、
その前に「三国志大戦2」の最後を締め括るとも言うべき「こすと10」決戦というものがあるが。

それと共に、どうか今後ともこの「三国志大戦」を一重にどうか宜しく御願い致しますぞ!!!!!

では、これにてさらば!!!

362 :名無しになりきれ:2007/11/28(水) 01:00:47 0
陳将軍、諸葛将軍、御報告があります!!!!!
張(遼)将軍の砦の糧秣が不足しているとの事ですが、
如何なさいましょう!!!!!

……って、何と!!!!! もう諸葛将軍が兵糧を送ったと!!?
何と素早い対応!!!!! かような将軍がいる限り、我が魏国は
安泰ですな!!!

363 :通りすがりの真の武人:2007/11/28(水) 21:20:30 O
陳泰殿、諸葛誕殿、お久しぶりでございます。
三國無双の砦に、兵糧の援助をいただき感謝いたします。
今日はそのお礼と参りました。
砦主は『誠に有り難く、感謝の念に絶えぬ事だ』と申しておりましたぞ。
砦主より以下の品をお礼として託されましたので、どうぞお受け取り下され。
つ『諸葛菜翡翠麺』×大戦砦の武将の方々
いただいた諸葛菜を練り込んだ、いわゆる諸葛菜ラーメンです。
砦主曰く、砦主お手製故味の保証は出来ぬとの事。
では、私はこれで失礼致します。
砦主自ら越境するわけには行かず、自分のような通りすがりの者が使いとなりましたこと、御容赦下され。

364 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/28(水) 23:13:52 0
……来たぞ。今日は何やら朝廷が騒がしかったので急遽駆けつけたのだが、どうも明帝陛下の玉座に大きな蛇が
出没したそうだ。

これは何かの前兆かと思ったが、どうも今のところ何も無い模様で良かったと思うぞ。まあ、まだ油断はならぬが。

さて、と。来ているな。では返すとするか。

>362
何だと、張将軍の砦の兵糧が不足に喘いでいると!!? よし、これは至急搬送せねばなるまい!!!!!

……うん? 諸葛誕殿が既に兵糧を送ったと!!!? 流石諸葛誕殿だ、兵の報告より先に逸早く察知されるとは、孔明殿に
負けず劣らずの智の持ち主だと思うぞ!!!!!

しかし、私も張将軍の御世話になった事が数多くあるゆえ、私の方からもこれを送っておこう!!!
つ「小麦×5万石、菠薐草×5万束」「地下倉庫『窖』の設計図」

地下倉庫の設計図は万が一倉庫内が飽和状態になった時に備えてのものゆえ、更に幾らでも入る上、保存も効くぞ。

あと、報告してくれたお主にはこれを贈るぞ!!!

つ「『麩嘉』の桜麩饅頭」

365 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/28(水) 23:14:38 0
>363
おおっ、武人殿!!!!! お久しぶりであるな!!!!! そうか、張将軍は大いに喜んでおられたか。
この一報はすぐに諸葛誕殿に報告するぞ!!

あと、斯様に美味なるものを贈って下さり、非常に感謝致す!!!!!
「また、何かありましたら救援に参りますゆえ、どうぞその時は遠慮なく御頼み申して下さい」と言付けておいてくれぬか?
頼む!!!

>360
諸葛誕殿、貴公が「取り敢えず」「三国志大戦3」の出陣が叶った事、誠に喜ばしく思いますぞ。ですが調べてみた所、斯く言う
私も「排出停止」となり、どうやら貴公と同じ立場にされた模様ですが……。まあ、こうなればまだまだ我々の健在ぶりを知ら
せるべく、これからも頑張るように致しましょうぞ!!!!!

あと、張将軍から斯様に美味なる贈り物が届きましたぞ。是非御賞味あれ。
つ「諸葛菜翡翠麺」

これは張将軍自ら手打ちされた麺料理ですゆえ、味の保障は無いとの事ですが、私と致しましてはこれは非常に美味でありますゆえ、
是非、お召し上がり下さいます様お勧め致しますぞ。

366 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/28(水) 23:48:53 0
さて、明日は早朝から軍議があるゆえ、今日は此処までとさせてもらうぞ。
最後に、一曲を弾いて御開き致す。

(エレキシタールを抱えて)曲は浜田省吾で「Money」

この町のメインストリート 僅か数百メートル
さびれた映画館と バーが5、6軒
ハイスクール出た奴等は 次の朝 バッグをかかえて出てゆく
兄貴は 消えちまった親父のかわりに
油にまみれて 俺を育てた
奴は自分の夢 俺に背負わせて 心ごまかしているのさ

Money, Money makes him crazy
Money, Money changes everything
いつか奴らの 足元に BIG MONEY 叩きつけてやる

彼女は夢見てる 華やかな MOVIE STER
湖の畔に車を止めて
俺達 楽しむのさシートを倒して 蒸し暑く長い夏の夜
あの時彼女はこう呻ぎ続ける
”愛してる……愛してる……もっと もっと……”
だけどゆうべ何処かの金持ちの男と 町を出て行った

Money, Money makes her crazy
Money, Money changes everything
いつかアイツの足元に BIG MONEY 叩きつけてやる

俺は 何も信じない
俺は 誰も許さない
俺は 何も夢見ない
何もかもみんな 爆破したい

純白のメルセデス プール付きのマンション
最高の女とベットで ドン・ペリニヨン
欲しいものは全て ブラウン管の中 まるで悪夢のように

Money, Money makes me crazy
Money, Money changes everything
いつかこの手で つかむぜ BIG MONEY
I've got nothing nothing to lose

Money Money Money……

367 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/11/28(水) 23:54:31 0
(エレキシタールを置いて)ふう、では最後に皆に一言申す。

もう何度も申しているが、冬に備えて体調管理を怠らぬよう
過ごすように。以上だ!!!

では、さらばだ。

368 :名無しになりきれ:2007/12/01(土) 00:33:14 0
深夜に失礼致します!!!!! 陳将軍、張将軍からの贈り物をお届けいたしました、どうぞ!!!!!

つ「菠薐翡翠麺」

どうぞ御賞味下さい!!!
ではこれにて失礼致します!!!!!

369 :名無しになりきれ:2007/12/01(土) 13:38:41 0
こいつぁ美味ぇ!


370 :斥候A:2007/12/03(月) 21:45:34 0
陳将軍にご報告です。

最近、陳将軍の部下である鍾会殿がとある砦で西洋の女宣教師に襲撃された
模様です。

まあ幸い、鍾会殿の友人である人々及びケ将軍の救援のお蔭で女宣教師を
返り討ちに致しましたが、いかがなさいますか? 

私と致しましては、身の安全が向こうより此方のほうが上でありますゆえ、
此方に連れて来た方がいいと思いますが……。

371 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/12/05(水) 00:00:03 0
……来たぞ。今日は政務の帰り、夕陽に映えた綿雲や鰯雲など、様々な雲が漂い、何だか幻想的な感じがしたよ。暫く
駒の足を緩めつつ、その夕空を眺めていたぞ。

まあ、それは兎も角として、と。ふむ、来ているな。では返すとするか。

>>368
おおっ、張将軍から斯様に立派な贈り物が届くとは……、忝い!!!!! よし、些か意地汚いが
早速、頂くぞ!!!

(ズルズルズル………)うむ、菠薐草の風味が効いているうえ腰があって美味だ。

この場を借りて張将軍に感謝の気持ちを述べさせていただくぞ!!!!!

張将軍、斯様に立派な贈り物をおくって頂き、ありがとうございます。また何かあれば、必ずやこの陳玄伯、
助けに参りますので待っていて下され!!!!!

>>369
うむ、そうであろう? 何せ、張将軍は料理が得意であるからな。男子たる者、色々な特技を持つ事は良いことだ、
此方も近々何か一つでも料理か家事か、何か身に付けねばならぬな。

>>370
何っ!!? 鍾会が女の宣教師に襲撃された!!? して理由は……、禍々しい雰囲気であっただけで襲われただと!!?

……まあ確かに、史実でのあの男は測り知れない野望を秘めているが、此処では根は優しくゆえ、その襲撃した女と
いうのは其処を見抜けなかったようだな。しかし、人外なる力で武器を生成するとは……、並みの将なら勝てぬぞ、あれは。
鍾会め、ケ艾など、周りの者の援助があったとは言え、よくぞあんな天魔の様な人間に勝てたな……。

む、此処につれてきた方が良い、と? まあ、確かに此処は向こうよりは治安は安全であるが、鍾会はどうやら向こうで
楽しく過ごしているようだからな……。此処は見守るに越した事は無いであろう。ここに連れて来るのは向こうでの居心地が
悪くなった時にするぞ。

372 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/12/05(水) 01:54:42 0
さて、こうして待ってみたが、もう宵の口か。
では最後に一曲を弾いて失礼させて頂くとするぞ。

(シタールを持って)曲は、ばんばひろふみで「『いちご白書』をもう一度」

(1)
いつか君といった 映画がまた来る
授業を抜け出して 二人で出かけた
哀しい場面では 涙ぐんでた
素直な横顔が 今も恋しい

雨に破れかけた 街角のポスターに
過ぎ去った昔が 鮮かによみがえる

君も見るだろうか 「いちご白書」を
二人だけのメモリィー どこかでもう一度

(2)
僕は無精ヒゲと 髪をのばして
学生集会へも 時々出かけた

就職が決まって 髪を切ってきた時
もう若くないさと 君に言い訳したね

君も見るだろうか 「いちご白書」を
二人だけのメモリィー どこかでもう一度
二人だけのメモリィー どこかでもう一度……

373 :陳泰 ◆NpXZMB1EEA :2007/12/05(水) 02:00:09 0
(シタールを置いて)ふう……、では最後に一言。

くれぐれも風邪を引かぬように。

報告によると、今年は流感の流行が20年間で最も早いと
言われているからな。体調管理は十分に行い、過ごすのだぞ。

では、さらばだ。

231 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★