5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【第四十六次】スーパーロボット大戦【伝授】

1 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/08(月) 22:34:18 0
ここは、ゲーム『スーパーロボット大戦』シリーズに由来するWTRPG(ウェブトークロール・プレイングゲーム)スレです。
自ら考案したキャラ・機体を操って、他のプレイヤーと交流しながら物語を構築していきましょう!
纏めwiki
ttp://www25.atwiki.jp/manjyu
纏めサイト
ttp://www.mtc.mediatti.net/mt1791107/index.html
避難所
ttp://yy14.kakiko.com/operationsrw/
【基本ルール】
・なりきり、オリキャラ何でもOK!
・キャラ、機体はオリジナルか『OG』シリーズに登場するものが基本!
・興味があるなら即・参戦表明! ストーリーの流れは特に気にしなくても大丈夫!
【プレイ解説】
ゲーム同様、インターミッションと戦闘を繰り返して進行するのが原則!
・インターミッション:
思いのままにキャラを行動させ、ストーリーを進展させるためのパートです。
綿密に計画して驚きのイベントを発しさせるもよし、自由度の高さを生かして他のキャラ達と遊びに行っちゃうのもよし。
作戦の決定や、敵勢力の襲撃が起こったら一時中断! 戦闘パートへと移行します。
・戦闘
レスアンカーと簡単な文章を使い、ロボット同士の戦いを再現。
基本は敵勢力を操るプレイヤーが中心となって進行し、ドンパチしながら様々なイベントを発生させていきます。
ライバル同士の激突や味方プレイヤー同士の連携など、提案次第で見所は盛りだくさん!
任務達成や敵勢力の全滅or撤退などで終了し、再びインターミッションパートへ移行します。
【注意点】
原則的に何をするのも自由! とはいえ最低限守らなければならないルールもあります。
・参加者はトリップを付ける事
トリップとは本人識別のための暗号みたいなもの。名前の後ろに「#」と「好きな言葉」を入れればOK!
例)寺田貴信#バンプレ と入力して書き込むと→ 寺田貴信 ◆k4EQQeqlHQ といった感じに 。
・『最強厨』はお断り
『最強厨』というのは、周囲と比べて明らかに強すぎるキャラ・機体を使おうとするプレイヤーのこと。
周りをよく見て、ちゃんとパワーバランスを考えて設定を作ること!
・空気を読んで行動しよう
複数のプレイヤーが参加している以上、自分勝手な行動は控えなければいけません。
自分だけが活躍したり、他のキャラとの優劣を勝手に決めるようなことは絶対にやめましょう!

2 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/08(月) 22:36:03 0
乙ですよー

3 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/08(月) 22:36:11 0
【参戦表明の仕方】
まずスレッドに「参戦したい」という旨を書き込み、>>1にある避難所の設定置き場【その弐】にキャラと機体のデータを投下します。
わからないことがあれば気軽に質問しましょう。

<キャラ作成用テンプレ>
名前:
性別:
年齢:
身長:
体重:
3サイズ:
性格:
【精神コマンド】
※6つ
【特殊技能】
※強力すぎるものを複数持つのはやめましょう
【プロフィール】

<機体作成用テンプレ>
名前:
サイズ:
HP:
EN:
運動:
装甲:
移動:
移動タイプ:
地形適応:
【特殊能力】
※強力すぎるものを複数持つのはやめましょう
【武装】
※名前からどんな武装かがわかりにくい場合は、()で簡単な説明を
【機体解説】

4 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/08(月) 22:36:53 0
前スレ
【第四十五次】スーパーロボット大戦【修行】
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1190791511/

5 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/08(月) 22:40:22 0
ロイドさん乙です
しかし『伝授』って…EXより前のやつかな?

6 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/08(月) 22:45:34 0
乙です

7 : ◆FaKmK3J/wE :2007/10/09(火) 00:41:54 0
>>1
お疲れ様です。
前スレで承認が取れたので、次のレスでアーニャを撤退させます。

8 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/09(火) 00:43:16 O
私はパワーがやられたら撤退させます

>>995
GUエリート兵A「隙有りだ」

【ハンマーを振りかぶると遠心力にまかせ叩きつけようとする】

GUエリート兵B「食らえ」

【遅れてビームマシンガンの援護射撃が飛ぶ
完璧なタイミングだった】

9 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/09(火) 00:43:20 0
前スレ
992>997前半>989>997後半の順番で補完お願いします
申し訳ありません・・・

10 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/09(火) 00:44:23 O
>>1お疲れさまでした。

確認しますが前スレ>>992からの流れでいいんですよね?

11 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/09(火) 00:48:33 O
>>8
えっと、発射されたFオメガ・ランチャーってどうなりましたか?

12 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 00:48:55 0
◆06CdCpdvjの兵士の台詞
勢いなさすぎてワロス

13 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 00:49:38 0
全員一度避難所で確認しあったら?
ここでミスるとまたわけが分からなくなるよ

14 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/09(火) 01:02:13 O
>>11
すいませんミスです

訂正
GUエリート兵A「くそちくしょうこんなとこ……ろ……」

【全てを言い終える前にFオメガランチャーに飲まれた】

GUエリート兵B「トム、トム!クソ!!何てことだ……トムが死んだ……
覚えてろ……借りは必ず返す。そこの機体、必ず復讐してやるからな
うぉぉあぉ!!」

【絶叫とともにマシンガンを振るうと後退していった】

>>12
どうも、苦手なようです。すいません……

15 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/09(火) 01:08:34 O
>>14
シンディ『敵機の撤退を確認。追撃しますか?』
リュコス「………(ふるふる)」

【指示を仰ぐシンディに、これ以上深追いする必要はないと伝えるリュコス】

シンディ『承りました。ではトウヤさん達の救援に向かいましょうか』
リュコス「………(こくこく)」

【マグナデイは統也達の救援に迎った】

16 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/09(火) 01:11:21 O
>>15の最初に【マシンガンをグラビティシールドで防ぐ。残HP54%】を追加します。

17 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/09(火) 01:18:36 0
前スレ>>997
統也(しまった…!)

【頭部にルミナスの蹴りがヒットする、その瞬間、】

『メインシステム保護…[Uranus]モード、限定起動』

【モニターに表示[Uranus Mode...wake up ]】

統也「………っ!!」

【軽い頭痛のような症状に見舞われる統也。
 と同時に機体各部の装甲が展開、念動フィールドの出力が開始され、ルミナスの蹴りを寸前で防ぐ】

18 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 01:21:32 O
>>17
さて、猫子の蹴りは砲撃で止められてるわけだが

19 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 01:24:07 O
>>18
砲撃自体が無かった事になってるのでは?

20 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 01:24:55 0
>>18
いや、砲撃は前スレ>>992で無しになったんじゃないか?

21 : ◆FaKmK3J/wE :2007/10/09(火) 01:28:21 0
【くるりと振り返り、サンドスネイルとヴァルグレイブ、クレスタを視界に収めるルミナス】

アーニャ「べーっ、だ!
      次に会ったら、みーんなボッコボコにやっつけてやるんだから!」

【ルミナスが上空に飛び上がると、パージされていた装甲が誘導され、装着される。
 紫の機影はそのまま輸送艇へと消えていった】

フェリシア「……く…っ!!」

【思わずコンソールに拳を叩きつけるフェリシア】

レヴ《マスター、どのみち、今の状況で敵機…ルミナスを振り切って、
   輸送艇を沈めることは不可能でした。
   次なる好機を信じて、今はサンドスネイルへの帰還を考えましょう》

フェリシア「大丈夫…わかってる…
       わかってるわ…」

【と、突然ヴァルグレイブへと回線が接続される】

レヴ《こちらクレスタ。運用サポートAIを勤めるレヴでございます》

フェリシア「ちょ…ちょっと、レヴ! 人前で喋らないようにって…!!」

レヴ《先刻の騒動で、烏丸統也殿にはすでに既知の事実であると思われます。
   もはや気を揉んでも仕方のないことでしょう》

フェリシア「…それはそうだけど…!」

レヴ《つきましては、統也殿。このクレスタを担いで、サンドスネイルまで移送を願えませんでしょうか?
    見てのとおり、こちらは満身創痍でありますゆえ》

フェリシア「なっ…何言ってるのよ! こんな男の機体におぶされってこと!?
       冗談! まだまだ私はピンピンして…」

【力を込めるが、お尻を突き出したような体勢から全く立ち上がれないクレスタ】

フェリシア「…うう…」

レヴ《マスター、悪あがきは無為な行為です。どうかおやめください》

【レヴの通信が続く】

レヴ「脅迫ではありませんが…この状況で逃走を図ることは不可能でしょう。
   どの道、統也殿にはサンドスネイルまで出向する必要があると思われます」

22 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 01:57:39 0
とうやまだー?

23 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 01:59:34 O
よく考えたら、次のA-4話でまたフェリシア負けるんだな。
今度は誰にどんなボコられ方をするんだろう?

24 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 02:05:23 0
>>23
アスクレ隊幹部に囲まれて弄ばれてしまいます

25 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 02:09:54 0
意外とエリート兵クラスに一方的にやられちゃったり?

26 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 02:20:34 0
初回
谷を利用して正面の敵との一対一に持ち込む作戦
成功して得意満面のところを後ろから挟み撃ちに合い、
マシンガンで滅多撃ちにされた末に殴り倒されて失神

二回目
猫子にのスピードに追いつくためにキャストオフ
本気モードで猫子を圧倒するかと思いきや、猫子もキャストオフして全く意味なし
空中コンボでボコボコにされてしまう

27 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 02:24:50 O
フェリシアは純度の高い迂闊キャラ

28 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 02:32:25 O
>>25
予測
フェリシア攻撃
エリート兵「踏み込みが足りん!」
エリート兵「邪魔なんだよ!」
フェリシア披弾
かな
つか5話誰とやるんだよ。アシュレイ、ジーナ、リコ、トウジ、七海、団子
どれも勝てそうな相手じゃない

29 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 02:35:32 O
>>28
最悪、4話で重傷負わせて待機だな

30 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 02:35:35 0
つまり5話でも負けるってことかw

31 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 02:39:31 O
つか団子と七海とレインはどうした?
特に団子

32 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 02:42:51 O
>>28
VSアシュレイ
攻撃をするが、距離を取られ射撃の的に
VSジーナ
グルンガストとのパワーの差から手も足も出ず
VSリコ
ダンテコンポの前には無力。クラウザーさん化してレイプされちゃう
VS団子
勝てる姿が浮かばない
居合い抜きで一蹴

ダメダメだな

33 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 02:44:10 O
>>31
リコも欠勤気味だな。まぁ、待たせ過ぎてるのがいかんのだが


34 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 02:44:25 0
猫子もやられ役になるみたいだけど、いつごろ仲間になるんだろう

35 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 02:47:27 O
>>33
正直こんなしょうもない話に六日もかけたことに驚きだ
五日かけてまだ終わらんとは

36 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 02:48:45 O
>>35
やまなし
おちなし
いみなし


まさにジーナ先生の大好きなヤオイじゃないかw

37 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 02:50:05 0
言いすぎ
じゃあ今までの話には山やらオチやらがあったのか?

38 :36:2007/10/09(火) 02:52:16 O
>>37
ちょっとふざけてやった。今は反省してる
ただ、時間かけた割りには……ってだけよ


39 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 02:52:20 0
5割ぐらいレインのせいだろ
いやほんとに

40 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 02:52:35 O
>>37
流石に言い過ぎだと俺も思うが、この話に六日もかける必要はない。
四日くらいで終わらせろと

41 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 02:53:43 O
>>39
無断欠席と余計な痴話喧嘩のせいだな
あんなものは要らなかった

42 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 02:57:05 O
責任は出席不安定を宣言してるのにすんなりレインを受け入れたコテ達にもある

43 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 02:59:22 O
>>42
お前あそこで反対の意を示すような奴いると思うか?そんなことしたら間違いなく叩かれる
つかトウヤはさっさとレスしろや。何やってんだよ

44 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/09(火) 04:35:40 O
>>21
シンディ『どうやら一足遅かったようですね』
リュコス「………」
シンディ『確かに死者が出なかっただけましですかね』

【既にルミナスが撤退済みな事と、統也とフェリシアがどちらも健在な事に、リュコスは内心ほっと一安心する】

シンディ『さて、これからどうしましょうか』
リュコス「………」
シンディ『相手の出方待ち、ですか。承りました』

45 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/09(火) 07:23:46 0
『高脅威目標、離脱…』
『[Game]モード、通常出力での戦意上昇レベル…0.4072低下…』
『戦闘継続可能状況、データベースより検索…該当三件、システム内で審議中…決定』
『[Game]モード、フェイズ2…通常出力で起動…』

[Game mode second phase...wake up]

>>21
統也「………」

【不自然に黙り込む】

統也「……そうだな、分かった」

【しばらく間を置いた後、妙に落ち着いた様子で答える。
 そしてクレスタの下へ歩み寄り、機体を起こして肩を貸す】

統也「ほら、歩けるか…?
   そんなにおぶさるのがイヤならコレでいいだろ?」
  (まあその方が、こっちとしても『動きやすい』しな)

【クレスタを手助けしながら、サンドスネイルに向かう】

統也(まったく…どうしてこう『俺』は厄介事ばかり作り出すかね?
   元々GUは気に入らなかったんだろう? なら問題はない筈だろうに…)

>>44
【マグナデイに通信をいれ】

統也「おいリュコス…悪いがちょっと手伝え
   グレイブも本調子じゃないみたいだ」

46 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/09(火) 07:45:59 0
【一旦クレスタとの回線を切り、さらにサンドスネイルに向け通信】

統也「聞こえるか? 今からこいつをそっちまで運ぶ…
   だからまぁ、『何もせずにじっと見て』てくれよ…?」

【なにやら含みのある調子でそう告げる統也】

47 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 10:35:41 O
とうやのどこをどうみたら一般人なんだ

48 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 11:24:45 O
>>47
だよな。あいつ分かってない

49 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 11:43:48 O
>>48
二回しか戦闘してないのにどんだけ落ち着いてるんだよって話だよ

50 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 12:29:47 O
模擬戦を2000回負けなしでこなしたんじゃね?

51 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 12:42:31 O
>>50
どこのコーラサワーだよ

52 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 14:41:34 0
読み直したら改めて思った フェリシアの迂闊さは異常

A-1でハガネに「クレスタのスペックならグローガー4体くらい問題ない」って言われたのに、
実際はグローガーどころかスティール2体にフルボッコ

迂闊過ぎて萌える

53 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 16:48:30 0
ksすれ

54 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 17:01:08 0
つーかGUの遺跡管理部にいた時点で普通の一般人と違うよーな

55 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 17:16:11 0
>>54
逆に言えばそこが問題なんだよな
戦闘時に落ち着いてるのはGUシステムで説明つけるつもりなんだろうけど本人が細かい設定投下してないからまだなんとも言えない

せっかく作ったご都合主義設定も説明しなきゃ伝わらないよ?

56 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 17:17:54 O
とうやは主人公ポジションになるべく無理矢理に民間人に設定変えたからな

57 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 17:26:09 0
まぁいまさら言っても詮無いことだ

しばらくして慣れるまでは生暖かく見守ってやろう

58 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 17:32:13 O
一番の大物は誰かな?
小物臭がする奴はいる?


59 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 17:43:38 0
一番の大物はハウデン閣下だろう常考

次点でリュコス

60 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 17:52:57 O
>>59
大物はフェリシアだろ
自分の実力を見誤ってる

61 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 17:58:53 0
ってかどういう意味で「大物」なのかいまいち意図が掴めんのだが

62 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 18:01:50 O
大器晩成なのは間違いなくフェリシア

63 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 18:02:33 O
>>61
敵にやられたらダメージを負うエロ服着てるのに寛大
四体でも余裕な相手二機がかりに勝ちを譲る優しさ
ほら、大物だ

64 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 18:10:03 0
>>63
すまん。>>61>>58だ。

まぁ確かにそう考えれば大物…なのか

65 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 18:14:31 O
>>64
まあ、マジレスすると一番大物っぽいのはアリス様かガウかブレニフだな
逆に小物がハウデン閣下。
十傑集で最も小物な素晴らしき人より小物臭い

66 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 18:19:27 O
ガルも大物っぽいけど、死亡フラグが見える気がしてならない

67 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 18:22:04 0
フェリシアが大器晩成なのは同意するが、それでも迂闊は完治しない予感
つーか迂闊なままでいてほしい

ガル、先生、シンディ辺りは死にフラグ立て易いキャラなのでピンチ

閣下の転落人生に期待大

68 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 18:25:48 0
閣下はやはりオレンジかw

69 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 18:27:22 O
閣下はかつて反対していた強化人間に自分がなってしまうのが目に見えるなw

70 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 18:29:56 O
閣下の小物っぷりはジャミトフをも上回るからな……

71 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 18:33:09 0
・敵を見下す
・他の派閥を見下す
・下克上を狙ってる
・人の話聞かない

小物要素が豊富過ぎて吹いた

72 : ◆24rBompuhM :2007/10/09(火) 20:00:58 O
【基地 士官室】

【椅子の上で女性士官と戯れるハウデン】

士官「ねぇ…閣下…
この前、私を副官にしてくれるって話…本当なの…」

ハウデン「あ…ああ!!
勿論だ!勿論覚えているとも!!
だがなぁ…ブレニフが…」

士官「もう!…本当はあんな無愛想な奴より私の方がいいくせに…」

ハウデン「そりゃ…君の方がいいさ…でもな…」

【机の上にある 三人で撮られた家族写真に気づく 女性士官】

士官「あら…これは…閣下のご家族?
この凛々しい人が閣下、この方は奥様ね、それにこの女の子は娘さん?」

ハウデン「そうだ…妻と娘だ…
十歳になる…」

士官「まあ…家族がいるのに…
遠い地球で私とこんな事してるなんて……
いけない閣下…」

ハウデン「誰も私と君の関係は知らない…
じゃあ!早く隣の部屋に!!」

【その時、ドアをノックする音が部屋に響いた】

兵士「閣下!ハウデン閣下!!
機体納入に関する書類にサインをお願いします!!」



73 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/09(火) 20:21:24 0
>>46
【通信傍受】

「…『何もせずにじっと見ていろ』?…何をする気だ?」

【サンドスネイル艦橋に通信】

「こちら、ロイド・ヴェイパー。機体修理完了。警戒態勢に入る。」

【万一に備え、何時でも出撃出来るように機体起動準備】

74 : ◆24rBompuhM :2007/10/09(火) 20:28:30 O
【基地 士官室】

【兵士の呼びかけに慌てるハウデン】

ハウデン「少し待て!!
いいから!君は早く上着のファスナーを閉めろ!!
ほら…この書類を持って脇に立て!
いいぞ!入れ!」

兵士「失礼します!!
あ…申し訳ありません…執務中でしたか…」

ハウデン「構わん!!で、要件は何だ!!」

兵士「はい…機体納入に関する書類です…
シュバリエとアズラットが新たに数十機、我々の隊に配備されました
閣下のサインをお願い致します!」

ハウデン「分かった……」

【書類にサインをするハウデン
サインを受けた兵士は部屋を退室する】
ハウデン「ふう…じゃあ続きを……」

士官「あ…ごめんなさい閣下……
私…そろそろ持ち場に戻らなきゃ…
では失礼します!閣下!」

【女性士官が退室するのを ただ見守るハウデン】

ハウデン「あ…くぅぅぅ…くそ!!!
ブレニフ!!ブレニフ!!
何してる早く来い!!!
強化人間はどうなったぁ!!!」

75 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 21:00:27 O
>>1乙です

76 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/09(火) 21:06:05 O
【GU本部・???】

博士「やぁ、クルセア君。丁度いいところに来ましたねぇ。」


【男の所に赤いショートヘアに赤い瞳の女性が近付いてくる】

クルセア「誰かと思えば博士でしたの…。なにか、私に用かしら?」

博士「それがねぇ…ぐっふっふっふ、遂に君の新しい機体にようやく稼動の目処が立ちましたよ、クルセア君。」

クルセア「本当に!?とっても嬉しくてよ、これがね。」

博士「といっても、まだまだ本調子ではないんですがねぇ…、これが。」

【痩せ細っていて不気味なぐらいに似合う眼鏡をかけた博士と呼ばれた男はニヤリと笑みを浮かべながら、ワザとクルセアの口癖を真似する】

クルセア「けど、これで暫くは退屈しないで済みそうだわ、これがね。
(こっちには“対象”がいないから貧乏クジを引いたもんだと思ってたのよね、これが。今頃、あっちの方にいるセレネはどうしてるかしら……。)」

博士「あっ、そうだ!この私としたことが、うっかり忘れるところでした…。
今日から君や私は治安部隊から遺跡管理部隊の対レジスタンス部に異動になりましたよ。これで少しはマシな相手と戦えるかもしれませんねぇ…、ぐひひひひひひ……。」

【不気味に笑う白衣の男。蛍光灯の光を男の眼鏡が怪しげに反射する】

博士「それでは、私はまだ機体の調整があるので失礼しますよ。
“あの御方”のご計らいなのですから、せいぜいご期待に沿えられるように活躍することですね、ヒヒヒヒ…。」

【クルセアの肩に手を当てると、ぶつくさ独り言を呟きながら男は去って行った。】

クルセア「(なんにせよ…私は戦えるならそれでいいのよ、これがね。
それに、グラーフユニオンに“対象”がいないのなら敵の中から見つければいいのよ、…これがね♪)」



[クルセア、キース隊に編入する]


77 :♯sage:2007/10/09(火) 21:20:56 O
ああ

78 : ◆PZGoP0V9Oo :2007/10/09(火) 21:22:45 O


79 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/09(火) 21:34:41 0
統也(さて、お芝居お芝居、っと…)

【クレスタの背中に添えている方の手を、サンドスネイルに見えるように軽く振るヴァルグレイブ。
 そこにはいつの間にか、刃を発していない状態のレイブレードが握られていた。】

統也「あー…こちらヴァルグレイブ、トウヤ・カラスマだ。
   逃げ出した件については謝る。どうにも『俺』は優柔不断らしくてね…まぁ大目に見てやってくれると助かるよ
   んで、だ…今更と言っちゃ今更なんだが、一つ相談がある」

【一呼吸置き、続ける】

統也「『俺』をあんたらの仲間に入れてくれないか?
   と言っても一度逃げ出した身の上に、元より『俺』はあんた達の『敵』側の人間だ。
   はいそうですかって訳にもいかんだろう…でもそれだと俺は困るんだよ、色々とな…だから!」

【レイブレードを起動しないまま、マグナデイにも見えないようにクレスタの背面に突き付ける】

統也「選んで貰うぜ…『俺』を仲間に入れて、穏便に済ませるか…それとも!」

【ゆっくりと、言い含めるように】

統也「こいつを見捨てて、その後で俺と戦り合うか…
   期限は俺がそっちに着くまで…以上!」

【通信を切り、軽く息を吐く】

80 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/09(火) 21:38:37 O
こんばんは
>>46
【サンドスネイルで一部始終を見ていたら】

セレネ「…うん何や?
統也君、なんか様子がおかしいやん?
…この状況下でこれだけ冷静さを保ててるのも不思議やし」

【統也の言動と妙な落ち着きを見て疑問を抱く】

セレネ「フェリシアさんも無事やったみたいやね。
せやけど、それともう一つ、あの特機は……はぅっっ!?」

【パッと見たマグナデイとの間に、念の共鳴反応のような事が起きる】

(…あはは。ええやん…感じる。中の操者からあの力を)

81 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/09(火) 21:42:18 O
>>45
シンディ『ああ言っていますが、どうなさりますか?』
リュコス「………(びしっ!)」
シンディ『直ぐに助けてあげてくれ、ですか。しかし、そうなりますと必然的にあの正体不明の船に飛び込むことになります。
 わざわざ危険を冒してまで彼の頼みを聞く義理はないのでは……』

【リュコスの身を按じるシンディは、なお注意深く問い直す】

リュコス「………(にぱっ)」
シンディ『困った時に助け合うのは当たり前のこと、ですか……主らしいですね』
リュコス「………(えっへん)」
シンディ『そうですね、虎穴に入らずんば虎児を獲ずとも言いますし。承りました』

【リュコスのいつもと変わらない笑みに、シンディは穏やかな声で了承の意を示す。
 意見が固まった事で、シンディは改めて統也に通信を入れる】

シンディ『分かりました。直ぐに手助けいたします』

82 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/09(火) 21:44:22 0
統也(さぁて…ここからが勝負だぜ、『トウヤ・カラスマ』…?)

【発言の内容とは裏腹に、額を流れる汗をやや辛そうに拭う】

『[Game]モード、稼働限界まで残り300…』
『[Uranus]モード、システム負荷により発動不能…』

【サンドスネイルまで、残り300m】

83 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/09(火) 21:49:59 0
>>81
【手伝いにきたマグナデイを見て】

統也「おう、悪いな…ヘンなことに巻き込んじまって
   あいつらには俺が話つける…お前は別に心配しなくてもいいからな」

84 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/09(火) 21:53:49 0
>>79
【通信傍受中】

「…ベッタベタだ!
なんて分かりやすい脅迫犯だよ
…んなことしたって理解なんかしてくれねぇぞ」

【警戒態勢のまま待機】

85 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/09(火) 21:55:41 0
訂正
>>84
「…んなことしたって理解なんかしてくれねぇぞ」

「…んなことしたって、誰もお前を信用してなんかくれねぇぞ」

86 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/09(火) 21:57:18 O
>>79
(……ほんまに意味のわからん異常行動をとってくれるわ。
……なんであんな強気なん?)

セレネ「リーダー、一応確認しときますけど
これはフェリシアさんを盾にされて、サンドスネイルが脅されてるんですよね?」

【統也の行動を不思議そうに眺めつつ、ハガネの出方を伺う】

87 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/09(火) 21:58:40 O
>>80

アスケラ「大丈夫、セレネ?」

【セレネに気をかける】

88 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/09(火) 22:10:07 O
>>87

セレネ「…うん。平気やよ?
私、何か変な感じやった?」

(この子は良く私の事見てるんやな?驚きの鋭さや)

【何でも無いと笑顔で答える】

89 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/09(火) 22:15:51 O
>>88

アスケラ「そ、そぅ。なら、別にいいんだけどね…。
(そうだ、セレネはとにかく何かが他の人とは違ってるんだよね、確か…。)」


>>79

アスケラ「(統也さんも何かがいつもと違う気がするなぁ…。セレネに似ているけど、根本は違うような…???)」

90 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/09(火) 22:30:10 0
※注釈:通信内容はサンドスネイルにいるメンバーにのみ聞こえています
    クレスタ、マグナデイへの回線は切ってあります

91 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/09(火) 22:41:59 0
>>79統也の話を聞く】

>>84->>89
ハガネ「ここは俺に任せてくれ」

【仲間たちに告げると胸部奥からコクピットがスライド、ハッチを開いて立ち上がる。オープンチャンネル通信】

ハガネ「穏便に、というならまず誠意を見せて欲しいね」

【ブラックマイトは一瞬躊躇したかのように硬直したが、ハガネが二度軽く叩くとしゃがんだ。そのままハガネは陸に降りる】

ハガネ「機体から降りてこっちへ来るんだ」

92 : ◆FaKmK3J/wE :2007/10/09(火) 22:47:41 0
こんばんは。
人質に取られている間はレスする内容がないので、待機しておきます。

93 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 22:52:02 0
ハガネはkyだな普通に受け入れろ

94 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 22:54:09 O
統也の行動もなんかキチガイみたいだからそれでいいよ

95 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 22:54:31 O
>>93
いい感じにイベントを引き延ばしてしまったねぇ

96 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 22:54:58 O
まあ、不倫はイクナイ(・А・)


97 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/09(火) 23:00:37 0
統也(ちっ…そうきたか)

【軽く舌打ち】

統也「悪いけどそうはいかないぜ、ハガネの旦那?
   今交渉してるのは俺の方だ、『俺』じゃない…
   機体から降りたらまた逃げ出すかもしれないしな…よって却下」

【サンドスネイルまで、残り200m】

98 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 23:02:51 0
分かったぞ、これはとぅーや鬼畜変態化フラグその1だ!

99 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 23:05:23 O
訳が分からない

100 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/09(火) 23:08:49 0
>>97
ハガネ「四方を囲まれている状況でよく言えたもんだ」

【呆れたように言ったが、気を悪くしたようではない】

ハガネ「いいだろう。お前を仲間に迎えることにする。・・・ところで、そっちの特機は? どうする?」

【マグナデイに呼びかける】

101 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 23:09:22 0
>>99
安心しろ、多分一番訳分からなくなってるのはとうや本人だからw

102 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 23:14:37 O
だからなげえよ

103 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 23:16:19 O
絶賛引き延ばしキャンペーン中

104 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 23:22:43 O
一つだけわかった事は、とうやは主人公的なキャラとは違うって事だな

105 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 23:24:16 O
いくら何でも待たせすぎ

106 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/09(火) 23:24:28 0
>>100
統也(っていきなりかよ!
   ったく、余計な心配させやがっ……ぐぅっ!)

【サンドスネイルまで、残り50m。
 丁度その地点で、Gameモードが稼働限界を迎える】

統也「そうか…分かってくれたならいい…
   また、よろしく頼…む…」
  (へっ…ギリギリだったな……
   ホントならもう少し後まで……のに………くそっ)

【意識が遠のき、機体の操縦もままならなくなる】

統也(まぁ…後はせいぜい…うまくやれよ………トウヤ…)

『[Game mode]time out...』

【完全に気を失い、クレスタを支えたまま地面に倒れ込む】

107 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 23:26:14 0
尻拭いは他人任せだそうです

108 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/09(火) 23:27:11 0
これで回収されて終わりにしましょう
その後の経緯は4話プロローグで軽くまとめます

109 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 23:28:26 O
なんか劣化した雪恵みたいなふんいき

110 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 23:30:08 0
ただの素人だろ

111 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 23:32:10 0
>>107
本人がやったら余計延びるから

112 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/09(火) 23:33:04 0
>>106
ハガネ「こんなことだろうと思ったよ……ブラックマイト、二機とも回収だ」

【自動操縦モードでブラックマイトがクレスタとヴァルグレイブを回収する。サンドスネイルに通信】

ハガネ「パイロット、出撃して後片付けだ。巻き込まれたとは言え、ここを戦場にしたのは事実だからな。
……で、そこの特機にも手伝って欲しいんだが、どうかな?」

【マグナデイに尋ねる】

113 : ◆FaKmK3J/wE :2007/10/09(火) 23:33:36 0
>>108
わかりました。
統也の意識がないのではこちらも会話ができないですし、
これ以上B組の方々をお待たせするわけにはいかないので、
私もこれで行動終了します。

114 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 23:34:59 0
>>104
本人は最初からそう言ってたがなw

115 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 23:40:18 O
>>114
なるほど。じゃあこんな出過ぎた活躍はここいらで終わりにして、これからはみんなのサポートにまわって貰いたい

116 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/09(火) 23:42:29 0
>>112
【通信を受信。相互通信モードに移行】

「了解だ。
が、具体的にはどうするんだ?」

【サンドスネイルから出撃。復旧作業に移る】

117 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/09(火) 23:50:45 0
B−3の最初の部分投下しても大丈夫ですか?

118 :名無しになりきれ:2007/10/09(火) 23:57:53 0
ハレルヤ、B-3話だ

待ちわびた?

フッ、僕は湯欝だよ

119 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/10(水) 00:00:11 O
>>82
リュコス「………?」
シンディ『どうかしましたか?』
リュコス「………(ふるふる)」
シンディ『そうですか? なら良いのですけど』

【サンドスネイルから何かを感じるリュコス。とりあえずシンディにはなんとも無いと伝えた】

>>83
リュコス「………(ぐっ!)」

【気にしないでと態度で示す】

>>100
シンディ『すみませんが、聞きたい事がありますのでご同伴させていただいてかまいませんか?
 そちらのお二方の運搬を手伝いますから』

【ハガネの呼び掛けにそう答え、搬送を開始するシンディ】


すみません、お待たせしました。

120 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/10(水) 00:00:19 0
【ニーズヘッグの甲板:最近はもっぱら団子丸の昼寝スペース】
【しかし今日は昼寝をしているわけではなさそうだ・・・】


キスケ「んで、コレとこれでコレがさっき仕入れた情報」
団子丸「ふむふむ・・・・あまりいい情報はないでござるな」

キスケ「あとこの辺りでの治安維持隊が居る場所はコレね」

団子丸「ニーズヘッグの進路に近いのはこれでござるが・・・これはまず動くことはないでござるな」

キスケ「オイラの情報によると最近はなにかとレジスタンスの活動が活発化してるらしいから
治安維持部隊もレジスタンスと衝突を繰り広げてるらしいよ」

団子丸「らしいよじゃ困るでござる。」

キスケ「でも結構な数の軍備が動いてるみたいだよ、オイラ砂漠を移動する大隊を目撃したから
あと村を一瞬で消滅させたすんごい兵器とか、あと輸送列車から出てきた凄い性能の」

団子丸「どれも信憑性にかけるでござる・・・・ハイ、お駄賃」
【懐からお饅頭を取り出す】

キスケ「ハキューーーン!!お饅頭だぁあ〜!」
【笑顔でかぶりつく】

団子丸「ヤレヤレでござる・・・。」

121 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 00:02:36 0
団子丸「それじゃあ、そのお饅頭を食べたら帰るでござる」

キスケ「!? えええええ・・・せっかく団子丸を目撃したから久しぶりだし会いに来たのに
帰れだなんてヒドイよ!!」

団子丸「どうせ拙者を見たからでなく拙者が饅頭を取り出したのを目撃してここまで来ただけでござろう」

キスケ「そんなことないよ(嘘)」
キスケ「・・・・・他に聞きたいこととかないの?」

団子丸「ないでござるよ、ニーズヘッグの進路上の邪魔なものと団子茶屋くらいで十分でござる」


キスケ「・・・・シラサギとかのことは?

団子丸「・・・・・・・・・」
【そっぽを向いて横になる】

キスケ「分かったよ、オイラが悪かったよ もう来ないよーーーダ!べーー!!」

団子丸「・・・・・。」

キスケ「へっ!オイラは忍術でドロンしちゃうからいいもんねっ!」

団子丸「・・・・。」

キスケ「・・・・・ううっ・・・本当に消えちゃうよ?」

団子丸「・・・・・・・・」


キスケ「ううっ・・・・団子丸の薄情者!ええい!ドロン!!!」
【ボォンと煙が立つと忍者の少年は姿を消していた】

122 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 00:02:55 0
今回の反省点
・事前の話し合いが足りなかった
・レインが独走気味だった
・名無しが煽ってとうやが焦った→でワケわかんなくなって延びた

123 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/10(水) 00:04:52 O
>>119
上の>>82>>80でした。

124 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 00:07:18 O
トウジロウいなくね?

125 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/10(水) 00:28:17 0
【キョウヘン村地下『独眼竜』基地】

トウジ「野郎共! もうすぐジーナの姉さんと合流だ! 楽しみか!?」

【最下層の格納庫で若者達が歓声を上げる】

トウジ「おーっと、静かにしやがれ! あんまり大声出すとグラーフの奴らにバレちまうぜ!」

【どっと笑い声が起こる】

トウジ「頭には既に話しを付けてある、グラーフ相手に俺と一緒に暴れようぜ!」

【格納庫中に轟く歓声が上がる】

トウジ「決起集会は終わりだ、あとは集合時間まで自由だ!好きにしな」

【興奮した若者達が格納庫から出て行く・・・
 トウジロウは誰もいなくなった格納庫で愛機『ストーム・ドラグーン』の側に立っていた】

トウジ「いこうぜ・・・相棒」

【愛機に語りかけ、自分の心を決める】


126 : ◆FaKmK3J/wE :2007/10/10(水) 00:33:00 0
>>121
ガル「おう。起きてたか、団子丸」

【キスケが姿をくらました直後、甲板上に現れるガル】

ガル「ほらよ、仕事だ仕事」

【その両手には薄汚れの染み付いた、古びたモップが握られている】

ガル「働かざるもの食うべからず、ってな。
    もうじきキョウヘン村に付くんだ。早いとこ倉庫の整頓をすませねぇと、
    積める物資も積めなくなっちまうからな」

【彼自身も倉庫の掃除を手伝っていたのであろう。
 自慢のマントは身に着けておらず、着衣のあちこちにすす汚れが付いている】

ガル「掃除の極意は気合と根気と根性だ!
    張り切っていこうぜ!」

【一方、ブリッジ】

ダイル「ジーナ先生に任せて正解だったな。
     荷物も掃けて飯も美味いとあれば一石二鳥だ」

ボッチ「デスヨネー」

【持ち込んだパスタの皿を突付きながら、片手で仕事をこなす二人】

アルフ「でも、掃除の方はまだ片付いてないんでしょう?
     あんな埃だらけの状態で余所様に見せるわけにはいきませんよ」

【キーボードから手を離し、席を立つアルフ】

ボッチ「マタ イクノカイ? ゴクロウサンダネェ」

アルフ「アシュレイさんやジーナさんはともかく、
     あの人達に任せておいたら一昼夜を費やしたって終わりませんよ…」

【彼の衣服にも、塵や蜘蛛の巣がまばらに貼りついていた】

ダイル「はは、そいつは手厳しいな。
     この速度を維持すれば、あと二時間でキョウヘン村に到着だ。
     キリのいいとこで戻ってきてくれよ?」

アルフ「ええ、わかってます」

【微速で航行するニーズヘッグ。やがて、その行く手に小さな集落の全景が見え始める】

127 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/10(水) 00:36:12 O
【ニーズヘッグの一角、食堂にてリコは寝るような体勢で暇を持て余していた】

リコ「…………新人が文句垂れてちゃ悪いと思うがよ…流石に体を作っているのが小麦粉なんじゃねえかと思えてきたぜ…」

(どうやら小麦粉料理に少々飽きてきたらしい)

リコ「豪勢に行こうとはいわねえがよ…こう、たんぱく質……そう、肉だよ…保存食なんかじゃなくてちゃんとした肉……
ああ、そこまで求めねえ、いや、求めらんねえ
…が、せめてピザが食いてぇ……オリーブオイルなんか抜いてよ、チーズをタップリかけて……」

【誰も居ない食堂でブツブツと一人呟く】

128 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 00:40:25 0
ピザばっかり食ってるとデブになるぞ

129 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 00:41:14 0
ヴァーチェになるぞ

130 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 00:42:38 0
つうかAとBとの食糧事情の差が泣けるで

131 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/10(水) 00:43:00 0
>125
【ストーム・ドラグーンを見上げながら、トウジに歩み寄る女性の姿。少し浮かない顔だった】

セリーヌ「ねえ、トウジ君」

【彼女は、小さな声でトウジに囁く】

セリーヌ「……私、残るほうだから。しばらくお別れになるでしょう。少し、いいかな」

セリーヌ「こんなときに、私の嫌な予感なんて聞きたくないと思うけど……覚えていて欲しいの。
トウジ君、きっと近いうちに、とても辛い思いをするわ。

もしかしたら、生きていることのほうが辛いかもしれない。でも、トウジ君は生き残る。
……だから、気持ちを強く持っていてね。負けないで、戦って」

【そっと浮かべた微笑は、自らを元気付けるようにも見えた】

132 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 00:43:27 0
ここの腐女子さんの00評が気になる

133 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/10(水) 00:47:52 0
>>126
団子丸「はぁ・・・・・(せっかく寝て過ごそうと思っていたでござるが)」

【シブシブモップを掴み起き上がる】

団子丸「それと、ガル殿・・・このままの進路でもいいでござるが
治安維持隊の動きが活発になっているそうでござるよ目的地に着き次第直ぐに発つほうがいいかもしれんでござる」


団子丸「それと、今度こそちゃんとした団子を仕入れて欲しいでござるよ」

134 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/10(水) 00:50:41 O
アシュレイ「結構いけるな。ジーナさんはやはり料理がうまい」

【スパゲティを口に入れながらそう呟く】

アシュレイ「しかし、あれだ。こうスパゲティばかりでも流石に飽きるな。
まあ、文句は言うまい。俺が作ってるわけでもないからな」

【そう言って自分なりに調味料を足したスパゲティを食べていく】

アシュレイ「とはいえ……流石に肉類が恋しくなる。今度こそ肉類が入ると良いが」

【スパゲティを食べ終えると本を取り出し読み始める
彼も暇人だった】

135 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 00:54:44 0
米がなければチネればいいじゃない

136 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 00:55:10 O
>>130
アスケラが食べただけでカレーにチャーハンにストロベリーサンデーにセレネのほっぺに付着したソースetc


かたや小麦粉オンリー

137 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 00:55:55 O
>>135
濱口乙
課長にあんまりちねらせんなよ

138 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/10(水) 01:02:51 0
【ニーズヘッグ内、情報処理室。ジーナが、資料を眺めつつ思案している】

ジーナ(……GUがキョウヘン村を特別警戒しているということはなさそうですわね。
ま、最近は特に動きが不穏ですから、目的を終えたらすぐ撤収するのが無難でしょう。
トウジロウ君のことですから、16時間もあれば準備くらい何とでもするはずですわ。

内通者がいる可能性だって、ゼロではないでしょうけれど、
治安維持隊の巡回ルートを考慮すれば、情報を聴いて1日足らずで対応できる状況とは思えませんもの)

ジーナ「……さ、もう考えても始まりませんわね」

【メインクルーへの通信】

ジーナ「各機体の整備状況、格納庫の収納スペース、居住ブロックの受入状況、それぞれ最終チェックをお願いいたしますわ。

合流が終われば、パスタ漬けの日々からは解放されます。皆さん、もう一頑張りですわよ」

139 : ◆FaKmK3J/wE :2007/10/10(水) 01:08:04 0
>>133
ガル「ああ、わかってるよ」

【モップを肩に担ぐと、景色を眺めながら真剣な顔つきで答える】

ガル「この村が『鷲』との合流へ向けた最後の足掛かりだ。
   補給を済ませ次第、全速力で平原を突っ切って先方の領地へ入る」

ガル「悪ぃな。しばらくはゆっくり昼寝させてやる余裕はねぇかもしれねぇ。
    その手当ても兼ねて、米の方は大量に仕入れておくぜ」

【身軽な動作でハッチに飛び込むガル】

ガル「さて、と」

【その脚のまま食堂へ向かう】

ガル「おうおう、何してんだ男衆?」

【アシュレイとリコに向かってゴム手袋をぽいっと投げつけ、
 ひるんだ隙に両者の顔を両脇に抱え込む】

ガル「今から二時間、ニーズヘッグは艦内ピカピカ週間だ!
    逆らう奴は客分であろうと容赦しねぇぜ?」

【悪びれない笑顔で、両腕で二人の首を締め上げる】


お二人からレスをもらい次第、キョウヘン村到着でよろしいですか?

140 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/10(水) 01:12:43 O
>>138
【眠りに落ちそうになっている所でジーナからの通信が入る】

リコ「パスタ漬けから開放されるだって!こいつは良い事を聞いた!
がぜんやる気でたぜ!それじゃあ、とっととやる事やってピザの到着でも待つか!」

【重いはずだった腰は軽くなり軽快に食堂を出るが】

リコ「先生、ピザ作れんのかな?…まあいいや、今度聞きゃあいいか」

【再び軽快なステップを踏むと倉庫へと向かう】

141 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/10(水) 01:19:34 O
リロミス……orz
>>140は無視してください

>>139
【投げ付けられたゴム手袋をキャッチするが頭を脇に抱えられギブアップのポーズ】

リコ「お、OK、OKだボス!ただそのかわりチーズとイチゴ、ホイップクリームを大量に仕入れてくれ!
先生にピザとストロベリーサンデーを作って貰おうかと思ってるんだ。頼んだぜ、ボス。」

【脇の下から逃げ出すと首を撫でながら掃除に向かう】

142 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/10(水) 01:22:08 0
>>131
トウジ「セリーヌ・・・新たな出発の前に不吉なこと言うなよ〜」

【言葉とは裏腹に顔は笑っている】

トウジ「まあ、俺も嫌な予感がするけど・・・関係ねえや、お前もあんまり辛気くせえ顔するなよ」

【浮かない顔のセリーヌをトウジロウなりに励ます

143 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/10(水) 01:27:14 O
>>138
アシュレイ「そうか、パスタからもこれで解放か
……さて、格納庫に向かうか」

【重い腰を上げ伸びをする】

>>139
アシュレイ「おや、あれはキャプテンか」

【格納庫に向かおうとしたらばったりと出くわす】

アシュレイ「ああ、今から格納庫に向かおうとしていたんだ
エクスの最終点検をしなければならな……」

【言い終える前に首を締め上げられる】

アシュレイ「むぐっむぐっ……何をする」

【そう言って足元に蹴りを入れる】

アシュレイ「殺す気か!?これで計13回目の殺人未遂だ
後一回で不吉な数字だ。ぐっ……まあ、良い。キャプテンに掃除が勤まるとは思わんが……ただし、尻拭いはしないぞ」

【厳しい表情で言う】

144 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/10(水) 01:36:19 0
【グラーフユニオン前線基地】

キース「俺のかわいい!そうかわいい部下達!!喜べ!!!仕事だ!!!!」

隊員A「へっ兄貴の言葉はいつも『!』が多いね・・・」

キース「バカ野郎!そんなことはどーでもいいんだよ!!今回の仕事はなんと!!!」

隊員B「なんと?」

キース「おっと、その前に新人の紹介だ!野郎共、喜べ!!新人は女だ!!!」

隊員一同「いよっしゃ!!!!!」

【とてつもない歓声が上がる】

キース「紹介するぞ!我らが精鋭エース部隊!!キース部隊の機体の新人!!!クルセア・ヴェーダ嬢だ!!!!拍手!!!!!」

【ブリーフィングルームに割れんばかりの拍手が起こる】



145 : ◆FaKmK3J/wE :2007/10/10(水) 01:38:29 0
>>141
ガル「ああ、いいぜ。
   物資調達は当分ないからな」

【ヘッドロックを解除】

ガル「ただし、代金はお前の報酬から天引きとする!」

【むやみに堂々とした調子で言い放つ】

>>143
ガル「13回…そんなにだっけ?
    いやー、記憶にねぇなあ」

【からかっているのか天然なのか、モップを首の後ろに抱えてあっけらかんとしている】

ガル「ま、どっちみち自慢になっていいじゃねえか。
   『俺様は14の命を持つ男、アシュレイ・スタンビートだ!!』
   なんて名乗りはどうだい?」


【そのとき、突如として艦内に警報が鳴り響いた】

ガル「…!?」

【続けざまに、ダイルの緊急アナウンス】


ダイル「ガル! すぐにブリッジに戻れ!
     村が……キョウヘン村が炎上している!!」


ガル「…悪いな、アシュレイ、リコ。
    ピカピカ月間は解除だ。至急第二種戦闘配置に付いてくれ」

【そう言い残すと、食堂を飛び出していく】

146 : ◆FaKmK3J/wE :2007/10/10(水) 01:40:32 0
時間軸的に>>145は導入パートの最後に来るものですので、
敵側やキョウヘン村のイベントは通常道理に進行なさってください。

147 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/10(水) 01:44:56 0
>142
【励まされ、何とか明るい笑みを見せる】

セリーヌ「う、ん……変なこと言ってごめん。
見送るのは私なんだから、ホントは私がトウジ君を励まさなきゃいけないのにね」

【言葉を交わした直後、『独眼竜』の面々の大半が乗り込んだ輸送機のエンジンに火が入る。
出発を促す声、物資の最終確認の声、トウジロウを呼ぶ声などが混じって、辺りに響く】

セリーヌ「出発、だって。それじゃ……気をつけて。頑張ってね」

【トウジに手を振りながら、ストーム・ドラグーンから離れる。
村落の廃屋に偽装していたドッグから、輸送機が飛び立とうと翼を広げた】

148 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/10(水) 01:46:54 O
>>145
リコ「そこはボスへのツケでなんとかならねぇか?」

【くだらない事を鳴り響く警報、緊急アナウンス。リコの顔つきが変わる】

リコ「OK、どうせ村を襲うなんてGUか蛆虫野郎しか居ねえんだ。…徹底的にやってやるぜ」

【ガルを一瞥すると、相棒、レーブェの元へ向かう】

149 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/10(水) 01:51:18 O
ミスが多いな、自分…

【くだらない事を行っていると、鳴り響く警報、緊急アナウンス〜

が正解です

150 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/10(水) 01:54:21 0
>>147
トウジ「セリーヌ・・・じゃあな」

【セリーヌに手を振るとストーム・ドラグーンに乗り込む】

トウジ「女に見送られての出発か・・・悪くネェな」

【コクピットの中で笑みを浮かべる】

151 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/10(水) 02:01:04 O
>>145
アシュレイ「了解。いつでも出撃出来るようにする」

【ふざけあっていた表情が一変する
ガルを一瞥すると、格納庫に向けて駆けた】

アシュレイ「おそらく犯人はGUか。その行動が反感を増やすだけと知れ」

152 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/10(水) 02:06:54 0
>150
セリーヌ「……本当に、頑張ってね。トウジ君」

【呟いて、踵を返した瞬間、飛び立った輸送機へ数発のライフル弾が突き刺さり、轟音と共に火を噴く。
一瞬の静寂の後、村落に響き渡ったのは悲鳴と怒号、そして爆音だった】

【遥か上空を仰ぐと、過ぎ去っていく強襲用空挺の影が映る。治安維持部隊の徽章が、機体の腹にちらついていた。
そこから降下する3機のスティールと1機のスティール・ウェッジが、一気に村落を制圧しようと射掛けて来る】

【治安維持部隊は、逃げ惑う人々にはさして目もくれず、偽装した兵器庫やレジスタンス施設を狙っていた。
少し情報が古いようではあったが、おおむね的確な狙いだった】

153 : ◆FaKmK3J/wE :2007/10/10(水) 02:11:00 0
すみません、今日は落ちます。

154 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/10(水) 02:14:24 0
【すでに機体に乗り込んでいる】

団子丸「掃除がサボれると思ったら掃除より面倒なことが・・・・」

団子丸(キスケの言っていた事は間違いじゃなかったみたいでござるな)



団子丸「それじゃあ掃除してくるでござるよ」

155 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/10(水) 02:16:16 0
>>152
トウジ「なに!!」

【いきなりの出来事に状況を把握できないでいる】

トウジ「くそっ!輸送機が!嫌な予感の正体はこれか!!・・・セリーヌ!おい!セリーヌ!」

【数秒後に状況を把握したことによってセリーヌのことに気付く】

トウジ「この糞野郎どもが!!」

【スティール達に向かってガトリングガンを乱射する】

156 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/10(水) 02:24:46 0
>145
【待機機体と艦内環境、それぞれの最終確認が終わろうとしていた最中の警報に、状況を確認】

ジーナ「……ッ、そんな、まさか! 1日足らずで空挺部隊を運用してくるなんて!?

……トウジロウ君、皆さん、無事でいらしてくださいね……!」

【すぐさまハッチへ向かい、WWアヴォルタに乗り込んだ】

>155
【瓦礫の中、もうもうと立ち込める土煙を払い、セリーヌは、ストーム・ドラグーンへの通信回線を開いた。
ノイズ交じりに、悲痛な叫びをコックピットへぶつけた】

セリーヌ「……と、トウジ君、トウジ君ッ!?
何が、いったい何があったの!?
みんなは、隊長たちは……ッ、輸送機、が……!!」

【通信機伝いに入ってくるセリーヌの叫びと周囲の悲鳴は、
スティールが対人攻撃を行っていないとはいえ、村落への被害が甚大だろうことが充分理解できるほどだった】

157 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/10(水) 02:29:40 0
>156追記

セリーヌ「み、みんな退避しましょう! ここは危ないわ、巻き込まれ……ッ、きゃああああああッッ!?」

【絹を引き裂くような悲鳴を最後に、ドラグーンと通信機の回線がロストした】

158 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/10(水) 02:36:39 0
>>156
トウジ「セリーヌ無事だったか!よかった・・・」

【安堵の息を漏らすが皆が無事かどうかも確認できない】
トウジ「すまねぇ・・・わからねぇ!俺にもわからねぇ!みんながどうなったかも村がどうなったかも!!」

【コンソロールを叩きながら自分の不甲斐なさ、グラーフへの怒りを込めて叫ぶ】

【そしてセリーヌの悲鳴を最後に通信機からはノイズ音しか聞こえない】

トウジ「セリーヌ!!セリーヌゥゥゥゥゥ!」

159 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/10(水) 02:46:30 O
>>155

GU兵A「レジスタンスめ、まさかこんな機体を隠していたとはな…。」

【スティールABCは攻撃を受ける。残りHP78%】

GU兵隊長「敵は遠距離型と見た!一気に接近して叩け!!」

【スティールABCは移動射撃をしながら接近。ウエッジはブーストを全開にして突撃をしかける】

GU兵隊長「さぁ、汚物には消えてもらおうかっ!!」

【右手でビームマシンガンを、左手でビームサーベルを持ちながら突っ込む】


160 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 06:52:06 0
シラサギって聞くとどうしても七部に出てきたメカの方を思い浮かべてしまう

161 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 10:11:02 0
生活環境はAのほうがいいが、人間関係はBのほうがいい
ふしぎ!

162 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 10:20:27 O
>>161
生活環境が悪くなることで仲間同士の結束が生まれているのだろう

163 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 10:50:46 O
リーダーの差

164 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 12:43:53 O
このまま対決してAのやつら殺しちゃえばいいのに

165 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/10(水) 12:52:03 0
>>159
【スティールABCの攻撃を集落の瓦礫を盾に回避する】

トウジ「すまねぇ・・・みんな!」

【瓦礫を盾のしたことを謝りながら突撃して来るウェッジに向かって勢いよく振り向く】

トウジ「なめんなぁ!」

【手に持ったショットガンを振り向き様に数発発射する】

トウジ「てめぇらは死んでも許さねぇ!」

【背部のミサイルポッドからミサイルがウェッジに殺到する】

166 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 14:33:02 0
戦艦を除けば人数で勝っているのはAなのに、Bが勝つイメージしか湧かない

167 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 14:50:00 O
>>160

確かにw
Aチームは素人ばっかりだからな

168 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 16:43:21 O
>>167
フェリシアととぅや二人がかりでも勝てそうもない奴ばかりだからね

169 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 17:13:20 0
小麦粉のみの手打ちパスタってうどん風の何かだと思うんだが

それはそれでいいのか

>>168
Aで強そうなイメージのハガネやセレネですらいいとこ痛み分けぽ
Bにアリス様をぶつけるのは結果的に正解と言わざるを得ない

170 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 17:36:24 O
>>169
後衛はアシュレイとトウジ
前衛に団子とリコ
中衛にジーナ

確かに強いな。バランスが良い

171 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/10(水) 17:44:36 O
>>165

GU兵B「隊長、危ないッ!!」

【ミサイルを振りきれなかったウエッジをかばい、スティールB大破】

GU兵隊長「あの馬鹿がっ!」

GU兵C「よくも…!!レジスタンスのくせに生意気なんだよ!このっ、落ちろ!!」

【スティールCがサーベルを構えて斬りかかる】

172 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 18:25:17 O
>>169
対戦予想は?

173 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 18:54:15 0
>>172
一対一にはならんと思うのぜ

団子vsハガネ
リコ&アシュvsとーや&アスケラ&セレネ
ジーナ&トウジvsフェリシア&リュコス&レイン
雄vsロイド

Aは組み合わせが解らん

Bのコンビ2組はどれでもよさそう
リコ&アシュ→イケメン
リコ&トウジ→ノリノリ
ジーナ&トウジ→姉弟
ジーナ&アシュ→ガスト&ヒュッケ

174 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 19:07:45 O
>>173
Aはセレネ&アスケラぐらいしかコンビ組めそうにないな

175 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 19:13:54 0
>>174
でもあれってアスケラの片想いじゃね
セレネは念動力者が好みだろ

176 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 19:22:19 0
>>173
ちょい待ち。レインはなんやかんやでBに入る予定ではなかったか?

177 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 19:27:18 O
>>176
つかレイン消えたろ

178 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 19:38:30 0
>>177
いや本人は最初に参加不定期になるって言ってた

179 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 20:08:26 O
それより、七海が消息不明になってる方が気になる

180 : ◆GWHcy0XmhY :2007/10/10(水) 20:17:54 O
生きてますよ?
今日こそは話合いに出ないと………

181 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 20:20:38 0
>>180
ちょっと心配してたぜ

182 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/10(水) 22:19:55 0
>>171
トウジ「うるせぇ!俺の怒りを食らいやがれ!!」

【ビームサーベルをガトリングでガードすると右拳で殴りつける:ガトリング部分パージ】

トウジ「今の俺を倒せると思うなぁ!」


(この戦闘はイベント戦闘のようなものなのでトウジロウBASARAになりますがご了承ください)

183 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/10(水) 22:33:50 O
>>182

GU兵B「む、無念……うぉぁッ!!」

【コックピットに直撃を喰らい、そのままパイロットごとえぐられ声にならない声をあげる。スティールB大破】

GU兵隊長「クッ…、この私が部下を二人も失うとはな…。少々、本気で行かせてもらうッ!!」

【ビームマシンガンで牽制しつつ間合いをとる】


[ジーナさんを待ちますか?あと、GU兵が無防備なセリーヌを狙う外道イベをやりたいかも。]

184 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/10(水) 22:45:45 O
こんばんは

【レーブェのコックピット内、出撃の時を待っている】

リコ「サムライさんに、アシュレイ、それと先生、俺がニーズヘッグの正式なメンバーになってからの初の喧嘩だ。
これからの事を含めてよろしく頼むぜ!」

【味方機全機に対して通信を入れる】

(ボスことガルさんの出撃命令を待ちます)

185 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/10(水) 22:50:29 O
こんばんは。避難所に上手く繋がらないので、こちらに書き込みます。

B-3話は上手く行けば早くて明日には終わる可能性があるので、Aチームメンバーと敵役のハウデンさんはA-4話の会議を始めた方がいいかもしれませんね

186 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/10(水) 22:54:02 O
こんばんは。
避難所には繋がらないみたいですね

187 : ◆FaKmK3J/wE :2007/10/10(水) 23:07:38 0
【ブリッジに戻ったガルは、力の篭った挙動で黒マントを羽織りなおす】

アルフ「間違いありません…
     グラーフユニオンのスティール部隊のようです」」

ダイル「やはり、情報戦では奴らのほうが一枚上手だったということか…」

ボッチ「ナンテコッタイ! ドチクショウ!」

【待機中の各機にも通信は届いている】

ガル「聞いてのとおりだ。
    グラーフの連中はレジスタンスの決起を嗅ぎ付けて、芽を刈り取りにきたらしい。
    泳がせるだけ泳がせて、固まったところを軽く一捻り。
    相変わらず気に入らねぇ、浅ましい手を平然と使いやがる。
    だが、今はそんなことは関係ねぇよな…」

【目を閉じ、大きく息を吸い込む】

ガル「…いいか! あそこで待ってんのは俺らのダチだ!
    この一戦は単なるドンパチじゃねぇ!
    俺たちニーズヘッグの威信と誇りにかけて、救える命を全て救って来い!!」

【ハッチが開け放たれ、一同の前にキョウヘン村への道が示される】

ガル「野郎ども! 発進だ!!」

188 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/10(水) 23:14:34 O
こんばんは

>>184
アシュレイ「了解した
この間の戦闘を見ての通りだが、俺はバックスだ。前衛に立つお前を援護するのが仕事だ
ただ前進すれば良い。お前の周りの敵は全て狙撃してやる」

【それだけ言うとほのかに笑った】

>>187
アシュレイ「命令は受けた。これより行動を開始する
出撃する」

【ニーズヘッグから飛び出していった】

189 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 23:22:31 0
フェリシアとコーラサワーってどっちが強いんですか?

190 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 23:35:16 0
>>189
コーラサワーって何

191 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/10(水) 23:36:00 O
>>187
リコ「了解だ、ボス!蛆虫野郎は全部叩き落としてやるぜ!」

リコ「行ってくるぜ!!」

【ニーズヘッグのハッチからレーブェが飛び出す】

>>188
リコ「ハハー、そいつは頼もしいな!じゃあ、いっちょ虫退治と行きますか!」

【レーブェの腕をエクスの方へ振るとそのままハンドガンを取り出すし、現場へ向かう】

192 :名無しになりきれ:2007/10/10(水) 23:41:13 0
コーラサワーは明らかにあからさまでなぁ
それより貧乏王女が板についてきたマリナ様はどうだ

193 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/10(水) 23:42:14 O
どうもこんばんはです。

194 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/10(水) 23:44:16 0
避難所復活かな?
こんばんは

195 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/10(水) 23:46:05 0
すいません、お待たせしました

>>183
トウジ「セコいマネしやがって・・・そんなに俺を起こらしてぇのか!!」

【牽制などものともせず三連装多弾頭ミサイルを発射する】

トウジ「これでてめぇは終わりだ!」

【三発のミサイルから無数の小型ミサイルが狂ったようにウェッジに向かっていく】

(セリーヌは行方不明ですのでジーナさんに聞いてみないことにはどうにもなりませんね)

196 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/10(水) 23:51:01 0
こんばんは。

>187
【いつものように落ち着いた声だったが、幾分かの怒りが漏れ出していた】

ジーナ「了解ですわ。ジーナ・ジョベルティ、参ります……ッ!」

【発艦直後、各機に通信を入れる】

ジーナ「コンドルより各機へ。サムライ、ライオンはフォワード、クロウはバックス。
コンドルは随時援護に回ります。速攻で行きますわよ。
相手が対人攻撃をしている様子はありませんが、一刻も早く救助活動に移りましょう。

……個人的には怒ってますけど、状況は把握しているつもりです。
そこは、ご心配なく」

197 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/10(水) 23:52:31 O
>>195

GU兵隊長「のぉぉっ…!!このままでは機体が持たんか…。」

【ビームマシンガンでミサイルを撃ち落とせずに被弾し、ウエッジは右腕と左足をやられてしまう。残り30%】

GU兵隊長「せめてもの一撃を受けるがいいッ!!」

【ウエッジのブーストを全開にして加速しながら特攻を仕掛けようとする。】

GU兵隊長「天誅ぅぅぅ!!!」


[とりあえず、スティールAに関してはジーナさんを待ちます]

198 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/10(水) 23:52:56 O
>>194
また落ちてるみたいですね。
ひょっとしたら二重送信やっちゃったかも知れないです。

199 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/10(水) 23:59:22 O
>>196
リコ「ライオン了解。良い判断だ、先生。あんたの目が狂ってない事を信じるぜ!」

【全機の位置を確認し、他の機体よりやや先行するような位置に行く】

200 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/11(木) 00:04:03 0
>>197
トウジ「天誅・・・?天誅だと?どの口でそんなことが言える?どんな脳みそでそんな言葉が出て来る?」

【ストームドラグーンから、いやトウジから怒りが溢れ出す】

トウジ「・・・吹き飛びやがれ!下衆野郎!」

【腰に折り畳まれていた砲身が展開しウェッジに向ける、そして凄まじい衝撃波ともに70センチ砲が火を噴く】

201 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/11(木) 00:08:29 O
>>191
アシュレイ「…………」

【手を振るのを一瞥すると歩み出した】

>>196
アシュレイ「クロウ了解。命令通り動けるよう善処する」

【そう言って通信を切った】

202 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/11(木) 00:09:55 O
>>220

GU兵隊長「ひぃぃぃッ!?こ…この私が…、訓練では一位だったこのワタシがぁぁぁぁぁ!!」

【ストームドラグーンの眼前で機体が爆散する。ウエッジ大破】

203 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/11(木) 00:10:57 O
>>202のアンカーは>>200に訂正

204 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/11(木) 00:15:00 0
>200>202
【遠景から、望遠カメラで戦場の様子を捉える。
たった1機の奮迅の活躍により、GU側の4機のうち隊長格を含む23が撃墜されている状況に息を呑む】

ジーナ「あれは、ストーム・ドラグーン……他に機体はなし、ですか」

【ストーム・ドラグーンに対して『独眼竜』で使っていたポートでの通信を試みる】

ジーナ「ストーム・ドラグーンのパイロット、救援に来ましたわ!
ニーズヘッグのジーナ・ジョベルティです! トウジロウ・サナダから聞いていまして?」

【同時に、スティールAの足回りを狙ってロングレールガンを発射】

205 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/11(木) 00:20:31 0
>>202
トウジ「テメエ等のような権力側の人間が天誅なんて言葉を使っていい分けねえだろ・・・」

【怒りに燃える目でウエッジの残骸を見つめるとスティールAの方を向く】

トウジ「後はお前だけだ・・・ぜ!」

【マシンガンを向ける】

トウジ「Go to hell! さよならの時間だ」

206 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/11(木) 00:22:03 O
>>204

GU兵A「敵な増援だとっ!?アレは報告にあった連中か…」

【攻撃は左足の関節に当たり、機体が傾き地面に倒れる】

GU兵A「チッ、この距離から足を狙えるとは……噂通りの連中だな。」

【GU兵Aは脱出装置を使って戦闘領域から離脱する】


[これで前座は終わりです。]

207 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/11(木) 00:23:27 O
>>205

【倒れている無人のスティールに命中し、スティールAは爆発する】

208 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/11(木) 00:33:37 0
>>204
トウジ「ジーナ姐さんか!・・・すまねえ、俺が不甲斐ないせえでグラーフにやられちまった」

【暗い表情で通信を送る】


209 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/11(木) 00:43:13 0
>208
【想像はしていたが、実際に通信を受け、少し驚いた表情になる】

ジーナ「トウジロウ君は、よく頑張ったと思いますわ。
……ここまで読まれているなんて、想像以上に巧くやられましたもの。私こそ、不甲斐なくて」

【沈痛な面持ちを見せるが、すぐに切り替えて各機に通信】

ジーナ「……ひとまず、輸送機の生き残りと、積荷を確保しましょう。
キャプテン、こちらに人を回してくださいませ。衛生班の方もお願いします。
物資のコンテナは原型をとどめているのが確認できましたが、負傷者の方々はおそらく一刻を争いますわ」

【勿論、どう考えても死者のほうが多いのは解っていた】

210 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/11(木) 00:43:27 O
>>206
【戦場跡を見て】

リコ「パーティーは終了らしいな。それじゃ、ボスに言われた通り生存者を探しますか。」

【ふと、ストームドラグーンの方を向くと通信を入れ】

リコ「一人で四人を相手にするなんて、なかなかガッツあるじゃねぇか。
後悔してる途中わりいが今は残った奴探すのがさきなんじゃねえのか?」

【レーブェで瓦礫などを慎重に退かしながら話す】

211 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 00:44:48 0
ここでアリス様?

212 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 00:47:43 O
>>211
アリス様は4-B

213 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 00:48:06 0
>>211
それは別の話

214 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/11(木) 00:50:16 O
>>206
アシュレイ「想像以上に酷いなこれは……」

【辺りを見渡しながら言葉を口にする】

アシュレイ「…………」

【かけられる言葉はない、そのような雰囲気を醸し出しながらストームドラグーンを見つめていた】

215 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/11(木) 00:58:30 0
>209修正
×【勿論、どう考えても死者のほうが多いのは解っていた】

○【村落の住民への被害はそれほどでもないだろうが、輸送機の乗員に関しては、どう考えても死者のほうが多いのは解っていた】

>208
【村落は半分ほどが巻き込まれ、被害を受けていた。炎上する家屋も目立つ。
戦闘が一旦終結したことで、村落の住民も、お互いに救助活動を始めた】

少女「おねーちゃーん……ぐすっ……」

セリーヌ「いたた……だ、大丈夫よ、かすり傷だけだから。ほら、あれママでしょ」

少女「! おかーさああーーーーんんん!!」

【駆け出す少女を見送って、セリーヌも瓦礫から這い出す。瞬間、再び表情が掻き曇る】

セリーヌ「……みんなッ! まだ避難していて! また、来るわ……!」

【自分も走り出し、トウジに一言だけ通信を入れた】

セリーヌ「トウジ君、私は無事だから! それより、油断しないでね……!」

216 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/11(木) 01:15:18 0
>>209
トウジ「まずは生存者の捜索が先だな・・・」

>>210
トウジ「もちろんだ、死んだ奴のくようもしてえしな」

【そう言って瓦礫をどけ始める】

トウジ「いきなりですまねぇ・・・」

【復興作業を始めようとした矢先、集落の近くにスティールの集団が現れる】

キース「どうやら先客が来ていたようだが手厚い歓迎をうけたようだなぁ!」

隊員A「ヘッ、マヌケな奴らだ」

隊員B「ヒャアハッァ!早く泥棒退治といこうぜ兄貴!」

キース「そうだな!派手に往こうぜ!!野郎共!!!」

一同「おおぅ!」

【集落に向かってスティールブラストとスティールABCDEがなだれ込む】

キース「クルセアの嬢ちゃん?初陣だろう?どうだ緊張するかぁ!」




217 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/11(木) 01:23:25 O
>>216

【赤い巨人--ブラッドゲインに乗ったクルセア・ヴェーダは自分をすんなりと受け入れるキース隊長に内心驚いている】

クルセア「気分は悪くないわよ、これがね。」

【しかし、戦闘を前にして高揚しているのか態度は崩さない】

クルセア「意気込むのもいいけどホドホドにね、…これが。今日は新型のテストだからアナタの背中は守れないけどいいのかしら?」

【緊張はせずに余裕の笑みをかます】

218 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/11(木) 01:25:14 O
>>216
アシュレイ「奴らまた……」

【スコープに機影が映る】

アシュレイ「この距離から仕掛ける」

【フォトンライフルを構え集団に向け連射する】

今日は早いですが落ちます

219 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/11(木) 01:28:43 O
>>216-217
リコ「……………どうやらメインイベントはこれからのようだな!」

【持ち上げていた瓦礫を振り向きざまにスティールAに投げ付ける】

リコ「今の俺は気が立ってるんだ…死にたくなきゃ早々にうせな」

220 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/11(木) 01:41:05 0
>>217
キース「俺の背中を守たぁ!大きく出たな嬢ちゃん!!おもしれぇ!!!思いっきりやんな!!!!」

【クルセアに好きなようにしろと言うと全機に向かって通信を行う】

キース「標的は俺の獲物だぁ!誰も手ぇ出すんじゃねぇぞ!」

一同「「合点だぜ!兄貴!」」

【ABCDはフォトンライフルの射撃を回避するがEだけが食らう:EのHP:80%】

隊員A「乱暴な野郎だぜ!」

【手でガードするHP:90%】


キース「ドラグーンのパイロット!俺は甘かねえぜ!!」

【ビームマシンガンを広範囲にバラまく】

トウジ「仲間を助けなくちゃいけねぇんだよ!邪魔するんじゃねえ!」

【カメラとコクピットに被弾しないようにガードするHP:90%】

トウジ「いくぜぇ!」

【ミサイルポッドからミサイルを発射する】

キース「うおぉ!やるじゃねぇか!」

【ほとんど避けるが一発だけ被弾するHP:90】



221 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/11(木) 01:49:43 O
>>220
リコ「ハッ!やる気まんまんて感じだな。いいぜ、その気なら最後まで付き合ってやるぜ!」

【ハンドガンを手の上でクルリと回し構え直すとスティールAに向け連射する】

222 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/11(木) 01:50:39 0
>220
【来襲した敵機たちにマシンキャノンを叩き込みつつ、上空に位置取る】

ジーナ「機体照合……『スティール・ブラスト』。キース隊ですか。
わざわざ治安維持隊の情報を掠めてまでなんて、ホントに、熱心なことですわね!!」

【頭上を急制動で旋回しつつロングレールガンを連続で射掛け、スティールたちの脚やセンサーを潰しに掛かる】

223 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/11(木) 01:54:25 O

>>218

【アシュレイの僅かな念を察知する。】

クルセア「(これはッ…!?フフフ…なんて私は運がいいのかしら、これがね。)」

【ブラッドゲインはフォトンライフルを回避する】

クルセア「次からはもっとよく狙うことね…。」



>>220

クルセア「じゃあ、お言葉に甘えさせてもらおうかしら…これがね。」

【ブラッドゲインは部隊から突出する】

クルセア「(うふふ…、まだもう一人いるみたいね、“対象”が…!ホントに暫くは退屈しないで済みそうね、これが。)」

【キース隊長と対峙しているトウジロウの念も察知するクルセア。】

クルセア「(あっちが隊長さんの獲物なら、…フフッ、私の獲物はコレにきーめたっと♪)」

【エクスヒュッケバインにターゲットを絞る】

クルセア「受けなさいっ、ドラゴンフレイム!!」

【エクスヒュッケバインに対し、ブラッドゲインは青龍鱗もといドラゴンフレイムを放つ】

クルセア「(見せてもらいますか、アナタの“力”を…これがねっ。)」


[自分も落ちます]

224 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/11(木) 02:20:47 0
>>221
隊員A「粋な野郎だぜ!!戦いを楽しもうぜ!」

>>222
【スティールBCDの動きが少し鈍る。全機HP:85%】

一同「「ウロチョロしやがって!」」

【がむしゃらにジーナ機に向けてビームライフルを発射する】


キース「ここらなら被害はでねぇぜ!思いっきりやり合える!!」

【近くの岩場を盾にしながらビームマシンガンでトウジを狙う】

トウジ「グラーフのくせに気が利くじゃねえか!」

【そう言うとキースに向けてショットガンを撃つ】

キース「そんな小便玉痛かねぇな!」

【ショットガンを全身に受けるHP:80%】

キース「攻撃ってのはこうするんだよ!」

【大型ビームランスを展開し全力で突撃する】

トウジ「なんてスピードだ・・・うぐぅ!」

【ドラグーンの運動性能では回避しきれず右腹部が抉られるHP:70%】

トウジ「くそっ!ドラグーンのスピードじゃ、勝てねえ・・・奥の手を使うしかねぇか」

今日はこの辺で失礼します
キース「



225 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/11(木) 03:46:37 0
【断冴猪斬遅れて登場】

団子丸「すまぬでござる!整備を怠っていたせいか出遅れたでござる!!」




>>224
団子丸「ジーナ殿遅れた分ちゃんと働くでござるよ」


【スティールBに口に銜えていた鉄針で攻撃】
【とりあえずスティール達の意識をこちらに引こうとする】



226 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 13:10:16 O
B-3展開早いな

227 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 13:17:23 0
トウジロウとリコはキャラ被ってるのかと思ってたが違うみたいだな

Bチームは硬派なんだけど硬派過ぎないのがいいね

228 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 13:23:32 O
違いはダンテと伊達政宗ぐらいの違いだからな

229 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 13:26:02 O
七海はB-3から参戦するんじゃないのか?

230 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 13:37:47 O
>>229
話し合いに参加するっていってたんだけどな

231 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 13:45:53 0
B-3話はこのまま終結しそうな件について

B-4話に登場だとすると、登場するなりアリス様にフルボッコされるな

>>226
Aが長引いてた間に打ち合わせてたみたいだからこんなもんなんじゃね

232 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 14:01:58 O
アリス様はA-4じゃね?

233 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 14:02:27 O
>>231
A-3のあとじゃそう思っちまうのさ

七海消えなきゃいいけどね

234 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 14:03:45 O
>>232


235 :234:2007/10/11(木) 14:04:39 O
>>234
ミスった
4-Bだよ
まあ、4-Aにしても良さそうだが

236 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 14:17:34 O
え?
うそ、A4だろ?

B4がアリスだったらA4は何になるのさ?

237 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 14:18:43 O
>>236
閣下率いるアスクレピオス隊

238 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 14:34:25 O
4話で負けて5話で合流だったけ?

239 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 14:43:17 O
A4:アスクレ隊に敗北
B4:アリス様顔見せ
5:Aチーム対Bチーム

240 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 14:50:38 O
>>239
A対BはBが勝ちそうだけどハガネが変な策使ってきそうだな

六話は合流して7以降が未定なのか

241 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 14:56:06 O
>>240
合流したら、チーム再分割らしいよ

242 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 15:02:54 O
>>241
再分割しないと戦闘が大変なことになるな

一人で敵役やったら返し切れないぞ

243 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 15:10:30 0
すぐ分割なのか

母艦どうすんだろ

244 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 15:57:13 0
>>236
ハウデン閣下がBチームに勝っちゃうと
いい感じに醸成されてきた閣下の小物感が薄れちゃうしね

245 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 18:06:18 O
特攻野郎AチームW

246 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 18:22:35 O
とぅや、ハガネ、ロイド、ガル、アシュレイ、団子、リコ、トウジ

君はどのキャラが好き?俺は団子

247 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 18:48:15 0
ハガネが「俺のグレンキャノンを味わうか」って言っt

ごめん自重する

248 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 18:54:31 0
反グラーフで鳴らした俺達特攻部隊は、濡れ衣を着せられアスクレ隊に逮捕された。
刑務所を出される代わりに、ニーズヘッグと対決させられた。
しかし、黙って従っているような俺達じゃあない。
筋さえ通れば金次第でなんでもやってのける命知らず、
不可能を可能にし巨大な悪を粉砕する、俺達、レジスタンスAチーム!

俺はリーダー、ハガネ。通称ハガネ。
奇襲戦法とタチバナの名人。
俺のようなKYでなければ百戦錬磨のつわものどものリーダーは務まらん。

私はフェリシア・ファルネシア。通称マスター。
あまりの迂闊さに、出撃するたびイチコロさ。
ハッタリかまして、スティールから猫娘にまで、何にだってやられてみせるぜ。

アスケラ・ルクバート。四時まで百合の天才だ。
覇天王でもブン殴ってみせらぁ。
でもセレネと戦うのだけはかんべんな。

よぉ!お待ちどう。俺様こそ烏丸統也。通称とうや。
初心者っぷりは天下一品!
邪気眼?民間人じゃない?だから何。

俺達は、道理の通らぬ世の中にあえて挑戦する。
頼りになる神出鬼没の、レジスタンスAチーム!
助けを借りたいときは、いつでも言ってくれ

249 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 18:57:45 O
そしてやっぱり忘れ去られるリュコスと

250 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 19:16:23 O
リュコスはいい娘過ぎてネタにしてはいけない空気が

251 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 19:17:24 O
つかAチーム勝てる要素ないだろw
人数では勝ってるのに何故か惨敗する風景しか浮かばん

252 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 19:31:01 O
同じキャストオフタイプの機体を使う若者だが

フェリシア→クイーンオブ迂闊
トウジロウ→熱血漢だけどバカではなさそう

フェリシア可愛いよフェリシア

253 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 19:33:35 0
後継機予想は?

まだ早いか。

254 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 19:49:11 O
アリス様…多分ドS 学園でいうと理事長の孫 ライフのいじめっこ的
とぅや…クラスのモテ男
鋼…生徒会長
トウジロウ…DQNぽいけどいい奴
フェリシア…ドジっ娘 エロ要員
ジーナ先生…独身理系腐女教師 実験スキー
アスケラ…百合要員 夕方の体育館が似合う
閣下…理事長に媚びを売る教頭

255 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 19:57:56 0
>>254
二番目ちょっと待てw

256 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 20:17:47 O
>>253
アシュレイ→R-2.5

257 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/11(木) 22:15:19 0
>224
【急上昇し、ビームの弾幕から退避する。少し掠めて残HP90%】

ジーナ「きちんと狙わないと、当たるものも当たりませんわよ……ッと」

【赤い機体を初めとする敵機の動線を見極め、全体の戦況を把握する】

ジーナ(あの赤いの、エクス狙いですの?(>223)
ブラストはトウジロウ君狙いですか。トウジロウ君、何か考えがお有りですわね(>224)。任せましょう。
と、いうことは……)

>221>225
【ニーズヘッグ隊の共通回線をオープン】

ジーナ「リコさん、そのままスティールを抑えてくださいまし! 私も援護いたします!
団子丸さんはあの赤い機体を抑えに向かってください、アシュレイさんとの距離を詰めさせ過ぎるわけにはいきませんわ!」

>224
【続いてトウジロウへ通信】

ジーナ「トウジロウ君。……お一人で、やれますわね?」

258 :名無しになりきれ:2007/10/11(木) 22:17:18 O
マジで番外編とかで学校の話とかしてほしいな

259 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/11(木) 22:49:51 O
こんばんは

>>223
アシュレイ「速い……」

【回避運動を取るが避けきれず念動フィールドで受け流した
残りHP82%】

アシュレイ「試してみるか」

【バルカンで弾幕を張りつつチャクラムシューターを発射
バルカンの陰に隠れながらも生き物のようにブラッドゲインに迫る】

260 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/11(木) 23:06:59 O
>>259

クルセア「(あのバリア、間違いないわ……それなりにあるじゃない……“力”がねっ!)」

【バリアフィールドが念動フィールドであると看破する】

クルセア「その程度の攻撃、かわすまでもないわね…。」

【バルカン全弾命中 残り98%】

クルセア「って、本命はこっちだったのかしら?

【うねうねと迫りくるチャクラムの直撃を食らう 残り93%】

クルセア「ホント、いやらしい動き方をする武器ね。アレで私を凌辱するつもりなのかしら、これがね。
フフフ、でもね……」

【ブラッドゲインの装甲が自己修復を始める】

クルセア「今のアナタとその機体じゃ、まだパワーが足りないわよ!!」

【ブラッドゲイン残りHP98%】

クルセア「(こちらの稼動も順調ね…。次は武装の確認もやらないとね、これが)
貫きなさいっ、タートルナックル!!」

【反撃に玄武甲弾もといタートルナックルを撃つ】

261 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/11(木) 23:11:32 0
こっち側は書き込めるかな?


>>257
団子丸「任されよ!赤い機体でござるな」

【ブラッドゲインを発見し 直ぐにアシュレイの援護に向かう】



>>259
団子丸「アシュレイ殿、お主が戦いやすい位置まで移動する間その赤いのは
拙者が引き受けるでござる!でもちゃんと奴の隙に一撃を狙撃してほしいでござるよ」

【ブラッドゲインとエクスヒュッケバインの間に入り エクスヒュッケの壁になる】

>>260
団子丸「お主の相手は、しばしの間拙者がお相手いたす」

【刀を抜き突きの構えで突進する】

団子丸「断冴刺!!」

262 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/11(木) 23:24:53 O
>>260
アシュレイ「クソ……機体が鈍いのが裏目にでるか」

【タイガーナックルを回避仕切れず念動フィールドで防ぐ
残りHP71%】

アシュレイ「自己再生金属……バカな。グラーフユニオンがそんなものを持っているはずが
……使うかGドライバーキャノン」

【チラリと機体を見やる】

アシュレイ「いや、外したら終わりだ。まだダメだ……まだ」

【ドライバーキャノンを構え発射する】

>>261
アシュレイ「すまない……気をつけろ
そいつはかなりやる」

263 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/11(木) 23:28:30 O
>>261

【襲いかかるダンゴイザーを視認して】

クルセア「うぐぅ!?……チッ、あくまで私の邪魔をするつもりかしら?」

【不意の突きに反応が出来なかった。残りHP89%】

クルセア「…なによ、このエラー音は?」

博士「…それはだねぇ、クルセア君。運が悪い事に、今の一撃で未完全だった自己修復機能が壊れてしまったんだよ。
まぁ…ちょっといじれば直すことは出来るが、今は戦闘中だからねぇ……。」

クルセア「まぁ、いいわ。この連中になら、まだアレはいらないわよ…。それに、危機感の無い戦闘なんてツマラナイだけよ…これがね!」

博士「ウヒヒヒ…そうかい、そうかい。まだ他にもエラーがあるかもしれないからバッチリとテストしてもらいたいものだよ、クルセア君。」

【薄気味悪い笑いを浮かべながら博士は交信を勝手切ったようだ】

クルセア「(…ったく、あの曲がった笑い方はなんとかならないものかしら?)
さぁて、この借りはたぁっぷりと変えさせてもらうわよ♪
喰らえ、タイガーブリーカー!!死になさいッ!!!」

【ダンゴイザーに接近して、白虎絞もといタイガーブリーカーを仕掛ける】

264 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/11(木) 23:37:27 0
>>263
団子丸「あいや〜〜〜〜!!」

【タイガーブリーカーを受けたダンゴイザンはその場で消滅した】

【消滅したダンゴイザンの隣側にうっすらと影が出来 ダンゴイザンがもう一体現れる】
【分身でその場を緊急回避】

団子丸「ああ・・・びっくりした・・・今の一撃は重そうでござるな」


【とりあえずエクスヒュッケバインをブラッドゲインの視界から外すため位置取りを始める】
【けん制用に鉄針を飛ばし気を引き付け 離れすぎずあまり近すぎずをキープする】

団子丸「こやつかなり強いでござるな
これは拙者もただでは済まないでござる・・・・まあ拙者がやられたらアシュレイ殿に任せるとしよう」

265 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/11(木) 23:41:56 O
こんばんは

>>224
リコ「それじゃ、行くぜ!」

【一式を構えると一気に距離を詰める】

リコ「Are you reday!」

【上段斬り、斬りあげ、横凪ぎと連続で斬り付ける】

266 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/11(木) 23:45:02 O
>>257へ返信忘れ……


リコ「OK、先生。雑魚の相手はさっさと終わりにしよう」

【ジーナ機に向かって親指を立て、了解の合図を送る】

267 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/11(木) 23:50:31 O
>>264

クルセア「…代わり身の術かしら?やるわね…、ますます面白いわよアナタ達!!
気に入ったわ、これがね。」

【ダンゴイザーの分身に興味を持つクルセアであった。】

>>262

クルセア「(……!!)」

【アシュレイの殺気を感じとる】

クルセア「……見えたッ!!」

【間一髪の所で直撃は避けたが機体が大きいのが災いして、かすり傷を負う。残りHP80】

クルセア「あらら…避けきれなかったわ、これがね。
(これが特機というワケね…。こればかりは機動性の低さに慣れるしかなさそうだわ、これが。)」


【ダンゴイザーとエクスヒュッケバインの立ち位置を確認して】

クルセア「あのサムライが囮となり私を引き離し、“対象”がコチラの射程外から援護射撃を行う…といった構図ね。なるほどなー」

【二人の連携作戦に関心する】

クルセア「ウフフ…でもね、私の狙いは最初からア・ナ・タだけなのよっ♪」

【妖しい笑みを含みつつ、ダンゴイザーの牽制を無視してエクスヒュッケバインに詰め寄る】

クルセア「受けなさいッ、フェニックス・ストライク!!!」

【エクスヒュッケバイン--アシュレイの実力を試すべく舞朱雀もといフェニックス・ストライクで攻撃を行う】



268 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/11(木) 23:58:19 0
>>257
トウジ「当たり前だ・・・こんな奴俺ひとりで十分だ!」

キース「俺もずいぶん舐められたもんだな!見して貰おうかお前の奥の手とやらを!!」

トウジ「そう焦るなよ!」

【マシンガンやミサイルを撃ちながら接近する】

キース「奥の手がバンザイアタックとは発想が貧困だな!」

【マントでマシンガンを防ぎ、ミサイルをビームマシンガンで撃墜する】

トウジ「はっ!予想通りだぜ!」

【砂埃でキース機の視界が悪くなる】

キース「だからどうした!」

【大型ビームランスを前方に突き刺す】

キース「手応えは十分だぜ!」

トウジ「いただきだ!」

キース「なに!」

【ブラストの真横から姿がシャープになったドラグーンがブレードを両手に持って突き刺す】

キース「これが奥の手ってやつか・・・やるじゃねぇか・・・」

【ブラスト:HP:20%】

>>265
隊員A「格が違いすぎるぜ!」

【全てがクリーンヒットHP:20%】

隊員A「せめて一太刀ってね!」

【ビームサーベルで斬り掛かる】




269 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/12(金) 00:02:42 0
>>267
団子丸「それが見たかったでござるよ・・・」

【エクスヒュッケバインの方角はダンゴイザンからみて正面 ブラッドゲインの背面を狙う】

団子丸「拙者が囮なのは見え見えでござる、だから本命はお主の隙を狙うことでござるよ」

【刀を突き出し断冴刺でブラッドゲインの後を攻撃】


団子丸(こやつ・・・・アシュレイ殿を試しているようでござるな・・・)

270 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/12(金) 00:04:15 0
>268
【リコが敵に踊り込む影を縫って、スティールB〜Eの注意を引きつけるよう、ロングレールガンで狙っていく】

ジーナ「さ、貴方がたも、リコさんのダンスショウにお付き合いくださいな。所作は私がレクチャーいたしましてよ」

271 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/12(金) 00:06:54 O
>>267
アシュレイ「…………」

【念で反応を感じ取ると横にステップを取ったが避けきれずにかすり傷を負う
残りHP50%】

アシュレイ「段々使い方を思い出してきたよ」

【近距離からフォトンライフルを撃つ】

>>264
アシュレイ「どうやら奴の狙いは完全に俺のようだ
……足止めはしなくて良い。その刀を叩き込んでやれ」

272 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/12(金) 00:13:49 O
>>268
リコ「悪いな、家の相棒は引くって事を知らなくてね」

【ビームサーベルが機体の横スレスレを掠める。残りHP80%】

リコ「こいつをくらいな!」

【突きの連続。突きの早さが最高点に達するとまるで千の突きが壁を作っているかのような錯覚が起きる】

リコ「吹き飛びな…!」

【千の突きが一点に凝縮されると、最後の一撃に強烈な突きを放つ】

273 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/12(金) 00:16:22 O
>>268

クルセア「大丈夫かしら、隊長さん?あまり、無理はしないほうが身のためよ…これがね。
(そろそろ、引き際かしら…?テストもこれだけやれば十分だし。)」

【乗機が中破しているキース隊長を気遣う】

>>269

クルセア「ウフフ…それも予測の上での行動なのよ、サムライさん。」

【ダンゴイザーの攻撃を回避する】

クルセア「そんなに私を突きたいのなら、もっと太くて硬いのを希望するわ。それでいて、もっと激しくないと女を落とせないわよ…、これがね。」

【団子丸をからかう】


>>271

クルセア「悪くない反応ね…。けど、合格点にはまだまだかな…これがね。」

【アシュレイへの現段階の評価が決まったようだ】

クルセア「あぁぁぁっん!?そんな間近からチョッと激しすぎよっ!」

【特機だから避けれる筈がなく、全て命中する。残りHP70%】


[次の書き込みで撤退するので、ブラッドゲインへの攻撃はしないでください]

274 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/12(金) 00:24:25 0
>>270
B〜E隊員「「空ばっかり飛びやがって降りてきやがれ!」

【懲りずにビームライフルを打ち続ける】

>>272
隊員A「こんな奴勝てるわけねぇだろ!」

【スティールA大破】

隊員B「ひゃっはぁ!Aの奴がやられちまったぞ!」

隊員C「情けねぇ奴だ!俺たちでいっちょ揉んでやるか!」


トウジ「俺の勝ちのようだな!」

キース「そうは問屋が卸すかよぉ!」

【ビームランスを縦に振う】

トウジ「もらったぁ!」

【ビームランスがコクピットの脇をかすめるがドラグーンのランスが突き刺さる】

キース「馬鹿なぁ!」

【キース機大破】

275 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/12(金) 00:25:11 O
>>273
アシュレイ「自己再生金属が反応しない……?今ならあるいは…Gドライバーキャノンを使えば……」

【静かに瞑想をする】

アシュレイ「……少し……問おう貴様何者だ?」

【オープン回線でクルセアに問う
その間にエネルギーをチャージしていく】

ちなみに、撃ちませんのでご安心を

276 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/12(金) 00:27:15 0
>>273
団子丸「やれやれ・・・お互い読みあっていたでござるか」


【刀を収め 構えを取る】


団子丸「・・・・・・・・・・」

277 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/12(金) 00:29:34 O
博士「…そこまでだ、クルセア君。」

【博士はまたも唐突に通信を入れる】

クルセア「今、すごくイイところなの。私の楽しみの邪魔をしないでくれない?」

博士「もう、ブラッドゲインのテストは充分だよ。それに、戦闘を中止してもらいたい理由は他にあるんですよねぇ、これが…。」

【博士が暗号文を送る】

クルセア「……!?これは本当なのかしら?」
博士「私がジョークも冗談も好きでないのはご存じでしょう…。そう、紛れもなく“あの御方”がコチラに来ているのですよ。
あぁ、なんたる幸せ!!“あの御方”がまたも美しく素晴らしい破壊のワルツを奏でて下さるのですよ、クルセア君!!
私達が“あの御方”に御挨拶をしなくてはなりません!!ですから、さっさと戻ってきなさい!
いや、今から私が…」

【ある人物の来訪に興奮しきっている、博士】

クルセア「分かったわよ、博士。
(…丁度いいタイミングね。これで、“あの方”に今回の件の報告が出来るわ、これがね。)
少し勿体ないけど、今日の所はこれまでにして置いてあげる。けど、次に会った時は容赦はないわよ、これがね。」


【ブラッドゲインは戦闘領域から撤退する】


[B-3の終わりのアリス様との交信まで待機ですかね]

278 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/12(金) 00:31:35 0
>274
【呆れたような表情で呟く】

ジーナ「……わざわざオープン回線で言うことですか。仕方ありませんわね、少し付き合って差し上げます」

【ダブルシザークローを展開し、ビームライフルの連射を突っ切って迫る。残HP75%
同時に、オープン回線で通信】

ジーナ「参りますわよ! その言葉、後悔なさらないでくださいまし!」

【マシンキャノンをばら撒きながら、手始めにスティールDへ、シザークローで襲い掛かる】

279 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/12(金) 00:40:54 O
>>274
リコ「ハハー、楽勝!」

【他のスティールに向き直ると】

リコ「came on man?」

【おいでおいでのポーズをしながら挑発】

280 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/12(金) 00:41:02 O
>>275

クルセア「(あら、なかなかイイ男じゃない!今スグに捕獲したいかも、これがね。)」

【真面目なアシュレイに対して、態度を特に改める気はないようだ】

クルセア「…そうねぇ、今はシャドウ・ウルフとでも名乗りましょうかしら、これがね…。
私はアナタに個人的な興味がある17歳でーす♪(おいおい」

【からかうが、あまりにもアシュレイが真面目なので表情を変えて】

クルセア「まぁ、今のは流してくれていいわ。
私は“アナタ達を監察する者”の使いよ。
今はこれぐらいしかヒントをあげられないけど、私を追い詰める事が出来たなら全部教えてあ・げ・る♪
けど、また今度ね!」

【アシュレイを軽く挑発してみるクルセア】

クルセア「(そう…、私のために強くなりなさい。そしたら、いつかアナタを迎えに来てあげるわよ…これがね。)」

281 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/12(金) 00:44:59 0
>>277
団子丸「おお、撤退したでござるな」


【その場に座り込む】

団子丸「はあ・・・・やれやれ、久しぶりでござるなああ言う強い輩は」

282 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/12(金) 00:50:22 O
>>280
アシュレイ「監査する者か……」

【噛み締めるようにそう呟いた】

アシュレイ「あるいは…いや、止めておこう。下手な詮索は無意味だ」

283 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/12(金) 01:13:54 0
すいません。書いてた分が消えてしまいましたorz

>>278
隊員D「なめんなぁ!」

【クローにカウンターを合わせるようにビームサーベル振う】

>>279
隊員BC「いっちょやってやるぜ!・・・撤退命令?」

キース「すまねぇ!俺がやられちまった!」

【キース機が敗北したことによりキース隊撤退】

284 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/12(金) 01:23:52 0
>283
【姿勢を無理やり変えて、攻撃しようとしていたクローでビームサーベルを持った手を受け止める】

ジーナ「……どうやら、勝負は打ち切りのようですわね」

【横倒しにした機体を回転させ、敵から弾かれるように距離を取った】

285 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/12(金) 01:24:47 O
>>283
リコ「お帰りか?なんだよ、まだshowtimeは始まったばかりだぜ?」

【やれやれと言った感じで】

リコ「にしても…雑魚は大した事はねえが……あの赤いの……実際やりあったらどうなる事か…
ま、考えても仕方ねえか!」

286 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/12(金) 01:42:20 0
団子丸「戦闘終了でござるか?ならこちらも帰還するでござる」

【ダンゴイザンはニーズヘッグへと戻っていく】





とりあえずこれで落ちます

287 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/12(金) 01:58:39 0
>274>282>285>286
ジーナ「皆さん、思うところはお有りでしょうけれど……
まずは、村落と輸送機の負傷者救護と、物資の搬入を済ませましょう。
村落への直接被害は少ないとはいえ、一刻を争う事態には違いありませんわ」

【黒煙がくすぶる村に、自責の念を感じつつも、努めて冷静に通信する】

ジーナ「……というわけで、キャプテン。改めてこちらに、衛生班と搬入作業用の人員をよこしてくださいませ」

【ブリッジへの通信内容は、いつものように的確なものだったが、声のトーンに、ほんの少し張りがなかった】

288 :名無しになりきれ:2007/10/12(金) 11:47:37 0
Aが進行遅いって言われてたけど、A-3が6日、B-3が今日含めて4日だから、
あんま難癖つけることもないと思えて来た。

289 :名無しになりきれ:2007/10/12(金) 12:09:51 O
>>288
2日ってかなり違うだろ

290 :名無しになりきれ:2007/10/12(金) 12:51:09 O
まあ、いいんじゃない?
今日終わるんだし

291 :名無しになりきれ:2007/10/12(金) 13:05:12 O
日数が多いのは規制もあったし都合もあるだろう

でも話の内容はBのほうが濃かったと思う
トウジロウとキースの対戦はマッチポンプ気味だったけどあのシチュならあり

292 :名無しになりきれ:2007/10/12(金) 14:27:34 O
マジでトウジロウBASARAやったな

個人的にはハウデン閣下の強さに期待

293 :名無しになりきれ:2007/10/12(金) 17:39:11 O
待ちに待ったハウデン閣下とアリス様の初陣だな

294 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/12(金) 20:36:23 0
規制解除ですねこんばんは

295 : ◆FaKmK3J/wE :2007/10/12(金) 23:42:50 O
すみません、PCの様子がおかしいうえ、体調を崩しているのでリカバー作業をするのもキツい状態です。
ニーズヘッグの方は皆さんの都合に障らないように動いていることに、フェリシアは機体がボロボロで出撃できないということにさせていただいて、
今晩はお休みさせていただけないでしょうか?
明日

296 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/12(金) 23:45:40 0
>295
了解しました!
しっかりお休みになってください。快癒をお待ちしております。

297 : ◆FaKmK3J/wE :2007/10/12(金) 23:54:29 O
>>296
ありがとうございます。
他の皆さんも、ご迷惑をおかけしてしまってすみません。

今日はこれで失礼します。

298 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/13(土) 00:16:05 O
>>287
リコ「了解だ。さて、パーティーの跡片付けはしっかりと…
使った物はしまいなさい、汚したら片付けなさい、っと」

【レーブェを動かすと再び村の生存者と瓦礫を取り除く作業にはいる】

299 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/13(土) 00:21:07 0
【ニーズヘッグから遣わされた作業員と、村の人間が、共同で瓦礫を片付け、手当てをし、物資を積み込んでいく】

ジーナ「はい、そのコンテナはこちらへ。それは……いえ、結構ですわ。貴方がたで使ってくださいませ」

【不幸中の幸いか、トウジの活躍とキース隊の戦場選択により、村落での死傷者は、思っていたほど多くはなかった。
だが、治安維持隊が動いたこと、施設に打撃を受けたことで、住民の選択は限られることとなった】

村民A「よせやい。誰もアンタを責められんよ」

村民B「済まない、俺はどうなってもいいんだが」

少女「おとーさん……?」

村民B「……ああ、大丈夫だよ。お母さんも掠り傷だからね」

【村落から離れ、新天地を探すか、GUの治安に降り、なけなしの庇護を受けるか。
それぞれが、自分のため、家族のため、仲間のため、道を選んでいた】

老人「わざわざ悪いですのう、お若いの」

アルフ「いえ、原因の一端は、自分たちにもあります。このくらいはさせてください」

老人「いいんですじゃよ、解ってやっておったのです、いつかはこういうこともある」

【そこに、レジスタンス『独眼竜』や盗掘団ニーズヘッグへの負の感情は、ほとんど見えない。
彼らも、GUと戦っていたのだろう】

【衛生班から、輸送機に乗っていたメンバーの状況を報告される。
半数近くが死亡、生き残りも多くが重傷で、ニーズヘッグに乗り込めるのは数人、とのことだった】

ジーナ「そうですか……物資が無事なのは不幸中の幸いですわね。……ええ、いくらかは置いていくことにしますわ」

300 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/13(土) 00:28:06 0
>>298>>299
トウジ「姐さん・・・それと・・・兄ちゃん、すまねえな、後片付け手伝ってもらってよ」

【ジーナとリコに感謝の通信を送る】

トウジ「キースか・・・グラーフにも男はいるんだな」

301 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/13(土) 00:31:41 O
アシュレイ「…………」

【エクスヒュッケバインから人々の顔を見渡した
不安そうなもの、泣き叫んでいるもの……様々なものがいた
アシュレイは小さく溜め息をつく】

アシュレイ「手伝うか」

【リコに協力するように瓦礫をどけていった】

302 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/13(土) 00:32:58 0
>300
【撃墜された輸送機は、鎮火したとはいえ、煙がくすぶり、うめき声や血の匂いが漂う惨状には違いなかった】

セリーヌ「……トウジ君……無事? 聞こえる……?」

【ドラグーンに通信が入る。少し震えるセリーヌの声がコックピットに響く】

セリーヌ「隊長、亡くなったわ……副長は大怪我してた、乗り込めないと思う……」

セリーヌ「……大丈夫よ、もう、泣いてない、から」

セリーヌ「……でも、こっち来て、手伝ってくれる?」

303 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/13(土) 00:46:34 O
>>300
リコ「リコだ、リコ・ヴァレンタイン。
なに、いつもの事さ…俺も先生も別に嫌々やってるわけじゃない。あんまり気にするな。」

>>301
リコ「おぉ、アシュレイ、thanks!」

【通信を入れ、礼を言う】

304 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/13(土) 00:47:39 0
>>302
トウジ「そうか・・・いい人だったんだけどな」

【隊長が死んだと聞いて少し気持ちが落ちる】

トウジ「ああ、セリーヌお前は泣くなよ、お前は強いんだからな」

【セリーヌを励ます】

トウジ「オーケーすぐに行くぜ」

【ドラグーンを使って輸送機の残骸を片付けていく】

305 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/13(土) 00:49:45 O
>>303
アシュレイ「人として当然のことをするだけだよ
そっち側を頼む。俺は向こう側をやる」

【エクスヒュッケバインで指示を出す】

306 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/13(土) 01:00:41 O
>>305
リコ「ハハー、良い事言うね。そうだよな、人として当然だよな。」

【なぜだか嬉しそうに笑う】

リコ「OKOK、俺と相棒に任せときな」

307 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/13(土) 01:00:56 0
>>303
トウジ「ありがとよ・・・
    そう言えば自己紹介がまだだったな、俺はトウジロウ、トウジロウ サナダだ
    トウジって呼んでもかまわねぇぜ!そのかわり俺はお前のことをリコって呼ぶからな」

【初対面なのに馴れ馴れしく通信を送る】



308 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/13(土) 01:01:50 0
>304
【血だらけのセリーヌが、ドラグーンのカメラでも捉えられる】

セリーヌ「……あ、これ私の血は少しだけ。額切っちゃったの。後は、手当てとか救助とか」

【顔や手の血を拭うと、コックピットを見上げて、神妙な面持ちで伝える】

セリーヌ「あのね、トウジ君。
……『独眼竜』は、少なくとも今ここではもう成り立たないだろう、って。副長が言ってたわ。

動ける人員は、村落の復興を手伝うか、ここを離れて活動するか、各々選んでくれ、とも。

私は、ここを離れることにするわ。……うん。また会えるはずよ。予感がするから」

【す、と目を細めた】

309 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/13(土) 01:10:24 O
>>306
アシュレイ「ああ、頼んだ。一人でも多く助けるために……一つでも多くのことをしよう
俺達に出来るのはそれだけだ」

【そう言うとにこやかに笑う】

310 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/13(土) 01:11:52 0
>>308
トウジ「そうか・・・俺もお前とはまた会えるきがするな、再会がいい出会いであることを祈るぜ」

【セリーヌの決意を聞きそれを尊重することを選択してきれいに分かれることを選ぶ】

311 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/13(土) 01:20:47 O
>>307
リコ「OK、トウジ。これからしばらく一緒の釜の飯を食うんだ。
よろしく頼むぜ。」

【にやりと笑う】

>>309
リコ「へへ、ああ、やってやろうじゃねえか!」

【少しだが仕事の能率が上がるリコ。よほど機嫌が良いらしい】


すいません、今日は落ちます

312 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/13(土) 01:22:13 0
【ニーズヘッグからの通信を受け、二言三言交わしたあと、周囲を見渡す。
瓦礫はあらかた片付き、手当ての環境も整っていた。協力の賜物といえば、そうなのだろう】

>306>308>310
【3機に通信を入れる】

ジーナ「お三方とも、お疲れ様ですわ。撤去作業は概ねよろしいかと思います。
残って責務を果たしたい気持ちは山々でしょうが……ここに留まり過ぎるわけにも参りません。
発艦準備は全て終わっているそうですから、引き上げましょう」

【内容は冷淡なものだったが、言葉の裏に、彼女も強い悔恨を抱えていた】

>310
セリーヌ「うん……さよなら、トウジ君。頑張って、ね」

313 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/13(土) 01:24:34 O
>>312
アシュレイ「了解しました」

【そう言うと作業を止める
周りを見渡し、静かに目を瞑り黙祷を捧げた
黙祷が終わるとニーズヘッグへと戻っていった】

314 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/13(土) 01:30:21 0
>>311
トウジ「うまい飯であることを祈るぜ」

>>312
トウジ「OK姐さん行くとしようか・・・」

トウジ「セリーヌ、お別れだ・・・あばよ」

315 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/13(土) 01:34:09 O
【???】

クルセア「本当に、ここからでいいのかしら?GUやレジスタンスに知られる訳にはいかないのよ、これがね。」

博士「任せてくださいよ、しっかりと対策はしてあります。これを破れるのは星間帝国の彼ぐらいにしか……っと交信が可能になりましたよ、クルセア君。
さぁ、久しぶりの“あの御方”との交信ですねぇ。」

【ある人物と通信が繋がったようだ】

博士「お久しぶりでございます、アリス・ウィンザード様。私めも彼女もこの通りに貴方様のお計らいで無事でございます。」

クルセア「……おはようございました、アリス様。ブラッドゲインの件はありがたかったりしちゃってますですよ。
(あれれ…敬語が上手く話せないようだわね、これが。)」




316 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/13(土) 01:45:28 O
>>315
【アスクレピオス隊地球方面基地】

アリス「ああ、連絡ありがとう。アリス・ウィンザードだ
連絡があるということは何か進展があったんでしょう?
まずは報告から頼む」

【クスクスと笑いながら連絡を受ける】

アリス「クルセアの洗脳は上手く言っているようだな
あれが暴走を起こした時はお前が処分しろよ」

【クルセアには聞こえないように博士にだけそう囁いた】

アリス「ブラッドゲインについては慎重に扱うように
あれは私達にとってもかなり希少だ。壊したらただでは済まさないよ」

【そう言って楽しそうにひとしきり笑った】

317 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/13(土) 01:47:54 O
>>316

セレネ「………ふぅ」

【クルセアがアリスとの通信を行っている所へソード・スレイヴの中から極秘回線を繋げたセレネも加わる】

セレネ「アリス様、アクイラプラネタ側の調査報告をしたいんですけど、いいですか?」

【モニター越しのアリスへ頭を下げる】

セレネ「配備先で早速念動力者を2名発見しました。
まだ能力を発揮しきれて無いみたいで、アリス様の望む者にはほど遠いですけど」

(なんや?先客がおったみたいやね)

【ついでにクルセアへも愛想良い表情で手を振る】

318 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/13(土) 01:52:41 0
【キョウヘン村からニーズヘッグが飛び立って数刻。人気のない墜落現場に、彼方遠景を見詰めるセリーヌの姿があった】

セリーヌ「……そうね、トウジ君。きっとまた、会えるわ。

ご期待には添えそうになくて、残念だけれど」

【そう呟いて振り向いた彼女の頬には、涙の跡などなかった。
彼女の目には、仲間の、友の死を悼む慈悲などなかった。
ただ、時折ちらついて見える未来だけを、彼女は見据えていた】

[B-3話終了/A-4話も既に進行しています]

319 :アリス ◆06CdCpdvj. :2007/10/13(土) 01:59:38 O
>>317
アリス「ああ、確かセレネだったか。
二人……ならその二人を徹底的に鍛え上げてやれ。
窮地にたたされた時強念者として覚醒する可能性もなくはないはず。
二人の監視だけは確実にしておくように。最悪その二人以外は切り捨てていい」

【珍しく笑みを浮かべずに真面目な表情で語る】

320 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/13(土) 02:03:00 O
>>316

博士「ウヒヒヒ…お任せ下さい、アリス様。私の作った自慢の芸術品ですから全責任は私がとるべきでしょう…。」

【博士はニヤリと笑いながら、そっとアリス様に返答する】

クルセア「ブラッドゲインは私に任せちゃったりしていいと思われるでござるよ。合点承知であります、アリス殿!!(ダメね…やっぱり意識して敬語を使おうとするのは無理か、これがね。)」

【体と口が勝手に反応し、画面のアリス様に向かって敬礼をする】

博士「(ハァ…流石の私でも一から人格を形成するのにはまだ無理があるようですねぇ。)
お見苦しい所を申し訳ありませんが、クルセアに敬語を使わせないようにしてもよろしいですかねぇ?」

【完全無欠を自負していた博士のショックは計り知れない】

博士「そうそう…報告についてですが、その前に特別ゲストをご用意したので、まずは彼女に登場してもらいましょう。
君の出番だよ…、セレネ・レスター君。」

クルセア「(あら、博士は彼女も呼んでたのね…。)」


【博士はマルチ回線で待機させてたセレネに合図を送る】

321 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/13(土) 02:11:32 O
>>320
アリス「それが分かっているなら結構だ
ただし、不足の事態が起こらぬよう注意はして欲しい」

【博士にそう言うと静かに目を瞑る】

アリス「……聞くに耐えん敬語だな。不愉快だ、普通にしゃべって良い」

【二人に向けて言う】

アリス「どうやら待ちきれなかったようでセレネの方は先に通信をしてしまったようだな」

【楽しそうに笑う】

アリス「では、報告を聞こう」

322 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/13(土) 02:20:14 O
>>319
セレネ「……窮地に立たせれば力を高めるんですね。
鍛える…と?何か劇的な試練を与えられればと考えてます。
念動力者以外は…はい。最低捨て置きます」

【アリスの返答を貰い、何度か頷く】

>>320
セレネ「はい。どうもこちらセレネです、現在敵地へ侵入してます」

【話を振られたので軽めの挨拶】

(…アポステル隊の皆さんか。クルセアも確か敵地潜入の任務やったね?)

323 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/13(土) 02:25:19 O
>>321
博士「おや、彼女もなかなか面白いですねぇ。(グフフフ…いつか私の芸術品に加えたくなりましたよ。)
報告は当の本人である君がやるべきだよ、クルセア君。敬語は使わなくていい…。」

クルセア「本当に面目なかったりかたじけないであります。
(っと、敬語はやめやめ。)

報告するわ。
まずはGUは…これといって大きな動きはなかったわ、これがね。後、“対象”も確認出来ず…ね。
でも、ブラッドゲインのテストの時に偶然相手のレジスタンスの中に二人程確認したわ。まだ、合格点はあげられないけど筋は良かったわよ。
しばらくは泳がせておくのが懸命ね、これが。」

【“対象”の二人が乗っていた機体のデータと所属してると思われる戦艦のデータを送信する】

クルセア「しばらくの間地球にいるのなら彼等と出会えるかもね、これが。
それと、私やセレネを送り込んでおいて自らも地球来た理由は何?」

【アリス様の意志を探ろうとする】


>>316

クルセア「あら、久しぶりね。時間あるなら後で話たいことあるけど、どう?」

324 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/13(土) 02:37:15 O
>>323
セレネ(グラーフユニオンには何も発見は無かったんか。
まだ収穫が有っただけ私の方はマシやったか)

【報告を聞いて】

セレネ「…うん?ええよ、クルセア。
後で話を聞くよ」

【アリスの前なので出来るだけ静かに喋る】

325 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/13(土) 02:37:51 O
>>322
アリス「そうだな……時が来たらお前がその手で周りの者達を皆殺しにしろ
そして、追い詰めてやれ。
死への恐怖、仲間だと思っていたものに裏切られたことへの怒り。そして、悲しみ
それだけやって覚醒しなかった場合は処分しろ。覚醒したら確実に捕らえろ。私達も全力でバックアップする」

【楽しそうな口調で処分という言葉を口にする】

アリス「まあ、情は持たぬようにしろよ。地球人は劣等種だということは重々理解しておくように」

>>323
アリス「データは受け取った」

【エクスヒュッケバインとストームドラグーン、そしてニーズヘッグのデータを眺める】

アリス「私がここに来た理由……簡単に言うとお前達に大した期待をしてないからだよ
それに私も暇でね、遊び足りないし、何よりGUに私達の力を見せつけてあげなきゃいけないから
小心者のグラーフを脅しに来たの。だから、近々私自ら集落の裁きに行く
GUに刃向かおうとして戦力をよ集めているらしいの。愚かね……GUを倒してもどうにもならないのに
だから、現実を教えてあげるわけ」

【小さき少女は心底楽しそうに語る
頬を紅く染めまるで、興奮しているかのように】

326 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/13(土) 02:47:55 O
>>325

クルセア「(あらら…、いきなり戦力外通告!?ひでぇ…)」

博士「フフフ…、素晴らしい!!実に素晴らしいですよアリス様!!そのお考え、私も大・大・大賛成ですよ!
あぁ、始まる…美しくも華麗なる破壊の演舞が!!また、この青き星で!!偉大なる粛清が!!
ハァハァハァ……」

【博士は興奮を押さえきれてない】

クルセア「あら、“伯父様”も地球にいたのね…。
気を付けてなさいよ、セレネ。GU側の私ならまだしも、レジスタンス側にいるアナタなら“伯父様”と戦わざるをえないかもしれないし……それに、アリス様側の私達には容赦してくれないだろうしね、これが。」

【“伯父様”ことハウデン閣下はアリス派を前から敵視していたのを思い出す。】


327 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/13(土) 02:55:22 O
>>326
すいません、眠いせいか何かを見間違えました。

アリス様がハウデンも地球にいる的な事を何か言っておいて頂けると幸いです。

328 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/13(土) 02:58:11 O
>>325
セレネ「わかりました。御命令とあれば、いつでも全員消します。
そんで、必ず覚醒させたサンプルをプレゼントしますから」

【一切の疑問も無く人形のように命令を聞き入れるだけ】

>>326
セレネ「ああ、ハウデン様の事やね?
どうしよかな?そうやとしたら、厄介な事になりそうやけど。
確かつい先日もな、集落を消し飛ばした謎の大型ってのが発見されててなぁ。多分あの人やろ」

【ハウデンの話を苦笑しながら】

329 : ◆24rBompuhM :2007/10/13(土) 04:01:53 O
【低空で飛行するフォルツァンド】

ハウデン「…ふん…この地球をあの女などにくれてやるものか…」

兵士1「閣下!レーダーに集落らしき物を発見しました!」
ハウデン「何…集落だと…
規模を報告しろ!」

兵士2「はっ!規模は中程度
丁度我々の進行ルート上に存在します」
ハウデン「なら…わざわざ見逃してやる必要はないか…
劣等種族とはいえ、このフォルツァンドの力ぐらいは理解できよう……」

兵士3「閣下!地球人共の集落を目視!
メインモニターに転送します!」

【メインモニターにキョウヘン村が映る】

ハウデン「…劣等種族が生意気に村など作りやがって…
これより銀河連合の名の下に劣等種族の駆除を始める!!
ゴキブリ共を徹底的に焼き払い 消滅させろ!!!!!!」
【フォルツァンドが遠目に見え
村に少しずつ近づいてくる】

330 :名無しになりきれ:2007/10/13(土) 13:10:13 O
味方で1番強いの誰?

俺はフェリシアが1番強いと思うな

331 :名無しになりきれ:2007/10/13(土) 13:34:18 O
>>330
弱いの間違いだろ?

そして猫子をボッコにしたい俺は人としてダメかもしれん

332 :名無しになりきれ:2007/10/13(土) 13:40:54 O
>>331
真の実力の話だよ

でもリアルに1番強いのは誰だろうか?

333 :名無しになりきれ:2007/10/13(土) 13:48:48 O
>>332
ジーナじゃないか?

334 :名無しになりきれ:2007/10/13(土) 13:51:46 O
一つ言えるのは生身最弱はリュコスで確定だって事だな

335 :名無しになりきれ:2007/10/13(土) 14:06:49 O
技量:ジーナ
生身:アスケラ
念動力:5人とも平行

かな?念動力に関してはまだ全員Lv1って感じ。

336 :名無しになりきれ:2007/10/13(土) 14:19:38 O
>>335
いや、アシュレイだけはレベル3ってところじゃないか?
普通に使いこなしてるし
たぶん時期に抜かれるが

337 :名無しになりきれ:2007/10/13(土) 14:28:17 O
>>335
まあそんなもんか

念動力は>>336みたいなかんじじゃね?

最終的には統也が最強になるのかな?

338 : ◆24rBompuhM :2007/10/13(土) 15:02:35 O
>>329の“キョウヘン村”をただの村に変更します



339 :名無しになりきれ:2007/10/13(土) 15:28:20 0
>>337
最終的な念動力ランクは
G.U.発動とーや>トウジロウ=リュコス>ノーマルとーや>>アシュレイ
かと思ってる

340 :名無しになりきれ:2007/10/13(土) 16:34:44 O
>>339
統也にはGUシステムがあるんだったな

統也の後継機はいろんな意味できになるわ

341 :名無しになりきれ:2007/10/13(土) 18:47:40 O
とうや「おれがGUだ!」

342 :名無しになりきれ:2007/10/13(土) 19:46:12 O
俺はカラスマ・トウヤ 実は民間人♪
俺はカラスマ・トウヤ〜♪ 操縦うまいぜ〜♪


343 :名無しになりきれ:2007/10/13(土) 20:02:07 O
>>342
ジャックバウアーww

344 :うーみん ◆InNIAz3RYg :2007/10/13(土) 22:52:03 0
【サンドスネイル艦内】

ハガネ「……」

【地形図を見つめるハガネ。それは同じ地域を同じ場所から写したものだと説明されていた。……が】

ハガネ「MAPW……か」

【一方は緑が生い茂る村落。もう一方は地形がえぐれ、木が捩れ、土が融解して硝子状になっていた。
説明されなければ同じ場所とは思えない】

ハガネ「この地域にはGUや他のレジスタンスも存在しない、戦略的には価値のない場所だ。戦闘があったという情報もない。
それにこれほどのMAPWを持つ機動兵器が発掘されたなんて聞いたこともない……何なんだ、これは?」

【物思いに沈んでいると、ドアをノックする音が聞こえた】

345 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/13(土) 22:52:52 0
どこのコテ使ってるんだorz

346 :名無しになりきれ:2007/10/13(土) 22:56:55 0
よーし、MXで暴露してこよっと

347 :名無しになりきれ:2007/10/13(土) 23:00:47 O
このコテどっかで見た

348 :名無しになりきれ:2007/10/13(土) 23:03:55 O
>>347
ロボゲ板の三大雑談スレであるMXスレ

349 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/13(土) 23:04:00 O
こんばんは

>>326
アリス「そう言って貰えると嬉しいよ」

【クスクスと笑いながら】

アリス「……そういえば、ハウデンが地球にいる
あれが何を考えているかは安易に想像がつく。大方私への妨害だろう
多分お前達への妨害も入る。まあ、かなり苛つくだろうが多目に見てやれ
所詮は小心者のやることだ」

【馬鹿にしたような口調で語る】

>>328
アリス「本当に覚醒した強念者をお前一人で捕獲するのは厳しいだろう
ことを起こす前に必ず私かギャレットのどちらかに連絡を入れろ
こちらもそれ相応の戦力で迎えに行く。恐らくかなり危険な任務になる。
成功した暁の昇進も検討に入れてある。あまり期待はしてないが頑張ってくれたまえ」

【そう言って微笑んだ】

アリス「ああ、もしハウデンが集落に襲いかかったりするのを見たら奴を止めるよう頼みたい
無駄だと思うが極秘回線で私からの命令を伝え、それに従わない場合は私に連絡を入れて欲しい
司令も奴の行動には手を焼いている。そろそろ、奴にも立場をわきまえさせてやらなければならないからな」

【いつもの笑顔はなく溜め息をつきながらそう言った】

350 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/13(土) 23:04:16 0
【リュコスは船員に連れられサンドスネイルの通路を物珍しそうに見回りながら歩いていた】

リュコス「………(きょろきょろ)」
シンディ『主、楽しいのは分かりますから落ち着いて下さい』
リュコス「………!」
シンディ『見る物全てが新鮮、ですか。確かに主の生活環境を顧みれば理解できますけど……』

【船員に聞こえないようそんな事を言い合いながらも、リュコス達は指定された部屋へとたどり着く】

船員「ここです、少々お待ちを」

>>344
船員「ハガネさん、先ほどの特機のパイロットをお連れしました! さ、どうぞ……」
リュコス「………(こくこく)」

【船員に促され、リュコスは室内へと入っていく】

リュコス「………(しゅた!)」
シンディ『初めまして。私がマグナデイのパイロット、ディエフシンディスです、シンディとお呼び下さい。
 こちらで手を挙げているのは我が主、リュコス・アイカテリネです』

【室内にいたハガネに対し元気よく手を挙げるリュコスと、丁寧な挨拶をするシンディ】

351 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/13(土) 23:14:15 0
>>350
【少し面食らったように】

ハガネ「AI、か? ……彼女は、言葉は?」

352 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/13(土) 23:15:54 O
>>349

博士「ハウデン閣下とは、また厄介な方まで地球にいるのですか…。これは退屈しないで済みそうですねぇ、クルセア君。
(…そういえば、あのブレニフ君は今はハウデン閣下の元にいるはず。わざわざ私の所を去ってまでの事ですから、きっと素晴らしい研究をしているに違いないでしょう。フヒヒヒ…期待してますよ、ブレニフ君。)」

クルセア「では、その期待とやらに沿えられるように最善を尽しますか…これがね。」

博士「それでは、アリス様。遠くならがら素晴らしき粛清を見物させて頂きましょう…。
交信を終わりますよ。」


【アリス様との通信を切る】

353 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/13(土) 23:18:00 O
>>349
セレネ「はい。わかりましたアリス様。
身の危険はいいんです。与えられた任務を。必ず念動力者を提出出来るようにしておきます」

【こくりと頷く】

セレネ「ハウデン様の機動兵器のスペックは噂に聞いてます。
遭遇した時には厳重に警告を出します」

354 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/13(土) 23:25:55 0
>>351
リュコス「………?」

【面食らうハガネを見てリュコスは小首を傾げる】

シンディ『はい、その通りです。ちなみに私の本体はマグナデイに搭載されています。
 主はとある事情により声を失っているため、私が代理としてお話しさせていただきます』
リュコス「………(にぱっ)」

【シンディの解説が終わると共にリュコスは再び笑顔を浮かべると、
 そのままハガネの元へと駆け寄った】

リュコス「………(さっ)」
シンディ『まずは握手を。それと、出来れば自己紹介をお願いします』

【笑顔のまま手を差し出すリュコス。
 そしてハガネにやんわりと自分から名乗ってくれと告げるシンディ】

355 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/13(土) 23:31:15 O
>>353

クルセア「(フフ…“人形”の私よりもずっと“人形”らしいじゃない、アナタ。)
まぁ、“伯父様”ならセレネの警告じゃ聞くつもりはないかもね。この際、ある程度のお灸を据えちゃってもいいかもね…これが。」
【からかうように笑う】

クルセア「アナタがレジスタンスに潜入している以上、いづれは“伯父様”だけでなく私やほかの皆とも戦う機会があるかもしれないわね。その時のために覚悟はしといた方がいいかもよ、…これがね。
まぁ、私だったら楽しませてもらいたいものね………アナタとの戦いを。」

【本来は仲間だが、クルセアはセレネとの対決を期待しているらしい】

クルセア「じゃあね。アナタも“対象”も期待してるわよ、これがね。」

【セレネとの回線も切る】

356 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/13(土) 23:38:47 0
>>354
ハガネ「おっと。俺はハガネ。このレジスタンスの一応のリーダーをやっている」

【何となく困惑しながらリュコスと握手をする】

ハガネ「それで、あのメカはどこで入手した?」

357 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/13(土) 23:45:39 O
>>355
セレネ「ハウデン様のあれ、レジスタンスに見られてしまってもええんかな?
怪しまれてまうと思うけどなぁ」

【首を傾げながら】

セレネ「クルセアはバトルマニアやね?
私と仲間同士で打ち合っても楽しないと思うけどな。
そんじゃ、お互い頑張ろね」

【セレネは余り無駄な戦いは好きでは無く正直、困った顔をする。
クルセアと通信を終える】

358 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/13(土) 23:46:06 0
>>356
シンディ『ハガネさん、ですね。記憶しました』
リュコス「………(こくり)」

【名乗られた事により、握っていた手をゆっくり離すリュコス】

シンディ『さて、あのメカ……マグナデイですが、
 あれは私がパーツを組み合わせて製作した機体です』

359 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/13(土) 23:59:07 0
>>358
【目を何度か瞬かせる】

ハガネ「驚いたな……何の目的があってだ? あれは人一人が持つにしてはちょっと物騒過ぎやしないか」

360 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/14(日) 00:07:56 0
>>359
シンディ『大切な人を探すため、世界を巡り歩くためです』
リュコス「………(じー)」

【シンディの言葉を裏付けるように、
 先程までとは一変して真剣な表情を見せるリュコス】

シンディ『それに、主を守るためにはこの程度の力では到底足りませんから。
 ところで、こちらからも一つお聞かせ願いたいのですが……』

【そこまで言って一端区切ると、シンディはハガネに問いかける】

シンディ『ハガネさんは、「白く透き通った剣を持つロボット」か、
 もしくは「白く透き通った剣を持つ女性」と言う単語に何か思い当たる事はございますか?』

361 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/14(日) 00:14:01 0
>>360
ハガネ「いや、残念ながらないな」

【それが探し人かと思いつつ尋ねる】

ハガネ「ところで、この後何か当てはあるのか?」

362 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/14(日) 00:25:03 0
>>361
【ハガネの答えに半ば予想が付きながらもやはり落ち込んだ声を発するシンディ】

シンディ『そう、ですか……』
リュコス「………」
シンディ『いえ、大丈夫です。主がへこたれないのに私がへこたれる訳にはいきませんから』

【心配そうな顔をするリュコスに、シンディは力強くそう告げる】

シンディ『さて、これからの当てですが……正直言ってありません。
 未だ手がかりすら掴めていないのが私達の現状ですから』
リュコス「………(こくり)」

【シンディの言葉をリュコスは首を縦に振り肯定する】

363 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/14(日) 00:29:02 0
>>362
ハガネ「それでこの後はどうするつもりだ?」

364 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/14(日) 00:36:24 0
>>363
シンディ『そうですね……主?』
リュコス「………」
シンディ『なるほど……承りました。
 すみませんが、しばらくこちらにご厄介させていただきたいのですが、よろしいですか?
 もちろんただでとは言いません。私達に出来る事があれば何でもいたします』

【リュコスからの指示があったのか、しばらく同行したい旨を伝えるシンディ】

365 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/14(日) 00:56:13 0
>>364
【うなずくハガネ】

ハガネ「了承した。こっちにとっても特機クラスのメカは貴重だし、実戦経験もあるようだしな。
必要とあればこちらの情報も提供しよう。これでいいかい?」

366 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/14(日) 01:01:35 0
>>365
シンディ『はい。ありがとうございます』
リュコス「………(ぺこり)」

【シンディの感謝の言葉と共に大きくお辞儀するリュコス】

シンディ『(「重要な出来事が起こりそう」とう主の予感、果たしてどう出ますか……)
 それでは、私達は一度マグナデイに戻りたいのですが、よろしいでしょうか?』

367 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/14(日) 01:03:24 0
>>366
ハガネ「行動は自由だ。好きにするといい」

368 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/14(日) 01:07:56 0
>>367
【部屋に入ってくる】

レジスタンス「リーダー、カラスマの…っと、取り込み中でしたか」

369 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/14(日) 01:09:16 0
>>367
シンディ『分かりました。では、失礼します』
リュコス「………(ぶんぶん)」

【リュコスはシンディの言葉と同時にぺこりとお辞儀すると、
 満面の笑顔で大きく手を振り部屋を後にした】

370 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/14(日) 01:11:50 0
>>369入れ違いに出ていくリュコスを見送りながら】

>>368
ハガネ「いや、もう終わった。で、烏丸がどうした?」

371 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/14(日) 01:21:40 0
>>370
レジスタンス「はい、カラスマの尋問はとりあえず終わりました…
       ただ、あの時…フェリシアを人質にとったことに関しては『よく覚えていない』の一点張りでして…」

【困惑した様子で】

「証言が最初の時(※二話)と矛盾するのでこちらも多少キツめにあたってみたのですが…かといって嘘を吐いているようにも見えませんし…」

【参った、というように肩をすくめる】

372 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/14(日) 01:22:51 0
>>371
ハガネ「俺が直に話をしよう。連れてきてくれ」

373 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/14(日) 01:27:09 O
【格納庫】

セレネ「(あ〜、あかん。結局アニロ界の事言うの忘れてもた)……ま、混乱を与えたく無いからええかな、別に」

【自分の機体の調整を終えてコクピットから出てくる】

(そうや。烏丸統也と違うもう1人の素材はどこやろう?
…さっさと見つけんとあかんね)

【新しく格納庫に積まれた特機マグナデイのパイロットについて考える】

374 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/14(日) 01:34:55 0
>>373
リュコス「………」
シンディ『ええ、そうですね。
 なんだかんだ言っても人との繋がりは必要な事です』

【船内を一通り見て回ったリュコス達は格納庫に到着する】

リュコス「………?」
シンディ『主、どうかしましたか?』

【格納庫に到着して直ぐ、戦闘終了後に感じた何かが強まる感覚を覚えたリュコス。
 辺りを見回すと、ちょうどコクピットから出てきたセレネが目に入った】

375 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/14(日) 01:41:09 0
>>372
「分かりました。
 …そうだ、あとこれを」

【何かがプリントされた紙をハガネに渡す】

「ついさっきGUの情報ネットワークから得たものです
 もうひとつの問題…スパイ容疑については、これでシロとみて問題ないかと」

【それは、顔写真付きの指名手配書だった
 そこに書かれている名前は、トウヤ・カラスマ…容疑は、レジスタンス活動の幇助】

「本人の証言によると、あの日『乗るはずだった列車に乗り損ねて』、『偶然襲撃にあった列車に忍び込んで』、そして我々の作戦に巻き込まれて『機密物資の強奪と同時に行方不明』になったということらしいです…まったく不運というか何というか…
 では、とりあえずカラスマを連れてきます」

【部屋から出ていく】

376 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/14(日) 01:45:43 O
>>374
セレネ「!?(あの子やな。さっき感じた力は?…向こうも統也と違って何か感じ取ってる?)
ああ、どーも小さなお嬢さん」

【リュコスの力を感じ取った】

セレネ「もしかして、この機体のパイロットなんかな?」

【マグナデイを指差す】

377 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/14(日) 01:53:13 0
>>376
リュコス「………(ふるふる)」

【セレネの言葉に首を横に振るリュコス】

シンディ『まあ、主は基本乗ってるだけですからね』
リュコス「………(えっへん)」
シンディ『いえ、褒めてないですから……あ、失礼しました。
 私があの機体のパイロット兼制御ユニット、ディエフシンディスと申します。
 こちらで胸を張っているのは私の主、リュコスです』
リュコス「………(しゅた!)」

【シンディはリュコスの態度に軽くため息をつくと、
 改めて身体が有ればきっちりお辞儀をしていそうな自己紹介をする】

378 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/14(日) 01:59:32 0
【しばらくして、ふてくされたような表情の統也が部屋に入ってくる】

統也「…何の用? 言っとくけど『覚えてない』のはホントの事だからな…いくら聞いたって無駄だ」

379 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/14(日) 02:01:54 0
>>378
ハガネ「だろうな。あのブラックボックスのお陰だろうが。
で烏丸、お前、自分で言ったことを覚えているか?」

380 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/14(日) 02:05:27 O
>>377
セレネ「物言う装飾品と仕草がいちいち愛らしい子供のコンビ。
これ驚きやな。え〜っとディエフシンディスさん?にリュコスちゃん」

【リュコスとシンディのやり取りに笑う】

セレネ「そや、私はセレネ・レスターっていうねん、よろしく」

【頭を下げて挨拶】

381 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/14(日) 02:09:25 0
>>379
統也「さっぱり、全然、ついでに全く、覚えてないっ!」

【半ばムキになって否定する】」

382 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/14(日) 02:10:46 0
>>380
シンディ『セレネさん、ですね。記憶しました。
 それと私の名前が長ったらしいようでしたらシンディとお呼び下さい』
リュコス「………(にぱっ)」

【シンディがそう言う中、朗らかな笑みを浮かべるリュコス】

383 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/14(日) 02:14:14 0
>>381
ハガネ「そうか。ではこれについてはどう思う?」

【コートの中から小型のレコーダーを取り出す。「『俺』をあんたらの仲間に入れてくれないか?」統也の声である】

ハガネ「ちなみに一切加工はしていない。そんな設備もない」

384 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/14(日) 02:18:23 0
レコーダーを携帯型ホロビデオに変更します

385 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/14(日) 02:27:49 O
>>382
セレネ「うん、わかったシンディやね?
そう呼ばせて貰うよ」

【呼びにくかったようで、愛称で呼ぶことに】

セレネ「うん……にぱ〜☆?」

【リュコスに習って朗らかな笑顔を見せる】

セレネ「そやね、じゃあお近づきのしるしに握手やな。よろしく〜」

【握手を申し出る】

386 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/14(日) 02:36:22 0
>>385
シンディ『ええ、そうなさってください』
リュコス「………♪」

【セレネの笑顔を見て嬉しそうに微笑むリュコス。
 そのまま差し出される手をぎゅっと握る】

シンディ『(主、少しは相手を疑う事を……無理ですよね、だって主ですし)
 ではこれからよろしくお願いしますね、セレネさん』

【そんなリュコスを見てシンディは内心ため息をつくも、
 それを表に出すことなくセレネに返答する】

387 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/14(日) 02:56:32 O
>>386
(…ええ感じの念や。
この接触状態でリュコスの念動力をちょい刺激してみよか)

【セレネの念動力を微量流しこみ、微かな共鳴反応を起こさせる】

セレネ「…どうや〜?今何か妙な感じとかせーへんかった?」

388 :名無しになりきれ:2007/10/14(日) 09:13:21 O
ユウって奴とレインどうしたの?

389 :名無しになりきれ:2007/10/14(日) 10:16:06 0
ユウはB4から出る予定で出番無いときは来ないタイプ
レインは事前にかなり不定期になるかもと言っていた

390 :名無しになりきれ:2007/10/14(日) 13:00:58 O
>>389
レインはもう不定期ってレベルじゃないだろ
普通に消えたと見て良いと思う

391 :名無しになりきれ:2007/10/14(日) 13:19:31 O
七海も危ないけどな

392 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/14(日) 21:36:31 0
>>383
統也「………!」

【尋問の際聞かされていたとはいえ、映し出された映像に…自身の異常としか言いようのない行動に改めて驚く】

統也「………信じてくれないかもしれないけど、本当にこの時のことは何も覚えてない
   あの時…猫耳つけた新型機にやられた時に気絶して…気がついた時には此処にいたんだ」

【若干落ち着きを取り戻して語り出す】

統也「『どう思うか』ね…
   正直、俺から見ても異常だとしか思えない。あの状況であんなことするメリットも思いつかないし
   …それに、もし俺なら『レジスタンスに入れろ』なんて言わないだろうしな」

【最後の部分だけやけに力を込めて言う】

393 :名無しになりきれ:2007/10/14(日) 22:02:45 O
「俺がヴァルグレイブだ」

394 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/14(日) 22:23:33 0
>>392
【予想はしていた反応に、言葉を返す】

ハガネ「それが事実だとしても、だ。これからどうするつもりだ?」

【顔写真付きの手配書を本人の前に差し出す】

ハガネ「レジスタンス活動の幇助。今ごろは後ろの3文字が消えているかもしれない。
逃げ出したところでお前一人でGU相手に何が出来る?」

【統也の現在置かれている状況を告げる】

395 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/14(日) 22:37:30 0
>>394
統也「…んなこったろうとは思ってたよ(考えたくはなかったけどさ…)」

【手配書を見て嘆息する。
 そして暫く考え込み、】

統也「分かった…ああ、分かったよ…
   『自分』で言い出したことだ…もしあんた達がいいって言うなら、仲間に入れて欲しい…頼む」

【諦めたように言いながらも、頭を下げる】

396 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/14(日) 22:39:38 0
>>387
【至近故にセレネから感じられた力に、シンディは一瞬息をのむ】

シンディ『!(この波動は……)』
リュコス「………!」

【念の共鳴により一瞬びくっとなったリュコスは、次の瞬間には複雑な表情を浮かべセレネに抱き付く。
 その瞬間リュコスから微かな、そして柔らかい念波動が放出され、セレネを優しく包み込む】

リュコス「………(ぎゅっ)」
シンディ『主! 落ち着いて下さい! ……すみません、どうも少々混乱しているようです。
 (まさか、この地にもこの力が存在するとは……因果としか言いようがありませんね)』

【シンディは内心感慨に耽りながら当たり障りのない言葉を選んで発する】

397 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/14(日) 22:58:15 O
>>396
セレネ「ぇあっ!?…リュコス?(……何やこの力は?…暖かくて…なんか心地良い?)」

【体験した事の無いような優しい念に包まれ、気の抜けた声をあげる】

セレネ「ううん。ええよシンディ。
よしよし。リュコス、大丈夫か?とりあえず落ち着こか?」

【優しく頭を撫で、不安を取り除こうとする】

398 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/14(日) 23:08:10 0
>>397
リュコス「………」

【頭を撫でられる事により、徐々に放出される念が収まっていく。
 そして、何時しかリュコスから発せられる念は完全に感じられなくなっていた】

リュコス「………」
シンディ『ふぅ、何とか収まりましたか。すみません、助かりましたセレネさん』

【顔色が青白くなりながらも、セレネを安心させようとほほえみを浮かべるリュコス。
 シンディはリュコスが落ち着いた事で、改めてセレネに篤く礼を言う】

399 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/14(日) 23:25:30 O
>>398
セレネ「…落ち着いたみたいやね?
もう大丈夫やな」

【念の放出の止まったリュコスを見て、無事を確認する】

セレネ「……リュコス、その力は特別な力や。
またさっきみたいな状態になって不安を感じたりしたら私に言って。
疼きを止めてあげられるから」

【最後にもう一回頭を撫でるとそっとリュコスから離れる】

セレネ「それじゃ、私はもう行くで?ちょっとこれから剣の鍛錬せなあかんから。
これからヨロシク、リュコス、シンディ」

【手を振って格納庫を出る】

400 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/14(日) 23:34:25 O
【サンドスネイル甲板】

アスケラ「はぁっ、てぇい、えりゃぁ!!」

【体が鈍らないように、一人で武王拳の型を練習している】

アスケラ「………せぇりゃっ!!」

【兄の奥義を思いだしながら真似し、空中に高く舞い上がって跳び蹴りをするが上手くはいかないようだ。】

アスケラ「……はぁはぁはぁ、やっぱりアタシにはまだ極められないのか…。」

【ふぅ、と息を吐き額の汗を拭う】

401 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/14(日) 23:37:13 0
【格納庫内部で機体を調整しながら、マグナディを見上げる】

「へぇ…Gタイプの機動兵器か
中々良い物もってんじゃんレジスタンスも

…そういえば親父の機体も似たようなもんだったか…」

【過去に思いを馳せる】

402 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/14(日) 23:44:49 0
>>395
ハガネ「頭を上げろ、烏丸。お前を仲間に迎えよう。ただし、扱いは捕虜の時より厳しくなるぞ」

【ここで話を変える】

ハガネ「ところで、高高度から村や集落の一帯を吹き飛ばしてしまえるような機動兵器というのは知っているか?」

403 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/14(日) 23:48:03 0
>>399
リュコス「………(ひらひら)」
シンディ『あ、はい。よろしくお願いします』

【立ち去るセレネに手を振って見送る二人】

シンディ『さて主、よろしいですか?』
リュコス「………(びくっ!)」

【マグナデイに入って直ぐ発せられた、内心怒っていますよという雰囲気がにじみでるシンディの声に、
 リュコスは一瞬びくっとしてしまう】

シンディ『確か、私は主はまだ本調子ではないと言いましたよね?』
リュコス「………(こくこく)」
シンディ『憶えていますか、それなら宜しい。
 ではその状態であのような力を振るえばどうなるか、分かっていらっしゃる筈ですよね?
 ……現に、今にも倒れそうな顔色じゃないですか』
リュコス「………(しゅん)」

【シンディの言葉に思う事があるのか、シュンとしてしまうリュコス】

シンディ『本当に、気をつけて下さいね? 主に何かありましたら、私は……』
リュコス「………」
シンディ『いえ、分かっていただければいいのです。私も少々言い過ぎました』

【心配をかけたと落ち込むリュコスを、シンディは優しく慰めた】

404 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/14(日) 23:56:59 O
>>400
セレネ「どうしたんアスケラも鍛錬か〜?」

【見ると同じく甲板で剣の素振りを始める】

セレネ「ちょっと見せてもらったんやけど、ハードな鍛錬してるな?」

405 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/15(月) 00:00:41 0
統也「扱いは厳しく、ね…まぁお手柔らかに頼むよ…
   とりあえず、よろしく」


>>402
統也「…? そりゃ戦略級の破壊兵器なら知らなくはないけど…
   でも発掘されたのの大半は壊れてるかなにかして使えないのが多いし、開発されたなんて話も聞かないし…
   それ以外…ってなると流石に分からないな」

【記憶を漁りながら話す】

統也「…で、それがどうかしたワケ?」

406 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/15(月) 00:07:34 O
>>404

【練習に夢中になりすぎていて、セレネに気付かなかった】

アスケラ「ええっ…て、うわぁぁ!?」

【突然に声をかけられて驚き、腰を落とす】
アスケラ「…ぁいたたた…。なぁんだ、セレネか…脅かさないでよ。」

【お尻を叩きながら、ゆっくりと立ち直す】
アスケラ「はぁ、恥ずかしいとこ見られちゃったなぁ……。
えと…ハードって程でもないよ、家の道場でのいつも稽古にくらべたら。ちなみに今のは兄さんが編み出した新しい型を練習してたの。
まだまだ、アタシはモノに出来てないんだけどね。」

【アスケラはエヘヘと舌をちょろっと出して、照れ隠しに笑う。】

アスケラ「セレネも剣の練習かな?剣筋が綺麗だよっ!」

407 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/15(月) 00:10:41 0
>>405
【全く異なる印象を与える二つの写真を投影する】

ハガネ「同じ場所を同じ位置から撮影した写真だ。高高度から、かなりの出力のビームによって吹き飛ばされたようだ。
ちなみにこの区域に戦略・戦術的な価値は全くない。どう思う?」

408 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/15(月) 00:19:04 0
>>407
【写真を見て説明を聞き唸る】

統也「………駄目だ、分からん。
   記録にあるような戦略級の兵器はもっとこう…
   なんて言うか、イカレた破壊をするのが多いんだけど…そういうのに比べるとこれはまだ『普通』に見える
   目的についても同じく、さっぱり分からない」

【肩をすくめる】

統也「どっちにしろ戦いに関しては素人だから…この程度しか言えないな」

409 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/15(月) 00:25:10 O
>>406
セレネ「ははは。ちょっとびっくりし過ぎちゃう?」

【素振りを続けながら笑う】

セレネ「…お兄さんの技やったんか。なら、日々精進やね。
…そやね、武道の種類は違うけど一緒に練習したらお互い刺激されて効果的かも知れへんな」

【ひたすら素振りを続ける】

410 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/15(月) 00:30:11 0
>>408
ハガネ「普通、か……手間を掛けさせたな。もう行っていいぞ……と、その前に」

【コートの中から紙の束が詰まった封筒を取り出し、統也に押し付ける】

ハガネ「トレーニングメニューだ。治安維持隊の訓練をマイルドにしたものだ。人型兵器のパイロットは何より体力勝負だからな。
俺は見てやることは出来ないが、必要があればロイド・ヴェイパーなり他の誰なりに聞け。いいな」

【念のために釘を刺す】

ハガネ「これについて俺は試験とかはしない。成果は実戦で見せて貰う」

411 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/15(月) 00:31:04 0
>>401
シンディ『では、私は調整に専念しますので、何かありましたら直ぐに呼んで下さい』
リュコス「……(こくり)」

【シンディの言葉に頷いたリュコスは、マグナデイの元へと歩いていく】

リュコス「………?」

【そのままマグナデイに乗り込もうとしたちょうどその時、
 一瞬視線を感じたリュコスは思わずひょいと下をのぞき込んでみる】

リュコス「………」

【そこには、どうも思い出に浸っている感じの長身の青年の姿が見えた】

リュコス「………(ふりふり)」

【青年にちょっとした興味を持ったリュコスは、とりあえず手を軽く振ってみる】

412 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/15(月) 00:31:48 O
>>409

アスケラ「(剣を振っている時はまだ元のままみたい…、気の流れも変化ないし。…ということは、機体に人格を切り替える何かがあるのかな?)」

【剣の練習をしている時は性格が変化してないことに気付く】

アスケラ「一緒に練習って…どうするの?アタシは拳でセレネは剣なのに……。
まぁ別にアタシは構わないよ、剣と拳でもさっ!」

【セレネの方を向きなおして、サッと構える】

413 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/15(月) 00:37:30 0
>>410
【あからさまに嫌そうな表情をしながら封筒を受け取る】

統也「へいへい…とりあえず死にたくないからやるけどさ…
   あんまり戦力として期待しないでくれよ?」

【ため息を吐きながら部屋を出る】

統也(はぁ…先行きは暗い、かな………)

【外の空気でも吸おう、と思い甲板に向かう】

414 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/15(月) 00:47:50 0
>>411
「ん…?」

【手を振っているリュコスに気付いた】

「えーと…ああ、すまない。
ちょっと考え事をしていた。」

【苦笑しつつ謝る】

「っと、自己紹介がまだだったな。
俺は、ロイド・ヴェイパー
あの戦闘機もどきのパイロットさ」

【ゲイルを指差す】

「で、お嬢ちゃんは…その機体のパイロット……じゃないよな?
危ないぞ?」

【状況的にはパイロットなんだろうなぁ…と思いつつも、常識がその認識を拒絶する。】

415 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/15(月) 00:49:52 O
>>412
セレネ「違う違う。各自練習は個別や。
せやけど、別の武道から学ぶ事も結構あると思うねんな。
ちょっと意識して他者を観察したら何か見つけられるかもね」

【向き合ったアスケラを制止させ】

セレネ「私は勝手にアスケラから盗ませてもらうな〜」

416 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/15(月) 00:56:48 O
>>415

アスケラ「なんだ、そういうことだったんだ…。
なら、こっちも学ばせてもらおうかなっ!」
【ヤル気が沸いてきて、気合いを入れなおして武王拳の型の練習を再開する】


>>413

アスケラ「はぁぁ、てりゃー!!」

【また跳び蹴りをするが、運悪くも着地点に統也が現れる】

アスケラ「危ない、避けてぇ!!」

417 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/15(月) 01:00:23 0
>>414
リュコス「………(にぱっ)」

【ロイドからの反応が返ってきた事に笑みを零すリュコスは、
 そのままロイドの元へと駆け寄っていく】

リュコス「………(ぽんぽん)………(くいっ)………(えっへん)」

【ロイドのに近づいたリュコスは、身振り手振りでマグナデイが自分の物だと伝えようとする。
 もっとも、伝わっているかどうかは微妙なものであったが】

418 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/15(月) 01:06:02 0
>>416
統也「へっ…!?」

【突然の事に心得のない者が対応できるはずもなく、顔面に直撃をくらう】

統也「ぬおっ………!」

【転倒し、更に後頭部を床で強打】

統也「〜〜〜〜〜ッ!」

【激痛に悶絶する】

419 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/15(月) 01:11:34 O
>>416
セレネ「拳闘にも興味あったんよ。
技の一つでも真似てみようかと思ってるねん」

【各自鍛錬に戻る】

セレネ「アスケラ、誰かに蹴りが当たるで!あ、危ない」

>>418
セレネ「ああ、彼は烏丸統也君やね?
…大丈夫?生きてる?」

【心配そうに声をかける】

420 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/15(月) 01:11:39 O
>>418

アスケラ「あ……やっちゃった。」

【統也の顔面に蹴りを加えてから空中で反転して着地する。】

アスケラ「…って大丈夫ですか!?」

【急いで統也に駆け寄る】


421 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/15(月) 01:16:51 0
>>417
(えーと、これ、私、すごいでしょう?)

【喋らないリュコスの身振り手振りから、ある程度内容を推察する】

「つまり、これは君の機体で、君がパイロットをやっている、ってことかな?」

【本人がそう言っているなら(?)間違いないんだろう、とようやく状況が常識を駆逐した】

「あと、これは注意かな?人にモノを伝えるときは、出来るだけ言葉がいい。
考えることを放棄して、理解しようと考えもしないヒトだっているからね…
あ、ちょっと難しかったかも。」

【言葉を話さないリュコスに、一応注意してみる。】

422 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/15(月) 01:28:12 0
>>419-420
統也「っ痛ぇ………とりあえず……ってかこの程度で死にはしないって…痛いけど」

【しばらく転げ回って痛みも紛れたか、起き上がって答える】

統也「で、えーと………アクセルにセレーナ…だっけ?」

【うろ覚えの名前を言う】

423 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/15(月) 01:29:59 0
>>421
リュコス「………」

【ロイドの言葉に一瞬だけ苦笑のような表情を浮かべると、
 ゆっくりと自分の首に手をやり、チョーカーを下にずらす。
 チョーカーの下には、むごたらしい傷跡が残されていた】

リュコス「………(にかっ)」

【チョーカーを元に戻したリュコスは気にするなと言わんばかりの笑顔を浮かべ、
 辺りに置いてあった紙とペンを拾い、何かを書き出す。
 そこには拙い文字で「リュコス」と書かれていた】

リュコス「………」

【リュコスは自分を指さしながらその紙を見せる】

424 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/15(月) 01:34:29 O
>>422

アスケラ「よくアタシの蹴りを喰らって生きてるね…、道場だったら5人は病室送りに出来たんだけどなぁ。やっぱり、こっちに来てから弱くなったのかな、アタシ…?」

【変な名前を聞かされて】

アスケラ「アタシはアスケラ・ルクバート、ルクバート家が12代の娘よ!」

425 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/15(月) 01:36:16 O
>>422
セレネ「う〜ん。ちょい違うな。私はセレネ。そっちの烏丸統也君を蹴った女の子はアスケラ。
覚えといてな〜」

【名前間違いに苦笑しながら】

426 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/15(月) 01:44:59 0
>>421

「…う…ぁ…ごめん…」

【「喋らない」ことと「喋れない」ことは違う。
傭兵生活5年余。そのようなヒトは何人か見てきた。
…だが、一般人の少女が、このような傷を負う様は
ロイドは、幸運なことに見たことがなかった。】

「…ぁ」

【顔を上げる。名前が書かれている紙、笑顔の少女
…自分が泣きそうな顔をしていることを自覚し、
この少女の前でそのような顔をしているべきではない、と
出来る限りの笑顔を…見せる】

「…君の名はリュコス、それでいいかい?」

427 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/15(月) 01:55:58 0
>>426
リュコス「………(こくり)」

【ロイドの問い掛けに首を縦に振って肯定する】

リュコス「………(さっ)」

【そのままさらにロイドに近づくと、
 これから宜しくという気持ちを込めてそっと手を差し出す】

428 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/15(月) 01:58:53 0
>>424-425
【さらりと恐ろしい事を言うアスケラから数センチ離れ】

統也「うん、あぁ…そうそう、アスケラとセレネ、ね……」

【名前を訂正しながら、也自分も挨拶しておくか、と考える】

統也「えっと…何か色々あったけど、俺もここに入る事になったから…
   まぁ一応、よろしく…」

429 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/15(月) 02:00:56 0
>>427

【差し出された手】

「ああ、よろしく。リュコスさん」

【こちらも手を差し出し、握手。】

430 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/15(月) 02:04:59 O
>>428

アスケラ「こっちこそ、宜しくね。」

【ニコっと笑いながら返答する】

431 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/15(月) 02:06:43 O
>>428
セレネ「そうか。残ってグラーフと戦う決心をしたんやね?
統也君、偉いんやな〜。改めましてこれからよろしくしてな〜」

【サンドスネイルに残ったことを感心し、優しく微笑む】

432 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/15(月) 02:08:02 0
>>429
リュコス「………♪」

【嬉しそうにロイドと握手を交わすリュコス。
 手を離すと、リュコスはぺこりとお辞儀してクルリと翻りマグナデイへと戻っていく】

リュコス「………(ぶんぶん)」

【途中で振り返り大きく手を振ると、今度こそマグナデイの中へと入っていった】

433 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/15(月) 02:13:52 0
統也(まあ半分は行く当てが無くなったからなんだけどな…はぁ)

【心のなかでため息をつく】

統也「それはそうと、二人ともこんな所で何を? 運動?」

434 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/15(月) 02:14:15 0
>>432
【立ち去るリュコスに、こちらも手を振る】

「…良い子、だな」

「さて、作業の続きだ。」

【機体調整に戻る】

435 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/15(月) 02:19:25 O
>>433

アスケラ「うん、そういうとこかな。…はぁっ、たぁっ、でぇぇい!!」

【尋ねてきた統也に武王拳の簡単な型を披露する。簡単とは言うものの、手足を捌くスピードはかなり速い】

アスケラ「こんな感じで、武王拳の基礎の型の鍛練をしてるの。セレネは剣の素振りみたいだけどね。」


436 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/15(月) 02:24:14 0
>>435
統也「へぇ…武道なんかやるんだ
   じゃあもしかして、あの青いEG系みたいな機体は君の…? 見た感じ大分変わった技術で作られてるみたいだけど」

【アンドロマリウスについて聞く】

437 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/15(月) 02:25:23 O
>>433
セレネ「まぁ、暇やから軽い運動がてら剣を振るってたんよ。
でも素振りしてただけやけどね」

【一瞥するとまた素振りを始める】

セレネ「本当は動く相手が斬りたいんやけど」

438 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/15(月) 02:30:43 0
>>437
統也(やっぱりこいつら…『本物』だ…)

【同様に恐ろしいことをさらりというセレネからも数歩離れつつ】

統也「そういやあの黒いVRタイプみたいなのって…セレネの? なんか変わった機体みたいだけど」

【ソードスレイヴの事を聞く】

439 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/15(月) 02:31:53 O
>>437

アスケラ「(アハハ…こっちのセレネも涼しい顔して怖い事を平気で言っちゃうんだ…。アタシも斬られないように気を付けなきゃ…ね。)」

【セレネの顔をチラッと除く】


>>436

アスケラ「(他の世界の人に教えちゃうのはマズイよねぇ…。)
ま、まぁそのEGとかいうのの新型なのよ…きっと。うん、新型よ。」

【正体を知られる訳にはいかないので、とっさにデマかセを言う。しかし、挙動がおかしい】

440 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/15(月) 02:42:19 0
>>439
統也「…?(新型も何もEGシリーズは発掘機体なんだけど…まぁいいか)」

【ヴァルグレイブと似たようなものか、と思い直す】

統也「うん、まぁ気にしないでいい…ちょっと気になっただけだから」

【あまり詮索するのもよくない、と思い取り繕うように言う】

441 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/15(月) 02:42:36 O
>>438
セレネ「統也君ってロボットの事に詳しいんやね?
私の機体は発掘兵器なんよ。前のレジスタンスに居た時に手に入れた。一種のレア物や。
見たこと無いやろ〜?」

【統也に簡単に説明】

セレネ「アスケラのアンドロマリウスも多分似たような物やな」

442 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/15(月) 02:51:34 0
>>441
統也「ん、まぁ、遺跡管理部で働いてた時に色々データ集めてたから…半分は趣味で。
   (なんか他の発掘機体とも違う雰囲気だけど…なかにはそういうのもあるか)」

【疑問を残しつつもとりあえず納得】


統也「さて…んじゃ俺は邪魔にならないようにしてるから」

【そう言って甲板の端の方へ歩きだそうとする】

443 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/15(月) 02:53:03 0
[今日はここで落ちます]

444 :名無しになりきれ:2007/10/15(月) 13:36:27 0
■ リアルすぎる美女ロボット ■
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=608938

445 :名無しになりきれ:2007/10/15(月) 13:45:29 O
Aチームってインターミッションがながいな

446 :名無しになりきれ:2007/10/15(月) 15:08:34 O
>>445
文句があるなら閣下に言ってくれ

447 : ◆24rBompuhM :2007/10/15(月) 15:54:01 O
本当に申し訳ありません………
今日は必ず戦闘を始めます


448 :名無しになりきれ:2007/10/15(月) 16:07:16 0
>>445
ハガネ:プロが故にKY
とーや:色んな意味で不安定
フェリシア:殺伐⇔エロ
アスケラ:明るい脳筋
セレネ:スパイ
リュコス&シンディ:良い子
ロイド:まともだがひきこもり

Aチームが打ち解けるために、インターミッションの会話が長くなるのは仕方ない
俺はそう思う

マジレスすると、A-4は進行役がチーム内にいないから待機状態なんだろう
敵専コテはPCのやり取りに介入し辛いから、シーンを切れなくてやり難いんじゃねえかなーと思うことはある

449 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/15(月) 21:31:39 O
こんばんは

>>442
セレネ「あ〜、一個聞きたい事あるんやけど、ええかな?」

【統也を呼び止める】

セレネ「…私と会った時、あー今もやけど。何か変な違和感みたいなもの…何かに手が届きそうなそんな感覚かな?
統也君は感じへんかった?」

【さっきからずっと細かい念波を送り続けていた】

セレネ「リュコスと会った時でもええか。何か感じんかったかな?」

450 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/15(月) 21:59:34 0
>>449
統也「違和感?」

【言われてしばし考える】

統也「んー…………………ん?」

【しばし考え、ふと『それ』…以前感じたものと同じ違和感に気付く】

統也「そういえばさっきからずっと……打ち所が悪かったかな」

【後頭部を気にしながら答える】

統也「でもなんでリュコスが関係…ってあれ? なんでリュコスの事を?」



[この時点では統也はまだリュコスのレジスタンス参入を知りません]

451 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/15(月) 22:20:16 O
こんばんは

また避難所がおかしいのでコチラに書き込みました

452 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/15(月) 22:22:27 0
同じくこちらでこんばんはです。


シンディ『主、お待たせしました……おや、随分と嬉しそうですね。
 私が作業中に何かあったのですか?』
リュコス「………♪」

【リュコスは自分の名前の書かれた紙を嬉しそうにシンディに見せ、
 先程あった事を事細かく説明する……もちろん、声を介さず】

シンディ『……なるほど、その「ロイドさん」とか言う人と仲良くなれたのですか。
 (しかし、なにもあれを見せなくても……私を呼んで下されば良かったのに)』
リュコス「………(こくり)」
シンディ『そうですか。がんばりましたね、主』
リュコス「………(えっへん)」

【シンディの優しい言葉に、リュコスの嬉しげな表情がさらに深まる】

453 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/15(月) 22:49:07 O
こんばんは

454 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/15(月) 22:49:42 0
【相変わらず格納庫で調整作業】

「んーっ…疲れた。腹も減った。ちょいと中断だ
制御プログラム保存…休止モードに移行っと」

【ゲイルの立てていた駆動音が静かになる】

「飯、飯っと…
確か、この艦、食堂があるんだったか。
自分で作るのもいいんだが、折角あるものは利用しないとな?」

【食堂に向かって歩き出そうとするが、ふと立ち止まる】

「さっきのお詫びも兼ねて、リュコスに何か奢ってやるかな」

【マグナディに向かって歩く。格納庫内でもあるし、あっけなく到着】

「リュコスさ〜ん!食堂で飯食わないかい?甘いもんでも何でも奢るよ〜」

455 :名無しになりきれ:2007/10/15(月) 22:53:57 O
いつまでインターミッションやってんだよ

456 : ◆24rBompuhM :2007/10/15(月) 22:55:33 O
兵士1「閣下!荷電粒子砲の電力を充填しますか?」

ハウデン「まあ待て…恐怖はゆっくりとだ……」

兵士1「は…はあ…」

兵士2「閣下!マイクの準備が整いました!」

ハウデン「ああ……」

兵士3「出力最大!
外部スピーカーオン!
3…2…1…どうぞ!」

【フォルツァンドのスピーカーからハウデンの声が村に響く】
ハウデン「ご機嫌よう!諸君!
これより神の名においてこの村を焼き尽くす!
地獄の業火に身を包まれるがいい!!
覚悟しろ下劣な寄生虫共め!!!!!」


457 :名無しになりきれ:2007/10/15(月) 23:01:07 O
>>455
んなもん戦闘が始まるまでに決まっとるがな

458 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/15(月) 23:04:52 0
こんばんは

459 :名無しになりきれ:2007/10/15(月) 23:12:18 0
>>455
いや避難所落ちとるし、ハガネいないし

460 :名無しになりきれ:2007/10/15(月) 23:15:42 O
フェリシアって消えたのか?
全く見なくなったが

461 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/15(月) 23:17:00 0
こんばんは

>>456
【資料を整理していると、大音声が響き渡った】

ハガネ「!?」

【すぐさま全艦内に通達】

ハガネ「パイロット、カタパルトに集合! 残った者は民間人の避難だ。女子供を優先してサンドスネイルに収容しろ!」

【部屋を出てカタパルトに急ぎ向かう】

ハガネ「なんて無茶苦茶な野郎だ! 神の名においてこの村を焼き尽くす、だと?!」

462 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/15(月) 23:23:57 0
こんばんは。避難所の復旧が待ち遠しいです。

>460
体調を崩されて(>295>297)お休み中です。

463 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/15(月) 23:25:41 O
>>456

アスケラ「(…周囲の気が乱れてる。原因はアレね、多分。)」

【甲板からフォルツァンドの方角見上げる】

アスケラ「(…急がなきゃ!!敵はもうあんなに近くにいるなんて…。)」

【サンドスネイルの中に戻る】


>>461

アスケラ「り、了解です!」

【ハガネの連絡を聞くと全速力でカタパルトに向かう。走る速度は常人をかなり越えている】

464 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/15(月) 23:30:42 0
>>454
【ロイドの呼びかけがマグナデイのコクピットにまで届くと同時に、
 モニターがロイドの姿を映し出す】

リュコス「………♪」
シンディ『へえ、あの人が例のロイドさんですか」
リュコス「………?」
シンディ『行きたいのですか? ええ、構いませんよ。では今ハッチを……』

>>456
【シンディがハッチを開こうとした瞬間、
 ハウデンの発した大音響がマグナデイにまで響いてきた】

リュコス「………!」
シンディ『……ええ、解っています。
 (神の名において、ですって? つくづく因果ですね……全く)
 そこの方、お申し出はありがたいですが、また後ほどお願いします!』

【そうロイドに伝えたシンディは、内心に激しい憤りを抱えながら、
 マグナデイを動かす準備を開始する】

>>461
シンディ『了解しました。主、行きましょう』
リュコス「………!(びしっ!)」

【マグナデイ、一足先に発進準備を整え、出撃する】

465 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/15(月) 23:42:14 0
>>456
【ハウデンの発した爆音が艦を揺らす】

「…!?
…あの機動兵器…どうみても戦略級…さらにあの台詞
…やべぇぞコレは…!」

>>464
「ああ、今はそんなことしている場合じゃない(…って誰?)」

【ゲイルに向かって走る】

>>461
【ハガネに向けて通信】

「リュコスさんのGタイプが出た。俺も先行して注意を引き付ける。」

【集合命令を無視。サンドスネイルから出撃する】

[メインシステム再起動/システム、戦闘モードを起動します]

「…チッ…神だぁ?直接干渉してくるような神様に用はねぇよ!」

466 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/15(月) 23:45:31 0
>>456
【会話の途中でハウデンの声が聞こえてくる】

統也「なっ…またかよ!?」

【連続して集落狩りに遭遇…まさに不運、としか言いようがない】


>>461
統也「くそっ…入って早々こんなことになるなんて…!」

【悪態を吐きながらもカタパルトに向かい駆け出す】

467 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/15(月) 23:54:21 O
>>450
セレネ「そうか。ありがとうな、変な事聞いて。その頭痛はな、実は」

>>456
【ハウデンの声が聞こえて来て言葉を遮られる】

セレネ「何や物騒やな?みんな行こか。戦いが始まるで」

【カタパルトへ急ぐ】

468 : ◆24rBompuhM :2007/10/15(月) 23:59:25 O
ハウデン「がっはっはっは!!!
逃げろ!逃げろぉ!!
焼夷弾準備ぃ!!」
兵士1「はっ!焼夷弾の射出準備完了しました」

ハウデン「よし……
寄生虫諸君聞こえるかな?
これは裁きではない処分だ!!
焼夷弾を射出!!寄生虫共を焼却しろぉ!!」

兵士1「はっ!焼夷弾発射!!」

【焼夷弾が発射され 村は徐々に炎に包まれてゆく】

ハウデン「美しい!炎がこんなに美しいとは!!
燃えろぉ!!灰になれぇ!!」

兵士2「閣下!レーダーに機影を確認しました!
機動兵器だと思われます」

ハウデン「機動兵器ぃ?機影を解析しろ!!」

兵士3「はっ!識別信号一致せず!
我が軍のでもグラーフのでもありません!」

ハウデン「ほぉ…ならゴキブリか……
どうせこのフォルツァンドの敵ではないわぁ!!」


469 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/16(火) 00:05:05 0
【カタパルトデッキ】

ハガネ「ロイドが先に出撃している。命令違反だが致し方ない」

【敵機の写真を見せる】

ハガネ「小山ほどもある機動兵器だ。初めて見るタイプでデータもない。敵の目的も不明だ。
だが、集落が吹き飛ばされたという報告も来ている。あれがそうだという確証はないが、巨体に見合う武装は持っているだろう」

【パイロットの顔を見渡す】

ハガネ「各位、生存を第一に考えろ。いいな」

470 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/16(火) 00:05:37 O
【すぐに自機の下へ駆け込む】

セレネ「ロイドさんとリュコスが先に出たん?(あれにやらせる訳には行かへんな)」

【ソード・スレイヴ起動】

セレネ「…出るぞ」

>>468
(…噂通り不要な破壊を好む奴だ。これはいかんな)

【ソード・スレイヴもしばし遅れて出撃】

471 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/16(火) 00:09:11 O
>>469

アスケラ「(あんなに大きい敵はアタシには相手に出来ないかもね……。)


【フォルツァンドの大きさに愕然とする】

アスケラ「こんな所でアタシは死ぬつもりはありません。兄さんを探し出すまではなんとしても生き延びてみせますッ!
行くよ、アンドロマリウス!!」

【アンドロマリウス出撃】


472 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/16(火) 00:11:47 0
>>468
シンディ『なんと言う事を……下劣ですね、間違いなく』
リュコス「………(ぎりっ)」

【シンディの言葉に同意するように眼前の光景に顔を歪めるリュコス】

リュコス「………!」
シンディ『承りました。敵機の注意をこちらに引きつけます』

【言うが早いか、背中に背負ったFオメガ・ランチャーを展開。
 フォルツォンドへ向けて発射する】

473 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/16(火) 00:15:06 0
少し落ちます

474 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/16(火) 00:17:28 0
>>468
【燃え上がる村】

「外道が…!」

【AMに変形。村から離れた場所に着地する】

「ライディングギア、アイゼン、ロック。長距離狙撃モード」

[了解。ランディング・ギア、アイゼン、ロック。]

「せめてこっちに注意を引き付けないと!」

【機体を固定し、レールカノンを構える】

「撃てば当たる!………行け!」

【120mmレールカノンを3発発射】

「…行動再開!」

[ライディング・ギア、アイゼン、アンロック…どうぞ]

【FMに変形。その場を離れる】

「リュコス機に通信!」

[通信周波数の共有が未確定です。]

「さっき聞いておくんだった!」

475 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/16(火) 00:34:44 O
>>470
ハウデン閣下とアリスに極秘通信入れてくださいね

476 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/16(火) 00:36:15 O
>>475
もうちょっと戦わせてからやろうと思ってました

477 : ◆24rBompuhM :2007/10/16(火) 00:36:23 O
兵士1「レジスタンスの機動兵器多数確認!」

ハウデン「ふん…ゴキブリ共め…」

兵士2「閣下!>>472敵機動兵器より攻撃を確認!
攻撃を被弾!損害軽微!」

【フォルツァンド 残りHP 96%】

ハウデン「ゴキブリがぁ!!
精密誘導弾をお見舞いしてやれ!!」

兵士3「はっ!標的固定!>>472精密誘導弾発射!
閣下! >>474新たに機体右側に被弾を確認!
位置を割り出します!」

【三発被弾 フォルツァンドHP 残り 92%】

ハウデン「くそ!!ゴキブリ共がぁ!!
粒子砲の電力を充填急げぇ!!
吹き飛ばしてやる!!」

兵士1「はっ!!電力充填開始!
ラジエーター出力最大!
電力10%充填完了!
20…30…40…」

ハウデン「40%で構わん!荷電粒子砲を発射しろ!!」

兵士1「え…りょ…了解!
荷電粒子砲のロック解除!
3…2…1…荷電粒子砲発射!!」

【荷電粒子砲が>>474ロイドのいる方向に向け 発射される】

478 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/16(火) 00:36:25 0
統也「なっ…ヴァルグレイブは駄目だって…なんでだよ!?」

【ヴァルグレイブの前で、レジスタンスの一人に喰ってかかる統也】

レジスタンス「状況が状況だ。またあのブラックボックスが発動して、あの時みたいになられてはたまらんからな…
       悪いがアーベスライズで出てもらう」

統也「そんな……くそっ!分かったよ!」

【渋々ながらも了承し、機体に乗り込む】

統也(『ゲシュペンスト』って言ったって…スラッシュリッパーもプラズマステークもナシ!?
   …こんなんで大丈夫なのか…)

【ヴァルグレイブに比べると性能の低い機体での出撃をやや不安に感じるが】

統也(…でも俺だって、ブラックボックス抜きでスティール一体は倒してるんだ。だったら…)

【先の戦闘を思い返し、深呼吸する】

統也「やってやるさ、ちきしょう…!」

【アーベスライズ、出撃。
 が、統也はまだ気付いてはいない。…これが本当の意味で、自分自身の初の実戦である事に】

479 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/16(火) 00:39:23 0
【ブラックマイトに搭乗、出撃。地を這うように走る。焼夷弾の炎がブラックマイトと駆動音を隠す】

ハガネ「この距離なら拡散はしない・・・グレン・キャノンだ!」

【六条のビームがフォルツァンドへ向かう。撃った後はすかさず移動】

480 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/16(火) 00:40:00 O
>>476
了解です

481 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/16(火) 00:41:46 0
避難所復帰しました

482 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/16(火) 00:43:33 O
>>477
セレネ「……ハウデン殿、こちらは特務隊のセレネ・レスターです」

【アスクレピオス隊の極秘コードでハウデンへ呼び掛ける】

セレネ「アリス様からの伝言です。
これ以上無闇に破壊行為をするな…アリス様はそう言っています」

483 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/16(火) 00:45:02 0
>>477
【先ほどまで居た辺りを荷電粒子砲が消し飛ばす】

「おいおい…直撃食らったら塵も残らないぞコレは…!」

[装甲表面に損傷。…セルフチェック…問題ありません。]

「かなり離れてるぞオイ…」

【ゲイル 残HP:97%】

484 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/16(火) 00:46:23 0
>>477
リュコス「………!」
シンディ『解っています。周辺への被害を最小限に!』

【空へと飛び上がり密誘導弾発射をシールドで受ける。残HP83%】

シンディ『ぐぅ……流石にきついですね』
リュコス「………!」
シンディ『ご安心下さい、まだまだいけます』

【シンディは心配そうなリュコスに普段通りの声色で答えると、
 そのまま右腕にドリルユニットを装着、大きく引き込む】

シンディ『貫きなさい、ドリル・ブーストナックル!』

【勢いよく突き出された右腕がフォルツォンドへと発射される】

485 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/16(火) 00:59:28 0
統也「デカい…こんなの見たことないぞ」

【小山ほどもあるフォルツァンドの巨体に、しばし絶句する】

統也(…って驚いてる場合じゃない、とにかくこいつをなんとかしないと…!)

【気を取り直し、スプリットミサイルを発射】

統也「これだけ的がデカけりゃ…外れるなよ!」


>>484
【戦闘中のマグナデイを見つける】

統也(あの機体は…! リュコス達もレジスタンスに入った…って事か…)

486 : ◆24rBompuhM :2007/10/16(火) 01:06:58 O
>>479ブラックマイトから発射されたレーザーに被弾する】

兵士1「レーザーに被弾!!位置特定できません!!」

【残りHP:88%】

兵士2「…閣下!!我が軍の極秘コードにて通信が入りました!!
回線を開きます!」
【セレネからアリスの伝言を聞く】

ハウデン「……寄生虫風情が私と対等の口を聞くなぁ!!!
なら、このゴキブリ共はどうすればいい!!
貴様も手伝え!!
命令だ!!早くゴキブリを殺せぇ!!!」

【そう怒鳴って回線を閉じる】

ハウデン「はあはあ…ゴミが生意気に…
荷電粒子砲再充填急げ!!」

兵士2「はっ!再充填を開始!!
閣下!!>>484機体に何かが刺さりました!!ドリルです
それと同時に>>485レーダーにミサイルを確認!!
援軍と思われます!」

ハウデン「精密誘導弾だ!!上のには精密誘導弾を打ち込んでやれ!!!
ミサイルはバルカンで撃ち落とせ!!!」

>>484 マグナディのドリルが機体に刺さる
精密誘導が引き続き発射される
>>485 統夜の撃ったミサイルはバルカンでほとんど撃ち落とす】

【残りHP:81%】

487 :名無しになりきれ:2007/10/16(火) 01:14:01 O
わかってると思うがこれ勝っちゃいけないんだぞ?

488 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/16(火) 01:15:19 O
>>486
セレネ「…聞く耳持たずか。厄介だな」

【ハウデンに回線を切られ】

(…仕方無い。アリス様に報告しておこう)

【アリスへハウデンの違反行動を報告】

489 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/16(火) 01:16:37 0
【皆の出撃を確認する】

>>479
「すまないリーダー
…奴が戦略兵器クラスなら、
姿を現すことは切り札の準備が出来ていると判断したんだ。
予想が外れた。さっき撃たれた荷電粒子砲が切り札みたいだ。
…こっちは奴の注意を引き付けるように動く。本命を頼む!」

【フォルツァンドをロックオン】

「ケチってられねぇな!大盤振る舞いだ!ハイマニューバ・ミサイル、全弾発射!」

[了解。ミサイル、全弾発射…ミサイルポッドをパージします]

【ハイマニューバ・ミサイル6発全てを放つ。
一見無秩序に見える軌道を描きながら、フォルツァンドに向けて突き進む】

490 :名無しになりきれ:2007/10/16(火) 01:16:43 O
>>487
思うに閣下は早く残りの戦力を投入するべきなんじゃないかな

491 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/16(火) 01:21:42 O
>>488
アリス「了解した
時間を稼げ。サンプルどもを守りきるんだ
後は私が何とかする」

【それだけ言うと通信を切った】

>>486
フルボッコはつらそうなのでアズラットとシュバリエ使っちゃってください


492 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/16(火) 01:23:55 0
>>489
ハガネ「その旨を良しとする。後は戦闘で評価させて貰うぞ」

【揺れる炎に隠れながらグレン・キャノンを発射する。各味方機に無線通信】

ハガネ「どんな強大な兵器でも、その大きさの分だけ随伴兵力がなければ戦力は存分に発揮出来ない。
機動兵器の投入に注意しろ」

【徐々にフォルツァンドに接近しつつある】

493 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/16(火) 01:25:42 0
>>486
【続けて放たれる精密誘導弾を再びシールドで防御。残HP69%】

リュコス「………(ぎゅっ)」
シンディ『ええ、この類の兵器は避ければどこに行くか解りませんからね』

【ブーストナックルを戻しながらFオメガ・ランチャーを発射してく】

シンディ『それにしても避難民の収容はどうなってるんですかね』
リュコス「………(ふるふる)」
シンディ『思えば最初に通信周波を合わせておくべきでしたね』
リュコス「………(こくり)」

494 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/16(火) 01:34:11 O
>>491
(…リュコスと烏丸統也の守護か。
命令だハウデン、悪く思うなよ)」

【マグナデイとアーベスライズ統也機を気にしつつ徐々に近づいていく】

セレネ「荷電粒子砲の直撃はフォローしきれん。撃たせれば不味いな」

【ファルツァンドへ牽制の意味を込めて幾つかの斬波を撃つ】

495 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/16(火) 01:39:10 O
雑魚やりますよ?

496 : ◆24rBompuhM :2007/10/16(火) 01:42:38 O
【シュバリエ×3とアズラット×3が援軍として到着
レジスタンスに攻撃を仕掛ける】

兵士1「閣下!シュバリエとアズラットが到着しました 」

ハウデン「ふん…遅かったな…
まあ、時間稼ぎぐらいにはなるか…」

兵士3「電力30%まで充填完了!
50…60…70…80…
もう少しです」

ハウデン「よし…スモークを張れ」

兵士2「スモーク弾射出!!」

【フォルツァンド周辺が濃白煙に包まれる
>>489 ミサイルをバルカンで撃墜 三発が命中
>>492 精密誘導弾やバルカンが発射される
>>493 攻撃は命中するも 精密誘導弾が飛んでくる】

【残りHP:84%】

ハウデン「ふふふ…この程度計算の内よ…
荷電粒子砲は?」

兵士3「90…100…
最大出力!!
ですが線上にはアズラットやシュバリエが…
閣下!!先程 通信を入れてきた機体がフォルツァンドに攻撃を…」

ハウデン「あの女の命令か…
何を考えてる……
荷電粒子砲は発射を待機…
精密誘導弾でしばらく応戦しろ!!」

>>495 助かります 是非お願いします

497 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/16(火) 01:50:23 0
雑魚は私もできますが担当したほうがいいですか?

498 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/16(火) 01:52:16 O
>>489
【無人型のアズラットBがレーザーブレードを構えながら襲いかかる】

>>492
連合兵A「劣等種がっ!我らにたてつくなど百年早いわ!」

【シュバリエAがフォトンキャノンを撃つ】

>>493
【無人型アズラットCがドライバーキャノンの標準を合わせ、そのまま発射した】

>>494
連合兵B「確かアリス様の……貴様ここで何をしている?」

【様子を見る程度に軽くジェットランスを放つ】

499 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/16(火) 01:57:40 0
>>496
シンディ『三度同じ手が、通じると思いますか!』

【飛来する精密誘導弾をアイソリッド・レーザーで迎撃。
 それとほぼ同時にフォルツァンドが煙に包まれる】

リュコス「………」
シンディ『嫌な気配がする、ですか? 解りました、留意します』

>>498
リュコス「………!」
シンディ『右前方、了解!』

【そう言うと、グラビティシールドでドライバーキャノンを受け止める。残HP60%
 距離を詰めながらアズラットCにアイソリッド・レーザーを発射】

500 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/16(火) 01:58:26 0
>>496
【バルカンは可能な限りかわしながら、誘導弾は頭部機銃で撃墜する。残りHP90%】

ハガネ「ちっ、援軍か……!」

>>498
【フォトンライフルをジグザグ機動で回避。エレクトロンブレードを抜きながらシュバリエAに接近】

ハガネ「この位置では邪魔だ。排除する!」

【ブレードでAに攻撃】

501 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/16(火) 02:02:28 O
>>498
セレネ「む、サンプル入手の為の潜入任務だ。
今は貴様達を敵として扱って良いか?」

【シュバリエのジェットランスを夜光剣で切り払う】

502 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/16(火) 02:04:26 0
連合兵C「僕は前に出ます。援護をよろしく。アズラットのILCは問題ありませんか?」

連合兵D「オールグリーン。あの程度の兵力なら余裕よ。
……せっかく乗ってるんだから、これくらいは直接動かしてあげようかしら」

【アズラットAが自動制御から手動操作に切り替わる。ブリッツライフルを戦場全体にばら撒いていく】

>485
連合兵C「ふふ。余所見はいけません。命にかかわりますよ?」

【シュバリエCがジェットランスを振るって肉薄する】

503 : ◆24rBompuhM :2007/10/16(火) 02:11:50 O
【アズラットとシュバリエが戦っているのを眺める】

ハウデン「よし…時間を稼げ…
機体反転!あの寄生虫の片割れは放っておけ!」

兵士1「はっ!」

【フォルツァンドが反転する】

ハウデン「荷電粒子砲は最大だな…
荷電粒子砲発射!!」

兵士3「ですが軌道上には友軍が…」

ハウデン「構わん!!今が絶好の機会だ!!!
撃て!!!」

兵士2「はっ!
ジェネレーター最大出力!
射角修正完了!
荷電粒子砲発射!」
【フォルツァンドから最大出力の荷電粒子砲が発射され
青白い光が地表をえぐってゆく】


504 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/16(火) 02:19:27 O
>>499
【機械的な動きでシールド防御する
残りHP70%
ブリッツライフルをマグナディに向けて連射する】

>>500
連合兵A「こいつなかなか……」

【シュバリエの堅い装甲がブレードを阻む
残りHP75%】

連合兵A「獲物は……これか。ジェットエンジン点火!」

【槍の後ろから火が吹き出すとその勢いのまま槍を放った】

>>501
連合兵B「ああ、我々の脱出装置は優秀なことは理解してるだろう?
普通に戦ってくれて構わんよ」

【フォトンキャノンのエネルギーをチャージする】

505 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/16(火) 02:22:11 0
>503
【シュバリエC、アズラットAは突然攻撃を中止し、一目散に射線から外れる。
寸でのところで間に合うが、それぞれ機体の一部を持っていかれる。無人機は全て巻き込まれて大破した】

連合兵C「……だから僕、あの人の下は嫌だって言ったんです」

連合兵D「優秀な部下は、あまりネガティブな本音を言わないものよ。個人通信といえども、ね」

連合兵C「心得ておきます」

506 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/16(火) 02:23:36 0
>>503
リュコス「………!!」
シンディ『なっ、正気ですか!?』

【友軍が居るにもかかわらず荷電粒子砲が発射された事に、
 息をのむリュコスと唖然とするシンディ】

リュコス「………!」
シンディ『間に合う? それ以前に止められる?
 ……否。間に合わせる……止めてみせる!』

【二人の意志が一つとなって、荷電粒子砲が集落に届く前に、
 射線上へと一気に飛び込む】

リュコス「………!!(ぐっ)」
シンディ『グラビティシールド、最大展開!
 私の勇気は……こんなところで尽きはしません!!』

【最大展開されたグラビティシールドと荷電粒子砲が真正面から激突。
 辺り一面が白い閃光に覆い尽くされる】

507 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/16(火) 02:26:57 O
>>504
セレネ「そうか」

【その場で機体が一瞬ブレる】

セレネ「承知した」

【するといつの間にかシュバリエの背後に現れ、夜光剣を神速の一振り】

508 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/16(火) 02:34:56 O
>>506
セレネ「やめろ!正気かあんなもの止められる訳が無い!死ぬぞ!?」

【マグナデイの行動を見て大音量で怒鳴る】

(ハウデン、貴様は味方機すら巻き込んで更には貴重なサンプルまで破壊するつもりか…っ!)

509 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/16(火) 02:41:16 0
>>504
ハガネ「案外分厚い……だが押し斬る!」

【エレクトロンブレードから火花が猛然たる勢いで上がる。サンドスネイルより通信】

レジスタンス『避難完了。村から離れた場所に退避しています』

ハガネ「そうか、よくやってくれた。……!?」

【顔を上げ、煌々たる荷電粒子の津波が迫っていることに気付く】

ハガネ「味方ごとだと……!?」

【ジェットランスが装甲の隙間に突き刺さる。そのまま後方に押し流され、ビーム圏内に逃れる。荷電粒子が周囲を飲み込んだ】

ハガネ「……何が神だ、人の名にも値しない屑がッ!!」

【装甲に突き刺さったまま回転し続けるジェットランスを引き抜き、投げ捨てる。残りHP70%】

レジスタンス『り、リーダー、村が消えました……目の前で……人も……』

ハガネ「ああ、サンドスネイルが無事で良かった。艦載機への回線を開け」

【全機に通達】

ハガネ「撤退だ。村は消滅した。これ以上の戦闘も犠牲も無意味だ」

【サンドスネイルの座標をテキストオンリーで送信】

ハガネ「各位この地点へ迎え。殿軍は俺が勤める。以上だ」

【通信切断。空にそびえる、小山のようなフォルツァンドを睨み据える】

510 : ◆24rBompuhM :2007/10/16(火) 02:50:50 O
ハウデン「ちっ…何機か生き残ったか……」

【粒子砲を避けた 機体を見て呟く】

ハウデン「マイクを…」

兵士2「はっ!」

【外部スピーカーからハウデンの笑い声が響いた】

ハウデン「がっはっはっはっは!!!!!
処分完了……
ゴキブリ共め思いしったか!!
これが神の力だぁ!!!!!!」



511 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/16(火) 02:56:09 0
>510
連合兵C「ああはなりたくないですね、先輩」

連合兵D「だからそういうこと言わないの」

【中破といった風情のアズラットAとシュバリエCの銃口が、レジスタンスたちに向く】

512 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/16(火) 02:57:55 O
>>503
【光の奔流に呑まれ無人機は爆発を起こした】

>>507
連合兵B「速い……流石にアリス様の使いだけはあるか」

【後ろから斬りられる
残りHP70%】

連合兵B「一応仕返しはしないと怪しまれるのでな!」

【そう言って武器を向けた瞬間セレネの声を聞く】

連合兵B「ばっ……サンプルだと?ひっ、ひぃ……アリス様に殺され……」

【恐怖の表情を浮かべている】

>>508
連合兵B「おいおい冗談じゃねぇ!
あの野郎俺まで狙って……ちくしょう!やっぱり、カーツ様は良い上司だったよ」

【呆然と眺めていた】

513 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/16(火) 02:58:04 0
【……閃光が引いた先には、ボロボロになって膝を付くマグナデイの姿があった。残HP10
 背後の集落は……壊滅、否、消滅していた】

シンディ『主……無事ですか?』
リュコス「………(こくり)」

【互いに満身創痍ながらも、二人とも辛うじて健在。
 見るとマグナデイのコクピット付近からは白色の淡い光が仄かに発生していた】

シンディ『申し訳ありません。あれだけの見得を切って……守れませんでした』
リュコス「………(ふるふる)」
シンディ『主にも、無茶をさせてしまいました。本当に、申し訳ありません』
リュコス「………!(ぶんぶん)」

【覚悟はしていた物の、ボロボロになったマグナデイを見て涙を流しながら謝り続けるリュコス】

シンディ『まだです……まだ私の勇気は潰えていない。まだ、戦えます』
リュコス「………!」
シンディ『ここで潰えては……私は勇者を……主の僕を名乗れなくなります!』

【今にも崩れ落ちそうな中、マグナデイはなお立ち上がろうとしていた】

514 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/16(火) 03:03:58 O
>>510
アリス「そこまでにしておけハウデン卿」

【極秘回線でハウデンに向けアリスから通信が入る】

アリス「愚かものが、いつ私がこんなことを許した?
いつ私が集落を破壊しろなどと命令した?
あれは私が目をつけていたサンプル共だ。奴らに手を出すのは即ち私に手を出すも同じ
少し立場をわきまえたろどうだ?」

【モニターからも伝わる程の邪念を飛ばす】

515 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/16(火) 03:07:30 O
>>512
セレネ「そういう事だ。あの荷電粒子砲に直撃したのがそうだ。
貴様はそこで恐怖に震えていろ」

【シュバリエを放置してマグナデイを助けに行く】

513
セレネ「リュコス、無事か?
いや、どうやら聞くまでも無い。無茶をしたようだな」

【マグナデイの所へ駆け付ける】

セレネ「ハガネからも撤退しろと言われている。下がれ」

516 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/16(火) 07:23:09 0
>>511
統也「っ……………!!!」

【ばらまかれるアズラットとシュバリエの攻撃をなんとか回避しようとするアーベスライズ。
 だがその動きは、致命的なまでに鈍い。
 しかも…】

統也(このっ……動けよ…!?)

【コクピット内で統也は半ばパニックに陥っていた。
 自ら『普通』と評したとはいえ…通常のそれを遙かに上回る威力を誇る荷電粒子砲に加え、
 スティール以上の動きを見せる機動兵器の増援…いずれにせよ、この時点での『統也』の精神で耐えられる状況ではなかった。
 と、まごついている間にも何発か被弾。残りHP60%】

統也(動け…動けよ!このっ…!頼むから動いてくれよ…!?)

517 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/16(火) 10:12:38 O
>>510

アスケラ「民間人だけじゃなくて味方まで殺すなんて…!!許せない…、ルクバート家の娘として、一人の闘士としてこんな事を見過ごす訳にはいかないわ!!!」

【気合い】

アスケラ「けど、今はみんなが生き残る事が先決……。いつか必ず武王拳の誇りに賭けて倒してみせるからッ!!」

【フォルツァンドを睨む】



>>509>>512>>515>>516

【傷付いた仲間の機体を見て】

アスケラ「後は任せてッ!先鋒はアタシがやります!!
行くよ、アンドロマリウス!!たぁぁぁぁぁぁ!!!」


【味方の血路を開くために、進路上の敵に向かって突撃をかます】



[昨日は離脱して済みませんでした]

518 :名無しになりきれ:2007/10/16(火) 10:54:56 O
Aチーム始まったな

519 :名無しになりきれ:2007/10/16(火) 11:01:16 0
閣下駄目過ぎて吹いた

リュコスとシンディかわいそうです ><;

520 :名無しになりきれ:2007/10/16(火) 12:17:26 O
閣下はただの馬鹿だが憎めない馬鹿

521 :名無しになりきれ:2007/10/16(火) 12:34:48 O
大丈夫。リュコスは守られるから
とうやも大ピンチだが、知らね

522 :名無しになりきれ:2007/10/16(火) 12:56:53 O
リュコスかわいいよリュコス

でもほんといい子だな

523 :名無しになりきれ:2007/10/16(火) 12:57:14 O
フェリシアがいないのがちと残念だが、コテは体調管理しっかりとな

524 :名無しになりきれ:2007/10/16(火) 13:05:25 0
リュコスとロイドがラブい
ロイド早く助けてあげて

やっとわかったんだが「シンディ=勇者ロボ」「リュコス=マスコット」なのか

525 :名無しになりきれ:2007/10/16(火) 13:15:08 O
シンディは勇者

526 :名無しになりきれ:2007/10/16(火) 14:10:55 O
>>524
いいや、月の女剣士様が助けてロイドがソスになりそう

527 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/16(火) 17:29:41 0
申し訳有りません。寝落ちしてました。
こっちに向かってきていたアズラッドB、処分しておきます。

>>498
【アズラッドBのレーザーブレードの斬撃を回避】

「動きが読みやすい…無人機だな?
だが、増援といい、戦略兵器といい、きついもんが…」

【両手に備え付けられた36mmチェーンガンで反撃。これを撃破】

>>503
>>506
【荷電粒子砲にマグナデイが割り込む。】

「…んな…!無茶だ!」

【白い閃光が世界を覆った。光が収まる】

「っく…皆は…?」

[微弱ですが、機体反応を確認。全機生存。リュコス機の反応が微弱です。]

「…生きていたか」

>>509
【ハガネからの撤退命令】

「こっちは無事だ。機体損傷もほぼない。
リーダー。君がいなくなると代わりは居ない。
程々で引いてくれ。殿軍は、ほぼ無傷の俺が務める。
あと、リュコス機が荷電粒子砲に巻き込まれた。助けに行って来る。
その間は、頼む。」

>>510
【業火に焼かれた集落】

「酷ぇ……退避は、完了してるんだったな?
…人死にがなければいいが…
…先ずはリュコスだ。テスラ・ドライブ最大出力。サブも使え!」

[了解。サブ・ロケットエンジン点火します。3,2,1…]

【マグナデイに向けて飛翔】

528 :名無しになりきれ:2007/10/16(火) 18:58:54 O
Aチームは女の子も食材も豊富なのにBチームは……

529 :名無しになりきれ:2007/10/16(火) 18:59:01 O
閣下強いなW
でも 小物臭は変わらん

530 :名無しになりきれ:2007/10/16(火) 20:43:42 O
今回Aチームは負けるんだよな?
この展開からどうやって落とすのかに期待

531 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/16(火) 21:29:28 0
またも避難所落ち…
こちらでこんばんは

532 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/16(火) 21:40:12 O
こんばんは

533 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/16(火) 21:43:25 O
こんばんは

534 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/16(火) 22:09:21 0
避難所復帰だこんばんは

535 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/16(火) 22:14:32 0
どうもこんばんはです。

>>515
リュコス「………!」
シンディ『その声……セレネさん、ですか? ええ、主は無事です』

【駆けつけたセレネに、リュコスが無事である事を伝えるシンディ。
 セレネから発せられる声色は先程合った時と明らかに違う物であったが、
 シンディはそれを現状においては些末事だと判断した】

シンディ『撤退、ですか……正直、不本意ですが』
リュコス「………(ぎゅっ)」
シンディ『ですが、今の状況を考えればそうせざるを得ませんか。
 私達は……こんなところで終わる訳にはいきませんから』
リュコス「………(こくり)」

【両手を握りしめながら下唇をかみながら、それでも了承の意を告げるリュコスに従い、
 自分の力のなさを噛み締めなら機体の各部をチェックしていくシンディ。
 チェックを終えたシンディは、軋む機体を動かしマグナデイをマグナシップへと変形させる】

リュコス「………?」
シンディ『なぜ変形させたか、ですか?
 同じボロボロでも、動くだけならこちらの方が幾分かマシですから』

536 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/16(火) 22:24:38 0
>>535
【戦乱の渦を駆け抜け、マグナシップの座標に辿り着く】

「よし、追いついた。ワイヤー、射出」

[了解…接触通信用ワイヤー、射出します]

【ワイヤーが射出され、マグナシップに触れる】

[接触しました…接続します]

「よぉ…助けに来たぜ!
撤退命令は聞いているな?
殿は、俺に任せてさっさと撤退してくれ」

【周囲に周囲の動向に気を配りつつ、接触通信を行う】

537 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/16(火) 22:41:48 O
>>535
セレネ「独りで戻れるか?退路はアンドロマリウスが抑えている。早く行け」

【マグナシップを逃がし、自身はまだその場で残る】

>>516
セレネ「何をやっている烏丸統也。…後は下がれ」

【アーベスライズの相手をするアズラットとシュバリエへ乱れ三日月で横槍を入れる】

>>517
セレネ「アスケラ、早く退路を切り開け。やれるな?」

538 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/16(火) 22:50:36 0
【フォルツァンドとの距離を算出、ブラックマイトの状態をスキャン。やや不安あり。だが……】

ハガネ「今回ばかりは特別だ。気張れよ」

【封印してきた空間戦闘機能をON。ブラックマイト、フルブースト】

ハガネ「ゆくぞ、ブラックマイト!!」

【勇壮な戦歌を奏で、黒い特機が一直線にフォルツァンドへ飛ぶ】

539 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/16(火) 22:59:56 0
>>536
リュコス「………!」
シンディ『あれは、確かロイドさんの……』

【わざわざ助けに来てくれたロイドに、驚く様子のリュコスとシンディ。
 そうこうしているうちに接触通信が接続される】

リュコス「………(ぺこり)」
シンディ『すみません。お申し出、ありがたく受け取ります。
 私はディエフシンディス。主の……リュコス様の従者です』

【精一杯気持ちを込めたお辞儀をするリュコスと、
 自分の名を告げ感謝の意を示すシンディ】

>>537
リュコス「………(ぐっ!)」
シンディ『はい、何とかやってみせます。では御武運を』

【ロイドとセレネに促され、マグナデイは移動を開始する】

540 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/16(火) 23:02:59 0
>>537
統也「っ…! セレネ…?」

【普段と全く異なる口調に一瞬驚く】

統也「…分かった……すまん!」

【今、自分が居たところで足手まといにしかならない…
 情けなさと若干の躊躇いを感じながらもその場を離脱。機体を指定座標に向ける】

統也(ちきしょう……やっぱり俺には無理なのかよ…!?)

541 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/16(火) 23:06:51 O
>>537

アスケラ「言われなくったって、アタシなら出来るよ!
そっちこそ、勝手に死んだりしたら許さないんだからねっ!!」

【強気な態度でセレネに返答をする】

アスケラ「さぁ、かかってきなさい!どっからでも相手をしてあげるッ!!」

【仲間の先頭に立ち、周囲の敵を引き付けようとする】

542 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/16(火) 23:15:20 0
>>539
「ああ、さっさと退いてくれ。
…仲間が死ぬのは、苦手だ
えーと、ディエフシンディスさん?従者、ねぇ
ま、いいや リュコスさんを頼みます。」

【FMに変形】

>>540
「トーヤ…まぁいいか。
撤退最優先だ。死ぬなよ?」

>>537
「セレネさんか。撤退命令は…うけてるな?
リーダーは突進しちまったし、
トーヤは役に立ってないし。
全員の撤退まで時間を稼ぐぞ」

「先ずは注意をひきつけますか!
撤退戦ってのは、
背中を見せている味方を狙い撃ちってのが最悪なパターンなんでね」

【レールカノンをフォルツァンドに撃ち込む】

543 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/16(火) 23:22:27 O
>>539>>540
(…対象は無事。後は頃合いを見て私も離脱せねばな。
殿はハガネか。なら問題は無いだろう)

【】

>>541
セレネ「ふっ。こんな所で死んでやる訳にはいかん。私もすぐにそっちに行くぞ」

>>542
セレネ「承知。だが、その柔な機体では長く持たんだろう?
退き際を見誤るな」

【避難する仲間に注意を向けつつ、剣を構え臨戦態勢に】

544 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/16(火) 23:29:32 0
>537>540
【シュバリエCが、飛来する剣撃を捌きつつ、アーベスライズを見逃がす】

連合兵C「『The Moon』ですか。アリス様の子飼いとわざわざやる必要はありませんね。無事を祈りますよ」

【シュバリエCは、ソード・スレイヴから距離を取ると、ジェットランスを構えてアンドロマリウスへ向かう】

連合兵C「どうやら撤退するつもりのようですね。あの未確認機はデータも欲しいですし、遊んできます」

>538>540
【アズラットAはフォルツァンドに迫る各機を適当に牽制する】

連合兵D「不毛ね。またフォルツァンドが動いたら、どうせ逃げるしかないのよ?」

【それは自分も同じことだ。そう口の中で毒づきながら、ブラックマイトやゲイルに、あまり当てる気が見えない弾丸を散らす】

545 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/16(火) 23:38:38 0
>>543
「りょ〜かい!
こいつは、回避と巡航に特化した機体なんでね。
耐久力を除けば、殿にも向いているつもりだ。弾切れも怖いがね?」

>>544
【回避運動を取る 何発か掠めるが、損傷はない。 残HP:95%】

「狙いが甘い…甘すぎる?
…戦略兵器が居るから油断している。ということか?
…まぁいいか、その油断が命取りだ」

【36mmチェーンガンで応射する】

546 : ◆24rBompuhM :2007/10/16(火) 23:40:27 O
兵士1「閣下!>>514アリス様から極秘回線にて通信が!!
回線を開きます」」
【アリスから咎めの言葉を貰う】

ハウデン「これはアリス様…
おっしゃりたい事は分かりますが…
まあ、そう怖い顔をなさらないで下さい…
自分の立場?よく存じ上げてるつもりです…
では、仕事がありますのでこれで失礼を…」

【回線を切る】

ハウデン「…小娘が……調子に乗りおって…」

兵士2「閣下!敵機動兵器退却を開始!
数機がこちらに向かってきます!」

兵士3「荷電粒子砲20%までチャージ完了!」

兵士1「>>538 一機高速で接近中!」

ハウデン「十分に引きつけてから発射しろ!
それより早くあのハエ>>541を叩きつぶせ!!」

兵士2「閣下!>>542敵機より被弾!」

ハウデン「大した事は無い!
早く精密誘導弾をぶち込んでやれ!」

>>541 >>542に精密誘導弾が発射される】

547 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/16(火) 23:41:51 O
>>544

アスケラ「(……この気は今までの敵や皆と違う!?そう、これは…そうまるで………ううん、あんまり深く考えるのは止め止め!)」

【敵が地球人ではなさそうな事をなんとなく悟るが深入りしている暇はなかった。】

アスケラ「今のアタシは、かーなーり怒ってるんだからねッ!あなた達の様な外道は我が武王拳をもって倒すのみ!!
たぁっ!!」

【荒れた地面を蹴り上げてシュバリエCに急接近する】

アスケラ「はぁぁぁぁぁぁ、せりゃ!!」

【一切の手を抜かずに武王乱撃拳を放つ】

548 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/16(火) 23:50:18 0
>>542
シンディ『勿論です。では御武運を』

【セレネに向けた言葉と同じ物をロイドにも発するシンディ。
 マグナデイは緩慢ながらも徐々にサンドスネイルに向かっていく】

シンディ『では主、揺れますがしっかり掴まっていて下さい』
リュコス「……(ぐっ!)」

【顔を青白く染めながら、自分の事は気にするなと言わんばかりに親指を立てるリュコス。
 その瞳は、今はまだ過ぎた事を振り返る時ではないと言わんばかりに強い意志を帯びていた】

シンディ『自分が出来る事を精一杯やる……逃げる事しかできないのは癪ですけどね』
リュコス「………(こくり)」

549 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/16(火) 23:50:41 O
>>544
セレネ「…我が月の素性を理解しているようだな(…念動力者さえ無事なら後は必要ない。リュコスと統也が無事ならそれでいい。残りはどうなってもいい…)」

【自機をスルーしていく敵機達を見て】

550 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/16(火) 23:50:52 0
>>546
【精密誘導弾】

[危険!危険!誘導兵器接近!]

「チャフ・フレアディスペンサー起動」

[了解。チャフ・フレアディスペンサー起動]

【誘導弾がチャフ、及びフレアにより誤動作。爆発する】

「ある程度までは、誘導兵器は効かないんでね!」

【上空を旋回しながら、フォルツァンドを挑発(?)する】

551 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/16(火) 23:51:04 O
>>546
アリス「こいつ………」

【表情に怒りの感情が表れる】

アリス「もう良い。本当に立場を分からせてやろう
すいませんがお願いします『指令』」

【アリスの言葉に『指令』と呼ばれた男はニヤリと頷いた】

???「やあ、ハウデン卿。ご機嫌いかがかな?」

【にこやかに笑いながら指令と呼ばれる男はハウデンへと通信をした
彼こそがアスクレピオス隊の最高司令官だった】

552 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/16(火) 23:55:43 O
>>546

アスケラ「うぐぅっ…いゃぁあァァァァ!?…うっ…、あの大きいのが射ってきたのね……。」

【背中からフォルツァンドの攻撃をまともに喰らってしまう。残りHP68%】

アスケラ「まだ…やらなくちゃ…、アタシがやらなくちゃ……。そうだよね…兄さん。」

【攻撃で機体が転倒し、その衝撃で倒れたアスケラは機体の中ではいくつばりながらも、なんとかアンドロマリウスを立ち直させた。】

553 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/16(火) 23:57:16 0
>>544
【弾丸にかすることもなく直進。しかし余りの加速度に残りHP60%】

>>546
【ジェネレイター、S・タービン回転数限界、エネルギーチャンバーにて圧縮加圧。勇壮な歌が更に高まる】

ハガネ「消し飛ばさせるかッ!!」

【右腕部を砲口にチェンジ、フォルツァンドの砲口近くに突き出した状態で空中停止。エネルギー臨界状態】

ハガネ「――ソリッド・インパクト!!」

【至近距離から飽和寸前のエネルギーが、発射寸前の荷電粒子砲に叩きつけられた】

554 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/16(火) 23:59:27 0
>545
【一応の回避運動は直撃を避ける程度のものだが、装甲は厚い。HP75%→55%】

連合兵D「エネルギー反応? また荷電粒子砲かしら。
向かってくるより逃げることに本気出してくれると、これ以上余計なことしなくて済むんだけど……」

連合兵D「……ちょっと、脅かしたほうがいいかしら。直撃はやめといてあげるわ」

【ドライバーキャノンを構え、コックピット以外を狙って数発撃ち込む】

>547
【拳の雨あられをランスで捌きながらもダメージは免れない。HP75→55%】

連合兵C「随分と洗練された格闘モーションですね。DMLでしょうか」

連合兵C「こういう状況でなければ、じっくり検証したいものです。今回は難しいですがね」

【格闘能力の高さを見ると、フォトンライフルを構えての中距離戦に移行する】

555 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/17(水) 00:08:02 0
>>552
【体勢を崩したアンドロマリウスを見て】

統也「アスケラ…!? くそっ…せめてこれくらいは…!」

>>554シュバリエCに向けマシンガンを連射。…が、やはり照準は甘い】

556 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/17(水) 00:09:28 O
>>552
セレネ「………気が変わった」

【先鋒のピンチを見かねていつの間にか最前線まで出たソード・スレイヴ】

セレネ「…しっかりしろ。やはり私が先鋒をやる方がマシか?」

【アンドロマリウスの隣に降り立つ】

>>554
セレネ「そういう訳だ。遠慮は必要ない」

【消えたような速さでシュバリエCに一気に詰め寄ると夜光剣での鋭い一閃】

557 : ◆24rBompuhM :2007/10/17(水) 00:09:45 O
兵士1「チャフにより誘導弾誤爆!
上空に敵機>>550確認 バルカン発射します」

兵士2「閣下!敵機>>553 高速接近!
フォルツァンドの砲口に攻撃が!」

ハウデン「構わん!発射しろ!」

【攻撃を受け 威力は半減したものの荷電粒子砲は>>553に発射された】

兵士3「閣下!また極秘回線です!
回線を開きます!」
ハウデン「全くしつこいな…
一体何の御用ですかな!」

【だが、ハウデンは聞き覚えのある声に態度を一変させる】
ハウデン「こ…これは…司令…
先ほどはご無礼を…
一体何のご用件でしょう……」



558 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/17(水) 00:10:09 0
>>554
【脚部相当部位に被弾 残HP:79%】

[脚部に被弾 …左足損壊。脱落します]

【左足に相当していた部分が脱落する】

「…バランスチェック…修正…完了」

【一瞬バランスを崩すが即持ち直す】

「…防御能力が微塵もない脚部がぁ!
えーい、完成させたら思い知らせてやるかんなー?」

【上昇。離脱前の攻撃のチャンスを狙い上空を旋回】

559 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/17(水) 00:12:15 O
>>554

アスケラ「(…さっき倒れた時に腕に負荷が掛ってたから気孔が練れなくなってる…!?
つまり、腕を治さないと武王閃光掌は使えない……。ならっ、この場における必勝の術はただ一つ…。)」

【目を閉じて、精神を統一する】

アスケラ「はぁぁぁぁぁぁ!!!」

【敵の弾幕に構わず一直線にシュバリエCへダッシュする。残りHP42%】

アスケラ「あなたの得物をよこしなさいッ!!」

【間合いを積めてから、素早く回り込んでシュバリエCのランスの持ち手をへし折る】

560 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/17(水) 00:15:51 0
>>548
「ああ、そちらも上手く逃げろよ」

>>557
【バルカンの迎撃射撃】

「生憎と、それほど寄る気はないんだよなぁ」

【あっけなく後退。だが、レールカノンの砲身は常に発射準備状態を保っている】

「次に撃つ時が離脱のチャンス、かな?」

【残HP:89%】

561 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/17(水) 00:16:39 0
>>557
【減衰した荷電粒子砲が直撃し、地上へ降下してゆく。残りHP20%】

ハガネ「大してダメージを与えられなかったか……」

【地上へ降り立ち、仲間の援護へ急行】

562 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/17(水) 00:17:40 O
>>555

アスケラ「(今の援護は統也…くん?)」


>>556

アスケラ「違うよ。アタシでも、セレネでも独りだったら先鋒はきっと務まらない…。
けど、二人でなら…アタシ達でならやれるよ!」

【力強くセレネに語る】

563 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/17(水) 00:26:12 O
>>557
???「アリスから連絡があったのでね。
いけないねぇ、サンプル……強念者の捕獲を命じたのは私でありアリスではない。
そして、今君が戦っているのは私が求めているサンプルなわけだよ。
その者達をここで殺させるわけにはいかないわけだ。
分かるね?」

【威圧感をかけながら男は言う】

???「あまり、命令違反が続いたら本星に報告しなければならない、分かるね?
だが、それではあまりにも酷だ。
よって、今から君に命令を下す。
そこにいるサンプル共を捕獲せよ。それが成功したなら今回の件は不問にしよう。
聡明な君ならどうするべきか分かるだろう?」

564 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/17(水) 00:30:11 O
>>562
セレネ「…お前…またその理屈か。……好きにすればいい。私はここに居る」

【協力を受け入れる】

565 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/17(水) 00:30:13 0
ここで質問。サンプル以外の人たちは逃げていいんですか?

566 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/17(水) 00:32:58 O
>>565
逃げたら5話の対決は無理になると思います

567 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/17(水) 00:33:46 0
>555
【シュバリエC、マシンガンは軽いブーストジャンプで横っ飛びしてかわし、フォトンライフルを反撃に一発】

連合兵C「素人は引っ込んでてください、興味ありませんよ」

>556
【一閃に、装甲の一部を引っぺがされるが、他に比して巨躯といえるシュバリエにとって大ダメージには至らない。残HP35%】

連合兵C「……遠慮させてくださいよ」

【ライフルで両手はふさがっているので、巨体を生かした体当たりでその場をしのぐ】

>559
連合兵C「え、あ、ランス狙い? …・…構いませんよ、貴方たち相手に接近戦なんてただの被虐趣味です」

【腰にマウントしていたランスはくれてやったが、お返しにライフルの銃底で押しやり、バックブーストで後方へ飛び退る】

>558
連合兵D「……この状態を保っておいたほうが得策みたいね。それより大丈夫かしら」

【アズラットAは、ゲイルにブリッツライフルで牽制しつつ、シュバリエCを援護できる位置に動こうとする】

568 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/17(水) 00:34:10 0
>>566
わかりました

569 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/17(水) 00:36:12 O
>>568
逃げられそうな雰囲気なら司令の方から増援が送らせますので絶対に逃げられないようにします

570 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/17(水) 00:39:16 0
え、ごめんなさいフォルツァンドの超パワーで全機動けなくなるまでぼっこぼこにしてから鹵獲するんだと思ってました。

と、とりあえずブラックマイトとマグナデイを人質にするということでいいですか?
あと増援欲しいです。この状況は間違いなく全員逃げられる。

571 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/17(水) 00:41:07 O
>>567

アスケラ「いい加減に…してッ!!」

【ランスを掴むと反射的にシュバリエCに投げつける】

572 : ◆24rBompuhM :2007/10/17(水) 00:43:14 O
【司令の威圧感に圧倒され 震えるハウデン】

ハウデン「もちろん…司令のおっしゃっている事は存じています…」

【司令よりサンプルの捕獲を命ぜられる】

ハウデン「かっ!必ずっ!!必ずや!!
このルードヴィッヒ・ハウデン 命に代えてでもサンプルを捕獲し
司令に献上致しますっ!!
司令の御期待に必ずや添いとげて御覧に入れましょう!!!」

ハウデン「これより強念者の捕獲を行う!!
機体下降!撤退した奴らを追撃!捕獲する!!」

兵士2「はっ!機体下降!!」

ハウデン「もし…しくじれば又左遷…
もう閑職は沢山だ…
全部あの女のせいだ…
くそ…司令に告げ口しやがって……
許さん…許さん…許さんぞぉ!!!!!
アリス・ウィンザード!!!」


573 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/17(水) 00:46:03 0
リュコス「………」
シンディ『後ろの様子が気になりますか?』

【何かに必死に耐える様子のリュコスに、シンディは優しく問い掛ける】

シンディ『もし主が望むなら、直ぐにでも転進して支援を開始しますが』
リュコス「………(ふるふる)」

【シンディのその提案に、一瞬思考を止めるも即座に首を横に振るリュコス】

シンディ『そうですね、口惜しいですが今の私達では足手まといになるだけです。
 サンドスネイルに着けば砲台代わり位は出来るでしょうが』
リュコス「………(こくり)」
シンディ『ええ、早く行きましょう。それが結果的に彼等を助ける事になるなら』

【マグナシップは、確実にサンドスネイルに近づいていた】

574 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/17(水) 00:46:50 O

そうですね。じゃあまずは月を撃墜しに来て下さい

状況知ったら無抵抗にやられます

575 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/17(水) 00:50:42 O
>>567
セレネ「…むっ?」

【体当たりに吹き飛ばされ怯む。残りHP80%】

セレネ「悪いな。こちらも怪しまれる訳にはいかんのでな」

【地を蹴って空へ飛び上がり迅速の斬波発射後、自機が兜割りをしかける】

>>572
(何だ?兵達の動き方が変わったか?
何か指令が下されたか?)

576 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/17(水) 00:57:57 0
>>537
統也「回避……くそ、間に合わな…うわああっ!?」

【直後、撃ち返されたフォトンライフルが左脚部に命中。
 アーベスライズは倒れ込み移動不可になる】

577 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/17(水) 00:58:38 0
>571
【シュバリエCの右脚にめり込む。残HP15%】

連合兵C「無茶苦茶しますねこの機体!? どういうことですか、僕一人って!」

連合兵D「……『The Moon』に接触通信で状況説明して、そのまま動力部ダウンさせなさい。
人質にすればその青いのも手出ししないわ、多分」

連合兵C「先輩信じますよ」

【上段から切り込むソード・スレイヴに、なりふり構わず組み付く。
そのまま動力部を押し潰す振りをしながら、接触通信で肉声を、機密暗号でメッセージを送る】

連合兵C「指令です。即、動力をダウンして、人質になってください。状況はメッセージで確認を」

>573
連合兵D「鹵獲? ……あれを抑えるのが効率良さそうね」

【やおら舞い上がるアズラットA。
多少のダメージは覚悟でゲイルを無視し、フルブーストでマグナシップに飛び掛って銃口を突き付ける】

連合兵D「あー、あー。あんまりエレガントでないので好ましくはないのだけれど。
レジスタンス諸君、この戦車ツブされたくなかったら大人しくなさい。
コックピット位置くらいは解るから、パイロットごと撃つわよ」

【オープン回線で、周囲に淡々と告げる】

578 : ◆24rBompuhM :2007/10/17(水) 01:04:18 O
ハウデン「機動兵器部隊に通信を…」

兵士1「はっ!」

ハウデン「聞こえるか!!
損傷の激しい機体は撃破はせず 捕獲をしろ!!
繰り返す 捕獲を行え!!
だが、優先するのはパイロットだ!!!
いいな!早く始めろ!!」



579 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/17(水) 01:05:52 O
>>577
セレネ「…な!?しまった!(…やはりな。何かする気か)」

【適当に抵抗した末、押し倒される】

セレネ「……承知」

【機体中心で小さな爆発を起こすと、同時にシステムダウン】

580 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/17(水) 01:12:05 0
>>577
【自分を無視して追撃に移るアズラッドA】

「んな!?…このタイミングで防衛破棄して追撃に出ますか!?」

【吃驚して反応が遅れる。
あっという間に、マグナシップに銃口が突きつけられる】

「…えーと…目標、現状打破。…状況、人質2…
人質のこれ以上の増大は望ましくないが…
…これは、対処が難しいにも程がある、というもんだ…」

【仕方なく攻撃停止するが、上空の旋回は続行。
万一訪れるかもしれないチャンスを待つ】

581 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/17(水) 01:12:29 O
>>577

アスケラ「弱った機体を人質にするなんて、卑劣な外道ねっ!
(でも、確にああされちゃアタシは何も出来ないけと……)」

【仕方なく、機体の動きを止める】


>>579

アスケラ「セレネ、どうしたのよセレネッ!!お願い返事をして、セレネぇぇぇ!!!」

【システムダウンしたソードスレイヴを見て困惑する】

582 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/17(水) 01:18:30 O
>>581
セレネ「……」

【アスケラの叫びも虚しくセレネの返事は返って来ず】

セレネ「好機だ。今ならあの機体を止められる。かかれ」

【シュバリエ達に通信】

583 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/17(水) 01:23:34 0
>>577
リュコス「………!」
シンディ『クッ、癪な真似をしてくれますね……!』

【ボロボロのマグナシップは、抗う事すら出来ず銃口を突きつけられる
 その姿を見て、状況を判断したリュコスは……覚悟を、決めた】

リュコス「………………(ぽん)」
シンディ『主……承りました』

【万感の思いを込めてコンソールに手を置くリュコスに、
 ただ従う意志を見せるシンディはすぐさまオープン回線を開く】

シンディ『……皆さん、聞こえますか? どうか、私達の事は構わず脱出して下さい。
 あなた方はここでここで掴まるべきではない、私達はそう判断しました。
 私達の所為であなた達が掴まる光景など……主も、私も見たくありませんから』

【シンディがそう言い放つと同時に、マグナシップは今度こそその動きを完全に止める】

シンディ『とうとう動かなくなりましたか。主……せめて、主だけでも脱出を……』
リュコス「………(ふるふる)」
シンディ『逃げる訳にはいかない、ですか?
 まったく、主は……昔から言い出したら、聞かないんですから』

584 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/17(水) 01:26:57 0
>>577
ハガネ「……ッ!」

【マグナシップと各機体との距離を測定。マグナシップのコクピットが潰されるより先にアズラットを破壊するのは不可能と判定】

ハガネ「ブラックマイト。全機に通達しろ」

【オープンチャンネル通信】

ハガネ「全機、ここまでのようだ。機体から降りるんだ」

【胸部のハッチから降りるハガネ】

585 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/17(水) 01:31:22 0
>579
【暗号で敬礼のサインを送っておく】

連合兵C「察しがお早くて助かります。もう少々無礼を働きますが、どうかご容赦を」

>581
連合兵C「外道は心外ですよね、実際のところ……」

【回線をオープン】

連合兵C「そこの青い格闘タイプのパイロット。機体から降りて歩兵の拘束に従ってください」

連合兵C「この黒い機体のパイロットなら、メディカル反応がありますよ。
大方、衝撃で朦朧としているんでしょうね。何、僕は紳士ですから降伏していただければこれ以上は」

【そう伝えるが、ソード・スレイヴの装甲をぎしぎしと軋ませ、猶予を与える気がないことを暗に主張する】

>580
【旋回を止めないゲイルを見て、銃口をほんの少しずらしてドライバーキャノンのトリガーを弾く。
ガゴン、と鈍い音を立て、マグナデイの駆動モジュールが大破する。勿論、コックピットにも大きな衝撃】

連合兵D「聞こえなかったのかしら、そこの空中戦機体。15秒以内に降りなさい。次はコックピット行くわよ」

連合兵D(ホントはパイロット殺しちゃいけないからハッタリなのよね。変な汗出るわ)

586 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 01:39:29 O
ハガネとリュコスはとことん噛み合わないな(´・ω・)

587 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/17(水) 01:45:30 O
>>585

アスケラ「(…今は降りた方がよさそうね。けど、その前に“仕込み”はさせてもらうからねっ……。)」

【降りる直前にアンドロマリウスにある事を打ち込む】

アスケラ「(それに、機体がなくてもチャンスはいつか来るはず…!!)
今、降りますから。」

【アンドロマリウスからおとなしく降りる。同時にアンドロマリウスが灰色に変色をし始める。】

【アンドロマリウスを始めとした闘神機は闘士からの闘気をカットすることによって石像の如く固まり、機能が全て停止するのである。】

アスケラ「(他の世界の闘神機のデータの一片でさえ渡す訳にはいかないの…。)
で、アタシ達をどうするの?」




588 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/17(水) 01:45:34 0
>583
連合兵D「『私“たち”』って、複座式? ……ともかく彼ら、貴方たちを犠牲にはしたくないみたいよ。良かったじゃない」

【無茶なブーストで空になったエネルギーパックをパージすると、足蹴にしたマグナシップの上に、音を立てて転がる】

>584
連合兵D「貴方がリーダーかしら。それなりの判断力はあるみたいね。
歩兵がすぐに来るから、指示に従って頂戴。

……大人しくしていれば、皆殺しは避けられるはずよ」

【一際冷たく言い放った】

589 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/17(水) 01:47:39 O
>>587の最後を
「他の世界の人間に闘神機の〜」に訂正します

590 : ◆24rBompuhM :2007/10/17(水) 01:55:41 O
【外部スピーカー】
ハウデン「驚いた…諸君ら害虫にも投降という選択肢があったとは……
いいか!今日から貴様らは我々の情けと庇護の下で その下らぬ命を延ばせるのだ
せいぜい賢い振る舞いをしておけ…ゴキブリ共が…
下劣な地球人め 悔しいかな?
がっはっはっはっは!!!!!!!」


591 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/17(水) 01:59:02 0
>>585
リュコス「………!」

【駆動系の破壊による衝撃に、リュコスは声なき悲鳴を上げる。
 それと同時に荷電粒子砲を防いだ時に出来た傷口が一気に開く】

リュコス「………」
シンディ『主! おのれ……!』

【朦朧とするリュコスをみて、怒りの声を上げるシンディ】

>>588
シンディ『……クッ、結局私達が枷になってしまいましたか……』

【投降していくレジスタンス達を見て、無念そうにそう呟くシンディ】

592 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 01:59:07 O
>>590
地球人とか言っちゃダメじゃね?
異星人の存在誰も知らないわけだし

593 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/17(水) 02:02:41 O
>>590
セレネ「な!?(地球上だと?…何を言っている。奴は馬鹿か、これでは気付かれても仕方がないぞ!?)」

【ハウデンの喋った地球上という言葉に反応する】

594 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/17(水) 02:04:10 0
>>588
ハガネ「分かった。皆、言う通りにしろ」

【ブラックマイトを離脱させるか迷ったが、結局やめた】

ハガネ(俺の生体情報自体が鍵だからな。それにいくら調べても、どうやって動くかさえ分からないはずだ)

【確証があることだった】

ハガネ(それに奴らは俺たちを殺すまい。殺すなら今やっているはずだ)

>>589
【頭上で鳴り響いたがなり声に、少々嫌味でも言いたくなってきた】

ハガネ「言いたいことはそれだけか? そんな大層な玩具で虫けらをなぶって満足か?」

【呆れた声で言う】

ハガネ「だとしたら大した奴だ……これほどの子とは……」

595 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/17(水) 02:09:21 0
>587
【シュバリエCのコックピットが開き、拳銃を構えたパイロットスーツ姿の兵士が現れる】

連合兵C「僕を始め、兵士たちは概ね紳士ですから、これ以上は何もしません。
ましてや貴方みたいにお美しい方です、尚更ご丁重に扱いますとも。

上官の命令に基いて、貴方たちを拘束させていただくだけです。我々も下っ端なのですよ」

>591
連合兵D「戦車の二人も出ていらっしゃ……ん? 二人? メディカルの反応は1件?」

【疑問を呟いているが、コックピットへの銃口は逸らさない】

>594
連合兵D「そこの男はリーダー格みたいだから、厳重になさいね」

【複数の歩兵がハガネに機銃を向け、さらに両腕を後ろ手に拘束してくる】

596 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/17(水) 02:16:17 O
>>590

アスケラ「(地球……それがこの世界の名前なのね。
じゃあ、地球でもアニロ界でもないこの人達は一体……!?)」

【この時、混乱していたせいでアスケラは“ある大事な事”をすっかり忘れていたのである。】


>>595

アスケラ「(まさか、アタシがアニロ界の人間と知っての行動なのかな?なら、兄さんについて何か知ってるのかもしれないね…。
今は様子を見るしかない……。)」

【アスケラは特に何も口を出さずに事の成り行きに任せることにした】

597 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/17(水) 02:17:05 0
>>595
リュコス「………」
シンディ『……不可能です。主は今非常に危険な状態にあります。
 出て行くどころか、歩く事さえままなりません』

【シンディは平坦な声色でそう伝える】
 

598 : ◆24rBompuhM :2007/10/17(水) 02:22:45 O
兵士1「あの…閣下…」

ハウデン「何だ…うるさいぞ…」

兵士1「先程の地球人という発言は少々まずいのでは…」

ハウデン「どういう事だ…」

兵士1「その…我々が他の惑星からきた事を示唆している発言ですし…」

ハウデン「……がっはっはっはっ!!!!!
心配いらん!!頭の弱い地球人が気づくはずがあるまい!
まあ、今ごろ あの寄生虫の片割れは顔を真っ青にしてるかもしれんが…」

兵士1「はあ…」

ハウデン「それよりも 奴と司令に通信しておけ
ああ!回線は開かんでいい!
ただ知らせておけ
サンプルを捕獲したと……」

兵士2「はっ!」

ハウデン「これで私は免責だ…
いや、下手したら昇進の可能性も…
がっはっはっはっは!!!
私はやったぞ!!!」

599 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/17(水) 02:28:38 O
>>598
???「捕らえたか」

【司令官の元に通信が入る】

アリス「司令、後は私にお任せを」

???「分かった」

【アリスの通信に頷く】

アリス「ハウデン卿に通信を送っておけ」

連合兵「はっ!」

【文面にはサンプル達はグラーフユニオンの基地に輸送するよう書いてあった】

600 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/17(水) 02:31:53 0
>596
【口を閉ざしたままのアスケラを、駆けつけた歩兵隊が拘束する。
確かに、手際はよく、別段乱雑な扱いは受けない。
勿論、後ろ手に拘束された上に複数の銃口を向けられ、ホバーヴィークルに乗せられるわけだが】

連合兵C「え? ああ、機体は……回収しましょう。シュバリエで牽引しますよ」

>593
【ソード・スレイヴのコックピットを開けさせると、銃を突きつけて両手を拘束しながら、小声で耳打ち】

連合兵C「しばしのご辛抱を。……終わったら、洗いざらいアリス様に報告なさってください。
あの方は、現場のバランス感覚が薄過ぎます。
……個人的には平和な星系で帳面とにらめっこしてて欲しいタイプです」

>597
【少し考えると、救急キットと拘束具、それと銃を手に取る】

連合兵D「今喋っている貴方は自律回路か何かで、少なくとも同乗者を動かすことはできないということね?
それならコックピットを開けなさい。私が連行します」

【アズラットの中からシンディにそう伝えた】

601 : ◆24rBompuhM :2007/10/17(水) 02:39:28 O
兵士3「閣下!基地より通信がありました!
捕獲したサンプルはグラーフの基地に輸送せよ。と」

ハウデン「そうか…下にいる奴ら>>600に伝えておけ」

兵士3「はっ!!」

兵士2「閣下!我々はどうしますか?」
ハウデン「そうだな…一応命令だ…
グラーフの基地まで我々も向かうとしよう」



602 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/17(水) 02:47:36 0
>>595
【為されるがままに乱暴に拘束される】

ハガネ(こいつらが何者にせよ、「奴ら」と関わっていなければいいが……少なくとも、今この状態では駄目だ)

今日は落ちます

603 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/17(水) 02:49:08 0
>>600
シンディ『……良いでしょう。でも、もし主の身に何かする気なら……!』

【そこまで声に出した所で、リュコスはもうろうとする意識の中コンソールをゆっくりたたき出す】

シンディ『主! お止め下さい、あなたの傷は!』
リュコス「………」

【シンディの制止の声も聞かず、一心不乱にコンソールをたたくリュコス】

リュコス「………(ピッ)」
[連れて行くのならこの機体ごと連れて行って。もし拒否するなら、この場で舌を噛み切ります]

【最後の文字を入力し終えると、マグナデイから機械的な音声が発せられる】

シンディ『っ! 主、私の事なんかどうでも良いんです!』
リュコス「………(ふるふる)………(ピッ)」
[この機体は大切な友人、離す訳には行かない。だから、どうかお願いします]

【シンディの制止を振り切りさらにコンソールをたたくリュコス】

604 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/17(水) 02:57:41 0
>601
連合兵C「……だ、そうですよ、先輩」

連合兵D「君のシュバリエは、鹵獲機体の牽引を手伝いなさい。私はこの戦車のパイロットを抑えたら、護送車の見張りに回るわ」

>603
【シンディの剣幕を受け流す】

連合兵D「大人しくしてれば、少なくとも基地に着くまでは人道に基いて扱うわよ」

【コックピットを開くと、小さな人影。合成音声による訴えが聞こえる】

連合兵D「元より機体も引っ張るつもりよ。それにしても、友人、ね……?」

【少女が傷に苦しむ姿を認識し、ほんの僅かだが眉根を寄せる】

連合兵D「……ヤなもの見ちゃったわ、言えた義理じゃないけれど」

【まず、リュコスの手を後ろに回して手錠を掛けるが、すぐに傷に処置をしてやり、幾つかの錠剤と水分を与える】

605 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/17(水) 03:09:58 O
>>604
リュコス「………(にかっ)」

【シンディと離れ離れにならなくて済むと分かり、微かな笑みを浮かべたリュコスは、
 そのままゆっくりと意識を失った】

シンディ『主……(分の悪すぎる賭けですよ、主……相手が最初からその気だったから良かったですけど……)』

【先程の笑みからリュコスの思惑を推測したシンディは、あまりの無茶に内心ため息を吐く。
 そうこうしている内に、マグナシップは牽引され移動しはじめた】


今日はここで落ちますです。

606 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/17(水) 03:14:47 0
【程なく、トウヤのアーベスライズ、ロイドのゲイルも鹵獲され、パイロットは拘束、護送車に乗せられることとなった。
また、サンドスネイルも、運航に必要な最低限のクルーを覗いて拘束され、曳航を余儀なくされた】

[無理やりですがまとめてしまいました。
パイロットの方が逃げる以外に何かする分には大丈夫だと思います。
私も今日はこれにて失礼します]

607 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/17(水) 06:35:46 0
またか…すいません
捕まる描写だけ残して起きます。

>>585
【撃ち抜かれるマグナシップの駆動モジュール】

「リュコスさん!?」

[破壊されたのは駆動モジュールのようです]

「猶予なし、か…大変だね軍人さんも…通信をオープンに」

[了解。通信をオープンチャンネルに接続]

「分かった、降参する。
15秒じゃ墜落しか出来ん。少し待ってくれ。」

【壊れた脚部への影響を考え、ゆっくりと着地する】

「…まだ殺す気はない、か…なら、まだチャンスはある。」

【ハッチオープン。拘束される】

>>590
【護送中 五月蝿い声にぼやき癖発動】

「…にしても、あんなのに捕まるのか?俺たちは…
…ん?地球人…んな言い回し、普通しねぇぞ
どこまで神様気取りなんだ?
いや、あの思考は天然だ。違和感も、演じている雰囲気もない…
…なら、奴は、否奴らは…」

【兵の機嫌を損ねるのも嫌なので、独り言】

608 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 10:22:15 0
連合兵強過ぎっつーか裏技使い過ぎじゃね
でもまとめたのは頑張ったと思う
やや無理やりだったけど相談できなかったみたいだからしょうがないのか

とーやがしょぼ過ぎて吹いた 何という雑魚扱い
あとリュコス可愛いよリュコス

609 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 11:34:04 O
うーん、閣下小物だな

610 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 12:33:42 0
避難所死んでる

611 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 12:52:55 O
本当リュコスかわいいよリュコス

612 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 12:57:40 0
リュコスと先生のグルンガスト対決が楽しみで仕方ない

613 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 13:13:18 0
避難所が使えないとなると致命的だな

614 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 14:16:24 O
wikiにまだ持っていってない設定とかもあったのに避難所は完全に死んだのか?

615 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/17(水) 14:35:27 0
避難所はサーバメンテナンス中のようです。

↓下記を参照のこと。避難所があるサーバ「yy14.kakiko.com」も、メンテ対象のリストに含まれてます。
ttp://yy.60.kg/osirase.html

616 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 15:45:43 0
閣下ほどの反骨的小物が将官を任ぜられているということは、
銀河連合って、実は深刻な人手不足なんじゃないのか?

617 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 16:19:51 O
左遷じゃね?>閣下
地球そのものは重要じゃないっぽいし。

618 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 16:37:55 O
ログ見たけど やっぱり左遷だな 閣下

も閑職は沢山とか言ってるぐらいだから

619 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 17:18:30 0
上司は下衆なのに部下はそこそこ普通という不思議

閣下は早めに退場しそう

620 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 17:22:34 0
閣下の場合左遷か粛清だな

戦場で散ることが出来るのは選ばれたものだけだ

621 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 17:29:11 0
そして再登場時

ハウデン「オハヨウゴザイマシタ」

622 : ◆24rBompuhM :2007/10/17(水) 17:29:43 O
粛正は怖いですねW

フォルツァンドは後一・二回ぐらい強化します

後 ハウデンが地球に来たのは左遷です

623 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/17(水) 17:54:59 0
【他メンバー同様に護送中】

統也(結局…何の役にもたたなかった……何も…出来なかった)

【無力感に苛まれ、他の何を考える余裕もない統也】

統也(そう何度もうまくはいかない、か……くそっ…!)

【『他の何を考える余裕もない』…
 そう。仲間達の事も、
 敵の不可解な行動の事も、
 甲板でセレネに言われた、奇妙な感覚の事も、そして…
 
 『ヴァルグレイブに乗っている時には感じなかった』、戦いへの過度な恐怖と緊張の事も】

624 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 18:01:31 0
乗り換えできそうな機体って何があるだろう

アンドロと月はほぼ確実に専用機

625 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 18:14:12 0
乗り換え可:エクスヒュッケ、ヴァル、ストームドラグーン、レーブェ、ゲイル
不可:ダンゴイザー、ブラックマイト、クレスタ

他はよく分からん

626 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 18:30:23 0
アヴォルタは可
マグナはシンディ専用機だな

リコはヴァルも似合いそうだが念動力ないから動かせないのか
ロイドはゲイル乗ってる姿以外あんまりイメージ湧かないな
アシュレイ、ジーナ、トウジはなんでもいけそう
とーやは残念ながら

627 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 19:06:03 O
今回の地球人発言でいよいよ正体が明かされるのか?

628 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 19:21:52 0
なんだかんだ言いつつもヴァルに乗ってないとーやはちゃんと素人なのな

629 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 19:46:35 O
セレネがとうやを助けて何かフラグたったんじゃね?

630 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 19:57:29 O
いよいよ、究極の美少女を決めるアリスゲームの始まりか
少女はアリスしかいないがww

631 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/17(水) 21:13:06 O
こんばんは

>>600
セレネ「…うむ。承知したぞ。
それと、これから捕らえた者達はどうなるのだ?…アリス様から指示が来ていないか?」

【銃を突きつけられても全くの涼しい顔で】

632 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/17(水) 22:39:58 O
こんばんは

633 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/17(水) 23:20:19 0
>631
連合兵C「メキシコ地区にあるグラーフユニオン基地に連行するそうです。そこで何をするかは聞いていません」

【そう耳打ちすると、歩兵たちにセレネを預け、機体に戻った。
ハガネを頭とする彼らは護送車に収容され、その機体はキャリアーで牽引されていく。
果たして、中米の地で彼らを待つものは……!】

[誰か行動なければA-4終わります]

634 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 23:46:22 O
さっさと始めろよ

635 :名無しになりきれ:2007/10/17(水) 23:47:53 0
>>634
状況をよく見ろ

636 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/18(木) 00:04:43 O
アリス「さてと、それじゃそろそろ行ってくるね」

連合兵「集落の粛清でしたか。ご武運をお祈りいたします」

アリス「ふふふ……ありがとう」

【年齢不相応な妖艶な笑みを浮かべていた
連合兵はそれに見とれるようにぼんやりとアリスのことを見ていた】

アリス「では、行ってくる。……デュネイアス行こう。どこまでも一緒に」

【白き天使は空を駆ける
優雅に、そして力強く……天使がたどり着く場所は破滅しかない】

637 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/18(木) 00:18:32 0
【所変わって、ニーズヘッグ艦内の食堂】

ジーナ「機関士、整備士、衛生士もOK……」

【予定よりは大分少なかったが、人員や物資を補充したニーズヘッグは、
運航に最低限必要な人間しかいないという危機的状況は脱していた。
それでも足りない箇所はあったが、数日前までに比べれば、ジーナの負担は大きく減っていた】

ジーナ「ん、これで間違いありませんわね。
ああ、やっとシフト管理しなくて済みますわ……んんーッ」

【食堂の片隅で大きく伸びをしてから、自作のリゾットの最後の一口を終える】

ジーナ「……コックや清掃士までは回らなかったのが残念ですけれどね。
まだ、本業の片手間に出来ることですから良しとしておきますわ」

【一人呟いてから、壁掛けの通話機で艦内放送を流す】

ジーナ「こちらジーナ・ジョベルティです。
トウジロウ・サナダ、アシュレイ・スタンビート。
医療検査室までいらしてくださいませ」

【情報端末を片手に、検査室へ向かう】

638 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/18(木) 00:28:37 0
【ニーズヘッグ食堂】

団子丸「・・・・・・・。」

【物思いにふけながら団子をころころ転がしていく】

団子丸「ふぅ・・・・」

【少し前の出来事を思い出す】

キスケ「団子丸、とりあえずお手紙渡したからね」

団子丸「・・・・・やれやれ、シラサギも暇でござるな」

キスケ「それだけ団子丸を心配してるんだよぉきっと」

団子丸「どれどれ・・・・」

【手紙の中身は昔の仲間のよしみで戻ってこないかというような中身だった】

団子丸「・・・・・・。」


団子丸「ここでの生活は悪くないでござるからなぁ・・・今更あいつのところに行くのも
めんどうくさいでござる・・・」

639 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/18(木) 00:31:29 O
>>637
アシュレイ「んっ?何だ?」

【暇つぶしに数独をやっていたアシュレイの元に呼び出しがかかる】

アシュレイ「いつもの定期検査か
あまり気乗りはしないが、行かないと面倒だからな」

【そう言って重い腰を上げ、検査室へと向かっていった
その歩みは亀のように遅い】

アシュレイ「……アシュレイ・スタンビート入ります」

【やる気のない声でアシュレイは検査室に入る
あからさまにやる気のない表情を浮かべながら】

640 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/18(木) 00:35:05 0
>>637
【部屋で武器の手入れをしている】

トウジ「しっかし、砂ばっかで嫌になっちまうぜ!俺の大切な亜羅棲斗流が砂だらけだぜ・・・」

【自分の愛銃が砂だらけになっていることを嘆きながらも入念に手入れしているとジーナの通信が聞える】

トウジ「そう言えば前に姐さんが健康診断があるって言ってたな・・・」

【立ち上がり医務室の方に向かう】

641 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/18(木) 00:39:13 O
【ニーズヘッグの食堂へ入ってくる、リコ】

リコ「先生、いるか?……っと、居ねえみたいだな?」

(ひょっと顔を向けると団子丸の姿が目に入る)

>>638
リコ「よお、サムライさん!そういや、この船に乗ってからあんたとちゃんと話した事があんまり無かったな。
何してたんだ?……?そいつはガールフレンドからのラブレターか?サムライさんも隅におけねえな!」

(ノリノリで話しかける)

642 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/18(木) 00:43:34 0
>639>640
【ちょっとした検査機器を広げているジーナの姿】

ジーナ「先日Dコンに渡した問診データ、回答終わってましたらこの端末に移しておいてくださいませ。
あとは、かねてからお伝えしていた、脳波の検査ですわ。
お二人とも、データ送信が終わったらお掛けになって頭を下げてくださいな」

【二人の頭に、それぞれバンドのようなものを巻くと、情報端末のコンソールを叩き始める】

643 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/18(木) 00:48:03 0
>>642
トウジ「なんだこりゃ?」

【頭のバンドをさわりながら疑問に思う】

トウジ「俺の頭は検査なんかしなくても最高にクールなんだけどな・・・」

644 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 00:48:05 0
>>641
団子丸「ん〜?」

【話しかけられてリコが近くに居ることに気づく)

団子丸「ああリコ殿でござるか・・・これはそんな色のある手紙ではござらぬよ
まあ、故郷の仲間からの手紙でござるよ」

【団子を口ほお張り】

団子丸「拙者に一緒に働かないかと書いてあるだけでござるよ・・・・」

645 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/18(木) 00:49:08 O
>>642
アシュレイ「……」

【嫌そうな表情を浮かべながらも言う通りに頭を下げる】

アシュレイ「こんな検査しなくても自分のことくらい自分で分かる……だいたい……」

【小さな声でぶつぶつと呟いていた】

646 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 00:57:13 O
フェリシア消えた場合母艦どうする?

647 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/18(木) 00:57:35 O
>>644
リコ「友達か!そいつはいいな。…俺には友と呼べる奴はいなかった……」

(ちょっと俯くがすぐに顔をあげて笑う。)

リコ「なんてな!ハハ、冗談だよ!いいじゃないか、手伝ってやんなよ。友達なんだろ?
ボスだって納得してくれるんじゃないか?」



648 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/18(木) 00:59:33 0
>643>645
【検査内容は確かに脳波の測定だったが、その実はTPLテスト、念動力の有無強弱を測る検査も兼ねていた。
尚、通常の脳波は別段異常は見当たらない】

ジーナ(流石に言うだけあってアシュレイさんは安定してますわね。
擬似コンタクトシグナル送信……正常反応確認、逆流なし。制御も問題ありません)

ジーナ(トウジロウ君は……3年前より上がってる。3年前はICシグナル当ててもほとんど反応が在りませんでしたわね。なら今は?)

【トウジロウの意識に、奇妙な感触が伝わる。検査用の擬似的な念動力パルスだ。
アシュレイにも伝わるが、馴れたものだろう、おそらくいつものようにあしらわれているはずだ】

649 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 01:01:35 O
>>646
もともとガルは欠勤ぎみだし、戦艦でまともに戦闘したことなかったからな。
名無し艦長+適当な戦艦でも問題なくね?

650 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/18(木) 01:01:41 0
>>647
団子丸「そうは言うでござるが、実は拙者喧嘩別れで出て行ったので
今更会わせる顔がないでござるよ・・・・それに今更行くのも面倒くさいでござる
どうせならこの艦に乗る前に言ってほしかったでござるよ」

【ぐでーーーっとテーブルに顔を伏せる】

団子丸「でも、拙者ここの皆と居るのも悪くないと思ってるでござるよ」

651 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/18(木) 01:05:09 O
>>648
アシュレイ(……むっ)

【頭の中に念が流れていくのを感じる
しかし、慣れているため一瞬異常を感じたがすぐにやる気のない表情に戻る
ぼーっと地面を見つめていた】

652 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/18(木) 01:11:21 O
>>650
リコ「ふーん、なるほどね。まあ、あんたが納得してるならいいさ」

【食料を目で探しながら答える】

リコ「それにあんたと話してても詰まらなくない。俺はサムライさんが仲間でよかったと思ってるぜ。
あんたと殺り合いたくないしな。」

653 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/18(木) 01:14:09 0
>>648
トウジ「こいつは気持ちがいいぜ〜」

【おそらくジーナの予想とはまったく違う反応をみせる】

トウジ「姐さんこいつはなんなんだ?どんな意味があるんだ?」



654 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/18(木) 01:17:58 0
>>652
団子丸「そうでござるな・・・・拙者は本当は戦いたくはないでござる
刀を抜かずして終わるのならそれで、斬らずして済むならそれにこしたことはないでござる」

団子丸「この荒野を生きるには甘い考えと分かっているでござるが
やはり諦めきれないでござるよ。」


【手紙をみつめ その場でビリビリと破く】

団子丸「やはりこの話しはなかったことにするでござる
今更あいつのとこに戻っても刀を持たされる仕事でござる、ならここに居たほうが拙者には楽でござる」

655 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/18(木) 01:27:50 O
リコ「誰だって戦いたいわけじゃないさ。俺は別としてな。戦わなきゃならない時もあるし、戦わなくてもいいときもある。ようは見誤らない事さ。」

【見つけたパンを口に咥えながら】

リコ「それじゃ、残留が決定した所でまたよろしく頼むぜ!」

【ハイタッチを求める】

656 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/18(木) 01:28:04 0
>651>653
【トウジロウの反応と、情報端末の表示を見て息を呑む】

ジーナ(!! ……逆流は見られない、それどころかプラス側に異常値。近く、実戦での値を取る必要がありますわね)

ジーナ「はい、これでおしまいですわ。お疲れ様です」

【二人からヘッドバンドを外して、手間を労うと、検査機器を片付ける】

ジーナ「機動兵器の操作で、特殊なプレッシャーがかかることがありますの。
それによって体や精神に異常を来たす人もいます。その防止として、脳波の検査をしたんですのよ」

【トウジロウの疑問に答える。嘘ではないが全部でもない】

ジーナ「では、トウジロウさんはこれで終わりですわ。
食堂に、リゾットを作っておきましたから、他の人が食べていなければどうぞ。

アシュレイさんには少しお願いしたいことがあったのですけれど……残ってくださいます?」

【面倒そうなアシュレイの様子を見て、少しためらいがちに尋ねる】

657 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/18(木) 01:33:17 0
>>655
【グーで軽くコツンとたたく】

団子丸「改めてよろしくでござる」



団子丸「そう言えばリゾットが残っていたでござるよ?
リコ殿は食べないでござるか?」

658 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/18(木) 01:33:51 O
>>656
アシュレイ「……まあ、良いですよ
どうせだし、最後まで付き合いましょう」

【後頭部をかきながら言う】

659 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/18(木) 01:39:18 0
>657
【キッチン添え付けの吊り下げ型ホワイトボードに『リゾットどうぞ ジーナ』と書いてある】

660 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/18(木) 01:40:22 O
>>657
リコ「おっし!よろしく!ハハ!」

リコ「なんだ、リゾットなんてあるのか。先生も器用だな。んっ…うまい」

【リゾットをスプーンですくうとガツガツと食い始める】

661 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/18(木) 01:41:33 0
>>656
トウジ「俺をそこらへんのもやし野郎と一緒にしねぇでくれよ、姐さん・・・」

【軽口を叩きながら立ち上がり部屋から出ようとする】

トウジ「ま、姐さんの料理が食えるのなら儲けものだな」

662 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/18(木) 01:57:28 0
>661
【退室を見送った】

>658
【申し訳なさそうな笑みを浮かべてから、神妙な表情になる】

ジーナ「一つは、トウジロウ君の念についてです。
先日お伝えしたように、彼は念動力者なのですけれど、今の検査で、幾つか解ったことがあります。
まず、3年前と比べて成長が見られます。波形パターンから推測すると、今後加速度的に伸びる可能性がありますわ」

ジーナ「でも、私の予想は、過去のデータを元にした推測に過ぎませんの。
ですから、アシュレイさんにサポートを頼みたいんです」

【検査室を出ながら】

ジーナ「もう一つは……ちょっと関係していますけれど、大したことではありませんわね。
雑務を、少し手伝っていただきたいんです。今のままだと、私、図面引きも満足に出来ませんもの」

ジーナ「キャプテンはああいう方ですから、端的に言うとアテになりません。
むしろブリッジクルーの方々が、キャプテンの相手で手一杯です。
トウジロウ君は『独眼竜』にいた頃やってもらってましたが、向いてませんでした。
団子丸さんとリコさんは……お察しいただけますわよね」

663 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/18(木) 02:05:39 O
>>662
アシュレイ「爆発的に延びる……となると俺が抜かれるのも時間の問題かもしれませんね」

【ふぅと溜め息をつく】

アシュレイ「俺が見たところ結構才能ありますよ彼
まあ、彼のサポートについては任せてください
サポートは得意ですからね。異常があったらすぐに知らせます」

【そう言ってにこやかに笑う】

アシュレイ「雑務?具体的に言うと?
流石に何も分からない雑務については約束は無理ですね」

【あまり気乗りしないためからか少し皮肉を言う】

664 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/18(木) 02:07:11 O
【とある集落の上空
天使は見下ろすよいにそこにいた】

アリス「♪♪」

【集落へと降り立つデュネイアス
いきなり現れた謎のPTに村人達は驚いていた】

レジスタンス「何だてめぇは」

【騒ぎを聞きつけたレジスタンス達がアーベスライズに乗って現れる
威嚇するように対装甲マシンガンを構えていた】

レジスタンスA「さっさと出ていけ。ここはお前のようなものが出入りし……」

【言い終わる前に腕を切り落とされた
唖然とするレジスタンス
それを後目にアリスはZOランスを振りかぶりレジスタンスを串刺しにした】

レジスタンスB「てってめぇ!グラーフユニオンか!」

【隠れていたレジスタンス達がぞろぞろと現れる
村人達は不安そうにその様子を見ていた】

665 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/18(木) 02:20:23 0
>663
【皮肉を受けて、困ったように笑う】

ジーナ「そうですわよね。無理を言って申し訳ありません。
斥候も含めた偵察シフトの管理と、パイロットの方々の任務状況の把握、それと訓練メニューの検討をお願いしますわ。
出来るものだけで、構いませんから」

【さらりと言い、Dコンにそれぞれの資料を転送する。
普通『少しだけなのでよろしく』と言われて任される量ではない】

[ジーナのインターミッションは終わりです]

666 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/18(木) 02:27:21 O
>>665
【あまりの量にアシュレイは顔をしかめる
だが、同時にこれを一人でやっていたジーナを哀れにも思った】

アシュレイ「分かりました、出来る限り善処はしましょう」

【やれやれといったポーズを取りながらアシュレイはそう言った】


【同時刻にて
燃えさかる集落。悲鳴と爆音が響くそこには一人の天使がいた
それの周りを取り囲むはアーベスライズとワールウィンド
重火器を構え、襲いかかろとしている
いや、正確には何機かが襲いかかっていった。
だが、その結果はボロ雑巾のように地面に転がっていた】

アリス「どうしたの?かかって来ないの?」

【少女は挑発的に笑う
あまりにも尊大なその態度はまるで家畜でも見るような目つきだった】

レジスタンスB「うぉぉぉぉ!!!」

【掛け声とともに対装甲マシンガンとスプリットミサイルが斉射される
四方八方から放たれるそれを少女は避けようともせずに直接受けた
着弾する音が響いていく煙が吹き荒れる】

レジスタンスB「やったか!?」

アリス「何を?」

【煙が消え去った時には無傷のままの天使が現れた】

レジスタンスB「ばっ、化け物」

【天使の姿が消える。一瞬にしてアーベスライズの手足、そしてバックパックを引き裂いた
呆然とする残りのもの達。叫び声を上げ襲いかかるが、光が一閃すると一瞬にして灰になった】

レジスタンスC「うわぁぁぁぁ!!」

【逃げ出そうとする敗残兵達
しかし、逃げられる程甘くはない
空中に浮かぶ小機が次々と手足を打ち抜いていった
レジスタンスの男達は動くことさえも出来ず、恐怖の表情を浮かべる
逃げるため一人コクピットから飛び降りたものがいた
刹那、その体は蒸発した。天使が放つ光に飲み込まれたのである】

レジスタンスB「お前は一体何なのだ……」

アリス「神だよ」

【そう言って微笑むように笑う少女
可愛らしくそして、残虐なまでの微笑みだった】

667 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 10:01:17 O
ほんまジーナ先生は完璧超人やでー
そして流石にアリス様は大物の風格

ガル&フェリシアコテの復帰が待たれるぜ

668 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 12:17:37 O
アリス様は流石に格が違うよな、性格は超強気だが


ところで山を砕く威力の荷電粒子砲の直撃受けてなお原型留めてるマグナって何げに凄くね?

669 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 12:26:00 0
逆にいえばグラビティシールド付きの勇者ロボっつー防御力重視の機体を一撃で撃墜寸前まで追い込んだんだぜ

マグナ(シンディ)以外で同じことしてたら多分「閣下って本当に弱いんじゃない?」ってことになる

670 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 13:19:34 O
>>669
エネルギー80%ぐらいだったらもっと強そうなイメージがついたのにな

アリス様はどこまでBチームをいじめるのか今から楽しみだぜ

671 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 13:22:47 0
とはいえとーや曰く「普通」だからな

グランゾンとかに比べるとそこまで凄くないのかも

672 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 13:44:04 O
普通に考えてGUが戦略兵器もってるわけないだろ

統也って下っ端だたったくせに詳しすぎだろ

673 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 14:30:50 0
そういやグラーフの社長ってまだ出てきてないんだっけ
閣下以上に小物な予感w

674 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 14:31:07 0
恐らく「村を一撃で消し飛ばした」という表現が誇大
見直したら、無人機が大破してるが消し飛んだわけではないしな
「山をも砕く」ってのも、山肌にクレーターができるくらいだと思うぜ

直撃したら死でしょうがね

>>670
トウジロウのポテンシャルにアリス様も垂涎

>>672
とーやは
「戦略兵器が発掘されたことはある、何らかの理由で使えないものばかり」※察するに幾つかは所有してる
「開発されたとは聞いたことがない」
くらいしか言ってないから、親のコネで入った下っ端ならそんなにおかしくなくね?

GUが戦略兵器ホイホイ使わないのはレジスタンスを泳がせてるからかね

675 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 14:43:36 0
>>674
アスクレが探してるサンプルまで吹っ飛ばしたらまずいからじゃね?
素質ありそうなやつ拉致ってるくらいだし

676 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 15:04:56 0
亀だが連合兵が以外といいやつなのに吹いたw
閣下はあんなんなのに

677 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 15:08:18 O
>>672
親のコネで入ったからって機密に触れられるのか?

678 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 15:14:59 0
どっからどこまでが機密かにもよるな
とーやが今まで言ったような兵器なら特に隠すほど強力ってわけでもないし
それこそグランゾンとかなら話は別だけど

てかぶっちゃけ遺跡管理部って割といい加減にやってそう

679 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 15:23:14 0
紳士発言とセレネへのチクリは吹いた。
リュコス助けてる様子にレジスタンスも涙。
名無し兵の人間臭さは異常。

「戦略兵器も持ってるらしいよ」ってことだけなら、情報拡散しててもそんな問題にはならんのでない?

「発掘兵器の情報がどのくらい管制されてるか」なんて設定次第だろうし。

680 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 15:29:38 O
なんにせよ遺跡管理部の設定次第だな

ところで誰が設定してるの?

681 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 15:47:09 0
まぁほかのコテが指摘しない以上問題ないんだろうけど


>>676
連合兵CとDだけで話作れそうだもんなw
先輩と後輩みたいだし

682 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 15:58:58 0
>>681
あの名付けセンスのないGU兵と連合兵Dは愛せる

GU兵は既に2回(多分A1とA2にいた)ぼこられてるからアレだが、連合兵C&Dは有能そうだ

683 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 16:15:19 O
でも。俺 閣下を嫌いじゃないWW
上司にはしたくないが

684 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 16:19:36 O
グランゾンみたいなのはアリス様のデュネイアスだろ?

685 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 17:50:17 O
ハウデン・アリスのアスクレらじお☆

686 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 17:52:54 0
こんばんは、ハウデン役の小山力也です
同じくアリス役の柚木涼香です

687 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 18:24:56 0
「今週の粛清のコーナーっ」って言ってるゆずねえの幻聴が

688 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 19:40:04 O
発掘兵器や遺跡の設定って意外といい加減なんだよな
GUが拾ったり、アスクレ隊が拾ったり、レジスタンスが拾ったり。

689 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 19:41:52 O
1:今週の粛正コーナー
リスナーの怒っているコト・モノ・ヒトをアリス様が粛正しちゃうコーナー

2:閣下の男気闘魂塾
男気に悩む塾生の悩みを閣下が親身に答える塾

3:アスクレ座談会
ゲストを招き 色々な裏話を暴露する人気企画

4:ああ!!アリス様

アリス様に叱ってもらいたいMな人が集うコーナー

5:アスクレ秘密通信局
投稿されたハガキやメールを司会が読み コメント
優秀作品にはアスクレ秘密箱を進呈

6:何コレ あれクレ アスクレピオス

様々な品物や司会の私物をリスナーにプレゼントしちゃう太っ腹コーナー

7:閣下のつぶやき喫煙所

今日の放送を閣下がつぶやきそして振り返る哀愁企画

※初めてハガキまたはメールを読まれた方には隊員証
二回目以降はポイントを進呈



690 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 19:43:32 0
>>688
多少の労力があれば掘り出す事自体は誰でも出来る筈
ただし、設定上GU以外の奴らが掘り出すと即没収

アスクレ隊のはGUからの献上品だろ?

691 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 19:43:56 0
たまには番外編っぽいのも面白いかも

692 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 19:47:14 0
>>688
勝手に発掘&所有してる連中(アスクレ除く)はGUに追われるって寸法よ

でも割と頻繁に盗掘されたり強奪されたりしてる気配はあるな
GUがわざとやってる節もあるんだろうけど

693 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 20:04:52 O
>>691
パラレルワールド的な意味だと定番は学園物だが、俺は敢えて伝奇物を推す

694 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 20:07:46 0
ってか普通にアスクレらじお見てみたいww

695 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 20:10:22 O
>>693
それにすると、もはや別のTRPGとかになりそうだなw
俺は『番外編・割りと暇なアリス様の一日』を推す

696 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 20:14:16 O
アリス様と閣下人気だなw
敵キャラでここまで人気出たのはギブアップ以来だw

697 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 20:19:42 O
TRPGと言えば、アニメ化したナイトウィザードだが……見てる奴いる?

698 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 20:23:56 O
【番外編 割と暇なアリス様の1日】

【番外編 走れアスケラ!!】

【番外編 フェリシア 夢見る乙女】

【番外編 統夜なにしてんの?】

【実録 ジーナ先生 改造日誌】

【番外編 団子丸 丸い月見て何思ふ】

【番外編 その名はハガネ】

【番外編 密着!アスクレピオス24時】
【番外編 閣下の夕食】



699 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 20:24:02 O
しかし、名無し兵はロールするコテ次第でキャラがかなり変わるのが面白いな
しぶとかったり、弱かったり、優しかったり、チンピラだったり

700 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 21:51:57 O
歴代主人公って

サリア
タツキ
左京
不在
ケイン
ギルト
タカヤ

でOK?

701 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 22:12:05 0
>>697
出来が怖くて見られない

>>698
【ニーズヘッグの一番長い日〜ジーナ先生の休日、或いは男所帯の悲哀〜】

普通に番外編とか外伝的な話とかだったらハガネや先生の過去話が知りたい

702 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 22:17:35 0
>>698
【番外編 今日のリュコスちゃん名場面集】

703 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 22:19:11 O
>>702
ロリコンのロイドがハァハァしながら解説するんですね(>_<)


704 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 22:26:47 0
ロリコンとかひでえ
でも今フラグ立ててるのロイドだ

あの眼鏡め! ロリコンだったのか!(豹変)

705 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 22:38:10 0
リュコスに関わった男は全員ロリコン化するのか!
ひでえw

706 :名無しになりきれ:2007/10/18(木) 22:41:05 O
ロリコンで何が悪いw
俺はリュコスタソが好きだー!

707 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/18(木) 22:44:09 0
>>704
そんな…ひどい

というかリュコスさんは(ry
というか呼び方がさん付けな時点で察して…

出番は無いけど今晩は。

708 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/18(木) 22:53:02 O
アリス「ほらほらほら♪」

【ZOランスを用いて次々と体を切断していく。
ただし、コクピットは避けて……まるでなぶり殺すのを楽しむように】

レジスタンスA「早く殺せ!こんな拷問はもうたくさんだ!殺せるだけの力があるのだろうお前には!」

アリス「ダメだよ。、男は少女の顔を見た
暴虐なまでの態度とはあまりにも不釣り合いな整った顔立ち。幼い体躯】

レジスタンスA「こんな小さな子供が……?グラーフユニオンはこんな子供まで戦力に」

アリス「あははは!失礼だねお前。愚かな下級民族の癖に人のことを子供扱い
自分の立場を考えなよ」

レジスタンスA「がぁぐぃあ!」

【コクピット部分に衝撃を与える。
ボールのようになったアーベスライズに何度も何度も蹴りを入れる
その度にコクピットに衝撃が走り、パイロットに苦痛を与える
幾度目かの蹴りだろう。やがて悲鳴すら聞こえなくなった
ヘルメットには血がこびりついていた】

アリス「あら、もう気絶したの?
つまんないなぁ……もう良いや」

【ZOランスでコクピットを貫いた】

アリス「さてと、次はお前たちの番か
退屈してたでしょ?たっぷり楽しませてあげるよ♪」

レジスタンスB「ひっ!」

【声に鳴らない悲鳴をあげる
彼らに安息が訪れるのは彼女が飽きた時だけである】

709 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/18(木) 22:55:23 O
コピペミスです

>>708
アリス「ほらほらほら♪」

【ZOランスを用いて次々と体を切断していく。
ただし、コクピットは避けて……まるでなぶり殺すのを楽しむように】

レジスタンスA「早く殺せ!こんな拷問はもうたくさんだ!殺せるだけの力があるのだろうお前には!」

アリス「ダメだよ。それじゃつまらないもん。あっ、自決するのは無しだから
そんなことしたら……分かってるよね?」

【その言葉に唇を噛み締める
その間もアーベスライズの体に次々と刃が叩き込まれる】

アリス「あははは♪楽しいなぁ
ねっ、お前もそう思わない?」

【その時初めて、男は少女の顔を見た
暴虐なまでの態度とはあまりにも不釣り合いな整った顔立ち。幼い体躯】

レジスタンスA「こんな小さな子供が……?グラーフユニオンはこんな子供まで戦力に」

アリス「あははは!失礼だねお前。愚かな下級民族の癖に人のことを子供扱い
自分の立場を考えなよ」

レジスタンスA「がぁぐぃあ!」

【コクピット部分に衝撃を与える。
ボールのようになったアーベスライズに何度も何度も蹴りを入れる
その度にコクピットに衝撃が走り、パイロットに苦痛を与える
幾度目かの蹴りだろう。やがて悲鳴すら聞こえなくなった
ヘルメットには血がこびりついていた】

アリス「あら、もう気絶したの?
つまんないなぁ……もう良いや」

【ZOランスでコクピットを貫いた】

アリス「さてと、次はお前たちの番か
退屈してたでしょ?たっぷり楽しませてあげるよ♪」

レジスタンスB「ひっ!」

【声に鳴らない悲鳴をあげる
彼らに安息はない。彼女が飽きるその時まで】

710 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/18(木) 23:09:27 O
レジスタンス「お……願いだ……誰か……来てくれ……
こいつは人間じゃ……ない」

【意識を失いかけながらも救難信号を送る
天使の刃は彼の意識を刈り取ろうと痛みを与えていく】

アリス「なかなか頑張るね!あはははは、良いよ凄く良い」

レジスタンス「く…そ……」

【衝撃がはしる。痛みが伝わる。傷が広がる
悪夢のような時間
やがて最後のレジスタンスの意識をも奪った】

アリス「……」

【反応がなくなったワールウィンドを見つめる
アリスは物言わぬそれを踏み潰した】

アリス「……さてと、どうするか」

【アリスは村人達を見やる
怯えきった表情を浮かべていた
アリスはそれを見て満足げに笑う】

711 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/18(木) 23:32:16 0
>710
【ニーズヘッグ艦内 格納庫】

【ジーナは、整備士たちへのシフト説明がてら、改修プランやパーツのリサイクル案を相談していた】

【俄かに鳴り響く警報。続くブリッジからの艦内放送で、救難信号を受信した旨が報じられる。
最大船速で、現場に向かうという。さらにDコンから通信を受信するジーナ】

ジーナ「はい、ジーナですわ。ええ、ちょうど格納庫に。了解いたしましたわ。
10分……いえ、5分で行けるはずです、お任せくださいませ」

【壁掛けの通話機を手に取ると、艦内放送を流す】

ジーナ「パイロット各員、緊急出撃ですわ。
5分後に全員出撃、目標地点に先行します。即、準備してくださいませ」

【告げると、予備のパイロットスーツを手に取ってWWアヴォルタに乗り込み、コックピット内で着替え始める】

712 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/18(木) 23:35:04 0
【ダンゴイザンは一足先に出撃】

団子丸「先に出るでござるよ」


【集落までたどり着く】

団子丸「あいかわらず酷い事を・・・」

713 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/18(木) 23:38:52 O
>>711
アシュレイ「了解」

【ゲームブックを閉じ、パイロットスーツに着替え格納庫へと走る
その歩みは先ほどよりもずっと速い
格納庫に着くやいなや、エクスヒュッケバインに乗り込む
そのまま出撃の合図を待った】

714 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/18(木) 23:46:52 0
トウジ「またグラーフの奴らか!」

【心の底から怒りがこみ上げる】

トウジ「俺がぶったおしてやるぜ!」

【勢いよくニーズヘッグから飛び出していく】

715 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/18(木) 23:52:12 0
>712
ジーナ「了解いたしました。何が相手かも不明です、お気をつけて、回線は維持してくださいませ」

【ファスナーを首元まで閉じ、ヘッドギアを被って着替えを終えると、機体を起動、カタパルトに付く】

>713>714
ジーナ「各機、出撃! 敵の詳細は不明です、突出し過ぎないよう注意してくださいませ!」

【飛び出し、空から各機を把握しつつ目標地点へと向かう】

716 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/18(木) 23:55:41 0
>>715
団子丸「この位置から確認できるのは・・・・・1体だけでござる
これは余裕でござるな」

717 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/19(金) 00:01:57 O
【レジスタンス達は全滅した
しばらく痛めつけられた後先ほどと同様刃に貫かれ絶命する
その場に残るのは天使とか弱きもの、逃げ出せずにただ、茫然自失していた村人だけだ
と言っても逃げ出したものの末路は道端に肉かいとして転がっていた】

アリス「つまんないなぁ……。そうだ、お前達生きたい?ここまで見てってくれたお礼だよ。何人か生かしてあげても良い」

村人A「ほっ、本当か!?いや、本当ですか?
なっ、何でもしますだから命だけは!」

村人B「この子……この子だけはどうか!」

【ざわ……ざわ……と揺れる村人をにっこりとした笑顔で眺める
本当に楽しそうな笑みである】

アリス「はい、そこのお前……失格だ」

村人A「えっ?」

【光が迫る。村人A、その他自分の命を助けて欲しいと真っ先に言った人間を灰になった
一方で生かされたのは村人Bのような自分以外のものを助けようとしたものだけ
その数は10人にも満たなかった】

アリス「今殺されなかったものは合格だよ。逃げて良いよ。私は追わないから」
村人B「はっ……はい」

【アリスがそう言うと生き残った村人達が散り散りになっていった
これで集落に残ったのは本当に天使だけになった】

アリス「さてと、最後の仕上げをしようかな
テトラクティスグラマトン」

【彼女の体から膨大な念が溢出る
その念はデュネイアスの体を覆っていった。地を揺るがす程の強大な念が実体化する
次の瞬間念は弾けた。一筋の光となって集落に注がれた
光が消え去ると残るのは瓦礫だけだった。文字通り村は消滅していた
生き残りの村人達は遠くから呆然とした表情で眺めるだけだった】

>>712
アリス「あれ?何かいるな……
念を全く感じない……パーソナルロイドか?」

718 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/19(金) 00:03:42 0
>>716
トウジ「油断するんじゃねえ・・・」

【団子丸を注意する】

トウジ「一体で村のレジスタンスを壊滅させた奴だ、かなりの相手に違いねぇぜ!」

719 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/19(金) 00:08:54 0
>>717の村が消滅したことを確認】
【全機体に通信を入れる】

団子丸「マズイでござる!余裕なんてほどの相手ではないでござる!!
まだこの位置ではニーズヘッグは発見されてないはずでござる・・・状況しだいでは
撤退も考えておいたほうがいいでござる」

>>717
団子丸「発見されてしまったでござる、交戦状態に入るでござる・・・」


720 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/19(金) 00:11:07 0
>>718
団子丸「それはトウジ殿も同じでござるよ
『腕が鳴るぜ』みたいな考えは捨てたほうが良いでござるよ」

【通信を返す】

721 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/19(金) 00:11:12 0
>716
【報告を聞き、疑問に眉をしかめる】

ジーナ「……この辺りのレジスタンスは、どこも物資がそれなりに充実してました。
発掘PTやAMが数機程度は稼働していたはずですわ。それを、1機で、となると……」

>717
【発言半ばで、光が弾け、周囲が壊滅する様子を視認する】

ジーナ「……!!?」

ジーナ「……当たり前ですけれど、一致データなし。各機、警戒態勢を」

【オープンチャンネルでデュネイアスに通信】

ジーナ「そこの不明機のパイロット。……レジスタンスを壊滅させたのは、貴方ですわね?」

722 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/19(金) 00:17:02 0
>>720
トウジ「そうみたいだな・・・こいつは命を覚悟しないといけねぇみたいだな」

>>717の光景を目の当たりにして額を汗が流れる】

トウジ「グラーフにあんなヤバい奴がいたのか?」

723 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/19(金) 00:23:40 O
>>717
アシュレイ「逃げろ……勝てる相手じゃない
この馬鹿みたいな念動力……それにあの機体は……」

【デュネイアスの姿を見て狼狽えるアシュレイ
既に出撃していた】

>>718
アリス「あれ……?この機体確かクルセアのデータにあった
思ったよりついてるかもしれないな」

【クスクスと笑いながらストームドラグーンを見る】

>>719
アリス「そして、ついてないのはあなた
パーソナルロイドのあなたが何でそいつらの味方してるのか知らないけど……本当についてないね」

【団冴猪斬を見据える】

>>721
【モニターに写るのは可愛らしさ少女の姿
無邪気に笑みを浮かべていた】

アリス「そうだよ
私はグラーフユニオン遺跡管理部所属……レムル、よろしくね」

【表情を全く崩さずに嘘の経歴を述べる】

724 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/19(金) 00:25:39 0
>>722
団子丸「・・・グラーフでござるか・・・」

団子丸(果たしてグラーフの機体なのでござるか?・・・そうでないならやはり奴らか・・・)

団子丸「トウジ殿、無理は禁物でござる、加えて言うなら深追いもダメでござる
もっとも追い返せればの話しでござるが」

725 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/19(金) 00:30:54 0
>>723
団子丸「拙者は・・・拙者は縛られるのが嫌なだけでござるよ」

【脇の刀に手をかざしいつでも刀を抜けるように構える】

団子丸「・・・・・グラーフの遺跡管理部の者でござるか?
遺跡管理部と言えどこれはやりすぎではござらぬか?ここまする必要はあるでござるか?」

726 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/19(金) 00:31:40 0
>723
【コックピットの中には、俄かに信じ難い姿。背中に一筋、嫌な汗が流れる】

ジーナ「……職業柄、驚くべき事態にはよく遭遇いたしますけれど……
これほど現実味のない状況は久しぶりですわ」

【殺気に向かいつつ、戦闘データを微調整していく】

ジーナ「……このまま立ち去る、なんてつもりは、なさそうですわね?」

【いつでも回避運動が取れるよう、細心の注意を払いながら尋ねる】

727 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/19(金) 00:35:03 0
>>724
トウジ「わかっているよ、さっきからいやな予感しかしやがらねぇ・・・逃げるか?それとも・・・」

【距離を取る】

トウジ「エクソシストでも呼んで来るか?」

【軽口を叩いてはいるが顔はまったく笑っていない】

>>723
トウジ「管理部?じゃああれは昔の最終兵器かなんかか?」

728 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/19(金) 00:40:22 O
>>725
アリス「ここの村はレジスタンスの拠点だからね
レジスタンスの拠点を破壊した……それだけの理由だよ
それに、グラーフユニオンの支配力を見せなければいけないからね」

【クスクスと笑う】

アリス「御託は良いよ。さっさとかかってきなよ」

【にこやかに笑う】

>>726
アリス「あはははは、お前ならこんな状況を見られたらどうする?後は…分かるよね?」

【笑顔は崩さない】

>>727
アリス「何でも昔戦争していた時の切り札になるものだったらしいよ
あはははは」

【最もらしいことを言う】

アリス「………」

【トウジに邪念を送る
彼と圧倒的な力の差がある膨大な念だった】

アシュレイ「くっ……この馬鹿でかい念……立っているだけで圧倒されそうだ」

アリス「……ターゲット二機目視認
さて、どう動くかな?」

729 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/19(金) 00:40:56 O
こんばんは、遅れました。

リコ「俺と相棒も出るぜ!」

【レーブェ出撃完了】

リコ「なんだよ、こりゃ……」

>>717の光景を見ると流石冷や汗を流すリコ】

リコ「あんたみたいなお嬢ちゃんがやった、てのか…冗談きついぜ」

>>723のパイロットの姿を見て普段通り笑うが背中には冷や汗が流れる】

リコ「悪戯にしちゃチッとばかし過ぎちゃいねぇか?それともお菓子を貰えなかった腹癒せか?
どちらにしろやることに度が過ぎてるぜ!」

730 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/19(金) 00:47:07 0
>>728
団子丸「拙者は自分から行くのは苦手で・・・攻められるのも嫌でござる」

【構えが深くなりいつでも相手の動きに合わせられる状態】



>>726
【通信を入れる】

団子丸「ジーナ殿、この辺を調べたら村人の何名かは逃げたようでござる
ここは拙者たちも逃げるほうが無難でござる・・・・あの機体の少女は拙者達だけでは
相手をするのは難しいと思われるでござる」

731 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/19(金) 00:52:21 0
>730
ジーナ「……ええ、そのつもりですわ」

【各機に通信】

ジーナ「……撤退しましょう。

私が20秒後に突撃を掛けます。アシュレイさんとトウジロウ君は退がりながら援護を。
団子丸さんとリコさんは、アシュレイさんたちを守ってください。

巧く引き離せたら散会して、ポイントHA6637で旗艦と合流しましょう」

【各機のコンソールに20からのカウントダウンが灯る】

ジーナ「……多分、これでも見誤りがあるんでしょうね……!」

【刻々と迫るカウント0】

732 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/19(金) 00:53:48 0
>>728
トウジ「ぐぅ・・・ぬぅ・・・」

【凄まじい頭痛が走る】

トウジ「なんだよこの感覚は・・・いてぇなバカ野郎!」

【痛みに耐え銃口を向ける】

トウジ「てめぇは悪魔か!」

【腰のレールガンを発射する、凄まじい速度で大質量の弾丸が飛んでいく】



733 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/19(金) 00:59:31 0
>>731
団子丸「了解したでござる・・・

ジーナ殿、突撃は危険でござる・・・武運を」


【カントが0になり 直ぐにその場を離れる
ただ絶対に背を向けずアリスの機体を捉え追撃に対応できるようにする】




734 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/19(金) 01:00:38 0
>732
【念に反応したトウジロウを見て、覚悟を決める】

ジーナ「く、カウント切り上げますわ! スタートッッ!!」

【一気にジェネレータを焚き付け、展開したシザークローで掴みかかる。
無理やり動かしたためか、かなり不自然な体勢だが、逆に奇襲には都合がいいのかもしれない】

735 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/19(金) 01:00:50 O
>>730
アリス「なら私から行くかな」

【ZOランスを構え一瞬で距離を零にする
そこから突きを放った】

>>731
アシュレイ「ああ、分かった……」

アリス「あら、逃がすと思ってるの?
本当に低脳ね」

【彼女が念じると四機のアサルトブリットが生じる
生き物のように動くそれはアヴォルタに砲撃を放つ】

>>732
アリス「そう、それで良い」

【Gテリトリーに止められる】

アリス「でもダメ……攻撃っていうのはこうやるんだよ」

【デュネイアスの前にエネルギーが収束すると、メガスマッシャーキャノンが発射された】

736 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/19(金) 01:04:43 0
>>735
団子丸「おっと!!!
拙者はお主の相手は嫌でござるよ!でも・・・ここで引き付けるのも仕事でござるな」


【距離を詰められたことには驚いたが
攻撃がくることは予測していたため 刀でランスの切っ先を弾き攻撃をよける】

団子丸「早い・・・・逃げ切れるでござるか!?」




737 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/19(金) 01:07:10 O
>>731
リコ「OK、先生。あんなやつと無理にやる必要は無い。先生も危なくなったら逃げな!」

【先生へ通信を返すとすぐさま向き直り】

>>735
リコ「アシュレイたちを任されてる。あんまり距離を離せないな…」

【エクスヒュッケの援護に行けるようエクスとあまり距離を離さずハンドガンを連射する】

738 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/19(金) 01:12:56 0
>735
【唐突に現れたアサルトブリットからの砲撃。
姿勢制御スラスターを噴かし、機体を真横に回転させながら上方に抜け、直撃を避ける。残HP75%】

ジーナ「くッ……みすみす逃がしていただけるなんて思ってませんわ、でも今を生き残るためにはッ!」

【頭上からマシンキャノンを重ねながら突っ掛け、シザークローでメガスマッシャーキャノンの照準をずらそうと狙う】

ジーナ「……でやぁぁぁぁぁぁッ!!!」

739 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/19(金) 01:20:25 O
>>734
アリス「意外に速いね」

【反応仕切れずにシザークローを受けた


アシュレイ「くそ!!」

【アシュレイのフォトンライフルとアヴォルタのマシンキャノンを受けてメガスマッシャーキャノンは若干ずれた
残りHP96%】

アリス「しつこい」

【アヴォルタを地面に叩きつける】

アリス「お前も」

【アサルトブリットがアシュレイを穿つ
念動フィールドで何とか致命傷は防ぎ残りHP75%】
>>736
アリス「本当に思ったより強いじゃない
でもダメ」

【ランスを連続して放つがそれは全てフェイク
本命の蹴りを団冴猪斬に放った】

>>737
アリス「あはっ♪」

【ハンドガンを受けていく
残りHP93%
と、今まで受けた傷がみるみるうちに自己再生機能によりなくなっていく
残りHP97%】

アリス「どう、気に入ってくれた?」

【ZOランスから衝撃波が飛ぶ】

740 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/19(金) 01:21:43 0
>>735
トウジ「マジかよ・・・」

【弾丸を受け止められ自分の目を疑う】

トウジ「なにが・・・ぐぅわっ!」

【メガスマッシャーキャノンがかすめるHP:50%】

741 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/19(金) 01:25:14 0
>>739
団子丸「本気で狙ってない?・・・・しまった!?本命はコレでござるか!!」

【連続で放たれるランスに気がいき
蹴りに対して反応が遅れる 蹴りがヒットしダンゴイザンは吹き飛ばされる】

【着地のときに受身を取り 直ぐに起き上がる】
【残りHP90%】

団子丸「くっ、機動力もさることながら一撃が重いでござるな・・・」


742 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/19(金) 01:29:39 O
>>739
リコ「まさに悪魔だな!受けたその場から傷が治るなんてよ。く…」

【横へ転がり何とか衝撃波を躱す。】

リコ「ちょっとした一発芸だ!うまくいったら拍手喝采で頼むぜ!」

【一式を上段に構えるとアリス機に向かって投げるが横を通り過ぎてく。】

リコ「戻ってこい!」

【ブーメランのような起動を描きアリス機を背後から狙う】

743 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/19(金) 01:30:11 0
>739
【されるがままに叩きつけられ、残HP50%】

ジーナ「げっほ……ッ、滅茶苦茶なスペックですわね、本当に。
パワーは段違い、スピードは捉えるのがやっと、装甲は固い上に自己修復付き」

【体勢を立て直すと、少し傾いていることに気付く。姿勢制御スラスターとブースターが少し潰れていた】

ジーナ「……しかもこっちは推進系異常、と」

【各機に通信】

ジーナ「……申し訳ないのですけれど、全機全速で撤退していただけます?
まとわり付いて邪魔するだけなら何とかなりそうですから、私が残りますわ。
皆さんの離脱を確認したら、私も撤退します」

744 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/19(金) 01:37:08 0
すいません今日は落ちます

745 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/19(金) 01:41:53 0
>>743
団子丸「・・・・ジーナ殿、はっきり申し上げるでござる
ジーナ殿ではその役は無理でござるな」


団子丸「あ奴のスピード、攻撃力、そして再生力・・・どれをとっても絶望的でござる
今ここでジーナ殿を置いて逃げたとしてもジーナ殿が助かる見込みは・・・・ゼロ」


【いつものどこか抜けた口調ではなく厳しい口調】

団子丸「ここは拙者も残るでござる・・・・最悪このダンゴイザンがやられても
拙者なら生身で逃げれるでござる・・・・ジーナ殿、拙者なら1分は確実に約束できるでござる
なんとしてでもあいつを止めて見せるでござるよ」

746 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/19(金) 01:44:47 O
>>740
アリス「念動力も弱いし、こんな奴本当に使えるのかな?」

【やれやれと顔をしかめる
深追いはせず、そのまま放置した】

>>741
アリス「食らえ」

【アサルトブリットが団冴猪斬に追撃をかける】

>>742
アリス「何!?」

【流石に予想していなかった攻撃のため直撃する
残りHP91%】

アリス「痛いなぁ」

【お返しとばかりにメガスマッシャーキャノンを放つ】

>>743
アシュレイ「一人で……だと?
無茶だ死ぬ気か!?殺されるだけだぞ?」

【アシュレイは必死に止めようとする】

アシュレイ「それより早く逃げることを……ぐわぁぁ!」

【ビーム状の爪……クレッセントファングがエクスに直撃した
残りHP30%】

747 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/19(金) 01:52:32 0
>>746
団子丸「やめろおおおお!!」

【向かってくるアサルトブリットに向かっていく どれも寸前で交わしていくが
大型のダンゴイザンにはどれもかすり当たりしてしまう 残りHP80%】



団子丸「お主の相手は拙者がお相手いたす!!」

【デュネイアスに走って行き刀を抜き 突き攻撃を繰り出す】


団子丸「ていやああああ!!!」

748 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/19(金) 01:53:33 O
>>743
リコ「だめだ。あんたが先に逃げな。サムライさんもいってる通りここに残りゃ…十中八九先生は助からない
そんな事は流石にさせられないぜ」

【団子丸に呼応するように】

>>746
リコ「なに!?ぐぁ!!」

【メガスマッシャーキャノンにヒットする。残りHP50%。】

リコ「くっ…待ってろよ、ベイビー。」

【帰って来た一式を掴むと一気に距離を詰め】

リコ「おらおらおらぁ!」

【前の戦いで見せた高速の千の突きを放つ】

749 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/19(金) 02:01:09 0
>745-748
ジーナ「……せめて、『“ほぼ”ゼロ』と仰ってくださいな。
避けることだけ考えれば、私一人でも90秒程度は持つ見込みです」

【実際、抑えるには最低限の攻撃が必要で、それによって回避効率が下がることは、本人がいちばんよく解っていた。
皆がそう思っていたことも解っていたが、敢えて言わなかったのは、皆が逃げてくれることへの一縷の望みだったのだろう】

>746
ジーナ「さ、少しばかりで構いませんわ、私とお付き合いいただきますわよ!」

【マシンキャノンの弾幕に隠して、関節やセンサーと思しき部位へとレールガンを連続で撃ち込む】

ジーナ(数%くらいは、一人でも生き残れると思ったんですけれど。それじゃ皆さん納得しませんわよね、やっぱり)

750 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/19(金) 02:06:36 O
>>747
アリス「あっ、うっ……こいつ」

【突きを防ぎきれず何とか受け流した
残りHP87%】

>>748
アリス「あっ……それ以上やられたら私……私……」

【千の突きをその身に受ける
残りHP83%
涙を目にためアリスは懇願する】

アリス「……何て言うと思った?」

【右手にエネルギーが収束するとそのまま近距離からメガスマッシャーキャノンを放った】

>>749
アリス「無意味だね本当に」

【念動力で読んでいるためその攻撃は無駄だった
殆どをZOランスで叩き落とす
残りHP81%
自己再生機能によりみるみるうちに傷が癒えていく
残りHP86%
ZOランスを振りかぶり衝撃波を……】

アシュレイ「……くそ…………」

【アリスの念動力に干渉していく】

アリス「……ぐっ」

【アリスの顔が一瞬だけ苦痛に歪み攻撃が一瞬遅れた】

751 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/19(金) 02:13:34 0
>>749
団子丸「まったく、自信過剰でござる!!
でもそれくらい堂々としていたほうがこのメンバーをまとめることは不可能でござるよ」


>>750
団子丸「相変わらずの再生力・・・・しかも拙者の攻撃を受け流す・・・
装甲もかなりなものでござる

ん?心なしか動きが遅れたような・・・・」

【抜いた刀を鞘に収め 再び距離を置き深追いはしない】


752 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/19(金) 02:24:33 0
>750
【戸惑ったかのようにほんの僅か遅れた衝撃波を、すんでのところで掻い潜って回避】

ジーナ「一瞬、鈍った……?」

【少し距離を取り、戦況を再確認する。
とはいえ、確認できることは、誰かが瓦解すればそこから終わるだろうということだけだった】

ジーナ(……ここからでは、確実に撤退できそうなのは、トウジロウ君とあと2機、でしょうか。
誰かに貧乏くじを引いていただかなくてはならないのが、心苦しいですわね)

>751
ジーナ「褒め言葉と受け取っておきますわね。

……でも実は、少々余裕なくなってますの。打つ手が見つかりません」

[今日はこれで失礼します]

753 :名無しになりきれ:2007/10/19(金) 05:06:36 0
反グラーフユニオンで鳴らした俺達強奪部隊はドジを踏んでアスケラ隊に捕縛されたが、
Bチームとの決闘を脱け出し荒野へと逃げ延びた。
しかし、荒野でくすぶっているような俺達じゃあない。
筋さえ通れば条件次第でなんでもやってのける命知らず、
不可能を可能にし巨大な悪を粉砕する俺達、レジスタンスAチーム!

俺は、リーダーハガネ。通称KY。
奇襲戦法とタチバナの名人。
俺のような戦闘のプロでなければ百戦錬磨のつわものどものリーダーは務まらん。

私はフェリシア・ファルネシア。通称マスター。
あまりの迂闊さに、出撃するたびイチコロ。
ハッタリかましてスティールから猫娘にまで、何にだってやられてみせるわよ。

私は、リュコス・アイカテリネ、通称ロリっ娘。
チーム最年少の無口キャラ。
意思の疎通はボディランゲージと笑顔とシンディの手助けでお手のもの!

よぉ、お待ちどう。俺様こそロイド・ヴェイパー。通称ひきこもりメガネ。
フラグの立てっぷりは天下一品!
ロリコン?紙装甲?だから何。

アスケラ・ルクバート。通称四時まで。
百合の天才よ。覇天王でもブン殴ってみせるわ。
でもセレネと戦うのだけはかんべんして。

俺達は、道理の通らぬ世の中にあえて挑戦する。
頼りになる神出鬼没の、レジスタンス Aチーム!
助けを借りたいときは、いつでも言ってくれ。

754 :名無しになりきれ:2007/10/19(金) 07:56:07 O
てーか普通にロイドさん振られそう

755 :名無しになりきれ:2007/10/19(金) 08:55:20 O
アリス様強すぎだろ
閣下と格が違いすぎてクソワロタw

756 :名無しになりきれ:2007/10/19(金) 09:30:46 O
先生がいなくなったらニーズヘッグはたちまち立ち行かなくなるので
「私が残る」発言は判断ミスと言わざるを得ない

757 :名無しになりきれ:2007/10/19(金) 10:17:41 0
Aチームのコピペ改変なら口調は変えないほうがいいんじゃないかね

>>755
ジーナ→覚悟完了
アシュ→ビビり
トウジ→一発で半壊
リコ→余裕なし
団子→真面目

アリス様\(^o^)/ハジマタ

758 :名無しになりきれ:2007/10/19(金) 10:33:36 0
瞳のアイコンでキモチを伝えるロボットMIO
http://news.ameba.jp/hl/2007/10/7789.php

759 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/19(金) 11:06:06 0
>>746
トウジ「舐めやがったな・・・この俺を舐めやがったなぁ!」

【トウジの怒りが爆発する・・・そして、扉が開く】

トウジ「It's show time! 」

【六連装ミサイルポッドを発射する。その攻撃にはかなりの念が込められている】

760 :名無しになりきれ:2007/10/19(金) 15:21:30 0
>>754
「掘られそう」に見えたアッー

リュコスに対しては、振られる以前にそういう興味はないんじゃないの多分
ロイドが幸薄そうという意味なら同意

761 :名無しになりきれ:2007/10/19(金) 17:37:52 O
リュコスはセレネに誘拐されそう

762 :名無しになりきれ:2007/10/19(金) 18:38:07 O
>>761
あの子は優しい子だよ


きっとそんな事はしない

763 :名無しになりきれ:2007/10/19(金) 18:41:16 0
誘拐イベント後に色々あって仲間に、ってパターンもあるじゃん

764 :名無しになりきれ:2007/10/19(金) 18:57:30 O
アリス様意外に優しくてびっくり

765 :名無しになりきれ:2007/10/19(金) 19:01:40 O
>>764
まぁ、アリス様は最終的には味方になるらしいしな

766 :名無しになりきれ:2007/10/19(金) 19:07:48 O
閣下とアリス様は和解するのかな

767 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/19(金) 22:18:43 O
こんばんは

>>751
アリス「邪魔だ」

アシュレイ「くっ……」

【アシュレイの念を駆逐する間に距離を取られる】

アリス「ちっ……」

【舌打ちをしつつ団冴猪斬を見据える】
>>752
アリス「避けられたか……
まあ、良いさ。どの道逃がしはしない
えへへ」

【殺気を込めた視線でアヴォルタを睨みつける
だが、その表情は笑顔に満ち溢れていた】

>>759
アシュレイ「……この念」

アリス「あははは!何だやれば出来るじゃない!」

【Gテリトリーを展開せずにミサイルポットを受けた
残りHP76%】

アリス「ああ、心地よい念だ
でもまだ足りない
もっとだもっと怒り悲しみ嘆き……負の感情に身を委ねろ!
それがお前の念を増やしてくれる!
あははは♪♪」

【念動力者でなくても何らかの異常は感じ取れる……それだけの邪念が周りに吹き荒れていた
だが、それすらも彼女の力の一端に過ぎない
白光の翼を開き、天使のような神々しさを醸し出しながら……存在していた】

768 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/19(金) 22:36:42 0
>>767
トウジ「Ok baby!」

【接近しながらショットガンを撃ちつつ六連ミサイルポッドを放つ】

トウジ「kill you!!」

769 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/19(金) 22:40:12 0
>>767
団子丸「・・・・ヤキトリが食べたい」

【白い翼をみた感想をつぶやく】

団子丸「いかん!いかん!ここは一か八かでござる・・・」

【刀を構え突撃する 擦れ違い居合い切り攻撃を繰り出す】

770 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/19(金) 22:45:06 O
こんばんは

>>750
リコ「なっ!!ちっ!」
リコ(相棒に無茶をさせるが、ガタガタ言ってられる場合か!)

【メガスマッシャーキャノンが直撃したかのように見えたが】

リコ「!」

【普段とは違うペダルを踏むとバイクのエンジン音のような音と残像を残しその場から消える】

リコ「これを使わせたんだ…当然楽しませてくれるんだよな?」

【アリス機からかなり離れた場所に姿を現すレーブェ。】

771 :名無しになりきれ:2007/10/19(金) 22:47:20 O
なぁ、お前らはここで死ぬのか?

撤退しないのか?

772 :名無しになりきれ:2007/10/19(金) 22:51:30 O
>>771
なあ、お前は何でそんなに気が短いんだ?

ちょっと考えればイベント待ちだって分かるだろうが

773 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/19(金) 22:56:07 O
>>768
アリス「それじゃダメだ。隙が大きすぎる
一度見たらそれは当たらない」

【弾丸を全て回避してみせた
自己再生機能により機体修復
残りHP80%】

アリス「まだ、何かあるんだろ?
じゃなきゃこうやって特攻なんてしてこない」

【アリスは余裕を持ちながら見やる】

>>769
アリス「いけないなぁ
そんなのもう食らわないよ」

【ZOランスで軽くいなすとお返しとばかりに突きを放つ】

>>770
アリス「良いねそれ」

【パチパチと拍手をして見せる】

アリス「じゃあ、これも避けて」

【アサルトブリットが断続的に弾丸を打ち込む】



アシュレイ「みんな……少し良いか」

【全員に向け通信をする】

アシュレイ「今から少しだけ時間を稼いでくれ
それが出来たら俺が何とかする。あまり使いたくなかったが……こちらも切り札を使う」

774 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/19(金) 23:06:50 O
>>773
リコ「OK、アシュレイ!相棒も俺も火がついちまった。今なら90秒と言わずに一日くらいわけないぜ!」
リコ(実際は五分くらいしか相棒が持たないけどな)

【とは言わずに通信を返す】

リコ「お嬢ちゃん、しばらくクレイジーなパーティーに付き合って貰うぜ!」

【アサルトブリッドの弾に残像が当たるように加速減速を繰り返し回避する】

リコ「ハ!なんだよ、今のが攻撃か?銃撃戦てのはもっとシャープにやらなくちゃな。」

【ハンドガンを構えるとマシンガンのような速さで弾丸が発射される】

775 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/19(金) 23:07:42 0
>>773
団子丸「ああやっぱりぃぃ・・・」

【突きをギリギリガードするが後ろに下がるときに体勢を崩しドテっと倒れる】
【残りHP67%】

団子丸「あいたたた・・・これは素直に逃げるべきだったでござる」

【アシュレイの通信を聞き】

団子丸「その切り札期待してるでござるよ・・・・
さて、気を引き締めるでござるか」


【体勢を立て直し 再び構えの姿勢を取る】
【足元が見えないくらいの高速の摺り足で接近し 再び横を擦れ違う】
【刀を鞘にしまうカシャンという音が響く】

776 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/19(金) 23:08:12 0
>>773
トウジ「Of course!!」

【アリス機のところまでジャンプしつつマシンガンをバラまく】

トウジ「Watch me well!」

【全武装を全弾発射したあと装甲をパージしてブレードを突き立てる】

トウジ「Good bye!」



777 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/19(金) 23:08:27 0
>773
【気圧され、息を呑む。回避運動を取りながら状況把握に努める。アシュレイの通信に返答する】

ジーナ「……今、アシュレイさんを失うわけには参りませんわ。
逃げる当ては、ついていらっしゃるんでしょうね?」

>768-769
ジーナ「団子丸さん、トウジロウ君を守って、いつでも敵機と距離を取れるように備えてくださいませ」

>774
ジーナ「リコさん、少しだけで構いません、そのまま抑えて!」

【腰部に提げていた大口径キャノンを構え、急上昇する】

778 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/19(金) 23:24:29 O
>>774
【Gテリトリーがハンドガンを防ぐ】

アリス「悪いがそんな攻撃私には効かないよ
後速いけど、それだけじゃ私には勝てない
だって、私もっと速いから」

【幻影に惑わされず一気に本体に接近
神速の突きを見舞う】

>>775
アリス「!?」

【居合い斬りを受けた
残りHP75%】

アリス「へぇ……やるじゃない」

【爪状のビームが上空に精製される
広範囲に向け一気に振りおろされた】

>>776
アリス「ああ、心地よいよ本当に
私興奮して来ちゃった
ねぇ、もっと凄いの見せてよ」

【年相応の笑顔を浮かべアリスは言う
残りHP68%
自己再生機能により修復
残りHP72%】

>>777
アシュレイ「安心してください
奴に一番びびってるのは俺です。俺が中途半端な念動力者だからこそあいつにびびっている
……びびっているからこそ状況が見れる
安心しろ、必ず帰ってくる」

【最後は敬語を止め素の口調に戻る】

アリス「……何をごちゃごちゃと」

【大口系キャノンをメガスマッシャーキャノンでかき消した】

アシュレイ「もう時間稼ぎは十分だ
撤退してくれ」

779 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/19(金) 23:27:03 0
>>788
【振り下ろされたビームを寸前で避ける】
【避けたその足ですぐさまその場を離れていく】

団子丸「ふう撤退、撤退・・・・信じてるでござるよアシュレイ殿」

780 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/19(金) 23:30:47 0
>778
【敵機の様子は一見変わりなかったが、アシュレイの言葉を信じて頷く】

ジーナ「……ニーズヘッグで待ってますわ、アシュレイさん。

全機、全速撤退!」

【最大出力でプラズマブラスターを放ち、それに紛れて全速力で撤退を開始する】

781 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/19(金) 23:33:38 0
>>778

【トウジから溢れ出ていた念が次第に弱くなっていく】

トウジ「time up・・・」

【そして、トウジに正気が戻る】

トウジ「今のは・・・?」

【とりあえず距離を取る】

>>780

【ジーナに通信を入れる】

トウジ「姐さん、俺はいったいどうなってたんだ?」

782 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/19(金) 23:34:20 O
>>778
リコ「バリアかよ!イカサマ臭い!」

【ここでアシュレイからの通信が入る】

リコ「…分かった。しっかり帰ってこいよ!ついでに出来たらあいつに痛いしっぺ返しでもくれてやれ!」

【突きを寸での所で一式でガードする。そのまま残像を残しつつ全力で後退する。】

リコ「クレイジーパーティーは終わりだ。お嬢ちゃんも家に帰ってお寝んねしな。sweet dreams!」


783 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/19(金) 23:52:44 O
アシュレイ「全機撤退したか……
やれやれ、世話が焼ける」

【疲れたような口調でアシュレイは言う
その眼光はデュネイアスを睨みつけていた】

アリス「……どういうつもりだ?
まさか、お前一人犠牲になり味方を助けると?……蛮勇だな
だが、お前一人を叩き潰すなんて簡単なことだ
まさか、その機体ヴァニシングトルーパーの名の通り自爆する気ではなかろうな」

アシュレイ「……どうかな。それについては何を言えない
確か、レムルだったか?なあ、お前自分の機体についてどれだけ知ってる?」


アリス「全てさ。私はこの機体について何もかも知っている
一緒に飛ぶためには機体の全てを……」

アシュレイ「本当か?本当に全てを知っているのか?」

アリス「何?」

アシュレイ「ならこの機能についても……知っているはずだな
カルケリアパルス干渉」

【アシュレイの瞳が怪しく光】

アリス「なっ!ぐっ!何だ……力が……吸い取られ……あぁぁあ!!ひゃぁぁぁん!!」

【アシュレイの瞳の輝きとともにアリスが叫び声を上げていく】

アリス「にゃ……にゃなゅをしゅた?」

アシュレイ「カルケリアパルス干渉……やはり、知らされてなかったか。その機体デュネイアスについている機能だよ」

アリス「きゅ、きゅしゅみゃ?ひゃゃん!!にゃぜ、名みゃえを?」

【呂律が回らず悪戦苦闘していた】

アシュレイ「さあな、そんなの知らないよ。じゃあな、後は……自分で考えろ
ドライバーキャノン発射!」

【エネルギーが収束するとドライバーキャノンがアリスの機体に直撃した
それと同時にアシュレイは撤退
デュネイアスはメインカメラを破損していた】

アリス「くそ!!あいつ何者だ!
私のデュネイアスを知っているなんて……まさか帝国の回し者か!?」

【アシュレイの撤退と同時時に異常は解消された
メインカメラが破損したため追うことも出来ず、ただそこに立ち尽くすだけだった】

784 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/19(金) 23:57:34 0
【ニーズヘッグ格納庫】

団子丸「ふう・・・・戻ってくることが出来るとは
やれやれ、なんか1月分働いたような気分でござる・・・・」


団子丸「皆無事に帰ってこれたでござるか?」

785 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/19(金) 23:59:46 0


トウジ「

786 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/19(金) 23:59:51 O
【一足先に逃げ帰ったリコは甲板の上でエクスの到着を待っている。格納庫のレーブェはターボモードの発動のため各部位から熱と煙を上げていた。】

リコ「さっさと帰ってこい…」

787 : ◆xKvzozvsSk :2007/10/20(土) 00:01:27 0


トウジ「

788 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/20(土) 00:06:30 0
すいませんミスりました

【ボロボロになりながらもニーズに向かっている】

トウジ(俺はいったいなんなんだ・・・)

【先ほどの異常な状態について考える】

トウジ(しかし・・・俺がああなった時あいつは喜んでいた、謎は深まるばかりか)

【考えるのをやめ、帰還する】

789 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/20(土) 00:07:02 0
【ニーズヘッグに無事に着艦し、ふらりとコックピットから降り立つ】

>781
ジーナ「……緊張と怒りで、戦意が高揚して記憶が曖昧になっているんでしょう。
そんなに大したことではありませんけれど、一応、医務室で診てもらったほうがよろしいかもしれませんわね」

【駆けつけた整備班を指示し、全機の修復を急ぐ】

790 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/20(土) 00:12:23 O
アシュレイ「……さて、戻るとするか
……しかし、あそこで手の内を見せたのは不味かったかもしれんな……同じ手は二度とは食わない
出来ればもっと良い時に使いたかった」

【ため息混じりに言うと、ニーズヘッグへと戻っていく】

791 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/20(土) 00:17:37 0
団子丸「皆戻ってこれたようでござるな
・・・・今回は危なかったでござる、本当に疲れたでござるよ」

【その場に座り込む】

団子丸(・・・・あいつは本当に何だったんだろうか)



団子丸「・・・・・」

792 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/20(土) 00:24:42 0
>>789
トウジ「・・・そうか、そりゃもんだいねぇな」

【納得するとストームドラグーンから降りる】

トウジ「今日は疲れたぜ・・・」

【そう言って更衣室に入っていく
 脱ぎ捨てたパイロットスーツのしたにはおびただしい量の汗をかいていた】

793 : ◆MATdmc66EY :2007/10/20(土) 00:29:22 O
アシュレイです、ミスったので酉変えます

794 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/20(土) 00:31:40 0
【各機の修復を急ぐ格納庫から、ブリッジに通信を入れていた】

ジーナ「……状況は後で報告いたしますわ。それと、以前お話しした地点を経由してください。
ええ、よろしくお願いいたしますわ」

>786
【甲板へ上がると、リコを見付ける】

ジーナ「アシュレイさん、まだ戻りません……?」

【ほんの僅かだが、不安が見える】

795 : ◆MATdmc66EY :2007/10/20(土) 00:34:10 O
>>794
アシュレイ「ただいま」

【ひょうひょうとした表情で戻ってきた】

アシュレイ「んっ?何か?」

【エクスヒュッケバインから飛び降りる】

796 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/20(土) 00:34:26 0
>>794
団子丸「大丈夫でござるよ」

【いつの間にか甲板の特等席(昼寝場所)に居る団子丸】

団子丸「自分でまかせろと言ったんでござる・・・・拙者たちは信じていればいいでござる」

797 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/20(土) 00:38:08 0
>>794
【着替えて甲板に現れるトウジ】

トウジ「あいつはすげぇ奴だよ、俺にはわかる!まだ付き合いは短けぇがわかる!」

【力強く語るトウジ】

トウジ「だから安心してまっていようぜ」

798 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/20(土) 00:46:02 0
>795
【心配を余所に平気な顔で戻ってきたアシュレイに、一瞬目眩を覚えて額を押さえる。
色々思うところはあったが、今は何も言わないことにした】

ジーナ「よく、ご無事で。エクスの整備は準備できてますから、格納庫へどうぞ」

【安堵に口の端を上げて笑み、一息】

ジーナ「今日は、休みましょう。トレーニングとミーティングは明日にしますわ。
……何か食べたいものがあればどうぞ。作れるものであればご用意しますわよ」

【きびすを返し、甲板を降りた】

799 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/20(土) 00:48:15 O
>>794>>796>>797
リコ「なんだ、みんな来ちまったのか…。何、心配なんてしてねぇさ。」

>>795
リコ「ほら、な?」

【上がってきたアシュレイを指差しにやりと笑う】

800 : ◆06CdCpdvj. :2007/10/20(土) 00:53:50 O
>>798
アシュレイ「奴は俺が倒した
……とか言いたいが勿論逃げただけだ
まあ、追ってくることはない……と思う
俺はピザが食べたいな」

【ニヤニヤと笑いながらアシュレイは言う】

>>799
アシュレイ「信頼してくれたのか
ありがとう。……お礼にピザを食べさせてやる」

【相変わらずニヤニヤと笑う】

801 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/20(土) 00:54:36 0
>>795
トウジ「さすがだな!」

【気持ちが良さそうに笑う】

トウジ「アシュレイからは凄い奴オーラが出てたからな、俺の目に狂いはなかったぜ」

【その時トウジの腹がうめき声をだす】

>>798
トウジ「そう言えばさっきリゾットがどうのこうの言ってたな・・・あと大盛りのミートスパゲティも食いたいぜ!」

802 : ◆MATdmc66EY :2007/10/20(土) 00:54:50 O
ヤバい……癖がついてる
>>800は自分です

803 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/20(土) 00:55:33 O
>>798
リコ「おっしゃ、待ってたぜ!ピザだピザ!オリーブオイルなんか入れないでチーズタップリの!
後は食後のストロベリーサンデーだ頼んだぜ。せ、ん、せ!」

【戦っている時とは違うよく言えば無邪気、悪く言うとガキっぽい笑顔で先生の後をついていくリコ】

804 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/20(土) 00:58:13 O
>>800
リコ「気前がいいじゃないか!パーティーだパーティー!レッツ、ピザパーティー!イヤホォォ!!!」

【大層ご機嫌なようだ】

805 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/20(土) 01:07:14 0
【はしゃぎ出す男三人を見て、くすくすと笑う】

ジーナ「はい、解りましたわ。
できたら連絡いたしますから、適当にお待ちになっててくださいな」

ジーナ(……お団子も、作っておきませんと、ね)

【辛い戦いだったが、彼らは無事で。
結局、いちばん気落ちしていたのは自分なのかもしれない。

共に戦う仲間が、彼らで良かった。ジーナは一人確信していた】

[ジーナはB-4行動終わりです]

806 : ◆MATdmc66EY :2007/10/20(土) 01:17:12 O
>>801
アシュレイ「お前も頑張ったよ本当に……」

【先ほど跳ね上がった念動力を思い出す】

>>804
アシュレイ「ははは!遠慮せずに食べろよ!」

【楽しそうに笑う
彼にとってニーズヘッグの面々はかけがえのない仲間だった】

807 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/20(土) 01:30:55 0
>>806
トウジ「あんなのは認めネェよ・・・あれは俺じゃねぇ」

【その言葉には怒気が込められていた、もちろん自分に向けてだが】

トウジ「ま、今はそんなことはどうでもいいぜ!パーと行こうぜ!パーッと!」

808 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 09:56:34 O
おまちかねのA対Bがやって来ました

809 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 11:10:40 O
アリス様えろい

810 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 11:58:22 O
アリス様思ったよりヘタレでカワイソス

811 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 12:06:51 O
アシュレイはライじゃなくてイングラムだったのか
いやヴィレッタ?

812 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 12:36:37 O
アリス様の声がやばい

813 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 12:41:34 O
アリス様ハアハア

814 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 12:55:02 O
統也主人公のくせに影が薄すぎる

815 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 12:59:02 O
確かとぅやは主人公だったな


816 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 13:09:01 O
統也以外だと誰が主人公ぽいかな?

817 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 13:16:15 O
リュコス

818 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 13:17:58 O
>>817
納得

819 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 13:23:07 O
団子丸


820 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 13:26:35 0
べつに無理に主人公とか決めなくてもよくね?

821 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 13:29:37 O
リュコスには明確なライバルもいるし、こっちの方が向いてるかも

822 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 13:32:26 0
まだキャラ出揃ってすぐだというのに
気が早いぜ

823 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 13:36:17 O
アリス様にライバルキャラはいるのか?

824 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 13:38:41 O
>>823
アシュレイ、とうや(多分)


825 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 13:39:47 O
主人公とかは名無しの自己満足みたいものだからな

826 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 13:40:03 O
>>823 閣下



827 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 13:41:24 0
>>821
今のところ明確なライバル設定があるのがリュコスだけ、なだけ
ロイドとかとーやも予定はあるっぽいしアスケラにはアニロ界関係があるし

>>823
アシュレイになるのかな

828 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 14:01:44 O
アシュレイは後半噛ませになるんだろ?

829 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 14:18:07 O
ジーナとリコは今のところライバルキャラの様子がないな
多分必要ないが
充分キャラ立ってるし

830 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 14:20:56 O
>>829
リコはネタ元的に日本刀使いのクールな兄貴がいたら面白そうだ

831 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 14:31:42 O
トウジロウとキースはライバル関係ぽくないか?

832 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 14:36:28 O
トウジはキースとセリーヌかな

833 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 14:51:06 O
リュコス対ジーナはリュコスが勝ってほしいなぁ

834 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 15:33:59 0
決着付く前にイベント起こって脱出じゃないの

835 :名無しになりきれ:2007/10/20(土) 16:15:39 O
>>830
日本刀持ったクールな女剣士ならいますね

836 : ◆eLW/XDs01s :2007/10/20(土) 16:16:21 O
>>830
むむ、この第八部がその二まで続くのなら出すつもりでした

ミ`_ゝ´)その二ではリコの遊びに付き合ってやろう

837 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/20(土) 22:02:29 O
えっと、すみません先に謝らさせてください。
個人的な事情で今日から4日ほど来るのが遅れるのと居られる時間が短くなります。
勝手とは思いますがどうか御了承お願いします。

ではまた後で。

838 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/20(土) 23:51:40 0
【メキシコ地区グラーフユニオン基地 牢屋】

GU兵「入れ!」

ロイド「…言われなくても入りますよ…」

【目隠しを取られ、牢に入れられる】

「ふぅ…まだ命は取られないみたいだな?ありがたい事だ。
まぁ、ろくでもない目に遇わされそうだがな…」

【状況検分】

「…空気が…熱帯気味、太陽は見えないが…ふむ、赤道直下といったところか…
…あの場所から考えて、中米、と見て間違いないな
…気づかれたところで痛くない拠点、なわけかな?」

GU兵「何を言っている!」

「ああ、すみませんねぇ…あまりにも暇なので、考え事を。
ああ、暇ですねぇ…何か面白い本か何かありませんか?」

GU兵「そんなものはない。黙っていろ!」

「はいはい。分かりましたよ…」
(…ふむ、今すぐ殺す気はない、と見ていいかな?)

【あまり焦っていない。まぁ、今打てる手はないのだが。
…とりあえず、命を取られる心配は少ないと判断し、相手の出方を伺う】

839 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/21(日) 00:20:13 O
GU兵A「……それにしてもよ、こんなちっこいのにまた随分とヘビーな怪我だよな。いったい何をやらかしたのやら」
GU兵B「おいおい、無駄口たたいてる暇はないぞ。こいつは上の言うサンプルなんだぜ? もしこいつが死ぬような事になったら……」
GU兵A「うげぇ……恐ぇ事連想させるなよ。んじゃさっさと連れて行かなきゃな」

【基地に着いてすぐ、今だに意識を失ったままのリュコスは連合兵の指示で集中治療室へと搬送されていった。
 一方そのころ、シンディとマグナデイは基地の格納庫内で完全に拘束されていた】

シンディ『くっ……よもやここまで雁字絡めにされるとは……。
 (それにしても、主は大丈夫でしょうか……ここに入ってからどうも端末の調子が悪いですし)』

【リュコスのチョーカーに取り付けられた端末の繋がりが悪くなっている事に、シンディは一抹の不安を感じる】

840 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/21(日) 00:57:30 0
統也「はぁ……なんでこんでこうなるかな、ホント…」

【基地内某所、一面が白い壁の部屋に閉じこめられている統也】

統也「…こんなことならあの時、本気で逃げ出してた方が良かったかもな……はぁ」

【多分に暗い先行きに思いを馳せ、何度もため息を吐きながらぼやき続ける】


GU兵C「…なぁ、本当にあんな奴が『サンプル』なのか? どう見てもただの若造にしか見えんが」
GU兵D「俺に聞くなよ! 仕方ないだろう、上がそう言ってるんだから…」

【扉の外で見張りをしながら話している】

GU兵D「どっちにしろ万が一の事があったらヤバいからな…とりあえず見張りは厳重に、って事さ」
GU兵C「ちっ…まったく面倒な話だぜ」

841 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/21(日) 01:48:43 0
【基地内の一角に拘禁された虜囚をガラス越しに見ながら】

GU兵1「流石のテロリストもこの状態だと何も出来ないか」

GU兵2「この男は抵抗組織のリーダーなんだろ? 背後関係を吐かせれば・・・」

GU兵1「上からの指示で尋問は禁じられてるんだ。他のメンバーも同様だ。きっと手柄にしたい奴がすぐ上にいるのさ」

GU兵2「そんなもんかねえ・・・?」

【ハガネは椅子に座らされている。拘束衣を着せられ、ボールギャグを噛ませられた状態である。
監視役の男が言う通り、この状態ではハガネでも何も出来ない】

ハガネ(あいつらは無事だろうか)

【何か喋っているらしい監視役を見る。防音機能付らしく、何も外の音は聞こえない】

ハガネ(この数時間、尋問一つない……一体奴らは何のために俺たちを拘束した?)

842 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/21(日) 06:06:37 O
  【基地・途中から監視室への誘導役が連合兵からGU兵に変わっている。】

アスケラ「(…兵士の気がまた変わった!けど、二種類の気が入り交じっているこの基地は一体……?)」

【頭の中で色々と思考する】

アスケラ「(あの時、皆がそれぞれバラバラに兵士に連行された時に……そうだ、セレネだけがいなかった…。機体の中にいるんだろうけど、なんであの兵士達はセレネだけ無理矢理機体から出そうとしなかったんだろう…?)」

GU兵1「(…ったく、こんな女ごときに何をビビってやがんだ上は)」

【GU兵の手元にある紙切れには“その少女に下手な刺激は一切与えるな。とくに丁重に扱え”というメッセージが書いてある。先の連合兵から預かったものだ。】

GU兵1「オラ、さっさと入れや!」

【アスケラを部屋の中へと突き出す】

アスケラ「触らないでよッ、変態!!」

GU兵「ぐぉぉぉッ!!」

【アスケラは体を触られて、反射的に回し蹴りをGU兵にかましてしまう。吹き飛ばされたGU兵は5m先の壁に激突しそのまま倒れて意識を失う。】

アスケラ「あっ……、つい癖でやっちゃった」

GU兵2「……おぃ貴様、何のつもりで!」

【GU兵は素早くライフルを構える。しかし、アスケラの怪力には驚きを隠せないでいる。】



843 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/21(日) 06:08:29 O
GU兵3「(や、止めろ。あんなバケモノにきっと銃なんかじゃ通用しないだろ。それに、司令書無視して下手に手を出したのはコッチなんだぞ…。)」

GU兵2「(ちっ…。まぁ司令書の意味を身を持って痛感することになったな、俺達は…。
けど、あんなの例え四肢を拘束しても意味ないんじゃないのか?)」

GU兵3「(こちらが何もしなければ、おとなしくしてるだろう。…それに奴以外の仲間は普通の人間らしいから、彼等を盾にしたら奴とて迂濶には攻撃はできないさ。)」

【小声で二人は会話する。】

GU兵3「あの馬鹿が失礼な事をして済まなかったな。お休みいただく部屋はこちらです。
しばらくの間は、ここでおとなしくしていただきたい。」

アスケラ「……。」

【無言で部屋の中に入る。適当なスペースを見付けるとアスケラは横になった。】

アスケラ「(下手やっちゃったけど、今はまだ動く時じゃないよね…。
………兄さん…、兄さんは一体ドコにいるの?)」


844 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/21(日) 09:35:20 O
寝てました

【他の者より丁重に扱われセレネは尋問室の様な場所へ入れられていた】

セレネ(…リュコスは大丈夫かな?
一人だけ集中治療室に直行したからな〜。…統也クンも何か措置が施されてるかも知れへん。アスケラは暴れてへんかな?)

【仲間の状態を気にする姿勢を見せる】

セレネ「これからあの人達はどうなるん?
GUで管理されるん?」

兵士「恐らく、奴らはグラーフの管理下に置かれて最前線送りでは無いですか?
もしくは全員強化人間の素体に」

セレネ「…そっか。ありがとうもう下がってええよ?(アリス様からは新しい指令は出てへん。…私もあれらと行動を共にせんとあかんって事やね)」

【兵士を下がらせる】

845 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/21(日) 10:28:23 0
【基地内 機動兵器整備施設】

整備員A「おい、どうだ? 何か分かったか」
整備員B「駄目です、どうやらシステム全体がロックされているようで…」

【そこでは『エニグマ』…ヴァルグレイブの解析作業が進められていた。
 が、どうにもうまくいっていないようである】

整備員B「遺跡管理部の連中が調べても分からなかったんです、こりゃここの施設じゃ手も足もでませんよ」
整備員A「むう…一体何があるというのだ、この機体に…?」

【あらゆるアクセスを拒否し、ヴァルグレイブは沈黙し続ける。
 一方、別の場所では…】

連合兵「まったく…こんな事はグラーフの連中にやらせておけばいいのに」

【ぼやきながらモニターを操作する連合兵。そこには、閉じ込められている統也の姿が映っていた】

連合兵「αパルス検出、っと…ん?」

【部屋に付けられた機器からとれたデータを表示させる。
 すると、念動力者特有の脳波…テレキネシスαパルスが確かに感知されていた。
 だが…】

連合兵「これはまた、滅茶苦茶というか…かなり不安定な…
    それに何度か強制的に……いや、ここから後は専門家に任せるとするか…やれやれ」

846 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/21(日) 12:25:11 0
【基地内・連絡通路】

GU兵B「……ふう、何とか一段落付いたな。聞いた話じゃ命に別状はないらしいし」
GU兵A「そいつは何よりだな、主に俺たちの寿命的に」

【リュコスの搬送を終えたGU兵達は、ほっとしたのか雑談を交えつつ休憩所へと向かっていた】

GU兵B「全くだな。それにしてもさっきのあいつ……可憐だったな」
GU兵A「……お前まさかロリコンか!?」
GU兵B「何気に失礼千万だな。いやそうじゃなくてだな、
 なんて言うか上手く言えんが、苦しむ様に妙な色気みたいなものが有るって言うか……」

【リュコスの姿を思い返して若干顔を朱に染めるGU兵Bと、それを見て盛大にため息を吐くGU兵A】

GU兵A「……お前やっぱロリコンだよ。
 ま、確かに年不相応な印象は受けたな。確か……リュコスだったか」
???「へぇ〜、連れてきたサンプルの一人ってリュコスちゃんって言うのか」
GU兵A「ああ、添付されたカルテルを盗み見たから間違いない」
GU兵B「何気に綱渡りな事やってるな、お前」

【そんな二人の会話に、金髪赤眼の男がいつ来たのかどこから来たのかとか、
 そういった事を全く怪しまれぬまま紛れ込んでいた】

???「そっか、あんがとな」
GU兵A「なに、どういたしまして……なあ、あいつ誰だ?」
GU兵B「は? 誰ってお前……誰だ?」
GU兵A「指示を受けた人と同じスーツだったし、うちの人間だとは思うんだが」

【改めて首を傾げる二人を尻目に、謎の男はそそくさと退散していた】

???「ふぅ〜、しかしまさかこんな所で見つかるとはなぁ。唐突過ぎてビックリ仰天だぜ。
 にしても、この場合どうしたもんか……まずは塩でも送っとくか?」

【先の事やら何やらを考えて、思わず嘆息した謎の男は、
 とりあえずマグナを万全な形で修復するようGUの整備担当に言っておこうと決めたようである】

847 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/21(日) 13:55:16 0
【基地内・格納庫】

【中破したゲイルが放置されている。そこに、ゲイルを見上げる男が居た】

紫眼の男「……………!」

【男は、おもむろゲイルに乗り込む】

研究者「"サイレンス"!何をしている!」

【彼を強化した研究者が近づいてくる。だが、彼を無視し、男は機体を起動する】

サイレンスと呼ばれた男「…………」

[パスワード、チェック…OK…メインシステム、起動…]

【男はパスワードをあっけなくクリアし、ゲイルのメモリーを確認していく。
ひとつのデータにたどり着いた。…"機体改修プランVer1.5"】

「……………」

【そのデータを保存し、研究者に提示する】

研究者「…これをどうしろと?」

【"このプラン通りに改修しろ。ついでに試作中のあのシステムでも組み込んでおけばいい。実験体が必要なんだろう?"
提示したデータには、何時の間にか書き込みがなされていた。】

研究者「確かにそれはありがたい話だが…なぜこの機体なのだ?サイレンス」

"サイレンス"『この機体は、捕獲した機体で、唯一"普通"だ。故に、他のシステムの干渉を受けることは無い。』

研究者「成程、確かに一理あるな…解析も済んでいるようだな…早速作業に取り掛かれ!」

【整備兵が集められ、ゲイルの修理と改修が開始される】

848 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/21(日) 16:11:04 O
【GU遺跡管理部基地・???】

博士「久しぶりですねぇ、先輩。貴方の様な方から連絡をもらうとは実に予想外ですよ。まさか地球圏に来ていらっしゃるとはねぇ…。」

先輩(通信)「ちょっと出来の悪い後輩の様子を見に来たつもりだったのよ、初めはね。けど、そうはいかなくなったのよ。
実は近々…いえ、もう来ているかもしれないわ、本星から“彼等”が。」

博士「“彼等”というと、査察部の事ですかな?」

先輩「そう、査察部がこの星にいるのよ。目的はよく分かんないけどねー。」

博士「しかし、査察部のために先輩が来た…というのが解せませんなぁ。」

先輩「あぁ、それについてはコレを見てくれれば説明は省けるかも。」

【赤ブチのメガネに白衣姿でタバコのようなものをくわえてる先輩と呼ばれた女性研究員は背後にいる黒冑を纏った少女を映像カメラに出す】

博士「……“彼女”を起動させたんですか。アレは01以上に不安定なんですよ?なのに何故……そうか、その黒冑は!?」

先輩「ご名答!そう、強化人間用の特殊スーツ一式ね。02はこれで再教育済みよ。私が本星からわざわざコレを持ってきた意味…分かるでしょうね?」

博士「強化人間の本格的な導入が始まるのですね。そして、黒冑は量産に向けての強化人間制御装置のプロトタイプと。
本星もやっと私達の研究を評価してくれたんですねぇ、嬉しい限りですよ!」

先輩「アンタ、分かってる?強化人間の本格的導入の意味が?」

博士「えぇ。遂に再び始まるのですね……ヤツららとの戦争が!!」



849 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/21(日) 16:12:37 O
先輩「そうよ、それこそが本題よ。
星間帝国がここ最近になって活発になってきてね、本星の連中が重い腰を上げざるを得なくなったのよ。それで、埃を被ってた私達のプロジェクトに目を着けたってワケ。
さらに、来るべき戦争への兵隊集めの一貫で査察部が占領惑星の調査に乗り出したわ。優れた兵隊を探すためにね。」

博士「なるほど。ですが、試験体が何故に02なんです?先輩も知らないとは言わせませんよ、02の正体を。」

先輩「……アンタには耳が痛いかもしんないけどね、アリス・ウィンザード隊長が負けたのよ。しかも、色々と調べた結果…相手は地球人じゃないっぽいのよねー。」

博士「ま、まさか…!?かのアリス様が負けることなぞ…」

先輩「注目すべきはそっちじゃないでしょ!?
アンタが知るべきは『地球人のレジスタンス組織に“銀河連合の敵”がいる可能性が高い』事よ。だから、そのためには02程の力が必要かもってワケ。
で、これから私は02を連れて地球に降下し、査察部に会って例の奴を探すついでに強化人間の売り込みを行うつもりよ。
アンタも01使って評価上げなさいよね。じゃあ。」

【女は到頭に通信を切った。】

博士「(やれやれ…。先輩がメガネをかけていたので助かりましたよ。メガネを外した先輩ときたら……)」

850 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/21(日) 19:04:14 0
【某所・薄暗い部屋】

???「……そうか、あの『グレイブ』が…いや、なんでもない
    すまんな、手間をかけさせた…では」

【そう言って通信を切り、苦笑混じりに一人ごちる】

???「やはり、情報の回りが遅い…いや、『意図的に遅らされている』と考えるべきか…?
    余程俺達を恐れているのか、あるいは…」

???「…お兄ちゃん?」

【と、突然部屋に入ってくる人影】

???「見つかったの…?『グレイブ』が」

???「ああ…だが一足遅かったらしい。今はグラーフに捕らえられているそうだ」

???「『捕らえられた』って…じゃあやっぱりパイロットが」

【軽く頷き、肯定。そして続ける】

???「パイロットがいるのならこのまま大人しくはしていない筈だ。
    アレの行く先には常に死と破壊しか残らないからな…
    お前も『ソル』の準備をしておけ。場合によっては俺達で直接叩かねばならんかもしれん」

???「…うん、分かった。『ルナ』もついでにチェックしとくね」

???「頼む……すまんな、本来なら俺が」
???「(遮るように)それは言わない約束、でしょ?
    …あたしなら、大丈夫だから」 

851 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/21(日) 19:22:01 0
???「大丈夫だよ…そう、大丈夫だから…ね?」

【しばらく沈黙した後、ため息を吐く】

???「……そうだったな、すまん」

???「別にいいよ…心配してくれてるのは分かってるし
    …それはそれで、感謝してるから…じゃあね」

【そう行って部屋から出ていく】

???「………『グレイブ』…呪われた剣、か…
    その存在をこれ以上、許しておくわけにはいかん…だが…」

【呟くその声には決意と、そして、若干の苦悩が滲んでいた】

852 :名無しになりきれ:2007/10/21(日) 19:34:29 O
既に月が居るのにルナとか名付けてるこいつの考えが解らん

853 : ◆24rBompuhM :2007/10/21(日) 20:12:52 O
【GUメキシコ基地 貴賓室】

【横柄な態度を取り 葉巻を吹かすハウデン】

ハウデン「…で…サンプル共はそちらに引き渡した…
詳細は部下から聞いている事だろう…」

GU士官「はい、伺っております
同じく機体の解析も既に…」

ハウデン「うむ…まあ…殺さなければ構わん…
それでだ…」

【何かを察知したかのように士官は木箱を取り出す】

GU士官「これでございますか?
閣下が所望されていると聞いておりましたので…」

【横柄な態度から一変し 上機嫌になるハウデン】

ハウデン「おお!よく手に入ったな!!
殆ど失われたと聞いていたが…」

GU士官「何…ほんの気持ち程度…
先日、メキシコシティの富豪から徴発した物です…
どうぞお納め下さい…」

【差し出された木箱を受け取る】

ハウデン「では有り難く頂戴しよう!!
ん…貴様の推薦の件は私に任せておけ…
上に圧力を掛けておいてやる…」

GU士官「宜しくお願いします…」

ハウデン「何…こんな素晴らしいテキーラを貰ったんだ!
気にする事は無い!!
私は地球人をゴミと思ってるが
貴様の様な話の分かる奴は別だ!!
がっはっはっはっ!!!!!」


854 :名無しになりきれ:2007/10/21(日) 20:15:51 0
>>852
むしろそれが原因でライバル化だ

855 :名無しになりきれ:2007/10/21(日) 20:18:35 O
言いにくいが閣下って単純?

ところで色んなキャラの生い立ちや経歴が知りたい


856 :名無しになりきれ:2007/10/21(日) 20:19:07 0
ジェイドテンペストといいモンハンネタかw

857 :名無しになりきれ:2007/10/21(日) 21:32:50 O
黒い機体なのに「翡翠の嵐」とか意味わからん

858 :名無しになりきれ:2007/10/21(日) 21:37:32 O
ヴァルグレイブのホントの名前はヴァルブランドンだよ
ホントだよ

859 :名無しになりきれ:2007/10/21(日) 21:45:36 0
>>857
ホークも白+青でジェイドフロウジョンだったがなw

で、フロウジョンってなに

860 :名無しになりきれ:2007/10/21(日) 21:48:41 0
ジェイドフロウジョンって名前のプロレス技があるんだってさ
多分名付けたのはチイ姉

861 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/21(日) 21:53:53 0
【外装を外され、主と同じように拘束具を着けられた特機を見やる】

GU士官「これが『ナイトシンガー』か。あの『歌』について何か分かったか?」

技師「いえ。これは私見ですが、何らかの力場に干渉しているのではないかと思います。これを」

【『ナイトシンガー』の内部構造を大まかに記した画像を映す】

技師「ジェネレイターはあるのですが、エンジンはありません。というより、機体自体がエンジンなのです。恐らくあの『歌』はエンジン音なのでしょう」

GU士官「機体自体がエンジン? メカニズムとしては優れているかも知れんが、一部を欠損したら用を成さないのでは?」

技師「それが分からないのです。『ナイトシンガー』が腕部や脚部を失ったという話はありませんから。
私が製作者ならば機動兵器としての欠陥を放っておきはしませんが。
力場に干渉と言いましたが、そもそも何を動力源として動いているのかもわからないのですよ」

GU士官「……『上』の方々に関する機体か?」

技師「私からは何も言えません」

GU士官「やれやれ、忌々しい機体だ……破棄どころか修理してやらなければならんとは」

技師「そのことなのですが、一部機能不全があります。解析が不十分なため手がつけられません。
事前に頂いた情報でも、この部位に干渉する損傷はないのですが……」

GU士官「我らと戦り合う以前、どこぞでつけた古傷だろう。……ん」

技師「どうなさいました?」

GU士官「『ナイトシンガー』は……いや、何でもない」

【最初に確認された『ナイトシンガー』と、今目の前に存在する『ナイトシンガー』は別物ではないか……士官はふとそう思った】


862 :名無しになりきれ:2007/10/21(日) 21:55:36 0
ググったらルビーフロウジョンとかエメラルドフロウジョンとかでてきた
どうもプロレスネタらしいがよくわからんので詳しい人ヨロ

>>857
ビーム弾とかレイブレードの刃とか緑だからおk…少なくともホークはそうだった

863 :名無しになりきれ:2007/10/21(日) 21:56:55 0
今更三部の頃のキャラ絵とかSS書いても需要ないかな?

864 :名無しになりきれ:2007/10/21(日) 22:03:44 O
>>863
やってくれ

865 :名無しになりきれ:2007/10/21(日) 22:04:45 0
>>863
仮面レオンを頼む

866 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/21(日) 22:10:26 0
>>850
訂正
×『ルナ』→○『ゼロ』

867 :名無しになりきれ:2007/10/21(日) 22:14:27 O
じゃあソルの方も変えておこう

868 :名無しになりきれ:2007/10/21(日) 22:20:34 O
今の流れ教えれ

869 :名無しになりきれ:2007/10/21(日) 22:33:45 0
>>868
避難所嫁

870 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/21(日) 22:37:49 0
再訂正
×『ソル』→○機体

ネタがないので保留です

871 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/21(日) 23:51:31 O
整備班長「ぃよーし! 気ぃ張って始めるぞ!」
整備員達『りょーかい!』シンディ『(おや……何やら騒がしいですね)』

【急にまわりが慌ただしくなったと感じたシンディは、気付かれないよう静かに聞き耳を立てる】

整備員A「……しっかし上の奴らも訳分からんよな。こいつレジスタンスの機体だろ?」
整備員B「まあ、上の気紛れなんて今に始まった事じゃないしな。それより例の話は本当かね?」
整備員C「おやっさんが直接聞いたって話だし間違いないだろ。こいつをきっちり修復したら金一封が付くってのはよ」
整備班長「くぉらぁ! 無駄口たたいてる暇あったら手ぇ動かせや!!」
整備員A・B・C「「「うぃっす!」」」

【どうもまわりの人間は自分を修理する気のようである。
 実は謎の男からの指示を受けた整備班が、マグナデイの修復を開始したのである】

シンディ『(もしかしてマグナデイを修理する気ですか? 訳が分かりませんね……)』

【一方、リュコスは集中治療室から医務室へと移動させられていた】

医師「……傷はそれなりに深かったが、幸い命に別状なし。後は気が付くのを待つばかり、と。ふぅ、こんなところかいな」

【静かに横たわるリュコスを横目に見ながら、医師は報告書を纏めていた】

医師「……しかし、気になるのはテレキネシスαパルスの数値が安定しすぎている事じゃな。
 これではまるで……いや、どっちにせよ推測の域を出んか」

【何かを呟きかけた医師は頭を振ってその考えを追い出し、改めて事実のみを書き記した】

872 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/22(月) 00:53:51 0
Bパートに移ります

【ニーズヘッグ内食堂 大皿に乗った団子の山にむしゃぶりつく団子丸】
【なんでも団子をご馳走してもらう変わりに海に潜りトレジャーハントしたとか】

【そしてこれが報酬の団子の山】

団子丸「ハグッハフッハグっ!
うまうまでござる!!いや〜泳いだ後の団子は格別でござるな〜」


【両手に1本ずつ持ち 交互に団子を食べていく】



873 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/22(月) 01:20:59 0
【謎の機体との交戦より数日。ニーズヘッグはその航行速度を上げ、
東南アジア地区の外れ、太平洋西部洋上の小さな島に係留していた】

整備士A「パッケージングの撤去と駆動系チェックは完了でやんすよ。
パーツの劣化はほとんどありませんぜ。Gタイプの特機は代替が難しいから冷汗もんでやんした」

整備士B「プラズマ・リアクターの加圧チェックOKッス。セルフチェッカーで確認しといてください」

整備士C「コックピットブロックのスタビライザー、型が古かったンで交換しました」

ジーナ「はい、皆さんお疲れ様ですわ。
休憩後はプラズマブラスターの調整をよろしくお願いいたしますわね」

【格納庫では、数時間前に引き上げた一体の特機の復旧作業が集中的に行われていた。
ジーナがグラーフユニオンを脱出した際に持ち出した特機、コンバットリーチェG。
大き目の脚部に星型の頭部、その独特のフォルムが、5年の時を経て光を浴びていた】

ジーナ「さて、と。あとは私の仕事ですわ。OSの更新は……終わってますわね」

【黙々と、この5年間練り上げていた改良OSの反映と、モーションパターンの追加、更新を行う。
コンバットリーチェGは、静かな駆動音と共に、その巨躯の中、5年間のブランクを埋めていく】

【引き上げの準備から数えれば、あと数時間で、丸々一日の作業になっているはずだが、
ジーナは食うや食わずで作業を続けていた。それだけ、戦力の増強は急務だと考えているのだ。
それほど、先日の謎の機体との交戦は、衝撃的な出来事だった】

874 : ◆MATdmc66EY :2007/10/22(月) 01:39:21 O
アシュレイ「アリス・ウィンザードにデュネイアス……予想以上の化け物だったな
サイコドライバーか……ただの念動力者の俺とでは念の質が違う
だが、目的をなすためにはあれと戦う必要はある」

【彼はただの念動力者だ
サイコドライバーでもない……あくまでただの念動力者
その出生が何であるにしろ……
彼が何者であるか知るものはいない】

875 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/22(月) 01:58:31 0
【作業を続ける最中、通りがかった整備士に声を掛けた】

ジーナ「マルコさん、ちょっとよろしくて? ストーム・ドラグーンがパージした武器は回収できてます?」

整備士D「あ、それなら昨日探査ポッドが持ち帰ってきましたよ。ジーナさん忙しかったんで言ってなかったすね。
大丈夫す、もう付け直しました。トウジの言葉を借りればバリバリ全開って奴すよ」

ジーナ「あら。お気遣いありがとうございました。あと、トウジロウ君のセンスとはちょっとズレてますわね」

整備士D「いえいえお構いなく……で、ちょいと気になってんすけどもね。
なんでしょーか、アシュレイさんほとんど戦ってなかったんじゃないすか?
ドラグーンの武器全然痛んでないし、探査ポッドの地形映像も、ジーナさんたちの記録と比べて全然荒れてなかったすよ」

ジーナ「……」

整備士D「……ジーナさん。エクスヒュッケのレコーダー、ホントにクリアしちゃっていいんすか?」

ジーナ「……構いませんわ」

【帽子を上げて礼をし、去っていく整備士。
ジーナは、作業を中座し、コックピットの中で腕を組んで目を瞑る】

ジーナ(あの時、エクスヒュッケのレコーダーは、私たちが撤退して以降、何も記録されていなかった。
記録は任意と伝えていましたけれど、わざわざあのタイミングで。
しかも、音声、映像どころかモーションセレクタのログまで。あんなに徹底するなんて、怪しいにも程があります。
だいたいあの人、会ったときから自分の念動力を自覚していたのに、グラーフユニオンで名前を聞いた覚えはなかった。
『切り札』? エクスヒュッケにそんな大掛かりな機能はないはず。

……でも、あの時『恐れていた』と言ったアシュレイさんの声は真実だった)

ジーナ「結局のところ、疑いたくないだけじゃなんじゃありません? 仲間意識とか、個人的な感情とか」

【自然と口をついて出た言葉。
これではまるで、あの大雑把なキャプテンと同じだ。そう思うと、自分に対して失笑を禁じ得なかった】

876 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 07:41:41 0
フェリシアは完全にいなくなってしまったのか・・?

877 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 09:20:24 O
個人的にはフェリシアもガルも好きなキャラなので復帰してほしい

878 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 11:38:52 0
両方ともイベント伏線出しまくりなだ

Aチームはじまた閣下おわた

あとBチームの男衆は仲良過ぎなので、先生はお邪魔しないように自重すべき

ごめん嘘私が自重する

879 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 13:31:46 O
Bチームがもうちょっと頑張ればアリス様に勝てたな

880 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 14:13:21 O
あれBチームが厨過ぎるだけだろ
避けまくるキャラいたし
避けちゃダメだろああいう敵の攻撃は

881 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 15:09:07 0
ジーナは常に強キャラなんだから、アリス様に撃墜くらいされとくべき。
こんだけ強キャラにした上で強機体持ち出すって、ハガネどころじゃなくKYだろ。

Bチームが強いっつーか厨に見える根本的な原因って、ジーナが目立ち過ぎだからじゃね?

882 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 15:49:18 O
ジーナのコテは雑魚兵まで厨能力だから困る

883 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 16:05:00 0
リュコスのコテくらいしかまともな新規参加者いねえな、あとは消えたか厨かw

どうせだしジーナコテも消えてくれねえかな
展開的にはいなくて困るキャラじゃないだろ、タイミング的にも丁度いいし

884 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 16:11:34 O
コテ消えろ言うやつうざすぎ

885 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 16:17:24 O
どうせいつものだろ?
一人でやってんだからシカトしろよ

886 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 16:18:42 O
敵コテもどうかと……

887 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 16:19:49 O
また雪恵か

888 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 16:22:16 O
雪恵って何で粘着してんの?
何かあったのか

889 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 16:24:43 O
かまってほしいならちゃんと言えよな
うっとーしい

890 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 17:15:59 0
コテも楽じゃねえな
俺、今回の参加者は頑張ってると思ってんだけどな

ジーナコテの雑魚が厨能力とは思わないが喋り過ぎだとは思った
そこは少し自重していいんじゃね

本人乙

891 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 17:35:57 0
喋りすぎで全然かまわない


892 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 17:51:53 O
シライみたいに変に無効化したり、雪恵みたいに踏み台にしなけりゃ別に構わないな

893 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 18:13:42 0
過去のコテを持ち出したりするのは荒れる原因だから
変なのが沸いても無視しましょう

894 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 18:16:57 O
そういや閣下はアリス様嫌いだけど
アリス様は閣下の事どう思ってんのかな?


895 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 18:39:38 0
>>894
「この俗物が…!」って感じじゃないかな

896 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 18:41:55 O
>>894
コテ曰く、無能過ぎて呆れているそうだよ

897 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 18:46:48 0
実際、アリス様が「こいつダメだ、早く何とかしないと」みたいなニュアンスの台詞を吐いたことがあったはず

898 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 18:48:20 O
無能とは酷いWWW
閣下とグラーフの社長を是非合わせたいもんだ


899 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 18:49:54 0
個人的にジョージ・グラーフには期待してる
閣下以上の小物っぷりをw

900 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 18:59:20 O
アリス様×閣下



901 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 19:03:56 O
見直したら、確かに連合兵Dは強すぎると言わざるを得ない
無人機2体を遠隔操作しながら戦い、最後はリュコスを人質に全員捕縛

なのに意外といいやつ
この先輩は間違いなく人望に厚い

902 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 19:11:41 0
連合兵Dに名前つければおk

903 :名無しになりきれ:2007/10/22(月) 19:18:15 O
連合兵D改め ユリアス・ウイラー

エリザベート・ブラッテンブルク


904 : ◆MATdmc66EY :2007/10/23(火) 00:18:12 O
連合兵「失礼します」

【そう言って連合兵の一人がアリスの部屋に入る
アリスは不機嫌そうな表情を浮かべ椅子に座っていた】

アリス「何だ?」

連合兵「地球人のサンプルどもが基地に無事着いたようです」

アリス「……そうか、分かった。グラーフユニオンに連絡をかけよう
報告はそれだけか?ならもういけ」

連合兵「失礼しました!」

【アリスに向かって敬礼をすると、きびすを返して部屋から出る
残されたアリスは小さく溜め息をついた】

アリス「……さて、どうするか」

???「どうするも何も…決まっているだろう?サンプル同士を戦わせその力を引き出させたまえ」

【突如としてアリスの下に通信が入る
声の主は司令官だった】

アリス「……具体的に言いますと?」

???「それを考えるのも君の仕事だよアリス。私の言いたいこと……分かるね?」

アリス「仰せのままに」

【通信が切れる
それと同時にアリスはGUに通信をかける】

アリス「私だ、アリス・ウィンザードだ
命令を与える。捕らえたサンプルどもをとある面々と争わせろ
彼らに関する情報は今から送る。手段は問わない。人質を使おうとも何をしようと……必ず目的を為すように」

【それだけ言うと一方的に通信を切った】

アリス「欲を言えば、奴らがこの一件でくっついてくれると有り難いが……
少し介入して見るかな」

【アリスはコンソールをいじっていく
彼女も彼女なりに何か行動に出る……その下準備だった】

905 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/23(火) 00:48:20 0
【GU基地内】

統也(尋問かと思ったけど…なんか違うみたいだな)

【部屋から出され、兵士に連れられ基地内を歩く統也。
 が、どこへ向かっているのかは不明である】

統也(まさかいきなり問答無用で処刑、とかじゃないよな…
   いや、まさかね………中途半端に否定できないのが怖いけど)

【しばらく歩きやや広めの、ブリーフィングルームのような部屋に入れられる】

統也「あのー…、ここで一体何をしろと…」

GU兵「黙っていろ! …ふん、どうせすぐに分かる事だ」

統也(…? 何なんだ、一体…?)

906 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/23(火) 00:49:18 O
リュコス「………」
医師「おお、気が付いたか」

【意識を取り戻したのか、うっすらと目を開くリュコスは、
 横から聞こえる医師の声に怪訝な表情を見せながらゆっくりと起き上がる】

リュコス「………?」
医師「心配せんでもおまえさんが声を出せないのはしっとるよ。
 さぁて、目を覚ましたのを報告せねばならんか……」

【一方的に呟きながら部屋をでる医師を、リュコスはぼんやりとした表情で眺めていた。
 いつもなら真っ先に声を掛けてくれるシンディは今日に限って声を掛けてこない】

リュコス「………………!?」

【その事に気付いたリュコスは慌ててシンディに呼び掛けるが、端末はうんともすんとも言わない】

リュコス「………!(あたふた)」

【自分の置かれた状況をおぼろげに理解したリュコスは、思わず慌てふためいてしまう】

907 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/23(火) 01:01:44 0
【中米地区メキシコGU基地】

GU士官「はッ、これはこれはウィンザード隊長、ご機嫌麗しゅう。
直々のご命令恐れ入ります……」

【言葉を続ける前に通信を切られ、渋面】

GU士官「……ふむ、相手は太平洋西部か」

【部下数名を呼びつけ、指示を開始する。命令は二つ。
一つは、捕虜たちをグアム基地へ向かわせること。
一つは、東南アジア地区付近を航行中の盗掘団ニーズヘッグを、グアム基地付近へ追い込むこと】

GU士官「連中には『ある仕事をしてもらう』とだけ伝えておけ。
サンドスネイルとブリッジクルーを、人質に取ってな。どうせあれは洋上では使えん」

【ほどなく、その話はレジスタンスたちに行き着くところとなった】

908 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/23(火) 15:50:31 0
【GUメキシコ基地、会議室。
レジスタンスのパイロットたちが、一堂に集められている。
皆、丸腰で手錠を科され、その上、完全武装の兵士数名から、鋭く警戒されていた】

GU士官「ここに足を運んでもらう間、簡単に聞かされたと思うが、
諸君たちの戦友、サイドスネイルのブリッジクルーを人質に取らせてもらった。
抵抗と拒否は諦めていただきたい。
ああ、そんな顔をしなくても、収容していた民間人を始めとする非戦闘乗員は解放した」

GU士官「君たちには一つ仕事を頼みたい。太平洋南西で、ある集団と戦って欲しいのだ。
十二時間後には戦闘を開始してもらう予定だ」

GU士官「諸君らが所有していた機体は、こちらで修理、整備してある。それを使って構わない。
乗員立会いでの機体状態確認は、作戦開始の二時間前から認めよう。打ち合わせについても同様だ。
原則、監視下で行なうこととなる。下手なことは考えないように。
それまでは、各員別室にて軟禁とする」

GU士官「では、すぐに輸送機に乗り込みたまえ」

【士官は、一方的に説明すると、兵士たちに連行を指示した。
それぞれが連れられた輸送機内の部屋は、酷く殺風景だったが、やっと拘束が外されたこと、
寝台の上に、身に着けていた私物が概ね並べられていたことで、心の平穏は得られたかもしれない】

909 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/23(火) 17:13:32 0
>>908
【輸送機内部】

「民間人開放して、さらにこっちの機体の修理まで…
態々そんな無駄なことをしてまでやらせようとすること…
…ふむ、ろくでもない命令なんだろうね。
…にしても皆、無事みたいで良かった。」

【皆無事であることに安堵しつつ、私物を確認。特に問題ないものとして身に着ける。】

「…さてと、ちょっくら準備運動でもしてますかね…っと
感覚鈍ったままで戦って、死んだら笑いものだ」

【作戦開始2時間前までは準備運動などをしつつ過ごすつもりのようだ】

910 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/23(火) 22:03:02 O
こんばんは

>>908
セレネ「…みんな大丈夫やった?
みんなはヘンな事とかされてない?」

【GU兵が去ったのを確認すると皆を見回して一言】

セレネ「…さてと(上は彼らをユニオンの監視下におく事に決めたんかな?…アリス様の思惑を早く理解せな)」

【部屋の隅の方でぼんやりして過ごす】

911 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/23(火) 22:13:24 O
>>908

【アスケラは黙ってGU兵の話を聞いた】

アスケラ「(兄さんの手掛りを掴むためには、今はアイツらに協力しなきゃいけないのかなぁ…。こんなことでアタシ…闘ってけるのかな、アンドロマリウス?)」

【輸送機に無理矢理積み込んだ石像のままでいるアンドロマリウスを目の前にして、彼女はそっと呟く】

アスケラ「(皆も無事だし、機体もわざわざ直してまでアタシ達が闘う相手って一体誰なのかな…?)」

912 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/23(火) 23:00:35 0
>>908
統也(なんとか、最悪の結果だけは…でも結局同じ事か…くそっ
   陰険なマネしてくれるよ、まったく…!)

【聞かされた話に苛立つ統也。しばらくぶつぶつと文句を言い続ける】

統也(………でも、やるしかないんだよな、多分
   どうせロクな目的じゃないんだろうけど…まだ、死にたくないし)

913 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/23(火) 23:14:08 0
>>908
【部屋にかけてあったコートを検分する。当然のように電磁ナイフのバッテリーや自動小銃の弾などは抜かれていた】

ハガネ「全部奪われなかっただけめっけものか」

【次に盗聴器の確認。隠されていそうな場所だけで8箇所ある。長時間いる訳でもないので取り外すのはやめた】

ハガネ「……奴らの悪行の片棒を担がされる羽目になるとはな」

【苦虫を噛み潰した表情で呟く】

ハガネ(奴らの目的は置いておくとして、どうやってサンドスネイルのクルーを助ける? それが問題だ)

914 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/23(火) 23:32:09 O
>>908
リュコス「………(てくてく)」

【目覚めて直ぐにあちこち連れ回された所為でかえって落ち着いたリュコスは、部屋を歩き回りながらこれからどうしようか思案する。
 端末は依然として沈黙したまま。どうやら先程の戦闘で故障してしまったようだ】

リュコス「………(うろうろ)」

【端末の故障はマグナデイに辿り着けば直せると判断したのでさほど心配はしていないが、
 ボディランゲージだけでは意思を伝えるのが困難極まるという事実はどうしようもなかった】

915 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/23(火) 23:36:54 O
>>914
セレネ「うん?どーしたんリュコス?
さっきから何かソワソワしてる様に見えるけど?」

【何やら心配をしている】

916 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/23(火) 23:48:38 O
>>915
リュコス「………?」

【声を掛けられた事でリュコスはいったん立ち止まる】

リュコス「………(くいっ)………(ふるふる)」

【漠然とした不安感を伝えるのは困難極まると判断したリュコスは、
 とりあえずチョーカーの飾り部分を指差し、首を横に振ることでシンディと連絡が付かないことを説明しようとする】

917 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/24(水) 00:05:45 O
>>916
セレネ「成る程な。シンディが不在って訳や。
不安やと思うけど多分…いや絶対無事やからきっとすぐに会えるよ?」

【身振り手振りの表現を読み取り何度も頷く】

918 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/24(水) 00:10:55 O
>>917
リュコス「………(にぱっ)」

【どうも無用な心配を掛けさせたようだと感じたリュコスは、自分は大丈夫だと伝えるために笑顔を見せる】

919 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/24(水) 00:21:50 0
【コンバットリーチェGを引き上げたニーズヘッグ一行はGU側の攻撃を受け
追い込まれるように進路をグアムへと向け進んでいた】


【ニーズヘッグ内 食堂】

団子丸「ようやく敵の追撃も切れたようでござるな・・・
ひと段落ひと段落・・・・」

【お茶を湯飲みに入れ ずずーっと飲み干す】


920 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/24(水) 00:23:05 O
>>918
セレネ「うん。いい顔してるからもう平気そうやね。
ほなら戦闘まで時間あるみたいやから私はちょっと寝るな」

【部屋の隅っこに戻って椅子に腰掛ける】

921 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/24(水) 00:26:05 0
トウジ「疲れたぜ・・・」

【食堂の机に倒れ込むようにうつ伏せる】

トウジ「グラーフの奴らもご苦労なこった」

【今までの追撃を思い出してため息をもらす】

922 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/24(水) 00:29:35 O
>>919
【追撃からの逃走で随分とダレているリコ】

リコ「でもよ、俺たちの力量なんて向こうじゃとっくに判明してるはずなのにおかしくねぇか?
雑魚を小出しにして……案外招待状なのかもな。さっきの雑魚は…」

【団子丸の方へ向き真剣な面持ちで】

923 : ◆MATdmc66EY :2007/10/24(水) 00:30:31 O
>>919>>921
アシュレイ「二人とも油断するなよ、敵の動きが分からないからどうしたいのかも分からん
もしかしたら、俺達を決められたおびき寄せそこで一網打尽……というのかもしれない」

【アシュレイは溜め息をつきながら水を口にする
その表情からはやや疲れが読み取れた】

924 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/24(水) 00:33:31 O
>>920
リュコス「………こくり」

【うなずく事で了承の意思を告げたリュコスは、邪魔をしないように離れて座り込む】

925 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/24(水) 00:35:18 0
【ほんの数時間のうちに、東南アジア地区の広域沿岸で、GUの警戒が俄かに強まっていたのだ。
やむなく、再び洋上を回るルートを取ったニーズヘッグは、斥候部隊からの執拗な接触を受け、今に至っていた】

ジーナ「……流石に、少々厳しいですわね。罠の気配が濃厚ですから、おちおち休んでいられませんけれど」

【寝ずの作業を明けて、そのまま抗戦に駆り出されていたジーナも、疲弊が色濃く出ていた。
言葉とは裏腹に、椅子にぐったりと座り込み、コーヒーを啜っている。
テーブルの上には、空っぽのスティックシュガーが5本ほど。酷く甘ったるいコーヒーなのだろうと誰でも想像が付く】

926 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 00:39:36 0
今から参加とかってもう無理?

927 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/24(水) 00:41:16 0
>>921
団子丸「お疲れ様でござるトウジ殿」

【お茶を差し出す】

>>922
団子丸「リコ殿も鋭いでござるな
まあ、この海の上での戦闘でござるからな・・・拙者たちの常識が
通用しないというのもあるでござるが、なんとなく裏がありそうでござるな」

【ずずーっとお茶を飲む】

>>923
団子丸「まあ、その時は一網打尽にする網を切るだけでござるよ
しかし、このままでいくと・・・・グアムでござるな?どうせならバカンスで来たかったでござるよ」



928 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 00:44:20 O
>>926
まだまだ大丈夫
とりあえず設定スレにキャラやらロボやら投下してみて

929 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/24(水) 00:45:47 0
>>925
団子丸「ジーナ殿少し休んだほうが良いのでは?
見るからに疲労が出てるでござるよ・・・・」


【ジーナを気遣いつつ スティックシュガーの空袋を集めて捨てる】


団子丸「敵の狙いが誘い出すことなら・・・・逆に乗ってやるべきでござるかな?」

930 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/24(水) 00:51:56 0
>>927
トウジ「すまねぇな、団子丸」

【お茶を受け取り一口飲む】

トウジ「あ〜うまい」

>>923
トウジ「罠か・・・」

【事態を重く受け止め一言呟く】

トウジ「でも、引たら確実に待ってるのは追っ手だ、しかしな進んで待ってるのは罠とは限られねぇよ
    案外このままうまく逃げれたりしてな」

【楽天的なことを口にして一気にお茶を飲み干す】

トウジ「それかもっとサプライズなものが待ってるかもしれねぇぜ」

931 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/24(水) 00:52:54 0
>929
【机に突っ伏したまま喋り出す。身体を少しでも休ませているつもりなのだろうか】

ジーナ「もう少し様子を見ないと、休むに休めませんわ。

それと……グアム島には基地がありますが、大した規模ではなかったはずです。
ましてあれだけ警戒に出したなら、かなり手薄になっていると思われますわね。
恐らくは、それも含めて招待状だと、思いますけれど……」

【Dコンにメッセージが届く。伏せたまま確認】

ジーナ「ん……とりあえず、次からは場合によってはコンバットリーチェ出せますわ……

いや、ただの斥候相手なら出さないほうが……でもロールアウトテストしなきゃ……」

【徐々に小声になっていった】

932 : ◆MATdmc66EY :2007/10/24(水) 00:57:02 O
>>925
アシュレイ「……糖分には疲労回復効果がありカフェインには覚醒作用が含まれている……が、そんなものは気休めにしかなりませんよ
……少し寝てください。時が来たら起こしますので」

【ジーナの方を見つめる
その表情には労りの色が浮かんでいた
とはいえ、彼も他人に構っていられる程の余裕はなかった
そして、消え入るような表情で笑った】

>>930
アシュレイ「もしかしたら、待っているのは白い天使かも……ね」

【先日圧倒的な力を見せつけた白い天使──デュネイアスの姿が浮かぶ】

アシュレイ「……流石に笑えないかこの冗談は」

【そう言って口に飴を放り入れる
メロンの甘い香りが彼の嗅覚を刺激した】

933 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/24(水) 00:59:47 0
>>930
団子丸「・・・いい飲みっぷりでござるな」

【おいしそうに飲んでくれたことに少し嬉しがる】


>>931
団子丸「無理はしないほうがいいでござる・・・・
ならコンバットリーチェは、グアム島の基地でぶつけて見るのもいいかもしれないでござるな」

団子丸「どうせ連中はこちらの機体を把握してるはずでござる
ここらで新しい戦力が出れば、向こうは混乱するはず・・・そこを叩けば・・・・なんとかなるといいでござるな」


934 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/24(水) 01:03:59 O
>>927
リコ「あぁ、だが油断だけはしない方がいいかもな。」

>>931
リコ「ん?」

【眠りに落ちかけているジーナを見ると小声で】

リコ「サイレント……美女がスリーピングタイムに入りそうだ。いくら男だらけでも
眠りについた美女を騒音で起こすほど野暮じゃねぇだろ?」

935 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/24(水) 01:20:26 0
>932-934
【むくりと起き上がると、ぴしゃり、と頬を両手で挟むように叩く】

ジーナ「……グアム付近で身を潜めて、少し様子を見ます。
東南アジア地区の情勢がしばらく続くようなら日本まで戻りましょう。
何か変われば、予定通り、レジスタンスに接触しますわ」

【ゆっくり立ち上がって、アシュレイに頷く】

ジーナ「……30分だけ、仮眠を取らせてください。何かあったら起きますわ。
アシュレイさんたちも、休めるときにお休みになってくださいませ」

【足取りだけはしっかりと、食堂を後にする】

936 : ◆JkKZp2OUVk :2007/10/24(水) 01:25:31 0
>>932
トウジ「まったく笑えない冗談だな」

【苦笑する】

トウジ「できれば本物の天使様が現れて欲しいね」

>>931
トウジ「姐さんは頑張りすぎだ、後は俺らに任せてゆっくり寝てなって」

>>933
トウジ「お茶がうまかったからな!」

【自分でもう一杯入れ飲み干す】

トウジ「腹が減ってはなんとやらってね!」

【団子を掴んで口に放り込む】

937 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/24(水) 01:31:28 0
>>935
団子丸「ごゆっくりどうぞ、拙者も今はのんびりしておくでござるよ」

【コーヒーカップを片付ける】

>>936
団子丸「それでは拙者もこれにて、お茶の湯のみは自分で片付けてくだされよ」


【食堂を後に いつもの昼寝スポットへと向かう

938 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/24(水) 01:33:04 O
>>935
リコ「おっと、頑張り過ぎだぜ、先生。」

【立ち上がったジーナを見ながら言う】

リコ「じゃ、俺はちょいとスリーピングタイムに入るとしようか。招待状の差出人が来たら起こしてくれ」

【腕で目を隠すとイスにもたれながら眠りにつく】

939 : ◆MATdmc66EY :2007/10/24(水) 01:36:17 O
>>935
アシュレイ「分かりました。では、お休みなさい」

【そう言って笑顔を浮かべる
アシュレイはきびすを返した】

アシュレイ「……とは言っても俺が寝るわけにはいかないからな……
奴ら何を考えている?」

>>936
アシュレイ「本物の天使か……あれは天使の皮を被った悪魔だからな……」

940 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 14:10:13 0
さてここで今回のキャラに合う音楽は何か考えてみないか?

941 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 16:57:27 O
>>940
リコ=d、m、c
はガチ

942 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 17:17:58 O
>>941
リコ→SATSUGAI
だろ。どんな音かは知らんが

943 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 17:21:26 O
俺はニーズヘッグに出会えたことに感謝している。
レジスタンスにならなければ、単なる猟奇殺人者になっていただろうから――

944 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 17:40:24 O
リコ=dmc
アシュレイ=time diver
アスケラ=シクアン








団子丸=団子大家族

945 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 17:55:24 0
大家族はともかく団子に合う曲ってなんだろ

946 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 18:02:50 0
じょんがら節みたいな和楽器ロック。
和太鼓を強めに入れて低音を意識させる作りにするとそれっぽくなりそう。

947 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 18:03:14 0
>945
団子三兄弟

948 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 20:23:04 O
>>940
シンディ=最強勇者ロボ軍団

これは鉄板だろ

949 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 20:40:05 O
とうや=宙のテーマ
ハガネ=俺はグレートマジンガー

団子=暴れん坊将軍殺陣のテーマ

950 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 20:41:47 0
他全員:BORN TO FIGHT

951 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 20:49:26 O
アリス様=揺れる心の錬金術師
ハウデン閣下=chaos
キース=violent battle
クルセア=dark knight


952 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 20:54:54 0
閣下にchaosはねーだろ…常考
しかしなぜBORN TO FIGHTは出てくるのにRAIL TO THE DANGERZONEは出てこないんだ

953 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 20:57:58 0
とうや:BORN TO FIGHT

954 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 21:05:18 0
しかし気の早い奴ばっかりだなw
ハガネとかとうやとかまだ始まってもいないだろうに・・

ジーナはコンバットリーチェに乗り換える時BGMが変わる感じな気ガス

955 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 21:13:33 O
BGMは早すぎたかもな。ならキャスト予想にでもするか?

956 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 21:22:14 0
>>955
どうせまた とーや:白石 が多発するだけになるんだろうけどなw
少しは真面目に考えてやれよwwww

957 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 21:25:29 0
>>956
奴は根本的に無個性だから無理
白石で十分すぎるくらい

958 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 21:29:30 0
まぁ実際問題果てしなくどうでもいい議論なのだが

959 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 21:37:13 O
>>956
アスケラ=斎藤千和
セレネ=植田佳奈
リュコス=喋れないよね?
シンディ=石田彰
統也=平川大輔
団子丸=うえだゆうじ
アシュレイ=小野大輔
トウジ=小野坂昌也
リコ=森川
ジーナ=伊藤静
ハガネ=山寺光一
ロイド=遊佐浩二

これでどうだ?

960 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 21:41:40 0
あれっ?シンディって男人格だっけ

961 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 21:43:33 0
確か女だったハズ

962 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 21:46:17 O
フェリシアのと混同してた

じゃあ格好良さそうな感じという事で何か

963 :名無しになりきれ:2007/10/24(水) 21:46:57 0
>>959
……いいかげん石田彰をオヤマの呪縛から解き放ってやってくれ(´・ω・)

964 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/24(水) 23:52:47 0
【グアムへと到着したニーズヘッグ一行 現在はどこかの浜辺を進行中】
【ニーズヘッグ甲板】

団子丸「青い空、青い海、綺麗な浜辺でござるな・・・・」

【ニーズヘッグの甲板からその景色を眺めている】


団子丸「今が敵の真っ只中だなんて信じられないくらい良い景色でござる
ああ、浜辺にナマコがたくさん!1匹くらい採取しても怒られないで・・・」

965 :名無しになりきれ:2007/10/25(木) 00:40:34 O
つーかコテはいつまでダベってるつもりなんだ?

966 :名無しになりきれ:2007/10/25(木) 00:45:25 0
つっても今回はA3と違って待ってるのは名無しだけだしな


967 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/25(木) 00:51:29 0
【作戦開始二時間前・輸送機格納庫】

ロイド「……なんでさ」

【ロイドは呆れていた。
機体メモリーに、パスワード付きで突っ込んであった機体の改修プランが、
現実のものになっている。】

整備兵A「どうした…何かおかしいことでもあるのか?」

(…んー、隠している雰囲気じゃないな…俺の機体を弄ったのは誰だ?)

ロイド「あ、ああ…すまん。気のせいだ。
機体のチェックに入る。暫く離れていてくれ。」

【機体に乗り込む。】

ロイド「……かなり様変わりしたな」

【ヘルメットを被り、座席を調整し、機体の調整を行うために機体を起動する。
…いきなり頭痛が、襲う。】

ロイド「…ん?ぐ、がが、ぐぁあああ…なん、だ、これ……ぐぅぅぅぅぅっぅぅぅ」

[簡易入力システム、パイロットデータ、取得完了。同調を開始。]

【頭痛が治まる】

ロイド「……なんだったんだ」

[ビデオメッセージがあります。再生しますか?]

ロイド「頼む」

968 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/25(木) 00:52:29 0
>967
【画面に、白衣の男が映る。】

白衣の男「…ほぅ、システムに適合したか。改修に参加した甲斐がある、というものだな。
わしはレガード、GUの技術研究班のものだ。」

【レガード、と名乗った老齢の男性は話を続ける】

レガード「君の機体の改修は、依頼されたものだ。
興味本位で、簡易入力システムを搭載しておいたが、君が適合者かは分からなかった。」

ロイド「………おい…」

レガード「簡易入力システムの説明に移ろう。簡易入力システムは、パイロットの脳波パターンを記録、解析し、
操作入力の補佐を行うシステムだ。極めてレスポンスが良くなる。最終的には、殆どの動作を考えると同時に行えるだろう。」

ロイド「…ビデオメッセージに文句言っても無駄、か」

レガード「その機体は、元々君のものだ。生きて戻る必要はないが、余裕があるならデータを送ってくれると助かる。
少しでも問題が発生しそうな点を発見したらパッチも送ろう。データレコーダと通信機は機体に取り付けてある。」

ロイド「勝手なことを言いやがって…態々居場所をばらす様な真似をする筈が…」

レガード「なお、送信されるデータによって発進箇所を特定される心配はない。
加えて、我々はGUに忠誠を誓っている訳ではないからな。わしらは研究さえ出来ればいいのだ。
…データが優秀ならば、新規開発の機体もそちらに回してやろう。それでどうだね?良い回答を期待する。」

ロイド「………。身の安全を保障するためには、システムの安定性を確保する、という観点から協力しないといけない、ってことか…?」

【愛機を捨てる、という思考はロイドには無いらしい。…外から声が聞こえる】

整備兵B「おい!作戦開始10分前だ!準備は良いのか?」

【気がついたら、かなりの時間が経過していた。】

ロイド「あ、ああ…問題ない」
(変形機構のテストとかは…実戦で試すしかないか)

【ゲイルを出撃位置に移動させる】

ロイド「確かに…かなり追従性は上がっているな…これなら…」

【出撃準備完了】

969 :ハガネ ◆Tn5O.CEh7. :2007/10/25(木) 00:54:31 0
【輸送機、カタパルトデッキ】

ハガネ「出撃まで間もなくだ。今回も生存を第一に考えろ。あとは各自の判断に任せた」

【積極性を欠いた声音だ】

ハガネ「なお、機体通信は傍受されているものと考えた方がいいだろう。それではブラックマイト、出撃する」

【眼下の戦艦ニーズヘッグを確認し、ブラックマイト降下開始】

970 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/25(木) 01:01:17 O
>>969

アスケラ「…兄さんの手掛りためとは言え、こんな闘いは……。けど…今は行くしかないよね、アンドロマリウス。」

【アンドロマリウスに手を当てて、機体にアスケラは話しかけるように独り言を言うと灰色の石像はかつての蒼色に戻ってゆく。】

アスケラ「アタシ、行けます!」

【続けてアンドロマリウスも出撃する】

971 :名無しになりきれ:2007/10/25(木) 01:23:04 O
いい加減さっさと進めようぜ
……流石にちんたらやりすぎだろ

972 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/25(木) 01:24:05 0
【輸送機カタパルトデッキ、マグナデイコクピット内では、
 主の無事をようやく確認できたシンディが万感の思いを込めて語りかける】

シンディ『主……ご無事で、何よりです』
リュコス「………(えっへん)」
シンディ『クスッ、そうでしたね、主はその程度では……え?』

【見得を切るリュコスに笑いながら言葉を続けようとするシンディであったが、
 リュコスが口に指を当てコンソールの球状部分に触ると途端に押し黙る】

リュコス「………」
シンディ『(……なるほど、承りました。お任せ下さい主)』

【何らかの意思疎通を行ったリュコスとシンディは、内心で頷き合った】

>>969
リュコス「………(びしっ!)」
シンディ『承りました。マグナシップ、発進します!』

【続くようにマグナシップが出撃する】

973 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/25(木) 01:24:13 0
団子丸「風向きが変わった?
やれやれ・・・・予想通りやはりきたでござるか」

【ニーズヘッグ内に警報が走る】

団子丸「さて、見張りの仕事はこれで終了っと」


【格納庫へと向かう】

団子丸「ふう、早く終わらせてのんびりしたいものでござるな・・・
ダンゴイザン、発信準備よしでござるよ」

974 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/25(木) 01:27:47 O
>>973
リコ「ん、送り主のお出ましか!」

【スパッと起き上がるとそのまま格納庫へ駆ける】

リコ「こっちも準備OKだ!クレイジーパーティーの始まりだ!」

975 : ◆MATdmc66EY :2007/10/25(木) 01:31:19 O
>>973
アシュレイ「………」

【うとりうとりとしながらアシュレイは椅子に座っていた
よほど疲れていたのだろう、まるで自分が寝ていることにすら気づいていない様子だった】

アシュレイ「……っ!」

【物音を聞き、彼の体が起き上がる】

アシュレイ「……敵襲?迂闊だった……完全に寝ていた」

【寝ぼけ眼を手で拭うと格納庫へと駆けた】

976 :名無しになりきれ:2007/10/25(木) 01:40:50 O
しかし、本当に進まないな……

977 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/25(木) 01:44:22 0
【輸送機・後部ハッチ】

ロイド「ロイド・ヴェイパー…ゲイル、出るぞ?」

【あんなものが乗せられていた時点で、
盗聴器などはないだろうと判断し、普通に出撃する。】

978 :名無しになりきれ:2007/10/25(木) 01:44:22 O
今日は集まりが悪いからな……

979 :名無しになりきれ:2007/10/25(木) 01:49:22 O
>>978
今日というよりこの話になって全く進んでない
何というか視点の変更がむずすぎるんだよな
どこを境界にすべきかが分からない

980 :GN ◆8STSFGChdI :2007/10/25(木) 01:50:14 0
【格納庫内。警報を受け、コンバットリーチェGに搭乗するジーナ。
疲労は残っていたが、仮眠を得たことで、動くに足りるだけの気力を取り戻していた。
コンバットリーチェGに火を入れ、カタパルトへ上がると、全ての機体の発進準備が整っていることを確認する】

ジーナ「各機へ。降下反応はGUが6ですが……サイズや武装がバラバラですわ。
構成が統一されてませんから、少なくとも、今までちょっかいを掛けてきた相手とは、勝手が違うはずです。
皆さん、くれぐれもご用心を」

ジーナ「コンバットリーチェG、発進ッ! 全機、続いてくださいませ!」

【飛び出したコンバットリーチェGは、砂浜に降り立ち、脚を踏み締めて上空を見上げた】

[今日はこれにて失礼します]

981 :リコ ◆eLW/XDs01s :2007/10/25(木) 01:58:30 O
>>980
リコ「リコと相棒、レーブェ。出るぜ!」

【勢いよく飛び出すレーブェ。】

リコ「ここまで登場を延ばしたんだ。当然歓迎してくれるんだろうな?」

【空から迫る機体たちに向けて一式を向ける】


【落ちますね。】

982 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/25(木) 02:02:12 0
【出撃直前…ヴァルグレイブ、コクピット内】

統也「『覚えてない』、だぁ……!? おいおいおいおい、んなワケねぇだ…ってまさか……ま、さ、か…」

【突如、端から見れば意味不明な事を口走り始める統也】

統也「検出されずって………マジかよ、おい…肝心のMMIが『居ない』って…
   ……だあああああああっ!クソがっ!そりゃ『覚えてない』ワケだ!機体からの長期記憶フィードバックが10%も働いちゃいねぇ!
   …クソっ、なんで最初に気付かなかったかな……!」

【と、様子のおかしいヴァルグレイブに近寄ってくるGU兵】

GU兵「おい貴様、さっきから何をして…」
統也「うるせぇっ!」

【遮るように言うが早いか…あろうことか兵士に向けレーザーバルカンを−かろうじて照準は外し、出力も最低にしてはいたが−撃ちかける】

GU兵「なっ……ぅおおおぉっ……!! 
    き、貴様…一体どういうつもり…!」
統也「うるせぇっつってんだろうが! 俺は今かなり機嫌が悪いんだよ!
   ああっ、もういい! こうなりゃ、体が覚えるまで暴れてやるだけだ…!
   …おい、さっさとハッチ開けろ!」

983 : ◆MATdmc66EY :2007/10/25(木) 02:05:57 O
>>980
アシュレイ「了解
俺達をおびき寄せてまで戦わせる相手です……生半可な気持ちで挑まぬようにしましょう」

【クスリとも笑わずに言う】

アシュレイ(念の反応は……三人か
一人は消え入りそうな程小さく、一人は自分の力を自覚してそうだな
……そして、もう一人……こいつは俺と同じ……完全に操れていそうだな)

984 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/25(木) 02:13:57 0
【統也の言葉によるものでもないのだろうが…丁度そのタイミングで、輸送機のハッチが開く
 ヴァルグレイブ、出撃準備完了】

統也「さぁて、と。乗り気じゃない『俺』と相手にゃ悪いが…」

【呟きながら、勢いよく機外へ飛び出す】

統也「この際遠慮はしねぇ…派手に行かせてもらうぜぇっ!!」

【ヴァルグレイブ、出撃】

985 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/25(木) 03:15:50 O
寝てましたすみません

>>969
セレネ「はい了解です。(…っと?念動力の気配が2つや。どう動くべきなんや?…確保するべきなんか?)」

【急いで機体にむかう】

セレネ「(まぁいい)…参るぞ」

【ソードスレイヴ出撃する】

986 :名無しになりきれ:2007/10/25(木) 06:39:21 0
【在日北朝鮮カルト顕正会絡みの凶悪犯罪の歴史・日本編 2007年度版】
11月 2日 覚醒剤取締法違反 顕正会員 逮捕 送検
11月 6日 入会強要 森田 議文 中原 ムネハル 小川 ジュン 北森 某 逮捕 送検。
11月11日 顕正会への入会強要で監禁暴行 松野 登志彦 和田 茂樹 逮捕
12月 8日 埼玉・行田市で溝口順子容疑者(47)ら2人が器物損壊の疑いで逮捕、ほか二名別件で逮捕
1月11日「顕正会本部」を捜索 大学生に入会強要、「神奈川県警公安1課」が3人逮捕
2月24日 東京都北区で中華料理店に放火。実刑。
3月 4日 入会強要 顕正会員 武藤 ひさ子 逮捕。
3月18日 顕正会員が違法射撃 秀島 裕展 逮捕 送検
3月26日 拉致監禁暴行 男子高校生失明 逮捕 送検。顕正会本部を捜索
4月13日 顕正会への入会強要・殺人未遂・暴行 前川 某 逮捕
5月 2日 顕正会員が強制わいせつ・余罪多数 丸山 陽三 立件 逮捕
5月 5日 監禁 石川 秀樹 行徳 祐一 逮捕 「 起 訴 猶 予 処 分 」にて釈放。
5月 9日 顕正会への入会強要 小池 淳子 逮捕・送検。
6月15日 殺人・覚醒剤取締法違反 顕正会員 宇高 明男 宇高 聡 起訴
6月15日 殺人 顕正会員 宇高 明男 逮捕。
6月22日 通信販売契約社員(37)約51万人分の顧客情報を記録して流出させる。
7月 2日 入会強要・拉致・監禁・暴行 桜井 祐也 太田 隆司 高橋 康晃 逮捕
7月 3日 傷害 群馬の中沢誠が元短大教授(71歳)を暴行、顕正会群馬県施設に一斉捜査。
7月25日 顕正会員が住居侵入・暴行 田中 えりな 逮捕
8月 3日 入会強要で拉致監禁暴行 男子高校生骨折の重傷で「顕正会本部」を捜索。
8月28日 顕正会への入会強要。拉致監禁暴行 顕正会員 2名 逮捕 送検
9月 7日 女児に性的暴行で、少年(19)逮捕。
9月14日 大阪教育大付属池田小学校殺人事件 宅間守死刑執行。
9月19日 軽犯罪法違反(つきまとい) 顕正会員2名 逮捕 送検
10月 9日 活保護費を不正受給で7人逮捕。
10月17日 オレオレ詐欺グループ仲間割れ殺人事件 逮捕。

987 :名無しになりきれ:2007/10/25(木) 07:44:56 O
事前相談も少なかったから、今回はいつもに増して遅いな
やはり、再分割は必須

988 :名無しになりきれ:2007/10/25(木) 18:07:38 O
次スレ建てないの?

989 : ◆mMuVgEBA.s :2007/10/25(木) 19:26:10 0
次スレです
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1193307879/l50


990 : ◆MATdmc66EY :2007/10/25(木) 22:16:07 O
こんばんは

991 : ◆mGi70jPZXQ :2007/10/25(木) 22:18:09 0
こんばんは

キリ悪いのでこっちは埋めですかね

992 : ◆2lCecDUYt2 :2007/10/25(木) 22:20:49 O
こんばんは

993 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/25(木) 22:29:16 O
こんばんは

994 : ◆DJ0mIQ7BTc :2007/10/25(木) 22:31:57 0
どうもこんばんはです。

995 :ロイド ◆uIfA.SM8O. :2007/10/25(木) 22:32:16 0
こんばんは

んじゃ埋めちゃいましょう

996 :名無しになりきれ:2007/10/25(木) 22:39:41 O
アツクナラナイデマケルワ

997 :名無しになりきれ:2007/10/25(木) 22:43:44 0
ごくシンプルに埋め

998 : ◆eLW/XDs01s :2007/10/25(木) 22:54:59 O
こんばんは

1000ゲット!!!

999 : ◆TIdDu5KMTQ :2007/10/25(木) 22:56:48 O
>>1000頂きです

1000 : ◆mM9WALL8Ws :2007/10/25(木) 22:56:50 0
1000GET

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

409 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)