5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

一番キモいことしたことある奴が優勝17

1 :('A`):2007/11/21(水) 00:15:56 0
1 名前: ('A`) 2006/05/17(水) 05:04:48 0

喪男なら奇行に走るよな?
喪前ら普段どんなキモイ行動してる?
俺は学校にオムツを履いていき、好きな子と話しながら実は密かに放尿している。
正直たまらん。

一番キモいことしたことあるやつが優勝
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1147809888/l50
一番キモいことしたことあるやつが優勝密か2放尿
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1151914295/l50
一番キモいことしたことあるやつが優勝(実質Part3)
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1157180948/
一番キモいことした事ある奴が優勝4 喪達の星条旗
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1160798104/l50
一番キモいことした事ある奴が優勝5 やらないか
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1163896200/
一番キモいことした事ある奴が優勝6 喪男からの手紙
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1165782634/
一番キモいことした事ある奴が優勝7 喪男文章三十番
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1169064965/
一番キモいことした事ある奴が優勝8 喪男の品格
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1171169859/l50


2 :('A`):2007/11/21(水) 00:16:26 0
一番キモいことした事ある奴が優勝9 喪男タワー
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1175148507/l50
一番キモいことした事ある奴が優勝10 蹴りたい喪男
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1179771401/l50
一番キモいことした事ある奴が優勝11 G線上の喪男
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1183043095/l50
一番キモいことした事ある奴が優勝 汚ーシャンズ12
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1185865299/
一番キモいことした事ある奴が優勝 ゴル喪13
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1187527706/l50
一番キモいことした事ある奴が優勝14 風来の喪レン
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1189334165/l50
一番キモいことした事ある奴が優勝15 HEMO
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1190869786/l50
一番キモいことしたことある奴が優勝16 喪男王子
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1192418579/

3 :('A`):2007/11/21(水) 00:16:57 0
561 :('A`):2006/08/09(水) 21:30:32 0
一人暮らしをしていた大学時代の夏休み。
何を思ったのか猛烈に臭い自分の体臭を嗅ぎながらオナニーしたい欲求を覚えた俺は、その日から
入浴、歯磨き、洗顔を絶つことに決めた。
トイレで小便をする。思いついた。この小便も利用して、俺を汚くしてやろう。ジョーと尿が出てる時その小便で
ジャバジャバ手を洗い、濡れた手を着ているTシャツで拭く。スカ属性はないのでさすがにうんこは利用出来なかった。
夜、射精後にまたまた思いついた。この精液を体中に塗りまくろう。ビャ!って勢いよく出た精液を手のひらに乗せ、
両手でヌチョヌチョ擦り合わせてから満遍なく全身に広げる。夏場なので汗もかいてて早くも全身が臭い。
これを2週間続けたら体が痒くて、股間が痒くて(インキンになってた)、頭が痒くて体が臭すぎてどうしようもないぐらい
興奮した。強烈な体臭を自覚したとき、「時は満ちた!」とばかりに臭いを嗅ぎながら肛門に指を突っ込み
前立腺を刺激しながら手淫を開始した。フィルムケース一杯分ぐらいは確かに出たと思う。最高に興奮した。
出した記念の精液は全部口の中に放り込み、グチュグチュ味わってからごっくんした。興奮が冷めた時は自分に絶望したけど

>>1とその愉快な仲間達
68 :('A`):2006/07/09(日) 14:06:27 0
 A4のレポート用紙1枚に、毎日射精して精液を染み込ませていた。
まんべんなく全体に精液を塗りこみ、5日目になると少しくしゃくしゃに
なってくる。このスーパーザーメンレポート用紙をくんかくんか嗅ぎながら虹の
ロリレイプ画像をじっと見て、手淫するのがたまらん。まるで自分がこの
女の子みたいに犯されてる気がして興奮する・・・。
 ぶっかけ続けて一ヶ月経つと紙が薄茶色っぽく変色し、匂いが1000倍臭いお札
の匂いみたいになって、ますます異様に興奮した。最後ら辺は毎日その紙を
千切って食べながら手淫に耽った。嗚呼。

270 :('A`):2006/07/23(日) 23:04:06 O
髪切ってる時に抜いた猛者は いないよな。
それにしても さっきは気持よかったぜ
走るたびぶらんぶらんして最高 何回抜いたことか
フィニッシュは電柱にうんこ塗りだくりかな?これくらい喪ならデフォ

それ以外はネ喪だよ。フヒヒヒヒピ
うんこは5日ぶりだったから気持よかったぜ!マントにかかったがな(てへ☆)
匂いを精一杯に説明すると、昨日食べた ククレカレーの発酵した匂いと蒸れたチンコと大根おろしがMIXした
世にも芸術的な香りだった。我慢できなくて、うんこの上に転がりまくった。
興奮して最後に「ポセイドーン!」と叫んだ。
このことを知り合いにばれたら絶縁確実b

4 :('A`):2007/11/21(水) 00:17:28 0
第3スレより
53 :('A`):2006/09/03(日) 15:39:57 O
友達の家に遊びに行って友達の母が出してくれた怪しいコロッケを食べたら、お腹下したらしくゴロゴロきた。
でもまさか友達の家でウンコできないだろ?
だからゲリが出口付近まで貯まって便器に座ったらすぐ全部を噴射できるよう、
ギリギリまで引き付けて短時間で終らせて「小便」ってことにしようと思った。
そのために飲み物もガブガブ飲んだ。
そして作戦開始時間が来た。俺は「あージュース飲みすぎた!トイレ借りるよ」といいトイレに向かった。
便器の前に到着し、ズボンとパンツに手をかけた。
ヤツはもうそこまで来てる!これなら小便と同じ時間でピットアウトできる!バレない!

しかし次の瞬間にはトイレが糞まみれになっていた。
間に合わなかった?それともフライングか!?

そう、俺は短時間で済ませようと焦るあまり

便器に尻を向けるための旋回行動・パンツを下ろす・肛門ゲートを解放し噴射

の行動を同時に行ってしまった。
旋回しながら勢いよくゲリをばら蒔いたのだ。
惨劇はまだ終らない。
その光景と悪臭にやられ、先程作戦のため無理して飲んだドロリ濃厚ピーチジュースが戻ってきたのだ。
・・・トイレのあちこちに俺の汚物が散乱していた。
拭き取る物を見渡すが見つからない。そういえば外の棚に紙があるのを思い出した。
しかし、外からノックが!!!
観念した俺はゲリを舐めては飲み込んだ。

211 :('A`):2006/09/07(木) 18:30:34 0
ヘルスで40分間ずっとクンニし続けた
その間、「デリシャス!」を278回言った

651 :('A`):2006/09/27(水) 17:31:04 0
夜オナニーしながらマラソンしてた。名づけてオナソン。
ただイクまでひたすらしこりながら走る。
多分走ってる姿はきもいと思う。両手は常にちんこだったし。
顔も下向いてたから電信柱にぶつかったり水田に落ちたこともある。
人が来てもやめてはならないという意味不明なルールが
余計に興奮させ今日も俺はオナソンに出かける。

おまけ
298 :('A`):2006/09/09(土) 19:17:07 O
リアルに本気になった時の叫び声がシギ――――――

5 :('A`):2007/11/21(水) 00:17:58 0
第4スレより
125 :('A`):2006/10/16(月) 19:55:48 O
パンくわえながら学校行くのがかっこいいと思って
くわえながら学校に走ってた。
自分の中では爽やかなイケメン青年が走ってるのを近所の人にみとれられてると勘違いしてた
そして何ヵ月かして ふと朝 腹が痛くなって トイレに駆け付けた。
鏡を覗いてみると歯茎を剥き出しにしながら ガタガタの歯を露出しながら
イボイボ肌で脂を浮かべて 息を荒らしてるクリーチャーが!
これを何ヵ月も続けてたのか!

577 :('A`):2006/11/05(日) 18:43:19 O
もしかしたら前にも少しだけ書いたかもしれない
おれの父さんは、俺から出るあらゆるものを「美味しい美味しい」と食べてくれる
前にはな糞あげてるとこを姉ちゃんに見られて「やめなよー」とキレられた
父さんとは、ダブルおしっこをした事もあった(和式で、俺が前にしゃがむ)
幼少の頃は、変な体位の肩車で遊んでもらって俺が落ちて骨折して入院した事もあった
入院時にはお絵描きの好きな俺に父さんが24色のボールペンを贈ってくれた
(俺はそのペンでなぜか一ヶ月ずっとチンコの絵ばかりを練習していた)
中学の時家に友達が来てた時にも父さんは帰ってくるなり俺に
「可愛い」と言ってそこにいる友達にかまわず俺を愛でまくった
父さんと俺はいつも二人の言葉で話す
残念ながら二人だけの言葉なのでここには書けない
小学生の頃は「一生誰とも結婚しないから買って」と言ってドラゴンクエストあるくんですを買って貰った
今でも父さんは、俺の腕や足をあま噛みしながら「やっぱり美味しい」と笑う
俺達親子、なかなかいいかんじだろう


だが最近俺が仕事などで家に帰らなくなると父さんとは疎遠になり
父さんは家に居着いた白い子猫ばかりを狂ったように可愛がるようになった
父さん、俺はいつまでも結婚なんかしないからこれからも愛し合おう
961 :('A`):2006/11/18(土) 21:24:20 O
俺の友人は自分のおかんの裸の写メを持ってた。しかもなんかしらんけど四分割。上の左右が左乳と右乳、下の左がなぜかノーメイクの顔。右下は……まあ…何を言わんとしてるか察してくれ。
何でそんな門外不出クラスの画像が見れたかというとある日俺がそいつの携帯を借りて(俺はそのとき学校に携帯を忘れた)家に電話をしたのだが電話が終わったあとそいつのデータフォルダをこっそり見たのだ。
そのときになぜかババアの裸の画像ばっかり入ってる「ex.」と書かれたフォルダがあった。俺は一発でそいつのおかんだと分かったのだがいっぱいあったのに二枚ほど見たところで電話が終わったあと影でこそこそ携帯を触ってたのを見るやいなや
「おい!!!」とでかい声を出して携帯を取り上げられた。俺は「おまえ裸の画像ばっか集めすぎ!」と意地悪をいうとそいつはかなり焦った感じで「あぁ…見たの?なんかメル友なんやけど別にあんまタイプやないしどうでもいいやつなんやけど…性格がうざいし…」
と聞いてもいないことをぺらぺら喋っていたのでかなり焦った様子だった。俺は「そうなん?メル友とか裸の写メ送ってくれるんやな。」と気付いてないフリをしといた。
それから一ヶ月後俺の家にそいつが泊まりにきて二人で飲めない酒をのんだ。そこでぶっちゃけ下トークが始まるのだが俺が酔った勢いでモー娘のライブDVDで抜いた話しをしたら気を許したかそいつがあの画像について語りだした。
俺は「きたきた…」と思って聞いていた。なんでもそいつのおばちゃんが風呂上がりに裸でうろうろするそうでそのときにこっそり写メを撮って夜のおかずにしていたらしい。俺は酔いが引くほどめちゃめちゃ引いたが「あ〜!あのときの裸の画像か!なるほどね!」
と言って最後の気遣いを見せた。その後完全に胸のもやもやが晴れたようで自分がいかに熟女が好きかを延々と話された。


6 :('A`):2007/11/21(水) 00:18:29 0
第5スレより

824 :724の改訂板(漢字ミスなど):2006/12/05(火) 07:38:30 O
思春期のある日、俺は風呂場でちんぐり返って天に向かって唾を吐き自分のアナルに入れようとしていた。

しかし何度挑戦しても唾は自分のフトモモや顔にかえってくるだけでミッションの難易度は熾烈をきわめた。
それからまた20分くらい経っただろうか…再度唾を吐いた瞬間…気付けは俺はガッツポーズを作っていた…完璧な軌道だった……美しい……あたかも虹の掛橋のようなそれを描いた俺の唾は最高到達点を越えゆっくりと降下していく。

そのときである…勝利を確信した俺はこともあろうにそれまで上手く自己を律し程よくリラックスしていたことによりパックリと開いていたアナルを瞬間的に閉じてしまったのである。
唾は……俺の閉じたアナルに小さな音を立てて落ちた……

慢心である……慢心が自己を最後まで律することを許さなかったのだ。
俺は30分ぶりにちんぐり返しを解き全身唾にまみれた体をゆっくりと横たえ目を閉じた…
そこに残ったのは絶望、そして虚無感…
自己のアナルをコントロールすることなど子供にすらできる…気付けば頬を一筋の涙がつたっていた…

俺はもう一度己を奮い立たせ再度ちんぐり返しの体制に…戒めに先程アナルに付着した唾を手ですくい口に戻した。
鼻をつくような香りが全身を痺れさせる…その唾をゆっくりと喉の奥へと運ぶ……渇ききっていた体は久しぶりの水分を待ちきれなかったのだろう、全身に力が漲る…

再び俺は唾を天に向かい吐きはじめた…

それから10分ほど後。それは先程の唾をリプレイしたかのような軌道を描く…
目を反らさずその唾の行き先を追う。
唾は音も立てずアナルに吸い込まれた…体の皮膚以外に落ちたからだろう俺は何も感じ取ることができなかった。

しかしその後アナルを閉じた瞬間「ぷぎりゅ…」と音を立て俺のアナルから泡だった液体がでてきた…
成功である。自己を律することに成功したのである…その瞬間過度の疲労と一種の満足感から俺はちんぐり返しの体制のまま気を失った…

夢を見ていた…まだ見たことのない未来の嫁と食卓を囲んでいる。嫁が抱えてる子供は誰だろう…ハハっ…俺の子か…おいおいそんなにがっつくと喉をつまらせるぞ。
ほら…言わんこっちゃない…この水を飲みなさい。ほら……………………………

その瞬間…ガチャっと風呂場のドアが開いた。その音に目を覚ました俺は全身唾にまみれたちんぐり返しの体制でドアの方向に目をやる…そこには母の姿があった。後で聞いたところ呼んでも返事がなかったので心配になり見に来たらしい…

焦った俺はちんぐり返しを解こうとしたが体が硬直していたため頭の裏に回していた足が取れない…
無言のまま10秒ほど見つめ合っただろうか…
母は崩れ落ちるように泣き出した…

俺はただ虚空を睨み続けていた…


7 :('A`):2007/11/21(水) 00:19:00 0
第6スレより

593 :髭男:2007/01/05(金) 22:41:17 0
オレが厨房で、仮性包茎だったころの話。

修学旅行って、カメラマンが同行するよね。
で、旅行から数日経つと廊下にカメラマンが撮った写真がずらーっと張り出され、
好きな写真は買うことができる。
オレはもちろん好きな子が写ってる写真を買った。

もちろんそれを見ながらオナ。
お前ら変態はこの程度では驚かないだろうな。

しかし、ド変態のオレは好きなこの顔を約1センチ四方に切り取った。
何に使うかって?グヒヒヒ・・・
当時のオレは頭がよかった。
仮性包茎を利用して、切り抜かれた好きな子の顔写真を
ちんぽと皮の間にしまい、常時持ち運びしていたんだぜ。すごいだろ。
常に、あの子とオレとは一体なんだ。と充実感を得ていた。
好きな子と話している時も、常に写真はちんぽの中。
ちんぽの中にお前の写真が入っているのも知らずに、俺と話してる。
意識すると立って剥けて、落ちそうになるから大変だったな。

もちろんオナにも使い、終わったら皮の下に収納する。
グヒヒヒ。。。

しかし、高校になってちんこの皮がむけてしまって以来、今はやってない。

907 :('A`):2007/01/15(月) 22:11:18 0
中学の頃、小学生の従妹が家に遊びにきたとき、必ずといってもいいほどラーメンやらジュースやらクッキーやらを与えてた。
「ありがとー」っていいながら警戒することなく可愛い胃に流し込んでいく少女。

だがそのラーメンは……麺をしゃぶって出して、しゃぶって出して、スープを口に含んで出して、含んで出してを
繰り返した喪自家製「デビルラーメン」だったのだ。
ジュースは、コップの中に勃起したチンポをつけてチンポの出汁(カウパーも)を充分に取った「ミラクルジュース」。
クッキーは、フケとチンコ周辺の垢と鼻の脂(鼻を押したらビュル、って出てくる奴)を塗り広げ凶悪な変化を遂げた「グッギー」。

俺がしたことに何も気づくことなく美味しそうに頬張る姿を見て「ねぇ、美味しい? 美味しい?w」って前に乗り出して聞いた。
そしたら「うん! おいしいよ! ありがとお兄ちゃん!」って健気な返事が返ってきてゾクゾクした。
ははは、お前はいま、とんでもないものを食べているんだぞ。変態が。
そして食べ終わったラーメンの食器の中に射精して、一気飲みした。

・・・ボッキッキーン!

またチンポがたって来て、しごく。
この時期は幸せだった。


8 :('A`):2007/11/21(水) 00:19:31 0
第7スレより

231 名前:('A`)[] 投稿日:2007/01/31(水) 13:13:11 0
カーチャンに土下座して頼んで、バックでやらせてもらった。
つかれながらカーチャン泣いてた。

238 名前:231[] 投稿日:2007/01/31(水) 18:47:19 0
カーチャンと家で酒飲んでたんだ。俺、アル中寸前の喪で悪酔いするタイプ。
当時大学卒業直後で、でも俺、挙動不審者だから就職できるはずもなく
「ニートについて」みたいな話から、昔の思い出話に花が咲かせてた。
そんな中、カーチャンが「○○(俺)に彼女はできんのかねぇ?」っていうから
俺が「俺みたいなキモ男じゃできないよ」って返したら
カーチャン「母親の私から見れば結構可愛いと思うけどねぇ」って。

240 名前:231[] 投稿日:2007/01/31(水) 18:56:47 0
俺「それは親の欲目だよ('A`)」って返したら
カーチャン「そうかねぇ?○○は今まで勉強ばっかりして、今はインターネット三昧やからねぇ。
女の子との出会いもないやろ?早く男にならなねぇ」
 ※うちの地方では「男になる」とは、女を抱く、ということ

俺「むかつく!うるせー!風呂はいる!」
そう言い放って風呂に入ったら、酔いがぐるんぐるん回ってなんか気分が悪くなる。
倒れる。カーチャンが心配してきてくれるが、全裸を見られてこういわれる。
「あんた、そんな立派なモノをもっとるのに使われんとか、情けない・・・」
パンツを履かされる。

246 名前:231[] 投稿日:2007/01/31(水) 19:10:17 0
俺「俺、向こうで横になっとるからいいよ('A`)」
カーチャン「いいんやね?じゃぁ、かあさんも入ろうかね」
といって後ろを向いて脱ぎだす。脂肪を寄せてあげる矯正下着から垂れた尻肉が顔を出す。

カーチャン笑いながら言う「あんた、いつまでも子供のまんまなんなら、またこの中に入るね?(腹を指差しながら)」
俺「いやだ!男になりたい!俺を男にしてよ!大学は卒業したのに子供は卒業しとらんのよ!」
カーチャン「J( 'A`)し・・・
俺「(奇声を上げて泣く)キー!クイー!ヒー!」
カーチャン「J( 'A`)し・・・・・
俺「僕のお願いだよ!フヒック!フヒック!い、い、いっじょうの・・おべがい」
カーチャン「母さんの顔が見えたら、立つもんもたたんやろうから」

251 名前:231[] 投稿日:2007/01/31(水) 19:24:49 0
そういってカーチャンは、ちょこっとだけ下をうつむいて数秒止まった後、
背中を向けて矯正下着を外す。そして膝をつく姿勢で足を曲げて体をかがめる

カーチャン「あんたが小さい頃は、勉強がよくできよったから、お母さんの自慢やったんよ」
あんたは一人目の子やったから猫かわいがりしてねぇ・・・」
この時カーチャンの声はちょっと涙声になってた。
俺「父さんに言わない?ねぇ?絶対に言わない?ねぇ?ねぇ?言わんでね?」
全裸の俺(まだ勃起してない)と下半身しだるまのカーチャン。
カーチャン「父さんには言わないから、はよしい!」
尻を突き出す体勢に

9 :('A`):2007/11/21(水) 00:20:01 0
256 名前:231[] 投稿日:2007/01/31(水) 19:45:38 0
俺はちょこっと照れてカーチャンの尻を軽く叩いてみる。尻肉がぷるぷるゆれる。
俺「ほんと?絶対?ねぇ?絶対?ねぇ?絶対やね?絶対言わんでね?」
カーチャン「やっぱり、やめる?こんなん。男として情けないやろ?・・・J( 'A`)し」

もう後戻りは出来ない。俺はすかさず土下座した。
俺「母さん!ねぇ?お願い!絶対父さんに言わんかったら俺、男になりたい!なりたいっ!なりたいっっ!なりたいっっっ!」
カーチャン「J( 'A`)し・・・・・絶対に一回だけやからね?もう二度とこんなことせんからね!」
俺「い、い、一回だけでいいから!ね?ね?と、と、父さんには言わんでね?僕もね、実は母さんの事、可愛いなぁって思うことあったよ。ね?ね?だからさ?ね?ね?」
カーチャン「(見たことないような切ない顔で俺を見おろし)はぁ・・・」
再びお尻を突き出す体勢になる。
俺「いやぁ、いい尻やね!ね?ね?可愛い尻やね!ね?可愛いよ、可愛いよ」
俺は頭の中で、当時好きだった女の子を思い浮かべながらカーチャンの尻を撫で回した。ここでやっと勃起する俺なのであった

・・・こんな感じで、俺は男を卒業したんだ。
カーチャン、ありがとう。
でも、あれから、今だに俺の息子は母ちゃん以外のまんこを知らない。
ごめんね、カーチャン・・・

261 名前:231[] 投稿日:2007/01/31(水) 19:59:23 0
カーチャンは当時53才。生理ナプキンがうちから消えて久しかったから生理は止まってたとおもわれ。
カーチャンは俺に突かれてる間、ずっとうなだれてた。ただ、途中でヒック、ヒックって泣いて嗚咽してた。
俺自身が、なり振りかまわず腰を振ってたからよく覚えていない。
たぶん、感じてはいなかったと思う。

268 名前:231[] 投稿日:2007/01/31(水) 20:02:40 0
なんでだろう。当時を思い出しながら書き込んでたら、不覚にも勃起した。
抜いてみようかな。カーチャンで

270 名前:231[] 投稿日:2007/01/31(水) 20:11:29 0
>>266
俺はイケたよ。イク時に思わず好きな子の名前を叫んじゃってさ「○○!イク!イクよ!」みたいな感じで。
その時カーチャンが小さく「ヒーッ」って虫が鳴くような声出してた。
カーチャンはイってないと思う。俺は目をつぶってたから太ももにあたるカーチャンのぷるぷる尻肉と嗚咽しかわからない。

292 名前:231[] 投稿日:2007/01/31(水) 21:07:03 0
ごめん、オナニーしてた。

>>288
29。今年で三十路になる。

10 :('A`):2007/11/21(水) 00:20:39 0
第9スレより


414 :('A`):2007/04/22(日) 09:00:03 O
ちいさなイカを丸ごと干した乾物をよく食べる。その体調6センチ程
イカの無数にのびる細足の奥にあるお股の穴(くちかな?)を
執拗に舐め回すと、たまらなく気分が良くなってもう社会復帰とかアホみたく感じる
こいつがオスだったらなんて言ってるかな?とか妄想して朝までやめない
「やっやめろ…!っく。ううぅ…キサマなにをして…っ」
「ぺろぺろぺろぺろー^^クスス。君がイクまで止めないよ」
「や…めろ。ク…クソなぜわたしにばかり」
イカ、力なく青白い目つきでこちらを睨む
「オシッコの味がするよ^^可愛いね…。大人ぶってるけど天使みたいだ」
「あぁぅ…んぅ…いやだそんな事言うの……やだ…やめろォォッ…ォォン……」
「やめていいの?^^」
「………(うつむいて頬を真っ赤にした泣き顔で、首を横に振る)」
「(俺超嬉しい)良い子だね。ほら、はやく高速で刺激してあげるね!」
「アアアアアアアアアアアアアアー!!!!!!!」

基本的に優しくするが、時には調教の為に足を一本引き抜いたり残虐行為にも及ぶ
朝の七時くらいまでこういう事してると死にたくなるけどさ、イカが悪ぃーんだよ、イカがさ!
愛しいんだほんと

11 :('A`):2007/11/21(水) 00:22:23 0
第10スレより

753 :('A`):2007/06/20(水) 00:39:15 0
オレが25のころの話。
当時俺の実家は公園の横にあって、よくその公園で近所の小学生ぐらいの女の子たちが遊んでたんだけどオレは自分の部屋から女の子たちを見ながらオナニーするのが日課のようになっていた。
そんな生活をずっと繰り返していたある日、オレは何故か無性にかわいい幼女たちにギンギンに勃起した息子を見せながら射精したくてたまらなくなって、もう捕まってもいいやと思い、ズボンから息子を丸だしにして公園に向かった。
幸い誰にも見つかることなく公園について女の子達の集団を発見し、そのまま走っていったら一人の女の子がオレの存在に気づいたのか
「きゃあぁぁ」って言いながら逃げだして、その声に気づいた他の子達もオレの存在に気づき、叫びながら逃げだした。
オレはヤバい、逃げられると思ったら無性に悲しくなって頭が混乱して泣きながら
「うわああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ」って叫びそのまま追いかけたんだけどその子たちの遊んでたおもちゃにつまづいてこけてしまった。
下半身丸出しにしてたオレの息子が砂でずざざざざーってなって「ぎゃあああああああああ!!!!!!!!!!」
って叫び、猛烈に痛くて「ひいぃぃぃ!ひいいいいいぃぃぃぃぃぃぃ!」って唸ってたら近所のおばさんがその声に気づいて
「○○くんか!?(俺)どないしたんやー!」っていいながら駆けつけてきた。あ、助かった!と思ったオレは少し安心したのとあまりの痛さに気を失ったらしく、気づいたら夜で病院で寝てた。
周りを見るとおかんと親父と助けてくれたおばちゃんがいた。
すると親父が物凄い顔で
「このくそぼけがああぁぁぁ!!!」って言いながら俺につかみかかってきてボコボコに殴られた。あまりに急なことに驚いた俺は泣きながら
「おおお父゛ぢゃんごべん!父゛ぢゃんごべん!」って言ってたらおかんとおばちゃんが必死に親父を止めてくれた。
そして親父が少し冷静になったのか部屋から出ていった。
んであまりに怖かったのと痛いのとでおれはずっと「ひぃん!へっく!えっ!え!え!」と泣いてたら
おかん「何があったんかはおばちゃんと子どもらに聞いた、理由は聞かへんけど近所の目もあるからケガ治ったら出ていってほしい」
って言われて
オレ「おがあ゛ぢゃん!ごめ゛ん!ゆるじで!おねがいやがだ!いやや!いやや!ばああああん!」って更に泣きついてしばらくしておばちゃんが
「高橋さん、許してやりや」とか何とか言ってたけどあまり聞こえなかった。
するとおかんが「あんたは人間として最低の行動をしたんやで!!わかっとんのんか!!」て泣きながら言ってたけど
オレは泣きすぎて声が出なかったから必死にうなづいてた。
そしたら親父が帰ってきて
「お前みたいな奴をこの家に置いとくことはできんわ。住むとこと家賃は用意したるから退院したらそこで暮らせ」って言われた。
絶対イヤだった俺は、ひたすら首を横に振ったけど結局最後まで許してもらうことはできなかった。
そこからはいろいろとあったけど今は家族の戸籍も外されて他県で過ごしてる。
息子は傷だらけでものすごいケロイドが残り銭湯にも行けない。
なんであの時あんな行動を取ってしまったのか今ではすごく後悔してるけどもう戻れないんだと思うと死にたくなる。


12 :('A`):2007/11/21(水) 00:22:55 0
第11スレより

551 :('A`):2007/07/22(日) 20:28:31 O
厨房の頃、好きな子のジャージを毎日嗅いで、なめ回すのが俺の日課だった。

好きな子のジャージに何かする事はデフォっつーか、このスレでは呼吸と同じような物だろう。

その時は家に帰ってもなにする時でもジャージの事しか考えてなかった。


チキンな俺は事件の発覚を恐れ、盗むという事がどうしても出来なかった。
寝る前に明日こそは!明日こそは!毎日自分を奮い立たせていた。一種の病気だったと思う。

ある日年に数回しかない移動教室の時にトイレと偽ってついに盗んだ。

その直後にハァハァ言いながらトイレに持ち込んで、ジャージをギンギンのティムポに巻き付けてオナニー。
今までない程に興奮してとんでもない量をジャージの中に射精した。

やっと私物化したんだ、これから毎日汚してまくってやるぞ、と内心ほくそ笑み、何事も無かったかのように自分の机の奥底へと押し込んだ。


しかし問題が起こった。


なんと次の時間が体育だったのだ。
まさかの所で痛恨のミス。
あああ・・・。どうしよう、どうしようと思ってる中、
ついにその女子が自分のジャージが無い事に気付く。

泣きながら担任に告げ、皆で教室を捜索する事になった。

ごみ箱、棚、ロッカー、、、それでも出てこなかったので、机の中身を出す事に

必死に隠したつもりだったが隣の席の男子が不審に思ったのか、
「先生!沢田くんが怪しいです。」と大声で告発しやがった。

近寄る担任。
ガチでスローモーションに見えた。

この瞬間脳裏に、「ああ、終わったな、いつ死のうかな」しか考えられなかった。

「ちょっと、ごめんね。」と机の中に手を入れる担任。


生徒全員の前で広げられたのはザーメンまみれの〇〇さんのジャージ。


大声で泣き出す〇〇さん。
「マジくせ〜!」と隣の男子。
「最悪じゃない?」と後の席の女子二人。

クラス中大ブーイング。なだめる担任。泣きそうになる俺。

俺は今にも泣きだしそうになりながら「いいい、いやほほほんとにちががが」

と必死に否定したが、移動教室の時に抜けたのが決め手となり、クラス全員に発覚(^o^)


13 :('A`):2007/11/21(水) 00:23:26 0
562 :('A`):2007/07/22(日) 20:58:14 O
事件発覚直後に生徒指導室へ。
ここはあんま覚えてない。
死ぬ事しか考えてなかった。


家に帰ったらすでに家に連絡がいっており、玄関開けた瞬間に母親のビンタ。

泣き崩れる母親。

ダッシュ逃げてで部屋に鍵かけて引きこもる俺。

夜、部屋で声がイカれるくらい泣いてて、トイレ行こうと部屋の鍵外した瞬間、親父が部屋の扉蹴り飛ばして入ってきて(ずっと廊下で鍵が開くのを待ってたらしい)

鬼みたいな形相して「このクソ野郎がああああ!!!」

ボッコボコに殴られ蹴られる俺。
「ごべんなざ!痛っ!!ぼうじないがら!!どうざん!!!痛い!ごべんだざい!!!」

そこで母親がヨタヨタになりながら止めてきて、俺痛さと泣きすぎで呼吸出来なくなって泡吹いてぶっ倒れた。


後日〇〇ちゃんの家に一家全員で土下座。
泣きながら親父が「申し訳ございませんでしたァッ!!」

相手の親父泣きながらうちの親父に説教。


何回も通って、なんとか許しては貰えた。
ただ、〇〇ちゃんには近づかない、関わらないという約束付きで。


学校がキツかった。

っていうより、何しても皆無反応。シカトとかそういうレベルじゃない。


担任だけは相手にしてくれたから担任だけが心の救いだった。

家に帰っても、母親は俺への対応がそれ以来ぎこちなくなって、親父はふさぎ込んでしまった。


9年経った今でも親父、母親とは全く関わらなくなってしまった。


今では真剣に後悔してる。

時間割を確認しなかった事に。



14 :('A`):2007/11/21(水) 00:23:57 0
862 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 15:14:38 0
俺文才皆無だけどあるがままに書くわ。

中学の時って、男でも結構中性的な奴いるじゃん?まさに俺はそんなタイプで
ホモとかそういう知識はほとんど無かったし、精通して間もないのに、なぜか受動的な快感を求めるようになってた。
初めのうちは、今考えれば前立腺刺激みたいな事して快感を得てたけど、次第にそんだけじゃ物足りなくなって、肛門いじり始めるのに移行した。
で、色んなことをしたわけ。まず鏡で肛門観察から始まって、肛門拡張とか、何か入れたまま外出とか。
きゅうりとか野菜とか氷とか入れたりもした。家の中にある細長い物はほとんど入れたね。
野菜入れた時は母親にバレないかビクビクしながら結局その野菜も晩飯に出て来て食うんだけど。
でも肛門拡張の過程で壁にぶつかった。肛門に入れた形跡を残さずに入れられる適度な大きさの物ってあんま無いんだよね。
で、何気なく引き出しの中探してて見つかったのがキーホルダー。
といっても、棒状でも何でもなくて、4×5×1くらいの丸っこい直方体のキーホルダー。でも俺にはその幅が魅力的だった。
早速入れようとしたけど、なかなか入らん・・・このサイズは時期尚早だったか、と思ってたらギチギチで入った。
そん時は達成感に包まれたね。肛門は入れる時が一番きつくて、入った後はそのままスーっと行くんだよ。
じゃ出そうか、お疲れ俺、って思って、指突っ込んだ瞬間・・・忘れられんね。

だって無いんだもん

マジ焦りまくって、トイレに耳かき持ち込んで、必死にキーホルダーの金具に耳かき引っ掛けて、引きずり出そうとしたよ。
でも無理だった。10センチ位奥にあって、微妙に届くんだけど引っ掛からない。どんだけ気張っても全く出てくる気配無し。中の出血で血だらけになった。
観念した俺は遂に両親に助けを求めた。ちょうど夜だったし、両親二人とも寝室にいたよ。
顔面蒼白な俺は「・・・お尻にキーホルダー入って取れないんだけど」
両親「はぁ?」
俺「・・・・・・・・・お尻にキーホルダー入って取れないんだけど」
母親は泣き出した。親父は俺を無言で突っ伏して、肛門に指入れて来た。
親父「これか?無理や。病院行かなあかん」
俺はもうその時号泣してて、病院なんか行きたくなかったけど、すぐ着替えて両親と近所の病院までタクシーで行った。
病院に緊急で駆け込んで、親父が病状伝えた時も騒然としてた。「肛門にキーホルダー?!」って。
数人の男の医者に取り囲まれて、指突っ込まれたけど、やっぱり無理。病院だからといって、特別な処置とかもなかった、当たり前だが。
その後仕方なくタクシーで帰ったけど、もうその時の家族の雰囲気は忘れられん。腸閉塞で死ぬ可能性もあったから。
母親が泣きながら「なんでそんな事したん?」て聞いてきても、適当な言い訳するしかなかった。親父は無言。
その晩は怖くて眠れんかった。今こうして生きてるのは、翌朝ウンコと一緒に出てくれたお陰。
あれから7年くらい経つけど、家族の間でこの話が出てきた事は一度も無い。完全なタブーとなってます。

そんなキモくないかもしれんが以上が俺の体験談。

15 :('A`):2007/11/21(水) 00:24:36 0
835 :('A`):2007/07/28(土) 11:13:07 0
大学生2年のときの話
当時俺はエロ動画が大好きで毎日見てたんだが
いつも男が女を突いてるシーンを見ると尻の穴がムズムズしてきて
マンコみたいな穴があって、いじったら気持ちいいんだろうなぁと考えてた

ある日初めてAVばっか売ってる店に行ったときバイブなるものを発見
俺はこれを見たとき体中に電撃が走った気分だった
まさに俺が捜し求めたものだったからだ
俺は即購入して、次の日から毎日使ってた

バイブに慣れてきたある日、我慢できなくなって大学に持っていくことにした
いつも退屈な授業をする教授がいて、周りはみんな寝てた
俺は一番後ろの一番かどの席に座ってた俺は「チャンス!」と思って
バイブをアナルに入れてスイッチを入れた

ブゥゥゥゥンと動き出した瞬間思わず「うっ」と声が出る
しかし周りは寝てるから気がつかない
俺はこのとき、支配者みたいな気分になってた
「俺だけがこの快感を知っているのだ」みたいな感覚になって
それがより一層俺を興奮させた

いつも以上に気持ちよくて思わず射精しそうになったので、速攻でチャックから
チンコをだして机の中の教科書置くようなとこ?に中出し
あまりに気持ちよすぎていつも以上に出た

俺はこれがやめられなくなって、毎日繰り返してた

ところがある日、事件が起きた
いつものように射精しようとしたとき、前の席の奴がプリントを後ろに回してきた
俺は快感に夢中でプリントのことに気がつかなかったので、前の奴が後ろを向く
そして、突然後ろを向いたのにビビッて、思わずチンコから手を離してしまった
その瞬間チンコは斜め上を向き、机の上に発射
前の席の奴が「うわぁぁ」と言う
周りが俺を見る
教授が「どうした?」と寄ってくる
ヤバイと思った俺は速攻でチンコをしまい
荷物を持ってダッシュで教室から出た

その後のことはよくわからない
俺は恥ずかしくて3年間大学に行くのをやめ、3留した

しかし3留した今、あいつらはもういない
再びバイブ片手に授業に出て、再び快感に酔いしれている

16 :('A`):2007/11/21(水) 00:25:07 0
第14スレより

150 名前:('A`)[] 投稿日:2007/09/12(水) 19:43:02 O
なぜか大便してうんこの付着したトイレットペーパーを、一度臭いを堪能して溜め込んでたことがある
あとは高一のとき、風呂入ったあとに肛門の汚れが気になってママに「肛門にうんち着いてない?いい!?絶対着いてないよね!?」と毎回肛門をみせて確認していた
階段にうんこもらしたこともある。糞の始末はママにさせていた
今思えばあの頃の自分は病んでた

350 名前:('A`)[] 投稿日:2007/09/17(月) 12:54:16 O
高3の夏、火力発電所に見学に行ったとき友達に煽られて通路にあった変なスイッチ押した
一通り見学が終わって職員さんの話聞いてる時、急に警報が鳴り出した。
深刻な顔して職員駆け足で部屋でていった。男子は騒ぎたて、女子は怯える中で
俺はさっきのスイッチ押したせいだと確信した。そして怖くなって
「ぼっ僕ざっぎ変なズィッヂ押しぢゃっだんでずぅ〜ごべんなざいぃ〜〜」といってわんわん泣いてしまった
結局大した事は無かったが不用意にスイッチを押した事で散々怒られた
恥ずかしくて同窓会に一度も行ってない。ちなみにあのスイッチは
ただの蛍光灯のスイッチで、警報とは全然関係無かったそうです

392 名前:('A`)[] 投稿日:2007/09/17(月) 22:59:27 O
映画館にポケモン見に行った時、隣の7歳くらいの女児が映画始まる直前に
チキンナゲット食い始めた。腹が減りまくっていた俺はガマン出来ず、1つくれと頼んだが
「ヤダ!!」と言って睨まれた。空腹のせいもあってかむちゃくちゃイライラしたので
女児が映画に集中してる間に残ってたチキンナゲット(5つくらい)全部食べてやった
そしたらそいつ途中でチキンナゲットがなくなってるのに気付いたのか泣き始めた
俺の怒りは頂点に達し「ちょっと!!この子の親御さんは普段どんな教育してるんですか?」
と叫んだら後ろから母親がやって来て「すみません。さえちゃん、どうしたの?」と聞いたら、女児が
「(空の容器指差して)わたしの・・なくなったの〜」といって更に激しく泣き始めた。
親は女児に「あんたが全部食べたんでしょうが」と言って周りにペコペコ謝りながら
その子と一緒に劇場から出ていった。

731 名前:('A`)[] 投稿日:2007/09/24(月) 10:52:30 O
家の近くに幼稚園やら小学校があって普段から幼女を目にする機会が多い。
ある日俺は幼女と遊びたくてたまらんくなった。そこで物陰に隠れて
エアガンで幼女のふくらはぎを射ち、泣き叫ぶ幼女に駆け寄り、
「どうしたの?」と優しい声で話しかけ、その後ファミレスでパフェおごってやった。
5回くらいやって2人と遊ぶことに成功した。しかし段々幼女と遊ぶ事より
泣き叫ぶ幼女を見る事に興味が湧いて来てある日
エアガンのスプリングを強力なのに変えて幼女を射った。
そしたらふくらはぎから出血して自分の血を見た幼女が顔面蒼白になったまま呆然としてた
今まで見た事もない恐ろしい表情を見て怖くなった俺は
家に帰って膝抱えて夜まで震えてた


17 :('A`):2007/11/21(水) 00:25:57 0
第15スレより

64 :('A`):2007/09/28(金) 20:41:02 0
じゃあここは俺が一つ。
昔から親戚に「たけちゃんカッコイイね〜」と言われ続けてきた所為か
高校生になるころの俺は完全なナルシストと化していた。普段から
自分の動作一つ一つに酔いしれ、常に自分はみんなのあこがれ
であると本気で思ってた。ホントきもいな。
そんなある日。クラス一美人の美帆ちゃんが病気で入院した。
かっこいい俺は下劣な奴らの話の輪に入ったりせず、彼らの
会話に聞き耳を立て、独自に情報収集をした。どうやら難しい手術を
しなければならないらしい。俺はだれも思いつかない
最高にcoolな見舞いをしてやる事にした。
見舞い当日。俺は薄く紅をさし、出しゃばらない程度に香水をつけ
家を出発。病院に着くとナースステーションで病室を訊く。ホスト気取りで。
病室に入るなり、軽く腕をあげ、「よっ」とあいさつ。
「あっ、たけちゃん。わざわざありがとう」と美帆ちゃん。マジでかわいい
俺は一度下を向くとポケットに手を突っ込み窓際に歩みを進める。
そしておもむろに一輪の花(造花)と小さな花瓶を取り出し
「今日からこの花の名前は美帆だ。もしこの花が枯れたらお前は死ぬ。
でもこの花が枯れなかったらお前は助かる。」と言って窓辺に花瓶を置いた。
そして「きっと大丈夫さ。俺が枯れないように祈ってる・・・。じゃあ次は教室で」
ポケットに手を突っ込んで颯爽と病室を去る俺。キマった・・・最高にcoolだぜ。

それから何日か後。登校した俺が教室のドアを開けた瞬間・・・・
待ってましたとばかりの大爆笑。俺の机の上にはその時の花瓶が!!!
「なにが俺が祈ってるだよ。お前は神様かwww」
「ほんとキメ〜。なにが枯れたら死ぬだよwwwだだの盲腸なのに」
「やべ〜ww腹いてぇ〜。死ぬwwww」
教室中俺を笑う。なぜだ・・・。教室の後ろのほうに美帆ちゃんがいた。
俺は助けを求めるように美帆ちゃんを見る。笑い出す美帆ちゃん。
俺は涙をこらえながら席に向かうと無言で花瓶を手に取り
適当に投げた。そしたら運悪くクラス一のDQNの頭に・・・・
俺はトイレに連れ込まれ、4人にボコボコに殴られた。
殴られてる間みんな俺の事をどう思っているのか聞かされた・・・
「このすかしやろーが」
「もう学校来るな。来たら本気で殺す」
俺はそれ以来学校に行ってない。かっこいいからホストでもすればいい
と本気で思ってた自分を殺したい・・・。

それからしばらくして自分は全然かっこよくない事を知った・・・。
中卒の俺にはもちろんまともな仕事はない

18 :('A`):2007/11/21(水) 00:26:43 0
79 :('A`):2007/09/29(土) 00:38:28 0
中学校に入って間もないころ、俺はクラスの大勢に馬鹿にされ続けていた。
外見のせいだと思う。
授業中は毎日のように消しゴムのカスを投げられ、
休み時間はウザい奴らに囲まれ、罵倒されていた。

女子からもキモイキモイと言われていた俺は、
頭がおかしくなったのだろう。
ある日、危険なことを思いついた。
「次の休み時間に俺を馬鹿にした奴は、男女関係なく殺す」

そして、授業が終わり休み時間になる。
例によって俺は囲まれる。
女子が俺にゴミを投げてきた。
中一にして身長が170cm体重58kgの俺が初めて反抗する。
ちなみに背はクラスで一番高かった。

女の頭を掴み掃除ロッカーに叩きつける。
すると女は号泣。俺は腹を殴ってさらに弱らせて、
地面に叩きつける。そして全体重を乗せて腹を踏みつけた。
体ができあがってない中一の女にフットスタンプをしたわけだ。

すると、その女はありえないぐらいの大声で泣き喚いた。
地面にうずくまる姿を見て清々しい気分になったよ。
周りの奴らは唖然として俺を取り押さえることもできない。
俺は満足げに席についた。

授業が始まると担任がやってくる。
異変に気づいた教師に俺の凶行がチクられる。
俺は、「馬鹿にされて我慢できなかったのでやりました」と。
職員室に連れていかれる俺。でも大して怒られなかった。
「君がそんなことをするなんて、よっぽど腹が立ったんだろうね・・・」
と、担任から言われた。

翌日、俺から踏みつけられた女子は学校を休む。
その日の夜、その女子の親から電話がかかってくる。
しかし、親は俺の味方。相手を一蹴。さすが年収1000万オーバーの父。
頼りになったよ。

結局、俺はいじめられなくなった。

19 :('A`):2007/11/21(水) 00:27:29 0
94 :('A`):2007/09/29(土) 07:36:16 0
高校に入学早々、クラスから孤立していた俺はある日テレビでバルーンツイストという芸を初めて目にした。
ものの数十秒で細長い風船を手で捻り、動物やキャラクターを形作っていくバルーンツイストに俺は夢中になった。

ふと俺は名案を思いついた。
クラスに居場所が無かったせいなのかもしれない、このバルーンツイストで子供達の人気者になろうと考えたのである。
このときの俺は子供達に大人気のお茶目な風船おじさんみたいな地位を狙っていたのだと思う。

早速俺は翌日からバルーンツイストの練習を始めた。
本屋で入門書を買い、おもちゃ屋で風船を買った。
そしてバルーンツイストに出会ってから3ヶ月…ようやく人に見せられるレベルに達した俺は作戦を開始した。
最初のつかみが大事だと思い、子供の多いところで俺の技を初披露しようと企んだ。
そこで目をつけたのが学校の帰り道に自転車で通る大きな公園である。そこはいつも学校帰りの子供達で溢れていた。

作戦決行の前日の夜は興奮と緊張で眠れなかった。
布団の中で俺は想像していた。
子供に囲まれている自分を。ウサギさんを作ってとせがまれる自分を。

子供の間だけではとどまらず町中でも噂となり、ついにはテレビの取材が来た俺は有名になって
学校の奴らが「あいつって本当はおもしろい奴なんだな」と俺を見直すのを期待していた。

心の中で驚きと喜びに満ちた子供達の笑顔とその中心にいる自分を想像すると自然と顔が綻んだ。

そして作戦決行日・・・
時は来た、俺のショータイムだ。
公園の出入り口に自転車を止めた俺は子供の集団へ歩み寄る。狙いは利発そうな幼女だ。
その場にいた子供達は遊びを中断し何事かと俺をじっと見つめる。
制服ズボンのポケットから黄色の風船をとった俺はそれを膨らませ、捻っていく…。
10秒も掛からないうちにキリンは完成した…完璧だ!俺は心の中で拳を握り締めガッツポーズを決めた。それぐらい満足のいく出来だった。
あとはこのキリンを目の前の幼女に手渡し受け取った幼女が大喜びをする、当たり前の流れだと思っていた。

しかし現実は甘くなかった。期待とは裏切られるためにあるらしい。
俺が完成したキリンを幼女に渡そうとした瞬間、何とその幼女は急に泣き出したのである。驚くほど大きな泣き声だった。
今となってもなぜ彼女が泣いたのかが分からない。想定外の反応に俺は狼狽した。
その泣き声を聞きつけたのか公園の隣にあるアパートのベランダから30代くらいの女性が出てきて俺を見るや否や
「あなたー!変な人がいる!!」と大声をあげて夫らしき人物を呼び出した。
その瞬間、我に返った俺は自分のしている行為の愚かさに気が付いた。
持っていたキリンを自転車の前カゴに入れ、急いでその場から逃げた。後から「コラー!!!」という声が微かに聞こえた。
俺は心の中で激しく自分を殴りつけた、喜びの余り握り締められたはずの拳で…

次の日学校では臨時の全校集会が開かれた。どうやら昨日の夫婦が学校に連絡したようだ。
昨日うちの制服を着た男が子供に悪戯をしていた、心当たりのある人は担任に名乗り出てきて欲しいという内容だった。
もちろん俺は名乗り出なかった。
どうやら近所の人気者ではなく近所のお尋ね者になってしまったようだ。
そうして俺は作戦を中止せざるを得なかった。

まもなくして俺はバルーンツイストに飽きてしまった。
時間が経つにつれ、子供達の人気者になりたいという情熱が無くなっていくのが自分でも分かったからだ。

膨らんだ期待がしぼんでゆく…そう、それは風船のように…

20 :('A`):2007/11/21(水) 00:28:06 0
136 :('A`):2007/09/29(土) 22:01:03 0
初めての歯医者さん

俺は生まれつき虫歯になりにくい体質だった
そのため、ずっと歯医者というものに行ったことが無かった

しかし、高一の夏に部活の帰りの途中自転車で急ブレーキをかけたとき
顔面の口の辺りを自転車のハンドルのフレーム部分に撃ちつけ一本前歯が欠けてしまった
その他に外相は無かったが、おそらく歯が欠け、歯の神経がむき出しになったためであろう。
舌で触れるとズキズキと痛い

そこで、家に帰ってすぐに母親に行って歯医者に連れて行ってもらった
歯医者についたが、その歯医者にはアンパンマンの絵本やぬいぐるみなどが置いてあり小さい子しかいなかった。
相場は4〜12歳で、贔屓目にみても、15までっぽかった
それもそのはず、そこは妹(小4)の行きつけの基本的に子供専門のとこだった
でも母親も虫歯になりにくい体質のため歯医者はそこしか知らなかった。
歯が欠けたのを見てあせっていたのもあって、この歯医者に来たわけだ

そして、名前が呼ばれ治療の部屋に行った。
歯科助手は全員若くて綺麗なお姉さんばかり(歯科委員長の趣味に違いない)
治療室は椅子のようなベッドのようなものが8個ぐらい等間隔にならんでいて
バイキンマンの絵の描かれた4番の治療席に座らされた
隣の食パンマンの席で治療されている8歳くらいの幼女が泣いている
他の席の幼女や幼児も泣いている子がいる
「こえぇぇぇぇ」歯医者に行ったこと無い俺は内心かなりビビっていた
平均10歳くらいの子供たちの中で16歳で身長170オーバーの俺はかなり浮いている

そして、治療が始まった。
歯科助手の可愛い女の人の胸が頭に当たる。ふにふにと気持ちいいw
正直歯医者って悪くないなと思った
しかし助士の人の適当な処置が終わると歯医者のおっさんと入れ替わってしまった
いよいよ本格的に治療が始まるわけだ。こ・・こわい
そして麻酔を打たれたわけだが、俺はその地点で泣き出した。正直、痛かった
歯医者のおっさんも周りの歯科助手も幼女も幼児も16の巨大なおれが
たかが麻酔を打たれたくらいでないたことに驚いたのだろう
全員こっちを見ている。幼女も幼児も全員泣き止んでこっちをみた

場が凍りついたが、俺はお構いなしに泣きじゃくった
そして、治療中はずっと泣いていた。
看護助手の人に「いたくないよ いたくないでちゅよ」と赤ちゃん言葉であやされる始末
歯医者のおっさんはしかめっつらで終始不機嫌な様子(あまり見る余裕はなかったけどさ)
そして治療が終わった。痛かったし怖かった。
看護助士さんが「よくがんばったね」と褒めてくれた。皮肉で言ったのかも知れないがうれしかった
しかし、俺は恐怖の後の安心感からまだ泣いていた

するととなりの8歳の幼女が俺にペコちゃんのぺろぺろキャンディーをくれた
(どうやら10歳未満ぐらいの子が飲食可能な場合、治療が終わったらもらえるやつ)
おれは泣きながら「あでぃがどう・・」といってもらった
おれは麻酔してたからそのアメを食べることはできなかったんだけどね

そして俺の歯医者は終わった
母親は待合室で終始、恥ずかしさのため頭を下げていた模様。
歯医者のおっさんにずっとあやまっていた

またいきたいな♪ 歯医者さん



21 :('A`):2007/11/21(水) 00:29:30 0
612 :('A`):2007/10/08(月) 00:57:00 0
なよなよしていたし、頭が少しとろかったし、ダメ人間だったせいだろう。
僕は中三の時、同じクラスの女の子の3人組にいじめられていた
結構、ひどいいじめで、ちんちんを蹴られたり、割り箸でつままれたり、三人の前で公開おしっこをさせられたり、
おしっこしてる時にゆすられておしっこがズボンにかかるようにされたり性的ないじめが多かった
今。どMになった僕が思い返すと、三人とも可愛かったしもっと楽しんでおけばよかったと思うのだけど
その当時は、いじめられている感覚しかなく、それが嫌で嫌で、毎日死にたくなるほど苦痛だった
で、本当に死のうかどうか迷っていた時、とある番組(何かは忘れました)を見て
どうせ死ぬのなら、彼女らに復讐をしてからにしようと思った
それで、三人組にいつものように女子トイレに呼び出されて、ちんちんをいじられそうになった時
思い切り抵抗して、リーダー格の背の高い長髪の女の子を蹴り飛ばした
すると急に三人ともおびえた女らしい顔になって、僕に謝ってきた
それでも、僕は死ぬ気だったから、もう彼女らも道連れにしてやろうと思っていたので
彼女らに迫っていった。たぶん気違いみたいな顔して
すると、背の低いよく喋る女の子が、実は僕のことが好きだからいじめていた的なことを言い出した
そして、三人とも相槌を打ち始めた。
僕はかなり怒っていたはずなのに、それを聞いて徐々に怒りが沈下していくのを感じた
「好きだからいじめていた」
この言葉が僕の心の奥で凝り固まったどす黒い膿をゆっくりと、しかし確実に溶かしていった
それで、僕は怒りの矛先を失いその場に息を荒立てたまま、その場に立ち尽くしていた
その日は、その後どのように彼女らに振舞ったか、あまり覚えていない

次の日から異変が起こった
彼女らが僕に徐々に関わらなくなっていった
初めは告白した気まずさから僕を避けているんだと思っていたけど、一ヶ月もすると全く会話も何もしなくなった
そのころには、僕は彼女らのことを考えて毎日オナニーするようになっていた
自分のちんちんを彼女らにシューズで踏まれたり、箸でつままれたりするのを思い出してオナニーしていた
このオナニーの時は、いつもちんちんがギンギンに勃起し精子も半端なく出た

そして、僕は彼女らが僕に全然関わってくれないことに憤りを感じ始めた
バカな僕はまだ、彼女らが僕に告白した恥ずかしさから話しかけないのだと思っていた
そして、ある日、僕は彼女ら三人をいつもいじめられてたトイレに呼び出した
彼女らは全員来たけど、なぜかおびえた目をしていた。そしていきなり謝りだした
僕はパニックになった、謝られる理由がわからないからだ。
僕はおもむろに自分のちんちんを取り出し
「僕のこと好きなんでしょ?今までみたいにおちんちんいじめてよ。おちんちんつねってよ」
といいながら、彼女らに擦り寄った
すると、いつも背が中ぐらいのいつも見ているだけで、いじめてこなかったおとなしい女の子が泣き出した。そして、背の低い喋りの女の子はトイレを飛び出してどこかにいってしまった。背の高いリーダー格の子はずっと謝っている
リーダー「ホントごめん。今まで悪かったから。だから、こんな仕返しやめてよ」
と半泣きで言ってくる。もちろん、彼女らが僕のことを好きと思っている僕には意味がわからない。
僕は背の中ぐらいのへたり込んで泣き崩れている今までちんちんをいじめてくれなかったおとなしい女の子の顔に「ぼくのおちんちんいじめて」といいながら、ちんちんを擦り付けた
リーダー格の子は、青い顔でこっちを見ている、おとなしい女の子は何か意味不明の嗚咽のような言葉を発しながら泣いている

そこに急に、背の低い喋りの女の子が戻ってきた。
後ろに先生を連れて・・・

そして僕は、先生に取り押さえられた。
そして、その日の夜、僕と彼女らの親が呼び出されたが、彼女らがいままで僕をいじめていたことを話したためだろう
僕は全然怒られなかった。
彼女らの親と僕の親は両方謝っていた
そして、僕は転校するように先生にも親にも勧められ、強制的に転校させられた
彼女らが僕のことを好きじゃなかったと気づいたのはその頃だった

彼女らに抱いている感情は複雑だ。今のどMな僕があるのは彼女らのおかげといっても言いし、せいといってもいい。

22 :('A`):2007/11/21(水) 00:30:26 0
821 :('A`):2007/10/10(水) 21:11:31 0
空気読まず投稿

俺は中学の時、異常なほどフェラチオにあこがれていた
もちろん喪の俺が女にやってもらえるはずがないから、自分でやろうと
必死にストレッチして曲げるが届かない。
ある日、部屋でオナニーしてるときどうしても舌で舐められたい気持ちが
抑えられなくなった。

そこで、俺ん家のネコのタロのことを思いついた。
タロは雄ネコだったけど、不妊手術をしているので睾丸がない。オカマのネコだった
タロに舐めさせよう!!
そう思って部屋にタロを連れ込んで、ギンギンにそそり立った一物を取り出し
タロの前に突き出した。 けど、タロは興味を示さず全く舐めてくれない
そこで俺は一物を充血させたまま、あらん限りの知恵を振り絞った。

そして閃いた。俺はおもむろにキャットフードを持ってくると、
キャットフードを一粒取り出し、手ですりつぶし粉にし、一物に塗りたくった
我慢汁が出ていたため、粉が綺麗に付着し、一物はチョコスティックのようになった
それをタロに差し出すと、タロがなんとタロが舐めた

このときの感動はすさまじかった。俺の、俺の一物が今まさに舐められているのだ
しかし、相手はネコ、ネコの舌は櫛のようになっていてざらざらで痛かった
だが、Mの俺は腰をビクッと後ろに引いてしまうようなその痛さも快感でしかなかった
何度もキャットフードの粉をまぶして、舐めさせているうちに俺の快感は頂点に達しようとしていた
そして、俺はタロに向かって、あたたかいものを放った
が、その瞬間タロは自分に水のようなものがかかったことに対する興奮で「ふぎゃ」っと吼えて
俺の一物にさっと噛み付いて、逃げていった

「いっづっ」といって俺は自分の一物を見た。穴が数個開いて赤くなって凹んでいる
そして、そこから赤色の水玉が浮き出たかと思うと、すぅっと水のように血が流れた
俺はあせってティッシュで拭き、止血のため根元を押さえた。
一物が小さくなるにつれ、血も止まっていき、最期には血がとまった
よかった、傷は浅く、たいしたこと無かったと思っていた。
その日、お風呂では一物は丁寧に洗った。

が、次の日、朝起きると一物がとんでもなく腫れている。
どうみても朝勃ちのせいだけでない、だいたい、熱をもっているしずきずきと痛い
そこで、母に言って病院に連れて行ってもらった
病院では、母も心配して、診察室に付いて来た
診察室で看護婦と医者と母の前で腫れた一物を取り出した

医者になぜ腫れたのか聞かれたが、わからないと答えた
しかし、医者が一物の傷後と
一物にナイフ(へら)みたいなので表面をすぅっと削るようにして採取した付着物を
顕微鏡で観察した瞬間にすぐに動物にかまれたことにより、病原菌が入り炎症したとばれた

医者はとても気まずそうな顔で母と俺を交互に見た後に、
動物に変なことはしない方がいいよと言ってきた
医者によると、ネコは自分のケツも舐めたりするので、口の中は病原菌でいっぱいらしい
母は俺がタロにしたことを悟ったのだろう、真っ青な顔をして立っていた
それ以来、母とはほとんど喋らないようになった

けど、他の家族とは今まで通り付き合えたのは母はそのことを、
家族の誰にも話していないおかげだ。
タロは相変わらず家にいて別に俺のことを嫌っていないが、俺はもう二度と
あんなことはしない。ネコの口は病原菌でいっぱいと学んだから

23 :('A`):2007/11/21(水) 00:32:41 O
自分の手の平の上にうんこしてみた

24 :('A`):2007/11/21(水) 00:33:04 0
テンプレ終わり

25 :('A`):2007/11/21(水) 00:44:58 O
クフヒーもう無くなっちゃうのかと思った。

とりあえず>>1

26 :('A`):2007/11/21(水) 01:19:04 O
うはwww乙www

27 :('A`):2007/11/21(水) 17:40:15 0
もういいよこのスレ
見てみろ携帯しか居ないぜ

28 :('A`):2007/11/21(水) 19:54:55 O
クヒ〜

29 :('A`):2007/11/21(水) 22:30:04 O
むしろ携帯専門の
スレにすればいいんだよ

30 :('A`):2007/11/21(水) 22:56:58 0
コート着てチンポ露出しながら歩ける季節になりましたね

31 :('A`):2007/11/21(水) 22:57:51 0
エロゲのパッケージ見ながらニヤニヤ





・・・はデフォか。

32 :('A`):2007/11/21(水) 23:00:30 0
AVもエロゲも一番興奮するのはパッケージ

33 :('A`):2007/11/21(水) 23:38:47 0
パッケージ加工しすぎて動画と違うから萎える

34 :('A`):2007/11/21(水) 23:47:28 0
本当にあれは詐欺に値するよな

35 :('A`):2007/11/21(水) 23:55:12 O
オホ〜 待ってたぞこのスレを

36 :('A`):2007/11/22(木) 00:09:37 O
エアガン魔は犯罪だよな^^;

37 :('A`):2007/11/22(木) 13:10:00 0
小学生の頃、別のクラスに好きな女の子がいた
一度も話したことなかったけど、なんかめっちゃ好きだった
ある日クラスの別の男子もその子ことが好きだという噂を聞き、そいつを校舎の裏に呼んでナイフを突きつけ「○○のこと好きになるんじゃねーよ!」って脅した

38 :('A`):2007/11/23(金) 02:20:03 0
>>37 続きたのむ

39 :('A`):2007/11/23(金) 04:37:18 0
ネタなので続きはありません

40 :('A`):2007/11/23(金) 16:21:38 0
俺も立派な変態になって優勝したい。

41 :('A`):2007/11/23(金) 19:28:48 0
過去2作品投稿したがテンプレ入りは叶わずか・・
さすがに猛者どもが集まってるなここはw

42 :('A`):2007/11/23(金) 22:28:38 O
空気読まずに投稿する
高校一年のときなぜかヒットラーに憬れを感じていた。もちろんそれを公にはできない、というよりした場合イカれた奴と思われるので自分で本を読んだり、リサーチすることで自分の欲求を抑えていた。
二年になり、一人で活動(といっても妄想にふけるだけ)していると、ある日俺を慕って来る後輩に出合った。きっと喪男な俺に同じ匂いを感じたんだと思う。
かなり迷ったがヒットラーの教えを彼に伝え、俺はよき理解者を手に入れた。そこからヒットラー会を結成し、皆にヒットラーの教えを広めるたも生徒会長に立候補し、演説をした。内容はもちろんヒットラーの素晴らしさについてだ!
みな俺の名前を叫びカーテンコールが起きた。最高だった

43 :('A`):2007/11/23(金) 22:33:00 0
笑えるスレだ


44 :('A`):2007/11/23(金) 23:38:24 O
ん?終わりか?まぁ10点以下
悲惨な結果を迎えるとかしないと評価に値しないぞ

45 :('A`):2007/11/24(土) 00:03:30 0
第16スレより

464 :('A`):2007/10/28(日) 22:46:24 0
思い出す・・・
僕の初恋は高校2年の時だった
それまでに人を好きになったことがないのか?と問われると
たぶん、小学校や中学校の時も人を好きになったことはあると思う
だけど、恋と呼べるほど心の底から人を好きな気持ちになったのは間違いなく高校2年の時だ
僕はあの時、自分でも驚くほどその人のことが好きだった
その人からすれば、僕はただのクラスメートでしかなかったのだろうけど

 僕は喪男である以前に対人恐怖症だった
人の顔を見て会話することなどできず、小・中・高と友達はおろか、知人と呼べる人すらいなかった
そんな僕が唯一喋れるようになったのが僕の初恋の女の人だった
彼女をいつ好きになっていたかは覚えていない、話せるようになったのと同じ頃に好きになっていた
彼女は明るく、可愛く、誰にでも優しかった
彼女がクラスでいつも一人でいる僕に話しかけるようになったのは、彼女の優しさゆえだろう

 僕は初めは彼女のことをシカトしていた
無視したいわけじゃないけど、対人恐怖症の僕はうまくコミュニケーションが取れないのだ
だが、彼女はいつも僕に話しかけた、話しかけると言っても軽い挨拶程度のものなのだけど
そして、いつの間にか、僕は彼女のことを好きになり、彼女と普通に話せるようになっていた
気持ちは伝えないまま高2が終わり、受験が終わり大学へ進み就職した。

 これが僕の初恋だ
内容としては彼女と軽く話しただけという何の面白みも無いものだが、僕は本当に好きだった

 僕は今、社会でやっていけてるのは彼女のおかげだ
彼女と話せるようになってから、他人とも何とか会話が出来るようになった
でも、もう二度と人を好きになることがない気がしてならない
彼女への想いは高校、大学、社会人へとなるにつれ好きという感情ではなくなっていったし、
薄れてもいったけど、心のどこかに風穴を作ってしまった

たとえ、僕があと十数年後に誰かと結婚したとしても、それは単調なものだと思う
あの時みたいに気持ちがときめくことも、心が苦しくなることもない、ただ単調なもの
色で言うなら灰色・・・

 僕はそう考えると死にたくなる
僕はもう灰色の人生を単調に生きるしかないのだから・・・
現実逃避のために
耳をすませばとかのジブリの青春アニメを見て、自分に重ねたりして
けど、リアルは単調、ものすごくグレー・・・

あの彼女との時はもう戻らない・・・




フヒー
けど、あの女の子のこと考えて毎晩抜いてる クフヒッィー
フヒ写真にもぶっかけまくりフヒヒ
あと彼女は関係ないけど幼女や中学生とかもおかずにして抜いてる フヒヒ
ギモッチィとかいいながらオナニーするの最高だ フヒ
止められない フヒヒヒヒ

46 :('A`):2007/11/24(土) 00:05:05 0
勝手なことすんなよ・・・

47 :('A`):2007/11/24(土) 20:59:02 O
中学の時授業中教壇の先生の横に立ち、先生が文字を書いた瞬間消してた

48 :('A`):2007/11/24(土) 21:01:46 0
でっていう
つまらんから消えろ

49 :('A`):2007/11/24(土) 23:46:07 0
>>45
本人乙

50 :('A`):2007/11/25(日) 04:33:59 O
遊戯王とおれのゆめは?

51 :('A`):2007/11/25(日) 06:01:25 O
一時期だが
テキトーに電話かけて、歌うので聴いてくださいって言って
尾崎豊のI Love Youをオリジナルアレンジしてアカペラで熱唱してた

52 :('A`):2007/11/25(日) 06:38:36 O
なんか楽しそうだなあ、おまえら・・・
うらやましくて死にそう

53 :自作自演男 ◆kC0elLNz.w :2007/11/25(日) 07:37:25 O
中学の頃、自分で曲作ってギター弾いてそれをテープに録音して、
『○○待望のファースト・アルバム』とか書いた帯作ったり、
『ジョニー・キャッシュの影響を感じさせる歌詞が〜』とか書いたライナー作ったりして、
一人でアルバムを作成していた。そして誰にも聴かせないで、自分だけで聴いていた。

54 :('A`):2007/11/25(日) 08:17:39 O
でっていう

55 :('A`):2007/11/25(日) 08:33:52 O
童貞喪失が腐女子でピザだった

56 :('A`):2007/11/25(日) 08:43:18 0
他板から来てテンプレ一通り読んで軽く他のスレも見てきたけどさー・・・
なんなのこの板?皮肉じゃなくこんなエリート揃いだとは聞いてないぞ。

57 :('A`):2007/11/25(日) 09:25:35 O
感想は基本的に禁止だから!

58 :('A`):2007/11/25(日) 12:30:37 O
暇なやつは読んでくれ

工房の頃、UNOで3回連続ビリになったら女に告るというゲームをよくしてた。
いつも5、6人でやってたから、誰かが3回連続ビリになることなんてなく、誰も告ることなく終わっていたが、ついに俺がやってしまった。
その当時、俺にはひそかに好きな娘がいたが、罰ゲームで告るのはその娘に申し訳ないという勝手な男気と、誰に告ってもどうせフラれるだろうという思いから、アミダで告白相手を決めた。
まずクラスをアミダで決め、そのクラスからさらにアミダで相手を決めたため、入学以来顔すら見たことない女に告ることに。
その女の実家に電話をかけ、翌日の放課後にアポを取り付けた。
翌日の放課後、待ち合わせの場所に行くとすでに数人の女がいた。
顔も知らないので、どの娘だろうと思って近付いて行くと、その中で一番のブスがスッと前に出て、俺に発言する間も与えず「ごめんなさい」と言った。
ブスにフラれるというショックは多少あったが、まあ当たり前の結果だった。
それからもこのゲームはしょっちゅうやってたが、誰も罰ゲームを受けることなかった。

59 :('A`):2007/11/25(日) 12:31:52 O
だが一ヶ月後、また俺は罰ゲームを受ける羽目に。
どんだけUNO弱いんだよ、俺・・・
そして、またアミダで相手を決めたところ、奇跡的に同一の相手に告ることになってしまった。
半ばヤケクソ気味で電話をかけると、今度はその場でフラれた。
その当時は「ストーカー」という言葉が市民権を得て間もない頃だったためか、二回目の告白から数週間後、ブスのクラスでは俺がストーカーと評判になっているらしい。
「ただの罰ゲームなのに」「ブスが調子に乗りやがって」という怒りが込み上げてきた後、俺は開き直った。

「そうだ、ストーカーになろう!」

その日から学校が楽しくてしょうがなくなった。
ブスの下駄箱に「愛してる」とだけ書いた手紙を毎日入れた。
毎日誰よりも早く登校し、ブスのクラスの黒板に「愛してる」と書き殴った。
休み時間にはブスのクラスを覗きに行き、男子の嘲笑と女子の冷ややかな視線の中、ただブスを見つめた。
ブスのクラスのゴミ箱をニヤけながら漁ったこともあった。
文化祭のカラオケ大会に志願し、尾崎の「I love you」を歌うつもりが、つい「アイラブユー!」とだけ叫び続けた。

60 :('A`):2007/11/25(日) 12:32:57 O
しばらくそんなことをしているうちに、俺は気付いた。ブスの怯える顔に興奮し、勃起していることに。
俺はトイレに駆け込み、その顔を想像してオナった。信じられないほど気持ち良かった。
その日から俺のズリネタはすべてその顔になった。
しかし、そのオナニーにもだんだん飽きてきた頃、俺は最高のオナニーを思い付いた。それは

「ブスが俺の精子を見て引き攣った顔を想像してオナナーする」

次の日、俺はもう一本早い電車で登校し、ブスの机の前でオナった。「俺の精子を見た時のブスの顔は最高だろう」と、考えながら。
しかし「もうイクッ」って時にブスが教室に入ってきた。
その顔を見た瞬間、ブスの机に大量の精子をぶちまけた。
正直、生涯最高のオナニーだった。
ブスは「ぎゅおあええぇぇーー」みたいな叫び声をあげて走り去って行った。
俺はハッと我にかえり、慌てて精子を拭き取った。
その後、生活指導室呼び出されたが、俺はひたすらシラを切った。
しかし、多くの人が俺のこれまでの奇行を証言した。ブスのクラスメイト、俺のクラスメイトはもちろんのこと、ひそかに好きだったあの娘や、UNOを一緒にしてた友人でさえも・・・
俺は全てを失い、自主退学した。

長文スマソ

61 :('A`):2007/11/25(日) 12:48:08 O
でっていう

62 :('A`):2007/11/25(日) 13:10:35 0
>>60
乙。おもろかったよ


63 :('A`):2007/11/25(日) 13:26:28 0
ワロタ

64 :早く固定決めなよ、あたしが決めてあげようか ◆WCRs9AJucY :2007/11/25(日) 13:26:29 O
雪に埋もれた公園のベンチに
パーカー着て寝た。
一時間くらいそうしてたら
小学低学年くらいの男児が
大丈夫ですか?って訊いてきた
涙でた

65 :('A`):2007/11/25(日) 17:39:22 0
終始ブスブスいっててブスが可愛そうだろブスがw

66 :('A`):2007/11/25(日) 19:38:29 O
高校卒業して一年間ニートしていた俺、叔父に就職を世話してもらい、真面目に働き彼女もできて、結婚・妊娠と順風満帆だった俺だが。

妊娠してから妻との夜の生活をやれなかったため、溜まりに溜まっていた。その日は、夜勤でパートのおばちゃんと二人で仕事をしていた。
そのおばちゃんのパンツがチラッと見えた。興奮した。と共にあることを確信した。おばちゃんがトイレに行ったすぐ後にトイレに入り、汚物入れを確認。
そこには、宝があった。軽く匂いを嗅いだあと、ロッカーに入れておいた。妻が妊娠してから久しく目にしていないお宝だった。
おばちゃんが帰る時間になり、お疲れと軽く言葉を交わした後に事件は起きた。
飴やお菓子などをロッカーに入れてくれることを忘れ、そのままロッカーに入れていた使用済みナプキンをおばちゃんに見られてしまったのだ。
かなり罵倒され、謝ることしかできない俺。土下座までして、許してもらった。
次の日、会社に行くと厳罰はないものの噂は広まっていたらしく、居場所がなくなり自主退職。
家族や妻に理由を聞かれるが、答えられるわけがない。結局、叔父に聞かれTHE END
親からは見放され、生まれてくる子供を一回も見ずに妻とは離婚。職もなくなった。
しかし、こんな俺もまだ22歳。がんばればやり直しはきくだろう。ゴミは拾っては行けないと教訓になったし。まぁいいか\(^O^)/

67 :('A`):2007/11/25(日) 19:52:55 0
>>60
つめが甘いな
早朝に行ったのにその日の日直がブスだったためブスに出会ったとか
なぜかブスが早い時間に来ていたとか
そういうのを入れないと現実味が出ないから創作としてのレベルが落ちる

68 :('A`):2007/11/25(日) 19:55:31 0
>>66
そのおばちゃんは美人??

69 :('A`):2007/11/25(日) 21:17:16 0
喪のはずが彼女も作り結婚までしたとな

70 :('A`):2007/11/25(日) 21:20:20 O
>>68
42歳元ヤンたまに美人に見えた

71 :('A`):2007/11/25(日) 21:23:14 0
リア充は出てけよ

72 :('A`):2007/11/25(日) 21:25:47 0
また携帯か
氏ねよ

73 :('A`):2007/11/25(日) 21:31:19 O
>>69うん、すまない。高校時代は、表向き真性DQNで、裏では漫画集めたりしてるオタなんだ。
モテなかったことはないがキモい妄想をしたかったんだ。
今日もおばちゃんにケーキとおにぎりもらったお(´・ω・`)
変な想像してごめんねおばちゃん

74 :('A`):2007/11/26(月) 12:01:54 O
でっていう

75 :('A`):2007/11/26(月) 14:03:48 0
>もらったお(´・ω・`)

この一言だけでスレ違いのゴミ豚だとわかる

76 :('A`):2007/11/26(月) 15:41:00 0
携帯だしな

77 :('A`):2007/11/26(月) 18:22:31 0
私はこの板に来て大変失望した事が一つだけあります。
それはこの板にいらっしゃる男性という男性が「非処女は肉便器」と謳っている事です。
そしてこの板には童貞の方しかいないという事実にも落胆させられました。
皆さんは非処女は肉便器などと言って恥ずかしくはないのでしょうか?
また非処女の方が本当に肉便器だと思ってらっしゃるのでしょうか?
性交渉をした女性が全員非処女だと思いますか?
いいえ、それは違います。性交渉を済ませても処女の方はいます。
私は深い疑問の念に駆られます。
何故童貞という女性の体について何一つ知らない男性に糾弾される必要があるのでしょうか?
また童貞のまま死ぬと妖精になれるという逸話があるようですが本当に妖精になれると思って
らっしゃるのでしょうか?
私はピーターパンを読みましたがティンカーベルは前世がキモオタで童貞だったなんて話
聞いた事がありません。もっと現実を見ませんか?
女性を非難するのはやめませんか?
私は処女ですが、結婚以前に性交渉をされる女性の方が許せません!
なぜならそんな軽い気持ちで子供を宿していただきたくはないからです。
そしてにっくき非処女に相手にされない童貞の人こそが最低であり童貞こそが肉便器であると思いました。

78 :('A`):2007/11/26(月) 18:33:36 O
2222222

79 :('A`):2007/11/26(月) 22:45:24 O
学年一かわいい聡美ちゃんの机にチンコなすりつけた

授業中チンコなすりつけられてることも知らずに、机に伏して寝ていた聡美ちゃん

最高だったね

80 :('A`):2007/11/27(火) 08:37:24 O
子供の頃、親にテープレコーダーを貰った。
気に入った私は早速いろんな音を録音した。
ある日、自分が苦しむ声を録音して聞きいてみるとギンギンに勃起した。
それ以来もっと気に入った。


81 :('A`):2007/11/27(火) 08:56:49 O
>>80
聞きいてみる

82 :('A`):2007/11/27(火) 13:20:13 O
>>77
フヒヒヒィwww

貴方の文書を読ませて頂き
自慰させて貰いました〜



83 :('A`):2007/11/27(火) 15:09:54 O
>>77
最後の「童貞こそ肉便器」ってとこが謎

84 :('A`):2007/11/27(火) 16:56:26 O
>>77
長文だしキモス。
優勝でいんじゃない

85 :('A`):2007/11/27(火) 18:46:57 O
最後以外はもっともな事書いてんのに。

86 :('A`):2007/11/27(火) 22:25:22 0
うちの近くは明林堂書店とBOOKマーケットっていう本屋と古本屋が隣同士並んでます
その本屋のトイレは店の入り口じゃないところにあります
ちょうど駐車場の前だからあまり人目に付きません
中学生だった俺はまず古本屋でエロ本を立ち読み、古本屋はあんまり注意してきません。(江川達也のGOLDEN BOYとか見てました)
いい感じに興奮+勃起したところで颯爽と古本屋を出、誰もいない事を確認すると本屋の女子トイレに直行します
個室に入ってすぐさまゴミ箱を漁り、血の付いたナプキンを2個探します
1つは匂いを嗅ぎながら、もう1つはちんこをこすります。
早漏ですからすぐに限界が来て壁に射精します
ナプキンやちんこを拭いたティッシュはきちんと流して出て行きます

一度おじさんにトイレを出て行くところを見られて怒られましたが、泣いてごまかしました

87 :('A`):2007/11/27(火) 23:11:32 0
>>77
長すぎて読む気しねーよ。
おっさん乙

88 :('A`):2007/11/28(水) 01:12:11 O
昨日いつものように銭湯に行ったんだが、シャンプーを流した後
腰に巻いたタオルを見たら大量の髪の毛が付着していた。
余りにも酷い抜けようだったので一体何本抜けてるか数える事にした。
毛根がついてなかったらカウントしないというルールで
「あっ。毛根あり」「あっ。これもあり」って数えて80本付近に達した時
胸の奥から何かが込み上げてきた。
俺は半分泣きながら抜け毛を数え上げた。
当初のほとんどが切れ毛だろうという俺の予想は脆くも崩れ去り
全部で102本の抜け毛を確認した。悲しくて情けなくて
風呂場で声を殺して泣いた。やがて怒りが込みあげてきた。
いつも俺の髪の毛の薄さを話題にしては他人の笑いをとる
女子社員の顔が浮かんできた。明日殺してやろう。そう決意し
顔を上げるとそこには大金をはたいて購入した増毛シャンプーがあった。
限界だった。
「親父のばかー!オメーのせいだー!」と絶叫し
鏡の中の自分に向かってシャンプーボトルを投げ付けた。
その後の事はあんまり覚えてない。

89 :('A`):2007/11/28(水) 03:23:38 0
>>18はべつにキモくなくね?

90 :('A`):2007/11/28(水) 03:28:00 0
キモイと言うか笑えるな
中学の頃虐められすぎてキレて机ぶん投げた奴を思い出した

91 :('A`):2007/11/28(水) 03:49:47 0
そこで放尿しなければこのスレでは認められない

92 :('A`):2007/11/28(水) 04:11:16 0
>>88
スレ違いではないかと・・・

93 :('A`):2007/11/28(水) 04:13:05 0
携帯はほっとけ

94 :('A`):2007/11/28(水) 04:34:03 0
学校から帰ったら妹の友達(当時妹は小学5年生)が家に来てて、玄関に見慣れぬ靴があった。
オナニー覚えたてで性欲全開だった中1の俺はよっしゃと躊躇する間も無く「女の子の靴をオカズにオナニーできる!」
という発想にたどりつき、隙を見て靴を片方持ち出しトイレに駆け込んだ。
けっこう顔の良い娘でさ、また靴もピンクで可愛らしいの、すっげー興奮した。
靴底とかは汚いから無視だけど、匂いかいだり中敷にチンポこすりつけたりやりたい放題だった。
フィニッシュはぶっかけと思ったが、すでに精子の出る量が半端じゃなかったので
水で薄めて靴の中に塗りたくった。あの娘の足裏が俺の精液臭くなるのを想像して。
そこで玄関から「あれ?靴がかたっぽしかないー」と聞こえたため焦ってトイレの窓から靴を放り投げた。
トイレ出たら勿論知らないふり。そして靴が片方外に落ちてた事件は迷宮入りとなった

95 :('A`):2007/11/28(水) 09:43:54 O
>>94
今度やってみる。

70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1 ef="../test/read.cgi/kouhaku/1072063146/1" target="_blank">>>1★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)