5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【トロイカ】ロシア民謡スレ【カリンカ】

1 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2007/02/19(月) 21:26:57 発信元:222.159.32.236
テトリスで使われているコロブチカ、カリンカ、トロイカ
カチューシャや黒い瞳
素敵なロシア民謡について語りませんか?

2 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2007/02/19(月) 21:36:31 発信元:219.51.132.6
どうでもいいけどシャラポアかわいい

3 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2007/02/20(火) 17:30:50 発信元:125.28.6.145
まず>>1が思いを語りたまえ。

カリンカは歌っているうちにリンカカ、リンカカになってしまうから
頭の「か」を強調しろと、音楽の先生に教わりました。
遠い昔の話だ。

4 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2007/02/20(火) 20:21:41 発信元:222.159.32.236
>>1に書いた5曲が好きかな

特にトロイカの悲を帯びた雰囲気が堪らない
「雪の白樺並木 夕日が映える」
というのが日本の歌詞で有名なものだけれども
本当はもっと悲哀に満ちた愛の歌だそうです

トロイカといいカチューシャといい愛を歌った歌が素敵だと


5 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2007/02/21(水) 22:25:49 発信元:125.28.7.213
で、一週間の歌の原歌詞も
あんなぐーたらなのですか?
一週間の「仕事」、市場行って糸と麻買ってくるだけ。
ひいきめに見ても風呂入れたくらいだろ。

6 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2007/02/22(木) 10:54:04 発信元:222.159.32.236
調べたところ一週間はあまりロシアではメジャーな音楽ではないらしいです
解説サイトをいくつか見ました
諸説あるようですが単なるグータラな歌ではないようです

・下女の暮らしを歌った説
  下女は風呂に一週間に何度も風呂に入ることを許されていない
・労働歌説
  革命以前につくられ、サボタージュを歌っている
・伝統的生活説
  訳詞や詞に対する日本人の認識が大きく間違っており、ロシア文化に詳しくなければ分からない

どうも3番目の説が有力そうです
調べたところ以下のような点に訳詞や認識の誤りがありました
・ロシアには「月・水・金には物事を始めるな」「金曜日には男は耕さないし、女は紡がない」という諺がある
・ロシアの風呂は日本のような風呂ではなく蒸し風呂
・「土曜日はおしゃべりばかり」は本当は「土曜は亡き人を思う」(ロシアでは土曜日は死者を弔う日だとか)
・「友達」ではなく「恋人」(とする説もある)


7 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2007/02/22(木) 16:24:33 発信元:222.159.32.236
さらに「金曜日は糸巻きもせず」の「も」は単に日本語訳の都合によるものである可能性があり
「金曜日は糸巻きはせず」と訳せば金曜日以外は糸巻きの仕事をしてるととることができます
また、「恋人よ、これが私の一週間の仕事です」は「愛しいエメリア、私は一週間こんなにも働いているんです」
だそうです

一週間のうち一日しか風呂にも入らず働き、週に一度の恋人に会うのを楽しみにしている女性の姿が浮かぶのではないでしょうか?

8 :5:2007/02/22(木) 18:43:33 発信元:125.28.4.43
すみません調べていただきまして。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)